「共育の杜」公式メルマガ
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
「7つの習慣」の中で最も難しい習慣は「聴く」
配信日時:2021/09/26 10:00
共育の杜理事長の藤川です。

「7つ習慣」という書籍をご存じですか?

ビジネス書として
世界で4,000万部以上、日本では240万部以上販売されています。

ビジネス書というより、
人生をどう生きるかの指針となる書籍です。

著者は、スティーブン・R・コヴィー博士です。

「7つの習慣」の中で最も難しい習慣は
第5の習慣だと言われています。

第5の習慣は、「まず理解に徹し、そして理解される」です。

私たちは、往々にして、
自分のことを理解してほしい、と思った時
まず、自分の考えていることを伝えることから始めます。

当然ですよね。

自分のことを理解してほしいのですから。

しかし、理解してほしいのであれば、
まず、相手の話を聴くことから始める必要があるのです。

なぜでしょうか?

人は、自分のことを理解、共感してもらっている、と思った時、
相手のことを聴くことができる状態になるのです。

理解してもらうには、前提があります。

それは、人間関係です。

人間関係をつくるのは、
まずは、相手の話を聴くことから始まります。

コヴィー博士は、相手の話を聴くことが
なぜ、難しいのか、理由をあげています。

一つ目は、自分が疲れているときです。

二つ目は、自分が正しいと確信しているときです。

正しいと確信しているときは、
本気で相手の話を聴こうとしてもできません。

「第5の習慣」を含め「7つの習慣」は、
一生かけても
完全にマスターすることはできません。

ただ、マスターしようと日々、意識し、実践する。

そこに意味があるのです。

だから、人生をどう生きるかの指針なのです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

共育の杜オンラインサロン
『エンパワメント』募集ページ
http://kyouikukaikaku-2020.com/エンパワメント/



『コロナ禍が変える日本の教育』
ー教職員と市民が語る現場の苦悩と未来
https://amzn.to/3uEBV4p




<注目:「心の職員室」への参加のお誘い>


『現場の先生が孤立して
一人で問題を抱え込まないように
なんでも話せるオンラインコミュニティ
『心の職員室』を立ち上げます』



こんにちは、藤川です。

新型コロナウィルスの感染が
深刻になっています。
ご自身やご家族が感染することへの
不安感を抱えながら、
子どもたちへの感染リスクを抑えるために、
現場の教職員のみなさんは、
緊張感が続く日々を送って
おられることと思います。

このような状況のもと、
教職員のみなさんにとっては、
自分が抱える悩みやストレスを
自分一人で抱え込まないような工夫が大切です。

そこで、現場の教職員のみなさんが
悩みやストレスに感じている
ことなどなんでも話せる
オンラインコミュニティ
「心の職員室」を立ち上げました。


・国や県からの突然の休校要請などへの対応に追われたことと思います。それに対してどのような思いをお持ちですか?

・インターネットを活用した遠隔授業が広がっていますが、それについていけないという戸惑いをお持ちではありませんか?

・小学校では、今年4月から新しい学習指導要領が始まりましたが、学校休校がいつまで続くか、わからないことへの不安をお持ちではありませんか?

・公共交通機関を使って出勤されている方は、コロナ感染をしてしまうのではという不安を持ちながら出勤をされていませんか?

・コロナ感染の広がりによって、卒業式や入学式を簡略化して実施された学校が多いと思います。それを通じて、従来の卒業式や入学式の中で当たり前のようにやってきたことが、本当に必要なことだったのだろうか、と思われた方はいらっしゃいませんか?


「心の職員室」は、
教職員のみなさんの不安や戸惑いを
本音で出し合い、共感の輪を広げていく場です。
新型コロナウィルスの出現を契機に、
学校教育の意義や意味について
問い直す機会にできたらと考えています。

「心の職員室」のメンバー登録していただき、
全国の教職員のみなさんと語り合いましょう。


「心の職員室」のメンバー登録はこちら
https://39auto.biz/gracefulmoment/regires.php?tno=531



///////////////////////


「共育の杜」公式メルマガバックナンバー
https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=gracefulmoment&bid=42


NPO法人「共育の杜」公式ウェブサイト
教育改革2020.com
http://kyouikukaikaku-2020.com


連絡メールアドレス
info@kyouikukaikaku-2020.com



【メルマガ解除はこちらから】
(バックナンバーのため省略)



発信元:NPO法人「共育の杜」


先頭へ戻る