ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2019/11/30  【本日20時より山之内さんの「生放送」を開催します!】
  • 2019/11/30  【今夜20時からオンラインセミナー】 11月28日トレード利益は120万円(動画あり)
  • 2019/11/29  【公開後、スゴイ人気です!】
  • 2019/11/29  【~注目~ついに公開!】山之内さんの「外貨革命アカデミー」 メルマガ豪華7大特典付きバージョンです!
  • 2019/11/29  音声♪【「豪華7大 メルマガ読者限定特典の内容」を暴露します!】
  • 2019/11/28  【最終章】山之内の覚悟『常識破壊』のスペシャル特典を発表!
  • 2019/11/28  NEW!【☆第4章公開★】10億以上を生み出してきたトレードを****さんへ
  • 2019/11/27  (音声レビュー)【表に出ない超富裕層の実態は意外に質素で普段は「たくわん」を食べている!?】
  • 2019/11/27  【山之内×ゆう対談音声1本目を公開!】 「資産数十億円になって変わったこととは?」
  • 2019/11/26  【第3章公開中】山之内流『第3のエントリー方法』が勝率を飛躍的に上げる!
  • 2019/11/26  NEW【第3章公開】 半年で500Pips獲得した女性と仮想通貨で失敗した男性の秘話!
  • 2019/11/25  【明日3章公開】借金を抱え犯罪・逮捕、そして命を絶つ…
  • 2019/11/25  NEW!【今週(11月25日月曜日~)の山之内・FX相場解説です!】
  • 2019/11/25  【上級編動画】年収6億円を生み出した 山之内流 鉄板ルーティンワークとは?
  • 2019/11/24  【第2章公開中】なんだそんなことか…が、「毎月100Pips」に繋がる!
  • 2019/11/24  NEW!!【通貨オージー=AUDの特徴とは? 高金利通貨の人気はどこへ?】(動画+解説)
  • 2019/11/23  【第2章公開】数十億の資金を動かしてきた 衝撃的なトレード手法を大公開!
  • 2019/11/23  【第1章公開中】毎月平均100Pips前後のトレードを教え子たちにシェア!
  • 2019/11/22  【ついに「在韓米軍撤退議論」が出てきました!】 (メルマガでこの数年書いてきたシナリオの復習など)
  • 2019/11/22  ■山之内さんから音声にてご挨拶
  • 2019/11/21  【令和元年始動】驚愕の10億円超えを本編にて初公開!
  • 2019/11/21  【副島先生の最新金融言論から トランプのNYダウ吊り上げと、ヨーロッパ事情などを考える!】
  • 2019/11/20  【新動画】注目の通貨「暴れ馬・GBP(ポンド)の特徴」について考える!
  • 2019/11/20  【最近のネットは「ググッてもカス」の時代になってきてる!?】
  • 2019/11/19  【お金=マネーが流れてるところに居ると沢山お金を稼げる】
  • 2019/11/19  【トランプ大統領がツイッターでFRBパウエル議長に 利下げ圧力をかけまくっている】
  • 2019/11/18  【山之内FX無料講座】 今週のチャート解説(11/18~)動画です!
  • 2019/11/18  【「ダウ理論の唯一の限界」とは何か?】について考える!
  • 2019/11/17  【動画】EURユーロの特徴。統合通貨?実験通貨? 欧州全ての国で使用されない理由(副題:マクロンの脳死発言の意味とは?)
  • 2019/11/17  【山之内FX無料講座】JPY=日本円の特徴 ~有事の日本円買い?安全通貨?
  • 2019/11/16  (資本主義原論)【世界一成功した社会主義国・日本はソ連のように衰退している】
  • 2019/11/16  【資本主義原論】動画で大思想家・小室直樹先生から資本主義を学ぶ!
  • 2019/11/15  【オーストラリアに「出稼ぎ」して100万円以上稼ぎ出す日本の若者たち】
  • 2019/11/15  【2009年の小沢鳩山政権を潰した実行犯は外務省官僚たちであった】 (アメリカではなかった)
  • 2019/11/14  【日本の「実質的支配者としての外務官僚」について考える!】
  • 2019/11/14  【自動昇降のスタンディングデスク を導入してみたら最高だった・・・】と言う話
  • 2019/11/13  ※中級編動画! 【「USD=米ドルについて知っておくべきこと」とは?】 (副題:ドルと金の戦いとは?)
  • 2019/11/12  「中級編【プライスアクション動画】が山之内さんから届きました!」
  • 2019/11/12  【なぜ最近マスコミは急に世界不況について報道しだしてるか?を考える!】
  • 2019/11/11  【「資産」で考える重要性を山之内さんの週刊相場解説動画から考える!】
  • 2019/11/11  【年収6億・山之内さんの週刊相場解説動画(11月11日~)をお送りします!】
  • 2019/11/10  【日本人は「辞める技術」を学ぶと幸せになるか?について考える!】
  • 2019/11/10  【これから世界も経済も「どんどん多極化」していく、ということについて考える!】
  • 2019/11/09  【日本の英語力問題が世界でも報道され出していることについて考える!】
  • 2019/11/09  【中国深センでは「ライドシェアの路線なしバス」が実用化されそう?】
  • 2019/11/08  【中級編・FX動画!!】山之内流のグランビルの法則とダウ理論について
  • 2019/11/07  【シンガポールで「空中タクシー」の有人のリアル飛行実験が開始!】 (動画で見る)
  • 2019/11/07  【新・無料FX動画!】 山之内流 水平線・トレンドラインについて!!
  • 2019/11/06  【アフガニスタン人に教えてもらったアフガンの現状とは!?】(ISやタリバンのことなど)
  • 2019/11/06  【動画解説!】ドル円ちゃんに振られても 実は魅力的なユーロオージーちゃんが隠れている
  • 2019/11/05  NEW!【年収6億トレーダーの 「今週の相場解説動画(11月4日~)」が届きました!】
  • 2019/11/05  【なぜ中国は「VR=仮想現実」や「一帯一路」を 進めたがるのか?について考える!(ケインズ経済学)】
  • 2019/11/04  【新・動画!】山之内流「必勝のチャート」とは!?
  • 2019/11/04  トランプ大統領「我が国は日本やドイツより金利を引き下げるべき」 (副題:トランプVS日銀のマイナス金利拡大をめぐる仁義なき戦い)
  • 2019/11/03  【市民撮影映像】フランスのイエローベスト(反重税)運動は続いてる
  • 2019/11/03  【自由なところに人もお金も集まる法則】(資本主義の原理原則について!)
  • 2019/11/02  【人には、****さんには「天職」があるっていう話】
  • 2019/11/01  【トレード回数が少ない⇒それは資金を守れているということ!?】 (山之内さんの動画レビュー)
  • 2019/11/01  ■新しい無料動画!■ 【年収6億円】山之内流 トレンドとレンジの見分け方とは?
  • 【自動昇降のスタンディングデスク を導入してみたら最高だった・・・】と言う話
    配信日時:2019/11/14 10:00
    【自動昇降のスタンディングデスク を導入してみたら最高だった・・・】
    と言う話
    ⇒編集後記で


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    山之内流【プライスアクション】についての

    動画です!


    年収6億4000万円を達成した山之内は

    一体どのようなプライスアクションを取り入れてる?


    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=238


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    ※中級編動画!

    山之内流【「USD=米ドルについて知っておくべきこと」とは?】
    (副題:ドルと金の戦いとは?)



    米ドルとは現在は「世界基軸通貨=キーカレンシー」
    です。

    それについて学びましょう!

    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=263


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    どうもゆうです!

    ****さん、こんにちは!!


    さてさて、私の読者さんは何かしら

    パソコンで検証したり動画見たり、記事書いたり、

    転売してみたり、なんて人が多いと思うのですが


    ****さんは「机」は椅子に座って使う机ですか?


    私も実は今まで座る机をメインで作っていたのですが

    これはどうもおっさんになれば足腰弱くなるな、なんてことを考えて



    ここ最近ですが私は以前から気になっていた

    スタンディングデスクを購入しました。


    自動で昇降するやつです。


    これ。動画です。



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【動画】自動で アップダウンで

    ウイーンって言って昇降する机。

    BEKANT。


    ⇒ https://youtu.be/Yyl2NvKIK7M


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    それで私は正直あまり買い物とか頻繁にする人ではないのですが

    ただこれはここ数年買い物したものの中でも

    ベスト3に入るくらい素晴らしいものでした。


    スタンディングデスクなんかは最近オフィスワーカーでも

    注目されていて導入されてるけど

    やっぱり素晴らしいです。


    個人的に導入してよかった点とか問題点とか

    使っていて分かってきたのもあります。



    編集後記で!




    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    「中級編【プライスアクション動画】が
    山之内さんから届きました!」


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    さてさて、前号にて

    【なぜ最近マスコミは急に世界不況について報道しだしてるか?を考える!】

    という号を流しました~


    MMTとか緑の債券に世論をつなげて いきたい

    左派側の思惑について書きましたが

    かなりの確率で マスコミが不況とか騒ぐときは

    相場が調子よくて


    マスコミが好調と言うときは少し相場は注意が必要ですが

    逆指標としてうまく利用したいものです。


    さて、それで今日は大変勉強になると好評な

    山之内さんの 無料FX講座ですが


    新しいプライスアクションの動画、が届きました!


    こちらプライスアクションに関してはよく

    メルマガでも扱ってるのですが


    是非見てみてくださいね~





    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    山之内流【プライスアクション】についての

    動画です!


    年収6億4000万円を達成した山之内は

    一体どのようなプライスアクションを取り入れてる?


    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=238


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    また以前までの動画はこちらになります。



    (現在 中級編までブログ更新)
       
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    NEW!【中級編・FX動画!!】
    山之内流のグランビルの法則とダウ理論について


    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=233



    【初級編は以下です!】

    山之内流 水平線/トレンドラインについて!!

    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=177


    【年収6億トレーダーの
    「今週の相場解説動画(11月4日~)」が届きました!】

    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=221
    (直リンク。こちらのページからPC、スマホなどの
    環境で再生可能です!)


    【新・動画!】山之内流「必勝のチャート」とは!?

    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=115



    【年収6億円】山之内流
    トレンドとレンジの見分け方
    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=89



    【動画】年収6億のマインドセットとは?
    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=72


    <動画>【年収6億のFXトレーダーが「ろうそく足」を語る!】
    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=86


    <動画>【FXで年6億円を稼ぐ
    山之内流 時間軸の法則とは!?】
    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=170



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    さて、それで今日はこちらの山之内さんから

    ****さんにメッセージです!


    ↓↓

    =====================


    【山之内流
    プライスアクションについて】

    みなさんこんにちは。
    今回はプライスアクションについてお話をしていきたいと思います。



    ■■■■■■■■■■■■■■■■

    【プライスアクションとは?】


    プライス(値段)のアクション(動き)
    つまり”値動き”そのものを分析して

    チャートに刻まれた投資家心理を読み解き、
    相場状況を判断していく分析手法です。


    ■■■■■■■■■■■■■■■■


    その中でも代表的なプライスアクション、

    いわゆるピンバーと言われるもの。


    トンカチなどいろんな呼ばれ方はありますが、

    ヒゲの長いローソクのことを表します。




    動画内のチャートは全て円に纏わる

    チャートを出しております。

    (左上ドル円、左下ユーロ円、

    右上オーストラリアドル円、右下ポンド円)




    この中でパッと目に付くのはユーロ円ですが、

    移動平均線が綺麗に右肩上がりに並んでいるので、



    当然ながら移動平均線に迫ってきた

    安値を拾ってロングを狙っていくタイミングではありますが、

    ここに一点気になるローソクがあります。




    MT4のチャートでいうと、2019年10月21日8:00ですが、

    先週の高値を抜けきれず売りの長いローソクを形成しています。


    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=238




    その後、ずるずるとローソクが下がっていき

    もう一度上昇を狙うも、


    抜けきることが出来ずにまたずるずると下がっていき、

    もう一度高値更新を狙っていきますが、


    ひげの長いローソクを2本継続し、

    ものすごい勢いで下がっていきました。



    ただ、崩れかかってはいますが、

    移動平均線が3本並んでいる状態を継続しているので、

    まだここから売り目線に切り替えるには


    早いんじゃないかな?と思います。



    最後に大きく下がったところから

    逆張りする方もいらっしゃるのかなと思いますが、

    高値を大きく抜けていった時の方が


    損失が大きくなってしまいますので、どちらかというと、

    抜けていくのを待った方がいいのかなと思います。



    このように、ピンバーが出たからエントリー。

    ということではなく、ピンバーが出たから
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    エントリーを避ける。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    というような環境認識ができたら、

    ひとつまた損切、損失が減るのではないかなと思います。




    ※ポイントとしては、基本的にはレンジの中で出た

    上髭の長いローソク、ピンバーというのはあまり気にしません。



    最高値、最安値付近で出たいわゆるトレンドに蓋を
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    するかのように出たピンバーには
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    注意して目を配った方がいいのかなと思います。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    例えば、下降目線で言うと、下落した先で下髭をつけ、

    全くローソクの実体の無いものが出たら、

    もう少し利伸ばししたくても、


    ここで決済しておいた方が安全かなと思います。



    今回のお話が、一つの参考になれば幸いです。

    =====================


    以上です!


    それで今回は「プライスアクション」についてですが

    もうプライスアクションは稼いでるトレーダーたちは

    最近みんな使っておりますよね。





    それで山之内さんも例外なく使ってるわけです。



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    山之内流【プライスアクション】についての

    動画です!


    年収6億4000万円を達成した山之内は

    一体どのようなプライスアクションを取り入れてる?


    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=238


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




    それで、この山之内さんのプライスアクションの

    説明見て、たぶん結構メルマガで学んでいただいてる方は

    「あ、これは・・・」と思った方いらっしゃると

    思いますが



    そう、これはアメリカのトレーダーがよく使う

    False Breakout PriceAction 騙しブレイクのプライスアクション

    ですね!



    これは以前に6月くらいにメルマガで扱って

    PDFでも配布してると思います。


    これ。


    こちらはエンゴルフィンバーですが

    基本ピンバーと同じように使います。


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    PDFレポート(画像で)
    【アメリカのFXトレーダーが最近使うプライスアクションを学ぶ!】

    ⇒ http://fxgod.net/pdf/false_breakout.pdf

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




    それであとはこの前扱いましたが

    この画像も結局 False Breakout Priceactionの

    ピンバーバージョンですね。




    (画像)False Breakout Priceaction(騙しブレイク後ピンバー)の例
    http://fxgod.net/gazou/trade/201911042.PNG



    一応こういう形が 利益伸ばしてる間に出たら

    利益確定するなり念のため逃げましょう、


    っていうのが大変大事ですよね。



    一応ピンバーはエントリー根拠にもなるのですが

    山之内さんもここはピンバーで決済なり逃げる根拠を

    作って出口戦略作ってるよ~


    っていう話です。


    それでこの辺のプライスアクションの話ってのは

    「あ、そうなんだ~」っていう座学の部分は

    あるんですが


    やはり検証しないと身につかないから

    是非検証してみると良いと思います。




    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    山之内流【プライスアクション】についての

    動画です!


    年収6億4000万円を達成した山之内は

    一体どのようなプライスアクションを取り入れてる?


    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=238


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    だからまあ、世界中でアメリカ人でも日本人でも

    稼いでるトレーダーはほんと似たような判断を使っている・・・


    と言えますよね。




    それで山之内さんの場合は、そこで「仕掛けてる通貨ペア」

    ってのも通貨相関で「強い通貨」と「弱い通貨」

    を探し出してそれで


    絞り込んでるわけでして、


    そのような相関でまずは大きく見て、

    それで特定通貨で仕掛けた後の細かい利益確定ポイントとか

    はこうやってプライスアクションも参考にする


    という感じなんですね。



    それでその際にパーフェクトオーダーなんかも判断基準として

    見ているというのはしっかり知っておきたいところですね!




    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    プライスアクション使ったトレール


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    さて、それであとは現役でもうずっと使えてる

    トレール手法ってのがあって


    これはずばり「負けないために」大事なのですが

    追記として書いておきますが、


    以前にも書いたので検証されてる方多いと思いますが

    それが「プライスアクションを使ったトレール」ですね。



    一応FXでもっとも難しいのは以前にも書きましたが

    「出口戦略」ですよね。


    実のところ、エントリー値はどこでも良い

    という考え方もあるわけです。



    これは以前に書きました。


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    PDFレポート
    【エントリーよりもエグジット(出口戦略)のほうが100倍大事】

    ⇒ http://fxgod.net/pdf/exit_importance.pdf


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    そう、本当は出口をしっかり入ったら用意してあげる

    ってのが大事なんですね。


    普通はみんなエントリーしか考えないものでして

    一度相場に入ったら「出方が分からない!」となるわけで


    それはまるで迷宮に最初飛び込むのだけど

    入ってみたら出られない・・・


    みたいな状況です。


    ドラゴンボールとかで「精神と時の部屋」って

    ありますよね。


    あれって一度入るとしばらく確か出られなかったと

    思いますが


    あれと同じで一度相場に入ったらうまく出られない

    みたいな問題が実はあるのですが


    逆にうまく出たら負けずに

    利益で終わらせられるわけです。



    それでそのために、「どんなときも

    逆指値決済で逃げる」という方法があって

    それがトレールですが


    トレールの場合は

    損失の場合も当然逆指値、

    あとは利益の場合もこれまた逆指値のストップで

    利益確定される形となります。


    だからある意味「出口戦略がシンプル」と言えるわけです。


    OCO注文の 買いの場合だったら

    上に指値、下に逆指値、みたいな煩雑さはない

    シンプルさがこれまたあります。



    それでトレールの際に使えるのがプライスアクションで





    1・買いの場合ならエンゴルフィンバーが出たら

    その安値のちょい下にストップ、


    2・買いピンバーが出たらその安値の下にストップ
    (ピンバーの場合は、やはりMAにタッチしてる、などの
    ピンバーを使う。そうじゃない場合のピンバーは無視したり)




    こういったプライスアクションを使って買いポジ持ってるときは

    どんどん引き上げていくってトレール方法は

    やっぱり・・・鉄板ですね。


    今の2019年11月12日の相場でも

    やっぱり使えている鉄板トレール方法です。


    それでこれプラス、



    3・買いの場合ならダウ理論で高値更新したら


    その前の安値の下にストップ置く





    っていう3つのトレールルールをあわせる方法を

    私なんかはよく使いますが・・・



    まあ良かったらぜひ****さん自身で

    検証してみてください。


    負けることが相当減るはずです。

    (その代わり利益出たときだけ

    4時間足なら4時間に1回はチェックするので

    少し面倒です)



    このプライスアクショントレールなんかは

    よくプロトレーダーで使われてる方法なんですが


    実のところ、それは小さな時間足に落とすと

    ダウ理論の高値安値更新の話になるんですが



    このトレール方法はほんと良いんですね。


    それでなんでこのトレール方法が良いのか?というと

    理由は一つで 相場の本質的考え方があって

    それは「トレーダーが決められるのはストップだけ」

    っていう考え方があるんです。


    「利益を決めるのは自由市場の相場様だけ」


    という考え方です。


    だから常にトレールで追っていくんだけど

    相場が元気なときは利益伸びるし、


    そうじゃなければ微益で終わったりもします。


    ただここで 損きり、利益確定いずれにしても

    逆指値で終わるというシンプルさがあって


    さらに相場の本質に沿ったポジショニングが出来るので

    だから強いのですね。


    あとは以前に書きましたがストップとして

    例えば最初50PIPS計上していたとしても


    その後、トレールしていくとストップが

    上記のプライスアクショントレールで30PIPSとかに

    狭めることができるケースがよく出てきます。


    だから「ストップを狭めるのが簡単になって

    トータルとして負けのときの金額を減らせる」

    ってのが実は上のトレールの強い点ですね。


    損失になっても最初2%で設定してるのに

    上記トレール使ってると損失1%で済んだり・・・


    ってのは結構あるんです。(ただ勝率にはあまり影響与えず)



    だから是非このプライスアクションを使ったトレール

    なんかは徹底して検証してみると良いかもしれません。



    ということで実はプライスアクションの

    「負けない技術」って沢山あるんだけど


    この山之内さんの語ってるところも大変重要な

    英語圏でも使われてる False Break PriceAction

    =騙し後のサポレジのプライスアクション


    ですから是非これは知って、

    そして知るだけでは意味がないので、


    それは自転車の乗り方知っても乗れないのと一緒で

    FOREX TESTERなりで検証するとさらに使えるので、


    是非****さんの未来のために

    検証してみてくださいね!



    多くの人は情報を知らないから色々

    お金稼ぐのは難しいと思ってますが


    実は大変、本質を捉えていれば

    お金を稼ぐってシンプルなんですね~





    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    山之内流【プライスアクション】についての

    動画です!


    年収6億4000万円を達成した山之内は

    一体どのようなプライスアクションを取り入れてる?


    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=238


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★








    追伸・・・それであと付け加えますと

    チャートチェックする余裕がある場合、


    上記のトレール方法なんかは

    一度エントリーすればあとは



    利益出たら トレールについてはスマホで

    外出先でも追っかけられるのですが

    (私も今外出先で追っかけながらカフェで

    メルマガ書いてるわけです)



    そこで、チャートチェック細かくできるようであれば

    買いのケースですと


    上の 1エンゴルフィンバー 2ピンバー

    3ダウ理論 でのトレールがありますが


    そこにまた出口戦略として

    上のFalse Breakout Pinbar 騙し後のサポレジ付近の

    ピンバー、もしくはエンゴルフィンバー


    を利益確定の基準として4番目の要素として

    プラスして使うと良いですね。



    だからイメージ的には利益確定のときは

    グイグイとストップをトレールであげていきますが


    そこで4の騙し後のサポレジ付近の

    逆行ピンバーとかエンゴルフィンバー

    これが出たら逃げるってのも追加すると


    利益効率はより高まるケースが増えますね。



    正直1~3のトレールだけでも十分な感じは

    ありますが


    それに4も加えるとより伸ばしやすい

    ということです。





    それで上記のような考え方は多くの人が知らない状態ですが

    実は結構シンプルなものでして、


    それはFOREX TESTERなり紙にチャート印刷したりなどして

    検証しますと

    ちゃんと身につきますからその繰り返しを

    半年~1年くらいやるわけです。


    そしたら****さんの将来につながる可能性は

    極めて高いです。


    それで初心者の人は、今号の内容

    ちょっと難しい!と思うかもしれませんが


    今号の内容は高校生くらいでも分かるように書いておりまして

    義務教育受けてる方なら何度か見直したら意味は分かるはずなので


    職歴も学歴も前科あるなしも美醜いかんも

    貧乏であろうが金持ちであろうが


    誰でも 検証なりをする人なら公平に

    スタートできるのが投資、市場ですので


    是非是非

    最初は分からなくても何度も見直したら

    分かるはずですので


    その上で検証なりしてみてくださいね~






    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    山之内流【プライスアクション】についての

    動画です!


    年収6億4000万円を達成した山之内は

    一体どのようなプライスアクションを取り入れてる?


    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=238


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







    ===========編集後記===========

    さてさて、私はここ最近ですが

    「自動昇降のスタンディングデスク」を購入しました。


    マレーシアに来てもう3年ですが

    なんだかんだ机はその辺のモールで買った

    オフィスデスクを使っていたのですが・・・



    ただなんか私の場合、結構PCに向き合ってるときとか

    時間が長くなることもあるので(1日2~3時間とか。

    それ以上の時もある)


    それで背中がなんか凝るな~なんて感じておりまして、


    それで色々 ここ最近

    机とか椅子を探し回っていたわけです。


    それで今流行してるのが PCをメインで使って

    仕事している人にとっては


    まずゲーミングチェアですよね。


    これは購入も考えたのですが私の場合、この前

    椅子買っちゃったしな~とか思って


    買い換えるか悩んでいたわけです。


    そこで「いっそのこと立ってしまえばいいじゃないか」

    ということで


    実は最近、このメルマガもそうなんですが

    検証とかしてると結構熱中しやすいのですが


    それら作業を 

    机の上にダンボール置いてパソコンをその上に置いて

    立ちながらやっていたわけです。




    が、これが思いのほか快適でして

    「立って仕事ってなんかいいわ~」と思いまして


    それでチェアにこだわるよりも

    机をいっそのことスタンディングデスクにしてしまおう

    ということで購入したわけです。


    これは特にマレーシアの場合、タクシー移動ばかりなので

    歩く機会が日本と比べて減るのですが

    一応ジムとかもコンドミニアムにあるから行くのですが


    ただ日ごろから立ってるのが日常のほうが

    エネルギー高まるかな、とかも考えていたわけですね。


    それでこれが大正解でして、

    とりあえず最初に結論を言うと「超良い」です。


    ここ数年で私が買ったものの中で満足度が

    1位か2位です。


    逆にもっと早く知って買っておけばよかったなと

    後悔したくらいです。


    それで私がマレーシアで買えるスタンディングデスクですと

    結構種類があったのですが


    その中で色々検討してこれにしました。


    それで正直IKEAだけは・・・少し避けたいなってのが

    最初はあったわけです。


    私のコンドミニアムに中国のオーナーが導入してくれた

    IKEAの椅子が・・・結構ぐらぐらしてるので。

    日本のニトリは頑丈だったんですけどね。


    ただスタンディングデスクを見ると色々比較すると

    一番良いなと思ったのがこれで


    自動で 机が「ウイーン」ってかなり静かなんですが

    上下するんです。


    これは動画見たほうが早いです。


    これです。




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【動画】自動で アップダウンで昇降するBEKANT


    ⇒ https://youtu.be/Yyl2NvKIK7M


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    それでマレーシアでは最近IKEAが結構人気なのですが


    そこで私もIKEAを回ったりするわけですが

    それで(事前に調べて)見つけたのがこれでして、


    まあすごいんですよね。


    机の下に 「上と下のボタン」が動画にあるように

    ついていまして


    それでそれを押すとなんと

    机が 上に「グイーン」って上がってくるんです。


    それで座りたいときには

    下のボタンを押すと これまた机が下に

    「グイーン」って下がってくるんです。



    それでこれを私はIKEAで結構上下に机を昇降させて

    遊んでいたんですが



    これがまあマレーシア人たちの目を引きまして


    やはりデカイ机が上下に動くから、


    IKEA歩いてる人がみんな見るんですね。


    ワオ、みたいな感じで。


    私も最初驚いたのですが机なんてのは

    高さが固定してるものだ、という常識があるから


    その常識を破ってるこのIKEAのBEKANTの昇降式デスクは

    面白いな~と思ったわけです。


    まさに私が求めていたものだったんですね。


    それで、これが結構良くて、上下はモーターか何かで

    机を上下してくれるようなんですが

    (電気に机をつなぎます)



    音があまり出ないんですよ。


    これはIKEAに見に行く前に結構色々なサイトを見ていたわけです。


    それでやはり 日本で最近この昇降式デスクを導入してる

    PC作業の自営業者の人って多くて


    色々感想を見ていたのですが

    「音」なんかを気にする人は結構いたわけですね。


    色々うるさいのもあるみたい。


    私の場合マレーシアなので爆音出してもなんとか

    なるんですが


    ただやはりそれは家族にクレームされますからね

    ここも色々と気になっていたところなんですが


    このIKEAのBEKANTっていう昇降デスクは結構静か

    なんですよ。



    音は特に気にならないわけです。


    それでIKEAはこう、壊れやすいイメージがあったんですが

    このBEKANTってのは日本だと11万円行かないくらいだと

    思うのですが

    マレーだと6~7万円くらいなんで


    ある程度机にしては価格がするわけですが


    この机はかなり店頭で見たところ頑丈に作られていて

    それもあって買ったわけです。


    あとこのモーター部分とかが故障するのも心配だったり

    しますがIKEAはここで5年保障がついていたのも大きかったです。


    それでその他にはもう少し安いやつでFLEXISPOTフレキシスポット

    っていうスタンディングデスクも有名で


    これも日本同様、マレーで買えるのですが

    ただ私は少し大きめの机がほしかったので


    そのラインナップはFLEXISPOTにはなかったため

    でかい机で上下ができるIKEAのほうを少し机にしては

    高い気はしましたが、まあ長く使うものですから

    買ったわけです。


    それで今もその机でメルマガ書いてるのですが

    まあ快適でして、


    まず座らないっていうのがいいんですね。


    例えば座っているとしたら、私の場合、部屋で

    PC開いてるときは音楽をつけるのが習慣なのですが

    (検証とかは音楽聴いてやります。そっちのほうが楽しいから)


    私の場合は音楽はCDとかも未だに使ったりして

    音楽プレイヤーに移動したり


    あとはお茶飲んだりするわけですが


    それって椅子に座ってると、一度立って、

    何かして、戻ってきてまた座るっていう

    行動が必要なんですね。


    けど立ってると・・・ただその場所に歩くだけなので

    こう動線がスムーズだな~なんてのは感じます。



    それで、何よりもいいのがこのスタンディングデスクってのは

    立つ時間が長くなりますが


    これはやはり足腰にとって良いんだと思いますよね。


    人間の血液循環とかで ふくろはぎが使われてるって

    結構大事みたいで


    それが血液を送り出すポンプの役割をしているなんて

    言われますが


    やはり仕事中も血行が悪くならないような

    感覚はします。


    あと、以前少し悩んでいた、背中の筋肉の痛みは

    なくなりますよね。


    私の場合、肩こりとは無縁でしたが

    そんな私でもやはりPCに同じ姿勢でいると筋肉は

    痛くなってくることがありますが


    例えばこれは肩こりに悩まされてる人なんかは

    すごい良いんではないでしょうか。



    それで立ちながら作業する場合でもその微妙な高さ調整ってのが

    あって



    それが上の昇降式デスクだと細かく自分で

    上下しながら決められるんで


    それも良いです。


    例えば、PCを上から眺める感じでPCやってると、

    これやっぱり首あたりに負担かかると思うのですが


    それがあったら少し机を上げてみたり、とか

    できるんですね。


    だから姿勢が固定化しないのが素晴らしい!

    と思いました。


    今までは机の上にダンボール置いてパソコンやってみたり

    してたんですが


    それより当然ですが 全然良いです。


    昇降式のよいところで毎回高さを変えられるってのが

    良いですよね。


    あとはこのBEKANTっていうデスクは

    70キロまで耐えられるってことで


    例えば立ってるとちょっと足が疲れてきて、足の裏が

    はだしだと 痛くなることがあるんですが


    何かにちょっと寄っかかりたいとき、

    そんなときに 机にちょっと体重預けることが

    できるのも良いです。



    それでこれはずっと立っているわけでもなくて、

    私の場合はちょっと座って葉巻吸いたいな、

    なんてときもありますんで


    そう言う座りたいときにも良くてですね、


    これがBEKANTの昇降デスクだとすぐに机が

    下げられますので


    座ったスタイルの仕事スタイルにも変えられるわけです。

    その際には後ろに置いた椅子に座る、みたいな感じです。


    それでこれ、昇降式でも手動式ってのがあって

    その手動式だと手でくるくる回すんですが


    これは・・・ボタンの自動式使っていて思うんですが

    実用ではきついだろうなってことですね。


    やはり検証でもこのメルマガ書くでも

    投資の銘柄チェックするとか戦略チェックするとかでも



    自分の一連の思考の流れってのがあるんですが

    ここで座るときに 手動でくるくる回すと

    そっちに思考取られて 気が持ってかれてしまうと

    思うのですが


    自動だと それは自動で昇降できるので

    集中力も維持できるってのに気づきます。


    まあだからまずは 健康にも良いってのが第一でありますが

    あとはモチベーションも高まるので


    これは机としては高めでしたがまあ良い買い物でした。



    それでたぶん私の読者さんは私と同じで

    PCに毎日向かい合うのが日課だと思うのですが


    やはり今後数十年、そういう仕事スタイルに人類は

    なってくると思うんですね。


    スマホで仕事・・・ってのはまだ実用的ではない

    ですよね。


    スマホでFOREX TESTERの検証とかなかなか難しいですし
    (メルマガはスマホでも書けるのですが
    やはり不便)


    そもそもスマホで検証とかストレスたまるし

    目と機械が近くてブルーライトや電磁波なんかも

    私は気になりますし


    やはりPCの画面サイズ・仕事はやはり良いです。


    補助としてスマホがあるくらいの感じですよね。



    それで今まで人類は基本的に立って仕事していましたが

    ここ10年くらいで急にみんなオフィスのPCワークで

    座るようになってますが


    これはたぶん良くないんだろうなと私は思ったわけです。



    「人間は立つのが大事」なんでしょう。

    (立ってばっかりも良くないかもしれないけど)


    それでこの昇降式デスクってのは

    立ちと座り、両方を混ぜられるってのが特徴で


    ここで姿勢が固定しませんから

    比較的、人類にとって自然な姿勢のバランスで

    仕事もできるってのが良いですね。


    最近はグーグルなんかでも社員たちは

    スタンディングデスクを使ってるらしいですが


    やはり生産性なんかもアップするんだろうと思います。


    使っていて感じますが、気分少し、

    やはり立つってのは座るよりも筋肉活動量は増えるから

    ずっと たちっぱなしだと、

    体温も上がる感じはありますね。




    個人的には座って仕事する日、

    立って仕事する日

    両方混ぜて仕事する日


    なんかはあるんですが

    こうやる気がよりアップするのは立ってるときだ、

    と気づきました。


    それなので、もし****さんがPCでの座り仕事に

    ちょっと体の違和感を感じてるようでしたら


    スタンディングデスクは良いかもしれませんね~


    ちなみにFLEXISPOTは私は実機を見たことがありませんが

    ネットだとかなり安かったと記憶しております。


    それで私が使ってるのはIKEAのBEKANTシリーズですが

    これはIKEAなのに、というと失礼かもしれませんが


    良い意味で期待を裏切られた製品でした。


    素晴らしいプロダクトでしたね。



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【動画】自動で アップダウンで昇降するBEKANT


    ⇒ https://youtu.be/Yyl2NvKIK7M


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    それで何よりも、FOREX TESTERの検証とか

    読者さんでもやってる方は多いと思うのですが


    あれってゲームに近いので

    1時間以上座ったままでやると 

    なんとなしに疲れはあるように私は思うのですが



    このスタンディング状態でやるとこの検証なんかも

    はかどるわけです。


    それで私のコンドミニアムは下がタイルなので

    石なんではだしだと 結構足の裏は痛くなる感じは

    あるのですが


    これも私は普段はスタンディング状態のときは

    ビーチサンダル履いてたりします。

    そうすると丁度良いです。



    それでこのスタンディングデスク市場ってのは

    これから間違いなく伸びる市場だとも言われてるんですが


    これはもう実際使うと疑いようがないですね。


    どう考えても 座るだけよりも

    健康にも良いですし、モチベーション部分も高まります。


    私の場合、音楽をつけてますが、時々

    仕事しながら下半身だけで踊ってしまうくらいです。



    これはだから導入する前は分からなかったけど

    導入したら期待以上だったという買い物でした。


    机もぐらつくことなく、スタンディングにしても

    ずいぶんと安定してますね。


    ということでPCの前で座ってるだけではなくて

    立ってでもPC作業してみたい、なんて人は


    自動昇降式のスタンディングデスクはおススメですね。


    日々のPC作業とかってのは

    検証もメルマガやブログ作ったりも転売の商品ピックアップしたり

    市場分析したりってのも


    今までは座りながらやるのが主流でしたが


    これからはそれに立ちながらPCをいじる、みたいな

    のが主流にはならないにしても

    普通になってきそうですね。


    まあほんと今の時代は面白いプロダクトが

    色々出ていて、


    生活を豊かにしてくれるな~とも思います。



    それで例えばこんな机なんてのはもろに自営業者は

    経費でしょうから


    今年経費が余ってる人は意外にこのスタンディングデスク

    よいかもです。



    今の時代はもうPCとネットがあれば仕事が完結する

    大変便利な時代になりましたが


    そこで自宅のPC環境構築なんかも選択肢が

    増えてきて

    良い時代になりましたね。


    また改めて思うのはPC使った自営業者ってのは

    自分の仕事部屋を好き勝手にカスタマイズできるってのが

    面白いところですね。


    凝りだしたら止まらないところでしょうが

    この昇降式デスクは人類の大発明だとも思いました。


    よく考えたら椅子の高さは変えられたのに

    なぜ机の高さは変えられなかったのか


    って言う話ですよね。


    そういう意味で発想の勉強にもなりました。


    それでは!



    ゆう





    追伸・・・ちなみにカフェなんかだと

    机の高さは固定されてるわけですが


    ここで昇降式の机が沢山導入されてるカフェ

    なんかも面白そうです。



    そんなの必要ないと みな最初は考えるでしょうが

    意外に需要がありそうです。


    人間は固定されてるものより自由なものが好きです。



    あとは飲食店なんかは顧客回転率を

    気にしますけど


    例えばもう混雑してる時間で回転率を上げたい

    なんてことがあったら


    スタンディングデスクなんかだと回転率は

    上がったりするんでしょう。


    落ち着いた時間には座れる高さにするとか。


    あとは深夜はバー営業してるようなところは

    レストランタイムは椅子付きで机下げておいて

    バータイムは机上げておくなんてのも面白そうです。



    ちなみにさらに私が考えてたのが

    例えば学校の勉強って大体眠くなるんですが


    昇降式のスタンディングデスクで立って授業受けられるように

    したらこれはこれで生徒たちの学習効率は上がりそう

    とは思いました。


    が、よくよく考え直すと日本でそんな昇降式デスクが

    日本の学校現場で導入されると


    「おまえら立って授業を聞け、座るのは許さん」


    とか なりそうなので


    それは非現実的だとは気づきました。



    まあただ大人のセミナーとかで、やる気ある人たちが

    集まってるようなところで


    自動昇降式デスクなんかがあったらこれはこれで

    頭の回転が上がりやすいから

    良いかもしれませんね。


    机を使ってる現場では結構この自動昇降デスクは

    活躍するだろうな~なんて思いました。


    では!








    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    山之内流【プライスアクション】についての

    動画です!


    年収6億4000万円を達成した山之内は

    一体どのようなプライスアクションを取り入れてる?


    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=238


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    ※中級編動画!

    山之内流【「USD=米ドルについて知っておくべきこと」とは?】
    (副題:ドルと金の戦いとは?)



    米ドルとは現在は「世界基軸通貨=キーカレンシー」
    です。

    それについて学びましょう!

    ⇒ http://yamanouchi-school.com/?p=263


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★















    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)



    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る