【バックナンバー】NKメディコ予防医療メールマガジン
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
サインポストがん遺伝子検査のリリース【NKメディコ予防医療マガジン】
配信日時:2019/05/20 14:00
**** 様
┌─────────────────────────────────┐
 NKメディコ予防医療マガジン Vol.0040
└─────────────────────────────────┘
 今日のコンテンツ
 1.ご挨拶
 2.LOX-indexメディア掲載のお知らせ
 3.サインポストがん遺伝子検査のリリース
 4.編集後記
└─────────────────────────────────┘
※名刺交換をさせて頂いた方々及び弊社メルマガへ登録頂いた方々へ配信しております。
※バックナンバー: http://backnumber.lox-index.com (password: slox1lab)
※Facebookページ: https://facebook.com/loxindex
┌─────────────────────────────────┐
 ご挨拶
└─────────────────────────────────┘
みなさまお久しぶりです。予防医療マガジンライターの池田です。
久方ぶりの配信となりますが、LOXのメディア掲載情報と
新しい遺伝子検査プログラムのリリースについてお伝えさせていただきます。

また今後も、皆様のお役に立てる予防医療に関しての情報を
発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
┌─────────────────────────────────┐
 LOX-indexメディア掲載のお知らせ
└─────────────────────────────────┘
今月に入り、続々とLOX-indexがメディア掲載・放映を頂いております。
予防医療特集などで検査を取り上げて頂く機会も増え、弊社としても嬉しい限りです。

●2019年5月3日・10日号週刊ポスト
同誌の「5年後の重病を見つける最新医療検査」の特集にて
LOX-indexが紹介されました。Newsポストセブンにも同記事が掲載されています。
https://www.news-postseven.com/archives/20190503_1360089.html

●2019年5月8日放映ワイド!スクランブル
テレビ朝日で放映されているお昼の番組「ワイド!スクランブル」にて
LOX-indexが紹介されました。弊社検査管理部長も冒頭出演しております!
(↓音声でますのでご注意下さい)

https://youtu.be/JINLBDbm9W4
┌─────────────────────────────────┐
 サインポストがん遺伝子検査のリリース
└─────────────────────────────────┘
さて、本日は新しい遺伝子検査プログラムのリリースについて、
この場を借りて紹介させていただきます。

以前より医療機関様に提供しておりました、サインポスト遺伝子検査ですが
こちら5月より新しくがん遺伝子の解析プログラムが追加されることになりました。

本プログラムでは、がんを起こしやすくする関連遺伝子を解析し、
がんのリスクと、そのがんリスクを下げるための「生活習慣」を提案致します。
プログラムでは男性12項目、女性14項目のがんリスクを調べます。
測定しております遺伝子は100種を超えるSNPを測定しており、
国外医学研究の成果により、その遺伝子の働きや統計的な有意差が
確認されているものを中心に選定を行っています。

概要資料はこちら↓↓
https://www.nk-m.co.jp/wp-content/uploads/2019/05/signpost_cancer.pdf

報告書サンプルはこちら↓↓
http://u0u1.net/wXha (男性版)
http://urx.space/XPDu (女性版)


ちなみに、がんの関連遺伝子については大きく分類して
①「がん感受性遺伝子」 ②「がん原因遺伝子」
上記の2種類があるとされています。

その中でもサインポストがん遺伝子検査では、
「がん感受性遺伝子」のみを解析上反映しております。

がん感受性遺伝子とは、がんを起こしやすくする遺伝子のことで、
およそ、100人に1人以上(1%)の割合で保有しており、
高頻度で存在しているとされているものです。
これは、ただちにその遺伝子を持っていたからと言って、
高確率でがんが発症する遺伝子ではないものです。

その一方、がん原因遺伝子は修復遺伝子に例えると配列の変化が起こり
機能しなくなっていたり、その原因遺伝子を保有している場合には
50%以上の確率でがんが発症する遺伝子とされています。
これは数万人の1人程度(0.0001%)の割合で保有しているとされており、
ごく稀にしか存在していません。

当メルマガでも以前にご紹介をしました、アンジェリナージョリーさんが
受診され話題になった乳がんの遺伝子検査“BRCA”は
いわゆる「がん原因遺伝子」の検査に分類されています。

現状、がん原因遺伝子を日本の医療機関で実施するには、
まず先生方が遺伝子指導の研修を受けなければならないこと、
また、受診者が万が一その遺伝子を持っていた時に、
非常に深刻な問題に発展しかねないということもあって、
導入ハードルの高さから普及は進んでいないようです。

そのため、サインポストがん遺伝子検査については、
健診機関様でのご対応が難しいがん原因遺伝子について
解析上行わず、がん感受性遺伝子のみを解析報告しています。

検査をきっかけに体質的なリスクをしっかり捉えて頂き、
生活習慣の改善、がん予防に向けたライフスタイルを目指して頂く。
こちらが本検査の受診コンセプトになっております。

ぜひご興味頂けましたら、弊社担当までお気軽にご連絡下さいませ。
┌─────────────────────────────────┐
 編集後記
└─────────────────────────────────┘
今回は、新しい遺伝子検査プログラムについてご紹介させていただきました。

今後、取引医療機関様や検査センター様には弊社から別途
弊社担当からご案内させて頂きますが、まずは当マガジンにて
簡単なご紹介をお送りさせていただきました。

次回は6月頃の配信を予定しております。
引き続きよろしくお願い致します。
──────────────────────────────
□発行:NKメディコ株式会社
□URL:http://lox-index.com/
□SNS:https://facebook.com/loxindex
□このメールマガジンを許可無く転載することを禁じます。
□メルマガ登録解除はここへアクセスしてください。
(バックナンバーのため省略)
──────────────────────────────
COPYRIGHT (C) 2016 NKmedico ALL RIGHTS RESERVED.
先頭へ戻る