週刊 介護経営フォーラム通信
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
週刊 介護経営フォーラム通信vol.51 介護経営フォーラムin博多、介護医療院への転換、台湾の高齢者施設の現状
配信日時:2017/08/22 10:00
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2017年 8月 23日
◇◆週刊 介護経営フォーラム通信 ◆◇ 発行:一般社団法人 介護経営フォーラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★介護経営フォーラムin博多が開催されました!
 
こんにちは!
 
介護経営フォーラム主宰の齋藤 直路です。
先週の8月18日(金)は、
介護経営フォーラムin博多でした!
 
当日はお忙しい中、
福岡だけでなく、山口、佐賀、熊本、大分、
そして栃木などから、
お越しくださりありがとうございます!
 
特別講座の、
「社会福祉法人くだまつ平成会」様は、
特養での見取り、エビデンスのあるリハビリ、
専門職採用成功ノウハウなど、惜しみなく、
ご講演いただきました!
 
続いて、同じく特別講座の、
「株式会社ワイズ」様は、
今話題の「脳梗塞リハビリセンター」について、
社会的意義、事業モデル、収支、改善事例など、
深く突っ込んでご講演いただきました。
 
私からは、
法改正動向とこれから取り組む経営について、
お話させて頂きました。
 
また、博多コンサルティングチームの、
松尾からは、論文検索法や、
介護度の維持改善への取り組みについて、
お話させて頂きました。
 
法改正について、
ネガティブな情報はあるものの、
それを踏まえてどのように、
経営を舵取りしていくかが、
求められる時代だと感じます。
 
取り組まれている企業様は、
すでに多くの知恵を蓄積されております。
 
是非、最初の一歩を踏み出してください! 
 
★介護度の維持改善について、
取り組んでみませんか?
 
介護度の維持・改善は、
今後、必須の取り組みの一つです。 
 
是非、今のうちから挑戦してください。
まずは「測定」して現状を知ることが重要です。
  
ご相談はお気軽に!
 
「介護サービス維持・改善相談センター」
http://03auto.biz/clk/archives/jynnpa.html
 
★本日は、介護経営フォーラムin東京です!
 
いま千葉に移動しています。
成田空港行の電車は、
夏休みモードです。
 
これから、ブランド豚で有名な、
「恋する豚研究所」様の視察に向かっています。
 
大変楽しみです!
また来週のメルマガで報告します。
 
それでは、
今日はここまで★
 
 
一般社団法人 介護経営フォーラム
齋藤 直路
  
・お問合せ
TEL:0120-99-4306
MAIL:info@care-sp.net

━━━ 採用情報 
 
介護・医療業界の将来を、
是非、一緒に考えていきましょう!
  
・コンサルタント職
http://03auto.biz/clk/archives/lppboe.html
 
・事務職
http://03auto.biz/clk/archives/fcfhsx.html
 
ご興味ありましたら、
お気軽にご連絡ください! 

      
━━━ 今日のコラム

★前回は、台湾最大級の福祉機器展、「Sen care2017」で視察した
リハビリテーション機器についてお伝えしました。


今回は、2日目に訪れた
【台北市に隣接する新平市内、東シナ海に面した高齢者向け大規模入居施設「双連安養中心」】
における多様なサービスについてご紹介します。

==ポイント===================================================================

・台北市にある高齢者向け大規模施設「双連安養中心」

・医療サービス充実・看取りまで実施

・地域に必要とされる法人へ

============================================================================


総合的なサービスを提供しているこちらの施設は、医療サービスの充実や、看取りの実施など
利用者が安心する体制をしっかり整えていました。

また、施設内にとどまらず地域全体に提供しているサービスも豊富で、
これらは日本における地域包括ケアシステムを参考に構築されているそうです。


具体的には、・・・


続きを読む>>

http://03auto.biz/clk/archives/lemcwu.html

前回のブログはこちら>>

http://03auto.biz/clk/archives/psxycc.html


━━━ 今週の振り返り

平成29年8月10日に厚労省老健局介護保険計画課より
介護保険最新情報vol.598が配信されました。

こちらの配信の中で第7期介護保険事業計画における
療養病床、介護医療院などの取り扱いに関する基本的
考え方についてと

第7時医療計画及び第7期介護保険事業計画の策定に
関わる医療療養病床を有する医療機関及び介護療養型
医療施設からの転換以降の把握について

の通知がありました。


介護療養病床などから転換した「転換老健」が
介護医療院となる場合、総量規制の対象から外すと説明している。

それ以外の新設(一般病床などからの転換を含む)は対象とし、
都道府県がコントロールできるようにする考えを示した。
当面の間は療養病床などからの転換が優先であるとしている。

■医療→介護の方向性の強化

平成30年度介護報酬改定に向けて、どの介護サービスにおいても
医療との連携の必要性が高まっている。
入居系施設においてもそれぞれの役割の下、医療との連携が必要である。

療養病床においては生命を維持するための医療や医療行為が
必要であるがゆえに生活施設に移ることができなかった方が
入院していることが多い。

生活施設に早期に転居することで、生活機能の低下を
最小限にし、介護度を維持していくことが求められている。

入居系施設においては、医療との連携、看取り・
リハビリテーション機能の強化が必須であり、

在宅系サービスにおいても医療との連携のほか、
要介護度維持改善に向けたリハビリテーションや口腔ケア
などの具体的な取り組みが求められている。


原典はこちら>>
http://03auto.biz/clk/archives/excwvb.html

博多コンサルティングチーム 松尾



━━━相談センター開設中!

「介護サービス維持・改善相談センター」
http://03auto.biz/clk/archives/jynnpa.html


「保育事業所経営相談センター」
http://03auto.biz/clk/archives/htrrku.html


「処遇改善加算相談センター」
http://03auto.biz/clk/archives/jvtcux.html
  
※詳細は事務局までお気軽にご連絡ください 
 
※本メールは、
スターパートナーズ・介護経営フォーラムのメンバーと、
名刺交換した方に送信しています。
配信停止はすぐにできますので、大変お手数ですが、
ページ最下部のリンクから解除をお願いします。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社 スターパートナーズ 代表取締役
一般社団法人 介護経営フォーラム 代表理事
齋藤 直路

メール:saito@care-sp.net

事務局 田嶋・神
事務局E-mail:info@care-sp.net


◆プロフィール:
東京都出身、宮崎にて幼少期を過ごす。
大手コンサルティング会社を経て、株式会社スターパートナーズを設立。
東京・福岡・仙台にて、介護経営に特化した会員制研究会である
「介護経営フォーラム」を主宰する。
介護施設のマーケティングでは、数々の成功を演出し第一人者との呼び声も高い。
キャリアパス制度等のマネジメント制度構築にも定評がある。
加えて、日本の優れた介護サービスを、アジアを中心とした世界中の
福祉領域の発展に役立てられるよう活動し、タイ日本大使館での講演や、
アジア視察・交流ツアーを主宰する。コンサルティングの傍ら、
行政等の委員会で委員を務める。講演、執筆などメディア実績多数。
日本社会事業大学大学院卒。 
  
◆著書(1):『あの介護施設はなぜ、地域一番になったのか!!』(PHP研究所)
◆著書(2):『あの介護施設には、なぜ人が集まるのか』
◆著書(3):『はじめてでもわかる!介護施設&老人ホームの探し方・選び方』
 特設ページはこちら⇒http://care-sp.net/book/
 Amazonはこちら⇒https://www.amazon.co.jp/dp/4434227114/
 
【講演多数】経営・マーケティング・人事制度・採用のことならお任せください。
※介護マーケティング/高齢者住宅開設・集客/人事制度/研修/海外進出※


本社:
〒150-0012
東京都渋谷区広尾1丁目11-2 アイオス広尾ビル
※ご来社の際は2階受付にお越しください

博多オフィス:
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東1-12-17 3F

TEL:0120-99-4306
FAX:03-6685-5753

◆ホームページ:http://care-sp.net/

>>配信解除、配信先の変更は
(バックナンバーのため省略)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


先頭へ戻る