ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2020/11/30  【会員様から続々と結果報告が届いております! ※12月4日金曜日で追加特典の受付終了※】
  • 2020/11/29  【続・副島先生の書き込みから「バイデンがヤバイデンになってるっぽい」 ことについて考える!】
  • 2020/11/29  【トレードをすることが目的ではない!?】(副題:これからアメリカの「最高裁判事が判断する基準」とは?)
  • 2020/11/28  【なんとあの反トランプのCNNが「トランプ再選シナリオを こっそり報道しだした】ことについて考える!
  • 2020/11/27  【副島先生の最新言論「トランプの勝ちだ。 副島隆彦が、勝利宣言を出します。」を読む!】
  • 2020/11/27  【間もなく追加特典の受付終了】 長期的にプラスのループを作り出していきましょう!
  • 2020/11/26  【パウエル弁護士がついに「クラーケン」を解き放った】 (副題:ペンシルベニア州の選挙の認証が一時停止になったことについて 考える!)
  • 2020/11/25  【喜びの声あり】1%の積み重ねが大きな資産へと繋ぐ!?(副題:資本主義で複利を活用する姿勢とは)
  • 2020/11/24  【政権移行問題に関してGSAエミリー長官の書簡で 「脅迫された事実」が書かれてることについて考える!】 (副題:ドイツの民主主義は陥落へ)
  • 2020/11/23  【動画】「アメリカの大多数はもう沈黙しない(有権者の声)」を見て「自由」について考える!
  • 2020/11/22  【荒れるアメリカで「選挙自体が無効」と 最高裁判事が判断するシナリオについて考える!】
  • 2020/11/21  【THE-THIRDシステム】「ゆうさんの読者様限定特典の配布について!」(副題:「地味なやつ」を選択していく重要性とは!?)
  • 2020/11/21  【昨日の会見でトランプ陣営のジュリアーニ弁護士とパウエル弁護士は 何を話したのか?】を知って考える!
  • 2020/11/20  【THE-THIRDシステム】4年7ヶ月目の運用に突入致しました。(副題:トランプ弁護団の最新会見について!)
  • 2020/11/19  【どんどん増えてくる不法選挙の内部告発】について考える!
  • 2020/11/18  【昨日の米公聴会で大手IT企業の「共通検閲システム・タスクプラットフォーム」の存在が明らかになってきた】
  • 2020/11/17  【副島先生の最新書き込み「トランプの勝利に向かって。 米大統領選挙での不正・犯罪者勢力との闘いは、激しく続く」を読む!】
  • 2020/11/17  【50個以上のEAで唯一生き残ったTHE-THIRDシステムの本質とは!?】(副題:トランプ大統領がついに訴訟中のネバダ州での勝利に言及しました)
  • 2020/11/16  【「資本主義とはどんな制度?」 について大哲学家の小室直樹先生の動画から学ぶ!】
  • 2020/11/15  (上空画像)【トランプ大統領のワシントンDCのパレードに集まった 「聴衆の数」がかなりすごい】
  • 2020/11/15  【THE-THIRDシステム】こんなに金額が安いのは結果が出ないのでは?
  • 2020/11/14  【マスコミの扇動から「覚醒」する世界中の民衆】 (副題:分裂していた共和党が1つにまとまってきた)
  • 2020/11/13  【裁量+EA(AI)】「負けずに利益を出す」までの流れとは!?
  • 2020/11/12  【ジョージア州では怪しい機械を使わない 「手作業での500万票以上の再集計」が始まった】 (トランプ陣営の現状のペンシルベニアでの訴訟状況も面白い)
  • 2020/11/12  【トランプ2期目に言及したポンペオ国務長官とあまりにも多すぎる 不正選挙の証拠】(副題:アリがゾウに勝つ現代の戦略)
  • 2020/11/11  【アメリカのリアル・クリア・ポリティックスRCPではついに バイデン勝利が取り消された】ことについて考える!
  • 2020/11/10  【THE-THIRDシステム】会員様から10月の運用結果が届いております!
  • 2020/11/09  【動画】トランプ大統領の弁護士ジュリアーニ氏が ついに不正選挙訴訟に動き出す!
  • 2020/11/08  【これから重要になる「アメリカ合衆国憲法修正第12条」 について考える!】
  • 2020/11/08  【副島隆彦先生の最新言論から「自由の国アメリカ」のために 立ち上がるアメリカ人たちについて考える!】
  • 2020/11/07  【トランプ大統領の「不正投票への反撃」が 開始されるシナリオを考える!】
  • 2020/11/06  【THE-THIRDシステム】「上手くいく人と上手くいかない人の違い」について!!
  • 2020/11/06  【なぜか稚拙(ちせつ)な「アメリカ大統領選挙における郵便投票不正」 について考える!】
  • 2020/11/05  【あからさまな民主党の不正選挙とそれに加担するマスコミたち】
  • 2020/11/04  【これから荒れまくるアメリカと、激戦州を制してるトランプ】
  • 2020/11/04  【写真45枚】北欧エストニア国・首都タリンの展望台の様子とは!?
  • 2020/11/03  【超注目】「4つ目の豪華特典」が追加となりました!!
  • 2020/11/02  【世界ではAIの普及によって「個人が自分で稼げる場」がドンドン増えている?】
  • 2020/11/02  【最新のトランプ大統領のアイオワ演説動画から「相続税廃止・減税」および 「GAFAの検閲問題」(通信品位法第230条)について考える!】
  • 2020/11/01  「EA×裁量のTHE-THIRD(ザ・サード)」の「10月の運用実績」とは!?
  • 【副島先生の最新書き込み「トランプの勝利に向かって。 米大統領選挙での不正・犯罪者勢力との闘いは、激しく続く」を読む!】
    配信日時:2020/11/17 23:47
    【副島先生の最新書き込み「トランプの勝利に向かって。
    米大統領選挙での不正・犯罪者勢力との闘いは、激しく続く」を読む!】
    ⇒編集後記で
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FXの裁量×自動売買をあわせて


    投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


    ”THE THIRD”ですが

    新特典も含めた特典ページが出来上がりました!】


    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/

    (「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

    重要な教訓に基づいて

    裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

    未来の保証はできませんし100%はないものの、

    ただ現状、

    4年7ヶ月で負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。



    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    どうもゆうです!


    ****さん、いつもご覧いただきまして
    ありがとうございます!



    さてさて前号で最初のほうに

    トランプ大統領の11月17日の新しくツイートされた内容

    「「つい先ほど、ネバダ州での大勝利となった。

    大統領選と同じ投票用紙にある全ての

    民主党郡政委員選は無効となる。


    それは大量の投票不一致があったからだ。


    クラーク郡は選挙の安全性に自信がない。

    大きなとんでもないインパクトだ。」



    を扱いました。



    結構私は最近もうアメリカが大統領選挙で訴訟に入ってきたので

    トランプ大統領の弁護士である

    ジュリアーニ弁護士やシドニーパウエル弁護士などの

    アウトプットを良く見てるのですが、


    どうも・・・あの不正集計をするドミニオンの内情が相当

    分かってきてるようです。



    これは真偽のほどは定かではないのですが

    ドミニオンのサーバーがドイツでそこに米軍も絡んで

    サーバー押収したなんて話も出てますが


    どうも、本気でドミニオンの集計機という疑惑の本丸の中身まで

    分かってきてしまってるようです。


    マスコミはトランプのツイッター完全に無視してますが

    トランプはその辺は法に基づいて発言する男なので


    いずれ表に出てきそうですが

    ネバダは不正に投票されたものは排除して集計するということが

    可能になったっていうことなんでしょう。



    さて、それでよくメルマガでも扱ってますが

    私も政治経済を学んでる

    副島先生が新しく書き込みをされていました。


    見てみましょう。


    編集後記で!










    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    【50個以上のEAで唯一生き残ったTHE-THIRDシステムの本質とは!?】
    (副題:トランプ大統領がついに訴訟中のネバダ州での勝利に言及しました)

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



    さてさて、ここ最近ですが EA+裁量のThe・Thirdを扱っております!


    それで今日はまたこちらのThe・Thirdの話を書こうかなと思ってますが

    そうその前に・・・


    同じくメルマガで扱ってきてる

    「まだ議会でも決まっていない米大統領選挙」

    ですが


    そう・・・トランプ大統領がほんとつい先ほどですが

    「ついにネバダで選挙結果を正式な裁判でひっくり返して

    係争中であったネバダ州での勝利をツイッターで言及」


    しましたね!!



    もう裁判所で現在 トランプ側の超やり手、優秀すぎる弁護士たちが

    アメリカだけではなく、世界の民衆のために戦っているわけですが


    いよいよもう結果が徐々に出てきてるようで、

    トランプ大統領が先ほど、このようにツイッターで言ってますね。


    "Big victory moments ago in the State of Nevada.
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    The all Democrat County Commissioner race,
    on same ballot as President,

    just thrown out
    because of large scale voter discrepancy.

    Clark County officials do not have confidence
    in their own election security.

    Major impact!"


    トランプのツイッター
    https://twitter.com/realdonaldtrump



    ということで、

    「つい先ほど、ネバダ州での大勝利となった。

    大統領選と同じ投票用紙にある全ての

    民主党郡政委員選は無効となる。


    それは大量の投票不一致があったからだ。


    クラーク郡は選挙の安全性に自信がない。

    大きなとんでもないインパクトだ。」



    ということで、これまたマスコミは全くこの

    スーパー、(裁判を通してる上での)

    超重要なツイートを扱ってませんが



    先ほど確かにトランプ大統領がネバダでの勝利について

    言及しましたね。


    どうも投票用紙の認証自体が出来ていない不正票を取り除いて集計するってことを

    訴訟を通じてトランプ陣営が可能にしたっぽい。


    まだ表に情報が出ていないから

    続報を待ちたいところです。


    それでトランプ陣営の弁護団はこれとんでもなく強い弁護団たちが

    現状ついており、



    ジュリアーニやシドニー・パウエルや

    あとはCNNとかワシントンポストに以前に多額の賠償金を支払わせた

    損害賠償金を支払わせた実績を持つルシアン・リンカーン・ウッド弁護士も

    ついていて、


    とんでもない強い3人の弁護士がついてるわけですが


    いよいよ係争中だからあまり表にでないけど

    結果がひっくり返されてきたということなのでしょう。


    EPOC TIMES エポックタイムズなんかは私も見てますが

    現状、選挙人数では本当はもうトランプが優位な状況ですね。


    現状では


    ジョージア州 : 再集計中
    ウィスコンシン州 : 再集計中
    ミシガン州 : 訴訟中  
    ペンシルベニア州 : 訴訟中
    アリゾナ州 : 訴訟中
    ネバダ州 :訴訟中

    上記6州以外の法的に確定された選挙人獲得数
    トランプ : 232 バイデン : 227


    となってますが

    どうもネバダでの訴訟が相当優位に進んでることを

    トランプはツイッターで示唆しているわけで、


    ネバダでは勝ったということを先ほど言い出してます。


    ちなみにアメリカの議会も「まだ大統領勝者は決まっていない」

    って確かつい数日前に本当は出していたはずですが


    これ、勝手にバイデンで確定って決めて報道していた
    マスコミどうするんでしょうね。


    ちなみにバイデン陣営、民主党陣営が

    「やたら最近焦ってる」わけで

    「早く政権移行を!!!!」とかやりだしてるのですが



    焦ってるのは間違いなくこれらの訴訟を受けてのことなんでしょう。

    証拠がないどころか上記の3弁護士のツイッターやユーチューブを見ても

    かなり余裕に見えまして


    以下トランプ陣営の最強弁護士のツイッターですね。


    ジュリアーニ弁護士ツイッター
    https://twitter.com/rudygiuliani

    シドニーパウエル弁護士ツイッター
    https://twitter.com/sidneypowell1

    リンウッド弁護士ツイッター
    https://twitter.com/LLinWood



    ちなみにジュリアーニ弁護士はこれユーチューブもやってるんですけど

    見てる限り「(あまりにも不正の証拠となる宣誓供述書が集まってるから)余裕」

    な感じとなってるのですが


    これ上記とんでもなく強い3弁護士からすると

    今までもっと証拠が少ない案件で戦ってきたのでしょうから

    今回のは(嘘をついたら5年以上収監されてしまう)証拠となる宣誓供述書など

    1000個以上あるってことなので


    もう戦いやすくて仕方ないのでしょう。


    NYダウも最高値を更新してますが、もうファンドなり投資家の多くは

    実際はトランプが勝利するのを織り込んでるっぽい動きは見えますよね。


    ということで、これから係争中の州において

    トランプが不正票をネバダに続いてどんどん集計しないで

    「合法な票だけ集計する」という当たり前の集計を要求して


    どんどんひっくり返ってくる可能性が高まってますので

    注目ですね!


    さて、そんな中、人気が衰えないのが

    ここ最近扱ってる The Thirdですね~



    それで今日は事務局の市原さんより

    ****さんに引き続きメッセージです!!




    =======================

    50個以上のEAで唯一生き残ったTHE-THIRDシステムの本質とは!?



    ゆうさんのメルマガ読者の皆様、

    いつもお世話になっております、
    システム運営事務局の市原です。



    今回、ゆうさんの読者様だけに、
    期間限定での募集を行っております、
    『THE-THIRDシステム』ですが、

    大変な人気となっております。



    それに伴い、ゆうさんの読者様限定特典も、
    近いうちに"削除"となるものも出てくるため、

    それまでに手にしていただけたらと思います。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【ゆうさんの読者様☆限定特典☆】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ●4年7か月以上以上のフォワード実績

    ●リスクを回避しながらコツコツ利益を得る

    ●負けないことが大切

    ●毎月5~10%前後を狙っていく

    ●完全な自動だけでなく裁量判断も入れていく

    ●出た利益をハイリターン運用


    といったことをこれまでお伝えしてきた、
    弊社の資産形成システム『The-Third』。



    何故ここまで、

    「リスクを回避する」「コツコツ増やす」
    「ハイリターンは余剰資金で」「裁量判断を入れましょう」

    と攻めよりも守りの方を、
    何度も何度もお伝えしてきたかというと、
    ある決定的な理由があります。


    今日は、弊社がこれまでThe-Thirdシステムを
    選んで使い続けてきている理由について、
    お話しさせて頂こうと思います。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆The-Thirdシステムを使い続けている理由
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    弊社ではこれまでEAと呼ばれる自動売買を
    たくさん、たくさん扱ってきました。


    スキャル・デイトレード・スイングを
    メインにする自動売買から、
    仮想通貨を売買するシステム、

    トータルすると50個以上は社内で
    検証・実践を繰り返し行ってきました。


    弊社で、最低1年以上は検証期間を設けるので
    その1年以上を生き残ったシステムは、
    正直、片手で数えられるくらいしかありません。

    50個以上のうち、数個です。
    ~~~~~~~~~~~~~


    私たちはデモ口座やバックテストは
    あまり信用していないので、


    必ずリアル口座にて、実証していくため、
    これまで無くなったお金も
    "数百万・数千万以上"に当たります。


    中には、月に20%・30%・50%以上と
    大きな利回りの出るものはいくつもありましたが、

    1ヶ月や3ヶ月と時間が経つにつれて、
    相場の急変や大きな経済発表などのイベントが起きたとき、
    出続けていた利益も含め資金がすべてショートしてしまったのです。

    短期的に当てはまった相場で利益は出るが、
    長期間で安定して出続けることは難しい…

    そういったシステムをたくさん見てきたのです。



    その中でも、
    生き残ったシステムのひとつが、
    今回の「THE-THIRDシステム」です。


    このシステムを扱ったときに一番最初に感じた、
    それまでとは"決定的に違う"運用方法こそが、

    裁量判断を入れるということでした。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~


    完全な自動運用ではなく、
    -------------------------
    人間の目を入れてリスクを回避しながら
    -------------------------------------

    運用していくという、
    当時の私たちが扱ったことのない、
    新しい運用タイプのシステムでした。


    そして、実際にリアル口座にて
    1年間以上の検証期間を経て、
    『平均月利10%前後』の結果が出たことで、
    改めてこのシステムの凄さを体感したのです。


    1年、2年、3年、4年…と、

    安定して利益を上げ続けている、
    The-Thirdシステムですが、
    このようにバックテストでもデモ口座でもなく、
    フォワード運用で長期間安定しているモノは、
    なかなかないのではないでしょうか。



    どうしても目先のお金だけが
    先行してしまうこの投資業界、

    多くの人が●千万や●億円などの、
    数字に目がくらんでしまいますが、

    投資の本質を考えたときに、

    お金をどうやって増やすかではなく
    ~~~~~~~~~~~~~~~~
    いかに減らさない様に注力するか
    ~~~~~~~~~~~~~~~

    ということにベクトルを向けることで、
    このような息の長い運用が実現されました。


    極論を言うと、
    毎月1%でも1円でも口座資金が増えたら、
    「投資として成功!」ということを、
    会員様に日々お伝えさせて頂いています。


    その1%・5%・10%の積み重ねが、
    数か月・数年後にはいったいどれくらいの資金に
    膨れ上がっているかということを
    今一度お考えいただきたいと思います。



    短期的に得た目先の大きなお金よりも、
    コツコツ着実に積み上げたお金の方が、
    ずっと重みもあり、信頼度も大きくあります。


    そういったことをモットーに、
    これまで数百名上の会員様に
    お伝えさせて頂いております。


    50個以上もの検証をしてきた中で、、
    唯一生き残ったシステムの内のひとつですので、

    今回手にされた方は
    しっかりと正しい運用を心がけてください。


    現在の価格で手にできる機会も滅多にないため


    後悔の無いよう、
    ご検討くださいませ。



    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/



    それでは、宜しくお願い致します。


    本日もありがとうございました。




    システム運営事務局
    市原


    =======================


    以上です!!



    そう、それで今回のTHE THIRDなんですが

    何がすごいっていうと


    上に書いてあるように50個以上のEAなんかは

    もうシステム会社で検証をされているわけですね。



    そこで生き残ったのはほんの 数個であって

    その中でもっとも強かったのが実は


    THE THIRDなわけです。



    だから多くの人は 色々EAを買って

    あーでもない、こーでもない、


    ということで すったもんだ するのですが


    通常は何十個もEA回して 

    実践に耐えられるものが見つかるわけですけども、



    THE THIRDの場合はというと

    50個以上のEA検証の上で


    そこで生き残ったものがこのTHE THIRDなので

    そういう意味で膨大な検証をした上で


    現状「使える」と判断されてるのがこのTHE THIRD
    なので価値があるわけです。



    だから本来相場では

    39万8000円くらいで販売できる

    システムなのですが


    ちょっと今回は事務局のかたがたも日本のコロナ情勢も

    理解してるので


    相当今回は交渉の末値段を

    期間限定ではありますが下げていただいてる

    ってことですね。


    たださすがに

    業界の相場で安すぎるので、
    いずれ値上げになる予定ではありますね~




    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/



    それで私なんかも実は

    投資家の友人たちからこのTHE THIRDを私が

    メルマガで書いてるから


    まあ私のリアル友人たちが電話して聞いてくるんだけど

    そのかたがたってのはもう何十個も何百個も

    EAを見てきてる方なんですね。



    それで実は リアルの実運用で

    4年7ヶ月生き残ってるEAって実は

    業界見渡してもほとんどない、というか


    滅多に見ないってのが現状ですから、


    それなのでよく現状知ってる社長さんとか投資家さんほど

    注目してくれてるって感じですよね。



    たぶん最近投資を始めたとかそういう人は

    おそらく この月利5~10%前後を続けて

    裁量入れながら4年7ヶ月生き残ってる


    ってすごさは分からないかもしれないですが、

    やはり知ってる人ほど、すごい、とみな言います。


    というのは、ネット上にはEA開発者って

    沢山いるのが現状ですが


    結局分かってるのが、


    「ほったらかしで勝ち続けるEAなんてない」


    ってのが現状、(当たり前なんだけど)

    分かってきちゃってるんですね。


    実はこのTHE THIRDをリリースするにあたって

    事務局さんが50個以上のEAも検証していて

    市販のものも含まれるんだけど


    実は大体の市販のEAってのが

    バックテストとかのデータはあるけど


    実運用の数年のデータってないんですが

    それで販売されてるのが現状です。



    こういうリアル運用で利益が負けずに出続けてるもの

    てほとんどないのが現状で、


    だからバックテストっていう過去検証だけで

    売ってる EAが実はほぼ全部なんですね。



    それで実際にそれらを回してみたら・・・

    やはり実運用では数ヶ月は持つものはあるけど

    やはり1年2年単位で生き残るものは ほぼない


    ってのがシステム会社の検証で分かってる現実です。


    ちなみに多くのEAが バックテストのデータだけで検証して

    29万8000円くらいで売られてるものが多いけど


    やっぱりEAほったらかしでは勝てないから、

    数ヶ月で破綻しちゃうんですね。


    だから上の事務局さんがおっしゃってる

    検証結果である



    スキャル・デイトレード・スイングを
    メインにする自動売買から、
    仮想通貨を売買するシステム、

    トータルすると50個以上は社内で
    検証・実践を繰り返し行ってきました。


    弊社で、最低1年以上は検証期間を設けるので
    その1年以上を生き残ったシステムは、
    正直、片手で数えられるくらいしかありません。

    50個以上のうち、数個です。
    ~~~~~~~~~~~~~


    私たちはデモ口座やバックテストは
    あまり信用していないので、


    必ずリアル口座にて、実証していくため、
    これまで無くなったお金も
    "数百万・数千万以上"に当たります。


    中には、月に20%・30%・50%以上と
    大きな利回りの出るものはいくつもありましたが、

    1ヶ月や3ヶ月と時間が経つにつれて、
    相場の急変や大きな経済発表などのイベントが起きたとき、
    出続けていた利益も含め資金がすべてショートしてしまったのです。

    短期的に当てはまった相場で利益は出るが、
    長期間で安定して出続けることは難しい…

    そういったシステムをたくさん見てきたのです。



    この情報ってすごい重要なんですね。


    そんで、こんな数千万円の予算とっての

    検証って普通は個人では行えませんから、



    みんなこういう検証結果を知らないのですが、


    ちょっと私の立場はある種ずるいんだけども、

    こういう検証結果とか 私はこういうファンドさんや

    システム会社さんに

    友達なんで教えてもらえちゃうんですよね。



    だから私や一部の人だけこういう重要な

    数千万円の予算とっての検証結果を知ってしまってる状態

    なんだけど、



    一応ちゃんと今回は 情報に鋭い方のために

    上に事務局さんがその検証結果を書いてくれてるわけです。




    こういう情報価値に気づけるかどうか、ってのが

    今の時代大事ですよね。


    情報インテリジェンスとか言うけど。



    それでネットでグーグル検索してもこんな

    数千万円の予算とっての検証結果なんて書いてませんから、


    だから知ってる人だけがお金増やしてるってのが

    現状なんでしょう。


    それで50個以上回してそれで生き残ったのが

    「裁量プラスEA」で回してる THE THIRD


    なんです。



    そう、だからこれは裁量と同じで

    「検証が大事だ」って良く書いてるけど


    基本的なところは負けないために 検証をするわけですが

    それはEAでも同じ、ってことです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    だから以前、立派なトレーダーの

    野田さんが口をすっぱくして


    「検証が大事だ」って言ってたけど


    まさにそれで 

    「EAでも結局検証が命」です。


    それで多くの人は フォワード、実運用の検証がかかっていないEAを

    実のところ30万円前後で買ってるってのが現状でして、



    ちょっと今回はそんな業界の事情も理解して

    「じゃあ検証がかかって、さらに4年7ヶ月生き残ってる

    EAプラス裁量のものをとんでもない価格で

    期間限定で投入してみよう」


    ってのが実は今回のマーケですね。


    要するに、事務局も私も面白い

    「ほかではやっていないこと」をやりたい

    っていうことでやってるのがTHE THIRDです。



    それであまり投資経験がない人は

    「EA運用の現状」って知らないから


    この価値は分からないかもしれないけど

    結構私の周りの もうEA何十個も何百個も見てきた人たち


    はこの「4年7ヶ月 月利5~10%前後で生き残ってきた」

    って事実のすごさは分かるんで、


    知ってる人ほど、電話で結構驚く方が多いです。


    もちろん、これは今後

    負ける確率ってのも0ではないので


    やはりそれを想定しないといけないですけども、

    ただ滅多に4年7ヶ月も負けずに生き残ってるもの

    ってないですから、


    そういう意味でこれが今は4万円台ってのは

    まあ面白いんじゃないかな~と思います。


    未来は誰にも分かりませんが

    現状4年以上にわたって生き残ってるという実績が

    あるシステムですね~



    【メルマガ読者様☆限定特典☆】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/




    それであと 世間では

    みんな 呪文のように「AI AI」って言ってませんかね?



    なんか取りつかれた信者のように、

    AI AIって連呼してる人が多い。



    大手証券会社とか。



    けど****さん、

    「大手証券会社の開発したAIほったらかしで

    億万長者になった~」


    って言う人知ってますか??


    知りませんよね?


    そうです、以前書いたけど実はほとんどのAIが

    1年以内には破綻しちゃってるってのが

    不都合な真実なんです。



    というのが実は私の周りでAI開発してる人たちって

    結構いまして、


    投資でAIで ディープラーニングとか言うんだけど

    そこで過去のパラメーターとかで統計とって、


    そんで、研究室とコラボして、AI開発するわけですね。


    それでまあすごい日本では誰でも知ってる名前がからむ

    ところとくっついてAIの投資用の

    システム開発をするわけですが


    これが・・・ことごとく勝てないんです。


    だから、世間では「AIすごい!」ってみんな

    洗脳されてるんだけど、


    もう現場では「AI単体ではまずほったらかしで

    勝つのは無理」


    ってなってきてるんですね。


    だから世間では「AIすごい」だけど

    AIを開発して現場で検証してる人の間では

    「AI AIっていうけどたいしたことないし
    意外に相場でほったらかしは難しい。」


    ってのが認識として出てきてる現状ですよね。



    だから結局 人間の裁量入れないと

    ダメだよね、となっているという現状。



    ちなみに、例えば私なんかが時々メルマガで

    下線で文章を強調するけど




    これは私自身が入れてるものだけど、


    この「文脈上重要な場所に下線をつける作業」ってのは

    AIじゃできないわけです。


    文章の流れとか思想を読まないといけないから

    AIじゃできないんですよね。


    AIは思想を読めない、っていう決定的な事実が

    あります。



    だから世間ではAIすごいってなってるけど

    「AIは結構限界があるな~」と現場では

    なってるのが現状ですよね。


    ただもちろん、単純な作業とか、統計取らせるとか

    そういうのは向いてますけど



    例えば道路っていう「自由が縛られた枠組み」があって

    それにそらせて自動車を走らせるとかだったら

    AIは良いのかもしれませんが


    こと相場に関しては「極めて自由」ですから

    そこでAIだけでは対応できないんでしょう、どうも。


    ちなみに私は結構AI開発とかやってる

    友人に聞いて AIの限界が分かったんだけど、


    結局AIってのは過去統計を見るんだけども、

    そこでパラメーター調整とかしてディープラーニング

    ってのを使うのが主流でしょうけど


    相場の「現在価格」は何で決まってるか?
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    っていう問題があるんです。



    以前に書いたけどもう量子力学の分野で

    分かってきてしまってることがあって


    「過去、現在、未来」ってのがあって


    多くの人は


    「過去から現在、そして現在から未来」

    に時間が流れてると思ってるわけですね。



    だから過去から現在までの統計を取って

    それを未来に活用しようとしてるわけです。




    が・・・分かってきてしまってるのが

    以前書いたのだけど量子力学の研究なんか見ていると
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    未来から過去に流れていく時間の流れってのも
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    存在していて、
    ~~~~~~~~~~~~~~

    要するに
    ~~~~~~~~~~

    1過去から未来に流れる時間の流れ
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~~~
    2未来から過去に流れる時間の流れ
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    これが2つの川がバッティングして濁流になるように
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    それがバッティングしたのが現在だ、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    っていうことなんですね。



    これは 以前にホイーラーの思考実験っていう

    のを扱いました。


    これはすごい重要なPDFだと思う。


    もう2年以上前の内容ですが

    以前にこれ書いてますね。



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    PDFレポート
    【なぜ金持ち富裕層たちは「未来の話」をよくするのか?】
    http://fxgod.net/pdf/kanemochi_mirai.pdf

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    だから現在価格ってのは

    過去からの統計だけで成り立ってはおらず


    それぞれの人間の 思想とか想定シナリオとかが

    あって、


    そこで人間が 未来から現在価格に割り引いて

    計算して、 現在価格に反映されてるわけですが



    AIってのは上記の


    1過去から未来に流れる時間の流れ


    の統計を取るのは上手なんですが


    最も重要な


    2未来から過去に流れる時間の流れ


    はこれ 分からないんです。


    これを理解するためには まず

    「人間の心」ってのが大事ですし、

    「生きてきた人生経験」とかも大事ですし、


    また本を読解して「思想を理解できる」という部分も

    大事です。


    が、これはAIにはできない。


    おそらく シンギュラリティ問題とかいわれるけど

    2040年代になっても、AIには思想が読めない。



    だから上の量子力学の最近の研究知ってれば

    「AIだけじゃ無理だわ、人間が裁量加えないと」

    って分かるわけで



    THE THIRDは結局 裁量プラスEAになってるわけですね。


    この辺も当初は分からなかったんだけど


    色々検証する中でそのアプローチが一番強いってのが

    この数年で 事務局さんも分かってきたってことです。



    ただまだみんなこの事実に気づいていないので


    AI(EA)プラス裁量っていうものは少ないのですが

    もう検証して事実を理解してるから


    そこでこのAI(EA)プラス裁量を打ち出して


    それで4年7ヶ月に渡って利益を負けずに出し続けてるのが

    THE THIRDなんでしょう。



    【メルマガ読者様☆限定特典☆】
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/




    だからEAとかAIの検証して現場でどうも

    分かってきてるのが



    「それほったらかしだと勝てない」ってことで


    上の 「現在とは何なのか?」みたいな

    哲学とか量子力学の話まで入っていくのだけど


    この辺まで投資の分野ってのは考えないと儲からない

    と言えると思います。



    それで現状ではTHE THIRDが

    4年7ヶ月で負けないで利益出してるってのも


    うまーくその 現在を捉えてるからですよね。

    これはAIではできないわけです。


    だからこの数年はこれに気づきだした人たちから順に

    「EAに裁量混ぜる」っていうアプローチになってきてる

    ってことですね。



    それでこの裁量プラスEA でミックスしたのが

    THE THIRDでして


    50個検証した中でそれが最も強かったというものなんで

    そういう意味で検討される価値はあると思いましたので

    ****さんも是非じっくりページ見てみてくださいね~



    それでは!!





    ゆう






    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    【メルマガ読者様☆限定特典☆】
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







    追伸・・・だからよく

    自己啓発系の人たちが言う

    「未来を想像しまくってればその通りに

    なっていく」

    って言う話があるけど


    あれはそれこそ ホイーラーの思考実験、

    遅延選択実験の


    以下のようなことがあるけど

    これに関わる。


    以前のメルマガから引用です。


    ==================

    ホイーラーの思考実験ってのがあって


    ジョン・ホイーラーと言う学者が行った実験ですが

    ここで

    「一般常識を覆す常識はずれの結果」


    が得られたわけです。



    つまり実験を行う前に

    「よし今回は粒子性を調べよう」と、粒子性検出器に

    切り替えて実験すると、


    「実験は光の粒子性を示して、」



    逆に


    「よし今回は波動性を調べよう」として

    「波動性検出器に切り替えて実験すると

    実験結果は光の波動性を示す」

    わけです。



    その結果はあたかも

    「実験者の意図」を知っているかのような

    結果となってしまった、のですね。


    だからそれは


    「あたかも時間が逆に流れて実験者の意図が

    これから到達する粒子に伝わったかのように見える」


    っていう結論になってしまったわけで


    これは今までの


    過去⇒現在⇒未来の時間認識を完全に覆してしまった

    ということで恐ろしい?実験だったと思います。


    それで多くの物理学者が似たような実験をやったら

    やっぱりそうなると。

    なぜだ??


    っていうのが今の世界ですよね。


    私も分かりません。なんででしょう。


    ==================

    以上です。


    ということでよく、自己啓発の人がいう

    未来を想像すれば 現在も良くなっていく

    みたいな話


    あれは何も知識の前提がない人はオカルトとか都市伝説と

    断定しちゃいがちですが


    量子力学の上の実験を知っていれば

    単純にこの量子の性質を理解したものだ、と分かりますね。


    すなわち 過去⇒未来への時間の流れも作用してるけど

    それ以上に 未来⇒過去への時間の流れも

    作用しているから、



    それをうまーくバッティングさせて「現在」

    作っていきましょう~


    って話でして、


    そのために 未来を想像して現在を作っていきましょう

    ってのがおそらく上記自己啓発系で言われる内容

    なんです。



    だからあれは量子力学の話を分かりやすくした話

    なんですね。


    そんでそれを実務でまあお金稼ぎに生かそうと

    応用すると



    例えば裁量トレードだと 未来のシナリオを複数作っていく

    っていう話になるし、



    EA活用の運用なら

    EA+裁量でTHE THIRDみたいなアプローチになるってことですね。



    だから「自分で稼ぐ」を研究していくと

    量子力学までたどり着く・・・


    って超面白くないですか??(笑)



    それで多くの人がここまでたどり着くためには

    相当な年数を要しますが


    ****さんはメルマガ読んでるから知ってるんで

    良かったらやってみないとわからないのが相場ではあるけど



    4年7ヶ月そのアプローチで負けずにやってきたという

    期待値はありますから


    この裁量+EAを学ぶのはかなり人生に役立つでしょうから

    検討してみる価値はあるかと私は思いました~





    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FXの裁量×自動売買をあわせて


    投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


    ”THE THIRD”ですが

    新特典も含めた特典ページが出来上がりました!】


    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/

    (「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

    重要な教訓に基づいて

    裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

    未来の保証はできませんし100%はないものの、

    ただ現状、

    4年7ヶ月で負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。



    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆








    ============編集後記===============

    さてさて、ここ最近ですが米大統領選挙がとにかく・・・

    面白いですよね~


    もう現実は小説よりも奇なりでしたっけ

    そんな感じで下手なドラマや映画を越える、面白さでして


    分かりやすい悪が最早マスコミたちや軍産官僚やそして民主党と

    なっておりまして、


    彼らが最初勝利を勝手に主張していたけど

    どんどんその勝利がこの数日ではがされてきた、という状態ですよね。


    もうアメリカの議会もバイデンの勝利を認めていない

    すなわち「まだ誰も大統領として選出されていない」という見方を

    言い出しましたし、


    これだけで バイデン確定といってるマスコミたちは誤報でありますよね。

    いずれにしても、言論統制をして、コロナを過剰にあおって人々にマスクやら

    ワクチンやらを強制化して、

    どんどん近代国家の憲法を破壊してそして自由を奪い支配したい


    純粋悪のような軍産の状態がありますが


    それに対して対抗してるのが・・・


    トランプと民衆たち、ですよね。


    そして上に書いたように今日どうもトランプ大統領が

    ネバダでの逆転勝利に言及しました。

    本当は元から勝ってるのですが、ちゃんと不正な票を排除してでの

    集計をもぎ取ってるニュアンスがあるけど


    ネバダの勝利を先ほどもぎとったみたいなニュアンスで

    今日はツイートされてました。



    そしてそれを完全無視しながら やたら政権移行を早くしろ

    とそこだけは焦ってるマスコミたちです。


    それで副島先生が新しく米大統領選挙について

    書きこみされていましたので

    見てみましょう!!




    【副島隆彦の学問道場・重たい掲示板より引用】
    http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

    ↓↓
    ==================

    ■トランプの勝利に向かって。
    米大統領選挙での不正・犯罪者勢力との闘いは、激しく続く。


    副島隆彦です。 今日は、2020年11月17日(火)です。

    私も、下↓の 群馬のゆみこさんに学んで、彼女のように、
    今から本当に、スピリチュアル(精神世界)と
    自己信頼(セルフ・リライアンス。セルフ・ヘルプ)の

    世界に入ってゆこうと思います。私は、このことで本気です。


     19世紀のアメリカの大(だい)思想家の 
    ラルフ・ワルド・エマーソンが初めに切り開いた世界です。

    このことを、私は、自著の「本当は恐ろしいアメリカの歴史と思想」
    (秀和システム、2019年刊)で、徹底的に書きました。

    エマーソンは、ヨーロッパのカール・マルクス
    (1883年死。社会主義思想の大成者)と、同格の、
    全く同時代の思想家です。

    エマーソンの死は、1882年だ。1年違いだ。
    この2人が、19世紀の人類の最高の思想家だったのだ、と、
    私、副島隆彦は、今、はっきりと言える。

     私は、トランプ大統領の真似をして、昨日、16日(月)ゴルフを
    しに行った。疲れた。
    富士山の裾野(すその)のゴルフ場で、

    友人たちとずっと富士山を見ながらゴルフをした。
    足と腰が ガクガクして、痛いので、
    球をなるべくカート道の近くに落として(それぐらいの技は身に付けた)、

    打ったらすぐにカート(電気自動車)に乗るということをした。
    この手法は、私が独自に開発した「老人向けカート優先ゴルフ」だ。
    こうなるとスコアなんか気にならない。

    落としどころはフェアウエイでなくてもよい。
    とにかく他の人たちに脱落しないように、動いて行くことだ。

    もうのぼり坂道を、よいしょ、よいしょと、
    グリーンまで、自分の足で登るのは、本当にキツい。

     自分は、このかなりガタが来た体で、あと何年保(も)つのだろう。
    ゴルフのスコアは、160ぐらいでヒドいものだ。
    30年もやっていて、こんなにド下手くそだ。みっともないほどのスコアだ。

    だから上手な友人たちは、私をゴルフに誘ってくれない。
    足手まといで迷惑だからだ。 年に3回ぐらいしか出来ないから
    上手になりようがない。

    かつ私は、スポーツをする人間ではない。ゴルフなんかスポーツに入らない、
    と生来、体が頑丈な人たちは言う。

     この16日の朝、早く、5時ぐらいに、テレビで、
    全米ゴルフの主要のマスターズ Master’s の試合で、
    ジャスティン・ジョンソン Justin Johnson(37歳)が優勝した。

    アンダーパー20 という凄さだ。だから何だよ、
    この スポ-ツ・バカの脳タリンどもめ。

     そういえば、我らが、菅(すが)首相は、最近、国会の答弁で、
    背後(はいご)という漢字を読めなくて、「せご」と読んだそうだ。
    官僚の作文を読んでいるから、こういう恥を、一生涯の恥として抱えながら、

    菅義偉(すがよしひで)は、生きなければいけない。
    あまりにも、学校のお勉強が出来ないと、こういう始末になる。
    せめて、官僚たちに、「漢字には、すべてルビを振ってから、
    上に上げるように」とお達しすればいいのに。

     幼児期から難読症(なんどくしょう。ディスレクシア)という病気である、
    安倍晋三もヒドかった。麻生太郎も、漫画しか読めない。
    それなのに、インテリを気取って、ペラペラとよくしゃべる。

    どうして、こういう低脳(ていのう)たちが、私たちの国の首相であるのか。
    いくらアメリカの手先代表で、抜擢されたからだ、といってもあんまりだ。
    慨嘆(がいたん)するしかない。

    アメリカのプロ・ゴルフを見てから友人宅から出掛けた。

     私は、その前日の、15日の午後1時頃、家で、前日のアメリカの首都の
    ワシントンDC(現地。14日、日曜日、昼)での、
    100万人の抗議集会を独立系の アメリカのテレビ局の 動画で見た。

    感動的だった。 

     Pamela Geller パメラ・ゲラーという女性を中心にできているSNSの 
    テレビ局だ。ここにごく普通のアメリカ国民が、大きな主催者団体も無く、
    勝手に、自主的に集まっていた。

    ああ、ここに本当の、本物のアメリカ人たちがいる。
    私は自然に涙が流れた。

    ワシントンDCで開催されたトランプ支持者の大集会


    https://gellerreport.com/2020/11/watch-live-march-for-trump-in-washington-dc.html/
    Watch LIVE: March For Trump in Washington, D.C. All Day LIVE Coverage
    By Pamela Geller - on November 14, 2020

     副島隆彦です。こんなに多くのアメリカ国民が、首都に集まって、
    切実に、今度のバイデン=ヒラリー派による不正選挙(選挙犯罪)に、
    公然と抗議して、

    「トランプ大統領が私たちの大統領だ」と、声を上げている。
    それなのに、日本の主要テレビ、新聞は、ほとんど報道しない。
    却(かえ)って、憎憎(にくにく)しげにちらりと書いている。

    「トランプ支持派1万人が集まった」だと。
    お前らの、そのひん曲がった根性を、直すことは不可能なのか。
    私、副島隆彦は本気で怒る。

    次に、以下のユーチューブを見て下さい。
    https://www.youtube.com/watch?v=4nEAxxeXOhE

    ◯ 「ジョン・ボイト、バイデン氏勝利に「真っ赤なうそ」
    (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース 2020年11月12日 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f6125aa1a47c85a5170b3215f489f0738b653501

    副島隆彦です。このジョン・ボイドという年季の入った、
    本物のアメリカの保守派の老人俳優は、アンジェリーナ・ジョリーの父親だ。
    ジョン・ボイドは、言った。

    「バイデンが大統領に決まった、などとふざけるな。
    愛国者のアメリカ国民が、黙っていると思っているのか。
    これは、善と悪、正義と 悪魔(サタン)どもとの戦いだ。 
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    私たちは、トランプ大統領を守る戦いを始めなければいけない。
    これは、南北戦争(1861-5年。アメリカの内乱、市民戦争)以来の戦いだ。
    私たちアメリカ国民を甘く見るな 」

    と、率直に語っている。この映像を見て、感動しない者はいないだろう。

     それでも、「どうせバイデンの勝ちだよ。バイデン政権になるよ」と、
    平然と言っている、者たちが、日本人にもいる、愚劣な人間どもよ。

    お前たちの、その生来、ひん曲がった根性と、
    アメリカの属国にされて以来の奴隷根性を、どうして、
    自覚しないのか。

    「何が、私たちは、保守で、愛国者だ」 この 
    温和を装った狡猾(こうかつ)人間どもめ。お前たちの、
    生来の品性の卑しさを、私は、じっと見つめている。

     上記の動画を、13日に私に送ってくれた、私のアメリカ人の友人自身が、
    呆(あき)れかえることに、「バイデンが当選して、このまま行く」と言った。

    私は、反論した。「この ジョン・ボイドの素晴らしい
    戦闘宣言(内戦も辞さず)の報道は、私を含めて、
    日本人の気合いがはいっている人間たちは、すでに昨日から知っている。

    いちいち私に送るな。以後、私に、こういうメールを送ってくるな。
    以後、お前には返信しない」と。

     「お前の、その、バイデン勝利を、アメリカ人の多くは、もう認めている。
    不正選挙だとしても。もう皆、諦(あきら)めている、という、
    その、根性無しの、弱虫の考えに、

    私は、心底、お前は、本当にダメなヤツだな。
    軽蔑(けいべつ)する」

    と返信した。
     
    副島隆彦です。私は、この数日、万力(まんりき)で締め上げられるような
    苦しみを味わってきた。 

    世界民衆は、また、敗北するのか。いつの時代も、このようにして、
    巨大な不正、違法、悪行を、奥の方に隠れている、
    支配者、権力者たちというのは、やってきたのだ。

     日本の民衆の、百姓一揆の長い、歴史の事実、深い伝統もそうだ。
    上総(じょうそう。千葉県の北部)の 江戸中期の起きた、佐倉(さくら)の一揆の時も、
    名主(みょうしゅ)の佐倉惣五郎(さくらそうごろう)が、

    徳川将軍に、駕籠直訴(かごじきそ)して、そして、藩主の極端な腐敗と、
    領民イジメの苛政(かせい)を幕府に訴えた。
     
     佐倉の領民も筵旗(むしろばた)を立てて戦った。 
    それでも、最後は喧嘩両成敗(けんかりょうせいばい)で、
    佐倉惣五郎たち一揆の指導者たち7名は、磔(はりつけ)にされることで、

    一揆は鎮圧され終わった。

    指導者を奪われた民衆は、黙りこくって鬱屈して、
    静かな日常へと撤退してゆく。

     いつの時代の、どこの国(全国3百か国)もそうだった。
    そして、あとに、長く、女、子供たちによって歌われる、
    手鞠歌(てまりうた)になって残る。

    手鞠歌として、義民(ぎみん)たちの、勇敢な戦いの記憶は、
    民衆の中に、怨念となってずっと、長く残り、唄い続け得られていった。

     善((good )と悪( evil イーヴォ)の戦いでは、
    どうしても、悪(イーヴォ)が勝つというのか。

    悪あるいは、悪魔、Satan サタン。
    前掲のジョン・ボイドは、英語で「セイテン」と発声していた。
    この善と悪、正義と悪(邪悪、不正)の戦いでは、悪と、
    愚劣な現実主義(リアリズム)の方が勝つというのか。

    「どうせ、バイデンの勝ちだよ。ちょっとぐらい不正選挙有っても(笑い)」
    という、人間たちは、自分のその脳(頭)の、歪み、
    善悪判断の無さ、居直り根性、卑屈、人格の低劣をこそ、みつめよ。

    分かっていて、
    「どうせバイデンさんが当選なんだよ。強いものには勝てないんだよ」と、言う、
    その己(おのれ)の卑しい本性と対決しろ。

     FNN(フジテレビ。平井文夫が偉い)でも、ANN(テレビ朝日)でも、
    TBSでも、日テレも、NHKでも、テレ東(日経新聞社系)でも、
    記者やキャスターたちの間で、

    「いくらなんでも、こんな、ヒドい報道はしてはいけない。
    少なくとも、両者の主張をよく聞いて、それで、自分たちで調査して、
    報道をしなければ」という、少しは、まともな、中間派の真面目な人間たちが、

    かなり、隠れて存在しているはずなのだ。

    「これでは、とても、ジャーナリズムとは言えない」と、
    嘆息(たんそく)している者たちが、いる。

     この内心の善良派(生来、賢くて、それなりの見識のある者たち)は、
    みんな自分が「これは、ちょっとあんまりですね。上からの命令ですか」と、
    声を上げることで、上司から睨まれ、閑職に追いやられることがコワイ。

    組織の中にいる人間たち、というのは、その組織が大きければ大きいほど、
    臆病者で、根性無したちだ。

    自分がクビを切られて失業者になることが、なによりもコワい。

     今回の、アメリカの大統領選挙不正事件では、
    トランプが、天才的な頭脳と実行力を発揮して、予め、
    着着と手を打っていたので、

    だから、トランプ勢力に、刃こぼれ、脱落は、公然とはない。 
    現職の正式の権力を握っているから、強い。

     今日は、書かないが、トランプが、
    米軍(ペンタゴン、国防総省。DOD)を、人事面から、掌握(しょうあく)した。
    人事面から、さっと、古参の軍人たちを上に据えた。

    ネオコン派のような、研究員あがりのような、
    おかしな連中の首をバサバサ斬った。

     その次に、放送局(メディア)を押えないといけないのだが、
    ここは敵どもの牙城だ。

     CNNを筆頭として、MSNBC(NBC の頭に、MSと冠が付いているのは、MS 
    すなわちマイクロフト社の所有の意味だ。極悪人のビル・ゲイツだ)、 
    ニューヨーク・タイムズ、

    WAPO(ワポ。ワシントン・ポスト。ここは、ハゲ頭の、
    アマゾンのジェフ・ベゾスの所有だ)他が、

    ディープ・ステイト the Deep State =バイデン・ヒラリー派、
    Moonie の勢力の拠点だ。こいつらが、大金をバイデン派に出している。

     ずっとトランプを支持してきたはずの、FOX の社内がおかしくなっている。

    トランプの盟友の、ルパート・マードックが率いて 
    きたのに、後継者のジェイズムが、2年ぐらい前から、背信して、
    奇妙な行動を取り始めた。

    トランプに忠実な、司会者のショーン・ハニティたちと、
    ジェイムズが、大喧嘩になっているだろう。

    FOXに、潜り込んで来ていた、選挙分析の専門家が、
    「バイデン当確」を、11月4日に、いち早く、出したので、
    トランプが怒った。

    Foxので調べられて、このスパイは、すぐに摘発されて、
    その背後も判明して、11月5日にはクビにした。その他たくさん、たくさん、
    話はある。

     日本のテレビ、新聞の、中のまだ少しは良心(コンシエンス conscience )
    のある者たちよ、せめて、

    「両方の立場に配慮して、公平中立に慎重に報道すべきだ.
    今の報道は、いくらなんでも、一方的でヒドい」という声を、
    組織の内部から、声を上げるべきだ。

    池上彰(いけがみあきら)氏の、最新(11月16日)の、日経新聞の 
    文を読んだ。この人は、
    やっぱりグローバリスト=ディープステイトの手先で、

    「アメリカの裏に隠れた、陰の政府」に忠実な人間なのだと、
    分かった。 

     木村太郎氏が、11月7日だったか、3流の女優かの女が、
    「トランプさんは、往生際が悪い」と、振付師(ふりつけし)に、
    言わされるままに言ったのに対して、

    「あなたねえ。往生際が悪いって。最後まで闘うんですよ。
    それがアメリカ人の気風なんですよ」と言ったらしい。

    木村太郎は偉い。

     次の日(8日?)に、宮根(みやね)とかいう、口ばっかりはよく回る、
    風格が全くない司会屋に、木村太郎が、FNNで、
    (自分のトランプ勝利の予測の、失敗の)「敗北宣言」を出したとか言われてるが、

    これは、虚偽報道だろう。

    私は、木村太郎は、最後まで、しぶとく闘うと思う。

    その闘い方は、二枚腰の弱そうに見える、しかし粘り腰の重厚なものだ。
    今や、日本のテレビメディアでは、木村太郎だかけが、
    孤軍奮闘している。頑張れ、木村太郎。

     日本の偏向(へんこう。バイアスの掛かったゆがんだ)
    メディア(マスゴミ)たちは、自分たちが、世界を裏から支配している、

    陰の政府からの命令で、

    「バイデンの勝利が確定(11月14日)と、米主要メディアが決定」
    と、こんなに、ヒドいウソの報道を、毎日続けていている。

    「 大統領の当選を決めるのは、メディアではない」というコトバが、
    極めて重要だ。

    CNNや、RCP(リアル・クリア・ポリティックス)のような、腐った、
    腐敗の限りの米メディア(マスゴミ)どもが出す 当確 call の発表で、
    大統領が決まるのではない。

    当選の確定は、正式な公機関が発表するのだ。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    それは、正しく投票され数えられた 
    投票 (legal ballots リーガル・バロット)によって決定されるのだ。 

     すでに、最低でも、240万票も見つかっている 
    不正選挙( voter Fraud ヴォウター・フロード)の
    大量の不正票(フェイク・バロット)用紙 や、

    ドミニオン社という犯罪会社の、選挙の票の違法収集ソフトを動かして、
    「トランプ票を バイデン票に、大量に移し替えた(スイッチ、フリップした)」を、
    除いて、正確に集計し直した 

    アメリカ国民の正しい投票数によって決定されるのだ。

     私は、先日、11月13日 (金)に、ベンジャミン・フルフォード氏と対談した。
    この対談本は、1月には出版される。

    フルフォード(日本に帰化したので、今は、古歩道=ふるほどう=)氏は、 
    「バイデンの得票 は、2500万票です。
    トランプの真実の得票は、7900万票です」と言った。

    その他、多くのことを、私は、彼ともう3回対談した。

     私、副島隆彦は、「バイデンの真実の得票は、私の計算も、
    あなたと同じで、2500万票です。

    だけど、トランプの真実の得票は、そんなに少なくない。
    1億400万票です 」と、計算している。

    4年前の2016年の時は、ヒラリーの得票は、3000万票ぐらいだ。
    それに対して、トランプが、本当は、9200万票だった。
    不正投票の票数が2千万票有った。

    それから、違法集計ソフトによる、票の移し替えが、
    1千万票ぐらい有った。

     それなのに、「ヒラリーの票は、6500万票で、トランプは、6200万票だった。
    ヒラリーが、300万票もたくさん取った。
    それなのに、負けてしまった(各州を総取りで取る制度のために)」と、

    負け惜しみの、このウソを、今も愚劣なアメリカの
    ヒラリー派の言論人、司会者どもは、性懲りも無く言っている。

     そんな訳がないだろうが。お前たちは、国民から、本当に、
    嫌われているのだ。3千万票の不正操作をやっても、
    それでも、お前たちは、勝てないのだ。

     あんまりバカなことを言い続けるなよ。お前たち、
    腐った日本の報道機関の、巨大なウソつきの悪魔の頭では、
    こういう虚偽を平気でつき続けられる。

    あの時も、今度の、あまり言葉数は少ないが、
    誠実な中流のアメリカ国民(当然、白人が多い)の、
    真面目な熱意が、ドカーン、ザブーンと、お前たちディープステイト=グローバリスト
    (世界支配主義者)どもの、悪辣な民衆支配 を、打ち破って、

    怒濤(どとう)に波となって、お前たちに、襲いかかった。

     いくら、深く仕組んだ、コロナウイルスのアメリカへの散布で、
    トランプ政権に大きな打撃を与えて、トランプを打ち倒そうとしても、
    それは無理だ。 

    アメリカ国民の中心部分の決意ある、
    1億400万人(3億4千万人のアメリカ人口のうち)が、
    トランプに投票した。

     このことの、重要性を甘く見るなよ。

    デモクラシー(代議制民主政体。✕民主主義というコトバは誤訳。訂正せよ )
    の根幹をなす、選挙制度を、弄(いじ)くって、
    平然としている、お前たち犯罪者を、

    いつまでも世界民衆、世界人民、が野放しにすると思うな。

     フルフォード氏は、「もうすぐ、FBI長官のクリストファー・レイ も、
     CIA長官の、ジーナ・ハスペルも、クビになる(解任される)でしょう」
    と、言った。

    私もそう思う。こいつらは、トランプを裏切っていた。
    FBIもCIAも密かに動いて、今度の不正選挙の為の機械を動かす側にいた。

     そして、トランプは、そのことを、ずっと、4年前から、
    こいつらの動きを、じっと見て、着着と準備をしていた。

    このトランプのずば抜けた頭脳を、理解できない者たちが、
    根性が生来、ひん曲がった、

    「どうせバイデンさんで、決まりなのよ。いくら騒いでも」
    と、言っている。待っていろ、お前たち。

    お前たちは、自分自身が、舌打ちしながら、散々、言ったコトバを、
    あとで変えるなよ。自分の顔に向かって、唾を吐くことになるからな。

    フルフォード氏は、バイデン政権が始まったら、
    バイデンは、数週間で死んで、すぐに、
    副大統領の女(の、どこの黒人なのか分からない)のカマラ・ハリスに
    代わるのだ、そうだ。

    やっぱり、ヒラリーがずっと敷いた、「次の大統領は女よ」
    の路線の通りだ、ということだ。

    私は、こんな、カマラ・ハリスのようなあばずれ女が、
    米大統領になることは、ない、と 思っている。

     デモクラシー( democracy 、demos =デモス、民衆= による c
    racia =クラシア、政治体制=。 民主政治。✕民主主義 )は、

    2500年前の、古代ギリシャで、賢皇(けんてい)ペロクレスと、
    30歳下の、ソクラテスが、地上初めて実現した、と、
    学問 の世界ではそうなっている。

    しかし、実際に、デモクラシーを本当に、実現したのは、まさしく、
    アメリカ国民だ。

    イギリス(ジョージ3世国王)の支配から、13州の植民地が、
    1776年に、独立宣言をしたときだ。

    だから、アメリカが、”元祖デモクラシーの国”、なのだ。
    この民主政を実現した者たちの国、
    アメリカ合衆国への敬意を、私たちは持つべきだ。

     だから、この名誉ある国民に、舐(な)めたことをすると、
    本当に、いくら、世界を裏から操(あやつ)っている、陰の支配者たちは強力だ、
    と言っても、それが、このあと通用すると思うな。

     お前たちの悪(じゃあく。evil 、イーヴォ、イーヴィルでもいいけど )と、
    民衆の正義の戦いが、遂に始まったのだ。

    1億4百万人の、決意ある投票をしたアメリカ人を、
    本当に、舐めるなよ。

     愚劣で、偽善者の、インテリ気取りの、リベラル派の、バカどもも。
    よーく、分かれ。

    私、副島隆彦を含めた、本物の左翼人間は、西暦1990年頃に、
    今から30年ぐらい前に、ソビエト・ロシアが滅んだ頃に、

    アメリカのリバータリアン思想 Libertarianism を、学んで、
    本当の民衆主義(ポピュリズム)の立場に、転向したのだ。

     それが、今、強固にアメリカで、トランプを支えている。
    アメリカで、一番、頭が真に良い人々だ。 

    私、副島隆彦は、いざとなったら、トランプ派の
    リバータリアン大隊(バタリオン)の 

    国際義勇軍(インターナショナル・ボランティア・アーミー)の
    志願兵(ボランティア)として、アメリカに行く。
    そのように、私は深く決意している。

     愚劣なる、ディープ・ステイト=バイデン・ヒラリー派、
    Moonies どもの大きな策謀、謀略、民衆鎮圧を、
    この決意あるアメリカ国民の多数派の、しっかりした人々が打ち破ってゆく。

    アメリカの支配で、背骨のゆがんだ、根性の曲がった、
    日本人たちも、このことを、よーく、考えなさい。

     本当にアメリカ国内が、銃撃戦になったら、
    本当に銃の取り扱いを知っているのは、保守派の、リバータリアンの、
    ミリシア( Militia アメリカ憲法典が定める、武装民兵)た、

    田舎の泥臭いオヤジたちだ。彼らは、本当に、銃を持っている。

    彼らは、銃の取り扱いの危険性をよーく知っているから、
    あんまり銃のことを話さない。

    日本の侍(武士)たちも、刀の怖さを知っている者ほど、
    刀のことを話さない。いつ、自分の指を切り落としてしまうか、
    分からないからだ。

    銃の暴発の怖さを知っている者たちが、銃の重みを知っている。

    アメリカ国民が、銃を保有し、いざとなったら、
    自分たちの自由を侵し、圧政を敷く政府に対して、
    政府を転覆する権利を持つと、定めている。

    この今のアメリカ憲法の権利を、守り続けている、
    NRA(ナショナル・ライフル・アソシエイション)は、リバータリアンの一種で、
    一部なのだ。

    このことを、そろそろ、早く、分かりなさい。
    だから、いくらアメリカで、銃の暴発事件で、たくさんの人が傷つき死ぬとしても、
    アメリカ人は、自衛と革命権 のための銃を手放さない。

    私、副島隆彦が、30年間、教え続けても、まだ、分からないのか。

     ライフル銃というのは猟銃だ。銃身にライフリングが付けてあって、
    200メートル(今は、1キロでも正確に当てる)とかを弾(たま)を
    飛ばすこと事が出来る、銃を、持つ権利を、絶対に手放さない、

    アメリカの中西部(ミッドウエスト)と、南部の、アメリカ人たちの、
    本心を、これ以上、愚弄するな。

    必ず、お前たち、陰に隠れた支配者(ディープ・ステイト)
    との戦いを始めるだろう。  

     日本の 反共右翼どもは、自称、保守派なのだから、
    どうして、「バイデンは、中国共産党から、数十億円を貰っている。
    バイデンになったら、日本は危ない」と、まず、大きな観点から、考えないのか。

     不思議だ。これほどに、どうして、お前たちは、そんなに、
    トランプを嫌うのか。

    やっぱり、お前たちの正体は、ムーニ-(統一教会)の手先どもだからだ。

     日本の温厚な、そして、まじめな保守の人たちは、
    「このままだと、中国軍が、尖閣諸島を攻め取りに来る」と、心配している。 

    今の海上保安庁(海保 かいほ)の人員
    2千人(最近、900人から大幅に増員した)の4隻の大型艦船では、
    とても、中国の、海保である、海管(かいかん。海洋管理局)には勝てない、
    と分かっている。

    中国の方が、今や、日本の10倍ほどの艦船を、この海域に動かしている。

     だから、尖閣諸島は、中国と仲良く、この海域の海底の天然資源(天然ガス)
    と海洋資源(魚)を、共同開発する、という、

    田中角栄(日中国交回復した。1973年)と、
    福田赳夫(日中条約を締結した.1987年)の時の、

    「日中は、仲良くする」の地点に、さっさと復帰するべきなのだ。
    中国政府もこのことを望んでいる。
    二階俊博・自民党幹事長の議員勢力が、このことの為に必死で頑張るだろう。

     私は、この10日間の、アメリカ大統領選挙の緊急事態で、
    ずっと、情報、知識を集めていた。

    大量の現地情報も集まった。
    それらは、すこしずつ書いて公開して行く。

     私が、ひとつだけ、おお、この人は、凄い。
    この人が、ユーチューブで、語っていることは、冷静沈着で、理詰めえ、
    実に、しっかりした、SNSの報道になっている。

     それは、及川幸久(おいかわゆきひさ)という人物の 
    Youtube での番組だ。ところが、
    何と、この人は、幸福実現党(こうふくじつげ)の対外(たいがい)局長
    という役職にある人だ。

    私は、驚いた。幸福実現党は、大川隆法(おおかわりゅうほう)という教祖を
    頂点に戴く、多くの出版物を出している、
    おかしな宗教団体の幸福の科学の、その政治政党部門だ。 

     ここは、大きくは、統一教会Moonies の 表面団体であり、
    フロント組織だ。どうして、こんな、私、副島隆彦にとっての
    警戒対象の組織に、こんな、優れた頭脳をした人物が、いて、

    今度のトランプ選挙のことで、極めて正確で、緻密な報道、
    報告をしてくれているのか、私に、今のところ分からない。

    私の理解を超えている。

    そのうち、この謎は解けるだろう。 

    取り敢えず、以下の 及川幸久氏の、
    最新の11月16日の、ユーチューブ番組を開いて視聴して下さい。

    https://www.youtube.com/watch?v=53hoDJwrOD8
    2020.11.16【大統領選継続中❗️】続ドミニオン疑惑!
    米24州で票改ざん?!内部告発者が証言‼️
    (敵の正体が徐々に明らかに…‼️)【及川幸久−BREAKING−】
    234,624 回視聴 

     副島隆彦です。この他に、ユーチューブに、
    Epoch Times group 「 エポック・タイムズ」社という、
    アメリカの ネットニューズ会社があって、そこが作っている、

    報道番組があります。

    この Epoch Times 「エポック・タイムズ」が、
    優れた正確な情報を、ユーチューブで、日本向けに日本語で発信している。

    ここは、法倫功(ほうりんこう。ファー・ルン・ゴン )という、
    中国のキリスト教徒の変種(自分たちでは、
    キリスト教徒の中国人が5千万人いると言う。カトリック=天主教系だ )が、

    ここを運営している。

    Epoch Times は、大紀元(だいきげん)社のことだ。
    大紀元は、中国共産党に反対して、闘っている反共(はんきょう)主義の、
    政治宗教団体だ。きっと内部の大きな、分裂があるのだろう。

     だから、私、副島隆彦から見たら、
    「おかしな、気持ち悪い連中だ」となる。

    それなのに、アメリカ発の、このEpoch Times のニューズが、
    この10日間で、一番、しっかりしている。 
    ですから、皆さんも、これらを見て下さい。

    上記の 及川氏の ユーチューブの画面の 横の、ネイル(一覧)に、
    それらが並んでいて、それらを開いて下さい。

    こんな角度からしか、今の日本には、世界の情報が入ってこない。

     本当に、哀れな国の、哀れな国民だ。
    目と耳と頭(思考力)を奪い取られ、潰(つぶ)されている人間たちだ。

     私、副島隆彦は、この地上に存在する、
    主要な、政治イデオロギーの各派、各流派を 分析することを
    自分の専門職と決め、そのために生きて来た人間だ。

    私は、今、病原菌の研究をしているウイスル学者のような
    気持ちで生きている。だから、もうすぐ病原菌をさらに
    細かく分類を細かくする。

    真実の真実を、何ものも懼(おそ)れること無く、
    見極めなくてはいけない。
      
    副島隆彦拝 


    副島隆彦の学問道場・重たい掲示板より
    http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

    ===============

    以上です!!


    日本国憲法21条の

    「集会、結社及び言論、出版
    「その他一切の」表現の自由は、これを保障する。

    検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、
    これを侵してはならない。」

    を元に副島先生の言論を見ていただきました。

    ちなみにそれで今まさにアメリカで問題視されてるのが

    言論表現の自由Freedom of Speechこれ事態が

    最早マスコミたち大手企業BIGTECHたちによって


    骨抜きにされつつあるということですよね。


    トランプ大統領も最近共産主義、Communismの危険性について
    これよく言ってるのですが

    実際はディープステートと呼ばれる彼らの基本思想が
    共産主義といわれますが


    まさにこうやって、今回のように情報統制をするのですね。


    それでいまや上に副島先生があげられてるような
    特殊なというと失礼かもしれませんが

    主流ではないメディアからなんとか私たちは情報を取ることができる
    みたいな恐ろしい情報統制の現状となっております。


    それで今日はかなり大きな重要なツイートをトランプ大統領が
    してまして

    「(裁判で係争中だった)ネバダにて先ほど勝利したぞ」
    という超重要なツイートがあったのですが

    そう「マスコミは一切報じず」となってます。


    それでこの数日ですがトランプ大統領および弁護団の方々が

    「クラーケンを放つ」なんて話しているのですが


    この「クラーケンを放つ」ってのは映画か何かの表現で
    とんでもないものを(裁判にて)放っていく

    という意味で使われてるでしょうが

    どうもこれが不正投票集計機のドミニオンにまつわるもの
    である可能性が高まってますよね。


    トランプ大統領の最強弁護士たちのツイッターが以下なのですが
    そして以下のツイッターの内容はこれ

    マスコミは報じずとなってますが

    こちらも重要なソースですよね。



    ジュリアーニ弁護士ツイッター
    https://twitter.com/rudygiuliani

    シドニーパウエル弁護士ツイッター
    https://twitter.com/sidneypowell1

    リンウッド弁護士ツイッター
    https://twitter.com/LLinWood


    あとは最近アメリカ人たちに見られているのが
    News Maxというネット中心の報道ですが

    こちらですね。


    【動画】最近頑張って真実を伝えようとしてる
    News Max
    https://youtu.be/tmILp_4sJ9M




    あとはこちらエポックタイムズ(日本語版)ですが
    この前ポンペオ長官が トランプ大統領の2期目に言及しましたが

    素晴らしい分析をこちらで扱っております。


    (動画)■選挙を盗むのを止めろ!
    不正選挙に怒り爆発させる米国国民 お祭り騒ぎのバイデン陣営
    https://youtu.be/bS7GgtmjcE4



    それで最早 情報統制を行ってるマスコミたちが
    大きく報道規制をしておりますので

    情報自体をとることが難しくなってるのが
    まさに米大統領選挙ですが

    ネット上では以下のような声も出てますね。


    わたしが注目したいくつかの声が以下です。
    こちらはもう訴訟に関する案件なので表には出てこなそうな
    内容ですが、


    どうも確かに以下のような動きがあるように私には見えてます。
    一応扱うので真偽のほどは****さんの判断に任せます。

    ↓↓



    ■ドミニオン社で内部告発があり、
    3人からの宣誓供述書がだされましたね。
    バイデン陣営の息の根とまるか見物ですね


    ルドルフ・ジュリアーニ、
    シドニー・パウエル、
    リン・ウッド、
    トランプのもとに馳せ参じた凄腕弁護士たち。
    今回の訴訟に対して、彼らは相当な自信があるようです。


    単にトランプ勝利を導く以上の意味がこの訴訟にはあります。
    勝敗はもはやどうでも良いとも言えるかもしれません。

    仮に今言われているようなドミニオンを介した
    全米を巻き込む選挙の不正があった場合、前代未聞の大事件です。

    FOXでも連日のようにシドニーパウエルが
    この疑惑を公の電波に乗せて
    全米に向けた発信をしているため多くの
    アメリカ国民が少なくともこの疑惑があることを認知しています。


    これが単なる疑惑でありトランプサイドの悪あがきで
    あったほうがよほど良いとも言えます。

    仮に本当にこんなことがあったのなら、
    国家転覆の企てにリアルタイムで出くわした事になります。

    恐ろしい事です。



    ■いまやトランプ支持もバイデン支持もなく、
    民主主義の価値観を持つものと、民主主義への冒涜を
    許容するものとの戦いの様相を呈しています。

    告発者が’集まったので、ドミニオンで提訴するつもりでしょう。
    こちらの方が激戦州6州を一度にひっくり返すことができますし、
    不正にかかわった多くの官僚、政治家、企業、CCPを一網打尽にできますから、



    (トランプ大統領の大型訴訟開始するという、発表について)

    ■まあ、大型と言うより核心だろうな、
    ドミニオンのサーバーの元を海軍のシークレット部隊が
    全て押収したのは大きい、

    それも情報が漏れない様にCIA も外された。

    これで情報操作が証明されたら、青色組は一貫の終わりかもな。
    しかし、青色がやる事は大胆不敵で分かりやすい。



    ■トランプ大統領は、28州で使われたドミニオン社集計システムに
    誤作動があったとして提訴するとしています。
    米軍はドイツにあるドミニオン社サーバーを押収しました。

    ドミニオン社製集計システムを使った州は全て
    手作業で数え直しになる可能性があります。

    ↑↑


    以上です!


    また最近トランプ大統領のリンウッド弁護士が言ってるのが

    「トランプ大統領の顧問弁護士Lin Wood氏:
    「バイデンと彼の犯罪者の仲間たちは今夜よく眠れないだろう。
    バイデンはおそらくScytlという名前を忘れたからかもしれません。

    彼の共謀者は名前をよく知っています。彼らはまた、
    10/20にScytlを購入した
    会社であるParagonという名前も知っています。

    すべてが明らかにされます。」



    ということですね。


    どうもこの辺の投票不正の集計機周りの政治が
    背後で相当分かってきてるようです。


    それでいきなり上の話聞いても分からないわけですが
    (というのはマスコミで全く報道されていないから)


    ただ トランプ大統領のジュリアーニ弁護士の動画なんかを

    見ると、


    ここ数日一気に背後で裁判闘争を通じて動いてきてるのが
    感覚的に分かってくるのですね。



    【動画】ジュリアーニ弁護士の新しい動画
    https://youtu.be/sd-5Xm5PFmg



    ここでもう不正選挙どころではなく
    「不法」選挙が行われていた実態が

    宣誓供述書とともに実は示されてるのですが


    本来はマスコミがこれ報道しなければいけないコンテンツであろう
    というのが私が見ていたところです。


    それでジュリアーニ博士は再びマスコミが
    「トランプ陣営が証拠を示さない」といってることに対して


    「数千もの証拠があるぞ。
    ただ彼らはそれを鉄のカーテンで隠して
    一切報道しないだけだ」

    とばっさり切っておりますよね。


    ちなみに上のジュリアーニ弁護士の動画では

    宣誓供述書の数枚をリアルにユーチューブで流してるのですが


    この「宣誓供述書こそが証拠」なんですね。


    この宣誓供述書ってのは 嘘がないって誓った上で
    供述されてる文書で ジュリアーニの動画で彼が語ってるところですと

    もし嘘をついたら少なくとも5年以上の収監となるようです。


    だからこれ証拠として裁判では実際に採用されるんですが

    ただこれがもう処理できない数、宣誓供述書が過去にないほど出ている

    わけですね。


    ちなみにマスコミは報じないけど上のジュリアーニ弁護士の
    主張は理解してるとしか思えなくて

    最近「トランプが根拠もなしに不正を言ってる」という言い方を
    急にトーンダウンさせてますが

    これはおそらくジュリアーニ弁護士たちの宣誓供述書の意味を
    彼らマスコミも理解してるからですよね。



    それで内容がこれ結構すごくて


    投票管理所の内部の人らの内部告発となりますが

    まず投票の日付の改ざんをするように上司に言われたっていう

    内容から始まり、


    さらにはもう完全にアウトでしょって内容も宣誓供述書にあるのですが

    投票所で働いていた人らが実際に投票所にやってきた人たちに

    ジョーバイデンに入れるように働きかけており、


    さらには投票者たちと一緒に投票のブースまで
    ついていき、

    そこで彼ら投票者たちが「誰に入れたか」をしっかり
    見張っていたということまで

    宣誓されてるのですが、


    ジュリアーニ弁護士は「Completely illegal(完全に違法)」

    といってますが、


    それはそうですよね。


    例えば私たち日本人がこれ投票所にいって「○党に入れてください~」
    とか言われたとして

    そしてその投票監視員がその後もずっとついてきて
    自分が誰に入れたかを監視されてたとしたら・・・


    これ結構普通に怖いと思うんですが

    それがされていたってことでちゃんとこれが宣誓供述書で取られてる
    わけです。



    それでさらに衝撃的なのが

    「投票にやってくる人のIDとかの個人識別を厳格にしないように」
    というお達しがされてるってことも

    また言われていたらしくて

    ジュリアーニ弁護士も

    「そんなことしたら 不法移民や他所からやってきた不法投票してきた人間でも
    投票できてしまうじゃないか」

    って突っ込みになってしまうのですが


    まさにその通りなんですね。



    それでもうこれ一連のビデオですが英語で

    全部の日本語翻訳がなくて恐縮ですが


    まあヤバいわけで

    特にもう23分30秒~くらいの

    (法的に裁判で証拠となる)宣誓供述書の内容が

    ある意味ぶっ飛んでいて


    これジュリアーニ弁護士も大きなリアクションで逆に笑ってますが

    なんでもこの投票所の内部告発者の方の宣誓供述ですと


    一回集計が終わったところに朝の4時半とかに

    急に「何十万もの票」がやってきたってことなんですよね。


    これがすごくて 朝の4時半、深夜過ぎに急に

    その何十万もの票がやってきて


    8つの長いテーブルの上に並べられたそうです。


    それで今まで自分達が集計していた票とは全く違って

    後ろの部屋からその数十万の投票用紙がやってきたそうです。


    それでなんとこの宣誓供述書の方が誓って言ってるのが

    「私が見た票の全部がバイデン氏への投票であった」

    とまで、供述されてるのですね。



    これもうすごい内容なんですが

    実際にこれらの宣誓供述書が沢山集まってしまってるようで

    これが最高裁でも審議されるのでしょう。


    それでジュリアーニ弁護士も今回のこの宣誓供述書のような

    分かりやすい犯罪内容はおそらく前代未聞で


    「なんておかしなことだ。

    投票の集計が終わった~と思ったら

    午前4時半に、急に外から数十万もの投票用紙が


    サンタクロースのプレゼントのように持ってこられたと。

    もちろんサンタクロースはまさか
    それが選挙不正の投票用紙のプレゼント
    だとは思っていないだろうけども」


    なんて皮肉を言うわけですね。


    それで私はこの数日このトランプ陣営の弁護士たちの
    特にジュリアーニとパウエル弁護士 リンウッド弁護士の

    動画やらあとは一部出してくれてる宣誓供述書見ているのですが


    なんで彼らのような敏腕の超強い弁護士が
    負けたらかなり痛手なのに

    この裁判でトランプ陣営の弁護士となってるのか
    よく分かったわけです。


    もうここまで宣誓供述書が取れて、広範な証拠が取れて
    なおかつパウエル弁護士については

    相当ドミニオン周りの宣誓供述書取ってますが


    もうこれらの証拠を含めて最高裁で負けるシナリオが
    彼らからしたら相当低い確率になってるんだろう

    ってのは分かるんですね。


    それでこれらのこの数日の宣誓供述書、内部告発の成り行きを

    見たらトランプ大統領が

    「先ほどネバダで勝利したぞ」と


    急に今日、ツイートした理由も分かるんだけど

    おそらく裁判所でこれらの宣誓供述書が証拠として威力を

    発揮したのでしょう。


    しかもこれらの証拠が数千あるというから驚きです。


    だから事態は トランプ大統領+最強弁護士 VSディープステート

    の戦いとなりまして


    まあとんでもない戦いとなってます。


    そしてこれはアメリカ人だけのための戦いではなくなってきていて
    世界の民衆 VS ディープステートの戦いまで

    発展してきてるわけですね。


    実際にこの数日、コロナ関連でマスコミが
    「恐怖ごり押し」してますよね?


    死者数は日本ではコロナの死者数は1800人ちょっとで
    これ毎年のインフルエンザよりもはるかに少ないのにも関わらず

    ですが


    ここから 外出時のマスク義務化とかどんどん
    憲法を破壊していきたいっていう試みを彼らは考えてるでしょうが

    これをきっかけにあらゆる理不尽なことを
    悪の軍産官僚やディープステートと呼ばれてるかたらは
    強制していくのは嫌でも分かりますよね。


    おそらく、ワクチンしていないと飛行機に乗れないみたいな
    スキームを組みたいはずです。


    まさにジョージオーウェルの1984年の世界ですが
    完全監視社会に突き進む手前におりますが


    一方トランプという民衆側に付く天才が現れ
    なんとか今優秀な弁護士たちと戦ってくれてる
    わけですね。


    だから日本だけではなく世界中の人たちがこの戦いに注目してますが
    弁護士たちが宣誓供述書をもって相当な証拠を築き上げてきている
    現状ですね。


    ということで戦いの火蓋は切って落とされまして
    これからいよいよ本格的な裁判闘争で

    6州の結果がひっくり返される事態が想定できますので
    注目して引き続き見て行きたい所です。


    私は馬鹿にされても
    これらの宣誓供述書の多さを踏まえると
    トランプが勝つ可能性のほうが未だに高いという考え方なのですが


    いずれにしてもここまで戦ってるデモクラシーのリーダーを
    支えるのが民衆の仕事だとも勝手に思ってますので

    これからも引き続きこの件については注目して
    自分ごととして見ていきたいものですね。


    そしてマスコミは既にもう情報統制を行っており
    憲法21条違反でもありますけども

    情報自体がまともに取れなくなってますから
    なんとか自分達で 情報を探していき

    現状認識できるように情報も自分なりに整えていく必要がある
    と思います。

    それでは!!



    ゆう










    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FXの裁量×自動売買をあわせて


    投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


    ”THE THIRD”ですが

    新特典も含めた特典ページが出来上がりました!】


    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/

    (「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

    重要な教訓に基づいて

    裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

    未来の保証はできませんし100%はないものの、

    ただ現状、

    4年7ヶ月で負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。



    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆













    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)



    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る