ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2020/08/31  【FXの超注目の新案件登場!!】サラリーマンしながら 年収3000万円!?(社長越えのサラリーマン)
  • 2020/08/30  【投資の本当のリスクとは「投資を途中でやめてしまうことである!?」】
  • 2020/08/30  【音声プレゼント♪】世界各国の企業の株主になって、 配当金をもらっていく事を考える!
  • 2020/08/29  【トランプ大統領が仕掛ける「在日米軍撤退議論」に合わせて 安倍首相は辞任したのではないか?という見かたについて考える!】
  • 2020/08/28  【安倍首相の辞任に歓喜するマスコミと官僚たち】
  • 2020/08/28  【最近、欧米では飛行機より「列車の旅」が人気になってきてる!?】 (副題:苦境にあえぐ日本の旅行代理店が復活する戦略)
  • 2020/08/27  【ついに安倍首相が「新型コロナの指定感染症2類相当の見直し」に言及したこと について考える!】
  • 2020/08/26  【大衆と間逆のポジションを取る練習をすると一気に儲かるようになってくる】 という話
  • 2020/08/26  【写真40枚】ギリシャ・アテネのショッピングモールを散策してみました
  • 2020/08/25  【田中宇先生の今回の騒動の分析を見て「自然免疫+獲得免疫」での ウイルス克服について考える!】
  • 2020/08/24  【世界の観光業の損失が「リーマンショックの3倍」になったことを UNWTO(国連世界観光機関)が発表したことについて考える!】
  • 2020/08/24  【1移動しながらのホテル生活と 2同じところに定住する生活について比較して考える!】 (ワーケーション需要の取り込み方を語る=追伸3で)
  • 2020/08/23  【隠れトランプ支持者たちと、あまり人気のない民主バイデン候補について考える!】
  • 2020/08/22  【サラリーマンやりながらFXで年収3000万円稼ぐ人と話して 分かったこと!】
  • 2020/08/22  【すごい哲学】古代ギリシャ人は人生で幸せを目標としないで○○を目標とした
  • 2020/08/21  (写真27枚) ギリシャ・アテネのプラカ通りは歩いてるだけでテンションあがる】
  • 2020/08/21  【新型コロナのマスコミ報道のおかしさに世界中の人が気づきだしてきた】
  • 2020/08/20  <音声♪> 【日本県出身のアジア人】「国」のイメージが 「県」のイメージに近くなっていく
  • 2020/08/19  【世界では月収より資産が大事!?】
  • 2020/08/18  【ギリシャではホテルより民泊のエアビーなどの勢いがすごい】 (副題:ギリシャ人は幸福度上げるバルコニーが大好き)
  • 2020/08/18  【音声】資本主義下の『お金の増やし方』
  • 2020/08/17  【ギリシャ・アテネの治安がやばい場所「オモニア広場」でギリシャ人たちが スリの移民にジャンピング・キックをしているのを見たという話】 (平和なアテネの庭園の写真あり)
  • 2020/08/17  <検証済み >勝率97%、月間1億6817万円の衝撃
  • 2020/08/16  【実は日本の食品の多くは添加物問題などで 欧州に輸出できない?ことについて考える!】
  • 2020/08/16  【2020年代はIT起業家や投資家から順番に 「世界が事務所」となっていく】
  • 2020/08/15  (写真あり)【ギリシャはヨーロッパなのに物価が マレーシアレベルに安い!?】
  • 2020/08/14  副島先生の最新言論 「これでトランプの勝利、再選が決まったようだ。」から、これからも継続する米ドルの世界基軸性の低下について考える!
  • 2020/08/13  【最後に野田さんおよび中森社長から****さんにメッセージです!】(残りラスト1名)
  • 2020/08/13  【残り1名】「日本社会全体の嘘や洗脳やプロパガンダ」 (PCR検査報道の嘘)について考える!
  • 2020/08/12  対談音声♪【中森社長と「恐怖と洗脳とプロパガンダ」 についてさらに語りました!(後編)】
  • 2020/08/12  【残り2名となりましたので中森社長から****さんに最後のメッセージが届きました!】(投資型思考と貯蓄型思考の違いとは!?)
  • 2020/08/11  (残り2名)【すごい対談音声】中森社長と最近の「ウイルス恐怖で支配するショックドクトリン」 のこととか、マーケティングの真実、や野田式のことなど 雑談しました!
  • 2020/08/11  【音声】【場所の自由】について考えよう!(「国」という概念の洗脳・残り3名)
  • 2020/08/10  【陰キャの逆襲】「非常階段でひとり飯の大学時代」から 「億トレーダー」に這い上がった野田さんより ****さんにメッセージです!(残り3名)
  • 2020/08/10  【野田さんの告白音声】実は僕、大学時代「非常階段でひとり飯」してました
  • 2020/08/09  (写真あり)ギリシャ・アテネのタクシーは大体ベンツ!?(PCR検査でギリシャで喉に綿棒突っ込まれた話)
  • 2020/08/09  【道場に入って年間数百万円~数千万円を稼げるようになった 生徒さん3人の対談後編です!】
  • 2020/08/08  【副島隆彦先生の最新刊「日本は戦争に連れてゆかれる 狂人日記2020」 から「空気の支配」について考える!!】
  • 2020/08/08  【塾代の何十倍・何百倍と稼げる力をつけた 生徒3人と野田さんの極秘対談をお送りします!】
  • 2020/08/07  【投資の元金はあるなしではなく「作っていく」もの!?】 (副題:お金稼ぎは「尊い」という成長国の価値観とは?)
  • 2020/08/07  【最後に「ありえないスペシャル特典」が追加されることが 決定しました!!】(残り5名!)
  • 2020/08/06  【台湾編の対談音声3本目!】台湾ではFXより○○が人気で 「自分で稼ぐ」のが当たり前!?
  • 2020/08/06  「日本人は海外でNATO(ナトー)と言われてる?」
  • 2020/08/05  【なぜ富裕層たちは投資を「心理80%手法20%」で考えるのか?】(残り6名)
  • 2020/08/05  【投資心理学】相場の未来を優先すると貧乏になる?(副題:CMEの伝説的トレーダーVSテクニカルアナリスト)
  • 2020/08/04  ※無料FX道場28時限目※「過去」「現在」「未来」 相場における価格形成においての優先度を考えてみよう!(残り6名です!)
  • 2020/08/04  【億り人から****さんに「哲学的な問題」が届きました!!】
  • 2020/08/03  【道行くウーバーイーツの方に「どれくらい稼いでるの?」と聞いたら 週○○万円稼いでるんだそう】
  • 2020/08/03  【中森社長から****さんに「壁をぶちこわし下克上するためのメッセージ」が届きました!】
  • 2020/08/02  【音声@台湾】「10年後に資産増えてればよくない?」っていう発想!(あと7名)
  • 2020/08/02  【台湾での対談音声2本目!】 野田さんが負けトレーダーから億トレーダーに転換した 「時間の考え方」とは?
  • 2020/08/01  【新しい講義動画で野田さんの「うまい負け方」をメインに学ぼう!】
  • 2020/08/01  「特典4=WEBセミナー動画2時間×60本」の本当の使い方を伝授します!
  • 【隠れトランプ支持者たちと、あまり人気のない民主バイデン候補について考える!】
    配信日時:2020/08/23 21:15
    【隠れトランプ支持者たちと、あまり人気のない民主バイデン候補に
    ついて考える!】
    ⇒編集後記で!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~


    どうもゆうです!

    ****さん、こんばんは!


    さてさて、ここ最近ですが

    アメリカ大統領選挙が盛り上がってきてますね~



    それで、アメリカや日本のマスコミなど見ていると

    やはり官僚の権限を維持するのに協力的な左派が大好きなので


    民主党のバイデン候補推しな感じで


    それはまさに2016年の大統領選挙でマスコミたちが

    一斉にヒラリー応援に回った構図と同じでありますが、



    一方、やはり今回も米日マスコミ見ていると

    トランプ批判、バイデン推しの流れが出てきております。



    米日のマスコミを見ているとまるで

    バイデンの応援団ではないか?と思えるほどですが


    やはり米日ではワシントンや霞ヶ関の官僚たちが

    マスコミを支配してる構図でありますから


    この官僚たちに都合の良いバイデン推し、

    それは自然なことなんでしょう。


    ただ実はマスコミたちに不都合な真実がありまして、



    実はこの前バイデンが

    バーチャル党大会というのを8月17日に開いたんだけど、


    蓋を開けてみたら・・・

    「全然バイデンのテレビ中継をアメリカ人たちが見ていない」

    ことが ばれて来ているわけです。



    一方実は隠れトランプ支持者たちってがいるわけで

    この辺が面白いですね!!


    個人的には私はトランプ支持です、ってしっかり政治思想、立場を

    明確にしてるのですが


    ただアメリカでは、特に英語圏では

    「俺、トランプ支持してるよ」とかいうと「微妙な空気」が流れたり

    するのですが


    それもあって隠れトランプ支持者たちってのが多い。



    今日はアメリカ大統領選挙の現状を考えて行きたいと思います!


    編集後記で!







    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    【すごい対談音声】中森社長と最近の「ウイルス恐怖で支配する
    ショックドクトリン」
    のこととか、マーケティングの真実、や野田式のことなど
    雑談しました!

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/nakamori_shacho1/




    対談音声♪【中森社長とさらに「恐怖と洗脳とプロパガンダ」
    そして「分断社会から結合へ」について語りました!(後編)】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/nakamori_shacho2/




    【対談音声(台湾編 1本目)】
    野田さんと「台湾で対談音声♪」を録音しました!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/nodashiki_taiwan1/




    【台湾での対談音声2本目!】
    野田さんが負けトレーダーから億トレーダーに転換した
    「時間の考え方」とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/nodashiki_taiwan2/



    【台湾編の対談音声3本目!】(直リンク)

    台湾ではFXより○○が人気で
    「自分で稼ぐ」のが当たり前!?
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/nodashiki_taiwan3/




    【「マレーシアで野田さんと中森社長と対談音声」
    を録音しました!】(前半)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/nodashiki_malaysia1/



    (マレーシア対談音声の後半!)
    【「この国いたら心病まないよ」】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/nodashiki_malaysia2/



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







    ==========編集後記==========


    さてさて、アメリカ大統領選挙についてのトピックが

    最近世界でも増えてきておりますが、


    まあどのマスコミもかなり バイデン推しに傾いてる感じが

    ありますよね。


    ちなみにもう私のメルマガ読者さんはご存知だと思いますが

    やはりバイデン、民主党ってのは左派であって

    そしてこの左派が官僚機構と癒着してる構図、


    ってのが世界全体でありまして、それは日本でもそうですよね。


    最近はだから この

    官僚+左派政党  

    VS 

    民衆(特に自営業者たち)に選挙で選ばれた右派政党


    みたいな構図が世界中で見られるようになっております。



    ちなみにコロナ対応をめぐってはやはり

    役人としては ロックダウンなんかを続けると


    自分たち役人を縛り付ける憲法を機能不全にできるのもありまして

    ロックダウンや、自粛などを感染数をあおって続けることを

    求めますが、


    一方、大体の最近の右派政党の支持者たちってのは

    労働者っていうよりは自営業者の人が多いのですが


    ここでロックダウンなんかやってしまったら

    経済死んでしまって、自由民主主義(近代デモクラシー)も、

    資本主義も死んでまう


    ちゃんと経済活動の自由も憲法に沿って

    許容して

     近代デモクラシー、資本主義も守っていきましょう


    みたいな立場ですね。


    基本的に私はこのコロナ情勢で色々な国を見てますが

    もうほんとどの国も、この構図で共通してます。



    それで注目はやはりアメリカ大統領選挙でありますけども、

    ここでマスコミってのは どの国でもエスタブリッシュメントと

    いわれる、いわゆる日本でも去年出てきた


    上級国民の味方でありますから


    マスコミたちは


    その上級国民、官僚機構、および軍産複合体および

    製薬など医薬複合体などに

    支えられるバイデンを ひいきして報じてますよね。


    しかしここで実はマスコミたちに

    「不都合な真実」がありまして



    そしてこれはあまり報じられていませんが

    この前アメリカの 民主党が コロナなんで


    バーチャル党大会を8月17日に開いたのですね。


    そこでジョー・バイデンを11月の大統領選挙の統一候補として

    選んだわけです。



    それで2016年の大統領選挙は良いも悪いも相当

    盛り上がって


    軍産官僚たちの利権を代表するヒラリーと

    そしてどんどんワシントン官僚たちに不都合なことを

    言いまくっていたトランプ大統領


    この一騎打ちでありましたが


    そこで全米では1160万人が前

    回の2016年の民主党大会での

    テレビ中継を見ていたんですね。



    しかし今回は・・・

    なんとその約半分である570万人しか党大会を

    見ていなかったわけです。




    アメリカは 新型コロナであったりあとは大不況

    あとは左派なんかが企画した大暴動なんかで


    まあ建国以来の最悪の状況にありますが


    そこでもしバイデンが状況を変えてくれそうだっていう

    期待があるのであれば


    みんな党大会を嫌でも見るはずなんですが


    アメリカ人は・・・なんと570万人しか

    党大会を見ていなかったのがばれてきてるんです。




    少なくとも8月の時点で、マスコミたちはバイデンに注目

    とは言ってるものの、そしてバイデン有利とは言ってますが


    実際はバイデン陣営がアメリカ国民に期待されていない

    ってのがこの数で露呈してきてしまっていると。



    それで副島隆彦先生がこの前 トランプ再選で決まった

    と書いてましたが


    ■副島先生の最新言論
    「これでトランプの勝利、再選が決まったようだ。」から、
    これからも継続する米ドルの世界基軸性の低下について考える!
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202008&MID=2567#2567



    ここで確かに副島先生がおっしゃるように

    副大統領候補としてミシェル・オバマであったら


    トランプも正直大変だったでしょうが、



    今回のハリス副大統領候補ってのは黒人女性だから

    選ばれただけであり政策は普通なんですね。



    それでバイデンには認知症の疑惑がありまして、

    党大会直後にわざわざバイデンの認知症疑惑を否定するために


    奥さんがテレビに出てきて説明したくらいです。


    それでおそらくですが、オバマ大統領はこの辺の

    認知症疑惑のことを知っておりまして


    ここでオバマもバイデンに大統領になってほしくないな~

    と思ってる話がこれリークされまして報じられて



    もともとオバマ政権でバイデンが副大統領であったのですが

    そこでオバマは以前の腹心であったバイデン支持を最初は

    言っていたのですが



    オバマ大統領はバイデン支持を撤回した、のですね。


    ミシェルオバマも副大統領候補は辞退してます。



    たぶんですが、オバマは認知症疑惑の真実を知って

    バイデン支持を取り消した可能性がありますよね



    ただ各国マスコミ報道を見ると

    世論調査なんかですと


    「バイデン支持が50%!

    トランプ支持が46%!」


    とプロパガンダのように報道されており

    バイデンが有利だと報じられているわけですが



    これは2016年にはマスコミたちは世論調査で

    ヒラリー有利だ!


    とやっていたものですから


    まあ一歩引いてみるべきですよね。



    私のメルマガでも2016年はヒラリー有利とマスコミは言うけど

    実際は共和党の党大会やトランプの人気がもはやロックスターレベルだ


    ってのはよく書いていたのですが


    マスコミってのはこう、最近は相当情勢を歪曲して報じる

    傾向が強まっている。


    それでそんなマスコミの発表するおそらく操作されてる

    バイデンが有利になるように仕組まれている可能性が考えられる

    世論調査でも


    そこでも2人の差が8ポイントから

    8月には4ポイントへと半減してます。



    それで今の先進国の特徴がありまして

    それがずばり、****さんも日々感じてらっしゃると

    思いますが


    「言いたいことも言えない時代」


    になってきてるわけですね。



    反町隆さんの「ポイズン」って歌が昔結構

    今の30~40代くらいの世代の青春期では

    音楽チャートに載っていたんだけど


    そこで

    言いたいことも言えない時代になってきてる

    という描写があって


    「ポイズン」なんていう言葉が最後に出てくるんだけど


    そこで芸能人だと明石家さんまさんが

    よくご自分の番組で そのポイズンの歌を口ずさんだりする

    んですね。


    あれは、本当は暗喩のメッセージであって

    芸人として 言いたいこともコンプライアンスという名の下の

    言論の自由圧迫の中で


    言えなくなってる境遇を彼は言ってるんだけど


    すなわち「ポイズンな時代」と、なってきてる。


    アメリカも、日本も、どの国も。


    そこでアメリカなんかでも

    「私はトランプ支持です」とは言えない空気ってのが

    ありまして


    実際に私が日本人に 俺はトランプ支持だけどな

    といっても特に問題ないですが



    英語圏の人に 俺はトランプ支持だよなんていうと

    「微妙な空気」が流れたりするんです。


    会話がそれまでスムーズだったのに

    一瞬、空気が止まるというか・・・


    まあそれくらい トランプ支持っていうのは

    心の中で思っていても言いづらい空気ってのが

    最近アメリカ人たちにもある。


    というのはコロナ以降、BLMなどの

    民主党を支持する、極左組織たちが扇動する


    暴動であったり反政府デモが激化しておりまして

    その背後にはジョージソロスの暗躍が言われてますが


    民主党左派の市民たちが極めて暴力的になっておりまして

    共和党支持の市民を口頭であったり暴力で攻撃する

    事案がアメリカで急増してるわけですね。


    だから トランプ支持です、とアメリカ人たちが

    公にいうと、これ、極左団体に襲撃されたりすることも

    当然考えるわけで


    そこでトランプ支持者の多くがトランプを支持する

    その思想を隠しております。



    だからトランプ支持者の多くが自分の支持してる候補であったり

    政治思想を隠しておりまして、


    なんとトランプ支持者の3分の2という半数以上が

    世論調査に対して


    「無回答 および支持者なし」


    と答えていて


    彼らはマスコミ報道では「まだ支持者を決めていない」と

    報じられております。


    が、彼らは極左グループからの攻撃やリンチが実際に

    行われており、


    さらに白人のおばあちゃんとかが経営する

    お店に 極左組織が襲撃したりしてるのはもう

    映像としてネットに出回っていましたが


    そこで 白人のおばあちゃんが抗議したら

    これ私も見て驚きましたが


    BLMの若いグループに集団リンチされてたりするんですね。


    おばあちゃんを集団で本当に暴力で叩くって

    信じられないものですが


    そんな状況ですから、多くのアメリカ人たちは

    トランプ支持を隠している。



    それで隠れトランプ支持者たちはなんと3分の2もいる

    ということですが


    仮にこれが大げさとしても、

    隠れトランプ支持者が1割~2割いただけで

    実はトランプ勝利になるという状況ですね。




    それでバイデン陣営はこれ民主党の中でも

    中道派の軍産複合体の利益を代表する陣営ですけども


    民主党内でも このエスタブの中道派たちと 

    そして本当の左派たちの対立が続いてます。


    民主党の支持者たちもこれまたこの対立を理解してますから

    だから全米の議員選挙では民主党予備選で


    左派の候補が中道派の候補を破るケースが

    どんどん増えてきてます。


    バイデンはエスタブの利益を代表してる中道派ですが

    そのあたりが 民主党支持者たちにもばれてきており、


    民主党内でも 中道派が弱くなっており

    一方左派が台頭してきますが、


    バイデンを民主の大統領候補として指名して

    戦うわけですから


    ここで 本来の民主党支持者たちがそもそも

    バイデンを支持するか?という問題もあるわけですね。


    民主党支持者の半分以上の52%が

    サンダースなどのガチ左派に候補になってほしい

    と思ってるわけです。


    これは日本の左派感情でも同じだと思いますが


    例えば日本の野党が連携して戦ったとして

    そこで官僚と癒着しまくってる枝野がトップであったら

    これ左派のテンションがた落ちだと思いますが


    左派は山本太郎を推したいはずなんですね。


    それと同じで、アメリカの民主党内でも

    「なんでサンダースじゃなくて 軍産とずぶずぶの

    バイデンなのか」


    という人は大変多い。


    ここで票が割れる可能性が大有りです。


    それで一方、共和党ではトランプに候補となってほしい人が

    75%ですから


    共和党は割れていないわけですね。


    民主党が内部分裂している。



    だからこの状況を見ると左派ってのは投票日に

    棄権して投票しない可能性もありまして、


    トランプがよほど嫌いな人であったりすれば

    それでもバイデンに入れるでしょうが


    かなり民主党内も結束が弱い状態ですよね。



    といっても今は民主党内の左派も

    バイデンに対して 正式に批判してるわけではないけど


    そこでバイデンが民主党内の左派たちもなだめる為に


    「財政をもっと浪費して貧困救済策や

    そして金持ち増税をして

    そして差別への取り締まりを強化する」


    ということを言っていて


    ここでバイデンがどれくらいその辺を正式に打ち出すのか?

    を民主党内のサンダース支持者たち左派は見ている。


    ちなみに 左派の象徴でもある

    オカシオコルテスは サンダース支持を表明して

    バイデンについては批判も言及もしなかったわけですね。



    米日マスコミを見るとバイデンがすごい健闘してるように

    報じてますが


    民主党内の内部を見ると、そして隠れトランプ支持者たちの状況を見ると

    本当にバイデン大丈夫?


    って感じですよね。


    それでまだ民主党内は分裂せずなんとかやってますが

    ここでもしバイデンが左派の政策を十分に採り入れて

    表明できなければ、


    投票日の11月にかけてどんどん内部分裂がひどくなりまして

    トランプ優勢度合いが強まる流れは想定できるわけですね。


    特に副島先生がなんで ハリスを副大統領にしたから

    トランプの勝利だ、と言ったかというと


    もうこれ民主党左派たちは副大統領候補がハリスとなって

    大変不満なんです。


    このハリスを副大統領候補に添えてしまったことで

    「バイデンは結局エスタブの仲間ではないか」

    っていうことで内部分裂がさらに広がる可能性が


    ありまして、民主党はマスコミが言うほどの優勢度合いではない

    って考えられますよね。



    それで、実はこの構図を見て、もう

    色々経験つんだ、自営業のおっさんの読者さんたちは

    気づくでしょうが


    「なんかそれって 結局トランプを勝利させるために

    民主党の左派たちが民主党内を分裂させるように

    頑張ってる感じがするな」


    と思うはずなんですね。


    おそらく・・・そうなんですよ。



    要するに左派勢力ってのは 保守的な勢力を

    選挙で勝たせるために 民主党内を分裂させる役割を

    してると思われまして


    これ、米日でも同じ構造だと私は見ておりますね。


    日本でも私は具体名は書きませんが

    以前に左派からのエスタブ攻撃が日本で起こったとき、

    官僚たちにつぶされた勢力たちが


    今日本でも左派に残っていて、彼等が

    実際は 田中角栄路線に転じてきてる安倍を

    表向き批判しながらも


    野党の官僚たちとつながるエスタブ勢力たちが

    台頭するのを防いでくれてる。



    アメリカも日本も同じ構造。



    それでトランプ支持者の私は


    民主党左派の市民団体を私は実のところ

    この辺知ってるから本音では批判はしないのですが


    彼らは来月の9月17日から、大統領選挙の

    投票日後まで50日間、


    ホワイトハウスの前に結集してそして

    「ホワイトハウス占拠運動」をする予定といわれます。



    この過激な占拠運動によって、民主党左派と

    トランプの対立が激化するのは間違いないわけですが


    ここでどんどん左派の攻撃的な、過激な敵対的な世論が

    あおられますが、


    そもそもアメリカ人たちって私たち日本人も知ってるように

    本来はフレンドリーで明るい

    自由なのか死か、

    みたいな人らですから


    彼等の多くがそのデモを見て民主党左派の危険性を感じて

    トランプへの投票が増えるわけですね。


    本当は民主党内のガッツリ左派たちも

    反エスタブでありまして、


    そこで謀略政治は好きですから、

    そこでアメリカの覇権が自滅して、


    なおかつ中国ロシアの台頭を引き起こしてるトランプを

    本音では過激に活動するフリをして支持するわけです。


    この辺の諜報活動の部分が見えないと

    なかなか大統領選挙の攻防は見えないのかな?と。


    だからこれからも 民主党左派が過激な、敵対的な主張を

    繰り返して 温厚なアメリカ人たちはそこで危機感を感じるけど


    そこでトランプが有利な情勢が作られるわけですね。


    それで大きくは トランプもそして民主党内の左派たちも

    本音では アメリカの帝国覇権を崩壊させて


    そして世界を多極化させるという田中宇先生の理論に沿って

    実は動いてるのが色々分析して検証してると分かってきてしまう

    んだけど


    例えば11月3日の投票日があって

    そこで勝者が決まらずトランプが勝利宣言したとしても


    民主党左派がそこで あえて負けを認めないで

    騒ぐことだって考えられるわけですね。


    ちなみに

    郵送投票なんかは不正がしやすので

    トランプがけん制して反対してるけど


    民主党の中道派なんかはこの郵送投票を不正するために

    やりたい。



    それでこの郵送投票なんかがもし認められちゃうと

    不正がしやすいですが


    そこで「不正してバイデン勝つはずだったのに

    トランプが勝った」となったら


    さらに左派たちが怒るフリして混乱が続きますから

    こうなると選挙後もアメリカは混乱となりますよね。



    しかし、ここで選挙後の混乱が長引けば長引くほど、

    アメリカは分裂がどんどん進み、覇権は崩壊していき、



    そこで実は 右のトランプも、民主党内の左派たちも

    本音では アメリカ帝国覇権崩壊させられるのですから

    嬉しいわけですね。


    世の中ってのはこうやって 基本的に諜報レベルで

    動いてるわけです。



    それで、今の状況だとやはりトランプが有利な

    諜報活動が強くなっているといえるのですが


    ここでまず 順当にトランプが勝った場合ですが

    やはりアメリカの世界からの米軍撤退議論が加速して


    既にもう中東であったりからは米軍撤退は

    トランプの1期で進みましたが


    次の2期目で極東アジアの米軍撤退議論に必ず入っていく

    わけですね。


    それで軍産複合体の影響はますます低下します。

    そして軍産複合体と同じ死の商人として

    医薬複合体がありまして


    患者たちに対症療法だけの根治療法ではない

    免疫下げる薬ばかりバンバン投与してる製薬会社の利権が

    ありますが


    これらの力が下がることも想定されるわけですね。



    それでトランプが再選となりますと

    これからも中国敵視が続きますが


    このトランプの中国敵視ってのは今まで対米従属で

    実際はやってきた中国を無理やり自立させるためのものですから


    ここで中国は「アメリカがあんなに厳しくやるなら

    俺たちも もうグーグルのOSとか採用しないで

    自分のOSも作って自分たちでやっちゃうからね」


    って感じで自立して台頭してくる。


    この辺、日本のマスコミたちの想定シナリオは近年

    ほんとショボイのですが


    例えば米中戦争がどうのこうのって言ってますが

    トランプの中国をあおってる目的は


    (実際はアメリカと経済でズブズブだった)

    中国を対米自立させること、でありまして


    なおかつそこで 中国が対米自立すると

    ここでアジア共通通貨構想なんかも出てきて


    米ドル基軸性が崩壊するんだけど


    その辺が目的ですから


    だからトランプは中国をあおり、そして

    対米自立させようと、していくわけですね。再選されればですね。


    それで 1期目のトランプは主に

    軍産複合体の 火薬庫、戦争を起こす場所として


    2箇所ありまして


    1 中東

    2 極東アジア


    の2箇所があって、大きな戦争ってのはこの2箇所でしか

    起こらないのですが


    1 中東からの米軍撤退は

    もうトランプが1期にもう大体やってしまった。

    今は後処理の段階。


    それで


    2 極東からの米軍撤退


    の道筋をつけるために米朝首脳会談なんかも

    1期中にやってるんですが


    いよいよ2期からは トランプはまずはNATOからの離脱もしくは

    解体促進、


    そして日本と韓国からの米軍撤退もやりそうです。


    最近は(本当はトランプが裏で扇動してる疑いもある)

    コロナ騒動なんかもありますから


    これも米軍をコロナ問題を口実にして撤退させるなんて

    シナリオも作れそうですし、


    いくつかプランが既に用意されている。


    ちなみに私は今はギリシャにいるけど

    この前沖縄にいて分かったけど


    日本の防衛省の官僚たちが軍用地投資ってのを

    沖縄でやっていたんだけど


    トランプの本音がそういう動きだって知ってですね、

    今役人たちがどんどん軍用地を売りに出していて


    しかし売れない。


    だから沖縄にいると「軍用地を早く現金化!」みたいな

    広告が最近すごい増えてるんですね。


    要するに日本の役人たちはもうこの流れが出てきてるのを

    知ってる。


    それでトランプが再選されたら大きな注目が

    日本と韓国でして


    ここからの撤兵問題、まさに私が昔から書いてる

    在日米軍撤退議論、在韓米軍撤退議論が


    2期トランプの重要な政策となりますね。


    アメリカは北朝鮮を韓国や中国に

    任せてしまうでしょう。


    北朝鮮としては アメリカと直接交渉したかったので

    駄々こねるようにして


    南北の連絡事務所爆破させてパフォーマンスをして

    「俺が交渉したいのは 韓国と中国やなくて

    アメリカやねん」

    という感じでしたが


    トランプとしては金正恩とは会談したりもあるかもしれませんが

    あくまで


    北朝鮮の面倒は中国や韓国に任せる姿勢になると。


    それで2期でトランプが再選されると

    まさに日本なんかですと 在日米軍撤退議論が

    進みますが


    その在日米軍が日本にいるからこそ

    米軍の代理人として政治家の上に立って

    力を握る 権力スキームを構築してきたのが


    日本の官僚機構・上級国民たちだったんだけど、


    いよいよ彼等日本の 上級国民たちが

    トランプが再選されればですね、


    2期に本格的に民衆から批判されていく対象とも

    なっていく。


    既に1期の段階で「上級国民」という言葉がネットで

    流行しましたが

    トランプ2期はさらに 上級国民に対しての

    疑義が民衆から高まっていく。


    トランプが無事再選されれば日本の動きが

    楽しみであります。



    それで一応 断言は私はしないので

    もし万が一ですが バイデンが勝っちゃいますと

    どうなるかっていうのも考える必要がありますよね。


    それで田中宇先生いわくこの辺は2つの可能性があって

    まずやはり私たちが心配すべきは


    軍産複合体の代理人がバイデンであるから

    彼が大きな戦争をすることですが


    ここでバイデンなんかは軍産がバックですから

    アメリカ覇権維持のために中東で大きめの戦争を

    起こそうとする可能性はあるんですね。


    ただ実はこっちに行っても長期的に

    アメリカの覇権はさらに浪費されるので


    世界の 中国ロシアなどの新興国への覇権転換は

    不可避といえます。


    だから本当はアメリカの覇権が崩壊したほうが良い

    と考える人にとっては


    この中東で軍産が仕掛けるシナリオになっても

    結局アメリカの覇権は崩壊していくから、

    同じなわけですね。



    一方 面倒くさくなるのは もうひとつの

    ジョージソロスやコーク兄弟のクインシー研究所が

    主張してるやり方でして



    ここは アメリカはイランや中国と敵対をやめるべきだ

    と主張してるんですね。


    そしてイランとは戦争してはならぬと。


    ここで戦争をするとアメリカの覇権が浪費されることも

    彼等は知ってまして


    あくまで多くの国々を対米従属に留めたまま

    アメリカの覇権を維持したいっていう従来のやり方を

    主張するのが ソロスやコーク兄弟たちの考え方ですね。



    今の段階でかなりトランプが実質は有利という風に

    私には見えますが、


    ただ万が一バイデンが勝った場合は

    ソロスやコーク兄弟のような狡猾な 


    アメリカ帝国覇権を維持するための平和政策が

    面倒にはなりそうです。



    それで重要なのが今のところトランプたちのほうが

    マスコミの報じるのとは逆で

    諜報政策で相当に優位に立ってる現状は見えますが




    ただコロナに関してはもう誰が大統領になっても

    長期化させる政策が採られるわけですね。


    大したウイルスでなかったとしてもですね、

    コロナ問題ってのは医療ではなく国際政治の問題ですから


    その辺が終わるまでは 続くんです。


    私は正直おかしいな~とは思いますが

    コロナ問題はコロナの問題ではなく国際政治の問題ですから。


    ちなみにもうコロナが国際政治問題だってのは

    多くの人が初期を思い出せば分かると思うんですが


    日本の与党政治家たちって最初のコロナが報道されていたころ

    「マスクのつけ方が変だ」とか

    「そもそも会合のときマスクしていない」とか


    色々マスコミに批判されていましたよね?


    けどあれは本当は日本の政治家たちはそれが脅威じゃないって

    情報得てますから


    マスクしていなかっただけなんだけど

    マスコミがうるさいから最近はつけてますが


    この辺はトップたちの動き見ていれば真実は見えるんですね。


    要するに政治家たちのレベルですと

    最高情報が入ってくる立場ですから色々見えてるわけですが


    実際はコロナってのは一般大衆は怖い怖いで操られてますが

    政治家たちは 第3次世界大戦の代わりの

    国際政治問題としてコロナ問題が出てきてるっていうのを


    しっかり分かってるわけです。


    ただ人が大量に死ぬ戦争と違って

    コロナってのは死者数が極めて戦争と比べて少ないですから


    そういう意味では人類は世界の構造リセットのために

    今まで戦争をしてきたけど


    今回の弱毒性のウイルスで世界構造リセットをするように

    なったのだから


    かなり進化したのかもしれません。


    そんな見方もある。みんな相手にしない見方だろうけども。


    それで私はトランプ支持者なのですが

    トランプなんかを見ると、もう明らかに最近は一貫してないですが


    コロナ問題が便利、と気づいて動いてるのが

    トランプなんですね。


    トランプがやりたいのは あくまでも

    共和党草の根のリバータリアンたちとか

    ティーパーティーたちの求める


    アメリカ帝国覇権の放棄であったり軍産つぶしだったりする

    んだけど


    そのためにコロナ問題がとにかく便利なわけです。


    米軍撤退の口実としてコロナなんかも最近は登場してますが

    コロナ問題ってのはこのように現職指導者を有利にしてる

    構図がありますよね。




    それで上に書いた


    実は諜報レベルでは


    トランプ陣営と民主党内の左派が

    対立してるフリをしながら利益を共同して

    動いてるっていう話がありますが


    これは政治だけを見ていると少し分かりづらいのですが

    そう、金融を見るとこれは一目瞭然なんですね。



    元々MMTを主張していたのは民主党内のエスタブ中道と

    対立してる左派でして


    彼等 左派はMMTなどの ジャブジャブマネー政策の

    財政急拡大を主張してきました。


    そしてコロナの有事体制がありまして

    それがしやすくなって喜んでるのは


    MMT論者の民主党の左派たちでありまして


    最近はFRBがまさに 貧困救済機関のように

    なってQEジャブジャブマネーを急拡大しているわけですね。



    しかしそれを扇動させてやってるのは

    共和党のトランプ大統領、なんです(笑)


    ちなみにMMT理論ってのがありますが、

    あれは本当はちゃんと知ってる人からしたらトンでも理論でして


    短期的には株価などは上がりますが

    長期的にはその国の財政、さらには通貨、および

    債券市場を破壊するものでありますが


    そう、左派もトランプもそれを知ってるんです、本当は。


    ただ本音ではそういえませんから

    一応MMT理論、とか適当に学者に書かせてですね、


    それで経済学を学んだことのない人が世の中で大多数ですから

    そこで少し素直だけど騙されやすい層ってのが

    世の中には多いですから


    彼等にMMT理論を信じさせてるんですね。


    だから本当はMMT理論の有効性を主張してる左派たちも

    それがうまくいくなんて本当は思っていない。


    ここまで書いていいのか分かりませんが

    左派のトップたちはやはり頭いいですから

    MMT理論がうまくいかないのは分かってますが


    ただ彼等の目的は「アメリカ帝国覇権を崩壊させること

    =金融市場で中心の債券市場を崩壊させること」


    であってトランプと目的は同じですから


    だからMMT理論主張してるんですね。


    この辺が分かると国際政治の大きな流れが分かっちゃいます。


    それで貧困救済という名目でFRBがどんどん

    QEを急増してるわけですが


    そのQEは急増してもその資金は貧困者ではなく

    大金持ちの金融資産のてこ入れに使われれだけでして


    それをトランプも左派も分かってますが

    だから必然でアメリカ内の貧富格差は拡大中です。


    中間層は完全消滅するまでやります。


    それでここでいずれ このMMT理論にそっくりの

    左派も主張してきて、

    そして今トランプたちがやってる

    FRBのジャブジャブマネー政策が


    限界になったころにアメリカの覇権が終わるわけですね。


    ここで アメリカは中間層が完全に消滅してる社会となってますが


    一方そこでは BRICSはじめとする

    中国やロシアやインドやブラジルを中心として


    どんどん世界中で中間層が

    「今までの先進国に代わって」


    誕生してくるっていう経済構造転換が起こるのが

    これからの2020年~からの時代です。


    世界中でそれこそ今まで発展できなかった地域、


    例えば欧州であれば私がいるギリシャもそうですが

    南欧やら東欧は微妙でしたが経済発展していくだろうし


    アジアですと東南アジアは貧乏でしたが

    マレーシア筆頭としてどんどん中間層が増えてきまして

    特にインドネシアなんかは中間層を多数抱える国になっていくんですが


    ここで先進国のアメリカが疲弊する中で

    中間層がどんどん、世界中に多極的に誕生しますよね。


    これから、そういう時代になっていく。


    それで じゃあ日本は?っていうことですが

    とりあえず今までの既存先進国としては


    アメリカ、 日本、欧州


    の3地域だったんですが


    アメリカ帝国は崩れていくのですが


    そこで先進国の日本と欧州が道連れされるのかどうか?

    ってのはまさに今闘争中なんです


    ただ欧州は既にギリシャなんかにも中国資本が入っておりまして

    次の経済発展を牽引していく中国とくっついて

    生き残りをはかってますが


    日本も安倍・二階両氏が 

    どんなに左派が 中国や韓国と国交するなと言っても


    今は茂木外相が頑張って裏側で交渉してるはずですよね。



    だからアメリカに道連れにされないように

    日本だと右派政治家たちがなんとか動いてますが


    しかし日本の官僚機構たちは徹底して

    対米従属ですから、対米従属として権力維持していたのですから


    ここは反対ですので最近、実は日本のエスタブ左派が

    中国韓国大嫌いとなってきてる。


    以前は逆でしたが最近は共産党の人なんかが

    中国大嫌いと言い出してるのを私は日本にいて知ったけど


    数年前と逆の構造になってますね。


    とりあえず欧州に関しては中国やロシアとうまくやっていき

    アメリカに道連れにされないように動いておりますが


    日本も政治家たちは欧州の動きに追従して

    なんとか道連れにされないように最近は

    動き出してますね。



    これからの大きな世界経済の発展を考えると

    アジアでも影響力のある日本が沈没してしまいますと


    将来の多極化した国連主導以降の

    世界経済発展がかなりアジアで停滞する原因ともなりそうですが


    その辺もあって 今まで対米従属だった日本を

    アジア圏内にちゃんと組み込んでその一員として


    中間層を復活させていくという大きな策もありそうです。


    日本もアメリカの影響が強い国ではありましたが

    トランプ2期ともなれば


    いよいよ対米従属の原因である官僚機構も

    在日米軍撤退議論とともに追い込まれていきますので


    その後、日本はアメリカに道連れにされないような

    生き残りの策を取れるようになるかもしれませんね。


    この辺はこれからの注目点です。


    ということでまずはこれからの大きな動きを決める要素として

    アメリカ大統領選挙がありますから


    これから引き続きトランプたちが健闘していくかどうかは

    注目ですね。


    それでは!



    ゆう






    追伸・・・それで日本のことを考えれば

    トランプが再選されると 日本の官僚機構が恐れる

    在日米軍撤退議論となりまして 官僚機構が一気に弱体化する

    トレンドが決定的となります。


    マスコミたちもそれを察知して

    今まで官僚たちに従っていたけど、一部の


    右や中道系の通信社たちは

    裏切りだすかもしれない。


    また左派通信社たち、新聞紙の内部も分裂が進んでいく。
    (アメリカのニューズウィークがそうなってきてる)


    トランプが再選されれば官僚たちの天下り問題が

    これ10年以上ぶりに本格的に復活する可能性もありますね。


    一方、米ドル防衛を重視する官僚たちの妨害で

    アジア共同通貨につながる

    日本と韓国と中国の関係は悪化をあおられていたのが事実ですが


    ここで官僚機構が弱体化すると

    日本と韓国と中国、もしくは北朝鮮

    もしくは東南アジアの距離が


    より近づくことが想定できまして


    「アジアの時代の準備」が本格的に始まる可能性が高まります。


    これをマスコミたちも知ってるのですが

    まあ彼らからしたら自分たちの今までの威厳が崩れだすという意味で

    怖いことだから


    言いたがりませんけども、もうそのアジアの時代に備えておくのが

    大事ですね。



    私なんかは今は欧州のギリシャにいてメルマガ書いてますけど


    やはり欧州はこれからのアジアの時代において経済発展の周辺国であって

    経済発展の中心は これから日本や中国や韓国など朝鮮半島含む

    極東アジアが中心となりますね。


    そこでEUでいうドイツとフランスの関係で


    日本はこれからの東アジア共同体に近い構造に収束していく中で


    中国なんかの属国ではなく

    日中で対等関係を構築できるように動くのが

    これから大事になります。


    それで これからアジアの時代が確定的になるのが

    トランプの再選ですので


    そういう意味でも日本にも相当影響がある選挙が

    アメリカ大統領選挙ですから

    注目なんですね。


    では!



    ゆう










    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    【資本主義下の『お金の増やし方』】
    についての音声MP3


    ⇒ http://fxgod.net/onsei/business/okanenofuyashikata.mp3
    (MP3音声なのでスマートフォン等でも再生できると思います。
    30分くらい)


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    <ゆう音声ラジオ♪>
    【日本県出身のアジア人】「国」のイメージが
    「県」のイメージに近くなっていく
    ⇒ http://www.fxgod.net/onsei/present/asian_from_japan.mp3

    (スマフォなどでもお聞きいただけます♪
    最近はスマフォ見すぎで視力低下が問題になっていますが
    音声に関しては目にも優しい?ので


    ぜひお好きなときに気楽によければ音声聴いてみてくださいね~)



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    【すごい対談音声】中森社長と最近の「ウイルス恐怖で支配する
    ショックドクトリン」
    のこととか、マーケティングの真実、や野田式のことなど
    雑談しました!

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/nakamori_shacho1/




    対談音声♪【中森社長とさらに「恐怖と洗脳とプロパガンダ」
    そして「分断社会から結合へ」について語りました!(後編)】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/nakamori_shacho2/




    【対談音声(台湾編 1本目)】
    野田さんと「台湾で対談音声♪」を録音しました!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/nodashiki_taiwan1/




    【台湾での対談音声2本目!】
    野田さんが負けトレーダーから億トレーダーに転換した
    「時間の考え方」とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/nodashiki_taiwan2/



    【台湾編の対談音声3本目!】(直リンク)

    台湾ではFXより○○が人気で
    「自分で稼ぐ」のが当たり前!?
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/nodashiki_taiwan3/




    【「マレーシアで野田さんと中森社長と対談音声」
    を録音しました!】(前半)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/nodashiki_malaysia1/



    (マレーシア対談音声の後半!)
    【「この国いたら心病まないよ」】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/nodashiki_malaysia2/



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)



    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る