「共育の杜」公式メルマガ
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
教職員自身のセルフコントロールの必要性
配信日時:2020/08/06 10:04
理事の佐々木です。

コロナ自粛明けの学校の
実態調査について、
多くの新聞社から注目されるかもせれません。

今回の調査で明らかとなったのは、
教職員自身のセルフコントロールの必要性です。

長時間労働をすれば、
心身の疲労がたまり続けます。

そこで大事なのが、
「なにもしないをする」
「力を抜く」ということです。

身体がこわばった人と話をするのと、
肩の力が抜けて、自然体の人と話をする、
どちからが深いコミュニケーションがとれると思いますか? 

オンとオフのメリハリをつけることが必要なのです。

共育の杜は、身体の力を抜き、
自然体になれる「体操」(コアチューニング)
のセッションも企画しています。

そのほかにも様々なセルフコントロールの
メソッドをご紹介していきますので
楽しみにお待ちください。

佐々木







先頭へ戻る