ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/01/31  【リン・ウッド弁護士の最新ラジオ分析から 「バイデン政権はフェイクであり現在はやはり アメリカは FEMAなどの軍政下である可能性」について考える!】
  • 2021/01/30  【「2021年1月のサードの運用利益とは?残りあと3日】(副題:「嫌がらせに屈しないリンウッド」のメッセージから学ぶ!)
  • 2021/01/30  【「アメリカの個人投資家とイーロンマスク」がヘッジファンドを 「刈り取った」ゲームストップ株の騒動から考える!】
  • 2021/01/29  【4年10ヶ月の間、コロナ禍でも生き残ってきた「ザ・サード」(残り4日)】 (副題:検閲(けんえつ)時代における「人々の現実」とは?)
  • 2021/01/28  【「トランプ・バイデン・軍隊」の3者で「今誰が実権」を握ってるのか? をリンウッド弁護士の英語表現を分析して考える!】 (副題:ついに最高裁が「トランプ大統領を好む判決」を出してきた。)
  • 2021/01/28  【ザ・サードシステム】 「新たな出会い」と弊社の使命について(副題:テキサス州訴訟でトランプ支持の保守派が「あっさり」勝利した)
  • 2021/01/27  【世界各国の内閣や首相が「同時に総辞職・辞任」していること、、 さらに「検閲のない自由なSNS」をトランプ陣営とイーロンマスクが 作っていく流れについて考える!】
  • 2021/01/26  【2月3日に募集終了】4年10ヶ月もの間、生き残ってる「EA+裁量」のザ・サードシステム(副題:「前大統領のオフィス」をトランプが開設した!)
  • 2021/01/25  【シドニーパウエル弁護士も「アメリカ共和国復活」についての 団体設立を発表したことを考える!】
  • 2021/01/24  【トランプ大統領が復活!】リンウッド弁護士も「新生アメリカ共和国」と 「株式会社アメリカの破産」に最新ラジオで言及!!
  • 2021/01/23  【「覚醒」と「自立」をトランプ陣営は 民衆に求めているだろうという話!!!】
  • 2021/01/22  【新生アメリカ】トランプ大統領が「復活」して戻ってくることについて 考える! (エピソード2シナリオ)
  • 2021/01/21  【アメリカの近代デモクラシーで「怪物」が台頭したこと および 今後の「希望」などについて考える!!】
  • 2021/01/20  【トランプ大統領の初期メンバーであるスティーブバノンが恩赦され、 さらに新しいサイバーセキュリティの大統領令が出されたことについて 考える!】
  • 2021/01/19  【リンウッド弁護士の最新ラジオの発言内容を知り、 またトランプ大統領が裁判官などを守る大統領令を発効した意味 について考える!!】
  • 2021/01/18  【アメリカ含む世界中でCNNやCBSの放送が不安定になってることや、 トランプ大統領が100人前後の恩赦することなどを考える!】 (副題:鼻マスクの受験生が試験無効になった?話の問題点など!)
  • 2021/01/17  【副島先生の最新言論から「兵士の睨み合い」が続くワシントンDCの 状況や緊急放送のシステムなどについて考える!】
  • 2021/01/16  【すでにワシントンでは25000人の兵士がトランプ大統領によって 配置されたことについて考える!】
  • 2021/01/15  【リンウッド弁護士が最新ラジオで「反乱法は既にトランプ大統領によって 発動されてるだろうという認識」を示したことについて考える!】
  • 2021/01/14  【「続々とワシントンDCに配置される兵士たちと、 トランプ大統領による「州兵投入の根拠・プロセス」について考える!】 (リンウッド弁護士が言ったように世界各地で停電騒ぎが続いてる)
  • 2021/01/13  【検閲後も元気なトランプ大統領、そしてアラモの演説の目的、 および「先日の大統領令の当事者は誰か?」などを考える!】
  • 2021/01/12  【前号に引き続き「トランプ大統領がワシントンDCで非常事態宣言を承認」したことについて考える!】
  • 2021/01/12  【すごい】ついに「公式に」大統領令13848による資産凍結が発表されました! (トランプ大統領の反撃開始)
  • 2021/01/11  【「予測しないで」FXで月利5~20%稼いでる人は何を見てる!?】(A-book B-bookの闇の話と、トランプの最新声明などなど)
  • 2021/01/10  【副島先生とリンウッド弁護士の「トランプ勝利確定」についての 最新言論を見る!!】 (「緊急放送システム」についてトランプ陣営のリンウッドが先ほど言及!)
  • 2021/01/10  【息抜き♪】寝ても覚めてもトランプトランプ!の石川さんの動画を見て、 息抜きしながら考える!
  • 2021/01/09  【吹き荒れるビッグテックによる検閲の嵐】 (と、それに対抗するトランプ大統領について考える!)
  • 2021/01/08  【トランプ大統領の最新動画「旅は始まったばかりだ」を見て考える!】 (副題:ラトクリフ長官レポートが出てきたことと、ペンス副大統領は トランプ罷免のペロシを拒否!)
  • 2021/01/07  【「トランプ劇場」の火蓋が切られた】(連法議会議事堂乱入⇒「ワシントンでついに夜間外出禁止(curfew)継続が決定したことを考える!)
  • 2021/01/06  【世界中で「バイデンジャンプ!アゲイン!(再び!)」が 「超話題」になってる】 (副題:トランプ陣営がバイデンジャンプを「リアルタイムに上院選で再現!」・ペンスカード2やナバロレポート2も登場)
  • 2021/01/06  【隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略とは!?】
  • 2021/01/05  【動画】2021年最新の「トランプ大統領のジョージア州上院選の ラリー・集会」を見て考える!(副題:トランプ大統領はペンス副大統領に「肯定的な見方」を示した)
  • 2021/01/04  【隠れトランプ支持者たちが数千万人単位で1月から立ち上がっていく!】 (副題:リンウッド弁護士が最高裁長官ロバーツ氏も実は脅迫されてるのだ、 とツイートした)】
  • 2021/01/04  【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる 予想しない投資手法とは!?(副題:軍産複合体はアメリカ人たちの民意が本当は怖い!?)
  • 2021/01/03  【ついにテッドクルーズ含む11人の上院議員が1月6日の異議申し立てに立ち上がる! そしてペンス副大統領が「意を決した」か?】
  • 2021/01/02  【リンウッド弁護士が「ペンスを逮捕して副大統領はフリン将軍にしてポンペオを上院議長にすればよい」 というツイートしたことについて考える!】(副題:戒厳令を経験した退役軍人インタビューから学ぶ)
  • 2021/01/01  【翻訳の動画】アメリカ史上最年少25歳の国会議員である マディソン・コーソーン氏の素晴らし「すぎる」演説!を元旦に見る!
  • 【トランプ大統領の最新動画「旅は始まったばかりだ」を見て考える!】 (副題:ラトクリフ長官レポートが出てきたことと、ペンス副大統領は トランプ罷免のペロシを拒否!)
    配信日時:2021/01/08 20:01
    【トランプ大統領の最新動画「旅は始まったばかりだ」を見て考える!】
    (副題:ラトクリフ長官レポートが出てきたことと、ペンス副大統領は
    トランプ罷免のペロシを拒否!)
    ⇒編集後記で

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ■隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略が期間限定公開です
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【動画】トランプ大統領の最新メッセージ!
    (日本時間1月8日、アメリカ時間1月7日のメッセージ)

    【NTD版】
    ⇒ https://youtu.be/RgyGmev8PSU

    【RSBN版】(開始2分~よりトランプ登場)
    ⇒ https://youtu.be/JH-sc0Cp0dM



    「みんな、失望してると思う。

    しかし私たちの「信じられないくらいの旅」は
    まさに今始まったばかりである」といってます

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧いただきまして
    ありがとうございます!!!!!



    さてさて、昨日は

    いよいよトランプ劇場の火蓋が切られたことについて
    扱いました!


    それで私は色々日本語圏の言論なども今日見ていたけど
    2日経過して昨日書いた「Curfew(門限、夜間外出禁止令)」
    が出されて継続した意味

    について書いてる、言ってる人がほとんどいないのが
    逆にびっくりしましたが
    (めちゃくちゃ反乱法につながる重要な動きだから)


    この動きはもう明確に「隠れトランプの議員や市長たち」
    などなどが昨日書いてるように
    反乱法を明確に意識してる動きですから

    すごい重要ですね~


    それでこの 「Curfew(門限、夜間外出禁止令)」については
    私のメルマガでこの数日書いてきたことでもありますから

    「いよいよきたか」という感じの出来事が
    1月6日にセットアップされたという見方になります。


    ■バックナンバー
    【「トランプ劇場」の火蓋が切られた】
    (連法議会議事堂乱入⇒「ワシントンでついに
    夜間外出禁止(curfew)継続が決定したことを考える!)
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202101&MID=2786#2786



    それでもう1日で相当情報が出てきてる段階でありますが
    まずは先ほど「ラトクリフ情報長官のレポートが出てきた」
    (反乱法を意識せざるを得ない)

    ってのと


    あとは、「トランプ大統領を早く罷免せよ~~」って動きが
    あの1月6日のあとに民主党から出てきたわけですが

    それを「ペンス副大統領が拒否」ってのが
    まず今日報じられてることですね。
    (これも反乱法がらみ。)


    ちなみに日本のSNSではペンスは裏切り者だ説が
    すごい強いのは書いたのですが

    ただ同時にまだ分からない・判断できない
    ってこともメルマガでちゃんと書きましたが

    まさにこうやって認識が覆される事態が沢山これから
    起こるので、冷静に見ること、ってのが大事ですよね。


    最近はツイッターなどの短文や、動画などの文字なしの
    情報が大企業GAFAの戦略で主流となってますが

    やはり文章を通じての

    分析や情報をじっくり見て考えていくってのが
    今の時代こそ大事だ、と思います。
    右往左往しちゃいますから。


    あとは昨日ですが追伸に「なんかバイデンの1月6日の演説がおかしいぞ」
    ってのもかいたのですが

    そう彼は言ってはいけない言葉を意図的に使っていて
    Insurrectionっていう、単語を使ってしまって
    しかも「トランプはテレビに出るべきだ」とか

    またトランプやリンウッドの大好きなリンカーンの話
    まで何故かしてるんです。

    私が一番驚いたのはこれでしたが
    また編集後記で動画を一緒に見ながら
    ****さんにもリスニングしていただいて、

    書きたいと思います。


    あと・・・

    「トランプ大統領の最新メッセージ」が公開されました!


    既にツイッターはBANされてしまってますが
    しかしNTDが先ほど公開してますね!!

    すぐ最近の検閲で消される可能性がありますから
    早めに見るとよいです。


    「みんな、失望してると思う。

    しかし私たちの「信じられないくらいの旅」は
    まさに今始まったばかりである」

    と言ってますね!

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【動画】トランプ大統領の最新メッセージ!
    (日本時間1月8日、アメリカ時間1月7日のメッセージ)

    ⇒ https://youtu.be/RgyGmev8PSU

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    それでまさに昨日

    「トランプ劇場の火蓋は切られた」って書いたけど
    トランプ大統領も同じ認識ってのが

    この動画で先ほど確認されたってことですね。


    そうだって・・・最も強い反乱法や戒厳令のカードは
    まだこの戦いで温存されてますから。


    それでここにあわせて、ラトクリフ情報長官レポート
    が出てきましたから

    今日は色々とその辺について考えましょう!!



    編集後記で!



    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    【隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略とは!?】


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



    さて、それで私たちは知らないことが多いわけですが
    この前登場したこちらの期間限定の
    案件ですが

    かなりの人気ですね~


    こちらもおそらく多くの方が
    「知らないことって多いんだな」と思わされる、

    そんな案件です。


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    それで今日は引き続き事務局の大塚さんより
    ****さんにメッセージです!



    ===============

    ****様

    事務局の大塚です。



    [[name1]]様は先日、ご紹介したのウェビナーですが、
    もう登録されましたでしょうか?


    通常、FXで利益を出そうとすると、
    テクニカルやファンダメンタルズといった
    いわゆる「戦術」の部分に執着しがちです。


    ただ、戦術だけを磨いても勝てない。

    それが、本当のFXの世界です。


    理由を述べているのが、ウェビナーになるのですが、
    このFXにおける「本当の世界」を知っている人がほんとにいない。


    FXでお金をドブに捨てている人を、
    何人も見てきました。


    もちろんトレード手法を学ぶことが
    意味がないとは言いません。


    ただ、そもそも前提として

    「FX業界の真実」を知っておかないと

    たとえ手法を学んで利益を出せるようになったとしても

    その利益が手元に届くことはありません。



    つまり、証券会社選びにコツがあります。


    いくつかFX業者の内部の人間を知っていますが

    中には本当にひどい業者もあります。

    我々はトレードで稼ぐことを考えていますが
    ごくごく一部のまっとうな業者以外は、証拠金で稼いでいます。



    簡単に言うと、私や****様の「負け」が彼らの利益になります。

    負けさせることで利益になるということは
    勝たれたら利益が減るということ。



    ここまで言えば、もうわかりますよね?

    そんな業者でいくら頑張ってトレードをしても
    最終的には狩られて終わり、なんてこともザラにあります。


    ウェビナーの中でも情報の大切さについてお話してくれますが
    どんな凄腕トレーダーだとしても
    業者選びを間違えるだけで天と地ほどの差が出てきます。


    もちろん、情報(業者選び)だけで勝てるほどFXは甘くありません。
    勝った上で、その利益を守るための情報です。



    深見のトレード手法についての特徴は、

    「上がっても下がっても利益が出る」

    というこれまでにおそらく
    誰も教えていない特殊なやり方です。


    ヒントは、為替の相関関係。


    両建てではありません。


    あくまでも、「相関関係」


    FXを技術でトレードしてきた方にとっては、
    最初は、「???」という状態かもしれません。


    ただ、ちゃんと内容を理解さえできたら、
    あとは、ポジションサイジングでトレードができる。


    つまりは、ルールさえ覚えてしまえば、
    トレード歴など関係なく、単なる作業のように、
    勝てる取引ができるようになります。


    しかも、複数の通貨ペアの相関性を見ているにも関わらず、
    トレードにかける時間は1日に5分程度。


    朝と夜だけちょろっとチャートを確認するだけでOKです。

    これだけの短時間トレードで
    月利20%~最大で100%まで出せているのは
    魅力的に感じませんか?


    ・1日5分で月利20~100%

    と聞くと、逆に怪しくなってしまうかもしれませんが
    事実なので安心してください。


    こんな夢のような話を実現するための方法って一体・・・?


    そのすべてを、ウェビナーで公開しています。

    正直に申し上げて、これだけレアな手法と情報を
    学べる機会はめったに無いと断言できます。


    今後FXで勝ちたい、または勝ちを増やしていきたい!
    と思っているならこのチャンスは決して逃さないでください。



    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    ===============


    以上です!!



    それで今回の案件ですが、まあ一言で言うと

    「天才が発明してしまったFX戦略」でありますよね。



    ちなみにこの前書きましたが

    実はこの案件の深見さんもそうなんですが

    後ろにいらっしゃる長年稼ぎ続ける大金持ちがいるんですが


    まあやはりこの案件に当たって結構色々

    私は聞いて知ってるんだけど


    この社長なんかが天才なんですね。


    それでこの天才が発掘したのがこの深見さん、

    でもあります。



    それで私が率直にこの方法最初知ったとき、

    どう思ったか?というと


    「世の中には天才が存在するんだな」ってことですよね。


    ちなみに例えば最近トランプ大統領について良く扱ってますが
    あの人ってやはり政治とか投資分野では天才である
    わけですね。


    とんでもない頭脳持ってるのは相当鈍感でない限り、
    誰でも分かります。

    周りが好戦的な大統領だって思い込んでいたら
    いつの間にやら、全部調整終わって米軍を中東から
    撤退してしまったり、


    急に金正恩と今まで誰も実現しえなかった
    首脳会談とかを実現してきたわけですから。


    あのトランプなんかがわかり易いですが
    やはり世の中には「一定比率で天才」って現れるわけです。


    それで私がこの深見さんのやり方最初知ったとき

    「あ、この人天才だ」って思ったのが正直な感想なんだけど


    やはり世の中にはとんでもない脳を持ってる人間が
    1万人とか10万人に1人くらいの割合で

    ポコッと人間界に生まれてくるわけですね。


    そんで、私たち一般人=一般ピープル=パンピーが
    全く想像もしていないような
    角度から戦略を立ててきたりする


    わけです。


    だからこの案件なんですが
    最初小さいマイクロロットとかで検証をスタートする
    形になるでしょうが


    たぶん多くの人が自分の負けないで利益上がってくる

    小ロットでの体験で

    「なんでこれで利益が上がって来るのか最初分からない」

    状態になるかも、しれませんね。




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    それでこれは、おそらく稼いでる読者さんは分かる感覚だけど
    世の中にやはり希少な天才的な人っていらっしゃって

    そういう人が戦略を作ってくれるんだけど
    それに乗っかってやってみたら

    何故か利益が上がっちゃう体験ってやっぱりある、
    んです。

    私も何度かしたことがある。

    それで後々その理屈が分かってくるんだけど

    この案件なんかは最初「なんでこれで利益上がってくるんだろう」
    と不思議な体験は1,2ヶ月検証している段階で
    あるかもしれません。


    それで実は私なんかは凡人なんだけど
    たぶん大多数の読者さんも同じく凡人だと思うんですね。


    ここですごい大事な考え方があってそれは

    「世の中の天才に乗っかろう」ということです。


    というのはやはり世の中には思考レベルがこう
    一般人の私たちと違って

    例えば私たちが3次元で思考してるところ
    4次元で思考してる人間っているんですね。


    この深見さんがそうなんです。


    それで一般人がこれ頑張って戦略を立ててもやはり
    限界が出てくるんです。


    一方 世の中に一定確率で天才と言う人は
    出てくるんだけど

    それは人種、国関係なく、どの国でも


    アメリカでも日本でも韓国でも中国でも
    マレーシアでもインドでも・・・


    どの国でも一定比率で天才ってのがポコッと生まれる。

    それでこの天才って呼ばれる人たちは色々な形で
    存在していて

    ひっそり暮らしてる時もあるし、
    テレビとかは出ないだろうけどちょろっと目だって
    トランプみたいに出てくることもあるわけですね。


    それでこの 世の中にいる一定数の天才
    についてどう考えるか?

    ってのが実はすごい人生において大事で、


    とりあえずパンピーの私たちって天才になれないわけですよね。

    パンピーはパンピーであってやっぱり大多数の人は
    私含めて普通とかちょっと頭悪いくらいで生まれてくるわけで

    それを受け入れて生活するものです。


    そこで「天才な人」ってこの深見さんみたいに出てくるんだけど
    こういう人をどう考えるか?ってのが大事で


    日本だと嫉妬する人が結構多かったりして
    出る杭叩く、人が多いんです。


    けど・・・そう実は大事なのは

    「天才に乗っかる」ことなんですね。これ私が今までやってきたこと
    でもありますが

    すごい大事な考え方です。



    それで天才に乗っかるってのはどういうことか
    っていうと


    ズバリ・・・天才が強い場面ってのがあって
    それが

    「戦略立案」の場面ですね。


    こう大きく世界を見て俯瞰してその上で
    「戦略立案する能力」ってのが天才たちは相当高いのです。

    一方私たち一般人は戦略立案にはやはり脳的に限界があるわけです。


    それで私たちはいくら頑張ってもアインシュタインのIQ160に
    なることはできないでしょうが


    しかし「アインシュタインが発明したもの」を使って
    豊かに暮らすことはできるわけですよね。


    実は私たち人類って生活のほとんど
    「今までの天才たちの発明品を利用させてもらって
    豊かに暮らしてる」

    わけでして


    今****さんが使ってるスマホだって
    スティーブジョブスという天才がいたから今、使えてる
    わけですね。


    それで重要なのは私たちはこれ
    「天才にはなれない」けども

    しかし「天才が作った考案したものを使わせてもらう」
    くらいはできるわけです。


    それで天才が最も強い分野が実は

    「戦略立案」と言う部分でして

    常人が考え付かないような戦略を考えてくれるわけですね。


    それで私たちは細かい戦術だけ考えて

    大きな枠では 天才の考えた戦略に乗っていけば

    人生うまく行きやすい、


    ってのが「我々 凡人の人生戦略」なんです。


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    それで天才たちってのはそれこそトランプが良い事例だけど
    時々民衆の側についてくれる天才がいまして

    大体の天才は なんだかんだ大企業や諜報機関に飲み込まれますが
    しかし最近は民衆のために教えてくれる天才っていって

    そういう人にやり方学んで
    自分もその発明戦略を使って豊かに生きるってことが
    出来る時代なんですね。

    それで私たちは天才たちのアイデアとか
    戦略とか洞察を

    「言葉を通じて」借りることができるわけです。


    そうやって豊かになったきたのが人類の歴史で

    今使ってる電球も、電話も、スマホも、PCも

    飛行機や自動車も


    過去の天才が考えたものを私たちは使ってるに過ぎない
    わけですね。


    だからこういう天才的な人が時々出てくるので
    そういう人に戦略とか知恵の部分を教えていただいて

    その上で道を進んでいくと、既にレールが ひかれてる状態なので

    成功しやすいっていうことでもあります。



    それでこれ、なんで私が「天才だ」って思ったかっていうと

    これは実はメルマガで以前扱ったことがあるけど


    「FX」ってどんな価値の投資だろう?


    って考えたことがありますか?


    一方「株」ってどういう価値の投資だろう??


    と考えたことありますか??



    まあないと思います。普通はただお金もうけたいから

    なんとなく始める人が多いですから。


    しかし実は天才って違って


    「FXは相対価値の金融商品で

    株は絶対価値の金融商品だ」

    みたいな「本質」からえぐっていくんですね。



    それでこの深見さんなんかはそれなんだけど


    FXってのはそれこそドルとか円とかポンドの

    交換比率で 比較しながらですね、それで価格が

    ドル円が103円とか102円とか決まるじゃないですか??


    あくまで「相対的に」価値が決まりますよね??


    けど株ってのはその価値はあくまで絶対的なものですよね。


    だから株価ってのはゼロ円ってのもありますよね。

    それで下はゼロ円で限定されてるけど上は限定されていません。


    あくまで絶対価値の金融商品って言われるゆえんです。


    ちなみに私は昔これを、ファンドの人たちに教えてもらったけど

    FXでも株でも相対か絶対的な価値か?で


    全く違うわけですね。

    だからFXではレバレッジを使って負けないように

    為替差益で利益あげていくスタイルが普通ですよね。


    それで今回大事な話があって


    そうFXの場合「相対価値」なんですね。


    ここでこの深見さんみたいな人は


    たぶん「相対価値の金融商品であるという本質中の本質を

    考えた上で一体どういう戦略が取れるだろう??」


    って考えるわけでして


    この案件がまさにそれなんです。


    たぶん、ほとんどの方が聞いたことがないやり方でしょう。



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    それでこういう深見さんみたいな特殊な脳みそ持ってる

    ゲームのドラクエで言うとメタルスライムみたいな人は

    まず「戦略」から考えるのですね。


    普通の多くの一般人・パンピーは「ロジック」から考えます。

    いわゆる「戦術」ですよね。


    RSIとかボリンジャーとかストキャス使って
    勝率は云々かんぬん・・・


    ってのは大きい視点の「戦略」じゃなくて
    「戦術」ですよね。


    一方上に書いたような

    「FXというのは相対価値の金融商品であり

    なおかつ、金融の証券会社構造は

    利益相反の証券会社があってA-BOOKやB-BOOKや
    その混合型の証券会社があって

    どことどこが利益相反していて・・・」


    みたいに大きく本質からこの深見さんみたいな天才は
    おそらく すごいスピードで考えてしまうのですね。


    それでパンピーの私たちがいくらそれを考えても
    なかなか有効な戦略は出てこないと思うのですが


    こういう天才は「あ、じゃあこの戦略を採用していけば
    負けないジャン」

    ってすぐ本質にたどり着くわけです。


    今回はまさにそういうやり方なので

    最初もちろん マイクロロットとかで検証することが
    推奨されてますが

    多くの人がおそらく「なんでこれで利益上がってしまうことが
    やたら多いのか?」と分からない人はかなり多くなるかも
    しれません。


    だからいわゆるページにも書いてますが

    いわゆる戦術に当たる



    ダウ理論を覚えて、
    ダウ理論を覚えて、
    上がるか下がるかを予想して、
    エントリータイミングを計って、
    しっかり損切りもして…





    みたいなところで「何かの限界」をもし****さんが
    感じていたとしたら


    それはそもそも ロジック、戦術そのものに問題があるのではなく

    最初の戦略に問題がある可能性があるので


    この案件・・・「面白い」かもしれませんね~




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




    それでこの案件やってる深見さんやあとは後ろにいらっしゃる
    超金持ちの社長さんがいるんだけど

    2人ともまあどう見ても天才なわけですよ。

    だから時にはそういう天才ってのは接してると、

    良い意味でサイコにも感じますね。


    考える次元自体が少し違うというか。


    それで、今回の案件はまさにそれですね。


    ちなみに実はこのやり方は 海外のファンドなんかが
    一部やりだしてるやり方でもあると思うんだけど


    一般的なファンドだと意外に知られていない方法かもしれませんが
    これに近いやり方は

    早稲田とかの研究室でそれ系の特殊なヘッジファンドの分析を
    してるのを見たことは私はあります。


    だからまだ世間ではあまり知られていない方法というか
    戦略だと思いますが


    ただ言葉としては非常に一般的な

    「通貨の相関性を使います」っていうシンプルなものですが


    ただ通貨相関でも最近色々な教材があるけど
    それらとはちょっと違いますね。


    とりあえずこれは社長さんがおっしゃってたけど
    上に行くとか下に行くとかの予想事態を
    放棄するんです。


    それでさらに、これは最早 投機のトレーディングとか
    投資でさえなくて

    「作業だ」とも深見さんは言ったりします。



    トレードは戦術であって
    今回のはもっと大きい「戦略」なんだってことですね。



    だからこの案件ですが、色々深く知っていく中で
    多くの「どのロジックがいいかな~」くらいに考えていた人は

    「俺・・・間違っていたかも。
    っていうか世の中 とんでもなく頭良い人がいるんだな・・・」

    と思うような案件かと思いますし、


    私は最初驚きましたよね。



    それでここで私が知るのは世の中には
    とんでもなくある種のサイコレベルで脳みそがスゴイ人がおりまして


    そういう人は一般人が
    「どのロジックがいいかな~」とか言ってる間に


    「FXは相対価値の金融商品で
    こういう政治経済の利益相反構造が
    個人投資家と証券会社と行政の間では存在してるから・・・」

    とあらゆる 前提条件とか条件を考慮して

    そこで戦略を脳内で バババババ~ってAIにはできない
    多面的な高速処理をして


    答えを導き出すヤバい人が存在するってことです。


    だからこれ良く書くんだけど

    やはり世の中って平等じゃないですよね。


    やっぱり生まれながらにとんでもない天才って
    一部いるわけです。


    が、そこで私たち一般人のパンピーはどうする?
    って話になるんだけど


    そう簡単でやはり民衆側にたってくれる天才って
    ネット上で見る目さえあればすぐ見つかるから、

     「こういう脳がスゴイ人にあやかって
    戦略は教えていただいて

    あとはレール引いていただいてるから
    細かい資金管理とかポジション管理とか戦術を
    練習していけば

    天才オリジナルまでにならないけど
    似た結果は出てくる」


    わけでそうやって生きていくのが

    我々、凡人の人生戦略なんです。


    だからそういう意味で 今まで戦術部分の




    ダウ理論を覚えて、
    ダウ理論を覚えて、
    上がるか下がるかを予想して、
    エントリータイミングを計って、
    しっかり損切りもして…





    ここだけで限界を感じてる人なんかは

    戦略部分は天才から学んで


    それでやっていくとかなり面白いと思いますね。



    ということで 全部書くとさすがに怒られるので
    ぼかしつつ書いてますが

    要するにとんでもない人ってのが


    世の中のあらゆる分野に一定数いるので


    特にFXとか株とかの投資は戦略部分が最も大事なので
    その辺は天才的な人に戦略は学んで

    その上でそのレールの上に乗っかって
    うまーく生きるってのは大事なのかな、


    と私は思った次第ですね。


    ということで日本ではスゴイ人ってのを
    引き釣り下ろしてしまう残念な文化がありますが

    実際はスゴイ人を見つけたら
    その人に学んで戦略立案なんかはある程度教えていただいて

    その上で生きたほうがなんだかんだ
    豊かになれるということですね!


    では!




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆









    ===========編集後記==============
    さてさて、この前、1月6日の怒涛の
    歴史に残る上下合同委員のあのすごい劇があり

    今は多くの人が冷静になってるそんな状況かと思います。


    ちなみにマスコミは「バイデンで大統領確定」って
    何度報じてるのかと言う感じですが

    バイデンは一体何度大統領になったんだろう(笑)
    と私なんかは思ってしまいます。


    もうトランプを無視するっていうのであれば
    マスコミはずっと無視していればいいものを

    それでもやっぱりずーっとトランプ批判の報道が
    出てくるわけですね。


    そう、すなわち実は当のマスコミがその報道で

    本当はまだ決まっていないのだ、ってのを
    認めてるのに等しいのですけども。


    それで1月6日についてはまさに昨日のバックナンバーで
    書いたように


    ■バックナンバー
    【「トランプ劇場」の火蓋が切られた】
    (連法議会議事堂乱入⇒「ワシントンでついに
    夜間外出禁止(curfew)継続が決定したことを考える!)
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202101&MID=2786#2786



    大きく見るとやはりワシントンDCの公的な非常事態宣言、
    そしてCurfew(夜間外出禁止令、門限)が継続されることが

    (色々 議事堂への乱入劇などがあった結果として)

    決まったってのが実は一番大きいのですね。


    ちなみに、この流れはきっと世間のトランプ支持の人たちも
    分かってなかったりするけど


    以前、反乱法や戒厳令についての流れを
    ちゃんと副島先生が説明してくださってましたよね??


    これです。


    民主党陣営がなんで急に「トランプの罷免をすぐに!」
    って20日まで待てばいいのに、

    焦ったように言い出してるかって言うと本当はこれが
    分かってるからです。


    一応副島先生の以前の言論を扱った
    12月16日の記事を再度
    貼り付けてますから是非復習がてら見てみてくださいね!


    【副島先生の最新言論からアメリカ大統領選における

    「1国家非常事態宣言
    ⇒2Insurrection Act
    ⇒3戒厳令」の流れについて考える!】

    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202012&MID=2759#2759




    それでここで

    Insurrection Actってのがいわゆる日本語で最近訳されてる
    反乱法なのですが



    その前に1国家非常事態宣言が必要ですが

    それに相当するものが1月6日にセットアップされ
    出来上がったとするのが
    重要な見方ですよね。


    だから上のCurfew(夜間外出禁止令)ってのはすごい大事なんですよ。


    トランプの支持者たちもウロウロ夜中に
    歩いていたら、

    軍隊や警察が暴徒を逮捕できませんので。


    ちなみに以前にメルマガで既にCurfewについて
    書いていたのは多くの方が見ていただいたとおりですが

    一応私のメルマガではCurfewの時間として

    夜21時とか22時~朝5時辺りまでみたいなことは
    書いていたのですが


    今回のワシントンの見るともっと厳しかったですね。
    夜6時~朝6時まで、です。


    それで昨日のデータだと
    ワシントンで52人が逮捕され、
    うち47人は夜間外出禁止令の違反、
    26人は米議会で逮捕


    となりましたが

    (参考)ロイター
    https://jp.reuters.com/article/usa-election-arrests-idJPKBN29C27H


    ここで夜間外出禁止令に従わない人ってのは
    ほとんど反トランプですが

    この暴徒を昨日のように逮捕していくことになりますよね。


    それでこの夜間外出禁止令ってのを
    海外にいる私は実はよーく知ってるんだけど

    昨日書いたように
    再選挙であったり反乱法などを今後意識する
    流れです。


    それで
    最初は逮捕者がかなり多いですが

    通常ですと、夜間外出禁止令がしばらく続いて
    落ち着いてくる流れですよね。


    なので1月6日は大きく見ると

    トランプ大統領が勝つ!と2016年当初から
    書いてきた実績はあるのに、

    その実力が多くの人に評価されない副島先生の手順で見ると

    1国家非常事態宣言
    ⇒2Insurrection Act (反乱法ですね)
    ⇒3戒厳令


    の1の条件が満たされたってことです。




    それで今日のトランプ大統領のメッセージってのは
    その「答え合わせ」みたいな意味を含んでますが


    これですね!



    一応上の見方が正しければ、ですが
    「まさにこれから2と3の話」となっていくわけですが

    だから「これから始まる」という認識になりますが

    さあトランプ大統領は日本時間1月8日のメッセージで
    何を言ったか?です。



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【動画】トランプ大統領の最新メッセージ!
    (日本時間1月8日、アメリカ時間1月7日のメッセージ)


    【NTD版】
    ⇒ https://youtu.be/RgyGmev8PSU



    【RSBN版】(開始2分~よりトランプ登場)
    ⇒ https://youtu.be/JH-sc0Cp0dM

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    そうここで、



    「みんな、失望してると思う。

    しかし私たちの「信じられないくらいの旅」は
    まさに今始まったばかりである」


    とちゃんと「今からスタート」という認識を隠してませんが

    いよいよこれから、

    となりますね。


    それなので「トランプ大統領の最強のカード」である
    反乱法、あとは場合によっては戒厳令なども

    考えられますが


    いよいよここが勝負となっていくわけです。


    それで後ほど書きますが

    反乱法の根拠として大事なラトクリフ情報長官のレポートが
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    出てきました。
    ~~~~~~~~~~~~~


    ナバロレポートでも本来はよいのだけど
    ラトクリフ情報長官のレポートが「民衆を今後10日くらいで
    納得させていく」ものとなります。


    それであとは 「トランプ側なのかそうではないのか
    不明なペンス副大統領」ですが


    そう今日最も大事なのが 民主党陣営が
    まさに昨日書いたように


    トランプの反乱法シナリオをめちゃくちゃ警戒して
    即日トランプ罷免に動いたのですが


    そのためにはペンス副大統領も承認する必要ありますが


    ペンスは・・・「トランプは罷免しません!」とやった。


    昨日ペンスはまだ判断できないっていう話を書いたけど
    やっぱり分からないわけですが


    ただ「極めて重要なこの罷免手続きにおいて
    ペンスは最大限の働きをした」のは事実です。


    ペンス以外の議員たちも「まだトランプでいいじゃん!」って
    おおくの議員が動いた。

    だから実は「隠れトランプ」は有権者だけじゃなくて
    議員内にも結構いたんですね~



    それでとりあえず重要なのが今日のトランプの動画でして

    もうこれはトランプのアカウントがツイッターで
    凍結されて

    なおかつ、パーラーも少し今日おかしい状態ですが

    パーラーなんかは言論の自由を謳ってるけど実際は危険なSNS
    という指摘も英語圏で多かったけど

    それを感じさせますが

    唯一GABでこの動画はまず配信された。


    それでその後この動画は

    NTDやRSBNでもご覧いただけますね。

    この2つの放送局はぶれずにトランプを応援し続けましたから


    おそらくそれが評価されて、
    この2局で動画を扱えてる。



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【動画】トランプ大統領の最新メッセージ!
    (日本時間1月8日、アメリカ時間1月7日のメッセージ)


    【NTD版】
    ⇒ https://youtu.be/RgyGmev8PSU



    【RSBN版】(開始2分~よりトランプ登場)
    ⇒ https://youtu.be/JH-sc0Cp0dM

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




    それでトランプ大統領が上の動画で言ってることで
    まず重要なのは

    「みんなは失望してるかもしれない、

    しかし信じられないくらいの大きな旅はまさに

    今始まったばかりなのだ」

    で締めくくってるところですが



    あとは

    ■国会議事堂の暴動に関しては
    「私たちの国を代表するものではなく」、
    法律に違反した場合はちゃんと責任を取っていただく


    ことを言ってること、


    ■新政権は1月20日に発足するということを言ってること。
    そしてトランプ大統領の焦点は今やスムーズな移行に
    向けられているということ。

    (バイデンについて一切言ってませんので
    トランプ政権2期への意向を示唆してると取れる)



    この辺の認識を示してるのが大事でして


    特に上の 「責任を取っていただく」ってことは
    これやはり反乱法意識した発言にしか思えませんね。


    今まで実はトランプ大統領は反乱法や戒厳令については
    これ かなり口をつぐんでましたが

    もう隠すつもりなしに見えます。



    ちなみにSNS間の 微妙な変化にも気づく必要があって

    今新興SNSのパーラーは注目されておりますが


    以前ツイッターでの

    「トランプ大統領とリンウッド弁護士の関係」はこれ

    結構トランプ大統領はある意味冷淡で


    リンウッド弁護士を「完全スルー」していたのですよ。


    けどもうトランプ大統領はツイッターが予定通りBANされまして

    その後パーラーで一気にリンウッドの言ってることも
    引用しまくり、となりました。


    もうだから隠すつもりないんですね。


    だからいよいよ今後10日前後でトランプと軍産の
    戦いのクライマックスに入っていくということですよね。


    トランプ大統領は、(たぶんリンウッドも)

    既にテキサス州の軍隊に守られてる現状です。



    さて、それでこのメルマガはあくまで

    憲法21条言論表現の自由を持って色々扱っておりますが


    そう実は1月6日に私がもっとも驚いたことってのが
    あってそれが

    「バイデン発言」なんですよ。


    昨日以下のように書きました。


    これはトランプ支持の人からしてもトンでもな見方でしょうが

    実は私自身がもっとも驚いたのが

    「バイデン発言でした。


    昨日追伸で以下のように書いたんですね。

    引用です。



    (昨日記事より引用)
    =============


    追伸・・・それで今回ですが実は私がすごい
    注目したのがバイデンですね。

    バイデンはなんと昨日、トランプが削除されて
    ツイッターに検閲された動画と、

    実は「同じような内容」を言っているのに注目した人も
    一部いるはずです。

    彼は議事堂に入ってくる乱入について
    「反乱」について言った。

    ちなみにメルマガ見ていた****さんは
    「反乱」という単語が

    英語で"Insurrection(反乱)"という単語であるのは
    Insurrection Act(反乱法)のことを扱ったから
    知ってるはずなんです。

    なんと、このInsurrectionという単語を
    「バイデンが」トランプを批判する形で
    言った。

    私は実はこれがめちゃくちゃびっくりした。


    それでトランプはまるでそこではバイデンの主張に
    あわせるがごとく

    「みんな 外出禁止令だからおうちに帰りましょう」と
    言ったのですが


    不思議なことですよね。

    以前バイデンが司法取引を背後で終わらせているって
    話も噂で出てきたけど

    その可能性を感じちゃいますよね。


    バイデンは最近ですが「ハリス大統領」と「口を滑らせたり」
    してるけどおそらくですがこれは不確実ですが
    トランプバイデンの間で何かしらもう既に話しが付いてる可能性

    も トンでもな見方でしょうが
    どうしても私は考えましたよね。



    バイデンまでもが"Insurrection(反乱)"といってるのだから
    Insurrection Act(反乱法)をトランプたちが行使しても
    それは民主党の反トランプの方も今後、
    納得してほしいところです。

    =============

    以上です!!



    それで実はもう今はトランプ陣営が反乱法カードに
    明確に舵を切ってる状況ですが


    そうだから民主党陣営としては

    「反乱法カードや戒厳令カードを封じる」

    「もしくは反乱法カードや戒厳令カードを乗っ取る」


    という戦略になりそうですが

    なんと1月6日の動画私は見ていたのだけど

    「バイデンがトランプに塩を送ってるように見える」んですよ。


    そうInsurrection(反乱)っていう言葉がすごい
    重要な単語なんだけど

    それ本来は民主党陣営の軍産は言ってはいけない言葉
    ですよね?

    それも反乱法発動の根拠になるわけですから。
    ただバイデンがそれを6日に言ってしまったから
    私は驚いたんです。


    これすごいんですが

    実際に見てみましょう。
    (これも削除されるかも)


    私はこれが実は一番驚いた。


    【動画】バイデンの1月6日の動画で
    「Insurrection(反乱)という単語を
    なんと「バイデンが」使っている
    ⇒ https://youtu.be/FBCWTqJT7M4

    (動画の2分46秒でしっかりと
    「Insurrection(反乱)インサレクション」
    と「強調して」言ってる)


    それで是非自分で見て「聞いて」欲しいんだけど
    リスニングの勉強になりますね!

    ここで動画の2分46秒でしっかりと

    "It's not protests,
    it's Insurrection"
    (これは抗議ではない、

    もはや反乱だよ~~!)


    って言っちゃってるんです。


    しかも聞いていただいて分かると思うんだけど

    「なんとバイデンが
    Insurrectionをめっちゃ強調してアクセント置いて
    発言してる」

    のですよ。


    ちなみに政治家ってのはどの政治家も
    建前と本音を使い分けるんですが


    建前としては内容はトランプ支持者たちを批判する
    演説でありましたが、


    ただこのInsurrection(反乱)って言葉で

    実際はトランプたちに「じゃあ反乱法で納得だよね」
    って塩を送ってしまってるわけですね。


    それでさらにもっと見て欲しいのだけど
    まずトランプたちが今必要なのが

    「多くの民衆に声を届ける手段」でありますよね?

    そこでトランプたちはツイッターやフェイスブックを使ってきたけど
    BANされたり制限されたりしてる状況です。

    そんな中でバイデンは1分40秒~くらいから
    見てほしいんですが


    「大統領の言葉は大事だ。
    その大統領がどんなに悪い人であっても良い人であっても。

    最良のシナリオであれば大統領の言葉は
    暴動を止めるのに役立つだろうし

    最悪の場合は彼らは暴動を扇動することもできてしまう。


    だからこそ私はトランプ大統領に彼の役割を果たすために
    国営テレビに出ることを求める。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    そして憲法を守ってこの国会包囲劇を終了させるべきだ
    (Therefore, I call on President Trump
    to go on national television now,

    to fulfill his oath
    and defend the Constitution
    and demand an end to this siege.)」


    ってことを言ってしまってる。


    私はだから実は1月6日、最も驚いたのが
    この見ていただいてる演説でして


    まるで「リンウッド弁護士がバイデンの脳を乗っ取ったのか?」
    とでも思えるという(笑)そういう内容なんですよ。

    バイデンは「トランプにテレビ出演させて反乱をなんとかさせるべきだ」
    ってことを言ってるわけで


    これはですね、「バイデンってトランプ陣営だったけ?」と
    私は当日この彼の演説見てたまげた。


    一応上の動画消されるかもしれないから
    文字起こしサイトも念のため以下に貼り付けて起きます。


    ⇒ https://www.wbur.org/news/2021/01/06/transcript-joe-biden-capitol-chaos


    それでさらに彼は言うんだけどしかもですね、

    どう聞いても「We the people」ってバイデンが言ってるんです。

    え~~!!って思いませんか?


    そう「We the people 我々人民」って
    フリンやリンウッドが使い出した言葉で
    トランプ陣営のリンウッドのサイトにも掲げられてる言葉なんだけど


    バイデンは We the people って言葉使っちゃってる。


    たまげませんか?


    一応是非自分で聞いていただきたいのですが
    そして動画消されていたらすみませんが

    4分55秒で確かに"We the people"とまで、言ってます。


    【動画】バイデンの1月6日の動画で
    「Insurrection(反乱)という単語を
    なんと「バイデンが」使っている
    ⇒ https://youtu.be/FBCWTqJT7M4



    さらにさらに、

    そう「リンカーン」についてその後動画の5分10秒~で
    語っていてさらに私はたまげたけど

    「リンカーン」ってまさにリンウッド弁護士やトランプがこの1ヶ月
    何度も言っていた大統領でそれは反乱法を示唆するけど


    なんとそのリンカーンを引用したんです、
    トランプでもなくリンウッドでもなくあのバイデンが。


    それで最後にトランプに対して

    「So President Trump, step up.」

    「だからトランプ、前に進め」


    ってバイデンが言って締めるんです。


    だから反乱法のInsurrection Act のActは言ってないけど
    Insurrection って言う単語を相当強調、

    なおかつ、「トランプテレビに出て(反乱について)話してね」と言ったと思えば

    リンウッドたちの使う We the peopleという単語も使うわ、

    さらには最後「トランプ前に進め」とまで言うわけで


    実は私が6日の当日最も驚いたのはこの
    バイデンの演説でしたよね。



    これは一応上に動画あるから実際に自分で見てみると
    分かると思います。


    なんかトランプかリンウッドがバイデンの着ぐるみでも着て
    それで話してるのか?

    とも思えてくるくらいですが、


    不思議とこの疑問を扱ってる媒体は見ませんね。


    それでだから まるで私はバイデンがこの演説で
    トランプの反乱法発動のお膳立てをしてるように
    見えたのですが


    だから「ああ、バイデンが後ろでFISA裁判で
    司法取引したという
    「噂」は 本当なのかもしれないな」

    ってのは感じたところです。


    もちろん、民主党陣営が トランプの反乱法や戒厳令のシナリオを
    乗っ取るということのために

    言ってる可能性も捨てきれないですけども。


    これを見るとどうもバイデン側の司法取引が実はトランプ陣営と
    終了してる可能性は大いにあるんですね。

    あえてWe the peopleって単語入れてきてるのは
    逆に不気味という(笑)


    それで上のNBCはバイデンの演説動画をまだ掲載してますが
    実は他のメディアはバイデンが反乱という単語を使ったのを
    カットして切り取って別の部分を放送してるってのを

    私はしっかり気づいてますが


    だからおそらく バイデン陣営のメディアの軍産側のかたらも

    「あれ?バイデンが変なこと言ってるぞ」
    と気づいてる人らも軍産の中でいるってことで

    その部分カットして報道してるんです。


    トランプ陣営はよく「気づくやつは気づけ」みたいな
    仕掛けをこの数年やってきたものだけど

    ひょっとしたらバイデンの上の演説もそれかもしれないですね。



    だから実は軍産側のように振舞っており
    実はそこで軍産に対して面従腹背で

    実はトランプ側という人たちが結構司法取引でこの数ヶ月
    出てきてる可能性が高いのですが


    実はそれを示唆するのが

    今日の「ペンス副大統領がペロシの罷免の動きを封じた」
    部分でも出てきてると私は見てました。


    反乱法シナリオ、戒厳令シナリオをつぶすために
    今民主党の軍産ペロシが

    憲法25条で大統領罷免しようとしていたんだけど

    今日これが報じられた。


    ■ペンス氏、修正25条発動でのトランプ氏免職に反対 米紙報道
    https://www.afpbb.com/articles/-/3325163


    それでここで修正25条で、軍産のバイデン陣営というか
    民主党の軍産陣営がトランプを罷免してしまえ

    と動いていたけど

    この重要な動きについて、ペンスが反対した。
    極めて重要な場所でペンスが動いた。


    しかも複数の閣僚がペンスを支持して
    反対に回っていまして、


    反対する閣僚たちは修正25条の発動について反対していて

    その理由が思いっきり反乱法発動を前提としてるように私には見えてますが



    「もしトランプをやめさせたら

    現在の首都の混乱の収拾は収まるはずはなく、
    助長につながる可能性が高いから 
    そんなの反対だ」


    と、言ってるわけですね。


    ここでだから「閣僚の中にも議員の中にも
    隠れトランプ派が実は沢山いた」

    のが土壇場で分かってきた。

    それで米下院の民主党議員たちは
    弾劾に動くと言ってますが


    弾劾手続きではですね、まあ下院がそういっても
    上院で大統領に対する有罪判決と罷免に必要なのは

    「3分の2(67票)以上の賛成票」となります。


    ちなみにアメリカの上院はジョージア選が終わって
    今は

    共和党50、民主党50で同点ですが

    民主党の軍産が弾劾成功するのは

    「3分の2(67票)以上の賛成票」が大事だけど


    さあこれ取れるだろうか?とも疑問府つきます。


    だから今回 軍産に面従腹背で従っているように見せていた
    ペンスが 極めて重要な場所で

    トランプの罷免を止めたってのはかなり面白い出来事なんですね。


    さあペンスはどっちだろう?と思いますが
    「極めて重要なタイミング」で
    トランプを守ってるのは事実に見えます。



    さて、それでトランプVS軍産で両者とも

    反乱法を意識する中、


    早速ですが「ラトクリフ情報長官のレポート」
    も出てきた。


    トータルニュースワールドさんが報じてます。

    ■ラトクリフ国家情報長官から米上院情報委員会に
    「外国の選挙干渉に関する機密文書」が提出された
    http://totalnewsjp.com/2021/01/08/trump-472/




    誤解をおそれず大胆に要約すると、
    ・政局に影響を与えたくたくないため、
    中国の影響をあえて軽視ししたい分析官たち(DS側)
    VS中国の影響を入れたいラトクリフとのせめぎ合い。

    ・ラトクリフはそれでもキューバ危機を例にだし、
    中国の影響を考えるべきとの提言


    ・政局への影響を考えて6日を過ぎてから提出した
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    ってことでして


    私はラトクリフを支持しますがおそらく

    「・政局への影響を考えて6日を過ぎてから提出した」ってことですが


    そうじゃなくて「世論形成できてきて
    そして 緊急事態が敷かれてCurfew(夜間外出禁止令)が
    出されたタイミングで 反乱法を意識するタイミングで

    ラトクリフが出してきた」


    のが正直、正しいと思いますね。

    さすがにそれはラトクリフさんも言いませんが
    もうこれは書いていいことです。


    それでこれはトータルニュースワールドさんが
    相当まとめて書いてますので

    見てくださいね。




    ■ラトクリフ国家情報長官から米上院情報委員会に
    「外国の選挙干渉に関する機密文書」が提出された
    http://totalnewsjp.com/2021/01/08/trump-472/



    それでここでいよいよ反乱法の根拠も出来ました。


    それであと実はその前にとんでもなくすごいのが
    出てきておりまして


    以前と同じく最初のht消してますがこれです。


    これトランプがパーラーで出してきたものです

    tps://api.parler.com/l/lOBXe
    (表示する場合は最初にhtつけてください)


    ここで英語で意味不明かもしれませんが


    ざっくり言うと11月3日に
    コンピューターウイルスを仕込んで
    バイデン勝たせましたという宣誓供述書であり、


    その際に

    (カトリック総本山のバ^チカンがある)
    イタリアのローマにあるアメリカ大使館の人の
    指示を受けていたという内容ですね。


    これネットの有志の方が日本語に訳されてるものが
    あるから

    見てみるといいでしょう。


    【ネットで有志の人が翻訳したもの】
    https://imgur.com/n4ic83u


    これをトランプ大統領がツイッターではなく
    パーラーのほうで共有しておりまして


    それでその後ラトクリフ情報間レポート提出となりましたので
    大きくは「根拠」が出来てきた状況で

    さらにバイデンも「トランプが国営テレビに出て
    この反乱について何か言ってくれ」
    と言ってる状況です・・・(笑)

    (それが、バイデンが既に裏で司法取引をシドニーパウエルたちと
    やった結果なのか、

    もしくは罠なのか、は私たちには分かりません)



    だからほんと近いうちにですね、
    とんでもない大きな発表をする
    準備が整いつつある現状ですよね。


    ちなみによくQ系の話だと
    「世界中の緊急放送システム」ってのが話題になってますが

    【米軍はあなたのテレビに世界中の
    緊急放送システムをアクティブにします。】のツイート
    https://mobile.twitter.com/seki_koza_saza/status/1347279465978630144


    バイデンの国営テレビの話なんかを見ると
    無視できないとなります。


    何かしらの手段で発表されるかもしれない。


    一方やはりトランプと戦ってる軍産官僚たちは
    なんとしてもこの反乱法や戒厳令のシナリオを
    阻止する、

    もしくはそれを乗っ取りたいという現状ですから


    本当の意味で勝負が決まる、のは
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    この反乱法、戒厳令の政治において決着がついたら
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ですよね。


    民主党陣営やマスコミは明確にもう反乱法や戒厳令を
    封じる動きをこちらも隠してませんが

    本当の戦いはこの辺でしょう。


    だから未だに副大統領に決まったとされる
    ハリスが上院議員を今日の時点でも辞めていないってのは

    その辺の政治次第ということなんでしょう。


    ということで最初のトランプの動画に戻りますが

    やはり「信じられない旅はまさに今始まったばかり」

    という認識は本当だろうと判断できますよね。



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【動画】トランプ大統領の最新メッセージ!
    (日本時間1月8日、アメリカ時間1月7日のメッセージ)


    【NTD版】
    ⇒ https://youtu.be/RgyGmev8PSU



    【RSBN版】(開始2分~よりトランプ登場)
    ⇒ https://youtu.be/JH-sc0Cp0dM

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    これからいよいよ2ヶ月以上継続してる
    トランプ劇場が

    いよいよ、
    クライマックスに入っていく感じですが


    ここで民衆が悪魔に打ち勝つハッピーエンディングか
    もしくは民衆が悪魔に負けて共産主義社会にレッツゴーの
    悲惨な物語になるか

    が決まっていく感じですね。


    それで以前にこれもまた事前に
    トランプの戦略は司法ルートや反乱法ルートの
    それぞれ独立したカードではなく

    それぞれが有機的につながったものであると見える
    と書いてますが
    まさにそうなってまして


    実際は良く見ると、

    トランプのシナリオに沿って動いてると
    判断できる現状ではありますから


    これから18日あたりまでですね、
    この辺がクライマックスになりそうな感じはありますから

    注目ですね!


    では!!



    ゆう




    追伸・・・それで日本では報道されてませんが
    軍産が最も恐れているのが

    行政が暴走した際の
    抵抗権を定めたアメリカの修正2条を元に
    組織されたミリシア民兵でありますが

    彼らの米民兵連合のmilitia.meが

    「もしバイデン勝利を押し通すならば
    米国7つの主要民兵から構成され総勢、
    数十万人の民兵から組織されるミリシア民兵は

    「1月16日から憲法思想に沿って動く」」
    ことを声明で出しました。



    すなわち副島先生の書籍読んでる方はご存知の

    「16日期限として
    抵抗権の行使をすることを軍産側に伝えた」のですね。


    だから民主党の中にメインで巣食ってる
    もはやバイデンではなく軍産官僚たちが実力行使して
    トランプたちの反乱法や戒厳令を阻止しようとすれば

    とんでもないことになるっていう
    楔(くさび)もアメリカのリバータリアンで構成される
    民兵組織、プレッパーによって打たれている。

    彼らは16日を期限としてるのが大事です。


    そういう大きな現状がありますので
    だから「これから」となりますね。


    そしてラトクリフレポートも出てきまして
    以前主流メディア側に立つ人たちが言っていた

    「ラトクリフは軍産に負けたからレポート出せなかった説は嘘」
    だと分かってきた。


    実はまさにこの6日以降に、あわせていたのだ
    ってことですね。


    ということで世間の人は気づいていませんが、
    「いよいよ」ですから
    引き続き注目ですね!


    では!




    追伸・・・それでこの数ヶ月で
    「トランプ陣営にまぎれていた軍産のスパイ」に多くの人が
    落胆してましたが

    一方「軍産官僚側を装っていたトランプ陣営の人間」
    が実は結構いた、というのがこの1日で表に出てきてるわけです。

    おそらくこの数ヶ月で私たち一般人では見えないところで
    諜報戦争が繰り広げられていたのだけど

    それがこうやって表に出てきた。

    生でこうやって見ているとすごいものですね。
    Curfew継続を決定した市長も実際はトランプ側っぽい動きです。

    それで近いうちにトランプは意を決しそうなので
    この諜報戦争がどう動くかを見守って
    いきたいものです。

    では!





    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ■隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略が期間限定公開です
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆













    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)



    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る