ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2019/07/31  【バフェットが「消費者独占型企業」を見極める3つの方法とは?】
  • 2019/07/31  【マレーシアではカーシェア事業が最近発展してきている】(動画も)
  • 2019/07/30  【音声プレゼント】「めんどくさい」を克服する方法
  • 2019/07/30  【若いマレーシア人の多くは 「将来自分も金持ちになれる」と強く信じている】
  • 2019/07/29  【バフェットが愛する消費者独占企業とは何か?】(億万長者バフェット学)
  • 2019/07/29  【「損きりにやたら引っかかるんです・・・」という悩みについて考える!」】
  • 2019/07/28  【投資したら損する「コモディティ企業」を バフェットが見分ける「7つの基準」とは?】(億万長者バフェット学)
  • 2019/07/27  PDFレポート 【副島隆彦先生の最近の日本政治言論を見る!】
  • 2019/07/27  【億万長者のバフェットが避けたがる 「コモディティ型企業」について知る!】(億万長者バフェット学)
  • 2019/07/26  【資産10兆バフェットは大衆投資家が暴落で焦ってるところで買う】 (億万長者バフェット学)
  • 2019/07/26  【「一帯一路」を再開させたマレーシアと中国】
  • 2019/07/25  【日韓の対立が「演出」される理由とは?】
  • 2019/07/25  【なぜ最近マスコミは「軍用地投資」をあおるのか?】
  • 2019/07/24  (写真あり)【マレーシア最大級のメガモール ミッドバレーに行ってきた】
  • 2019/07/24  【「行動力を上げる裏技」とは?】
  • 2019/07/23  【「20代の4割は童貞」という統計について考える!】
  • 2019/07/22  【マスコミが報じない「吉本興業に天下りをした警察OB30人」 について考える!】
  • 2019/07/22  【EUのドイツとフランスは 米ドル決済を使わないINSTEX(インステックス)活用を進めていく】
  • 2019/07/21  【NYダウが27000ドル超えでドル円が107円台の相関現象 について2月のメルマガから考える!】
  • 2019/07/20  「私たち人類は実は何も知らない!?」
  • 2019/07/19  FX Nから****さんへの最後のメッセージです【残り2時間】
  • 2019/07/19  【「WEBセミナー」を開始します!】
  • 2019/07/19  【WEBセミナー開始まであと1時間】<夜20時から>
  • 2019/07/19  【最終日の今夜20時からWEBセミナー!】
  • 2019/07/18  【FX N×ゆう対談音声4本目!】
  • 2019/07/18  【副島隆彦先生と田中研究員の「NHKをぶっ壊す」についての 最新言論を見る!】
  • 2019/07/17  【FXN×ゆうの対談音声3本目!】
  • 2019/07/17  【2度目のご案内です】
  • 2019/07/17  【3日間限定】ついにオープン!
  • 2019/07/16  (画像付き)【■1万円の資金⇒■130万円に増やした 生徒さんを紹介!】
  • 2019/07/16  【音声♪】FX・N×ゆうの特典対談音声「驚愕の5特典」について語っていただきました!
  • 2019/07/15  【****さん、生徒が「1630PIPS」を利益確定!】
  • 2019/07/15  【特典を1つ「暴露」します!(音声もヤバイ好評)】
  • 2019/07/14  【対談音声2本目】FXN「お金はどうせ増える」(サイクル理論の話)
  • 2019/07/14  <電話とLINEで****さんをFX・Nが「1年間サポート」してくれる?>
  • 2019/07/13  【なぜFX・Nは負け組トレーダーからスーパートレーダーに這い上がれたのか?】
  • 2019/07/13  【FX・Nさんとの「対談音声」が実現しました!】
  • 2019/07/12  【なぜFX・Nは「スイングトレード」を重視するのか?】
  • 2019/07/12  【「生産性」をあげると誰でも楽して稼げる、という話】
  • 2019/07/11  【FXのサイクル理論は「未開発」の分野?】
  • 2019/07/11  FXNの動画「+105万円利益確定 のトレードの説明動画です!」
  • 2019/07/10  【2020年代の世界は「トップダウン上下の会社組織」 から「個人の多国籍な横の組織」に徐々に変化していく】
  • 2019/07/10  <ゆう音声ラジオ♪> 【日本県出身のアジア人】「国」のイメージが 「県」のイメージに近くなっていく
  • 2019/07/09  【なぜ彼はFXの天井と底がわかるのか!?】(解説文や動画など)
  • 2019/07/09  【最近、「オヤジ狩り」が復活してる予兆がある、と言う話】
  • 2019/07/08  【FX・Nさんから****さんに 「サイクル理論フォーメーションの解説文」が届きました!】
  • 2019/07/08  【本を一冊読むと平均で75万円も年収がアップする】
  • 2019/07/07  「日本の税収がバブル期超え60.4兆円」の本当の意味とは?
  • 2019/07/07  【FX サイクル理論動画】ライト・レフトトランスレーションの エントリー戦略とは?(FX・Nが徹底解説)
  • 2019/07/06  【PDF・動画】FX・Nが使う分割決済と、天井と底を捉える方法を伝授!
  • 2019/07/05  【なぜマスコミは芸能人の入江さん、宮迫さん闇営業問題を プロパガンダしているのか?(警察天下り利権)】
  • 2019/07/05  【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?
  • 2019/07/04  【増税で日本は終わるのか?を考える!】
  • 2019/07/04  【PDF画像付き】FXのサイクル理論の基礎編(トランスレーション戦略) を学ぶ!
  • 2019/07/03  【抑圧から解放された米ドルの敵である金ゴールド】
  • 2019/07/02  【ゆう音声ラジオ♪】世界各国の企業の株主になって、 配当金をもらっていく事を考える!
  • 2019/07/02  【綺麗になればなるほど、自由はなくなる】
  • 2019/07/01  【動画】スーパートレーダーFX・Nが教える「サイクル理論・入門」を公開!
  • 2019/07/01  【ゆう音声ラジオ♪】搾取(さくしゅ)と収奪(しゅうだつ)の違いとは?
  • 【バフェットが「消費者独占型企業」を見極める3つの方法とは?】
    配信日時:2019/07/31 23:30
    【バフェットが「消費者独占型企業」を見極める3つの方法とは?】
    ⇒編集後記で

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    どうもゆうです!

    ****さん、こんばんは!



    さてさて、ここ最近世界一の投資家ヲーレンバフェットに

    学んでいこう、ってことで色々

    記事書いてるわけですが、


    なかなか、というかかなり好評ですね~



    世の中なんだかんだ知ってるか知ってないかの

    ところが大きいですよね。


    株なんかも メルマガで最近書いてるような内容

    知ってれば最強に負けづらくなるし、(最終的には儲かる)


    知らないと短期のデイトレなんかでどんどん資金が失われるわけで

    (これは大多数の姿)


    やっぱり私なんかは学んでいくってのは

    人生においてすごい大事にしてますね~


    それで今日はずばりこの前まで


    「バフェットが避けるコモディティ型企業」



    「バフェットが買いたがる消費者独占型企業」

    について結構書いたのですが、


    実は株の買い付けとなると前号までの内容だけで

    十分なんだけど(前号の内容だけで相当銘柄絞られる)


    ただ一応さらにフィルターする方法があって

    バフェットなんかはそれをずっとやっていた人です。



    実は結構、バフェットが銘柄買う歳は

    厳しい条件があるんだけど


    今日はその辺をさらに学んで生きましょう!


    編集後記で!





    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    PDF
    【(FXで)「損きりにやたら引っかかるんです・・・」
    という悩みについて考える!」】
    http://fxgod.net/pdf/sonkiri_hikkakaru.pdf

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    PDF【資産10兆バフェットは大衆投資家が暴落で焦ってるところで買う】
    (億万長者バフェット学)
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory1.pdf


    PDFレポート
    【億万長者のバフェットが避けたがる
    「コモディティ型企業」について知る!】
    (億万長者バフェット学)
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory2.pdf

    PDFレポート【投資したら損する「コモディティ企業」を
    バフェットが見分ける「7つの基準」とは?】
    (億万長者バフェット学)
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory3.pdf




    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    【副島隆彦先生の最近の日本政治言論を見る!】
    ⇒ http://fxgod.net/pdf/soejima_201907.pdf



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    PDFレポート
    【マスコミが報じない「吉本興業に天下りをした警察OB30人」
    について考える!】
    ⇒ http://fxgod.net/pdf/yoshimoto_keisatuob.pdf


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    (写真37枚あり)【マレーシア最大級のメガモール 
    ミッドバレーに行ってきた】

    http://fxgod.net/pdf/malay_megamall.pdf



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    PDFレポート【なぜ最近マスコミは「軍用地投資」をあおるのか?】
    http://fxgod.net/pdf/gunyouchi_toushi.pdf




    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




    PDF【「行動力を上げる裏技」とは?】
    http://fxgod.net/pdf/koudouryoku.pdf



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    PDFレポート
    【「20代の4割は童貞」という
    驚愕の統計データについて考える!】

    http://fxgod.net/pdf/20dai4wari_doutei.pdf





    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    PDFレポート
    【EUのドイツとフランスは
    米ドル決済を使わないINSTEX(インステックス)活用を
    進めていく】
    ⇒ http://fxgod.net/pdf/instex_eu.pdf



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    PDFレポート

    【なぜマスコミは芸能人の
    入江さん、宮迫さん闇営業問題を
    「プロパガンダ」しているのか?(警察天下り利権)】
    ⇒ http://fxgod.net/pdf/irie_miyasako.pdf



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    PDFレポート
    【NYダウが27000ドル超えの中、
    ドル円が107円台の相関現象 について2月のメルマガから考える!】
    ⇒ http://fxgod.net/pdf/ny27000_dollar107.pdf



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    PDFレポート(コラム)
    「私たち人類は実は何も知らない!?」
    http://fxgod.net/pdf/muchi_no_chi.pdf



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    メルマガバックナンバーより
    【副島隆彦先生と田中研究員の「NHKをぶっ壊す」についての 最新言論を見る!】
    http://www.fxgod.net/a/groups/8042063/soejima20190718/


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    PDF【「生産性」をあげると誰でも楽して稼げる、という話】
    http://fxgod.net/pdf/seisansei.pdf


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




    【FX・Nさんとの「対談音声」が実現しました!】
    ※人気なため募集は一瞬で終了しましたが、
    対談音声は勉強になるかと。


    ■1本目の対談音声

    「FX・Nが負け組から一気にスーパートレーダーに這い上がった
    実経験を暴露します!」

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fxn1/


    ■2本目の対談音声


    「お金はどうせ増える」(サイクル理論の話)
    ⇒ http://www.fxgod.net/onsei/fxn2.mp3

    (スマフォでもお聞きいただけます♪)


    【FX N×ゆう 対談音声3本目!】

    「サイクル理論ではシナリオで考える!?
    勝てる人と負ける人の違いとは?」

    ⇒ http://www.fxgod.net/onsei/fxn3.mp3



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★










    ===========編集後記============

    さてさて、

    ここ最近ですが

    「億万長者バフェット学」ってのをやっています。


    一応うれしいことに最近は読者さんで

    稼げるようになってきたみたいな人は

    全員ではなくても徐々に増えてきていてメールも

    ちょくちょくいただくのですが


    その中で「株の長期保有について」結構質問いただくのも

    ありまして、


    ちょっとメール返事だけでは内容全部伝えられないってのも

    ありまして


    せっかくなので

    「億万長者バフェット学」

    にしてます。


    こういう知識ってほんと学校じゃ教えてくれませんからね、

    やはり自分でこうやって文章読んで、考えて学んでいく~

    ってのが大事だと、私は思ってます。


    それで、前回までで

    「コモディティ企業」と「消費者独占型企業」

    について結構書きましたよね。


    簡単に言うとバフェットは

    「コモディティ企業を避けて」

    (この時点で相当銘柄数減る。)


    それでさらに「消費者独占型企業」を絞っていく

    っていうやり方でして、


    その後、その消費者独占型企業を暴落時に買ったり、

    もしくは既に安い水準ならば、そこで買うっていう


    結構シンプルな投資方法なんです。


    これが世間でよく言われる「バリュー投資」です。


    が、実は私なんかはこの「バリュー投資」関係の

    ネット記事も見てるんだけど


    おそらく、「なんとなく」分かってる人が大半でして

    しかしそれは「しっかり 定義づけて」分からないと

    使いこなせないと自分の経験で思うから、書いてるってことです。


    それで今までの内容は以下ですね。


    1時間もあれば読めるかと。






    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    <上から順番に>


    PDF【資産10兆バフェットは大衆投資家が暴落で焦ってるところで買う】
    (億万長者バフェット学)
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory1.pdf


    PDFレポート
    【億万長者のバフェットが避けたがる
    「コモディティ型企業」について知る!】
    (億万長者バフェット学)
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory2.pdf

    PDFレポート【投資したら損する「コモディティ企業」を
    バフェットが見分ける「7つの基準」とは?】
    (億万長者バフェット学)
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory3.pdf

    バックナンバー
    【バフェットが愛する消費者独占企業とは何か?】(億万長者バフェット学)
    http://www.fxgod.net/a/groups/8042063/buffet4/

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    さて、それで実は上の4つの考え方やフィルターで・・・

    自分で銘柄買えば分かるけど


    あとはほったらかしにしておけば

    どんどん含み益って伸びる可能性は高いわけですよね。


    ただもっと精度を高めて、素晴らしい企業を絞ることが

    できまして、


    今日はそのための記事です。



    それで基本的には

    「大多数を占めるコモディティ企業を見破って

    そして避けて」


    「そして消費者独占型企業買う」


    って感じなんですけど


    ここで、「消費者独占型企業」をですね、

    さらに見極める方法、なんかを今日は書きます。


    ちなみに、私のメルマガで「世界経済のマクロ分析」

    ってすごいたくさん 諜報機関とかインテリジェンスの話でも

    書いてるけど、


    あれは実はイギリスのファンドなんかがよくやってる

    分析なんですね。


    今号ではあまり書きませんが、バフェットの時代と

    私や****さんの生きる時代の違いってのが

    あって、


    バフェットが投資し始めた頃ってのは

    アメリカが世界恐慌後で「あんな国に投資するやつは

    頭おかしい」って言われていた時期なんです。


    が、今はアメリカってのはすごい地位にいるわけですね。


    が、今からバリュー投資するのであればやはり

    これから資本主義が花開くところでやるべきでして、


    最近学んでる株の買い付け方の基準ってのは

    まさにこれから伸びるアジアの国々、あとはアフリカ、

    中東なんかの株投資でもろに使えるでしょう。


    それで「投資する国を選ぶ際」には当然ですが

    「子供の多い地域」にしましょう。


    ネットで「人口ピラミッド」って検索しますと

    大体出てくるけど


    日本の場合は人口ピラミッドが結構やばいのだけど

    最近のアジアの国々は人口ピラミッドがすごいよくて


    子供が多い地域がかなりあります。


    投資にタブーはないので、書きますが

    一夫多妻制度が存続してる国なんかは出生率がやはり

    高くて、


    子供や赤ちゃんが多い。

    なので私のいるマレーシアもそうだし、インドネシアもそう。


    この辺でこれから本格的に資本主義が導入されていくので

    (既に導入されて成功してきてる)


    私たちの時代にはこれらの新しい成長する国に

    投資することでおそらく20年~40年で

    「莫大な」利益を生めると私は見てます。



    だから 国の選定、もこれからの時代は大事ですね。

    バフェットの時代は バフェットはアメリカ人だから

    アメリカしか投資できなかった。


    けど今の私たちはネットがあるから世界に投資できる、

    この辺の優位性はありますから、


    バフェットの基礎を学んで応用していくことが重要。



    さてそれで、どんな国でも結局

    素晴らしいパフォーマンスをあげるのは


    前号までで学んでいただきました

    「消費者独占型企業」ですが、



    その消費者独占型企業をチェックする際に

    いくつかチェックする項目があるんで、


    今日はそれを書きます。



    結構沢山あるので今日は4つくらい書きたいけど

    この辺がおそらく****さんの長期投資の羅針盤となります。



    それでまず以前とかぶりますが


    <1>消費者独占力を持つサービスがあるかどうか


    ですね。



    それで、これは以前にも結構書いたけど

    良い方法があって、


    それが その投資先の国に行きまして、

    それで コンビニとかスーパーとかドラッグストアとか

    バーとかガソリンスタンドとか、

    書店なんかで


    「その国の生活をする」んです。


    んでそれらのサービス、製品を扱ってるお店で


    「このお店で絶対ないといけない製品はなんだろう」


    と考えるのですね。



    例えばなんだけどマレーシアの店を例に取ると

    必ず、暑い国だから


    「飲み物、ドリンク」が置いてあります。



    それで「絶対にないといけないドリンク」ってのが

    マレーにはありまして、


    それが「超甘い 冷たい紅茶」ですね。


    アイスティーです。


    このアイスティーのペットボトルはどの店にも

    「絶対に」ある。



    んでマレーシアの場合は酒は飲まないからその代わり

    嗜好品として 砂糖が好まれてるけど

    だからみな甘党です。


    そこで「超甘い、そして冷たいアイスティー」ってのは

    必ず売ってるものなんだけど


    それを提供してるメーカーは・・・


    というと 実は コカコーラなんですよ。



    コーラも売ってるけどこれらもコーラは

    しっかり分かってマレーシアなんかでは売ってる。


    こんな感じで「消費者独占型企業」ってのは

    消費者向けの製品であるから、


    だから私たちが消費者として「目に見える」ってのが

    すごい素晴らしい。 B TO Bの企業だとそうはいかないですよね?


    それで世界中どこの飲食店でもコーラがないと

    成り立ちませんし、


    コンビニのレジには絶対にマルボロがないといけないし、

    DVDなんかだと必ずディズニーブランドは子供たちが

    必要としているし、


    こうやって見ると、近くのスーパーに行くだけで

    結構見つかるものですね。



    ちなみに私なんかはよくアジアの国々行ってますが

    そこでは「普通の生活」してるわけですが


    実はこうやって日常生活で 買い付けの銘柄を

    探し出してます。足で。



    んで、こうやっていくと「これは絶対この国では

    ないといけない製品、食べ物、サービスだな」


    みたいのが必ずあるわけですが、


    そこでIPHONE出しまして、ROE調べてますと・・・


    そう、実はそんな製品は大体消費者独占型企業のものなんで

    ROEが20%とか30%超えていたりします。


    15%超えの基準を満たしてるわけですね。


    だから実は「消費者独占型企業の製品」を見つけるっていうところから

    企業銘柄を絞り込む方法は、すごい使えます。


    だから本当は難しいチャート分析とかは必要ないっちゃ必要ない

    んですね。


    バフェットは実際にテクニカルチャートはほとんど見ない

    なんてのも言われてる。


    それで一方、製品に対してサービスは?

    ちょっと製品よりは見つけるのが難しいけど、


    これも 「広告だったり宣伝媒体やテレビ」

    なんかにヒントがあったりします。


    これらを見ていると大体消費者独占型企業ってのは

    絞られてきますよね。



    それである程度「この商品はある種のブランドだな」

    っていうものが出てくるけど


    そうしたら それを売る企業業績とか経営者の質を見る

    定量的な分析を加えていくっていうことですね。


    これは前号までで書いてる通りです。



    それでそんな中でやはりチェックしたいのが

    EPS(1株あたり利益)が「力強く増加基調にあるかどうか」

    でして、



    仮にその会社の製品とかサービスが一定のブランドを

    その国の市場で築いていたとしても、


    その会社全体の経営状態が官僚的であったりした場合ですね、


    少しまずかった場合、


    EPS(1株あたり利益)は不安定になっているものです。


    だから「優れたブランドを持ってる企業」を見つけて、

    「EPSが増加基調かどうか」を見ると


    その会社の経営が いけてるか、いけてないか?

    が分かります。


    例えば EPSが 


    マイナス1・5ドル

    プラス0.6ドル

    マイナス0.2ドル

    プラス0.2ドル

    プラス1ドル


    みたいな「ぶれ」が目立つ企業よりは

    当然、


    プラス1ドル

    プラス1.5ドル

    プラス2ドル

    プラス1.2ドル

    プラス1.7ドル

    プラス2.5ドル


    みたいなEPSを持ってる企業がよいわけですね。


    日本の証券会社だとあまり見ないかもしれませんが

    海外の証券だと「EPS増加率」ってのは

    結構ファンダメンタルの部分で出てるんだけど


    この辺は 「企業名 EPS Chart」とかで検索すると

    出てくるものです。



    コカコーラのEPSはこんな感じ。


    以下のサイトに


    Coca-Cola Annual EPS


    ってのがあるけど すごい安定してますね。


    ちなみに Annualは「年間の」って意味。

    (Coca-Cola Quarterly EPSってのはちなみに

    4半期ごとのEPSですね。)


    コカコーラのEPS。
    https://www.macrotrends.net/stocks/charts/KO/coca-cola/eps-earnings-per-share-diluted



    それでここでEPSの部分でこのEPSの部分が

    結構マイナスが目立ったり不安定だったりした場合は


    その企業は「コモディティ企業」に当てはまるかも

    しれないです。



    いずれにしろバフェットはそういうEPSが不安定な企業を

    投資対象に選ばないんですね。



    それでコカコーラなんかが分かりやすいですが

    やはり同社なんかはEPSが安定して推移しましたが



    これはコカコーラーがブランド製品を持ちながらも

    それを有効に活用して、


    賢明に活用して大きな利益を上げてきたってことを

    意味します。



    それでこれらの企業が見つかったら

    あとはリスト化して


    「いつ買うか」だけなんだけど、


    それはバフェットがワシントンポストやコカコーラを

    買ったときみたいに


    株式市場が全体的に相場全体が落ち込んだときに

    それで  それに引きづられて相当割安になっているときか、


    もしくはバフェットがGEICOやアメリカンエキスプレスを

    買ったときのように


    その企業の業績が一時的に悪化して、

    株価が売り込まれたとき、


    を狙うわけですね。


    それで、後者の「企業業績が一時的悪化した場合」

    は少し注意が必要で、


    それはその企業の属する業界全体が落ち込んでるとき

    かもしれません。


    それでバフェットが投資したいのは

    素晴らしい消費者独占型企業が一時的に業績悪化して


    そんで市場が過剰反応して売り浴びせたとき

    なんだけど、


    そういう場合は?というと


    具体的に


    A社とB社があったとして


    A社はEPSが

    1990年 1ドル

    1991年 1.2ドル

    1992年 1.4ドル

    1994年 1.5ドル

    1995年 1.6ドル

    1996年 1.9ドル

    1997年 2ドル

    1998年 2.4ドル

    1999年 2.39ドル

    となっていたとして

    2000年に マイナス1.22ドル

    となっていたとします。




    またB社は同じく


    1990年 1ドル

    1991年 1.2ドル

    1992年 1.4ドル

    1994年 1.5ドル

    1995年 1.6ドル

    1996年 1.9ドル

    1997年 2ドル

    1998年 2.4ドル

    1999年 2.39ドル

    となっていたとして

    2000年に 大幅減益があって

    0.5ドルだったとします。



    この2社の場合、より深刻なのは?


    そう前者のA社ですね。


    急にマイナスになったわけですから

    何か大きな原因があってそれが下降トレンドの

    兆しかもしれません。


    その赤字に陥った原因をこの場合は明らかにしないと

    いけませんし、それが解決可能なのかを考える必要がある。



    一方、後者のB社は?というと

    一応かなりの減益ではあるものの、やはりプラスです。


    この場合はバフェットは前者のA社ほど悲観的にならないでよい

    という考え方をしますね。


    実際にA社の場合は急にマイナスになったから

    何かしらの要因が重なって長引くことがありますが


    B社の場合は一時的な減益があったものの、

    再び力強い上昇基調に戻っていくことが多いわけです。



    なので必然的に買うときってのは

    その株価がショートで暴落させられてるときですが


    そこでそのEPSがA社みたいなものか、

    B社みたいなものか、


    は見極める必要があるわけですね。



    その際にこのコカコーラのEPSの表だと

    4半期のEPS(Coca-Cola Quarterly EPS)なんかも見たりするわけですね。



    https://www.macrotrends.net/stocks/charts/KO/coca-cola/eps-earnings-per-share-diluted



    あとは、


    3「多額負債を抱えていないか」

    ですけど、



    これも大事でして、バフェットは保守的な財政政策を採る会社が

    好きです。


    そしてこれが大事ですが、その企業が消費者独占力を

    発揮している経営をしていれば

    キャッシュフローは潤沢であるわけで


    長期負債なんかは調達する必要がないはずなんです。



    それで、そこで多額の負債を抱えていないかを見るのは

    大事でして、


    バフェットの場合、またコーラの例になりますが、

    例えばコカコーラの長期負債残高ってのは


    同社の1年分の利益よりも少ないのですね。


    だから借金を返すには1年分の利益で十分となるわけです。


    それとは対照的なのが

    コモディティ型企業を代表するGMの

    長期負債残高ですが、


    これは550億ドルにも達していたわけですね。


    一方、これはGMが1990年から99年までの10年間の

    利益の340億ドルを上回るものでして、


    もう多額の負債と言えるでしょう。


    GMが仮に10年間全部を負債の借金返済に振り向けても

    まだ足りない水準です。


    実はコモディティ企業の特徴がこれでして

    「多額の負債がある」ですね。



    ちなみにちょっと話がずれるけど日本のサラリーマンたちは

    気をつけないといけなくて、


    よく不動産投資なんかで「資産は20億円!」とかいって

    不動産投資家が雑誌に出てる。


    が、彼らの場合裏で 多額の借り入れをしているわけであって

    それを含まないで「資産」とか言ってるケースが結構ある

    んですよ。



    例えば不動産の資産が20億円だとしても

    これ借金が19億8000万円ならその人の

    本当の資産はどれくらいだろうって話になりますが、


    いずれこの類の問題が議論される時期が日本でも来るだろうな

    なんて私は考えてます。


    ただ株式市場の場合は有利子負債とかは

    分かりますから


    そこを見るのは大事だってことですね。


    それで通常、消費者独占型企業は

    多額の預貯金を保有してまして、


    借金はほとんどない、んです。



    言い換えれば事業自体にどんな不測の事態があっても

    最終的にはその潤沢なキャッシュでなんとかなる

    わけですね。


    一方、多額の借金を抱えて余裕資金がない企業の場合

    不測の事態、例えば 不景気だったり不祥事だったりの

    問題が出た場合対応が利かないわけですね。



    自分で解決ができなかったりする。


    だから株価が下落して、最終的には株が紙くずになってしまったり

    する。



    この辺が分かると結構日本の株の 悪い意味の面白さも

    分かりますが、


    多額の負債がある会社の株価がやたら上がって

    まさに大衆が「有名だから」ということで買っていく

    わけですが


    やっぱりしっかり調整されるんですね。



    どの会社とは言いませんが、以前も 注目IPOとか

    言われていた会社が、どう見ても負債超過なのに

    買われていて株価はうなぎのぼりだったけど


    その後大暴落した。


    ちなみに私の友人のネット起業家であまり

    この辺の見方を知らない人がその株を買って大損した

    なんて話も聞いた。


    知らないこと=数千万円、数億の損失をこうむる

    わけです。


    なので「多額の負債がないか」はチェック項目ですね。

    それでその「多額かどうか」ってのは


    その企業が大体何年分くらいの営業で

    その負債を返済できるかってのを見る必要があります。



    ちなみに例外としてM&Aなどの買収ってのがありまして、

    この際には 優良な消費者独占型企業も

    負債をすることがあります。


    そんでこんなときには判断が難しいかもしれませんが

    その際にも「買収先企業は消費者独占型企業かどうか」

    だけを見るんです。




    それで 3つのケースがありまして


    1消費者独占型企業が 消費者独占型企業を買収するケース。


    これは大変良いケースです。


    最強タッグです。

    この場合には多額の負債も簡単に返済できる可能性が高い。


    これらの組み合わせ企業が一時的に悪材料で売り込まれてるときは

    買い、ですね。



    いずれ消費者独占力が功を奏して、状況は好転していく可能性が

    高いです。



    それで


    2 消費者独占型企業がコモディティ企業を買収のケース


    ですが、


    これは失敗M&Aでして、

    ぱっとしない結果に終わることが多くて



    前者の生み出す利益を食いつぶしていく形になりまして、

    買収の際の借り入れ負債の返済が結構長引く可能性が

    ありますね。


    こういった場合は、その買収されたコモディティ企業が

    消費者独占型の事業に転換するかどうかを見たり、


    結構長い観察が必要になりまして

    バフェットはこういう場合は 見極めがつくまで

    辛抱強く「待つ」わけです。



    それで最悪が

    3コモディティ型企業がコモディティ型企業を買収


    するケースで


    これが実はM&Aの企業買収で一番多いケースだけど

    近づかないほうが良くて、大体失敗します。



    これらの株が売られてるのはまさに適切に売られてると

    言われるわけでして、


    その株は泣かず飛ばずとなるから、

    やめたほうがよさそうですね。


    バフェットはこの場合無視します。



    ということでここで大事なのは

    「保守的な財政政策を採る企業をターゲットにしないといけない」

    わけです。



    これは****さんが仮に自営業者で事業やっていても

    そうでして、


    相手の会社が やたら放漫経営なら

    一緒に事業をやってはいけないわけですね。


    保守的な財政経営をしてるかどうか、ってのは大事ですね。



    ちなみにバフェットの場合資産が10兆円以上あるのに

    食事はマクドナルドとかですが


    この「保守的な財政経営をしてるかどうか」ってのは

    バフェットの私生活にも出ていますが


    やはりこれが大事です。


    その経営者や会社が質素倹約を馬鹿にしてるような

    状態である場合危険信号です。


    その際には業界の状態が不況なりに切り替わった瞬間から

    それらの会社は赤字になっていく可能性を秘めていまして


    やはり儲かってる時にこそ財政を引き締めてるようなところ

    これは大事ですよね。



    逆にコモディティ型企業の場合は

    儲かれば儲かるほど 「好景気がずっと続くという謎前提」で

    設備投資を拡大させまくるんだけど


    これは長期保有には適していないわけです。


    それで大体長期負債残高ってのが

    3年分の利益より小さい企業、


    この辺が基準になりますよね。


    こうなると結構絞り込まれてきますが

    そういった企業が見つかれれば長期で安定した

    キャッシュを生み出して EPSも上がっていく可能性が高い、と。



    と言うことでこの辺を見極めていくと

    基本的に その絞り込まれた企業のROE(株主資本利益率)なんかは

    高い状態がキープされていくものですし、

    (平均ROEが15%以上になる。一方コモディティ型企業は

    日本に多いけど平均ROEが1ケタ台・・・っていうなかなか

    きついROEになります。)


    上記のような内容を企業分析に入れていくと

    長期保有に適した企業が見つかっていくってことですね~~




    ということでまたこのROEのことなんかについても書きたいのですが

    長くなりますんで


    また今度書きたいと思います。


    ということでこれらの知識があると

    優良企業を絞り込むことができますから、


    それは自然と****さんの長期の富につながる

    ってことですね。



    まあ何とも投資というのは奥深く、面白いものだ、

    と思います。



    それでは!


    ゆう






    追伸・・・それで上の内容を見て分かることだけど

    バフェットを学ぶと「経営」も学べるわけですね。


    すなわちどんな経営状態ってのが

    その企業の価値を長期で拡大させていくか?


    ってのが分かってくるわけですよね。



    だから企業経営者こそ、バフェットを学んだほうが良い

    と言えますよね。



    多くの企業ってのは何も意識しないと

    必然的に「コモディティ型企業の特徴を帯びてくる」

    ものであって、


    それを修正して「消費者独占型企業」に近づくように

    企業の形を変えていくことが大事なわけです。


    だからこれを学ぶと分かると思いますが、

    最近、「サラリーマンでもM&Aをして社長になろう」

    とか流行しだしてますが、



    上記のような知識ないと大企業サラリーマンなんかが

    M&Aで社長になったら大体ヤバイって分かりますよね。



    M&Aをする場合、その企業を長期存続させたいならば

    必然的に消費者独占型企業への舵取りしないといけない

    わけですし、


    それはやはり投資や経営技術の知識が必要になるわけです。


    一方、バフェットを学べば

    「どういう企業(個人)が利益を上げ続けて、

    どういう企業(個人)が資本主義で行き詰まるか」


    が大体全部分かっちゃうんで


    そういう意味で 投資だけではなくてビジネスでも

    活用できる話なんですね。


    だから「バフェットを学ぶ=資本主義のルールを学ぶ」

    とイコールなんで

    なかなか面白いですね~



    それでは!






















    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    【資産10兆バフェットは大衆投資家が
    暴落で焦ってるところで買う】 (億万長者バフェット学)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/8042063/buffet1/



    【億万長者のバフェットが避けたがる
    「コモディティ型企業」について知る!】(億万長者バフェット学)

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/8042063/buffet2/



    【投資したら損する「コモディティ企業」を
    バフェットが見分ける「7つの基準」とは?】(億万長者バフェット学)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/8042063/buffet3/




    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
















    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)



    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)



    先頭へ戻る