ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2020/05/31  「ボコボコにされても立ち向かう勇気」 (副題:「負けない事」と「選択と集中」)
  • 2020/05/30  【今回の騒動で見えた「自粛格差」について考える! (都心のほぼ窓なしワンルームvs地方のリゾートマンション)】
  • 2020/05/30  ※19時限目※【無料FX道場】初心者が負けないための「必殺のポジションワーク」とは?
  • 2020/05/29  【今までの100万円以上の価値あるコンテンツのまとめ!】 そして【無料FX道場をやってよかったこと!】
  • 2020/05/28  【億り人の「エリオット波動を活用する感覚」を対談音声2本目から考える!】
  • 2020/05/28  【「中級編」最新の対談音声2本目!】「野田式エリオット波動」を使いこなせるために「超重要」な要素とは?
  • 2020/05/27  【無料FX道場18時限目解説!】 「私=主体」を持つと稼げるようになる、という話
  • 2020/05/26  ※18時限目動画※【無料FX道場】真の野田式ライン分析を使いこなす「たった一つの方法」とは!?
  • 2020/05/26  【副島隆彦先生の最新言論から「日本全国の経済再開」について考える!】
  • 2020/05/25  【PDFファイル】「投資やトレードの元金がない人は どうすればいいか??」 について中級編の対談音声から 考える!
  • 2020/05/24  【野田×ゆうの中級編・対談音声1本目】を公開します!
  • 2020/05/24  【17時限目】基礎を固めないことは「恐ろしいこと」である
  • 2020/05/23  ※無料FX道場17時限目※「 自立して強く生きるための 野田式トレーダーマインド論」を公開します!
  • 2020/05/22  【マレーシアや韓国に住んで分かってきた「多様性」の本当の意味とは?】
  • 2020/05/22  【無料FX道場の中森社長から****さんに最新メッセージが届きました!】
  • 2020/05/21  【無料FX道場の16時限目後編から 高値安値推移について考えよう!】
  • 2020/05/20  【同じ場所に居続けると人間のIQ(知能指数)は下がる!?】
  • 2020/05/20  (画像あり)【野田さんはデイトレでも「一日70万円」稼ぐ!? っていう話】
  • 2020/05/19  【無料FX道場16時限目の「後編」をお送りします!】
  • 2020/05/18  【学校で「お金稼ぎの投資とビジネスの本質」を教えない理由とは何か?】を考える!
  • 2020/05/18  【16時限目の動画で「トレンドのど初動をもぎ取る」 億り人の思想を知ろう!】
  • 2020/05/17  ※無料FX道場16時限目 前編※【実践編】天底の初動を捉える野田式逆張り理論とは?
  • 2020/05/16  【「アフターコロナに備えて実力つけようCM動画」から考える!】
  • 2020/05/16  【これから2020年代は「ユーラシア大陸の時代」になっていきます】
  • 2020/05/15  【後編の初心者用セミナー動画は初っ端からメチャクチャ勉強になります!】
  • 2020/05/14  ※特別公開 後編※ 【億トレーダーから 「トレード初心者さん用の勉強会動画」を公開します】
  • 2020/05/14  人間の脳みそは「痛みを避けて、快楽を得たがる」!?
  • 2020/05/13  【対談音声5本目!】ファンド業界のちょっと怖~い裏話を野田さんが暴露しちゃいました
  • 2020/05/12  【クラウドパソコン(VPS)を活用して、電気を沢山使い、 より収入をあげることを考える!】
  • 2020/05/12  【野田式のトレード初心者さん用の勉強会動画から「チャネルラインの本質」などを考える!】
  • 2020/05/11  ※特別公開 前編※【億トレーダーから 「トレード初心者さん用の勉強会動画」を公開します】
  • 2020/05/10  <コラム>今回の騒動で「忙しかった日本人」が 「自分の時間」を持ち始めた意味について考える!
  • 2020/05/10  (対談音声4本目) 【「お父さん何してるの?」⇒「FXトレーダー・・・」】
  • 2020/05/09  【「本音だけの熱い対談音声4本目」を公開します!】
  • 2020/05/08  【「日本には資本主義は存在したことがない」ということについて 所有権の絶対性から考える!】
  • 2020/05/08  【「大阪モデル」から始まる日本の経済再開議論について考える!】
  • 2020/05/07  【億り人の野田さんから15時限目動画について解説が届いてます!】
  • 2020/05/06  (コラム) 【「知本×資本=金持ち」の華僑の公式について考える!】
  • 2020/05/06  【無料FX道場15時限目を公開!!】【実践編】すべての知識をおさらいするための総集編をお送りします!
  • 2020/05/05  (マスコミは報道せず)【実はスウェーデンの集団免疫作戦はかなり順調に進んでいる!?】
  • 2020/05/04  【FXの「心理的にゆったりした」日足トレードのスタイルについて 考える!】
  • 2020/05/04  「エリオット波動は予測ではなくシナリオ作成で使う!」の本当の意味とは!?
  • 2020/05/03  (コラム)【バブって成功してる人たちの話し方と、 脳みその特徴は○○である!?】
  • 2020/05/02  【実際のトレードで大活躍する「推進5波動」を学びましょう!】
  • 2020/05/02  【「エリオット波動愛」が止まらない】
  • 2020/05/01  ※14時限目※【実践編】ヤバイ! 「知らないことは恐ろしい」 衝撃の原理原則である「野田式エリオット波動」とは!?
  • 【学校で「お金稼ぎの投資とビジネスの本質」を教えない理由とは何か?】を考える!
    配信日時:2020/05/18 23:00




    どうもゆうです!

    ****さん、こんばんは!




    さてさて、ここ最近野田さんと中森社長とコラボしてる

    無料FX道場をメルマガで扱っておりますが


    ずばりそこで大事なのが

    「投資教育の普及」っていう言葉です。


    無料FX道場を見ていただいて分かると思うのですが

    まあ投資、トレードの勉強って一つの学問であるわけですね。

    だから

    私はこの言葉の重要性をちょっと考えていました。


    というのは昔からメルマガで書いてる大きなテーマではあるのだけど

    「日本では投資やビジネスを自分で興す」というもっとも人間に

    とって重要なことを教育で教えないんですね。


    これやばくないですか?

    そしてこの問題点は私も定期的にメルマガに書くようにしてるのだけど

    それは何ででしょう?


    例えば新型コロナ騒動では多くの人が

    「大変だから自分で稼ぐスキルを身につけるぞ」とはならず(少数派)

    それよりは

    「一律10万円の給付を政府に「もらいたい」(もらい続けたい)」

    と考えてるはずです。


    これは何ででしょう?


    今日はその辺を大事なことだろうから

    改めて考えて見ましょう。

    編集後記で!





    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    【16時限目の動画で「トレンドのど初動をもぎ取る」
    億り人の思想を知ろう!】

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    さて、それで今日は件名に書いてあるように

    この前流した


    「※16時限目 前編※
    【実践編】天底の初動を捉える野田式逆張り理論とは?」


    の復習になります!



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

      <NEW>


    ※16時限目 前編※【実践編】天底の初動を捉える野田式逆張り理論とは?
    ⇒ http://fxdojo.online/refree/bottom/
     (動画直リンクで、海外からでもスマフォからでも
    ご覧いただけます)



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    それで今回のWEBセミナーの動画ですが

    これからまた後日後編もお送りしたいと思いますが


    まずは上記の前編を何度か見て学んでほしいのですけど

    野田さんが最初におっしゃってるように


    このセミナーは道場生さんの中でも初心者さんを集めて

    「迷える子羊セミナー」ということで以前やったものなんですね。


    なので内容としては野田式FX道場でもっと発展した高度な内容も

    3ヶ月か4ヶ月過ぎた辺りからやってはいるのですけど


    それらではなくてあくまで「基礎」を学んでいこうというセミナー

    ですね。



    ただ見ていただいた方の中では

    「今までのFX塾では全く教えてもらっていない内容で

    基礎というか発展に見えますが・・・」

    みたいな声もありましたが


    実はこれ、野田式では基礎なんです・・・(笑)

    ただこの辺がこう見ていて「うんうん、そうだよね。」

    という感じで分かってきている人なら


    とりあえずFXでも株でも仮想通貨でも何でもいいですけど

    何かしらの投資でちゃんと利益が十分出てる段階にあると

    思います。


    逆にこの上記の迷える子羊セミナーを見て

    「うわ、こんなの全然知らんかった」と言う人が大多数な

    わけですが


    それは今知らなくてもこれからあとで成長していけば

    損失は抑えられ、利益はついてくる可能性が高いでしょう、という

    内容ですね。


    それで今回の動画ですが

    「大ダウ、小ダウ、リターンムーブ、トレンドラインゾーン、

    ダウ理論・・・」と色々言葉が出てきてますが


    「野田さんの言ってる単語そのものが良くわからない」

    と言う人の場合は



    間違いなく今までの講義を見ていないかすっ飛ばしている方

    なので


    その場合は動画のリンクの中に今までの講義があるので

    ぜひ前までの講義も見てみてくださいね!



    ※16時限目 前編※【実践編】天底の初動を捉える野田式逆張り理論とは?
    ⇒ http://fxdojo.online/refree/bottom/





    というのが私がこれから書く文章でもダウ理論とかエリオット波動の

    話とかいろいろ出てくるのですけど

    たぶん今までの講義理解できていないと本当に見ていて

    意味不明になると思うので・・・



    それで動画の最初で今まで習った

    「大ダウ視点と小ダウ視点」の話がされていますよね。


    初心者さんで一番多いのが「ラインをどう引いたら分かりません」

    っていうものなんですけど


    これはやはり大体のケースで

    小ダウの視点でしか見られていない場合が
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    多いわけですね。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~

    これは面白いことで大ダウの視点でしか見られないという人は

    ほとんどいなくて


    やはり大多数の人が「小ダウの視点でしか見られない」

    という現象がこれはあるんです。

    それで私ゆうはちょっと海外にいて気づいたけど日本人にその傾向は

    強いようです。


    色々なものを小さな視点で見ることが非常に多くなってきていたり

    潔癖な細かい小さいことをやたら気にする人が多いのも

    影響としてはあるかもしれません。


    (けど、戦場だと潔癖症の人は生き残れず、死亡します。

    私が調べて知ったのは戦後、やはり民族弱体化で

    潔癖な人を増やすってのはあったみたいですね。


    潔癖だと、非常に細かいと戦場でネズミを食べて生き残れませんね)



    それですなわち大ダウって結構大雑把な感じでどっちかというと

    感覚としては日本で嫌われるズボラな人なんかは

    大きく見る人が多いものだと私は最近感じるけど


    どちらかというと大きく見る人のほうが少ないってのが

    こう私が媒体を長年、発行してきて分かってきたことです。


    それはみんながやたらスキャルやりたがってスイングをやらない

    っていう日本の傾向とリンクしてますね。


    日本人は5分足とか15分足とか見る人多いけど

    欧米トレーダーはほとんど日足トレーダーである

    というのは意外に知られていないけど事実です。


    もっと言うとこれは証券会社の社長さんに私は聞いたけど



    資産1億円以上の

    金持ちトレーダーの大多数はスイングトレーダーで


    小さなお金回してる人は大多数はスキャルかデイトレだそうで

    ちゃんと統計があるんだと。

    (証券会社の記入欄に資産量を記入するところありますでしょ?
    あそこでちゃんと統計取られてるんですよ。)


    だから大ダウの大きな視点持てる人が結局金持ちになってる

    って言う実情ですけどこういう情報は世間では知られてませんね。




    それで野田さんが「小ダウの視点ばかりで見ないで

    大ダウの大きな視点で見るのも大事だ」とおっしゃってる

    わけですが


    ラインが引けない、と言う場合は大多数が小ダウの小さな視点しか

    見られていないわけですね。

    だから動画で解説がありますけど、


    「小さな視点の狭い範囲しか見られていないから、

    初心者の人は特にラインがうまく引けていないんだ」


    ということが

    言われていますね。


    だから小ダウの視点も仕掛けの時には必要なんですけど

    ただ大ダウの視点も必要だ、と言う話が実際のチャートを使って

    説明されていますね~


    大ダウ視点、小ダウ視点、両方の視点をしっかり認識しておかないと

    いけませんで


    そうでないと「自分が何してるか分からない」となってしまうわけです。



    ※16時限目 前編※【実践編】天底の初動を捉える野田式逆張り理論とは?
    ⇒ http://fxdojo.online/refree/bottom/



    だから経済学とかだとミクロとマクロとか言いますけど

    ミクロとマクロ、両方の小さな視点と大きな視点、両方持っていないと

    いけないよ、ってことでして


    これは実はチャート分析だけではなく人生全般に言えることでは

    ないでしょうか。


    私の政治経済金融分析もこれは大きな視点と小さな視点

    両方持ってやってるんですけど


    やはりこれはどんな分野でも大変大事な話なんですね。


    それで13分あたりから言われてることですが

    それが「意思・意図を持ってラインを引かないといけない」

    という話がされています。


    すなわちそこで「思考停止していないで思考して

    ラインを引かないといけないのだ」

    という話がされているわけですね。



    それで13分20秒くらいで

    「例えばこういうチャートがあったとき

    引きつけて売りたいという意思があったとしますよね。

    主観で」

    という話がされています。


    一応チャート的には上昇トレンドなんですけど

    「そろそろ売りたいなと思ったとしますよね」

    みたいな話がされています。



    そして「じゃあそういう時どういうラインを引きますか?」

    ていう話になるわけです。



    それで・・・今回のこのセミナーはまさに初心者さん用の

    セミナーだけど

    だから波動分析の話は入っていませんが


    今回エリオット波動の動画も14時限目にて

    お渡ししてますよね。




    【14時限目】知らないことは恐ろしい。野田式エリオット波動
    http://fxdojo.online/refree/elliot/



    それでこれはやはりもう14時限目も学んだわけですから



    「例えばこういうチャートがあったとき

    引きつけて売りたいという意思があったとしますよね。

    主観で」



    っていう野田さんの言葉をチャート見ながら聞いた時に


    「なるほど、野田さんはきっとC波の暴落想定して

    それを狙いたいんだな」


    くらいは分からないといけないのだと私は思いました。



    これは波動の話だとたぶん少し難しくなるから

    今回のセミナーでは野田さんは波動の話は言っていないのですが


    その上で書かれている「意思とか意図」ってのも

    やはり波動分析なりダウ理論なり理解している必要は

    あるわけでしてそれらの意思とか意図ってのも


    実は知識がないと持つことができなかったりする

    わけですね。



    それで13分あたりからのチャートで野田さんは

    「そろそろ売りたい」と考えるわけですが


    ここで「じゃあどういうライン引きますか??」


    っていうのを生徒さんたちに質問してるんです。



    ここで 結構1秒か2秒くらいで

    「きっとここでライン引くんだろうな」と分かる人なら


    もうデモトレードで利益で始めてるだろうし、

    逆に「うーん、一体どこにラインを引けばいいんだ」

    っていう場合はこれから練習なんですね。

    (練習していけば慣れてきて分かるようになってきます)



    それで14分50秒くらいで野田さんが生徒さんに


    「じゃあ売りたいと思って(下落シナリオを想定したとして)

    その時には 何のライン使いますか?」


    と質問してます。


    そう・・・これは・・・



    そうですね、上昇トレンドライン(ゾーン)ですよね!


    これは今までやった無料FX道場の内容を学んだ****さんは

    分かると思います。


    そう、それは上昇トレンドラインをブレイクして

    そのあと フックして戻ってきて 再度ゴーするとき


    それをリターンムーブと呼びますが

    このリターンムーブの動きを狙って売りをかぶせていくから

    ですよね??



    それでここで野田さんがさらに生徒さんに質問します。


    「じゃあなぜ上昇トレンドライン(ゾーン)を判断に

    使うのですか?」


    と。



    さあ****さんはどう答えましたでしょうか??




    たぶん重要なのは無料FX道場をやってきて

    ここで答えられる人と答えられない人で分かれるんですけど


    ずばり言うと答えられる人はデモトレードでリアルを想定しても

    いいでしょうし、


    逆に答えられない人はトレードしないほうが良いですね。

    単純に資金溶けます。



    それで、ここで「うーん、買いの意識が高まってるから?」

    という回答が最初に出ていますが


    これは残念ながら間違いですよね。


    買いの意識高まってるならそもそも売る意味がない

    となりますから・・・


    それでその後に「力の切り替えを見るため」と回答されてる

    方はいらっしゃいますが


    それは一応正解といえば正解ですよね。


    ただこれはその後野田さんが説明されておりますが


    まずはそのトレンドラインブレイクの後の
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    リターンムーブの場面って
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    買ってる人たちが逃げる場面なんですね。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    あとはそれこそエリオット波動なんか使ってるトレーダーたちは
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    ここで一気に売りたいと思うところなんです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    だから決済での逃げと、新規の売りが被ってくるターンに

    なりまして、


    だからそこで力関係が切り替わりやすい場面

    なんですね。


    これは相場やってるとみんな慣れてきたら分かってくる

    のですが


    ちゃんと上記のようなこう「相場の中の政治」を理解しておく

    必要があるってことです。



    だから、それらを推し量るために

    上昇トレンドラインのゾーンを作るわけですね。



    この辺は実はFXだけではなくて株の買い付け

    仮想通貨の買い付け、先物、もしくは金なんかの現物取引においても

    めちゃくちゃ大事な点ですから


    何度もみて復習されると良いと思います。




    ※16時限目 前編※【実践編】天底の初動を捉える野田式逆張り理論とは?
    ⇒ http://fxdojo.online/refree/bottom/




    それでその後「高値安値がどうなってるかを常に考える。

    それが相場の練習です」


    っておっしゃってますが、

    これはすなわちダウ理論の話でもありますよね。


    13時限目にやりました。




    【13時限目】野田式ライン分析と組み合わせた
    ダウ理論
    http://fxdojo.online/refree/dow/



    だから野田式FX道場の中の初心者用セミナーですが


    一般的には発展でして全ての知識が総合できていないと分からない動画

    でもあるとは思います。


    それで野田さんの意識として

    「買うなら低い場所で、

    売るなら高い場所で売りたい」


    という話がされていますけど


    ここで有利なトレードを展開したいという思惑があって

    そこで売りの意思が出てきてるのだ


    っていうのも分かりますよね。


    ちなみにエリオット波動の話も混ぜるとC波の暴落狙いの売り

    っていうのは


    結構今までのトレンドが5波まで形成された後の

    下落ですから結構高いところで売ることになるんですけど


    実はそれってエリオット波動の話にもつながってるんです。


    そう、だから「全部つながってる話」なんですね~~



    またダウ理論の「トレンド先行期を取る」って言う話にも

    つながりますね!


    だってそこで売りで入って暴落したらトレンドど初動

    とれるわけでモロにトレンド初動を捉えられます


    だからチャールズダウの「トレンド先行期を取る少数の投資家」

    という思想からも外れていないんです。



    この辺まで分かってる人ならあとはデモトレードやって

    検証すれば普通に数ヶ月内に利益上がる体質になることでしょう。



    それでさらに動画の中でちょっと意識してほしいことが

    あってそれが野田さんが


    「この人たち」っていう表現をちょくちょく使ってると

    思うんですよ。


    一応見ているのはMT4のチャート画面ですが

    野田さんは「この人たち」ってゾーンをそれぞれ

    指摘して「この人たち」ってよく言いますよね。



    だから「このターンで買ってる人たちの心理」を野田さんは

    よーく「考えて」仕掛けているのが分かると思います。



    すなわちチャートを見てるんだけどもっと言うと

    「チャートの後ろにいる人」を見てるわけですね。


    ※16時限目 前編※【実践編】天底の初動を捉える野田式逆張り理論とは?
    ⇒ http://fxdojo.online/refree/bottom/



    例えば最近AIトレードなんてありますけど

    結局AIのオンオフしてるのは人ですから、

    結局チャートの後ろには人がいるわけです。


    そしてその人たち、相場参加者たちはなんで相場やってるか?

    っていたら儲けたいからやってるんです。



    この辺が見えてるっていうのは大変重要ですよね。



    だから高値と安値をそれぞれ見ていって

    横の世界観である水平線ゾーンとか

    斜めの世界観であるトレンドラインゾーンとか


    あとは大ダウ目線、小ダウ目線とかで見たりしていくわけですが


    こう考えるとトレードって実は結構「頭使う」ものですね??


    これを知ってしまうと世間にあふれてる


    「ただただあなたはお金を預けたら億万長者」とか

    「シグナル通りに売り買いしてあなたは億万長者」とか

    まあ色々あるんですけど


    相当ヤバいのが分かるんではないでしょうか??


    逆を言うと世間の大多数はそういうのにお金溶かしていくんですけど

    実際の話、彼らのポジションを食っていくのが

    本当のトレーダーの仕事でもありますよね。



    これは対談音声でも言われてることでして、




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

    【熱い対談音声5本目】をついに公開!!


    【対談音声5本目!】ファンド業界のちょっと怖~い裏話を
    野田さんが暴露しちゃいました
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/taidan5/
    (※テレビでも雑誌でも新聞でも扱われない
    金融の生の話が語られています!)


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

    【熱い対談音声4本目】をついに公開!!



    ⇒ http://yuhfx1.com/onsei/taidan/nodashiki_fx4.mp3




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




    狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

    【空気読まない対談音声3本目】をついに公開!!


    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/taidan3/








    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

    【熱い対談音声2本目】をついに公開!!



    直リンクの音声です!(音出ます)

    ⇒ http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx2.mp3

    (スマートフォンでも聞けます♪)


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    狂人レベルの「熱い億トレーダー」野田さん×ゆうの対談音声・基礎編1本目を公開!!


    直リンクの音声です!(音出ます)

    ⇒ http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx1.mp3

    (スマートフォンでも聞けます♪)

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    この中で対談音声の前半で「暴落を取っていくのが快感だ」

    という話が2人でされていますが


    これはまさに上記のC波のような暴落を取る時の話

    でもありますよね。


    んでこの暴落を取るトレードをやったことある人自体

    少ないわけだけど


    これやるとわかるのがどんどんストップロスを巻き込んで

    負けた人たちの損失が利益に変換されてるのが

    分かってくるんですね。


    すなわち上昇トレンドラインゾーンがそれぞれ

    破られていってリターンムーブつけていってさらに下落したり

    するわけですけど


    そこで多くの人が決済されていく感じ(ストップロスで)

    ってのがあってそれが利益になっていくわけです。


    キレイゴトではないのでやはりその感覚を理解するってのは

    大事なことであろうと思います。


    これは練習で身につきますね~



    それでまあ色々野田さんが生徒さんに質問して

    解説して28分あたりには


    野田さんの視点のその暴落を取ることを想定した

    上昇トレンドラインが登場するわけですが


    これは若干小ダウ目線だけど・・・という前置きはありますが

    ある程度機能しそうなラインが引かれていますね。


    これが13分あたりの質問のところで


    「パッ」と分かった人はかなり勉強されてる方で

    あとはデモトレードやって検証していけば

    利益出る感覚はとりあえず分かってくるんじゃないかな?

    と思います。



    ただ、ここで話がさらに続いてますが

    じゃあそこでうまく上昇トレンドラインゾーンの

    リターンムーブ捉えまして ショートで売りを打てましたと。



    んでその後下落したとしますけど、


    その下落の動きってまだ不安要素はあるわけですね。


    これは野田さんが説明されていますが


    大ダウで前のチャート見たときに

    左側にレンジしているボックス形成してるゾーンがありますが


    ここで買ったプレイヤーたちはまだ全然痛くはない

    わけです。



    ※16時限目 前編※【実践編】天底の初動を捉える野田式逆張り理論とは?
    ⇒ http://fxdojo.online/refree/bottom/






    だからそこで彼らが意識しているのが

    緩やかな大ダウの中のトレンドラインゾーンなんですけどね、


    ここに来たら彼らってまた買ってくる可能性は

    ありますよね。


    もしその彼らが長期で重要視しているトレンドラインゾーンを

    抜けてきて、なおかつフックしてリターンムーブを

    つけてきたとしたら

    (英語でいうBreak and hook and goの動きが出たら)


    彼ら長い期間買ってる勢力も撤退を考えるでしょうが

    まだそこには到達していないから


    彼らは結構余裕もって待ってる可能性はあるわけです。


    と言うことを考えると、例えばそこで分割決済しておく

    とか


    野田さんの場合はまた別のポジションワークの考え方を

    持ってますけど(それは発展で有料の内容になります)


    何かしら対応が可能になるわけですね。


    最初のうちは その大ダウの買いプレイヤーが

    意識している上昇トレンドラインゾーンで分割決済とか

    そういうのも検証してみると良いかもしれませんね。



    それで波動分析でもし下落したとしたら

    それはC波になるわけですから


    C波として考えてC波の長さは

    【14時限目 野田式エリオット波動】


    で学んだように


    【14時限目 野田式エリオット波動】
    http://fxdojo.online/refree/elliot/




    「C波は、A波とほぼ同じくらいか、

    約1.618倍の比率で下落する傾向が多いです。」


    ということなんですから

    じゃあA波の長さをフィボナッチリトレースメントで

    とって、



    そのあと1倍、1.618倍のラインあたりでの

    それぞれ分割決済

    という戦略もありですよね。


    ただ面白いことにこれもまたチャートの不思議で

    1.618倍の位置ってのが


    まさにその大ダウ視点のプレイヤーが見ている

    緩やかなトレンドラインゾーンにぶつかってたり

    することもあったりしまして


    意識ってこうやってぶつかってきたりもするわけですね。


    そういうケースだとじゃあ考えたら

    「C波想定で売ってたやつが買い決済してきて

    なおかつ大ダウ視点で買いたいやつが新規買ってくる

    可能性はあるな」


    なんて考えられるわけでして



    そこで含み益なんかもあまり減らさずに有効に

    分割比率を考えて分割決済できたり

    しますよね。



    だから人が見えてくるとさらにもっと有効な戦略が

    立てられるってことにもなりますが


    逆にそんな場所を下に抜けてさらにリターンムーブ付けたら

    相当大きな下落ですから


    これは伸ばして行きたいみたいな話にもなるわけで

    実はそれをエントリー前の最初に想定してたりするんです。


    それで実際はこのチャートはその後に

    まさに大暴落で大ダウ視点の買いプレイヤーが撤退する

    動きとなっていましたが



    野田さんが33分くらいでおっしゃってますが


    「もう本来の勝負(この大ダウ視点のプレイヤーが

    上昇トレンドラインブレイクのあとのリターンムーブの動き)

    にはいる前に、もう既に ポジション作っておかないと

    ダメなんです」


    という話をされてますよね。



    だから実は13分あたりに「ここでどういうライン引きますか」

    という質問が野田さんから出てますが


    既にそこで大ダウプレイヤーが逃げていく動きを

    最初からイメージ、しておかないといけない

    っていうことです。


    そしてその大ダウの買いプレイヤーたちが総撤退する

    動きが出る前に


    もうあらかじめ「仕掛けておくのだ」っていうことですよね。



    これが実は大変重要な考え方なんです。


    これはダウ理論の話でトレンド3段階の話があります。


    =============

    1 先行期 :
    市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと
    判断した少数の投資家が、
    いわゆる"底値買い"をする時期。
    価格は、下落しているか底値圏で上下している。



    2 追随期 :
    市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。
    価格は、上昇局面にある。


    3 利食い期:価格が充分に上昇したところを見て、
    先行期に買いを入れた投資家が売りに出て
    利益を確定する時期。


    価格は既にその前から上昇局面にあるものの、
    その上昇する値幅は小さくなっている。


    =============

    ってのがありますが今回は売りのショートが

    事例ですが


    ダウ理論にも沿った考え方なんですけど


    あくまで「これからの下落トレンドのど初動の先行期を取る」

    っていう思想がしっかりあるわけですね。



    それで野田さんの上の


    「もう本来の勝負(この大ダウ視点のプレイヤーが

    上昇トレンドラインブレイクのあとのリターンムーブの動き)

    にはいる前に、もう既に (今回の場合は売りの)

    ポジション作っておかないと

    ダメなんです」



    っていう発言はダウ理論で翻訳すれば


    「誰にでも下落トレンドと分かっているような局面で

    売りいれてちゃ遅いです。


    もうダウ理論の先行期で入っていないといけません」


    っていう思想が注入されていますよね??


    ここに気づくと「あ~~本当だ、全部つながってる」

    って分かるかと思います。


    だから一応16時限目のタイトルはちょっと

    カッコよく中森社長が


    「※16時限目 前編※
    【実践編】天底の初動を捉える野田式逆張り理論とは?」



    としてくれたのですけど


    ここで「逆張り理論」と書いてるから

    おそらく知識ない人でちょっとかじった人だと


    「逆張り???そんなのはだめだ!

    トレンドフォローじゃないとだめだ」


    なんて言うかもしれないな~とは思ったのですけど


    実は野田さんがやってることってのは

    はっきり言うと


    「トレンドのど初動を取ろうとしている

    もろにトレンドフォロー」


    なんですよ。


    ただ重要なのは「大衆には逆張りに見えてるだけ」

    ってこと。


    だから「大衆は逆張りに見えてるけど」


    金持ちトレーダー、投資家たちからしたら

    「それはトレンドど初動になることを想定してる」

    わけです。


    (けど、予想はしていないで

    そうなったら対応できるようにしている。)



    だから実は16時限目のタイトル付けでも中森社長も

    トレーダーで普通に稼いでるから


    「「天底の初動」を捉えるの野田式逆張り」

    っていうタイトルが付いてるんですけど

    気づきましたかね?


    ちょっとした言葉の使い方なんだけど、こういうところも大事です。




    上の野田さんの言葉を拝借すると


    「もう本来の勝負(この大ダウ視点のプレイヤーが

    上昇トレンドラインブレイクのあとのリターンムーブの動き)

    にはいる前に、もう既に ポジション作っておかないと

    ダメなんです」


    ということですが


    その「本来の勝負」の段階はトレンドの追随期の後半だったりも

    するかもしれませんが


    そこでようやく多くの人=大衆が「あ、下落トレンドなのか」

    って気づきだすわけです。

    けどちょっと遅いですよね?


    さらにもっと言うとマスコミが「○○が暴落~」とか

    報道しだすのはもっと遅いです、


    が、そこで売り出すのが権威依存の人たちで彼らは

    カモられる。

    (だから今までの生き方が損失として表面化しちゃうっていう。)



    だから野田さんの言葉だと

    「もうそんなところで入ってるようでは遅い」

    わけでして



    そこでは有利な商い(あきない)はできなくなっている

    わけです。



    分かりやすいのは以前にあった

    みんながビットコイン買ってるところで

    230万円のところで買うのは

    洗脳されやすい 権威依存の人がやることですよね?



    私のメルマガでは当時「そろそろ暴落してくるシナリオを想定しよう」と

    ちゃんとその暴落数日前に書いてました。


    また2019年の最後辺りにNYダウが過去最高値を更新してるときに

    米国株を買ってる人が大損するシナリオをよく書いていたのですが

    その後・・・新型コロナ騒動が来てそれが実現、しちゃいました。


    これが世の中ですね。


    普通は大多数の人は、そこで「誰にでも下落トレンドと

    分かるところで みんな一緒に平等に売り」

    をかますんです。


    だからやっぱり損失出ちゃうと。


    そういうことなわけです。


    みんな一緒に平等 という考え方はだから市場において

    悪=あく です。


    「希少価値のある商い」をしたいのですから悪 あく

    なんです。




    だから実は野田さんの話は今までの時限で学んだこと

    全部が総合されてる話だったりするんですけど


    それに気づくと大変面白いわけですね。



    ちなみにこのトレードですと

    野田さんの9月の含み益が2400万円に

    なってますが



    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    (驚き!?画像)野田さんの2018年9月の「含み益」が
    「2400万円」を突破しちゃいました
    ⇒ http://yuhfx1.com/gazou/trade/nodafx/2419man201809.PNG


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




    ここにそれぞれの通貨のエントリー位置とかも

    画像で書かれていますけど


    これを日足なり4時間であわせてみると


    上の話を理解していれば


    全部のポジションじゃなくても野田さんがやろうとしてることは

    なんとなしに分かってきますよね??


    たぶん予備知識なく上記の画像見たら

    野田さんは預言者なのか何なのか、

    頭おかしい人に見えるわけですが


    実は上の予備知識を理解していれば

    「なるほど、野田さんは常に先行期を取ろうとして

    なおかつゾーン分析や波動分析色々合わせて

    相場に対応されてるのだな」


    って相当具体的に分かってくるわけですね。


    市場って奥が深いですよね~~~!!


    だからですね、今回の無料FX道場なんですけど

    ある程度もう何回もそれぞれの動画見て理解していけば


    例えばよく業界にある、なんかのシステムとかの履歴とか

    見れば


    「ああ、このシステムはたまたまトレンドの

    追随期取ってるだけで


    リスクリワードでリスクも大きいし

    いつかやられちゃうだろうな・・・

    けどみんなは分からないだろうな・・・」


    とかそういうのも見えてくるものですね。


    だから投資話でだまされることもなくなってくるでしょう。

    資産が増えてくると謎の投資話が****さんにも

    舞い込んでくることも将来あるかもだけど 


    そういうのに騙されることもなくなる

    っていうのがまた学ぶことの一つの利点です。



    だから本当に投資、トレードは奥が深いっていう

    話でもあります。



    ちなみに上記の分析方法は当然ですが

    全ての金融商品で使えるのは本質なので当然ですが


    例えば日足や週足や月足とか見ていくような

    株の長期投資だとか、そういうのにも当然有効なわけですね。


    だから買いと売りがある市場においては全て通用するんです。

    本質ですから。


    この辺が分かってくるとトレードとか投資の面白さに

    一気にハマっていくわけでして


    それがこの市場法則を学ぶことの面白さの1つですね!


    ということで簡単にサラ~~っと書きましたが

    まだまだ動画の中で重要なことを沢山野田さんが

    無料でも教えてくれてますので


    ぜひ16時限目も何度も何度も見てみてくださいね!

    一応まだ前編なんです。



    特に今まで利益出ていないという人は

    動画で言われてるようなことがきっと何かができていない

    はずですし


    これを理解して検証してみたら

    かなり数字は改善される可能性は高いと思います。



    ぜひ、16時限目チェックしてみてくださいね!








    ゆう




    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    ※16時限目 前編※【実践編】天底の初動を捉える野田式逆張り理論とは?
    ⇒ http://fxdojo.online/refree/bottom/


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









    ============編集後記============


    さてさて、今日は「学校では投資とビジネスのことは絶対教えない」
    ということについて改めて考えて生きたいと思います。

    これはかなり重要なテーマですよね。

    最近だとこの数年、

    日本政府なんかが「これから起業家を大量に育成する!」
    とかいってるわけですが


    ただじゃあ そのための教育が普及してるのか?

    というと
    なぜか文科省では絶対に投資やビジネスで稼ぐ方法とか
    そういう教育は行わないわけです。


    むしろ新型コロナ騒動で見られるけど

    「転売などをして稼いでる人=悪」の構図が大衆に刷り込まれてる。

    ほとんどのビジネスは実際は転売なんですから


    例えばFXだって ドルを円で買って売る転売になったりするわけですから
    通貨の転売であり


    転売の否定ってのは2020年2月くらいに書いたけど
    やはり資本主義自体の否定です。

    それでかたくなに「日本の大きな国家体制として」
    「商売やお金稼ぎを教えない社会」が出来上がってますよね?


    けど今の時代はもう雇用されてる労働者だけでは
    生活が成り立たなくなっている時代でして


    以前言われていた年収300万円時代どころか
    年収200万円台の人が実際は大多数の人の現状ではないかと。


    それでまず考えることとして重要なことは


    「私たち日本人は「お金を稼ぐ」という行為に
    ========================================

    人生の大半の時間をつぎ込んでいる」
    ====================================


    という事実です。


    私たち日本人は、
    小学校のころから良い大学に入るために
    受験勉強で競争を繰り返し

    大学に入れば
    良い企業に入るためにTOEICを受けてみたり、
    就職活動で面接で良い印象を与えるために
    自己PRなどの練習をします。

    そして会社になんとか入れば出世するために
    社内競争を繰り広げます。

    それはもう過酷な競争で
    途中でいじめもあればストレスもあれば
    欝病になる人も大量にいるわ、ですが

    それでもみんな頑張り続けて
    日本という国は今に至るわけですね。


    ・・・

    さて、考えなければいけないことは

    何故こんな不毛なことを私たちは何十年間も
    繰り返しているのでしょうか?

    ということなのです。

    行きたくもない会社に満員電車にイラついても
    なんとか頑張って出社したり、出世競争したり
    空気読んだり・・・


    それはずばり極端に言ってしまえば

    私たちの生存に関わる

    「お金」を稼ぐために他なりませんよね。


    この戦後作られた日本のレールでは

    企業で出世する、

    というのが最終ゴールに今でも設定されているわけです。


    そして最近若者たちはそれを疑いだしてる。
    新型コロナ騒動がそれを加速させた。


    それで
    私なんかはもう既に自立して基本的には海外にいるわけですが

    やはりネットなんかでそういった古い価値観が
    未だに存続してるのを
    見るわけで

    やはり本音で言うと疑問なんですね。


    それで企業で出世する、とか最近だと公務員になるとか
    いわゆる勝ち組といわれてきたのかもしれませんが

    そういう化石のような価値観が未だに
    あるのはずばり何故だろうと。


    それは
    「より多くのお金を稼ぐ」のは一応肯定されてる
    部分があるわけです。



    それで
    こうやって私たちが小学校のころからやってきたことを
    見ると分かりますが


    私たちは「お金を稼ぐ」ということに
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    なんと「人生の大半の時間」をつぎ込んでいるのです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    多くの人は夢を持っています。しかし
    その多くの人の夢は実現できません。

    何故ならば「お金を稼がなければならない」
    という冷酷なルールが私たちの正面に
    立ちはだかり

    私も****さんも、
    お金を稼ぐ、ということを生まれたときから
    ほぼ強制されているからです。


    そうしないと生きていけないからです。


    どうも為政者たちが
    長い期間をかけて、お金を稼がないと生きていけない社会というのを
    構成してきました。



    例えばですけど、日本ではガールズバーというのが
    あります。

    新型コロナ騒動で志村けんさんが亡くなったことで
    このガールズバーというシステムは濃厚接触ということで
    官僚たちが圧力をかけてつぶされていくかもしれませんが

    それでも良い事例なので扱います。


    あれは女の子と話すために課金されるというシステムですよね。


    じゃあ私は不思議に思って江戸時代のことを調べるわけですが

    江戸時代に男たちは女性と話すために、お金を払っていただろうか?
    というとどうも払っていないと。


    むしろ、遊郭などはあったにしろ、夜、這いというのがどうも
    村のシステムとしてあって、性に関する行為に「課金」は今ほど
    されていなかったようです。


    が、これは学校じゃ教えてくれませんね。


    私も性風俗に関わる内容だと単語の前に
    わざわざ 句読点を入れてサーバーにはじかれないように
    書かないといけないくらい

    言論統制もすごい。


    今はそれこそナインティナインの岡村さんが

    まあ言ってしまえば「全ての人間に値段は付くという本質」を
    言っただけで炎上する社会であり 言いたいこともいえないくらい
    言論統制が進んでいる。



    それでまだ昔の日本は

    おそらくだけど自分たちで作った米とか
    野菜なんかを近所で交換したりして、そこは貨幣を介さないシステムで
    物々交換なんかもあったでしょうが

    まあある程度の仕事で人々はなんとか暮らせていた部分も
    どうもあったかもしれない。

    これは当時の人々にしか分かりませんが。


    けど、その後確実なのは
    私たちの時代がそうですが何でも課金はされる現実に
    変わってきたということですね。


    最初にガールズバーのことを書いたのはやはり
    異性との単なる会話、コミュニケーションでさえ、課金されるように
    なってきてるってのがこう分かりやすいからです。

    もし江戸時代の男たちが
    令和の男たちが女性とただ会話するために
    資産の一部を献上してるのを見たとしたら

    結構驚くかもしれない。


    このように現代においては、
    悲しいかなお金というのは私たちの生存に関わる
    資源そのものとして今現実に存在しています。

    そう、
    私たち日本人の多くはその
    「お金を稼ぐ」ということに人生の大半を費やしています。

    そして
    日本という国ではお金を稼ぐことをまるで悪のように
    教えます。

    しかし私たちは皮肉にも
    実際にお金を稼ぐ、という行為に
    人生の大半の時間を使っている、というのは事実なのですね。


    それで私は考えるのだけど

    お金を稼ぐ、という行為は悪いことなのでしょうか?
    資本主義のシステムで生きる私たちにとって大事な
    「お金を稼ぐ」という行為が果たして本当に悪いことなのでしょうか?


    そう、


    お金を稼ぐ、ということを真剣に考えることは
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    実は非常に重要です。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    そう、これは2020年の新型コロナ騒動ですごい露になったけど
    結局「人々は経済活動を肯定してお金を稼がないと
    生きていけない」

    わけですね。


    私たちの人生はまさにこの「お金を稼ぐ」
    という行為で大半が使われるわけですし、

    この「お金を稼ぐ」ことについて考えることは
    人生がどうあるべきか、と本気で考えている人にとっては
    避けては通れない話題なのです。


    そして「お金を稼ぐ方法」については2パターンあります。

    それは

    1誰かに雇用されてお金を給料としていただく方法など
    政府や会社にお金を貰う方法

    2そしてその次に自分自身でお金を稼ぐ方法、です。


    この前者の
    「誰かに雇用されてお金を給料としていただく方法」

    ですが


    私たちの多くはこの前者の
    給料としてお金をいただく方法しか選択肢はない、

    と日本の教育を通して教えられてきます。
    それはまるで洗脳のようです。

    しかしながら実はお金は自分自身で稼ぐことが可能ですよね。
    最近はそういう人も増えてきました。



    投資でもビジネスでも
    そこに「価値」を作り出せばそこに人々はお金を払いますから
    結果として対価としてお金は受け取れるのです。



    別に東大に入らなくても京大に入らなくても
    中卒であってもイケメンであってもブサイクであっても
    茶髪であってもスキンヘッドであっても
    中学生であっても90歳のおじいちゃまであったとしても

    ただ「(希少な)価値」を作り出しそれをお金にする
    マネタイズできさえすればお金は稼げるのです。


    日本には大企業トップたちが所属する経団連とか
    官僚とかとても頭が良くて
    本質的に悪い人たちがいます。

    その人たちはサラリーマンを大量に育て上げて

    そして文句言わず働かせて、そして税金をたくさん払ってくれれば

    自分たちの地位が安泰でして


    最近はそういう人を上級国民とも言ったりする。


    それで彼らが教育要綱なんかにも大いに影響を与えて
    そして現状、

    「誰かにお金を貰うのを当然とする人々」を
    大量に育成してきたわけですね。


    だから戦後日本の教育というのはそのような
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    サラリーマン思考の守りの思想を持つ人を大量に
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    作ってきました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~

    運動会で集団行動を強制したり個性を殺して
    協調性をやたら求めるのは

    それはとっても悪い官僚の人たちや
    大企業経営者の人が

    甘い汁を吸い続けるための
    洗脳を主としたものだったのです。


    昔はこういうこと書くと結構「そんなこと書くな」
    と指摘してくる人が多かったものですけど

    最近はこういうこともどんどん書いていかないと
    ほんとやばくなるな、と私は危機感を常々感じるわけです。

    そして多くの人はそういう構図に気づいてきている。


    そして日本の教育では「全体の駒の一部」になることは
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    教えても
    ~~~~~~~~
    株式会社設立の方法は教えないのです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    よーく考えてみてください。


    ****さんの卒業した学校で
    「株式会社設立の方法」を教えてくれましたか?
    自営業者で青色申告することなど、教えてくれましたか??

    税理士を雇う方法だったり節税のことは教えてくれましたか?
    資産を保全する方法は教えてくれましたか?
    資金管理やダウ理論なりの原理原則、市場法則は教えてくれましたか?

    教えようと思えば中学生にも教えられる簡単なことなのに
    なぜか日本の教育では上のような
    自分でビジネスをすることは

    わざと、故意に

    教えられていないのです。


    そして資本主義システムのルールで

    私たちの人生の大半を支配する
    「お金を稼ぐ」ということをしっかり考える人は
    拝金主義、といったりして批判されることになります。


    そうなのです。


    私たちの日本という国は徹底的にサラリーマンという
    雇用者を 官僚や大企業に都合のいいように増やす教育が
    されてきたし、

    一方彼らの利益に相反する「自分で投資やビジネスをするスキル」
    というのは一切教育では扱われてこなかったのです。

    そしてそれは2020年代に入ってもなんと
    悲しいことに変わっていない。


    しかし今日本は戦後経験したことのない危機的状況です。


    多くの働き盛りの人がうつ病で苦しんでいるし
    40代の平均年収がそろそろ200万円台という状況に
    突入するのでは、という話も聞きますが

    新型コロナ騒動でそれが加速していく可能性もある。


    官僚たちの大本営発表をしてる
    マスコミは以前は

    「日本の景気は良い!
    だから公務員ボーナスは6連続アップ」
    などといってばら色の将来を国民に夢見させていましたが


    多くの日本国民は交通費や宿泊費も払えないので
    旅行にもいけなくなっている。

    そして観光業界に新型コロナ騒動がさらに大打撃を与えた。

    実際に私が日本に滞在するときは箱根とかのホテルに
    いたりするのですが

    以前箱根に行ったときは
    箱根の強羅に来ていたのは

    ほとんどが外国人で日本人が少なかったです。
    日本国内の観光地なのに・・・


    外食も薄い牛肉の乗った牛丼を食べ、
    210円のバスに乗ることも財布が痛いので
    歩いている人が急増していました。

    今日本に必要なのは決して金をジャブジャブマネーにすることでは
    ないし、
    給料変わらないのに物価があがるインフレではないはずです。


    今日本人に本当に必要なのは
    価値を自分で作ってそれをお金に換える、

    そんな江戸時代の日本人は持ち合わせていたであろう
    「商売人としての知識」
    なのでしょう。




    本当は

    私たち日本人は価値を作り出し

    それをスムーズにお金に換える(マネタイズする)



    ということをやはりこれからの時代は強烈に
    今こそ学ぶ時期なのです。

    教科書や教育を管理する官僚や
    大企業トップが所属する経団連は

    「就職活動で気に入られる方法」は
    教えてくれても

    自分で独立してお金を稼ぐ方法は絶対に
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    私たち国民に教えません。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    そりゃーそうです。
    稼ぐ個人が増える⇒大企業は追い込まれる

    という感じで個人の独立と大企業の繁栄は
    利益相反するから。

    (例:個人のユーチューバーが増えてきて
    大企業の作るテレビ番組は広告収入が減った)


    そして私たち国民が本当に自らの幸福、家族の幸福を
    考えるのならば
    「自分で稼ぐ」ということを今一度
    真剣に考える必要があるのです。


    そして「自分で稼ぐ」ためには
    まず

    1「(希少)価値」を作り出し

    2その価値をお金に換える(マネタイズする)


    これらのことを学ばなければいけませんよね。


    まあ正直自分で稼げるなら、その国の法律の範囲内なら

    私は別にそれがFXでも仮想通貨でもアフィリエイトでも

    転売でもブックメーカーでもエアービーアンドビーでも

    何でも良いと思うんですね。


    ・・・というのが今号でなぜこれを書きたいと思ったか
    というと

    やはり私なんかがよく韓国にいるとですね、
    色々感じることがあって


    やはり民衆の中でも「大企業系列で働いてる人」と
    「自営業者として自分で業を行ってる人やそこに属してる人」


    では表情の疲れ具合が違うって
    これは以前韓国で生活していて発見したんですよ。


    これは大企業系列っていうと、それこそ飲食店なんかでも
    ロッテリアなんかはこっちで多いわけですけど


    私がすごい感じたのはロッテリアの店員って大企業だけど
    明らかに既存の韓国の商売人と雰囲気が違うんですね。


    これは日本でもマクドナルドの店員とかはそれに近いかも
    だけど

    なんというかマニュアル対応で表情にすごい元気がない
    という人がなんか多いわけです。



    ただ、一方、屋台とかあとは個人の飲食店とかって
    韓国には多いんですね。


    これ以前に写真で扱ったけど韓国の屋台です。


    (写真)最近流行してる川の近くの屋台
    http://yuhfx1.com/gazou/korea/2018/night_market21.JPG



    こうやってみんな商売してるわけです。


    それで飲食店なんかでもおばちゃんとかあとはこういう屋台を
    最近やってるのが若いにーちゃんが多いんだけど

    もう屋台なんかもグレードアップしていてこんな感じに
    なっているわけです。


    DJブースが謎についてる屋台。


    (写真)こんな派手な屋台も最近登場してきた
    http://yuhfx1.com/gazou/korea/2018/night_market24.JPG



    それでこれらの店員とかって表情がこう大企業系で雇われてる人たち
    みたく死んでないんですよ。


    活気はあるわけですね。

    (ちなみに政治の話を書くと、ムンジェイン大統領がこういう
    若者のフードトラックなんかの起業支援体制を作ってますが、

    一方韓国の官僚たちはこういう起業の動きを潰したい、という
    政治家VS官僚の闘争があります)


    だから私はよくこういう大企業じゃなくて中小系の経営者とか
    あとはその従業員とよく話す機会に恵まれるのだけど

    そこで感じるのが

    「やはり中小企業とか個人で稼いでる人たちのほうが
    幸せそうだな」


    ってことなんですね。

    これは私の知ってる韓国民でもLGとかサムソンの大企業が
    いやでやめて独立した人もいるんだけど、

    やはり人間の本来の姿って「自分で業を行う」ってことなのかな
    と思うわけです。

    これは海外にいると本当に強く感じることなんですね。


    日本の自営業の友人たちを見てもそうですが

    それこそ無料FX道場で今登場してくれてる
    野田さんなんかもそうですが

    自分で何かしら事業を持っていたりする人たちや
    その中で働いてる人って活気が謎にあるものです。


    これはマレーシアでも一緒。
    そしてその中で働いてる人たちもやはり自分で独立するために
    そういうところで働いてるわけでして
    大企業社員のように一生そこで骨をうずめる気はないわけです。


    ただここに活気が生まれているっていうのをいつも
    私なんかは海外で体験するわけですね。


    それでそんな大事な「自分で稼ぐスキル」っていうのは
    日本では教えられていないわけでありまして

    私たちが教えられるのは周りの空気に同調して
    意見を主張しないことでありまして

    ましてや会社の作り方、事業作って利益出す方法
    また節税する方法なんかも教えてもらえません。


    だから日本なんかは特に大企業だったり
    官僚たちが奴隷のように支配しやすいように
    教育も作られているってことですね。


    日本というのはGDPで言えばアメリカ中国に次いで
    3位の今でも経済大国なわけです。

    が、幸福度調査では常に先進国で最低ランクだったりする
    わけでしてここでなんで?という疑問になるわけですが

    私がこの問題を長く考えてきて思うのが
    どうも人々が為政者の作る奴隷支配構造に組み込まれてる
    部分が多いからだろうなと思いますよね。


    例えばサラリーマンというシステムもそれですが
    このシステムに組み込まれてしまうとなかなか幸せに
    なりづらいわけですね。


    それよりも他のアジア国のように自分で業を興すという
    選択肢のほうがまあ大変なこともあるだろうけど
    それでも自分なりに生きられると。


    人生の選択権は色々と増えると。



    そのほかにも色々あるんだけどどうも為政者の作る
    奴隷支配構造に組み込まれない、ということを意識するのは
    大事ですね。


    そして最近の奴隷支配の構造として恐ろしいのが
    「大衆に気づかせないようにする」わけですね。


    実際は奴隷のように扱われてるのに人々がそれに
    気づかないように巧妙に社会が作り上げられてる
    わけでして

    これはオウム真理教の洗脳以上のものであろうと思います。


    例えばこの前日本にいてみたポスターが以前扱ったこの
    ポスターですが

    男女のサラリーマンとOLがみな同じ格好をしてます。


    (写真)みんなロボットみたいなポスター。しかし
    普通に日本の鉄道駅で貼られている。
    http://yuhfx1.com/gazou/japan/robot.JPG



    みんな同じ格好、同じ姿勢をしているけど
    これは暗黙として、

    「あなたたちに許された自由はほとんどないんですよ。
    このように同じような格好と同じような行動を取ってくださいね」


    と言う共産主義の思想を元とした
    強制の意思が潜在的にないと
    このようなポスターは出来上がらないんです。


    これは鉄道協会だから官僚たちの天下りが作ってるポスター
    でしょうが要するにどうもこの国を支配する人間は
    民衆を人間としては見なしていないで

    あくまでも単なるロボットのように見ていると。
    そこに個性なんかを発揮する自由は認めていないわけですね。


    ただここで重要なのが私はこのポスターに強烈に違和感を
    感じたけど

    そこで写真を撮ってる人は私だけだったし、
    誰も気にも留めないわけです。
    それが当たり前というか疑問に思わなくなってくるわけですね。


    これが洗脳です。その人本人が自分の考え方だと
    思い込んでしまってるためそれが洗脳を解くのは最も難しいことだ
    といわれる所以です。


    だから実際は国家官僚たちが作り上げる奴隷構造の中に
    多くの人が収まってしまってるのが現状であろうと
    私は冷酷に分析してるのですが


    ただそこで人々が気づかないような仕掛けというのが
    大きくされているわけですね。


    例えば教育で「会社の作り方、投資の方法、節税の方法」
    なんかを教えないのはそこでして
    このようなことを教えると当然
    「気づく人間」が増えてくるからですよね。


    支配者としてはそれは避けたいからやはり現行のような
    起業家や投資家ではなく労働者を育成する
    教育体制になっているのだ、といえます。


    ただもうそろそろ気づいてもいいんじゃないかな
    ということで、より多くの人々がそこに疑問を持って
    考えるのは大事ではないか、と思った次第です。


    というのは日本以外のアジア各国にいると自営業者たちの
    元気さってどうしても感じてしまうところですから。


    ちなみに2020年の新型コロナ騒動ってのは

    ここだけの話、
    本当は新型コロナっていうウイルス事態も分離されていないし
    すなわち確認できていないウイルスですが

    それを一応PCR検査で新型コロナっていうウイルスがあるっていうことで
    進んでるプロパガンダなんです。

    (この数行は本質中の本質だから興味あったら調べてくださいね。
    新型コロナがあるっていう世界中のプロパガンダですが

    実は
    新型コロナ騒動があって その後すぐに出てきた論文の遺伝子構造だけを
    元としてるだけであり、

    本当は新型コロナ COVID19というウイルス事態は
    見つかっていないんですね。

    その中国の論文では、新型コロナの遺伝子構造が取り下げられたけども、
    最後に言い訳として「患者はマイコプラズマにかかっていた」と書かれている。

    マイコプラズマはオリンピックの年に流行するとされる・・・
    2020年オリンピックのはずだった。

    これが実は本質中の本質で「言ってはいけないこと」だけど
    憲法21条言論表現の自由を元に私は()内に書いてる。

    本当は世界各国の医療従事者たちが
    「この肺炎患者はマイコプラズマなのか新型コロナなのかどっちなんだろう?」
    という感じでなんとなく死因決定しているのは言ってはいけないこと
    と今はなっている。)


    それで上の()内にとんでもないことを書いてますが
    とりあえずいずれにしても

    確実なのは 新型コロナ騒動で
    「アジア中心の時代になっていく」っていうこと。


    だからやはりこれから日本もアジアですから
    若い人こそ、「自分で自分のお金を稼ぐという新自営業者的な生き方」
    を真剣に考える時代に入っていくのでしょう。



    それで今回無料FX道場で

    野田さんがまさに投資教育をしてくれてますが

    これがやはり大事なことなんです。


    結局国家官僚たちが教育では投資や事業のことを
    教えたくないわけだから

    (なぜ?それは投資家で事業家のトランプが
    反官僚として出てきた、というのを知ってればわかりますね。

    日本でも本当はホリエモンってのが昔出てきたとき
    彼が首相になる道が実はあったけど東京地検がそれを察知して
    彼を潰した。

    官僚達は金稼ぎがうまい金持ちが嫌いだ。)


    だからそれはいくら官に攻撃されても民間から
    動きとして出していくしかないですよね。


    だからもっと言うと「自分で大企業や国家に頼らず稼ぐ」
    っていうのは思想の一つでして、

    それは既存の日本の官僚支配の構図に対抗するものですから
    1つの政治的な動きでもあるんです。


    だから既得権益から攻撃されるわけですが、実際の話は
    それは民衆の利益には直結するから

    結局この投資教育とかビジネス教育を普及させていく
    ってのは私たちおっさん世代のひとつの役割としては
    大事ですね。

    (ちなみに以前、暗号通貨業界だとバイナンスがやたら
    攻撃されてるけど・・・バイナンスがダウンして得をする
    政治アクターって
    官僚たちやアメリカのSEC周りしかいないですよね。)


    日本でも昔は駄菓子屋さんがあって、色々な飲食店が
    道にあったんだけど

    それを私は子供のころの記憶で覚えているけど
    それらはコンビニに変わったし、ファミレスになりました。
    (両者とも上場してる大企業。)


    だから大きくはこの数十年で
    中小の自営業者たちは殲滅させられた
    んだけど


    再度こういう事業者が増えてくるのが大事ですね。


    ここ最近だと野田さんという若い為替トレードのプロの事業者に
    学んでもらってるけど

    こういう動きが出ていること事態は希望があります。


    それで
    格差問題もしくは最近だと階級社会問題というのがあるけど
    マスコミはそれを「課税でなんとかしろ」と、

    またまた官僚が喜ぶことばかりを言いますけども

    実際は課税で格差(ジニ係数)は縮小しませんし
    本当は投資家や事業者が増えて彼らが活躍して

    「今まで貧乏だった人たちが投資やビジネスの知識を身につけて
    這い上がってくる」

    ことしか解決策はないものですが
    そろそろこれについて私たちは考えたほうが良いですね。



    日本では上記のような上級国民といわれる人たちの
    大きな政策として

    商売=悪 金稼ぎ=悪

    国家官僚の一律10万円の施しに依存する=正義

    会社に奴隷のように扱われて給料貰う=正義


    という価値観を民衆に刷り込んできたわけですが

    これ事態が大きな欺瞞であります。


    やはり強い強い中小の事業者たちが多く誕生していき、
    そして

    中小主体の資本主義市場を作り上げていくのが大事なわけですね。
    (大企業が寡占、独占したときだけのみ、
    政府はそこで働きが求められる。)


    2020年の新型コロナ騒動が私たち日本人だけではなく
    世界中の人に提示した

    「事実」ってのが

    「どんなにお金稼ぎが汚いといわれても
    結局私たち民衆は 自由な市場 マーケットを肯定して

    商売、お金稼ぎを肯定して
    その上で経済活動をしなければ 笑顔と一緒に生きていけない。


    それで生きていけるのは何もしなくても給料が満額出る
    官僚と公務員とそれと癒着してる大企業だけである。」


    ってことでした。


    結局私たち 何もコネも何もない、
    上級国民でもなんでもない一般市民が笑顔で生きるためには

    お金稼ぎを肯定した上で考えていくことしないわけですね。


    そしてそういう人が一定割合に達したときに

    そう、その人たちが一つの勢力となりまして


    そして労働組合主体の動きではなく

    中小自営業者主体の動きで彼らの代表が選出される。

    この中小の経営者達が自分たちの代表を選出し、
    そして官僚たちを打ち倒す政治こそを

    ポピュリズムと言うのです。


    それがアメリカのトランプ大統領であったけど

    この大きな経済の流れが日本の未来のためにも
    大事になってくるでしょう。


    私達は支配されないために
    お金稼ぎを肯定して学ぶことが大事ですね。



    それでは!



    ゆう




    追伸・・・それで私が大学時代に学んだことなんだけど
    ****さんは

    「お金って何だと思いますか?」。


    まあ色々な啓蒙セミナーとかで
    「お金とは感謝の形だ」とか「お金は価値が転換したものだ」
    とか色々言われてるけど

    それはやはりあくまで啓蒙セミナーのレベル、でしかないのです。


    私が学んだ重要な考え方があり、それを最後にお伝えするけど
    政治学では

    「お金とは政治影響力そのものである」

    という考え方がありまして
    これが本質です。


    すなわち「お金がない=政治影響力がない」
    「お金がある=政治影響力がある」

    です。

    歴史を見ればお金というのは時に軍隊などの暴力に
    転換されてきたし、
    また世論形成のためのプロパガンダというのも
    お金を使ってされてきた。


    このキレイゴト抜きの冷酷な見かたを
    私は大学時代、教授に学んだ。

    「お金がなくても社会を動かせる」ってのは
    青い学生時代の言論としてはありだけど
    そして私は昔はそのようなことを言ってしまってた
    青さがあったけど

    大人になればそうではない、
    お金自体が政治影響力そのものだ、
    と理解する機会が嫌でも増えます。


    これは好き嫌いの話ではなく現実の話ですよね。


    大人であるということは
    多くの人が「お金がすべてじゃない」と言ってる中
    色々な苦労を重ねて

    「お金がすべてじゃないというキレイゴトは
    現実では通じないのだ」

    と、心の底から言えることです。


    世の中はお金がなくても何とかなるのだ
    主権在民なのだ、というキレイゴトが流布してるから

    この本質を本当の意味で理解できてるのは
    全体の1%もいないのですが


    ただこの1%もいない人たちは

    公言しなくても
    「政治影響力を増すためにお金を稼ぐ」という
    強烈な現実に即したマインドを手に入れてるため


    やはり必然で強くなっていくわけです。

    すなわち「お金を稼ぐ方法を教えない=

    政治影響力を増す金持ちを増やさない」

    という大衆支配の政策となりまして


    これが実は日本の官僚支配の本質ですね。

    この支配構造に はっと気づいて

    真剣にお金稼ぎを肯定してそれについて学ぶ、


    これこそが実は
    キレイゴトを抜きにして
    大事なことになりつつありますね。


    それでは!





    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

      <NEW>


    ※16時限目 前編※【実践編】天底の初動を捉える野田式逆張り理論とは?
    ⇒ http://fxdojo.online/refree/bottom/
     (動画直リンクで、海外からでもスマフォからでも
    ご覧いただけます)



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★








    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★ね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方やyahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてください

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月にリンク更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)



    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!

    先頭へ戻る