ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2020/12/31  【無事・健全なまま運命の1月6日に入れそうなペンス副大統領】 (副題:ジョージア州でドミニオンハッキングがリアルタイムで証明された)
  • 2020/12/30  【テキサス州の共和党議員がペンス副大統領を訴えた理由について考える!】 (副題:あのCNNが最も尊敬できる男としてトランプ大統領を報道しだしてる)
  • 2020/12/29  (米大統領選) 【トランプ大統領の最近の「絶対あきらめない!」という ホワイトハウス公式・声明文を見て考える!】 (プレッシャーがかかるペンス副大統領について考える!)
  • 2020/12/28  【副島先生の最新言論から引き続き米大統領選挙について考える!】(副題:幼児の人身売買問題や、アメリカの世論勢力の変化、パウエル弁護士の最新レポートなど!)
  • 2020/12/27  (コラム)【2020年は「同調圧力」と「強制」の時代でした!】
  • 2020/12/26  【最高裁判事バレットたちが「勇気」を出す日、について 考える!】(トランプ陣営の予測できない複次元的な戦い!!)
  • 2020/12/25  【ネット上で「アメリカ大統領2021年10月」と検索すると トランプ大統領が出てくるようになった と話題になっている】 ことについて考える!(副題:ペンスカード2シナリオ)
  • 2020/12/24  【ペンス副大統領の手に委ねられそうな世界の自由民主主義】について 考える!
  • 2020/12/23  【トランプ大統領の2020年クリスマス演説動画を見る!】 (副題:反乱法(insurrection Act)を無効化する内容を6000ページの 予算案に忍ばせた民主党の焦り)
  • 2020/12/22  【「コツコツの秘訣」とは!?】(残り5時間で終了です)
  • 2020/12/22  【残り10時間はまだ「期間限定の特別価格」で手に入ります!】 (副題:サラリーマンの月収30万円と 自営業の月収30万円は どっちが豊か?)
  • 2020/12/21  【THE-THIRD運営から****さんへのメッセ-ジをお送りいたします※ラスト1日】(副題:マスコミがなんと再選挙、戒厳令シナリオなどを報じだす)
  • 2020/12/21  【悪のマスコミたちが「コロナ変異種の恐怖プロパガンダ」を展開して ワクチン強制化の扇動を仕掛けていくシナリオを考える!】
  • 2020/12/20  【※残り2日】失敗から学んで年利200%を達成!(副題:アメリカではInsurrection Act(反乱法)と言う言葉が多く 使われだしてる!?)
  • 2020/12/19  【残り3日】どんな生活にもマッチする資産形成とは?
  • 2020/12/19  【米大統領選挙で全米震撼の「ナバロレポート」が登場した意味 について考える!】
  • 2020/12/18  【「大きな資産」を構築するためには1?(残り4日)】(副題:トランプのためにアメリカの「リバータリアン」がついに立ち上がる)
  • 2020/12/17  【THE-THIRD】 投資で生き残る「1割」の世界に入りましょう・残り5日(副題:「Insurrection Act (暴動鎮圧法)」にリンウッド弁護士が言及した)
  • 2020/12/16  【副島先生の最新言論からアメリカ大統領選における「1国家非常事態宣言⇒2Insurrection Act ⇒3戒厳令」の流れについて考える!】
  • 2020/12/15  【最新の成績公開】リアルタイムに出続けている利益をご覧ください。 (副題:トランプ大統領はバイデン息子を仕留めることが重要!)
  • 2020/12/15  【投資は「究極のひまつぶし」である、という話】を考える!
  • 2020/12/14  【「50個以上のEAで唯一生き残った」 THE-THIRDシステムが残り8日で値上げとなります!】
  • 2020/12/14  【米大統領選挙は2021年1月6日あたりまでが 山場・本番となっていく】ことについて考える!
  • 2020/12/13  【「2歳児がマスクを嫌がるので搭乗拒否」という事案が アメリカの航空会社で起こっている、ことについて考える!】
  • 2020/12/12  【トランプ大統領は戒厳令の根拠を得つつある ことについて考える!】
  • 2020/12/11  【「眠らせているお金を明日から増やしていきましょう!」】(副題:「金利がつかない資本主義とは言えない国で戦う考え方とは?」)
  • 2020/12/10  (すごい!)【テキサス州など20州近くから一気に トランプ陣営の「最大の反撃」が開始された】 ことについて考える!
  • 2020/12/10  【ネットが昔よりせまく、つまらなくなっている、と感じるのは 「情報検閲」の影響である、という話】(副題:アリがゾウを倒す戦略)
  • 2020/12/09  【副島隆彦先生の最新言論「トランプが、戒厳令(マーシャル・ラー)を発令するだろう。」を読み「1億人の立ち上がるアメリカ国民」について考える!】
  • 2020/12/08  【特別価格は12月22日火曜日までになります!】(副題:アメリカ大統領選挙は「嵐の前の静けさ」)
  • 2020/12/08  【ワクチン強制を検討する航空会社が ついに現れつつある、ことについて考える!】 (為政者によるワクチン強制接種スキームとは!?)
  • 2020/12/07  【「ネットで稼ぐスキル+英語話すスキル」の2つのスキルは アフターコロナの人生を「圧倒的に」変える】という話
  • 2020/12/06  【新動画】トランプ大統領がジョージア州で 「勝利へ向かう」演説をしました!(すごい盛り上がりです)
  • 2020/12/05  【「世界人口78億人」の中「150万人のコロナ死者数」は 多いのか?少ないのか?】を考える! (副題:不正選挙の証拠映像とペンス副大統領演説を見る!)
  • 2020/12/04  【残り5時間で追加特典は削除です!】会員様の実績が弊社の実績となります。
  • 2020/12/04  (動画)【リンウッド弁護士の「勇気」、 内部告発者の方々の「勇気」を見て考える!】
  • 2020/12/03  【EA×裁量】裁量判断のチャットを通じて「長い目で」負けない運用を! (残り1日で特典4が終了)
  • 2020/12/03  【リンウッド弁護士に続いてトランプ大統領に恩赦されたフリン元補佐官も 再選挙および戒厳令に触れだしたことについて考える!】
  • 2020/12/02  ※4年8ヶ月目突入! 【追加特典削除まで残り2日】最大ドローダウンはどれくらいですか?
  • 2020/12/02  【アメリカにおける再選挙シナリオ、およびトランプ大統領の最高裁への道が 開かれつつあること、を考える!】
  • 2020/12/01  【日本はこれから対米従属から抜け出し自立を探る】ことについて 考える!
  • 【「2歳児がマスクを嫌がるので搭乗拒否」という事案が アメリカの航空会社で起こっている、ことについて考える!】
    配信日時:2020/12/13 20:15
    【「2歳児がマスクを嫌がるので搭乗拒否」という事案が
    アメリカの航空会社で起こっている、ことについて考える!】

    ⇒編集後記で

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FXの裁量×自動売買をあわせて


    投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


    ”THE THIRD”。

    「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

    重要な教訓に基づいて

    裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

    未来の保証はできませんし100%はないものの、

    ただ現状、

    4年7ヶ月⇒4年8ヶ月で
    負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧いただきまして

    ありがとうございます!



    さてさて、前号で


    【トランプ大統領は戒厳令の根拠を得つつある
    ことについて考える!】

    という号を流しました!!


    ■バックナンバー
    【トランプ大統領は戒厳令の根拠を得つつある
    ことについて考える!】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202012&MID=2753#2753


    さてそれでその後ですが なんと、「テキサス州が独立」なんて話も
    出てきておりまして、

    まあとりあえずすごいことになっておりますよね。


    昔、テキサス州は元々メキシコであったときもありましたが
    この1日で EUからのイギリス離脱問題の Brexit にかけて
    Texit っていう言葉さえ出てきてる状況ですよね。


    ちなみに副島先生の2019年の本で


    「国家分裂するアメリカ政治 七顚八倒」


    という本があって、私も以前日本にいたときに買って、
    読んだのだけど

    そこではアメリカが3分裂して3つの国に10年後なっていく
    なんて話ですが

    当時これはあまりに進みすぎてる内容?ではありましたが
    2020年の今、テキサス州が独立を志向する動きなんかも

    言われだしていて

    結構すごい状況となってきております。


    それで今回、トランプのある種「自由陣営」と
    バイデンをフロントとした「社会主義、共産主義陣営」の

    大きな戦いとなっておりますけども


    世界はどんどんこの1年、まさに狂った、クレイジーな状況に
    なっているな~とも思います。


    ちなみにですがこの前航空会社がワクチンを搭乗時に強制しようとしてる
    と言うことを流しましたが

    これは数年前だともうある種陰謀論とか
    そんな類の話だったのに、

    これが現実化してるわけですよね。


    【ワクチン強制を検討する航空会社が ついに現れつつある、
    ことについて考える!】 (為政者によるワクチン強制接種スキームとは!?)
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202012&MID=2747#2747



    それで私が最近見て驚いた映像があって

    それが


    【2歳児にマスクを強制する航空会社がアメリカに現れている】
    ってことですよね。


    この映像、いつまでご覧いただけるか分からないけど
    2歳児のお子さんがいらっしゃる家族でお父さんお母さんは
    マスクするんだけど


    やはり2歳児あたりですと呼吸が苦しくなるので
    マスクしたがりませんが


    そこで機長たちが2歳児にマスク強要してるんだけど
    そこで2歳児がずっと断ると

    「飛行機に搭乗させられません、出て行きなさい」

    という動画なんですが


    これ皮肉を言ってるコントでもなんでもなく
    「リアル」に起こってるわけですよね。。


    【動画】2歳児にマスクを強要する航空会社と
    2歳児がどうしてもマスクしないので搭乗拒否されてる様子。
    https://mobile.twitter.com/ClayTravis/status/1337624558044651525


    例えばですが1年前にこんなことに世界がなってしまう、
    なんてのは誰もが考えられなかったことでしょうが

    例えば1年前に誰かが

    「1年後は、飛行機で2歳児でもマスクが強要されて
    それができないと 2歳児は飛行機から追い出される、
    そんな社会になるんだぜ」

    なんていってもですね、誰もこれ「まさか、そんな」と

    いうことで信じなかったはずですが

    現実は・・・これが本当の世界になってしまってるんですね。



    それで実は上の動画はリンウッド弁護士がツイートしていた
    動画なんだけど

    「もはやこれはアメリカではない」ってことですが
    アメリカというか日本でも以前は考えられなかったことでしょうが


    世界はどんどん狂って来てると。


    それで今回トランプがそれでも頑張ってますが
    彼がなんとか耐え切ればそこでこの動きは止められるかもしれないけど

    一方バイデンというか民主党などエスタブ陣営が
    「不正の完全犯罪」を成功させればですね、

    こんな社会がどんどん進んでいくわけでして

    まあ恐ろしいことだな、と私は見ておりました。


    編集後記で!






    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    【「眠らせているお金を明日から増やしていきましょう!」】
    (副題:「金利がつかない資本主義とは言えない国で戦う考え方とは?」)

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



    さて、それでそんな中、危ない相場は避けて

    なんだかんだもう4年8ヶ月の間

    負けないで運用されてるのが


    かなり人気の ザ・サード ですね~



    今日は引き続き事務局市原さんより

    ****さんにメッセージです!



    ====================

    【値上げまであと少し】
    眠らせているお金を明日から増やしていきましょう。


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【ゆうさんの読者様限定特典】

    ⇒ https://the-third.net/tokuten_new

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    ゆうさんのメルマガ読者の皆様、

    いつもお世話になっております、
    システム運営事務局の市原です。


    早い事にもう12月も2週目が終わりますね。


    THE-THIRDシステムの実力と可能性について
    2ヶ月以上もの間
    こうしてゆうさんと一緒にお話しさせていただきましたが、


    前回、お伝えしました通り、
    ~~~~~~~~~~~~~
    特別価格でご案内できるのは
    ~~~~~~~~~~~~~
    12月22日(火)までとなっております。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~

    もし、運用を始めるのであれば
    少しでも初期費用を抑えたいと考えるのが
    当然だと思います。


    今後、手元に残る利益を増やしていくためにも
    特別価格で手にすることができるこの期間中に

    ご検討・ご決断頂きます様、
    宜しくお願い申し上げます。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ▼特別価格でのご参加は12月22日まで

    ⇒ https://the-third.net/tokuten_new
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    さて、少し考えてみていただきたいのですが、

    「負けない運用」に力を入れることで
    4年半以上もの長い間、
    実績を更新し続けているシステムですので

    初期から4年間ずっと運用し続けていたら
    今、大きな成果が出ていることになります。


    公式の実績を確認していただくと分かる通り、
    現在、4年半の運用で
    プラス1343%となっていますので

    当時、30万円の資金で始めていたとしたら
    単純計算で400万以上の利益が出ていることになります。


    もちろん、ロットの設定や資金の額、
    運用状況によって結果に多少差は出てきますが

    "負けずに"結果が出ている事には
    変わりありませんので
    どちらにせよ、大きな成果となって現れているはずです。


    初期費用分を除いたとしても
    非常に大きな利益ですよね。



    逆に、もし、資金として回していた
    30万円を貯金していたとしたら、
    ほとんど増えることはありません。


    昔は金利が高かったので
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    「貯金する」選択をする方が多かったですが
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    今は金利が低いため、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    銀行に預けていても増えることはないのです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    それどころか物価が上昇して
    実質的には価値が下がってしまう場合もあります。



    もちろん、最低限貯金することは安心に繋がりますし
    万一の備えとして大切なことだと思います。


    しかし、余裕のある資産を
    少しでも資金として回すことで

    仮に、400万以上ものプラスを生み出す可能性が
    THE-THIRDシステムにあるとするならば、
    是非ともその選択しを加えるべきかと私たちは思います。



    今、ここでお話ししているのは
    あくまで“たられば”ですが、

    400万円と言わずとも、
    実際にプラスの結果を出している会員様は
    このようにたくさんいらっしゃいます。


    ☆★☆★☆★会員様からのご報告☆★☆★☆★


    ▼正直、すごいEAだと思います!

    http://the-third.net/yuu/1204-3.png

    ▼ここまで続いているEAは今までありませんでした。

    http://the-third.net/yuu/1204.png

    ▼$1239の利益でした。ありがたいことです

    http://the-third.net/yuu/1204-1.png

    ▼約2万7千円程の利益確定となりました。

    http://the-third.net/yuu/1204-2.png

    ▼12月1日の時点で10,000円の利益となりました。

    http://the-third.net/yuu/1204-4.png

    ▼低リスクで結果11,500円の利益でした。

    http://the-third.net/yuu/1204-5.png

    ▼私も2%という利益を出すことができました!

    http://the-third.net/yuu/1204-6.png

    ▼コツコツと運用して結果がでております

    http://the-third.net/yuu/1130.png

    ▼リアルでプラスになったのは初めてです!

    http://the-third.net/yuu/1130-1.png

    ▼おかげ様で欲の制御ができるようになりました

    http://the-third.net/yuu/1130-2.png

    ▼15.8%の利益を獲得することができました

    http://the-third.net/yuu/1130-3.png

    ▼4日間で1%ほどの利益でした。

    http://the-third.net/yuu/1125.png

    ▼10月は50万円近くの収益を上げることができました

    http://the-third.net/yuu/1109.png

    ▼いつもながらありがたい事だと感謝

    http://the-third.net/yuu/1109-1.png

    ▼より安全を心がけて運用しようと思います

    http://the-third.net/yuu/1109-2.png

    ▼先月は9.71%の利益となりました。

    http://the-third.net/yuu/1109-3.png

    ▼望外の結果に感謝の念にたえません。

    http://the-third.net/yuu/1109-4.png

    ▼家族にご馳走できるようになってきました

    http://the-third.net/yuu/1011-3.png

    ▼合計利益50万超え third凄すぎます笑笑

    http://the-third.net/yuu/1011-2.png

    ▼9月月報は利益+92,698円でした。

    http://the-third.net/yuu/1011-0.png

    ▼不運な損切りがありましたが無事利益確保

    http://the-third.net/yuu/1011-1.png

    ▼お蔭様で30万円が120万までなりました。

    http://the-third.net/yuu/1006-0.png

    ▼毎月10%以上の利益が出ております。

    http://the-third.net/yuu/1006-1.png

    ▼約29万の利益となり9月を終え大満足

    http://the-third.net/yuu/1006-2.png

    ▼昨年より確実に資産が増えたことを実感しております。

    http://the-third.net/yuu/1006-3.png

    ▼EA飛んでるのが多い中しっかり利確

    http://the-third.net/yuu/line18.png

    ▼唯一残り、驚きの実績でした。

    http://the-third.net/yuu/line19.png

    ▼月利276,159円でした

    http://the-third.net/yuu/line17.png

    ▼今年1年で30万くらいの利益が有りました

    http://the-third.net/yuu/line7.png

    ▼稼働停止のタイミングで出金申請します

    http://the-third.net/yuu/line8.png

    ▼結果プラスで終えて最高です。

    http://the-third.net/yuu/line11.png

    ▼10か月が過ぎましたが毎月利益出ています

    http://the-third.net/yuu/line14.png

    ▼オンオフ判断にも慣れて利益になっています

    http://the-third.net/yuu/line3.png

    ▼利益率95.65%になります。

    http://the-third.net/yuu/line5.png

    ▼約5ヶ月で110万ほど出ました。

    http://the-third.net/yuu/line6.png

    ▼約1ヶ月で20%の利幅が取れております。

    http://the-third.net/yuu/919-1.png

    ▼こんな優秀なEAは初めてです。

    http://the-third.net/yuu/919-2.png
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    運用を続けることで
    運用を始めた頃には
    想像もできなかったほどの利益を出している方、

    1つの収入源として確立し
    安定した生活を送られている方、

    THE-THIRDシステムの利益を
    さらに分散投資の資金とすることで

    実質リスクなく、
    大きな利益を生みだされている方など


    『あのときサードシステムを使ってよかった!』
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    と仰っていただける方が
    本当にたくさんいらっしゃるのです。


    過去の4年半の運用利益は
    今からではどうすることもできませんが、

    今、明日以降からの利益は
    あなたも手にすることができます。


    今眠らせているお金で
    未来の資産を創り上げて頂ければと思います。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ▼特別価格でのご参加は12月22日まで

    ⇒ https://the-third.net/tokuten_new
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    THE-THIRDシステムは
    今後も"負けない運用"に力を入れて、
    堅実な資産運用を行って参りますので

    ぜひ、この機会にご検討いただき、
    未来の資産を着実に増やしていただければと思います。



    現在参加を検討されている方がいらっしゃいましたら
    今現在の悩みや相談も承らせて頂きますので
    お気軽にご連絡ください。


    お電話が繋がりにくい時は、
    こちらのメールよりお問い合わせ下さいませ。

    ▼問い合わせメールはこちら

    info@the-third.net
    ==========



    それでは本日もありがとうございました。

    引き続きよろしくお願い致します。



    システム運営事務局
    市原



    ===============


    以上です!!



    それで上に事務局さんが「あくまでも"たられば"ですが」

    ということで前置きはしてるものの


    そう4年8ヶ月負けていないわけですが

    これ4年前くらいから開始していれば


    仮に30万円の元金だけで運用していた人でも

    住む国によって税制は違いますが


    実際は手元に400万円前後増えていたよねってのは

    これ確かにその通りなんですね。



    それで実はこの

    「"たられば”は意味あるか?」ってのは私もよく考えるんだけど

    これ結構大事な考え方なんですね。


    それで4年半前っていうと2015年とかで

    そのあたりはEA=勝って勝ってほったらかしで儲けまくるぞ~的な

    内容が主流であった時代でした。


    しかしここでサードは一部の媒体では

    「負けないことが儲けることより大事です」ってことで

    募集はされていたわけですね。



    「じゃあ私は4年半前にその情報を見て

    その情報の重要性である「負けないこと」を選択できたろうか?」


    ってことを考えるのは大事なんだけど


    そう、実際は多くの人が「儲けたい、稼ぎたい」みたいなところに

    集中したのが事実でした。


    2017年には仮想通貨ブームもありましたよね。

    そこでやはり多くの人が「儲けたい、早く儲けたい」ってことで

    お金投じてその後の大暴落で損きりして大損してるんだけど


    要するに教訓としては
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    欲や焦りで 脳が思考停止すると
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    良い物や商品にたどり着かないっていうことですよね。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    だから"たられば”っていうけど実際は過去の自分の行動を

    反省するためにすごい大事なことだよな~、と私は思います。


    それでそこで 欲望に忠実で焦りまくってる人は

    今資産が増えてるどころか減ってるはずだけど


    一方、そこで「負けないことが大事だな」と当時考えて

    地味~~なサードを選んだ人は 


    運用金にもよるけど、また税金で毎年ある程度取られてるはずですが

    それでも数百万円以上はまあ資産がこの4年半以上で

    増えてる人が多いってのは現実なんですね。



    といっても・・・こういうエピソードを書くと

    絶対に100%儲かると曲解する人がいるので書いておきますが


    100%これからもそれが続く保証はないですし

    負けることだって時にはあるかもしれないので


    その辺をみんなが嫌う自己責任原則で考えて

    投資家は「自分自身の判断で」リスク決定をする必要があります。


    そして

    その自己決定の上でしっかり負けないで利益出されてるのが

    会員さんたちなわけですね。



    ▼ここまで続いているEAは今までありませんでした。

    http://the-third.net/yuu/1204.png

    ▼$1239の利益でした。ありがたいことです

    http://the-third.net/yuu/1204-1.png

    ▼約2万7千円程の利益確定となりました。

    http://the-third.net/yuu/1204-2.png

    ▼12月1日の時点で10,000円の利益となりました。

    http://the-third.net/yuu/1204-4.png

    ▼正直、すごいEAだと思います!

    http://the-third.net/yuu/1204-3.png




    まあそれで上の話ってのはスゴイ大事で

    そう、まず「日本では金利がつかない」のですね。


    銀行に100万円を置いていてもですね、

    実は金利が全くつかない、わけですよね。


    ほとんどがATM手数料で消えてしまうみたいな状況かと

    思います。



    ただ実は昔は日本は違ったのですね。


    これはよく書くことなんだけど

    私は知らなかったけどなんでも昔の日本では

    普通に定期預金で5%が年利で付いていた時代もあったそうなんです。


    だから100万円預けていた人は5万円が年間で

    定期金利してるだけで増えていたし、


    1億円預けられる人だったら500万円は毎年

    儲かっていた時代、が実際に日本にあったんですね。


    信じられませんが、これ本当なんですね。

    年長者の方に聞いたら分かると思います。


    が、あれから数十年・・・


    「日本の停滞の30年」がまさにバブル崩壊で訪れたわけですが

    ここで日本はどんどん低金利、ゼロ金利、マイナス金利と

    続いて今に至りますが


    まあだから「失われた30年」とか言われますけども。


    それでこれがスゴイ、日本の悲劇でもあるんだけど

    そして私自身が海外に居住しだしたのはそれが最も大きな原因であるけど


    そう日本にいる大人たちってのは

    大多数が「成長してる実感を得られず生活してる」

    はずなんです。


    たぶん・・・そうですよね??


    子供のころはシンプルに体が大きくなって

    身長が伸びて体重が増えて、シンプルに成長を実感できる

    わけですけど


    大体その分かりやすい成長が止まってくるのが

    25歳とか26歳くらいですが


    この辺で自殺する人が多いってのはまあ成長実感の欠如が

    私は大きいのではないか?とも感じます。


    ただ実は成長国の場合、「毎年分かりやすく経済が成長して

    ついでに貯蓄も成長する、増えてくる」わけです。


    これは海外の銀行持ってる方は分かるけど

    2%でも3%でもいいけど


    とりあえず定期預金に放り込んでるものは

    お金が増えてくるんですね。


    インフレ率ってのがあって成長国では物価も上昇するけど

    それ以上に預金は増えるってのが実際成長国では

    多くの人にとって当たり前なんです。


    だからそこではシンプルにマネーが増えるから

    まあ成長実感はその数字から得られてしまう社会ですね。


    また 街を歩けば3ヶ月前には全く何もなかったところに

    突貫工事でとんでもなく大きなショッピングモールが

    ボコボコできてきて便利になるんだけど


    こういう感覚があるとやっぱりシンプルに成長実感があって

    面白いという感覚が出てくるのです。


    しかし日本の場合は 悲しいかな金利が0というか

    実際はマイナス金利なんだけど


    「普通に生きてれば何も対策しなければ

    どんどん貯金が目減りしていく」ってのが


    実際の状態でありますが


    ここでは人々はドヨーンとして、活気がなくなるわけですね。


    だからそんな時代でなんとか活力もって生きるには

    「自分の資産に金利つける方法」を知っていないといけないのですね。


    それでそこで「自分の資産に金利つける方法」を学んだ人は

    なんとか日本で楽しく生きられるし


    そうじゃないと結構大変な人生になるってのが事実かと私は思います。



    それでこのサードについては

    EA+裁量のアプローチで現実問題4年半以上に渡って

    自分の資産に金利をつけることに成功してる人たちが


    沢山いるのは事実だから


    そういう意味で希少性があり、
    検討する価値はあるわけですね~


    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/




    それで、もう少し深い話を書きますけど

    それこそ今 アメリカの大統領選挙で

    「近代デモクラシーVS共産主義」の戦いとなっている


    ってのは****さんはご存知かと思うんだけど


    これはもう少し言い方かえると

    近代デモクラシーの上には資本主義が構築されるのだけど


    それは資本主義の絶対要件は「自由市場」が誕生するからですね。

    「自由な」市場と近代デモクラシーの自由主義の「自由」

    ってのはまあ同じなんです。


    が、実は多くの政治学者がこの事実に気づいていないので

    近代デモクラシー思想と資本主義を

    接続できないでいるんだけど


    だから近代デモクラシー(自由主義+民主主義)になるとですね、

    これが資本主義の土台になるわけで


    それがアメリカであるわけで

    アメリカは資本主義を初めて人類で発展させた国としても

    知られますよね。



    それで重要なのは今の戦いって

    「資本主義 VS 共産主義」の戦いでもあるんですけども



    ここで重要になってくるのが上の市原さんが書かれてる

    「金利」の話でもあるんです。


    シンプルに言って

    「資本主義では金利が付く」

    わけですよね。


    資本主義ってのは金利が付いてそこでどんどん

    経済がまさに雪ダルマ方式で増えていく体制であるわけですね。


    ここで公正な競争が起こり淘汰も大事なんだけど

    そこで人々がどんどん経済的に豊かになってきたってのが

    これ実際の話ですよね。


    ちなみに日本では反資本主義の人が多いので

    そこに反対する人が左派では大変多いのですが


    ただ実際に、金利がついて経済成長してる東南アジアあたりに

    住めば分かりますが


    昔、とんでもなく貧しかった飢餓で人々が苦しんでいた

    東南アジアでは実際は 日本より良い生活を最近は

    しだしてる現状です。



    それでここで大事なのが資本主義ってのは金利が付くってこと

    なんだけど


    「じゃあ日本では金利がつかないのに

    それは資本主義と言えるのか?」


    って大きな大きな問題があるんです。


    一応、表向きは日本は資本主義で近代デモクラシーの国だ

    ってことになってます。


    がその表向きとは裏腹に実質は、

    日本ではゼロ金利、マイナス金利という資本主義では起こり得ない事象が

    起こっておりまして、


    また30年間経済成長をまともにしていないわけですね。


    30年前の初任給と2020年の今の初任給がほとんど同じ

    になっているわけです。


    一方これ 最近のBRICSの新興国ってのは

    表向きの政治体制はなんであろうと、資本主義要素を導入した

    わけですが


    中国なんかはまあ今色々問題はあるといっても

    普通に大企業たちは初任給で40万円以上は出す状況になってますが


    ただ面白いのが中国は政治的には 

    一党独裁の共産主義国家なはずなんですね。


    それで私の場合3ヶ国語話せるからまあ色々な国にいって

    「自分の目で見て」判断することが多いのだけど


    実のところ最近の世界って

    先進国は 表向きは資本主義と、近代デモクラシーを言ってるけど

    実際は・・・そう、政治体制は社会主義、共産主義に近いわけですね。


    一方中国なんかは分かりやすいですが表向きは共産主義なんだけど

    私は上海なんかはちょくちょく行ったりしますが

    あとはシンセンあたりもそうでしょうが


    どの国より資本主義で事業が自由になってるわけで

    思いっきり資本主義なわけです。


    だからこれが面白いところで最近は

    表向きと実質の体制ってのが世界中で反転してる現象が

    あるんですね。


    実際 先進国のアメリカで共産主義に支配されそうだ

    ってことでトランプたちが戦ってますが


    一方中国がこれ思いっきりコロナにも関わらず経済回しまくって

    まるで資本主義そのものの構造で成長しまくってる・・・と。


    それでこの「実質のその国の体制」を判断するのに

    嘘がつけない数字があって


    それが実は「金利」なんです。



    私の場合世界中に長期投資する投資家でもあるので

    今年2020年は

    なんだかんだ5カ国に滞在して現地情勢や物価や経済状況などを

    自分の目で見ているのですが



    それで分かるのがやはりマイナス金利、ゼロ金利の国は

    やっぱり金利が付く、もしくは付きだしてる国と比べると

    元気がないな、ってことでもありました。



    だから多くの国が 自称で自分の国は資本主義だ、とか

    言うんだけども


    実際「じゃあ本当に資本主義か」っていうのは

    10年物の国債の金利など見ると分かりますよね。


    それで日本もアメリカも欧州の西側もそうなんだけども

    やはり金利がついていないのは事実なので


    実際は・・・それらの地域の体制ってのは

    資本主義と最近は言うことができず


    実質は共産主義や社会主義に親和性の高い社会になっている

    というのが私の見てる部分ですよね。


    ちなみに金利の面白い部分があって

    欧州でも西側あたりになると金利がマイナス金利でして


    もうその辺りの国は実質共産主義なんだけど

    ドイツやらフランスは政治体制も共産主義っぽくなってきてますが


    一方、西側とは別に東側や南側や北側の欧州地域では

    金利がそれでも1%はないくらいついておりまして


    ギリシャなんかも元気ないのかな?と思いきや

    私はこの前ギリシャにいたけどギリシャは結構商店が

    コロナでも空いていて みんな楽しくカフェで食事しまくっておりました。


    これ私がこの前撮った写真だけどギリシャでは

    外ではマスクなんて必要ないのでみんな楽しく飲食してましたよね。



    (写真)アテネの団地の中にあるカフェの様子1
    http://fxgod.net/gazou/picture/greece/athen_danchi17.JPG

    (写真)アテネの団地の中にあるカフェの様子2
    http://fxgod.net/gazou/picture/greece/happy_train42.JPG



    だからこれ面白いのがその国の金利ってそのまんま

    その国の活気であったり活気の回復につながってるのを

    強烈に感じるのですけど



    官僚や政治家は言葉や教科書で嘘をつけるのだけど

    「金利の数字」は嘘つけないのですね。


    特に金利の国債10年ものの金利ってのは一応自由市場で

    需給で価格決定されますから、


    10年物の金利ってのがその国の

    「本当の政治経済体制」を見るには重要なんです。


    それでここで見ると日本は・・・

    そうマイナス金利ですから


    本当はだから日本は以前は資本主義体制をやっていたけど

    色々それが換骨堕胎されてですね


    実質共産主義に親和性の高い社会に堕落しましてですね、

    これが「失われた30年」なんですね。


    30年間、全く成長しないってのはこれ

    私は成長国で暮らしてるから分かりますが


    ガチの精神的拷問ではないか・・・と本音では思います。


    だから私は成長してる国で暮らしたいので

    成長してる国で生活するようになったわけです。


    それで、ここで悲しいことがありまして

    成長していない国にいますとですね


    ずーっと資産が減っていくわけですね。



    ちなみに金利で貯金の数字が増えないだけではありませんで

    これ今の先進国はジャブジャブマネー、いわゆるQE

    金融緩和をやってるんだけど


    分かりやすくジャブジャブマネーっていう単語使いますが

    これは そのマネーの価値がどんどん減価していくわけです。


    ジャブジャブマネーにすると当然ですが

    そのマネーの価値がなくなってくるわけですね。


    例えば分かりやすいのが昔の日本では

    100円あれば自動販売機で缶ジュースが買えたはずなんだけど

    今は100円で缶ジュース買えませんよね?


    すんごい小さい缶ジュースとかになってしまうと思います。


    だから実のところ、ジャブジャブマネーを国家が継続してると

    お金の価値は落ちてくるんだけど


    だからジャブジャブマネーで金融緩和ってのは

    本当は増税・資産課税なんです。


    以前、貯金で100万円あった人であっても

    2020年の今の貯金100万円では買えるもの、消費できるもの

    が著しく減ってくるわけですね。


    昔ならその100万円で自動販売機で缶ジュースを

    1万本買えたでしょうが


    今では100万円あっても8000本とか9000本も

    買うことが難しくなってるわけですね。


    だから実際は目に見えないけどジャブジャブマネーQEって

    増税なんです。


    それで同じような貯金の数字に見えてもその通貨価値は明らかに

    下がってますし、


    あとは、QE、ジャブジャブマネーでですね、

    その同じ数字の貯金でも毎年、買えるものは少なくなっている


    ってのが先進国の状況なんです。


    だから実際は、ですが何もしないと毎年2%とか3%とか

    資産が実質は減っているってのが先進国の状況なんですね。


    それで私はこの前日本にいたんだけど思ったことがあって

    「自分が海外移住する前より随分と物価上がったんだな」

    ってことですよね。


    やっぱりなんだかんだ日本では物価は上がってますよね。


    けど政府公式発表ではインフレではなくデフレです、という

    話なんです。

    どんどん物価は安くなってるらしい。


    これはスーパーで買い物する主婦の多くが

    「そんなことはない」と反論する主張だと思います。


    「野菜も果物もめっちゃ高くなってるから」と言う感じですよね。


    だからこれ面白いことにおそらく日本では物価上昇率って

    統計での嘘があるはずなんだけど


    日本の体制は私が見た限り以前にそうなるとメルマガでも

    2013年に予告していたけど


    不景気の中の物価上昇が生じるスタグフレーションになってる

    と判断できるわけです。


    金利もつかないで資産価値が落ちるのに

    物価上昇、これが日本の生活を大変にしてる要因ですよね。


    色々な国で生活してるとこの辺比較してよく分かるんですね。


    さて、それでそんな中大事なのが

    今仮に貯金とか資産があってもですね、


    「実際その貯金や貯蓄を減価させないで

    それ以上にその貯金や資産に金利をつける技術を持って

    資産の価値を引き上げていく必要」


    があるんです。


    要するに今仮に100万円持ってる人でも

    その100万円の価値ってのは

    2021年とか2022年当たりになると


    その100万円の数値が貯金崩さないで同じだとしても

    その100万円の価値は2020年の98万円とか97万円くらいの

    価値になるわけですね。


    物価も各種税金も上昇しますから。


    だからこれが大事で、私なんかは常に

    「インフレの戦い」を意識してますが


    通貨全体が今世界中で価値を落としてるんだけど


    その価値が減価する以上に毎年自分が経済活動して

    その価値が減価した以上の収益を、すなわち時価総額上昇を

    出さないと

    豊かにはなれない、わけですね。



    だから通貨価値が毀損(きそん)してるのが先進国の状況ですから

    実は貯金っていうのは通貨の量で計算されるのだけど

    貯金にしても、通貨の価値 減価以上に貯金が増えていないと


    毎年毎年生活が苦しくなるってのが先進国の状況なわけです。


    日本がデフレと信じ込んでる人はまあそれで良いんでしょうが

    しかし私は定期的に日本に行って毎回物価が上昇して


    同じ値段で同じ商品買っても量が少なくなってたりするのを

    体感するんだけど


    どう見ても日本はデフレとは私には見えないんですよね。


    通貨をジャブジャブしすぎると経済成長での健全なインフレではなく

    あまり良くない悪いインフレ=通貨の価値が減ることによる物価上昇

    が起きるものなんだけど


    それは日本にこの前いたときに感じたものです。


    だからそういった特徴の国で住むとなった場合は

    やはり 自分の資産が減らないようにむしろ

    (政府が発表しない)物価上昇にも対抗できるように


    自分で資産に金利をつけて拡大できるスキルは必須なんですね。


    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/


    ちなみに私がこの前日本にいて色々見ていて驚いたのが

    軽自動車あるじゃないですか「軽」ですよ。


    軽自動車ってのは手軽な値段で買えるものという認識ですが

    なんか道路走ってるとよく軽自動車が地方で売られてるけど

    普通に軽自動車が200万円とかで新車が売られてる

    ケースもあったわけですよ。


    「あれ?こんな軽自動車の新車って高かった??」とか思いますが

    安いものでも150万円くらいの値段がついてるわけです。


    実際昔って軽自動車ってもっと安かった記憶があるんですが

    実際に軽自動車って10年間で36%も値段が上昇してるんですね。


    今の時代は軽自動車でさえも新車では150万円前後する時代なんです。


    だからそれを考えるとおそらくですが

    実際の物価上昇は政府は出してないと私は見てますが


    「自称」デフレ国である日本においては

    本当の物価上昇は3%前後ではないかなと

    私は見てるんだけど

    (以前にジャブジャブマネーしたベネズエラも
    本当の物価上昇率を隠した。)


    要するにそれ以上は資産を毎年 日本円ベースでは

    増やしていないとどんどん貧困になるってことだと

    考えてるわけです。



    まあだから マスコミ報道を真に受けて

    「毎年物価は安くなってどんどん 日本は物価が安く、

    暮らしやすくなってるぞ」


    なんて思ってる人は 全く経済活動を頑張る必要はないだろうけど
    (そんな感想持ってる人がいるのだろうか、とも思うけど)


    一方

    「政府の発表だとデフレのままで物価はどんどん安くなってるっていうけど

    なんか物価って高くなってるように感じてしまう。

    昔250円で牛丼食えたのに 牛丼一杯400円ってなんやねん。

    しかもなんか牛丼の牛肉がやたら薄いんだよな」


    なんて感じてる人は


    自分で負けないで稼いでいくスキル、

    を身につけるのは大事だと思った次第ですね~



    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/



    ということで実質日本では物価は上昇してるような予兆は見えますし

    さらに銀行に預けていても金利は付かない状態であるのは間違いなく


    そこで資本主義における経済成長がどうしても足踏みしてる状態なので


    ここで個人の私たちはなんとか強引にでも

    「自分の資産に金利をつける」


    ことが大事になりますね。


    私なんかはこういう考え方で頑張ってきましたけど

    まあ生活は相当楽になった実感はあります。


    それで上のような金利とか物価上昇なんかの知識持った上で

    「資産減価以上に 負けないで資産拡大させていくぞ」

    みたいなマインドがあるとですね、


    やはり負けないことを徹底できるし投資家としては強い

    のですね。


    物価上昇、資産減価も何も考えないで

    資産の数字が増減してるかどうか?しか見ていない人らが

    大半かと思いますが


    その人らとは大きく長い目では差が付きます。


    また物価上昇で実際減価する資産以上に稼げればよい

    ということで考えられるので


    欲望も抑えられるというある種の心理的効能もありますね。


    ということで

    なんとなく5年前10年前と比べて

    日本の物価は増税も込みで全体的に上昇している気がしてる人、


    またどうも 銀行に貯蓄ばかりしていても

    生活が苦しくなってるような感覚を持ってる人は


    この機会に「負けないで銀行に依存せずに

    自分でなんとか資産を増やしていく方法、スキル」を学ぶ意味は

    あることでしょう。





    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FXの裁量×自動売買をあわせて


    投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


    ”THE THIRD”。

    「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

    重要な教訓に基づいて

    裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

    未来の保証はできませんし100%はないものの、

    ただ現状、

    4年7ヶ月⇒4年8ヶ月で
    負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆











    ===========編集後記============

    さてさて、もう今年の2020年も12月となりまして

    そろそろ終わりですよね。


    それでまあ今年の2020年は人類が大きく狂った年で
    この前メルマガでも書きましたが

    まさに2020年のキーワードは「強制」であったと
    思います。


    今までは私たちにとって任意だったことってのが

    どんどん強制されていったってのが2020年の特徴ですよね。



    実はそんな中日本は 結構憲法とかをうまく政治家達が守って

    決して外出禁止とかは強制ではなく

    要請なので、まあ出歩くことは出来たわけですが


    人類全体で見れば、日本以外ですと

    「家が牢獄状態」になった方ってのはすさまじく

    多いわけです。



    それでこの映像はそれこそ2019年では

    ありえなかった映像でしょうけど


    この前 アメリカの家族が2歳児の幼児と共に

    飛行機に搭乗しようとしたら

    言葉すら満足に話せない2歳児にも

    マスクをしろということで


    ここで機長たち、航空会社が詰め寄ってるわけですね。


    それで2歳児あたりですと呼吸が苦しくなりますから

    マスクを嫌がるわけですが


    それでも航空会社が2歳児にマスクを強要してる映像でして

    それでも2歳児だからマスクは嫌がってはずしてしまうわけですが


    そこで「じゃあ2歳児がマスクしないので出て行ってください」

    と搭乗拒否されてるわけです。


    これ・・・私は唖然としましたが

    実際に起こってることなんですね。


    これいつか消されるかもしれませんが

    リアルな映像ですよね。


    【動画】2歳児にマスクを強要する航空会社と
    2歳児がどうしてもマスクしないので搭乗拒否されてる様子。
    ⇒ https://mobile.twitter.com/ClayTravis/status/1337624558044651525


    それでこの動画ではまあアメリカの航空会社がひどくてですね、

    アメリカといえばまさに不正選挙を行ったバイデンたちが

    勝った勝ったとプロパガンダしまくってる国だけども


    ここでまあ大人は1万歩譲って分かるとしても

    これ2歳児の子供にさえマスク強要してるわけですよ。


    それで結局2歳児が嫌がるけど このままだと

    「コンプライアンス」で飛行機から出て行ってもらいますという

    脅しが乗客にあったようですが


    ここでお父さんも必死こいて2歳児にマスクを押し付けて

    実際はもう呼吸できないくらいにマスク押し付けてるんだけど


    これまさに航空会社がそういうからなんとかそうやってるんだけど

    それでも2歳児はマスクしたがらないですから


    だから結局最終的には搭乗拒否で乗れないとなってるわけです。



    【動画】2歳児にマスクを強要する航空会社と
    2歳児がどうしてもマスクしないので搭乗拒否されてる様子。
    ⇒ https://mobile.twitter.com/ClayTravis/status/1337624558044651525

    それで2歳児もマスクを強要されて泣いてるわけですが

    それでも


    「コンプライアンスだ~~マスクをしろ~マスクをしろ~~」


    とまるでゾンビみたいに言ってるのがこの航空会社の人らなんだけど


    もうここまで行くと狂気、ですよね。


    それでこれはツイッターで一気に拡散されてますけども

    当然これについては多くの人が


    「頭がおかしい、狂ってる、世界はどうなってしまったのだ」


    こういう反応なんだけど、


    ただ中にはもう人間性をプロパガンダ、洗脳で失った人らか
    もしくは工作員か


    「この航空会社は間違っている、2歳児だけ飛行機から放り出せ」


    とか言ってるのもいるわけですよ。


    もう私はこれ見て本当の意味で世紀末だな、と思いましたが


    実のところ、世界のマスコミ人たちってのは



    「この航空会社は間違っている、2歳児だけ飛行機から放り出せ、という」


    そっち側の主張であるわけですよね。


    こういう意見が主流の社会ってかなり恐ろしくないか?


    ってのが私が感じたことですが


    着実にこういう愛情も何もない社会ってのが

    現実化してきてしまってるわけですよね。


    それで私はこの動画はリンウッド弁護士が

    ツイートしてたので知ったんだけど



    【動画】2歳児にマスクを強要する航空会社と
    2歳児がどうしてもマスクしないので搭乗拒否されてる様子。
    ⇒ https://mobile.twitter.com/ClayTravis/status/1337624558044651525



    果たしてこれ多くの人がこんなことが当たり前になっていく

    社会を望んでいるかということですが


    やはり望んでいないわけですよね。



    ただこれは為政者からしたら大変やりやすい社会で

    為政者たちってのは今まで 民衆が自由だなんだと

    言って自由な社会を作り上げてきたわけですが


    ここでなかなかここまでのことは出来なかったけど

    それこそ航空法なんかは事実上憲法の上に位置するような

    状態になってしまっており


    ここで「どんどん人権だなんだ関係ないから

    こいつら愚民に何でもかんでも強制してやれ」


    ということになってきてるわけです。



    それで2歳児が嫌がって泣け叫んでも関係ないとなっておりまして

    とにかく「コンプライアンス」のために

    マスクを強制的に泣き叫ぶ幼児に対しても

    つけるべきだ、


    という狂気がこれ一部航空会社ではもはや普通になってきてしまってる

    ってことですよね。



    【動画】2歳児にマスクを強要する航空会社と
    2歳児がどうしてもマスクしないので搭乗拒否されてる様子。
    ⇒ https://mobile.twitter.com/ClayTravis/status/1337624558044651525




    それでリンウッド弁護士は「こんなのアメリカではない」

    っていう話なんだけど


    アメリカだけではなく世界でこういう現象が起こりだしておりまして


    私はまさに

    「戦前戦中というのはこういう感じだったのだろう」

    ということで最近よく考えます。


    それでまさにトランプ大統領がそれと戦っておりまして

    またこういうおかしな動きに対抗するために

    テキサス州はアメリカからの独立を言い出したという状況ですが



    世界の混沌度合いはとんでもない状況となってきていると。


    それでやはりクーデターの恐ろしさを私は考えますが、

    クーデターってのが成功してしまうと


    今まで民衆にとって当たり前だったことが

    当たり前ではなくなっていくわけですよね。


    例えば子供はまあ小さいし、そもそもコロナの死亡率なんて

    全然ないわけですから


    そこはマスクしないでいいですよね、みたいな感覚があると思いますが

    ここでは


    「い~や、子供であろうと幼児であろうと

    泣き叫んでも無理やり強制的にマスクをつけさせるべきだ」


    みたいなことが平然と主張される世の中になるわけです。



    当たり前だったことがどんどん剥奪されることの

    恐ろしさ、がありますよね。


    例えば1年前は外出して友達と色々話したりして

    コーヒー飲んだり、食事したり、お酒飲んだりってのが

    当たり前でしたが


    これは日本ではまだそれが可能でしょうが

    世界でもはやそういうことができなくなってる国も

    多くあるわけですね。


    そもそも店が閉まっていたり、また2人とか3人以上は

    座ってはいけないとか


    色々細かいルールが設定されており

    そこで警察たちがそれを発見したら罰金を取るみたいな

    そんな社会になってきております。


    わずか1年でここまで恐怖国家化が世界各国で進んできた

    わけですね。


    ちなみに私は色々な国を実のところ2020年結構見て回ったけど

    いたるところに「マスクマナー警察官」みたいのが本当におりまして


    例えば 空港なんかではリアルに「マスク・マナー警察官」が

    最近は欧州では多く配置されてまして


    彼らが何してるか?っていうと


    「マスクしていて鼻などが出ていないかのチェック」をしてるわけです。


    そこで鼻が出ていたら

    「おい、おまえ鼻を隠せ!!」


    という指導をしてるのですが


    こんなのがもう当たり前になってきてるわけですね。


    以前書いたように新型コロナの死者数ってのは世界全体ですと

    78億人の人口の中で150万人ですから


    実際の比率は0.02%の死亡率とかそんなもんでしょうが

    それでもそれを口実として


    どんどんありえないような規制が進んできました。


    ちなみに ここでおそらく日本人の一部は

    「別にマスクすればいいだけじゃん」みたいな話で

    考えてるわけですが


    一方ここで「その先の世界」のことを考える人たちもいて


    「たかがマスクであってもそれが任意でなく強制化されてしまうと

    すればあらゆる行為が強制化されてしまうのが

    人類の歴史だ」


    みたいな考えをする人もいるわけで


    とりあえず私が思ったのはこの数ヶ月の流れ見ていても

    後者の人たちのほうがやはり頭良かったっていうことですよね。


    以前はこれマスクの強要する年齢も6歳以上とか

    決まっていたはずですが


    これが「徐々に徐々に」下がっていき

    いまや泣いて嫌がる2歳児にもマスクを強要する社会になってきた

    わけで


    まさに世界全体が狂ってると書いていた人たちが

    沢山いたけど


    私もそう思うわけです。


    【動画】2歳児にマスクを強要する航空会社と
    2歳児がどうしてもマスクしないので搭乗拒否されてる様子。
    ⇒ https://mobile.twitter.com/ClayTravis/status/1337624558044651525



    それでこれがクーデターの恐さでして

    今まで当たり前だったこと、権利ってのは日常生活で

    私たちはそれに感謝することはないんだけど


    それが当たり前じゃなくなったときに

    その貴重さに気づくわけですよね。


    なんかの歌詞でも「なんでもないようなことがいまは

    幸せに思う」


    みたいなことが語られていたと思いますが

    まさにそれです。


    なんでもないようなこと、旅行に行ってビーチの前で遊ぶとか

    お酒を飲むとか、

    みんなとレストランなり居酒屋で語りまくるとか


    そんなことがこうやって 感染症なり戦争を「口実」として

    どんどん当たり前ではなくなっていき


    制限されていくわけです。



    それで今まさにこの自由を守るか、自由が陥落するかの戦い

    がアメリカで起こってるわけですが


    すなわちトランプが勝てばですが

    上のような狂った光景ってのは徐々になくなっていきそうですが


    一方不正の証拠がたんまり挙がってる

    バイデンたちが「完全犯罪」を遂行した場合ですよね、


    その場合はこういうことが頻繁に

    特に先進国では起こるのであろうと。


    特に憲法が機能しなくなるってのが重要な点でして

    クーデターが起こると民衆を怪物から守ってくれる

    憲法が機能しなくなるわけですね。


    それで憲法なんていうと全然日常生活に関係ないようですが

    例えばそれは


    最近のアルファベット・グーグルのユーチューブでも見られますが

    今まではそこに 憲法21条で一切保障された

    言論、表現の自由ってのがまがいなりにも存在してたことは

    ありましたが


    ここがこの数年で一気に 言論表現規制などが進んだわけですね。


    最近はユーチューバーでも不正選挙関連を扱うと

    もう 動画やアカウントが削除されるってことで


    トランプ=寅さん

    バイデン=梅さん

    とかもう変な隠語ばかりになってきてるのだけど


    こうやって言いたいことにもマスクが被せられる時代

    になっていくわけです。


    だからマスクってある意味分かりやすいな~と思いまして

    「口をふさぐ」のですが


    これはまんま検閲でも「民衆の口をふさぐ」のですが

    これこそが憲法が機能しないことの恐さです。


    本当はグーグルという1会社が果たして

    憲法で保障される言論表現の自由を奪っていいのかっていう

    話になるんですけども


    だから

    「日本国憲法とグーグルの規約どっちが上なのか」

    っていう話なんですけども


    憲法が機能しなくなれば民衆はまさに北朝鮮と同じで

    言いたいことは言えなくなり

    口をふさがれ、奴隷のように従うことしか生きる術は

    なくなっていくわけですね。


    また 今年の2020年~2021年から極めて重要な

    テーマがあって、それが

    ずばり


    「任意か強制か」の議論になると思うんですが


    これはよく職務質問問題で私のメルマガでも扱っていたことですよね。


    職質とも言われますがあれは警職法では

    やはり任意でありますが


    それを警察官たちは強制かのように振舞って

    民衆のバッグをあけたり、持ち物検査をするわけですが



    あれはあくまで憲法があるからだから任意であるわけですが

    そこで行政ってのはなるべくそれを

    空気や同調圧力をマスメディアを動員しながら形成して

    そしてそれを強制化したいわけです。


    それで今回近代デモクラシーが追いやられていますから

    そうなると憲法自体がいよいよコロナ口実に破壊されて



    「あらゆることが強制される社会」が構築される可能性が

    高まるわけですが


    その中でこういう動画が出てきてるってことですよね。



    【動画】2歳児にマスクを強要する航空会社と
    2歳児がどうしてもマスクしないので搭乗拒否されてる様子。
    ⇒ https://mobile.twitter.com/ClayTravis/status/1337624558044651525


    それで現状トランプ大統領が戒厳令に踏み込めるのか

    もしくはそれをしないでバイデンたちエスタブ官僚たちを

    勝たせてしまうのかという現状ですが


    ここでもしバイデンたちが勝てばまさに

    上の動画にあるようなことがどんどん噴出する社会となりますから


    まさに今人類は岐路に立たされてるのだろうとも

    私は思いますよね。


    が、実は私がこれ自体は自分で見てるので分かるのですが

    「先進国以外の一部の国では自由である」

    というのも事実としてありまして


    先進国は少しマスク行政を見ても狂ってきておりますが

    一方 先進国ではない一部の国では


    それらの強制とかは行われていない地域もあるわけですよね。


    それで自由がないと経済が活性化しませんけども

    そういう国ではこれ狡猾に経済が復活してきてるのも

    事実としてありまして、



    だから同時に、これからは新興国やこれから這い上がる発展途上国に

    これらのチャンスを見つけていくという考え方も

    大変大事になるんでしょう。



    あと先進国であるものの日本なんかでは

    実際は世界でも屈指の緩さでして


    日本はなんだかんだ踏ん張ってますよね。


    一応マスクしないと白い目で見られるとかそういうのは

    存在してるでしょうが


    憲法があるためワクチンなんかも努力義務というすなわち

    任意であって義務ではないのですが

    (官僚たちは義務と勘違いさせたいから努力義務という言葉使ってるけど)


    欧米の自由が崩れる中日本は意外に自由だったりします。

    またこれは中国やロシアなんかもそうなんですね。



    だからこれは皮肉な話で 表向き自由を掲げる

    欧米がどんどん不自由になってるけども


    アジアだったりロシアであったり今まであまり

    経済成長できなかった地域は


    実際は欧米より自由になってるという状況は確かにあります。


    だから現状、欧米は大変なんだけども

    アジアはなんだかんだ狡猾に自由に経済活動を

    再開させられてるというのは


    面白い現象ですよね。


    そしてこれは偶然ではないようにも思いますよね。

    というのはメルマガでなんだかんだアジアの時代になる

    ってのは昔から扱っていた話題ですから。



    だから日本に関しては欧米がどう転ぼうが

    これからはアジア重視でなんとかうまくいきそうだな

    ってのは今持ってる見かたですよね。



    一方欧米ではこれもう明らかにおかしな状況となっておりまして

    上の動画のように泣き叫ぶ2歳児にマスク強制をする

    みたいな社会となっておりますから



    そこで日本はそれを他山の石として

    自由を守って、その上で狡猾に成長していくってのが

    これから大事となりますよね。


    日本も勿論コロナ騒動でコロナ口実でおかしくなってる部分は

    あるんだろうけど


    欧米ほどはひどくない、というのは

    海外から日本を見ているからか、感じてしまうところですし

    日本では意外になんだかんだ大丈夫という人が最近増えてますね。


    それでおそらくですが

    アメリカで何が起きてもですね、


    ここで 自由を許されて経済成長も許される国、地域ってのは

    欧米以外の地域で増えてくるでしょうから


    世界の動きを見て生きる場所、国などを自分で選択していく

    ってのが大事な時代となると思いますよね。


    とりあえず、泣き叫ぶ2歳児に航空会社の大人たちが

    マスクを強要する社会が良いとは私は思えませんから


    色々と考えさせられた次第です。



    それでは!



    ゆう





    追伸・・・それでアメリカ情勢について言えば

    テキサス州の独立、みたいな動きも出てきているわけですが


    実はこの動き、以前に私は副島先生の書籍


    「国家分裂するアメリカ政治 七顚八倒」

    を読んでいたので

    個人的にはあまり実は驚きはありませんでした。


    一応本では10年後に分裂するみたいな副島先生の「予言」
    が書かれていたのだけど

    それが少し早まるのかもしれないな、と。



    ただこれ仮に以前みたいにテキサス州がテキサス共和国などに

    戻ったり、あとは他の州とユニオンを組んで

    それでそれらの州が国になった場合ですが


    副島先生の書籍では3つに分裂するシナリオが書かれておりましたが

    ここで3つに分裂したとしたら・・・ですね、


    そう、おそらくGDPでは日本は近代デモクラシー国家としては

    世界一の国になりますよね。


    ちなみに最近の副島先生の書籍では中国が共産主義を辞めざるを得ない

    状況となって2大政党制に近年移行していくっていう話もありまして

    これは今聞くと まさか の話ですが



    ありえるっちゃありえる。


    政治ってのはあくまで経済原理で決められるわけですが

    その一国で資本家が

    ナショナリズムを作って急激にその地域を経済成長させたい場合は

    共産主義を適用して


    それを長期成長にさせたいならば近代デモクラシーをアメリカのように

    導入させるわけですから。


    だからトンでも理論に聞こえるかもしれませんが

    副島先生がアメリカ国家分裂と1年以上前に書籍で書いて

    その予兆がちょっとづつ見え始めてる現状なので


    上に書いた内容もありえるかもしれないんですね。

    ちなみにメルマガで写真を扱ったみんなマスクしていない

    エストニアは以前はロシアだったんだけど


    今やどうみても近代デモクラシーの国です。


    だからこれから大きくはアメリカが享受していた近代デモクラシーが

    発展できなかった国に取り入れられてそこで経済成長は許される流れ

    となっていきそうですよね。


    ギリシャなんかも以前は金融危機で大変でしたが

    この前数ヶ月いて分かりましたが


    明らかに緩かったです。


    ということでこれから経済成長する地域が

    西欧 アメリカからアジアやユーラシア大陸の中東などを

    含めた地域に移行していきそうですから


    アメリカがどうなっても、私たちはそれぞれ生き方を

    模索したいものですね。


    アメリカや欧州は最近とんでもない状況となってますが

    意外にそんな中、緩い、そして経済成長してる国が

    出てきておりますし


    そういうところは2歳児にマスクを強要するような

    心を失ったロボット人間の割合が低くなることでしょう。



    それでは!!




    ゆう












    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FXの裁量×自動売買をあわせて


    投資・投機における「精神労働の負担を減らしていく」


    ”THE THIRD”。

    「EAほったらかしでは大体が破綻する」という

    重要な教訓に基づいて

    裁量+EAのアプローチを取ってる商品ですが

    未来の保証はできませんし100%はないものの、

    ただ現状、

    4年7ヶ月⇒4年8ヶ月で
    負けずに利益が上がってるかなり稀有なものです。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/the_third/




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


















    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)



    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る