週刊 介護経営フォーラム通信
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
週刊 介護経営フォーラム通信vol.59 第4回介護経営フォーラムin仙台(社会福祉法人伸康会様)・博多(株式会社誠心様視察)、ロボット技術の介護利用における重点分野
配信日時:2017/10/20 11:00
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2017年10月20日
◇◆週刊 介護経営フォーラム通信 ◆◇ 発行:一般社団法人 介護経営フォーラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★こんにちは!

介護経営フォーラム主宰の齋藤 直路です。
先週は、弊社主催の視察ツアーでした。

保育、障害、高齢分野の、
先駆的な取り組みについて、
しっかり視察・意見交換させて頂きました。

様々なお取組みについて、
視察先、懇親会、バス内で、
意見交換することで、
自社へ取り入れるものが、
見つかったのではないでしょうか。

★来月は、

介護経営フォーラムin博多、in仙台です!

詳細は改めてご案内いたしますが、

簡単にご紹介いたします。


★<福岡開催>11月16日(木)

”リビング・オブ・ザ・イヤーグランプリ法人!”

今回は、施設を視察して実際に体感し、さらに経営者様の講演を頂戴することで、
より多くの内容を持ち帰っていただける内容を企画いたしております。

視察先:株式会社 誠心様が運営するアクラスタウン、アクラスヴィレッジなど各施設
(http://03auto.biz/clk/archives/oubzkf.html)


★視察ポイント★==============================

その1: 地域住民や職員という垣根をなくし、施設周辺を含め1つの街のような施設
《図書室、ギャラリー、集会所、児童館の無料提供による地域貢献》

その2:誰でも行えるよう作成した独自アセスメント方式
《チェック項目を18項目に絞り、職員のやりがいを高めケアの質を上げる》

その3:介護保険を利用せず、介護度に応じた手厚いサービスを提供
《人員配置が手厚いことで看取りまでを可能にしたサービスの提供》

======================================

※詳細はコチラ→http://03auto.biz/clk/archives/wzapxt.html


★<仙台開催>11月8日(水)

” 第4回介護甲子園優勝法人!”

“食”に関する数々の賞を受賞!
福祉業界のイノベーター!
社会福祉法人伸康会 蒔苗俊二 理事長にご講演いただきます。
http://03auto.biz/clk/archives/traieg.html

★講演のポイント★==============================

その1:高齢者、障がい者を中心に、地域のニーズに対応した柔軟な姿勢をモットーとし、
    高い付加価値の提供を目指しています。

その2:介護甲子園の際のコンセプトは「働く!デイケア」とし、
    労働を通して利用者に生きがいを提供するプログラムを実施しました。
    例えば、マシンを用いた体を動かすだけのリハビリではなく、
    労働を通して日常生活に必要な動作を経験する事を目的とした取り組みです。

その3:“食”に関する様々な賞を受賞しています。
     「健康マイレージ」や「プランナー制度」など、
     法人内インフラ整備のための取り組みにも力を入れています。

======================================

※詳細はコチラ→http://03auto.biz/clk/archives/vqlaiu.html


是非、ご調整の上、ご参加ください!

お気軽にご連絡くださいね。

★お問合せ

TEL:0120-99-4306
MAIL:info@care-sp.net


それでは、
今日はここまで★


一般社団法人 介護経営フォーラム
齋藤 直路





━━━ 今日のコラム

前回は、実践大学の卒業生会の会長であり、
20年間以上現地で介護事業者をしているOBの方の講演内容についてお伝えしました。

今回が、いよいよ
「台湾・台北における介護・教育・福祉機器展視察ツアー」レポートの
最終章となります。

視察ツアーで感じたこと、現地でしか得られなかった台湾の介護業界に
対する熱い想いについて振り返っていこうと思います。


==ポイント==============================

・台湾の介護業界の方々の勢いと熱意

・先進的、そして「スマート」な介護事業の展開

====================================


今回台湾で受けた印象としては・・・


続きを読む>>

http://03auto.biz/clk/archives/yogpom.html


前回のブログはこちら>>

http://03auto.biz/clk/archives/ikslno.html



━━━先週の振り返り

10月12日に厚労省より「ロボット技術の介護利用における
重点分野」を改訂した旨の報道発表がありました。

その内容を「自立支援による高齢者の生活の質の維持・向上と
介護者の負担軽減の実現を図るため、1分野5項目を追加」と
説明しており、具体的には以下の5項目が増加しました。

①高齢者等の外出等をサポートし、転倒予防や歩行等を補助する
 ロボット技術を用いた装着型の移動支援機器

②ロボット技術を用いて排泄を予測し、的確なタイミングで
 トイレへ誘導する機器

③ロボット技術を用いてトイレ内での下衣の着脱等の
 排泄の一連の動作を支援する機器

④高齢者等とのコミュニケーションにロボット技術を用いた
 生活支援機器

⑤新分野【介護業務支援】
 ロボット技術を用いて、見守り、移動支援、排泄支援を
 はじめとする介護業務に伴う情報を収集・蓄積し、それを基に、
 高齢者等の必要な支援に活用することを可能とする機器

排泄分野においては②と③が新たに追加され、
本人の意志や尊厳も尊重した介護へより重点を
置いていこうという流れが見えてきています。

コミュニケーションロボットの追加についても、
現場への普及が進み、利用者からの反応も良好であるという
現状からこの様な流れになったのかと思われます。

また新たに「介護業務支援」の分野が追加されました。
こちらは、データの収集と蓄積、そしてアウトプット、
つまりはリハビリプログラム等の設計へとつなげられる
機器やAIを想定していると思われます。

尊厳の保持と自立支援の流れは、
こういったところから確認することができます。


原典はこちら>>
http://03auto.biz/clk/archives/xotsjq.html

(東京コンサルティングチーム 垰)



━━━相談センター開設中!

「海外人材受け入れ体制支援センター」
http://03auto.biz/clk/archives/liabbs.html


「介護サービス維持・改善相談センター」
http://03auto.biz/clk/archives/nzwtmz.html


「保育事業所経営相談センター」
http://03auto.biz/clk/archives/htrrku.html


「処遇改善加算相談センター」
http://03auto.biz/clk/archives/jvtcux.html

※詳細は事務局までお気軽にご連絡ください

※本メールは、
スターパートナーズ・介護経営フォーラムのメンバーと、
名刺交換した方に送信しています。
配信停止はすぐにできますので、大変お手数ですが、
ページ最下部のリンクから解除をお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社 スターパートナーズ 代表取締役
一般社団法人 介護経営フォーラム 代表理事
齋藤 直路

メール:saito@care-sp.net

事務局 田嶋・神
事務局E-mail:info@care-sp.net


◆プロフィール:
東京都出身、宮崎にて幼少期を過ごす。
大手コンサルティング会社を経て、株式会社スターパートナーズを設立。
東京・福岡・仙台にて、介護経営に特化した会員制研究会である
「介護経営フォーラム」を主宰する。
介護施設のマーケティングでは、数々の成功を演出し第一人者との呼び声も高い。
キャリアパス制度等のマネジメント制度構築にも定評がある。
加えて、日本の優れた介護サービスを、アジアを中心とした世界中の
福祉領域の発展に役立てられるよう活動し、タイ日本大使館での講演や、
アジア視察・交流ツアーを主宰する。コンサルティングの傍ら、
行政等の委員会で委員を務める。講演、執筆などメディア実績多数。
日本社会事業大学大学院卒。

◆著書(1):『あの介護施設はなぜ、地域一番になったのか!!』(PHP研究所)
◆著書(2):『あの介護施設には、なぜ人が集まるのか』
◆著書(3):『はじめてでもわかる!介護施設&老人ホームの探し方・選び方』
 特設ページはこちら⇒http://care-sp.net/book/
 Amazonはこちら⇒https://www.amazon.co.jp/dp/4434227114/

【講演多数】経営・マーケティング・人事制度・採用のことならお任せください。
※介護マーケティング/高齢者住宅開設・集客/人事制度/研修/海外進出※


本社:
〒150-0012
東京都渋谷区広尾1丁目11-2 アイオス広尾ビル
※ご来社の際は2階受付にお越しください

博多オフィス:
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東1-12-17 3F

TEL:0120-99-4306
FAX:03-6685-5753

◆ホームページ:http://care-sp.net/

>>配信解除、配信先の変更は
(バックナンバーのため省略)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先頭へ戻る