【バックナンバー】NKメディコ予防医療メールマガジン
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
新しい大腸がん・すい臓がんのリスク検査のお知らせ
配信日時:2018/10/17 16:00
**** 様
┌─────────────────────────────────┐
 NKメディコ予防医療マガジン Vol.0039
└─────────────────────────────────┘
 今日のコンテンツ
 1.ご挨拶
 2.新しい大腸がん・すい臓がんのリスク検査のお知らせ
 3.編集後記
└─────────────────────────────────┘
※名刺交換をさせて頂いた方々及び弊社メルマガへ登録頂いた方々へ配信しております。
※バックナンバー: http://backnumber.lox-index.com (password: slox1lab)
※Facebookページ: https://facebook.com/loxindex
┌─────────────────────────────────┐
 ご挨拶
└─────────────────────────────────┘
10月も半ばを過ぎ、すっかり涼しくなってきました。
この時期はかぼちゃ、柿、きのこなど秋の味覚が楽しみな季節でもありますね。
ちなみに、今年は豊漁の影響もあって、脂の乗った秋刀魚が
多く市場に出回り1匹100円を下回るお店もあるようです。

秋刀魚はDHA、EPAも豊富に含んでいる青魚ですので、動脈硬化の予防など
予防医療の観点からもぜひ日々の食卓に取り入れてみるのをお勧めします。
┌─────────────────────────────────┐
 新しい大腸がん・すい臓がんのリスク検査のお知らせ
└─────────────────────────────────┘
さて、本日は、2018年夏より弊社で取り扱いを開始しました、
大腸がんのリスク検査「Prodrome-CRC」と、
すい臓がんのリスク検査「Prodrome-PAC」という
2つの新しいがん検査について改めてご紹介をさせて頂きます。

これらは以前よりご案内をさせて頂いている
Cologic (GTA-446を測定)とPanaSee (PC-594を測定)のリニューアル版に
相当する検査で、複数の長鎖脂肪酸という物質を測定する検査です。

まずは検査のご紹介の前段階として長鎖脂肪酸とは何か?
この点に関してお話させて頂きます。

(1)長鎖脂肪酸ってどんな物質?
長鎖脂肪酸とは生物の細胞膜に使用される物質で、生体内でも
多種・多量に存在している重要な物質です。

昨今、この長鎖脂肪酸を含んだ脂肪酸と疾患との
関連性については続々と新しい報告も出てきております。

例えば、
・脂肪酸と結合する受容体がエネルギー代謝の調節に関与したり(https://bit.ly/2ID4Dfd)、
・長鎖脂肪酸の一種であるDHAが、受容体を通じて疼痛を和らげる機構にも関与している(https://bit.ly/2O3EeNI)
といったことが、報告されています。

さらには、GTA-446や、PC-594が分類される極長鎖脂肪酸においては、
複数の酵素群がその生成にも関連しており(https://bit.ly/2PdHuT8)、
なんらかの原因によって正常に働かない場合は、著しく欠如することも明らかとなっています。

(2)取り扱いの背景
検査で測定しております長鎖脂肪酸は下記の通りです。
「大腸がんのリスク検査」 Prodrome-CRC :GTA-446を含む15種類
「すい臓がんリスク検査」 Prodrome-PAC:PC-594を含む6種類

これらの物質は、健康な状態からがんになる過程で減少することが示唆されており、
がんの有無の判別に有用である可能性が示唆されています。(https://bit.ly/2Nl9OkU)。
また、生体防御機能を有するといった報告も出ております。(https://bit.ly/2QvcuhJ)。

しかし、各々の分子量が似通っており、測定には特殊な質量分析装置を必要としました。
そのため、ルーティンで検査を行うには非常にハードルが高いのも事実でした。

そのため、従来ご提供させて頂いていたCologic、PanaSeeでは単項目の
長鎖脂肪酸を測定していたのですが、この度カナダのProdrome Sciences Inc. において
新たな質量分析装置を導入したことに伴い、弊社でも取り扱いを決定しました。
(https://bit.ly/2E7bEpY)。

(3)検査の設計について
日米で累計4,000名以上のデータベースを基に、長鎖脂肪酸の血中量が
分布全体と比べて下位何%に相当するか=%tileを算出し、リスク判定を行います。

両検査とも高リスクの判定ラインをカットオフにして
感度・特異度を求めたところ、90%、 85%という結果でした。
また、年代毎の各リスク群におけるがんの保有率も統計的に算出されており、
高リスクの場合は低リスクに比べて100倍程度危険度が高いと推計されています。

また、従来と比べ優れた特徴としては、
偽陽性・偽陰性の低減が可能であることも挙げられます。
従来は、分布がばらつき誤った判定が出るケースも少数ながら報告されておりました。
本検査では、複数のマーカーによる補正が出来る設計になっています。

以上が本検査の紹介となります。
ご興味頂けましたら、ぜひ弊社営業担当までご連絡下さいませ。
┌─────────────────────────────────┐
 編集後記
└─────────────────────────────────┘
今回は、新しいがん検査について改めてご紹介させていただきました。

今後、取引医療機関様や検査センター様には弊社から追って
Informationもお届けしますが、まずは当マガジンにて
簡単なご紹介をお送りさせていただきました。

次回は11月の配信を予定しております。
引き続きよろしくお願い致します。
──────────────────────────────
□発行:NKメディコ株式会社
□URL:http://lox-index.com/
□SNS:https://facebook.com/loxindex
□このメールマガジンを許可無く転載することを禁じます。
□メルマガ登録解除はここへアクセスしてください。
(バックナンバーのため省略)
──────────────────────────────
COPYRIGHT (C) 2016 NKmedico ALL RIGHTS RESERVED.
先頭へ戻る