ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2020/09/30  【第2話公開】サラリーマンで年収3000万円を達成するツールとは!?(副題:「ベーシックインカムが進んだ後の笑えない社会」)
  • 2020/09/29  【投資における「勝って兜の緒をしめよ」について考える!】
  • 2020/09/29  【限定公開中】1週間限定の4大特典が人気です!(副題:搾取(さくしゅ)と収奪(しゅうだつ)の比率を考えよう)
  • 2020/09/28  【7日間の期間限定!】矢田式FXアカデミーの「メルマガ特典付きバージョン」が公開です!
  • 2020/09/27  (写真48枚)ギリシャ・アテネの「ハッピートレイン(幸せ電車)」に 乗ってきました!
  • 2020/09/27  【「国連を重視する時代」に向けて動き出した菅新首相】について考える!
  • 2020/09/26  【「4年半、実運用で負けていないシステム」 の メリットとデメリットとは!?】
  • 2020/09/25  【この世界は「ナマケモノ」によって支えられている!?】 (楽することを「真剣に」考える!」)
  • 2020/09/25  【動画】海外でホテル内に14日間強制隔離されながらも 200万円稼ぐ億トレーダーがすごい
  • 2020/09/24  【半裁量型システムの提供条件は「厳しく設定」しております!?】(副題:AI研究者たちが気づいていない現行AIの強烈な問題点とは?)
  • 2020/09/23  【「完全紹介制のシステム」となっております.(副題:「家族全員で」ネットで稼げる時代!?)】
  • 2020/09/23  【なんでスマホなどどんどん便利になる世の中で 日本人は幸せを感じず不安になりお互いを攻撃するのか!?】
  • 2020/09/22  【4年半運用中のシステム】 継続こそ信頼を勝ち取れる唯一の実績です!
  • 2020/09/21  (写真45枚)ギリシャであえてサムソンやファーウェイのスマホを 買いに行って分かったこと!(日常生活)
  • 2020/09/21  【EA×裁量】裁量判断のチャット内部を公開致します!(副題:「どっちにも極端に行かない中庸さ」が強い時代)
  • 2020/09/20  【これから注目される「新型コロナの指定感染症2類相当・見直しの攻防」について考える!】
  • 2020/09/19  【長期運用】「勝つことよりも負けないこと」を重要視しています!
  • 2020/09/19  【河野大臣の「縦割り110番」や「深夜会見やめちまおう」の 既得権益打破の動きがすごい】
  • 2020/09/18  【負けない運用】 完全自動で稼ぐことはまず不可能と断言します!?
  • 2020/09/17  【止まらない「米ドルの過剰発行」について考える!】
  • 2020/09/17  【利益1343%超え】負けない運用を実現させたシステムが帰ってきた!
  • 2020/09/16  (写真58枚!)「ギリシャ・アテネの神殿と2500年前の遺跡」が スゴかったです!(以前より高画質)
  • 2020/09/15  【なぜ世界の金持ちたちは投資でやたら長期保有にこだわるのか?】 を考える!
  • 2020/09/15  【「菅新首相のフル会見動画」を見て「既得権益打破】の流れについて考える!】
  • 2020/09/14  【実話】「夜の性的なお仕事」から「FXトレーダー+昼の仕事」に転身した ひろみさんの事例からお金稼ぎについて考える!(今日で終了)
  • 2020/09/13  【明日の月曜日で終了!】年収3000万円を達成する「負けないポジション構築」を出来るツールとは!?
  • 2020/09/12  【副島隆彦先生の最新言論から「コロナ騒ぎから経済再開へ」とか 「集団免疫のスウェーデンは成功した」とかについて考える!】
  • 2020/09/12  【FXで「8年間無敗」の「ドキドキしないトレード」とは!?】(9月14日月曜日までです!)
  • 2020/09/11  (写真53枚)【ギリシャ・アテネの団地を散歩したら驚きましてオモローでした!】(幸せ、満足を追求したギリシャ・アテネの団地のすごさ)
  • 2020/09/10  【なんで最近、ニュースで大真面目に「UFOや宇宙人」の話が 出てくるか?について考える!】(米軍のブルービームプロジェクトの話)
  • 2020/09/10  【サラリーマンで年収3000万円の矢田さんは「普通の人」!?】 (稼いでる人はサイコ気質の人が多いのに)
  • 2020/09/09  【対談音声3本目】FXで「心が安定」する考え方とは?(副題:人間は「コツコツドカーン」するものだ。じゃあどうすればよいか?)
  • 2020/09/08  【コロナショックの相場でも利益を出している手段とは!?】(副題:貧乏や病気で大変な人生でも運命を真正面から受け入れると人は「強く」生きられる)
  • 2020/09/08  【労働力「商品」である人間には 「値段が付いてしまう」という冷酷な現実を考える!】
  • 2020/09/07  【『自宅にいながらでも最低・年収1000万円は稼ぐ手段』が必須な時代!?】(副題:「自立を強制される時代」への変化)
  • 2020/09/06  【動画】最近のドイツのマスク強制への反対デモの様子がすごい (副題:「近代国家の憲法」と「規制」について考える!)
  • 2020/09/06  【ギリシャのスーパーの食品はすぐ腐る?】ことについて考える!
  • 2020/09/05  もうコロナで外で稼げない。『でも、収入を増やすには?』(副題:「戦争反対」なのに「軍需産業に投資する姿勢」)
  • 2020/09/04  【新型コロナ騒動で「PCR検査のインチキ」が世界的に認知されだしてる、 ことについて考える!】(過剰な遺伝子増幅回数の話)
  • 2020/09/04  【大企業が売ってる投資信託は結構ヤバい? とかローリスク・ローリターンとか ハイリスク・ハイリターンっていう関係値は間違いって?言う話】
  • 2020/09/03  【対談音声2本目!】矢田さんがFXで3000万円稼げるようになって変わったこととは??
  • 2020/09/02  【写真62枚】ギリシャ・アテネで「気分最高の通り」を発見しました!
  • 2020/09/02  【副島先生の最新言論から最近の日本政治について考える!】(二階さん、菅さん、石破さん、そしてトランプ大統領との間の政治とは!?)
  • 2020/09/01  『年収1億円』は、意外と多い!?
  • 2020/09/01  【「FXで社長より稼ぐサラリーマン」の新案件が対談音声と共にスゴイ人気です!!】
  • 【動画】最近のドイツのマスク強制への反対デモの様子がすごい (副題:「近代国家の憲法」と「規制」について考える!)
    配信日時:2020/09/06 23:00
    【動画】最近のドイツのマスク強制への反対デモの様子がすごい
    (副題:「近代国家の憲法」と「規制」について考える!)
    ⇒編集後記で


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【対談音声第二話 】


    「矢田 丈×ゆう」

    最短で結果を出して、心身財の豊かさと
    プライスレスな人生を手に入れる近道とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/


    【FXの超注目の新案件登場!!】サラリーマンしながら
    年収3000万円!?(社長越えのサラリーマン)

    http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    ★動画★

    【最近のドイツのマスク強制への反対デモの様子がすごい】

    ⇒ https://youtu.be/mEeDSlSRYRs



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    どうもゆうです!

    ****さん、こんばんは!!



    さてさて、前号にて

    【ギリシャのスーパーの食品はすぐ腐る?】


    という号を流しました!!


    個人的に、ギリシャでスーパーで何かしら買ったら

    すぐ食べないと腐るのに驚きました。


    こういうところが色々日々勉強になりますね。


    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202009&MID=2609#2609



    さて、それで私なんかはギリシャにいて、欧州の国でも

    ありますが


    この国で色々ギリシャの人も英語話せる人が多いから

    話すことが多いです。


    それでやっぱり最近ですがギリシャでも公共の機関では

    マスクが強制でして、


    そこで徐々に「このマスク意味あるのかな?」とか

    「そもそも行政の権限がコロナ口実にしてどんどん拡大してる」


    なんてことを言う人がかなり多いのですね。


    私は日本にいたとき、欧州の友達が多かったので知っているのですが

    欧州の人って日常会話でも憲法(constitustion)や政治哲学の話とかするわけで


    私は極めて楽しいわけですが

    そこで注目されてるのが欧州の中心であるドイツ、ですよね。


    それでもう8月下旬~9月の現在にかけて

    ドイツでは「マスク強制、ワクチン強制反対デモ」ってのが

    日本のマスコミはあまり報じませんが実際は過熱してきているわけです。


    それで私なんかもそういう話を色々ギリシャの人から聞いて

    ネットで探して見たりするのですが


    ****さんはフルでドイツのデモの様子見たことありますか??


    マスコミでは一部分だけ切り取ってしか報じてませんが

    実は・・・


    最近のドイツのマスク反対デモの様子ってこんな感じなんです。


    これ見たら分かるけど行政の警察が普通に老人や女を

    思いっきり力で押さえつけてるのが見えます。


    日本のマスコミはこれ色々不都合だから報道しませんけど・・・


    マスクをしないだけで無抵抗な普通のドイツ人たちを

    ゴツイ警察たちが「粛清」してる様子は結構ヤバいですね。



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    ★動画★

    【最近のドイツのマスク強制への反対デモの様子がすごい】

    ⇒ https://youtu.be/mEeDSlSRYRs



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    それで日本やアメリカのマスコミでもそうでしょうが

    これらのドイツの様子ってのは一部を切り取って


    「デモやってる人たちが頭おかしい極右の人ら」みたいな

    感じで報じられてるわけですが


    そしてその扇動に沿った写真を使ってドイツのデモをしてる

    保守系の人たちをこう叩きまくってるってのが


    米日のマスコミのあり方だと思うんですが


    今の時代はこうやって市民らがアップロードした動画ってのを

    ネットで見られる時代で、


    「本当にマスコミは正しいのだろうか?」という検証ができるように

    なっている。



    それでおそらく大多数の日本人にとって分からないのが、

    なんでマスクくらいでデモになるのか?っていうところだと思うんですね。


    要するに日本人の感覚としては

    「なんでマスク強制に反対するの?マスクしておけば

    問題ないのだから、それでいいじゃん」

    っていうレベルだと思うんです。


    だからそこで ドイツ人たちがなんでこんなに

    マスク強制の規制で反対するのか私たち、政治後進国の、

    自分で近代国家を作ったわけではない


    「欧米から輸入された近代国家」で生きる私たち東洋人には

    分かりかねるわけですが、


    そう、やはりその本来の考え方が
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    「憲法の考え方」にあるわけですね。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    これ、実はギリシャ人たちもよく日本人の私が政治哲学分かってるって

    英語で分かるから 


    憲法の話も人によっては ギリシャ人たちも

    こっちの知識や英語力を確認した上で

    してくるんだけど、


    それこそ Freedom of Speech とか Freedom of Movement

    とかこれは日本語で言論の自由、移動の自由ですけど


    普通に英語でその辺を私に話してきますし、

    私もそれについての自分の見解を英語で彼等に表現します。


    それでまあここで「(お前、東洋人なのに、とは言わないけど)

    こういう話分かるのか、そうなんだ憲法問題があるのだ」


    と私に力説するギリシャ人も最近よく会います。


    その辺の近代国家の憲法ってのを欧州人たちは多かれ少なかれ

    日本と違って学校でちゃんと学んでるんだけど、


    それがあるから実はドイツでもこういうデモが起こってるんです。

    マスコミはこういうデモしてる保守派をおかしい人扱いしてるけど

    実際はこのデモしてる人たちは「憲法に沿って国家運営をすべきである」

    っていう人らです。


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    ★動画★

    【最近のドイツのマスク強制への反対デモの様子がすごい】

    ⇒ https://youtu.be/mEeDSlSRYRs



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    それで「近代国家の憲法の意味が分かってると」ですね、

    この欧州のドイツでこういうデモが起こってる意味が分かるんだけど


    一方、日本や韓国やマレーシアや台湾などはまだまだ

    英語話せる人は多くても政治経済や哲学を英語で欧州人と議論できる人は

    少なくて、


    この辺の知識が発展途上になってしまってるんですが

    やはり私たちの世代の日本人は、これから世界に出て行くわけですから
    (もしくは出ているわけですから)


    この辺の 腐っても政治先進国である欧州の近代国家の哲学を

    理解する必要があると私は思います。



    たぶん感覚として今回の新型コロナ騒動で


    「色々強制されており、何かおかしい」と思ってる人は

    急増してると思うんですね。


    その「なんかおかしい」という感覚から、

    哲学が始まります!!



    それで私なんかは早稲田でその辺高校と大学で7年、

    またその後10年以上自分でこの辺学んできた人間ですが


    やはり試験が得意な「がり勉野郎」だけがこういう 政治哲学を知ってるという

    状況はおかしいと思いまして


    私なんかも元々小学生あたりは劣等生だったけど、

    そこから中学生あたりで目覚めた人でもあるけど


    私が今まで学んだことなどを基礎に、

    その辺を今日は書いて共有していきたいとおもいます。


    特にこのドイツデモなんかが 「憲法と規制(法律)」っていう

    めっちゃめんどくさそうなテーマだけど


    それを分かりやすく説明できるものでもあるんです。


    これが分かると「意味不明な近代国家という考え方」が分かります!


    とりあえず言いますと欧州人、ヨーロッパの多くは

    新型コロナ騒動ってのをウイルス問題ではなく

    憲法問題と捉えてる人が多いってことです。



    それでこの辺が分かりますと私たち日本人が英語学んで

    欧州人と接するときも 、スムーズに彼等の主張が分かるので


    コミュニケーションもスムーズでありますから

    考えていきたいと思います!


    あと哲学っていう面倒なことが分かってくると

    自分で稼ぐなんて楽勝にもなるんで、


    編集後記で!






    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    もうコロナで外で稼げない。
    『でも、収入を増やすには?』


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    さてさて、昨日ですが



    【新型コロナ騒動で「PCR検査のインチキ」が
    世界的に認知されだしてる、 ことについて考える!】
    (過剰な遺伝子増幅回数の話)



    という号を流しました。


    各国の官僚たちがこれ、PCR検査の増幅回数を

    通常30回未満でなければいけないのに、


    ここで37回~40回まで増幅して陽性者を増やしてる

    っていう話ですが、


    やはりこういう不正が行われてるのがどうも

    最近明らかになってきたことです。


    【バックナンバー】
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202009&MID=2606#2606



    それでこの新型コロナ騒動のインチキってのは

    私はギリシャにおりますが、ギリシャ人たちもそれらについて

    話すと色々言っておりまして、


    やはり今回の騒動ってのは

    ある種のプロパガンダであって、中間層を消滅させようとしてる


    なんてのも私に英語で言ってきます。


    恐ろしい動きが続いておりますよね。

    そしてあまりにもおかしいタイミングで日本では

    今までになかった規模の台風がやってくるようで、


    まさに 恐怖で支配のショックドクトリンです・・・



    さて、そんな中でも私たちは現実の厳しさを知って、

    そしてこの根拠のない騒ぎがしばらく続いたとしても

    現実は稼がないといけないわけで


    それでこれからはオンラインでなんとか稼いで行くっていうのが

    どうしても大事になりますが、


    それをサラリーマンやりながら実現してるのが

    矢田さんなんですね。


    彼は1週間のうち1日~2日だけ出勤して

    残りは在宅で稼いでるわけですが



    ある意味コロナ以降の稼ぎ方とも言えると思います!



    近いうちに無料募集も終了するので見ていただくとよいでしょう

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/



    さて、それで今日は引き続き矢田さんから

    ****さんにメッセージです!


    ↓↓
    ====================

    ****様、

    お世話になっております。矢田です。





    もうコロナで外で稼げない。『でも、収入を増やすには?』
    ----------------------------------------


    先日、

    『新型コロナ全国感染者 初の1000人超』

    というニュースが出ました。

    何度もお伝えしているように、
    もはや家から出ずに収入を維持できる、

    または、

    『自宅にいながらでも稼ぐ手段』が必要不可欠です。
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    そのために、この方法は本当に最適です。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/


    実際に****様の目で確かめてもらえれば、

    『なるほど』『確かに・・・』と腑に落ちて
    納得してもらえると思います。



    これから、さらに感染は拡大し、
    家の外に出ることさえ難しくなるでしょう。


    それと同時に、不況も加速します。


    何もしなければ家計や経済に
    影を落としかねない状況だからこそ、

    このタイミングでお伝えしたいと思いました。


    実際に内容を見てもらえれば、

    『1回10分~30分程度で利益を狙える』

    『シンプルに、すぐ再現できる』


    それを実感していただけるはずです。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/



    こんにちは、矢田 丈(やだ じょう)です。

    新型コロナウイルスの影響や自粛により
    「今まで以上に収入が不安定」という方、

    「資産がまだ少ない」という方は
    なおさら複数の柱が必要です。


    私たちを取り巻く世界のあり方は
    すでに、変わってしまいました。


    このように「変わってしまった」
    経済活動や生活スタイルは、

    コロナ以前の形に戻ることはないでしょう。


    「変化したまま、それが日常になる」
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    不況を尻目に、今も大成功している経営者や
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    富裕層の人たちも口々に言っています。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    私もそう思います。


    であれば、今の状態を日常と考え、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    投資や経済活動を行う必要があるのです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ZOOMでのオンライン会議の普及や
    オンライン飲み会などの様々なオンラインサービス、

    ネット通販と宅配サービスのさらなる需要増、
    健康への意識や社会のあり方が変わり、

    オンライン化やバーチャルがさらに加速して
    人との付き合い方も、働き方も変わってきています。


    そして、その波はこれからも広がり、
    さらに大きく世界は変わるでしょう。


    そんな中、****様は
    『自宅にいながらでも収入を増やせる手段』は
    お持ちでしょうか?


    また、給料以外に“収入の柱は複数”ありますか?


    多くの方々が「収入を増やしたい」
    「もう一つ、安心できる収入の柱を作りたい」・・・

    などなど、様々な思惑のもと、
    手段を模索されているのだと思います。


    そして、

    「自宅にいながらだと投資しかない」

    「今のタイミングは投資のチャンスだ」

    と薄々でも感じられているのではないでしょうか?


    こちらのページをご覧いただいたように、
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/


    堅実な投資を半年、1年前から知って、
    きちんと学んで始めているなら、

    かなりの「資産の差」になっていることだと思います。


    もし、やっていないのなら・・・

    それだけ“損をしている”とも言えます。


    多くの方がコツコツドカンや
    一発逆転のギャンブルなどではなく、

    ストレスも少なく、着々と利益を出しながら
    堅実な投資をやりたいのではないでしょうか?


    もし、そうであれば、私の投資法と
    ツールをぜひ活用してください。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/



    私たちを取り巻く世界は、すでに変わってしまいました。

    こういう時こそ、どんな考え方をし、
    どんな行動を取るかが問われます。


    周りと同じように静かに待っていたら、
    当然、周りと同じような結果にしかなりません。


    自分の投資の力を徹底的に磨く。
    知識をアップデートする。


    チャンスにアンテナを徹底的に張って
    掴み取ることができれば、

    私たちはきっと、自分たちの手で、
    未来を切り開いていけると信じています。


    特に今、学びに時間とお金を
    投資している人というのは、

    「危機の時に学び、行動できる人」

    だと思います。


    そういう人は、チャンスを掴むことができる人です。

    ですから今、学びもやっている人は、
    近い将来、一気に飛躍できる可能性が高いと思います。


    ぜひとも堅実な投資を学んでください。


    資産を構築するには最適な方法です。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/



    ****様の収益構築にお役立てください。


    矢田 丈



    ====================


    以上です!!



    それで私なんかは実はもうこの10年くらいですね、

    正確には2011年の311の震災があったときから


    「やはりこれからこういうことが頻繁に起こるから

    どこにでも移動できるように


    ネットで稼げるようになっていこう」


    なんてことを 特に強調して書いてきたのですが

    いよいよ2020年にコロナ騒動が起こりましたよね。



    私の場合、もう2010年くらいにはネットで稼ぐってのが

    普通になっていて 今でいうテレワークってのは

    もう10年以上やってるわけですが


    この311地震以降の10年で、


    これからの流れに対策してきた人、

    そうではなくオフラインのリアルに固執し続けた人で


    これ大きな差が出てしまったのが新型コロナ騒動であったと

    思いますよね。


    ちなみに飲食店でも成功してる人たちってのが

    2019年までには結構いらっしゃって


    それこそどんどん投資を繰り返して、店舗数を増やして

    という自営業者も多かったし、


    彼等は2019年までには稼げていたのですが、


    なんとも時代の波はあまりにも冷酷なもので、

    今本当に生活できなくなってしまってるわけですね。


    なんとか給付金で数千万円もらって、それでしのいでるところも

    多い。


    「オンライン化が急務」となってる現状です。



    それで・・・「オンライン」ってのはまさに

    FXとか株とかネットビジネスみたいに

    ほぼ完全に100%ネット上で完結するものですが




    一方「オフライン」ってのはカフェとかレストランとかの

    リアルを主体としたものですが



    ここで考えるべきは


    「オンライン寄りにすればよい、という話でもなくなってきてる」

    のですね。



    例えばですが レストランでも最近オンラインで

    ウーバーイーツとかでデリバリーに対応して、なんとか

    赤字補填してるところもあるけど、


    実はそれだけでも全然収益は補填できないわけでして、

    重要なのが


    「オンラインに寄せるのではなく

    ほとんどオンラインにする」


    ってのが大事なんですね。


    オンライン:オフラインのバランスってのがありまして


    FXとか株だとまあセミナーとかで勉強したりもするから

    完全に0でもないかもしれないけど


    オンラインとオフライン比率でいうと


    FXはオンライン:オフライン比率がほぼ99:1くらいな

    感じです。



    一方ほとんどのカフェやレストランなど飲食店は

    ラインアットとかUBERイーツとか使ってオンラインを

    意識してるけど



    それでも飲食店ってのは


    オンライン:オフライン比率が10:90


    くらいではないかな?と思います。



    だからオンラインビジネスではなくて飲食店の場合は

    大体が「オフラインのリアルが主軸で、それにオンラインが絡まった状態」

    ですよね。



    ただこれからの時代はそれが難しくなってるってことで

    極限までオンライン比率を上げる人たちだけが

    生き残る世界になってきてるんですね。


    矢田さんなんかは完全にオンラインだけで成り立つ

    FXで負けない技術を多くの方に教えております。



    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/




    それで「じゃあ今までリアル主体でやってきた

    飲食店はどうすればいいねん」


    っていう話ですが、


    これはもう他国でマレーシアなんかでされてる試みですが

    店舗ってのがある種の調理場所、倉庫に徹しておりまして


    もう店舗自体を大きく小さな場所にして、

    調理と倉庫の場所に徹してしまうのですね。


    それでほぼデリバリー専門、みたいな。


    実はマレーシアなんかだと、その多くの店舗の料理を

    ストックする 店舗たちが協力して作った 倉庫があって


    そこに多くの店舗の料理が冷凍保存されたりしてるんだけど



    それでデリバリーで注文されたら

    「○○店の○○という料理が注文あったから」ということで


    そこで各店舗の料理が集まった倉庫から配達員が出して

    そこで配達されるという仕組みです。

    (ちゃんと腐らないように管理される)




    だから店舗っていうのは今まで

    「調理、倉庫、お客さんの席」といういくつかの役割があったけど


    最近の試みとしては 「店舗は調理のみ、もしくは倉庫のみの役割」

    となっていて、


    極限までオンライン比率を高めようという動きが

    マレーシアなんかでは出始めてますね。


    まあ味気ないっちゃ味気ないと、私も思うけど

    今までは店舗で注文して、店舗内で食べていたんだけど


    これからは注文はオンラインで店舗にして

    家が座席になるわけでして


    そういう発想の転換が必要にどうしてもなってきてますよね。

    飲食店ならば。



    これは美味しい料理を作ってお客さんにその場で食べてもらって

    お客さんの笑顔を見ることに幸せを感じてる料理人の方からしたら

    どうしても受け入れづらいものですが、


    そういう時代になってしまいました。



    だから私たちは大きくバーチャル時代に合わせていく必要が

    出てきてます。



    【バーチャル時代に合わせる】
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/



    それで私なんかはこの流れが来るのをもう10年以上前から

    一応分かっていて


    だから10年くらい前にもうその辺について勉強して学習して

    実践して


    FXやら株やらネットビジネスやら、

    完全にオンラインで完結するものだけに集中して

    取り組んできたのですが

    (だからリアルが入ってくるせどり、は稼げたけど辞めました

    けど最近はせどりもオンライン化できるようになってきたけど)



    今なんかはギリシャのアテネにいたりするんだけど、

    本当にオンラインのビジネスをちゃんと学べてよかったな~と

    今思います。


    それで矢田さんが音声でおっしゃってますが

    FXも結局普段の仕事と同じビジネスとして捉えるのが大事ですが


    オンラインだとなんとなく実態がないので

    ギャンブル的になってしまうものですが、


    そこでちゃんと仕事の姿勢を作っていって

    オンラインで 為替転売=FXをちゃんと勉強しましょ!


    ってのが矢田さんのコンセプトですよね!




    【バーチャル時代に合わせる】
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/



    それで私はギリシャ人たちと最近話すわけですが

    まあやはりみんな言うのが


    今回のコロナ騒動っておかしいでしょ、ってことで、

    私も本当にそう思います。


    まあ話が合うんですね、欧州の人は。


    憲法を役人たちが破壊しようとしてるとか

    結構多くのギリシャ人がちゃんと発言しますよね。


    この辺は欧州とアジアの違いを感じます。


    憲法の話ってアジアでは日常会話で出てこないですが

    欧州の人はある程度知識ある人はそういう話ぶつけてきます。



    それで彼等が恐れてるのが行政が最近、

    欧州各国の憲法無視しまくっていて

    暴走してるんだけど

    (マスクとか本当に意味あるのか?と、みんなマスクさせられながら

    語ってる。マスクをしない、とかではない。)


    そこで「2回目のロックダウン」なんかがあるのが

    大変危ないと。


    欧州では多くの国が ロックダウンなりさせたがってるのだけど

    そこで中間層を消滅させたがってる、


    なんてのは多くのギリシャの事業者さんたちも

    英語で話したら言ってました。


    They are trying to destroy middle class people!

    というけど


    とにかく国が中間層を破壊したがってる、ってのを私に

    ギリシャの事業者さんたちよく言いますし、私もそう思うんです。



    それで第2のロックダウンが欧州で仮に起こってしまったら

    そこで大変になるのが


    オフラインのリアル主体で仕事してる人たちなんだけど


    ここでどうしても現実問題としては


    オンラインで稼げる収益を真剣に作るために学ぶことが

    大事になってきてしまってるわけですね。


    これは、日本だけではなく世界での出来事です。



    【バーチャル時代に合わせる】
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/




    それでこれ「理想と現実」の話でもあるんだけど

    理想としては私は


    オンラインで稼ぐ人もいれば、オフラインで稼ぐ人、リアルで稼ぐ人も

    社会のためには必要だと思っていて、


    それこそ外で飲食しようとして、

    まったく座席が置いていない飲食店ばかりだと

    寂しすぎますよね?


    私もそう思うんです。


    だから、理想としては オンラインで稼ぐ人もいれば

    オフラインで稼ぐ人もいる多様な社会が望ましいと私は

    思います。


    が、しかし・・・


    「現実を見れば」ですね、

    もうオンラインの比率を 自分の収益で高めないと

    生き残れない、となっているのが現実でありまして、



    だから私たち人類は

    「理想と現実の狭間(はざま)」で苦しんでる状況かと

    思います。


    ここで全部オンラインにしなさい、なんていってるのが

    忌まわしい新型コロナ騒動をあおってる連中ですけども。


    しかし現実としてはこの大きな流れは止められないから

    それがテクノロジーであるから


    もうこれはそれに乗っていくしかないってのが

    富裕層たちの厳しい現実を見た判断ですよね。


    矢田さんが書かれている



    「変化したまま、それが日常になる」
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    不況を尻目に、今も大成功している経営者や
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    富裕層の人たちも口々に言っています。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    私もそう思います。



    という姿勢がこれです。



    あらゆるものがオンライン化ってのは私も色々疑問を感じるけど

    ただオンラインで稼げるようになりましょうってのを

    10年間私は書いてきたけど


    こういう理想は理想で分かるけど

    しっかりと冷酷に現実を見た態度が

    富裕層たちの態度でもあってそれを本当の保守的姿勢といいます。



    【バーチャル時代に合わせる】
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/




    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    大多数の人は理想で行動するんだけど

    富裕層や経営者や投資家は現実で行動する

    副題:「戦争反対」なのに「軍需産業に投資する姿勢」

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    ちなみに、私が若いころであれば

    こんな おかしな新型コロナ騒動があったら


    「それはおかしい!リアルでもっと頑張れるようにリアルで復活を!」

    とかそれだけを言うかもしれないけど


    やはり私がこの数十年学んだのが

    上の「本来の保守的姿勢とは何か」っていうところで


    これはアメリカ政治研究者、思想家、

    副島隆彦先生が学んでる会員たちによく書いていたことで

    本でも書かれてることでもあるんです。



    ちなみに、副島先生のセミナーってのがあって

    私は日本に行ったら時々出席するんだけど


    2つのセミナーがありまして


    1つはこれ、学問道場という彼のサイトの会員用の

    セミナーがありまして、


    単純に学問をしようという人たちのセミナー。

    思想的にはどちらかというと左派の方が多いと個人的には感じます。

    セミナーは無料であったりする。


    一方、副島先生の金融本で告知されてる

    経営者、自営業向きセミナーがあって、


    1セミナーで1万5000円とかするけど

    これは出席する層が違って、


    今のご時勢にセミナーに1万5000円出す人が集まってますが


    すなわち全国の小金持ちや金持ちたちが

    資産防衛のために出席してるセミナーですよね。



    ここではもう私も頻繁に出るけど

    明らかに金持ちという人たちが集まってまして

    私なんかも飛行機乗って出席することもある。

    (この前日本に行ったのも、実は副島先生のセミナー聞くってのも

    あって、飛行機で東京まで行った。)


    こっちの金融セミナーは

    思いっきり副島先生のもう一派の読者である

    経営者層や稼いでる投資家などの

    本当の保守層の事業者が集まっていて


    はっきり言えば政治思想は話すけど

    それと同時に お金の話がメインです。


    キレイゴト、ゼロです。

    メルマガでも副島先生の言論扱うけど

    実は彼の本当の読者たちはこの 経営者層たちなんです。


    あの孫正義さんや安倍首相なんかも
    実は副島先生の読者ですよね。



    それでここで私は以前すごい学んだことがあるんだけど

    ****さんもご存知だと思いますが

    副島先生ってのは「戦争反対!」なんです。


    私もですし、やはりアジア人同士戦わずっていう思想であって

    戦争反対、なんですね。


    けどあの副島先生ってのはやっぱりすごくて、


    「戦争はしてはいけない!」


    と、セミナーで言うんだけど


    セミナーの最後にあるのはどういう内容だと思いますか?


    そう、

    「戦争リスクが高まったら 上がる軍需銘柄とは何か?」


    みたいな内容なんです・・・(笑)



    これ、最初私はおったまげたけど、

    すごくないですか?


    もう副島先生は 政治哲学ベースで

    「戦争はしてはならぬ!」とちゃんと言うんだけど


    そしてその根拠、論拠をしっかり哲学ベースで説明されるけど


    経営者用セミナーの最後には


    「それでですね、戦争になったら負けないで儲かる軍需銘柄は何か」

    を語るわけです。



    たぶん、多くの日本人が思想的には左派なんで

    その意味が分からないと思うんですね。


    「戦争反対!」っていう人が急に

    セミナーの最後に「じゃあ戦争になったら買うべき銘柄の特徴とは何か」

    なんて話すわけですから。


    私も若いころ、それはびっくりしました。


    普通に見たら精神が分裂してるのか?と思ってしまうくらいですよね?



    けど実はこれが経営者、投資家の保守的な考え方で

    そこで「理想」とかを排除しようとするものなんです。


    もちろん、理想でいえば 人が殺しあう戦争はないほうがよいし、

    そっちのベクトル、方向性で世界が動けばよい。


    またコロナで言えば、今までのように飲食店で飲食できたほうがよいし、

    そこで料理人と交流があったらそれはそれで良い。


    けど現実は厳しいものだからそうではなくて

    時に違う方向に移ることがあるんですね。


    その現実は もちろん変えたいと思うけど

    大きな流れはやっぱり変わらないのも この本来の

    保守的な人は分かってるんです。


    経営者層のどっしりとした姿勢ってのが保守的姿勢なんだけど

    これがその姿勢なんですね。


    それでだから理想は理想で分かるし同調はするけど

    そこで現実を考えて 戦争反対であるけど軍需産業の銘柄を買う、


    という行動が出てくるんだけど


    副島先生は 日本で数少ない欧米の思想を輸入してきた

    哲学者ですから、


    それを理解してるから


    セミナーでは哲学的に戦争がおかしいという論拠を

    色々説明されるけど


    最後に 儲かる可能性の高い軍需銘柄とは何か


    みたいのがあったりするんですね。



    けど経営者層ってのはこういう姿勢を補強するために

    セミナーにお金出して遠方から、他の国からも出向くわけです。




    だから「好き嫌いを排除する姿勢」ってのが本来の保守姿勢でして

    好きだろうが嫌いだろうが、


    そこが負けない確率が高いのであればそこに投資を仕掛ける

    ってのが本来の投資家の姿勢として存在してるのですね。


    苦労した人ほどそういう姿勢を身に着けるけど矢田さんはそういう人です。


    【バーチャル時代に合わせる】
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/



    それで多くの経営者たち、本来のどっしりとした保守的な投資家たち

    ってのは


    もちろん若いころはそういう理想に燃えたときもあるんだけど

    けども大人になって成長して


    そして現実も厳しいのを知ってるからちゃんと現実を見るのですね。


    だから経営者や投資家っていう層は理想とかばかり言う人の

    意見をあまり聞かない傾向があるけど


    一方現実の厳しさを理解してる人の意見は尊重する傾向がありますね。

    それで副島先生なんかは


    そういう現実を見る姿勢を取れる人こそが本来の大人である

    とハッキリといいますが、


    このあたりが分かってるかどうか、ですね。


    理想とか「こうあるべきだ」みたいなところで生きてる人ってのは

    やはり子供であり、


    それは今まで苦労が少なかった人ですね。

    苦労からしか人間は本当の意味で学べないけど


    だから経営者層ってのは世の中の苦しみをかなり知ってるから

    だから現実をちゃんと見ます。


    そういう意味で矢田さんは投資家として

    この現実をちゃんと見ることが出来る人ですから


    それは病気で苦しんだ経験からでしょうけど




    ****さんがキレイゴト抜きの保守的姿勢を

    身に着けるには良い場所だろうから


    是非見てみるとよいでしょう!!!









    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【対談音声第二話 】


    「矢田 丈×ゆう」

    最短で結果を出して、心身財の豊かさと
    プライスレスな人生を手に入れる近道とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/


    【FXの超注目の新案件登場!!】サラリーマンしながら
    年収3000万円!?(社長越えのサラリーマン)

    http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







    ===========編集後記=============

    さてさて、それで今日はドイツで起こってる

    マスク強制 反対デモですね、


    これについて考えて生きたいと思います!!


    ちなみにですが日本のマスコミは色々不都合でありますから

    このドイツで起こってるマスク反対デモを積極的に報じませんが



    それこそ日本やアメリカのマスコミ見ると

    「マスク強制の反対デモやってる人は 

    過激な極右で頭おかしい人たちだ、という

    レッテル張り」


    がされているわけですね。



    それで、もしネットがない昔の時代でしたら

    こういうある種のマスコミの大本営発表を多くの人が信じて


    扇動、誘導されていたわけですが、


    今の時代は・・・


    「CNNやそれに準じる日本のメディアなどの

    マスコミが本当に正確にその事象を報じてるか?」

    を私たち民衆がネットで確認できる時代ともなっているわけです。


    この動画も まさに 言論表現の自由、英語でいうと

    Freedom of Speechから来た動画ですが


    ここで「(ドイツの行政裁判所も合憲とした)

    マスク強制に対する反対デモ」の様子をフルで見ることが

    できますね!!


    さあ、 「マスク反対デモをしてる人たちはおかしい人ばかりだ」

    という米日の左派の主張は正しいのか??


    これを見たら分かります。


    デモをやってる人はマスクをしておらず、

    仰々しい武装をした警察官たちはマスクをしている


    というデモです。


    生でしっかり捉えられている動画なので

    貴重な動画であると私は思います。



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    ★動画★

    【最近のドイツのマスク強制への反対デモの様子がすごい】

    ⇒ https://youtu.be/mEeDSlSRYRs

    (9月6日昼時点でギリシャでは見ることが出来ますが
    その後削除の可能性もあります)

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    そうそれでこの動画見たら分かると思うのですが

    これは8月下旬から9月最初に行われた

    ドイツのデモの様子でありますが、



    報じられるように主にドイツの保守派の人たちが

    行ってるデモでありますが、



    彼らはマスクをしていないんだけど

    一方マスクをした警察官が次々に暴力的に


    この一般のドイツ人たちを逮捕しまくってる、連行しまくってる

    という様子が動画で捉えられております。



    それで まず前提として 日本やアメリカのマスコミたちは
    まさにこの 平和的デモを行っている民衆たちを叩きのめす側の
    行政の警察側でありまして、



    その警察視点で「デモは悪い」ということでつぶしまくってる
    わけでして


    それこそ この動画ではドイツの老人やら女性まで、
    警察官たちがかなり暴力的な手段で取り押さえてるのが
    動画として残っております。



    それでなぜこの動画を日本のマスコミたちが報じたがらないのか?

    分かると思いますが


    このやり方見たらどう見ても

    「マスクしていないだけでここまで暴力的に取り押さえるって
    異常ではないか」


    と思う人がおそらくアジアでも多いでしょうから
    それを危惧してマスコミは これら映像はフルで流さず、
    編集して流してるわけですね。


    自分たちマスコミはあくまでドイツのこの暴力的に取り押さえる
    警察官たちの側であるから


    その「正体」がばれてしまうから
    彼等マスコミは編集権という権利を利用して
    うまく 日本人を語誘導してる。



    まあそれで実際のドイツのデモの様子は?というと
    暴動とかそういうものではなくて


    それこそ「平和的な」デモになってるわけで

    「マスク強制は反対だ~警察を叩きのめせというものではない」

    のです。


    多くのドイツ人たちがあくまで 

    (その感染リスクが減るという
    科学的なエビデンスが疑わしい話を信じず)

    マスクをせず集まってるだけであり
    そしてそれはドイツの裁判所は優秀だから「合憲」としましたが


    そこで暴動でもなければ、ただ座ってるだけだったりするんだけど
    そこで「声を出した」とか「旗をあげた」とか
    もうそれだけで警察官たちが一斉にその人を犯罪者扱いして

    「ごついドイツの警察官たち」が
    集団でその1人を取り押さえてる様子
    を見ることができます。


    座ってるだけの老人もしょっぴかれ、
    女性なんかは警察官に顔をふさがれてますよね。


    マスクをしていないだけなのに・・・


    ちなみにドイツなんかはそれこそアジアからの入国制限を
    かなり厳しくしてるのですが


    それは要するにこういう 警察官たちなり行政たちが
    民衆を強権的に憲法無視して取り押さえてる様子ってのを
    世界中に拡散されるのを嫌がってるっていうことですよね。


    しかし、それが分かってしまう貴重な映像です。


    いつかユーチューブ側に
    削除されちゃうかもしれないから早めに見ると
    よいでしょう。





    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    ★動画★

    【最近のドイツのマスク強制への反対デモの様子がすごい】

    ⇒ https://youtu.be/mEeDSlSRYRs



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




    まあそれで、今の時代はマスコミがどれだけ扇動しても
    ネットの登場で、


    ネットはテレビほど統制が利かないってのもありまして
    やはり憲法の言論表現の自由が一定程度利く媒体でありますから


    こういう動画を私たちは見て考えることができるわけですが


    「じゃあなんでドイツのマスクしない人たちは
    デモするまでに怒ってるのか?」

    ってのが私たち日本人には、分からないのですね。


    けどそれは

    「私たち日本人が政治哲学や近代国家について
    官僚が作り上げた義務教育などで故意に教えられていないから」

    というのが答えなんだけど


    分かりやすいのがこれまた違うこのドイツデモの動画です。


    日本語では最早報じられておりませんが

    ガーディアンが動画としてインタビューして報じている。




    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    また違うドイツデモの様子。

    多くの人が「デモクラシー」とか「自由Freedom」を

    訴えてるのがわかります。


    ⇒ https://youtu.be/GlXxU1b3dXs



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    それで上の動画なんかは分かりやすいと思うのですが


    「なぜドイツ人たちがマスク強制で声をあげてるのか?」


    っていうことなのですが


    そこで出てくるのはそう、

    「デモクラシー」であったり「自由」ということなんですね。


    私もよくメルマガで「近代デモクラシー」という言葉を書きますが


    すなわちドイツ人たちが怒ってるのは


    「行政官僚たちがコロナ騒動を口実として
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    一気にデモクラシーを破壊して憲法の自由権を奪おうとしている」
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ことについて怒ってるんです。



    だからここが 実のところ、日本と欧州の違いでもありまして


    日本人はこれ近代国家というものを知りませんから


    「別に行政に言われたんだからそれに従っていればいいじゃん。

    憲法とか思想とかよくわかんねーし。
    ドイツ人民度低いな~」


    くらいに考えてる、もしくはそのような考え方に扇動されがち
    なんだけど


    それはやはり冷酷に見て、日本人は義務教育で
    「近代国家や憲法などをまったく学んでいないから」なんです。


    日本人はこれ 憲法の意味さえ分かっていない人が大半だし、

    さらには憲法というと共産党がいう憲法9条とか

    あとは国民の3大義務くらいしか良く分からないわけですね。


    というか、日本人に分からせないためにメディアが存在する。



    しかしドイツはじめ、欧州では

    この憲法の話ってのは日常会話にも出てくるくらい
    タクシーの運転手でさえ言うくらいの
    一般的な考え方で 学校でも教わる話であるから


    だから彼らは

    「デモクラシーに沿って国家運営がされていて
    行政官僚たちが暴走していないか」

    を常に見張ってる。


    だからこそ、マスク強制それ自体ではなくて


    「行政官僚たちが憲法やデモクラシーの原理原則を無視して
    そこで あらゆる規制(法律)を作り上げるのは

    デモクラシーの破壊である」


    ってことで怒ってるんですね。


    マスク強制が気に入らないから怒ってるとか日本人や韓国人は

    そのように考えがちだけど


    実際はそういう問題じゃなくて

    「近代国家の憲法に違反してることを行政がやってるから
    デモになってる」

    というのが動画を見たら分かると思います。


    さて、それで このドイツのデモの様子ってのは大変
    憲法と規制(法律)を考えるのに役立つものであるので


    今日はそれを考えて生きたいと思うのですが


    まず「ドイツ人や欧米の哲学を学んできた人間たちは
    憲法をどのように考えるか?」
    っていうことから知る必要があるんですね。



    もう私たち日本人の多くはこの辺になるとチンプンカンプンに
    なるんだけど


    ついてきてください。最後まで読んだら分かるから。



    それで まず前提として 

    「憲法は行政官僚たちが守るものであり

    民衆は守る必要がない」


    っていうのをご存知でしょうか??


    これ、驚きますよね?



    「え??憲法ってのは 僕は

    小学校で「国民の3大義務」ってので 国民が守るものっていう

    ことを教師に教えられたぞ」


    と、多くの人が思うんです。


    答えは「ぶーー!!はずれー!」というくらいの言い方になりまして

    違うんです。小学校の教師、公務員が嘘教えてるのです。


    本当は


    「近代国家、近代デモクラシーの憲法ってのは

    行政の官僚たちが守るものであり


    国民は守る必要がないものである」


    ってのがこれ 民主主義と自由主義が合わさった

    近代デモクラシーの基本的な考え方なんですね。



    というのは まずデモクラシーってのは何か?って言う話だけど

    歴史をこれは知る必要があるんだけど


    歴史の中で私たち民衆を散々苦しめてきたのが

    「行政」であったのです。


    これは自営業者の人は分かると思いますが


    行政というとそれこそ国税庁なんかもそうですし、

    金持ちや選挙で選ばれた政治家をやたら逮捕したがる検察や警察

    もそうですし、


    また軍隊もそうですし、あとは今のコロナだと厚労省の官僚たちも

    そうですし、NHKで問題になってる総務省やらもそうでしょう。



    まあ基本的には 歴史を見れば

    「行政が暴走して、そして 私たち民衆を苦しめた」

    ってのがまず大きな教訓としてあるわけですね。


    行政はそのとき、まるで 怪物リバイアサンのように

    なってしまって、民衆を食い殺して


    民衆の財産を奪い、そしてその次、

    民衆の命を兵役などで奪っていった


    というのが人類の教訓としてあるわけです。


    日本の戦前なんかがそうでしたでしょうが

    民衆から搾り取れるカネがなくなったら

    次は命を捧げることを実際に 昔の日本もわれわれの祖先に

    求めたわけですが


    どの国家も「カネがなくなれば体で払っていただこう」

    という「闇金うしじま君」で出てきそうな論理で


    これ民衆を苦しめてきたんです。


    分かりやすいですかね?


    まあそれでそこに「弱い弱い民衆」が歯止めをかける必要がありました。


    しかし「相手は怪物リバイアサン」である行政だ。


    銃もあれば、兵器も持ってるわけですね。


    そこで「この怪物の行政を歯止めをかける」必要があったんだけど

    そこで三権分立っていうのがあるわけですね。


    三権分立って「暗記」しましたよね?小学校のころ。


    けどその本質を考えさせないという教育が

    日本の文科相によってされているけど


    これも「日本人に近代国家を分からせない」という

    東大出身の官僚たちの戦略です。




    それで三権分立ってのは 思い出してほしいけど


    行政と、立法と、司法ですよね??


    ここで私たち日本人は実は教科書で「嘘」が教えられておりまして


    行政と立法と司法が「互いに」監視しあって暴走しないようにする

    ってのをおそらく大多数の人は教えられてます。


    が、これ嘘。


    私がいた早稲田の政治学科ではこの辺の嘘をちゃんと訂正して
    学生に教える教授たちが私のころはおりましたが



    実のところ

    「行政を けん制して しばりつけるために
    立法と司法がある」


    ってのがこれ、近代国家の本来の考え方であり、
    欧州の人間はちゃんとこの考え方を理解して生きてます。


    すなわち歴史的に行政自体がまさに怪物になってしまうからですね、


    今回の新型コロナ騒動ですと、ドイツで起こってるように

    行政は色々 理由や口実を作って、今回は感染症対策という口実ですが
    そこで暴走してきたんです。


    「マスクしないから逮捕!」とか

    「ワクチンしないから何もできなくさせる!」とか


    まあ行政ってのは何でも出来ちゃうんですね。怖いものです。


    ただ民衆はそうなってしまうと奴隷になってしまいますから


    だからそこで

    「暴走する行政を、立法や司法でけん制する」

    という構図になってるわけですね。


    だから行政をしばりつけるための三権分立であって
    日本の教科書は間違ってまして

    お互いを監視するための三権分立ではない。



    この辺はもう政治学の根本的なところになるのですが

    さらに詳しく知りたい方は


    大思想家といわれた、日本で数十年前に欧米の近代国家を

    理解した、副島先生の先生でもある小室直樹の


    「日本未だ、近代国家にあらず」

    という本があるから読んでみてください。



    近代デモクラシー=自由主義と民主主義の合体したもの


    の意味が分かるはずです。



    まあそれで憲法の話になりますが、

    近代国家ってのは何か?というと


    これ近代デモクラシーを主軸に構成される国家のことなんだけど


    それは表向き、アメリカもそうですし、一応最近のヨーロッパなんかも

    そういう国体だし、


    後は実は日本も韓国も一応、そういう国体になってるわけで


    「近代デモクラシーを敷いてるとされる国が

    これ近代国家」


    なんていわれるわけですよね?



    それで「じゃあ近代デモクラシーって何やねん?」

    っていう話ですが


    実は「民主主義だけではない」んですね。


    民主主義は 正確には代議制民主政体なんて言い方をしますけど

    私たち民衆が選挙なりを通して、 自分たちの代表者を選んで

    それが政治家なんだけど


    彼等が政策の決定をするわけですね。


    あくまで「民衆が選ぶ」っての大事でこれが民主主義ですね。


    ちなみに学問上は民主主義の反対ってのは

    シオクラシーであって神政(神聖)主義ですね。


    ちなみにWIKIPEDIAなんかではこれまた嘘が書かれておりまして

    「民主主義に反する言葉は

    君主制、貴族制、神政政治、寡頭制、独裁制、専制、全体主義など」


    と現状書かれておりますが


    もうこの時点で嘘書いてるから信頼ならないと
    学問の知識ある私は判断できますが


    多くの人はその辺の嘘が見破れない状態にある。


    民主主義の反対は神政主義であって
    シオクラシーであって


    民主主義では デモ=民衆が全てを決めるけども

    神政主義のシオクラシーにおいては
    神様や神様の伝言を授かったみたいな人たちが


    勝手に政策決定するのです。


    ちなみにそこに「自由主義」が加わったのが

    近代国家のデモクラシーなんだけども、


    というのは大変分かりやすいのが「ヒトラー」ですよね。


    実はこのヒトラーってのはドイツで

    「れっきとした民主主義において登場した政治家」でも

    あったんです。



    これは以前はドイツで言ってはいけないことだったけど

    最近それはドイツの政治学者たちが認めだしてるんです。



    ヒトラーの誕生の過程を見ていれば分かりますが、

    しっかりと、民衆によって選ばれているわけですね。


    しかし 結局民衆を苦しめることになりました。


    それはヒトラーのことを調べていればまあ分かります。


    そこで出てきたのが「自由主義」でありまして

    これまた今までの社会では


    「自由主義だったけど民主主義じゃなかった社会」

    もあったんだけど


    この自由主義と民主主義を合体させればですね、

    怪物の行政は暴走できなくなるってことで


    初めてこの 自由主義と民主主義を合わせた政体が

    人類で登場するんだけど


    そう、それがアメリカ合衆国でありました。


    だから政治学と言った場合には世界中の大学で

    研究対象となるのがアメリカの政体なんだけど


    落ちぶれたとはいえ、やはりアメリカの近代デモクラシー

    ってのが人類初のものであって


    研究対象となるんですね。


    ちなみに資本主義ってのはこの近代デモクラシーの

    自由主義と民主主義が合わさった土壌ではないと


    発展しませんが、


    それは資本主義の「自由」市場の自由が

    実は自由主義の「自由」に合わさってるからなんですけども、


    だからアメリカが世界一の経済大国となったわけですね。


    すなわち、経済だけの知識では実は

    世界の経済を分析できなくて


    「その国に近代デモクラシーがちゃんと存在すれば

    経済も発展する」という考え方になるわけで


    だから 政治・経済っていうわけですね。



    それでアメリカってのは最初にまずこの近代デモクラシーを

    確立した国であったんだけど、


    そこで、一歩遅れた欧州なんかも続きましたが

    ここで出てくるのが憲法、ですよね。


    ちなみにこの考え方も日本人がなじみのないものですが

    上の

    「政治思想とか、近代デモクラシーの考え方」


    ってのがありますが


    これを 法律とは違う「法」とか言います。


    英語でいうとLAWで 法律と混乱してしまうけど

    だから日本語の法律っていうのは英語だと それと区別するために

    REGULATION(規制)という言葉が最近使われるんだけど


    本当はだから日本語の「法律」というこの漢字2文字に

    大きな問題があるんだけど


    まあ今回はそれは長くなるから書きません。


    いずれにしても 法律ではなくて


    哲学やらの人類が歴史的に積み上げてきた慣習などの

    <法>ってのがまず上位にあって

    近代国家は成立するわけですね。



    だから政治哲学とか政治思想とかの研究ってのは

    哲学ではもっとも上位にあるわけで


    哲学の王様はこれ政治哲学です。
    私は今ギリシャアテネにいるけど
    だから古代ギリシャの哲学が重要とされます。


    だから各大学で政治学科ってのが一番難しくなってる傾向が

    あるけど


    それは哲学の王様が これ政治哲学だからなんだけど


    というのは「政治哲学などの<法>がまず一番上にあって」

    そしてその下に憲法があるからなんですね。


    ちなみに何度も言いますが日本語の法律ってのは

    <法>じゃないですからね。


    日本語だと表記が出来ないので適切な単語がないため
    <法>って書き方を
    してます。

    それで政治哲学、デモクラシー哲学なんかを元として
    <法>があって


    その下にこれまさに今回欧州で問題になってる
    「憲法」があるわけですね。



    この憲法ってのは当然 近代デモクラシーの哲学に
    沿ってないと無効となります。


    だから例えば 近代デモクラシーでは上に書いたように
    「民衆と利益相反関係の行政を規制する」というのが 

    大きな目的としてあるんですから

    そこで憲法に仮に

    「行政官僚たちは
    時々国家運営に困ったら、 民衆の資産を
    剥奪してよい」


    なんてのが書かれていたら


    その憲法は<近代デモクラシー哲学から来る法>に違反するからですね、

    これ駄目なんです。


    本来の保守的なデモクラシー重視しようという民衆は
    仮に政府がそのような <法>に違反する
    憲法を制定しようとしたら、それに対抗しようとします。


    ちなみにこれが起こってるのが今のタイですね。
    憲法制定しなおせ!と一部のタイの保守層が言い出してますが


    これはタイ人でも英語分かる人間がいて
    彼等がその欧米の政治哲学思想を理解して言ってるんです。



    まあそれで 日本人が崇拝する「法律」なのですが


    これは上記の<近代デモクラシー思想の法>や

    あとは<憲法>の

    「さらに下に位置するもの」となりますね。



    すなわち <政治哲学などの法>(法律ではない)に違反する

    憲法が違反であるように、


    同じく 憲法に違反する法律・Regulationはこれまた

    違反であり、近代デモクラシーにおいては意味を持たないわけです。



    だから日本でもそうなんですが必ず近代国家には


    現実、官僚たちがメインで作るのが法律(英語でRegulation)
    ですが


    ここで官僚たちはとにかく民衆を圧迫して色々強制しようと
    するんだけど


    そして法律を官僚機構の拡大のために武器として使うのですが


    しかし「憲法が行政官僚たちを締め上げて」ですね、

    それで 憲法違反の法律が作れないようになってる、


    ってのが近代国家なんです。


    だから日本でも内閣法制局というのがありますが

    ここで憲法に違反する法律なんかを


    官僚たち行政が作ろうとしてもですね、

    これはNGとなるわけですね。


    例えば法律で


    「職務質問に従わないDQNの日焼けしたヤンキーがいたら

    警察は自分たちの裁量で ぶん殴ってよい」

    というものを仮に作ろうとしたらですね、


    これはやはり憲法に反しますからですね、

    法律として通らないわけです。


    あくまでだからこのように近代国家っていうのは

    論理的に作られるわけですね。


    欧州の人ってのは哲学をやってきてるからこういうことは

    当たり前に知ってます。


    また法律の下にさらに地域条例なんかがありますけども


    これもまた憲法に違反してたら無効でありますね。


    ちなみに最近の世界の傾向としては官僚たちは

    憲法が自分たちの権限を縮小させていて邪魔ですから
    法律も立法が難しいから


    比較的議会が弱い地方議会で地域条例を憲法違反でも通してしまって

    強権を発揮するってのが「流行」してますね。


    新型コロナでも私が以前書いたように

    やはり地域、地方の自治体が強権発揮してますが


    これは官僚たちの戦略がそういうものだからです。
    政治学が分かると官僚の戦略が見えるのです。



    それで 近代デモクラシーてのは自由主義と民主主義を
    合わせたものだ、と書きましたが


    その思想がこれ、アメリカ合衆国憲法に反映されてるわけで

    特に重要なのがこの 自由権ですよね。


    「何に対しての自由か」という話です。


    もうこれは上の話を読んでいたら分かると思いますが、

    「ああ、そうか、行政の縛り付けに対して批判したりする
    自由のことか」

    と分かると思います。


    近代デモクラシーの自由権ってのはあくまで

    「行政(や最近だとそれと癒着する団体)

    の規制に対しての自由権」であるわけですね。




    だから例えばですが、会社の同僚がこれ 口が臭いとして

    口頭でいじめました

    ってのは 言論表現の自由の範囲内か?というと


    違いまして、


    それは民衆同士の単なる誹謗中傷であるから

    それは名誉毀損などになったりする、ってのが

    これ近代国家ですよね。


    が、例えば 官僚たちや政治家たちってのはこれは

    公人でありますが


    特に官僚たちは行政の人間でありますが、

    その行政をけん制するための自由権でありますから


    これ民衆が行政の行き過ぎを批判するってのは

    憲法の言論表現の自由が保護するところでもあるわけです。


    ちなみに日本の裁判官を見るとこの辺を理解できていない人も

    かなりの数、最高裁でも見られるわけですが


    それはやはり日本が政治後進国であるからでもあります。



    例えば 近代デモクラシーの裁判官ってのは、

    「中立であるべきか?」という話ですが


    おそらく多くの日本人が「中立であるべきだ」と考えるでしょうが

    これ、間違いです。はずれ、です。


    あくまで 冤罪などで民衆を苦しめた過去のある

    行政官の検察官を裁くというのが

    近代デモクラシーの裁判ですので


    近代デモクラシーの裁判制度というのは

    「検事を裁くのが裁判」なんですが


    なるべく 民衆側に立たないといけないのが
    近代デモクラシーの裁判官であり、

    ここは中立であってはならぬ、のです。原理原則として。



    だから近代デモクラシーの裁判では

    民衆が行政に対して訴訟を起こした場合、


    少なくとも民衆側の勝率が50%を超えないといけないのですね。


    日本は・・・1%未満、ですけども。
    以前のカルロスゴーンが驚いていたのがこの辺なんです。


    まあそれで 自由権ってのは、すなわち

    「行政が仕掛ける様々な憲法や<法>を飛び越えたような

    REGUATIONやら法律やらに対しての

    自由権」


    と言えるわけですが




    それが今回のドイツデモをしてる人たちの考え方であり

    これが本来の保守的考え方であるわけですね。



    彼等が「デモクラシーを守れ」とか「自由を守れ」と

    主張するのはこの辺が理由なんです。



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    また違うドイツデモの様子。

    多くの人が「デモクラシー」とか「自由Freedom」を

    訴えてるのがわかります。


    ⇒ https://youtu.be/GlXxU1b3dXs



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





    それで、日本で「保守的」なんていうと

    「中国韓国大嫌い の人は保守的!????」

    という謎の「保守」を主張する人たちがいますが



    これはやはり欧州の本当の保守派の人たちからしたら

    謎すぎるもので


    欧州や米国の本当に気合入った 

    保守派=すなわち 近代デモクラシーの

    自由主義と民主主義を守り、


    その上に中小の人たちが健全に競争をして

    資本主義を発展させましょう


    という考え方の人からしたらたまげるものなんですね。


    「いやいや、それは単なるレーシストであって
    それを保守とは・・・(笑)ギャグかよ」

    となる。


    ちなみに日本の「ネットウヨ」ってのがあるけど

    あれは政治学の知識もって分析すると


    彼らは官僚たち役人が大企業をコントロールすることを
    望んでまして、


    また近代デモクラシーにも反対で役人のREGULATION(法律)に
    従順であることを求めるのですから


    やはり 官僚を神とする神聖主義かもしくは
    国家社会主義の人たちであって

    本当は左派なんですね。


    だから欧州の学者に日本のネットウヨを分析させたら
    冷酷に国家社会主義の左派であるという話になると思います。


    だから日本は面白くて 国家社会主義のネットウヨみたいな

    本当は左派の人が保守を偽装しておりまして


    それが共産党みたいな本当の左派と戦ってるわけで


    実はこれが日本の戦前の構造でした。


    左派の内ゲバとか言いますが、

    「保守を偽装する左派」

    VS

    「リベラルを偽装する単なる左派」


    の戦いってのが日本の右と左の戦いなんですね。


    が、両方とも官僚の手のひらにある。


    さあ、じゃあアメリカ的な、あとは欧州でデモをやってる

    保守という勢力が日本でいるか?というといないわけですね。


    ちなみに日本で勘違いされてるのが

    「戦後アメリカ憲法を馬鹿にしてるのが右派で保守で

    一方戦後アメリカ憲法の9条ばかりを大事にするのが左派」


    という謎な認識がされてると思いますが


    それこそ「近代国家の憲法を大事にするのは左派!??」

    みたいな認識があるわけですよね。


    そう、これが実は政治工作ってもので

    もうここまで書いちゃいますが


    実は日本の官僚たちが戦後 世論工作として行ってきたのは

    「アメリカや欧州で見られる本当の保守勢力を
    国内に誕生させないこと」

    であったんです。



    本来の保守勢力はこれ 資本主義推進ですし

    またそのためには 古き良きアメリカ的な


    民主主義+自由主義の近代デモクラシーを

    「保って」「守ろう」とするわけですね。


    トランプ大統領の表向き発言なんかが
    まあ分かりやすいですね。


    だから「民主主義+自由主義を大事にして」

    なおかつ

    「資本主義を大事にする」


    ってのが世界的な保守の位置づけだけど


    そう、「日本にはこの勢力は誕生していない」のですね。


    政治学を深くまで学ぶとこの 官僚たちの世論工作、

    も分かってくるんです。


    すなわち、 本当の保守派を誕生させないために
    ネットウヨという変な「自称」保守を誕生させたのも分かりますし、


    壊れたロボットのように左側には「憲法9条はんたーい!」と
    繰り返し言わせてたのも


    実のところ、全部日本に本来の保守勢力を作らせないため。


    本当に大事なのは憲法では 

    「行政の暴走から民衆を守る自由権」であり、


    それを理解してる層が増えれば、自然と

    官僚たちは 民衆を支配できなくなるんですけど


    そう、この「自由権」こそを官僚たちは民衆に知られまいとして

    情報統制を行ってきたのが日本ですよね。



    だから左派は憲法憲法言う癖に

    リベラルという謎の横文字使うだけで

    「自由権」を言いませんでしょう?


    これが正体です。


    民主主義だけでは近代デモクラシーは成り立たず
    民主主義に「自由主義」が合わさって近代デモクラシーになります。

    これを日本の東大生も理解できておりません。

    それでドイツ人たちがこのデモで主張してるのは


    「憲法で保障された 移動の自由や思想信条の自由、

    言論の自由などを行政は飛び越えて

    規制(REGULATION 法律)を作ってはいけない。


    そうなってしまったら共産主義になってしまうじゃないか」


    なんてことなんですね。


    これ、私にもギリシャ人の保守的な方はおっしゃります。



    だから本来は憲法ってのは 原理原則として

    「為政者の行政の暴走をしばりつけるためのもの」

    なのに、


    行政は今回はコロナを「口実として」


    一気に憲法を無視して


    法律なり規制を作ってるわけですね。


    それに対して「憲法を飛び越えたら、それを民衆が

    行政に許容したら


    いよいよ近代デモクラシーの終わりになってしまう。

    私たちは数百年前の奴隷状態に戻ってしまう。


    それはおかしいだろう」


    ということでドイツのデモになってるわけです。


    例えばマスクやワクチンの強制は 

    これはコロナに対しての考え方は

    人によって違いますが


    もう思想信条の自由を侵害してるでしょうし、

    また度重なる移動制限もこれ、

    同じく移動の自由を制限してますが


    今回のような「恐怖をあおった上で」行政官僚たちが

    どんどん 強権的に、憲法を飛び越えて規制をするのは


    近代デモクラシーへの挑戦である、


    と言うことでドイツ人はデモしてるんです。


    分かりますかね。






    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    ★動画★

    【最近のドイツのマスク強制への反対デモの様子がすごい】

    ⇒ https://youtu.be/mEeDSlSRYRs



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





    それであくまでも近代国家の考え方で

    憲法が成立してる私たちがここで考えるのは


    「果たして ワクチン強制やマスク強制は

    ちゃんと民主主義のプロセスとして


    選挙で ワクチン強制しない派と

    ワクチン強制派の戦いがあって


    私たち民衆はそれを自分で民衆で決めただろうか?」
    ということですよね。


    たぶん日本では憲法を骨抜きにするために

    官僚たちがマスコミを使って「空気という世論」を操作して

    「自粛警察」を作り上げましたが


    ここで一部の人は マスクしていない=犯罪者扱い
    されてるはずです。


    しかし近代デモクラシーの考え方を知ってれば

    「それは選挙で私たちが選択したわけでもなければ
    勝手にマスコミが作り上げた空気である」


    という考え方になるわけで


    少なくともワクチン強制も、マスク強制も

    民主主義のプロセスで決定されていないわけですね。


    近代デモクラシーの自由主義の視点、

    民主主義の視点


    両方からかなりの問題があるのが

    「行政が民衆に何かしらのことを強制する」

    ということです。



    これを東大法学部出身の官僚たちは

    法律こねくり回してそれに正当性があると主張しますが


    彼らは法学部であって憲法を理解していない。

    (あえて、戦後憲法を憎む官僚たちが
    そういう学部を東大に創設したでしょう)


    それで欧米と同じく日本でも あらゆる自由権が
    憲法で規定されるのですが
    やはり行政の規制はそれに沿ってる必要があるわけですね。


    それでドイツの場合は行政官僚たちがそれに逸脱したら

    ドイツの近代デモクラシーを重視する保守派が怒ってる

    という構図なわけです。


    この辺が分かるとドイツの、欧州の人らの考え方も

    分かるようになるわけですね!



    それでこの辺が分かると、日本のマスコミがドイツデモを報じる際に

    「憲法」と言う言葉を嫌って使わないで


    それを無理やりディスってる意図も分かると思います。


    「日本のゴイムの民衆たちに憲法の考え方を知らせない、

    分からせない」


    という論理で日本語の情報は構成されてると

    私は冷酷にギリシャにいながら分析します。


    ということで日本のメディアたちを動かしてるのは

    官僚たちであるってのは記者クラブ制度を見れば明らかですが


    やはりこの憲法問題ってのが彼らの急所でありますから

    そして彼らはそれを絶対に日本人に考えさせないで


    社会変革を勝手にしようとしております。


    私たち日本人、アジア人は今まで憲法のことなんて考えなくても

    普通に生活はできたけど、

    最近は憲法のことも考える必要性が出てきてますよね。


    だから仮に腐っても近代国家の制度を持ってる


    私たちアジア人がいよいよ 近代国家や近代デモクラシーとは何か?

    を考える時期に入ってきた

    ということです。


    私はそれを分かりやすく多くの人にわかってもらうために
    説明する役割があると勝手に思って書いてます。


    ピンチがチャンス。


    では!



    ゆう







    追伸・・・それで実は最近の日本は?というと

    マスクはまあ空気的に強制的ではあるけど

    けども そこで罰則とかはないと思います。


    これは実は2016年から本格的に「本来の保守」的な

    動きをしてきた安倍首相が3月に 


    憲法に保障される自由権を保持しようとして

    戦った成果です。


    新型コロナで新法を作るのではなく

    憲法に沿ってる新型インフル特措法にぶち込んだ。


    しかし左派は「表向き護憲論者」であったはずですが

    なぜか安倍を叩いてましたが


    これが日本の本当の構図です。


    だから官僚たちは安倍をその後猛烈に叩きました。


    が、最近の日本人はある意味覚醒しだしておりまして

    「なんかおかしい」と気づいてる人は増えてますから


    いずれマスコミが隠してる「既にドイツでは問題になってる憲法の視点」

    が登場せざるを得ませんね。


    私たちは憲法の職業選択の自由があるからこそ

    会社員からFXトレーダーや株トレーダーになることだって

    できるのですよ?


    それでは!




    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【対談音声第二話 】


    「矢田 丈×ゆう」

    最短で結果を出して、心身財の豊かさと
    プライスレスな人生を手に入れる近道とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/


    【FXの超注目の新案件登場!!】サラリーマンしながら
    年収3000万円!?(社長越えのサラリーマン)

    http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3000man2/

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★









    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)



    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)

    先頭へ戻る