「共育の杜」公式メルマガ
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
「共育の杜」が提供する オンラインサロン「エンパワメント」の 最新情報をお伝えします。
配信日時:2021/09/23 10:00
「共育の杜」の藤川です。

「共育の杜」が提供する
オンラインサロン「エンパワメント」の
最新情報をします。

「エンパワメント」では、
教職員、学校を支援する人たちを
勇気づけ、元気づける動画を
配信しています。

ほぼ、毎日のように最新動画が
配信されます。

配信動画には、
どのような内容があるかを知って頂き
困りごと遭遇されたとき、
「あっ!そういえば、エンパワメントにあった」
と思われたとき、
視聴して下さい。

「エンパワメント」には、
他に類がない
オンリー・ワンの動画を
配信しています。

というのは、
学校教育関係の動画には、驚くことに
教職員の健康や命を守るために
何が必要のか、
を目的とした内容の動画が
ないのです。

これが、わが国の学校教育の「病み」です。

このような「病み」が、
教員の長時間労働、
そして教員希望者の減少と
もたらしているのです。

「エンパワメント」は
その「病み」からの
回復をめざしています。

「エンパワメント」のご登録は
こちらからどうぞ

https://39auto.biz/gracefulmoment/regires.php?tno=556


7月31日、教員の働き方に関わる
豊富なエビデンスにもとづいた
ライブセッション
「働き方を変えてみませんか~自分と子どもを大切にする働き方」を開催しました。
 
実は、1970年の
日本教職員組合教育研究全国集会でも、
教員は多忙であることが
報告されています。

つまり、半世紀前も
教員は忙しかったのです。
 
 また、学校の働き方改革を阻むのは、
働くことに対する教員の意識だと
言われています。

そこで、意識改革を進めることを目的に、
今回のセミナーは企画されました。

 セミナーの模様はオンラインサロン
「エンパワメント」で視聴ができます。

エンパワメントへのご登録は
こちらからどうぞ。

https://39auto.biz/gracefulmoment/regires.php?tno=556


【最新の配信動画】
「働き方を変えてみませんか~
自分と子どもを大切にする働き方」を
開催しました。

なぜ、学校は忙しいのかに迫る動画です。


〈第1話〉 
プロローグ「働き方を変えてみませんか~自分と子どもを大切にする働き方」

今回の企画をたてられた
片山悠木さん(愛知教育大学准教授)による、
教員の働き方に関わる大規模調査から
浮かび上がってきた課題を
深められています。

〈第2話〉 
データからみる日本の教員の労働環境 
中村瑛仁(大阪大学)

OECDの調査などから
日本の教員は「世界一忙しい・多忙」だと
わかっています。

 なぜ、日本の教員は忙しいのか?
 なぜ、学校によって忙しさが違うのか?

これらの疑問に対して、
様々なデータから浮かび上がった「解」をもとに、
多忙化解消の手立てを明らかにします。

〈第3話〉
「責任」からみる初任者教師の困難 
寺町晋哉(宮崎公立大学)

初任者教師への語り(インタビュー)から
浮かび上がった困難を明らかにします。

 〇初任者教師は、膨大な責任
=仕事を抱えている現実を知っていますか?

 〇学級担任は、初任者教師自身を
「もっと頑張らなくては!」と追い詰る? 

本当の意味で初任者教師を支える
学校体制をつくるための
直ちに実施可能な提言します。

〈第4話〉
企業と教員の働き方比較 
金指祐樹(静岡県公立中学校教諭)

電機メーカー6年、
損害保険会社6年に営業職、
そして、中学校教員に転職した金指さん。

 〇民間企業と教員の働き方の違いは何か?
 〇民間企業での経験を踏まえ、教員の多忙化を解消するための提言は?
 とても説得力がある提言です。

————————————-

10月のオンラインライブのご案内です。

10月8日(金)
20時~21時30分 
「主体的・対話的で深い部活動
~全国大会出場監督が語る『教育としての部活動』~」

http://kyouikukaikaku-2020.com/2021/09/12/主体的・対話的で深い部活動%ef%bd%9e全国大会出場監督/

10月22日(金)
20時~21時30分
「働いていても「労働」と認められない教員の現実
~10・1埼玉地裁判決を読み解く~」

http://kyouikukaikaku-2020.com/2021/09/03/働いていても「労働」と認められない教員の現実/



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

共育の杜オンラインサロン
『エンパワメント』募集ページ
http://kyouikukaikaku-2020.com/エンパワメント/



『コロナ禍が変える日本の教育』
ー教職員と市民が語る現場の苦悩と未来
https://amzn.to/3uEBV4p




<注目:「心の職員室」への参加のお誘い>


『現場の先生が孤立して
一人で問題を抱え込まないように
なんでも話せるオンラインコミュニティ
『心の職員室』を立ち上げます』



こんにちは、藤川です。

新型コロナウィルスの感染が
深刻になっています。
ご自身やご家族が感染することへの
不安感を抱えながら、
子どもたちへの感染リスクを抑えるために、
現場の教職員のみなさんは、
緊張感が続く日々を送って
おられることと思います。

このような状況のもと、
教職員のみなさんにとっては、
自分が抱える悩みやストレスを
自分一人で抱え込まないような工夫が大切です。

そこで、現場の教職員のみなさんが
悩みやストレスに感じている
ことなどなんでも話せる
オンラインコミュニティ
「心の職員室」を立ち上げました。


・国や県からの突然の休校要請などへの対応に追われたことと思います。それに対してどのような思いをお持ちですか?

・インターネットを活用した遠隔授業が広がっていますが、それについていけないという戸惑いをお持ちではありませんか?

・小学校では、今年4月から新しい学習指導要領が始まりましたが、学校休校がいつまで続くか、わからないことへの不安をお持ちではありませんか?

・公共交通機関を使って出勤されている方は、コロナ感染をしてしまうのではという不安を持ちながら出勤をされていませんか?

・コロナ感染の広がりによって、卒業式や入学式を簡略化して実施された学校が多いと思います。それを通じて、従来の卒業式や入学式の中で当たり前のようにやってきたことが、本当に必要なことだったのだろうか、と思われた方はいらっしゃいませんか?


「心の職員室」は、
教職員のみなさんの不安や戸惑いを
本音で出し合い、共感の輪を広げていく場です。
新型コロナウィルスの出現を契機に、
学校教育の意義や意味について
問い直す機会にできたらと考えています。

「心の職員室」のメンバー登録していただき、
全国の教職員のみなさんと語り合いましょう。


「心の職員室」のメンバー登録はこちら
https://39auto.biz/gracefulmoment/regires.php?tno=531



///////////////////////


「共育の杜」公式メルマガバックナンバー
https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=gracefulmoment&bid=42


NPO法人「共育の杜」公式ウェブサイト
教育改革2020.com
http://kyouikukaikaku-2020.com


連絡メールアドレス
info@kyouikukaikaku-2020.com



【メルマガ解除はこちらから】
(バックナンバーのため省略)



発信元:NPO法人「共育の杜」

先頭へ戻る