ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/01/31  【リン・ウッド弁護士の最新ラジオ分析から 「バイデン政権はフェイクであり現在はやはり アメリカは FEMAなどの軍政下である可能性」について考える!】
  • 2021/01/30  【「2021年1月のサードの運用利益とは?残りあと3日】(副題:「嫌がらせに屈しないリンウッド」のメッセージから学ぶ!)
  • 2021/01/30  【「アメリカの個人投資家とイーロンマスク」がヘッジファンドを 「刈り取った」ゲームストップ株の騒動から考える!】
  • 2021/01/29  【4年10ヶ月の間、コロナ禍でも生き残ってきた「ザ・サード」(残り4日)】 (副題:検閲(けんえつ)時代における「人々の現実」とは?)
  • 2021/01/28  【「トランプ・バイデン・軍隊」の3者で「今誰が実権」を握ってるのか? をリンウッド弁護士の英語表現を分析して考える!】 (副題:ついに最高裁が「トランプ大統領を好む判決」を出してきた。)
  • 2021/01/28  【ザ・サードシステム】 「新たな出会い」と弊社の使命について(副題:テキサス州訴訟でトランプ支持の保守派が「あっさり」勝利した)
  • 2021/01/27  【世界各国の内閣や首相が「同時に総辞職・辞任」していること、、 さらに「検閲のない自由なSNS」をトランプ陣営とイーロンマスクが 作っていく流れについて考える!】
  • 2021/01/26  【2月3日に募集終了】4年10ヶ月もの間、生き残ってる「EA+裁量」のザ・サードシステム(副題:「前大統領のオフィス」をトランプが開設した!)
  • 2021/01/25  【シドニーパウエル弁護士も「アメリカ共和国復活」についての 団体設立を発表したことを考える!】
  • 2021/01/24  【トランプ大統領が復活!】リンウッド弁護士も「新生アメリカ共和国」と 「株式会社アメリカの破産」に最新ラジオで言及!!
  • 2021/01/23  【「覚醒」と「自立」をトランプ陣営は 民衆に求めているだろうという話!!!】
  • 2021/01/22  【新生アメリカ】トランプ大統領が「復活」して戻ってくることについて 考える! (エピソード2シナリオ)
  • 2021/01/21  【アメリカの近代デモクラシーで「怪物」が台頭したこと および 今後の「希望」などについて考える!!】
  • 2021/01/20  【トランプ大統領の初期メンバーであるスティーブバノンが恩赦され、 さらに新しいサイバーセキュリティの大統領令が出されたことについて 考える!】
  • 2021/01/19  【リンウッド弁護士の最新ラジオの発言内容を知り、 またトランプ大統領が裁判官などを守る大統領令を発効した意味 について考える!!】
  • 2021/01/18  【アメリカ含む世界中でCNNやCBSの放送が不安定になってることや、 トランプ大統領が100人前後の恩赦することなどを考える!】 (副題:鼻マスクの受験生が試験無効になった?話の問題点など!)
  • 2021/01/17  【副島先生の最新言論から「兵士の睨み合い」が続くワシントンDCの 状況や緊急放送のシステムなどについて考える!】
  • 2021/01/16  【すでにワシントンでは25000人の兵士がトランプ大統領によって 配置されたことについて考える!】
  • 2021/01/15  【リンウッド弁護士が最新ラジオで「反乱法は既にトランプ大統領によって 発動されてるだろうという認識」を示したことについて考える!】
  • 2021/01/14  【「続々とワシントンDCに配置される兵士たちと、 トランプ大統領による「州兵投入の根拠・プロセス」について考える!】 (リンウッド弁護士が言ったように世界各地で停電騒ぎが続いてる)
  • 2021/01/13  【検閲後も元気なトランプ大統領、そしてアラモの演説の目的、 および「先日の大統領令の当事者は誰か?」などを考える!】
  • 2021/01/12  【前号に引き続き「トランプ大統領がワシントンDCで非常事態宣言を承認」したことについて考える!】
  • 2021/01/12  【すごい】ついに「公式に」大統領令13848による資産凍結が発表されました! (トランプ大統領の反撃開始)
  • 2021/01/11  【「予測しないで」FXで月利5~20%稼いでる人は何を見てる!?】(A-book B-bookの闇の話と、トランプの最新声明などなど)
  • 2021/01/10  【副島先生とリンウッド弁護士の「トランプ勝利確定」についての 最新言論を見る!!】 (「緊急放送システム」についてトランプ陣営のリンウッドが先ほど言及!)
  • 2021/01/10  【息抜き♪】寝ても覚めてもトランプトランプ!の石川さんの動画を見て、 息抜きしながら考える!
  • 2021/01/09  【吹き荒れるビッグテックによる検閲の嵐】 (と、それに対抗するトランプ大統領について考える!)
  • 2021/01/08  【トランプ大統領の最新動画「旅は始まったばかりだ」を見て考える!】 (副題:ラトクリフ長官レポートが出てきたことと、ペンス副大統領は トランプ罷免のペロシを拒否!)
  • 2021/01/07  【「トランプ劇場」の火蓋が切られた】(連法議会議事堂乱入⇒「ワシントンでついに夜間外出禁止(curfew)継続が決定したことを考える!)
  • 2021/01/06  【世界中で「バイデンジャンプ!アゲイン!(再び!)」が 「超話題」になってる】 (副題:トランプ陣営がバイデンジャンプを「リアルタイムに上院選で再現!」・ペンスカード2やナバロレポート2も登場)
  • 2021/01/06  【隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略とは!?】
  • 2021/01/05  【動画】2021年最新の「トランプ大統領のジョージア州上院選の ラリー・集会」を見て考える!(副題:トランプ大統領はペンス副大統領に「肯定的な見方」を示した)
  • 2021/01/04  【隠れトランプ支持者たちが数千万人単位で1月から立ち上がっていく!】 (副題:リンウッド弁護士が最高裁長官ロバーツ氏も実は脅迫されてるのだ、 とツイートした)】
  • 2021/01/04  【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる 予想しない投資手法とは!?(副題:軍産複合体はアメリカ人たちの民意が本当は怖い!?)
  • 2021/01/03  【ついにテッドクルーズ含む11人の上院議員が1月6日の異議申し立てに立ち上がる! そしてペンス副大統領が「意を決した」か?】
  • 2021/01/02  【リンウッド弁護士が「ペンスを逮捕して副大統領はフリン将軍にしてポンペオを上院議長にすればよい」 というツイートしたことについて考える!】(副題:戒厳令を経験した退役軍人インタビューから学ぶ)
  • 2021/01/01  【翻訳の動画】アメリカ史上最年少25歳の国会議員である マディソン・コーソーン氏の素晴らし「すぎる」演説!を元旦に見る!
  • 【吹き荒れるビッグテックによる検閲の嵐】 (と、それに対抗するトランプ大統領について考える!)
    配信日時:2021/01/09 20:00
    【吹き荒れるビッグテックによる検閲の嵐】
    (と、それに対抗するトランプ大統領について考える!)
    ⇒編集後記で

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ■隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略が期間限定公開です
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【動画】トランプ大統領の最新メッセージ!
    (日本時間1月8日、アメリカ時間1月7日のメッセージ)

    【NTD版】
    ⇒ https://youtu.be/RgyGmev8PSU

    【RSBN版】(開始2分~よりトランプ登場)
    ⇒ https://youtu.be/JH-sc0Cp0dM



    「みんな、失望してると思う。

    しかし私たちの「信じられないくらいの旅」は
    まさに今始まったばかりである」といってます

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧いただきまして
    ありがとうございます!!!!!


    さてさて、昨日は以下の内容を
    「一切保障される」憲法21条言論表現の自由を元に
    扱いました~


    マスコミ等では報道されないものの
    やはりまだ大統領選挙は終わっていないと言えまして

    いよいよこれから反乱法や戒厳令などを巡る
    攻防が続くことになりそうですね。



    【トランプ大統領の最新動画「旅は始まったばかりだ」を見て考える!】
    (副題:ラトクリフ長官レポートが出てきたことと、
    ペンス副大統領は トランプ罷免のペロシを拒否!)
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202101&MID=2787#2787


    ちなみにですが今下院議長のペロシたちは
    トランプ大統領を弾劾しようと動いておりますが

    バイデンが大統領で決まりって言うのであれば
    もう堂々としていればいいものを、

    普通に見るとどう見ても「トランプ陣営の動き」に
    脅威を感じてるのは明白ですよね。

    もうあと10日くらいなんだからほっておけばいいのですが
    どうもそれをペロシたちができない「何か」が昨日書いたように
    あるのでしょう。



    さて、それでもうこの1~2日なのですが
    この数日を表す単語としてはズバリ件名で書きましたが

    「検閲」であることでしょう。


    とにかく最近 「検閲」がすごいですよね。
    この検閲の動きも、やはり何かいわゆるDSの焦りを感じる部分です。


    ちなみにですがツイッターがあろうことか
    現職大統領のトランプ大統領のツイッターアカウントを
    永久凍結というのが

    この前ニュースにもなっておりまして

    そしてこれはまさに検閲と言いますが
    マスコミたちはこの検閲に大賛成の共産主義の立場でありますが

    また同じくツイッターで特にアメリカ人で憲法を重視しよう
    という立場の人たち、


    この人たちのアカウントが大量削除されたということで
    もう話題となってるというか

    戦慄(せんりつ)の状態となっております。

    さらに、トランプ大統領のツイッターが検閲されたことで
    多くのユーザーが実際は 言論表現の自由を重視するとした
    「新興SNSパーラー」に移行してる段階でしたが


    そこでまあトランプ陣営は今までは発言していたのですが

    なんと今日ビッグテックのGAFAの
    アプリのダウンロードぷれっとフォームを提供する
    アップルとグーグルが

    「パーラーは言論統制・検閲をしなければ
    プレイストアやアップルストアから排除するぞ」

    ということで この新興SNSに対してどう見ても
    検閲ですがそれをするように求めてるようです。


    ■Google suspends Parler social networking app
    from Play Store; Apple gives 24-hour warning
    (GoogleはParlerをプレイストアからのダウンロードを一時停止して
    Appleも24時間の期間で(猶予期間である)警告を。
    ⇒ https://www.reuters.com/article/us-apple-parler/apple-threatens-to-remove-parler-social-networking-service-from-app-store-idUSKBN29D34N


    いや~もう検閲(けんえつ)がこれ本当にすごいことになってきた
    と思います。


    ちなみにこのGAFAなどビックテックと言われる
    超大手の多国籍企業の検閲問題の深刻さってのは

    私はずっとメルマガにて
    もう数年書き続けてきたのですが
    それがもうここまで来たか・・・

    という感じになってますよね。


    一国の大統領のアカウントも、自分達 既得権益の
    各国 行政官僚と談合してる為政者に都合が悪いのであれば

    アカウント削除していき、そして情報統制をしていく
    わけです。


    ちなみにコロナ前はよくネット上でも
    世界が徐々にディストピアに近づいてるなんて

    よく言われていたし、私もよくそういうことを
    書いていましたけど、


    これがもう2020年以降は・・・本当にどんどん
    進みまして、


    私たちは徐々に「共産主義のイデオロギーを持つ人たちの
    言葉や思想や文章しか触れることができなくなっている」

    恐ろしい状況になっておりますよね。


    中国とか北朝鮮をアメリカはじめとした先進国も
    馬鹿に出来なくなっております。


    ちなみにこの懸念は以前にHARANO TIMESさんで
    ハラノさんとMAKOTOさんが作られた動画でも扱われており

    新年早々 史上最強の車椅子議員の話を扱ったけど

    まさにこのトランプを応援してる
    議員のマディソン・コーソーン氏(Madison Cawthorn)が
    演説で 心配したとおりとなってるわけですね~


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【動画】アメリカ史上最年少の国会議員である
    マディソン・コーソーン氏(Madison Cawthorn)の

    私たち日本人にも理解できる素晴らし「すぎる」演説!
    (HARANO TIMESさんの素晴らしい日本語訳付き!)

    ⇒ https://youtu.be/d2zl4pLKtEc




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





    それで私なんかはトランプはやはり頑張ってると良く書くのですが
    たぶん彼を応援してる人の多くが

    実際はトランプが

    「今まで当たり前でもあった
    (言論や表現や集会の自由などの)自由を守ろうとしてる」

    ことを知ってるから支持してるわけですよね。
    また彼はアメリカの大統領としてはおそらく初めて
    大きな戦争を回避してきた人です。



    それで、多くの人はそう、例えばですね、
    反トランプの人もメディアも、

    「トランプは粗暴で女たらしでめちゃくちゃで、
    陰謀論ばかり唱えてる変なやつだ」

    と、とにかくディスって言いますけども、


    しかしここではっきり言いますと

    トランプ支持者たちが守ろうとしてるのは


    (反トランプの人たちには同調はしないけど)

    そこで反トランプの人たちが
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    「トランプは粗暴で女たらしでめちゃくちゃで、
    陰謀論ばかり唱えてる変なやつだ」


    と、自由に言える権利を守ろうとしてるわけです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    命がけで。
    ~~~~~~~~~

    実のところ、時の為政者に対して
    これ批判したり、または
    賛同したり、自由に私たちは声をあげられるのが当たり前だけど

    それは憲法で言論表現の自由=Freedom of Speechってのが
    「一切」保障されてるから、なんですね。


    普段は私たちはそれを意識していないで生活して
    居酒屋とかレストランとかカフェでペチャクチャ話せるけど

    それも「言論表現の自由があるから」であるわけですね。

    ここで居酒屋とかレストランに監視員の警察がいて
    発言チェックとはされないわけです。


    が、その当たり前だった自由が
    大きな問題として危機に瀕してる現状は
    どう見てもありまして、

    もはや 「憲法の自由をしっかり守ろう」と言ってる
    大統領でさえ、

    そしてその憲法の自由を守るためには不正選挙での
    為政者による集計機を使ったクーデターなど許されないことですが

    それ自体がアメリカでは検閲されてる現状であります。


    例えば、多くの人はSNSで発信してるけど
    そこで自由に発言できるのも、
    自由に何かについて自分の考え方を述べたりできるのも

    また商売であればその商品の素晴らしさを伝えるために
    色々と営業活動ができるのも

    実のところその源泉って 
    自由があるからなわけですね。


    だから自由があること、が前提にあって
    資本主義も発展するのだけども。


    が、それが危機に瀕しておりまして

    そこでトランプ大統領が早速

    それに対しての対抗を発表するという事態になりました。



    それで実は、コロナ問題ってのが大きくはこの

    言論表現の自由とつながってることも

    また説明が必要ですが


    今日はその辺について「投資という自己表現」をしてる
    私たちにとっても大事なことだから

    考えて生きましょう!


    特にトランプ大統領の新しい声明は大事ですね。



    編集後記で!



    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



    【FX新案件!】相場に「網を張って」
    月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    さてさて、それで今日は件名にも書きましたが

    2021年の新しいFXの案件が登場してきてますね!!


    ずばりこちらの案件、後ろにいる社長さんが長らく親しい方なので

    よく存じてるのですが


    まあ多くのちゃんと検証して実践されてる生徒さんが

    ガッツリ結果出してる、という案件ですね~


    それでズバリ今回の案件ですが

    「証券会社の政治経済」に注目した案件でして


    簡単に言うと

    「FXのみんなが使ってる某国の証券会社ってさ
    結局顧客が損すると得する仕組みなんでしょう?」


    っていうところから戦略をスタートさせてる案件ですので

    面白いと思います。



    今日はこちらの


    「相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法」の

    事務局の大塚さんより****さんにメッセージです!



    ==================

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    ****様、今回ご覧いただきまして
    ありがとうございます。

    事務局の大塚でございます。


    突然ですが ****様は

    「FXの証券会社の闇」についてご存知ですか?


    FXの証券会社選びに失敗すると、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    いくらトレード技術を磨いても勝てない。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    この話を聞いてピンと来ませんか?


    もし「ピン」と来る方は、経験があり

    FXの闇についてよくご存知かと思います。



    今回 私たちで紹介する深見さんですが、

    「A-BOOK」「B-BOOK」のことをよく理解している
    本物のFXトレーダーさんです。


    「A-BOOK」「B-BOOK」とは何か?

    これは、国内のFX証券会社が、
    なぜ、あんなにスプレッドが低いのか?

    このスプレッドの低さに答えがあります。


    インターバンクからレートを引いているなら、
    絶対に、こんなに低スプレッドは実現できないはず...。


    ということは、証券会社の中の操作された
    チャートシステムの中でトレードをしてる?


    だとしたら、どんなにトレード技術を磨いても
    勝てないということには、頷けますよね?


    深見さんは、FXで数千万円の利益を出しながらも、

    証券会社からの理不尽な「出金拒否」などを経験し、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    FXで本当に勝てる方法を極めた方です。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    もちろん、FXの証券会社(ブローカー)選びはもちろん、
    トレード手法も他の人とは一線を画しています。


    通常のトレーダーが、上がるか下がるか予想、
    つまり、「BUY」「SELL」か予想する中、
    深見さんは、上がっても下がっても利益が出る。


    そんな、ポートフォリオを組んだ
    トレード手法で、取引をされています。


    「上がっても下がっても利益が出る手法」

    と聞くと、詳しい方なら、アービトラージ?

    って思うかもしれません。


    いえいえ、アービトラージは、不正解です。


    また、両建てを絡めたトレード法?

    って思われた方もいるかもしれませんが、

    両建ても、不正解です。



    深見さんのトレード手法は、巷では実践している人が
    おそらく ほとんどいないかもしれません。


    簡単に今お伝えできることだけ言うと、


    20通貨ペアを為替の相関関係で、
    ロット調整をしながら、損益を各通貨ペアごとで
    判断するのではなく、トータル損益をとして考える。


    このような特殊なFX手法でトレードをしている方です。


    トレードにかける時間は、

    1日たった5分程度で、
    エントリーのタイミング以外は、
    チャートも見ない。


    張り付きもせずに、月利5~15%はもちろん、
    調子がいい月だと月利50~100%も出せる。


    そんな嘘のような本当の話がここに存在します。


    深見さんの、

    「上がるか下がるか予想せずに「FXで勝つ手法」を

    ウェビナーで公開する予定です。


    以下のページから、メールアドレスを登録して、
    深見さんのウェビナーを受講して見て下さい。

    http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    これまで、****様が聞いたことない、
    FXトレード手法が公開されています。



    そして
    「FX会社の闇」に迫った話も紹介されているので、
    刺激が強いウェビナーになっていますが

    だからこそ****さんにとっても
    役立つものとなるはずです。


    ご覧頂くだけでも非常に価値あるでしょう。


    今回かなり特殊な方法でもありますから
    あまり多くの方にお知らせできないため
    期間限定で


    一部の媒体にて
    2021年に公開させていただいております。


    どうぞこのお正月の時間を活用いただき
    ご視聴くださいませ。


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■



    ==================




    以上です!!


    それで今回の案件ですがズバリ


    「トレードがしたいのではなく

    資金を増やしたいのだ」


    という少し冷めた?

    ある種 資産増加の明確な目的がある人にとっては大変面白い

    案件ではないかな~と思います。



    ちなみに今回この案件面白そうだな~って思ったのは

    勿論講師の方がプロフィール見ていただいて面白いなってのも

    あるんですが

    (製薬会社の闇とか色々知ってる人ですね)



    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    ただそれ以上に、実はこの案件を担当されてる統括の社長さんが

    いらっしゃるのですが


    まあ私と長い付き合いで ぶっちゃけな話

    相当なお金持ちな方がやってる案件ですね。


    実はまだこの案件の社長さん、

    30代で若いのに

    個人で資産数億とかまあそれくらいある方ですが


    その方が統括してる案件ですね。


    それで今回その若くして最早リタイア状態であるはずだけど

    そこでビジネス大好きでお客さん稼がせながら経営も続けてる

    社長さんが白羽の矢を立ててる

    トレーダー兼講師さんが実は今回の深見さんなんですが



    まず不思議に思いませんか?


    世の中にはこれ稼げないでそれこそコロナの政府給付金に

    頼ってなんとか食いつなごうと言う人が現状多い中、


    そこで投資やビジネスで稼ぎまくってる人が実際いる・・・

    わけですね。


    その差は一体なんでしょう?


    これは実は色々要素はあるんですが

    「世の中の現実の厳しい政治経済を見ることができてるかどうか?」
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    なんですね。


    たぶん多くのサラリーマンから副業で稼ごう、なんて
    思ってる人は大多数が

    「政治経済と、投資やビジネスで稼ぐって関係ないだろ!」

    なんて思っちゃうんですけど


    まあこの時点で稼げないわけですね。


    なぜか?


    と言いますと、基本的に全てにおいて政治は発生するから、

    です。


    それで実はこれは「金融行政」でも同じでして

    上にちょろっと 私のメルマガでも以前扱ってる

    A-Book と B-Bookの話が書かれてますが


    まず金融行政について最初知らないと

    大きく負ける可能性が急激にアップする、のですね。


    ちなみに某国の金融行政は世界最悪と実は

    詳しい人には知られておりまして、


    某国のFXの証券会社のほとんどは

    そう「顧客が損をしたら証券会社が儲かる仕組み」

    となってるわけです。


    そしてその某国の証券会社を使ってる人たちは

    某国の証券会社を相当信頼してまして


    言ってしまうと深い洗脳状態にあるんですけど

    「まさかそんなことが行われてるとは夢にも思っていない」

    のですが


    実のところ 某国の証券会社では証拠金100万円とか

    そんなレベルの個人投資家は内部の幹部たちの間では

    クズというひどい言い方をしてる人たちもいたりして


    けど一方、外面は コンプライアンス、コンプライアンス~

    と、言ってたりするんですね。


    それで実は某国の証券会社ってのは

    昔は先物とかで電話営業とかがあったものなんだけど


    そこで多くの先物の穀物とかを無知な個人投資家に買わせて

    そこで大損させて生き残ってきた

    海千山千の人たちが出世して、今リーダーとなって


    FX証券会社を立ち上げてるわけですね。


    そこで多くの個人投資家が文字通り刈り取られまくってる

    わけですが



    そうその某国は・・・官僚独裁国家の日本なわけですね。



    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/




    それで日本では未だに例えばですが

    証券会社で信じられないことに「追証制度」ってのが

    ありますよね??


    まあこれがヤバいんですけども、

    追証制度って要するに****さんが

    100万円入れてレバ20倍で仮に2000万円を動かして

    運用して


    そこで相場大変動があって、ロスカットされて

    マイナス300万円になってしまいました、


    なんてことがあれば

    証拠金100万円入れてただけなのに

    損失は200万円になる、みたいなそんな制度ですよね。


    まあヤバいですよね。


    ちなみに海外証券会社は英語読める方は

    ちゃんと読んで分かってるでしょうが


    基本的にどこも最近は追証制度のないゼロカット業者

    が普通ですよね。



    日本の官僚ってのは実のところ世界最強でありますが

    それが最も反映されてるのがまさにFXかもしれませんが


    ここで表向きは個人投資家保護を言ってますが

    本音と現実では「どの国の証券会社よりも

    個人投資家をリスクにさらさせてしまっており

    それを当局も大手証券会社に天下ってるから容認してしまってる」


    現状ですよね。



    まあこの変の金融行政を知ってる人と知らない人だと

    大きな差が出るのは誰でもわかると思いますが


    今回はその辺の金融行政もちゃんと理解した上で

    そこで戦略を立てていきましょうよ


    っていう案件ですね~



    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    それでこの 政治経済の構造から分析して

    戦略を立てるってのはすごい大事なんだけども、


    この案件を担当してる社長さんも政治経済とか見る人なんだけど

    そこで「大きな構造をしっかり自分で分析して」


    その上で戦略を立てるわけですね。


    だから金持ちになりやすい、わけです。


    だからそもそも 国内の証券会社ってのもそういう人は

    最初から信頼していないわけですが


    ここでもう大きな差が出るってことですよね。


    「なんかあそこの証券会社は大手企業らしいから

    信頼できるぞ、ってみんな思ってトレードをする」んだけど


    やっぱり証拠金まるごと、刈り取られますよね?


    すなわち妄信が実は問題なんですね。


    「自分で考える」ことが大事な時代なのであります。


    ちなみにこれは予断だけど、私の知人で、大手証券会社の

    社長やっていた人物がおりますね。


    名前書けませんが、その証券会社はおそらく誰でも知ってるんだけど

    昔、彼が社長でした。


    が、そこでその社長の彼は 声を挙げた。

    「こうやって顧客の資産が減ることで収益を上げる体制は

    やはりおかしいです。

    ちゃんとした手数料ビジネスモデルに切り替えるべきだ」


    と言ったんです。


    さあどうなったでしょう?

    彼は役員解任となりましたよね。


    私は彼が解任された後、彼に直接話を聞いて

    存じてるのだけど


    こういう裏側がやはり存在するわけですね。


    それでだから、FXの証券会社についても政治経済が絡んできてる

    わけですが


    この辺の構造をしっかり知って

    その上で戦略を立てたら素直に負けづらくなって

    利益上がりやすくなるよね、


    ってのが今回の案件ですね。



    だから実際にページにもありますが決して派手ではありませんが

    しっかり生徒さんの資産が増えてる案件、でもあります。




    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/




    それで例えばなんですが色々「自分で考える」のは大事なんだけど

    例えば FXの証券会社を国内で開く場合ですね、


    必ず ある項目があると思うんです。


    それは「あなたの資産はいくらですか?」っていう項目があって

    そこで、タブ形式で****さんの資産を自己申告するわけですよね。


    これってなんとなく、みんなスルーして

    開く時に申告してますが


    「じゃあそれって何に使うの?」って思いませんか??


    これは例えばある証券会社では

    ちゃんと「その顧客がリスクを管理してトレードしてる人間か

    それか リスク管理できない素人か」


    をそこで見てたりもするわけですね。


    ここで例えば ポジションサイジングと言って

    暦が長い、「稼ぐリスクのあるトレーダー」なんかは

    一回の損失を2%前後で調整しますが


    ここで自己資産の20%30%で張る人って結構いるんだけど

    実はその申告されてるからそれって丸見えですよね?


    だからそういうユーザーはちゃんと「それなりのシステム」

    に割り振ったりしてるわけですが


    しっかりそういう人は スプレッドがある日ガッツリ開いて

    ロスカットされたりするんですけども、


    まあ 海千山千の先物出身の方々がやってるだけある

    わけです。


    まあだから恐いものですよね。


    だから稼いでるトレーダーたちからしたら

    「日本人があまり使っていない証券会社をなるべく使う」ってのが

    結構常識になってるかと思います。


    それで、実は証券会社行政ってのはなんだかんだ

    不透明なもので、


    色々闇があるんだけど、


    今回の案件は あくまでそういう闇の構造をちゃんと理解して

    そしてその上で対策を考えて

    戦略を作っていくのが大事だ、


    っていう考え方を出発点としてる案件ですね。



    なかなか勉強になると思いますので

    是非新年のお時間利用されてみてみるとよいと思いますね~

    それでは!




    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





    追伸・・・それでここで

    「予想しない投資手法」ってことがページで

    書かれていると思いますが


    実はこれがすんごい大事ですね。


    ちなみにですがこれは自慢になるからあまり良くないけど

    個人的には一切予想しませんが・・・


    まあ2020年は相当資産が増えたのは事実です。


    そう 「予想しない」ってのが極めて大事なんです。


    だから私のメルマガは一応 投資家の読者が読むものだから

    なるべく予想しない、現状の情勢だけ書くってのを


    これ編集で意識はしてて、
    大統領選挙の記事でもそれは意識してるんですが

    (競馬とかの予想屋さんではないので・・・)


    「予想なんて できません」なんてのはもう

    昔から証明されてるんですね。


    ちなみに、もう少し書くと昔はですね、

    まだ チャートもなかった時代があって

    電話注文の時代があったそうです。


    それで私はある優れた投資家に以前教わったことがあり

    「当時は 相場予想という言葉は存在しなかった」

    んだそうです。


    なぜかというと予想はできないから、ですね。


    実際は 現状、その価格を上に押し上げるプレッシャー圧力が強いか

    もしくは下に押し下げるプレッシャー圧力が弱いか


    またそれらがどれくらい持続可能な構造を持ってるか

    くらいしか分からないのですが


    当時の人はそれを考えて取引していたそうです。


    が、いつの日か「相場予想屋」さんが出てきて

    猛プッシュされるようになったんですね。


    この時から 相場を予想するっていう概念が出てきたんだよ~

    って私は大金持ち投資家さんに昔教わった。ラッキーでした。


    だから実は予想なんてできないわけですね。


    未来が分かるのは神様だけであって

    人間が神様になれると思っちゃだめですよ、っていう話なんです。


    それで今回の案件はまさに予想しない、ものですので

    アプローチが強いやり方ですね。


    勿論検証が必要かと思いますが真面目な方は

    見てみる価値は相当あると思います。


    だから実際は今の大変な世の中でお金持ちになってる人たち

    ってのは その辺の人たちと全く違う視点で

    物事を見て、批判精神を健全に保ち、


    戦略を立ててるから

    だから必然的にお金持ちになってるってことなんですね。


    そういう意味でかなり勉強になる案件かと思いますね~




    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★












    ===========編集後記==============

    さてさて、この前ですが1月6日以降、

    以下の号を 一切保障される言論表現の自由を元に
    流しております。



    1月7日
    【「トランプ劇場」の火蓋が切られた】
    (連法議会議事堂乱入⇒「ワシントンでついに
    夜間外出禁止(curfew)継続が決定したことを考える!)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202101&MID=2786#2786




    1月8日
    【トランプ大統領の最新動画「旅は始まったばかりだ」を見て考える!】
    (副題:ラトクリフ長官レポートが出てきたことと、
    ペンス副大統領は トランプ罷免のペロシを拒否!)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202101&MID=2787#2787



    さて、それでこの大きな流れ、すなわち反乱法や戒厳令なども
    意識するような流れが起こってる中で・・・

    冒頭に書いたように
    「検閲」がすごいですよね。



    いや~もうヤバいです。


    それで上に書いたようにツイッターでは
    なんだかんだ今までトランプ大統領の投稿を見ることは出来たけども、

    このツイッターも1月6日でトランプ大統領はBAN
    あとはリンウッド弁護士もBANされまして


    それでさらに彼らは
    ツイッターより検閲が弱いパーラーに移動していたのですが


    そのパーラーでさえもやはりアプリですから

    GAFAのビックテックに

    「おい、パーラー、おまえらが俺らと同じように
    言論統制、検閲をしないのであれば

    これから俺らのプラットフォームからダウンロードできなくさせるぞ」


    と圧力をかけられるようになっております。



    まさに「恐ろしい時代」ですよね。


    ちなみにまず今回冒頭に書きたいと思ったのは

    勿論今回は検閲そのものに対しての考え方もそうなんだけど

    それ以上に


    「BANされる人々の特徴から色々見えてくる」ってのも
    ありまして

    それもまず冒頭に書きたいと思ったわけです。


    私なんかは結構もう頻繁にこの10年、官僚と
    あとはビッグテックに嫌がらせされてますからね、


    色々もうこの辺は分かってるんだけど


    実は「彼らがBANする相手、言論統制をしてる相手」をみれば
    彼らが何を恐れてるか?は分かるんですね。


    必ずこういう言論統制ってのは分散的ではなく
    中央集権的にトップの人間がおりまして

    彼らが上下の命令系統で指令して情報統制が行われていく
    という特徴がありますので。


    ちなみに私は長年、この情報統制の分析とか記事を
    書いてきましたけど


    情報統制それ自体も「上から下への伝達」で行われるわけで
    横の関係では行われないわけですね。


    中央集権の弱点は 指令系統が上から下へという
    流れで限定されてるところでありまして

    例えば上司がいて部下に「おい、検閲をこうこうこういうスキームで
    行え!」とやるんだけど

    そこでそれが枝分かれして行われる特徴がありまして


    逆にそこで民衆が分散的に横の流れで攻撃してくるのは
    大変嫌なわけですね。


    だから、最近ですと

    「本来分散してる多くの民衆をビッグテックの
    情報プラットフォームにおびき寄せて
    そこで検閲で一網打尽にする」


    ってのが大きくは行われてる検閲スキームでしょう。


    それで今回恐ろしいのが1国の大統領、しかも
    世界一のGDPであるアメリカの大統領がトランプでありますが

    この1国の大統領の情報発信のツイッターアカウントさえも
    検閲されてBANされておりまして


    さらには彼がパーラーやGABに移動していましたが
    そのパーラーでさえも、そうトランプのアカウントは今
    見ることが出来ない状況ですよね。


    まさか私たちは今まで検閲ってのがここまで露骨にされる
    ってのを見ることになるとは思っていなかったでしょうが

    それが実際、現場で起こっているわけですね。


    それで、検閲の何が怖いのか?っていうと

    これはおそらく****さんが普段感じてることだと
    思いますが


    情報源として「テレビや新聞をメインとしてる人たち」
    と 話が合いませんよね???


    これがまさに検閲の結果なんですね。


    例えばですが****さんですとネット上に多く存在する
    反トランプのテレビや新聞で報道される内容も
    知っているし、


    あとは同時にその逆の、ネット上に多く存在する
    トランプ大統領の存在が大事だと
    考える人たちの声も聞くことができるわけですね。


    だから****さんは

    「それぞれの自由に発信される声を聞きながら

    どちらが妥当か?を自分で考えることができる」


    わけですよね!


    が、一方、テレビや新聞では「ひとつの方向の意見」

    しか流れていないわけで


    日本では多くのテレビ局や新聞があるけど
    その中のどれかひとつでも

    反乱法であったり戒厳令であったり
    または不正選挙のドミニオンで実証された操作であったり・・・

    をちゃんと報道していないと思います。



    そうすると、テレビや新聞を信頼できる、と思ってる人たちの
    情報ソースは1方向だけの意見のみ

    となりますから


    そうなるとその人の意見は「反トランプ」以外には形成されない
    わけですよね。


    それでこれがまさに検閲、情報統制なんだけど


    「1つの意見だけ流して大衆コントロールする」わけですけどもね、


    ここでなんとか自分の情報を駆使して
    色々な意見を取り入れて考えていこうっていう

    ****さんと、


    あとテレビ新聞ばかり見ていて洗脳されてる人では
    会話が成り立たないわけですが

    これが検閲の怖さを示してますよね。


    だから家族内でも テレビ新聞を見てるお父さんお母さんと、

    あとはテレビ新聞もちらっとは見るけど
    ネットでなんとか自分で情報を探していって考えようとする
    息子娘さんで

    話が合わないってことがおそらく多く起こってるんだけど


    これ検閲の影響ですね。


    一方そのお父さん、お母さんは「まさかテレビや新聞が
    そんな偏向してるなんてことはないだろう」と思ってますから


    これいくら息子さんや娘さんが情報が統制されていて
    洗脳されてるって言っても

    「あんたがおかしいのよ」と言われて終わるわけですが


    こういうことが検閲が進んだ国家では
    もしくは地域では起こってしまうわけです。



    ちなみに私が学んだ早稲田ってところでは
    結構面白い授業が行われていて

    これもすごい重要なことだから書くんだけど

    私の場合は高校から早稲田でしたが


    そこでは高校から日本で言うところの

    「極左の先生と極右の先生」

    が配置されてるんですね(笑)


    それでここで主張がまあ結構ヤバくて

    極左の人ってのは昔全共闘時代ってのが私が生まれる前に
    あったらしくて

    そのときの武勇伝をずっと教科書無視して話すわけです。


    なんかヘルメット被って戦ったとか
    そこで最終的には負けてるんだけど

    そこで先生になってたりするわけです。
    基本的に生徒は心の中でドン引きですが
    まあ笑いながら聞いてた。


    一方そこで極右のこれもまたヤバい人がその次の
    授業でやってきたりするんだけど

    この人たちは本当に中国と核戦争するべきだ~

    とガチで生徒の前で言う・・・(笑)


    これもまた同じく生徒たちはドン引きですが
    まあそれでも面白いから聞いているわけですね。


    それでこの極左と極右の先生が配置されてたのは
    おそらく意図的でして

    「君たちで両者の意見を聞いて
    自分なりに考えなさい」という


    そういう教育でありました。


    それで大体の生徒はどっちもまあヤバいですからね、
    だから日本で言う無党派層の考え方、

    民主主義と自由主義、および資本主義を重視して
    その上で戦いは極力避けながら平和が大事だな


    みたいなのを体感で学ぶんだけども。


    それでここで大事なのはこういう教育も
    自由があるからできるわけでして、


    「両者の意見を聞く」ことができるからですね、
    自分で立場を選択できるんです。



    それでそういう教育を受けてきた私ですから
    まあ今の状態は異常だな~とも思いまして、


    というのはメディアでは「左側の意見」しか聞けない見られない
    となってるわけです。

    保守寄りの意見を言った人はこれ
    小林麻耶さんがわかりやすいけど

    干されてしまうわけでして


    もう「意見が私たちの目の前から消える」んですね。


    そうするとひとつの意見だけになって

    洗脳状態となるんだけど


    これをやることで為政者は暴走ができるわけです。


    それで今だとトランプ陣営がBANされまくり
    そしてパーラーでさえも追い詰められてる状況で

    そこにGAFAが圧力をかけているわけですが


    そうなるとGAFAであったりそこと癒着してる官僚たちが
    実際の意見を決める政治体制ですから

    民衆は政治を決めないのですから

    これは反デモクラシーなんですね。


    恐ろしい動きが起こっている。


    それで同時に重要な見方があって

    「検閲をしてる彼らの共通性から色々彼らが
    恐れていることが見える」


    という見方もあって、


    私がこの2日くらいで注目したのは

    「反乱法、戒厳令などにつながる動き、言論を持ってる
    トランプ陣営の人たちが中心となって
    BANされてきてる」

    ってことですよね。


    ここが大事。


    トランプを応援する人って沢山いるんだけども、
    そしてトランプ陣営でも多くのスタッフたちが
    ツイッター作ってますが


    今回、制限対象となってるのが

    「トランプ、リンウッド、パウエル、フリン」

    などの FISA裁判、軍事裁判、反乱法、戒厳令

    などの司法ルートではない戦い方を模索する人たちが


    メインで実はBAN対象となっているわけです。



    だから実は為政者からしたら脅威にならない、

    為政者が対策済みの司法ルートで動いてるもう1人の

    私のメルマガでもよく扱ってる弁護士は


    実はBANになっていない、のですね~


    この部分に気づくことが大事です。


    「BANする対象となってるアカウントの特徴を見ると

    彼らが何を最も警戒してるのか分かる」

    んです。


    それでやはりこれを見ると為政者たち、GAFAもワシントンの軍産も

    明確にトランプ大統領たちの


    反乱法や戒厳令シナリオ、あとはウィキリークスの暴露も
    昨日起こってますが

    この辺の情報公開を相当警戒してるってのは
    分かるんですね。



    それで上のような見方さえも、「憲法21条言論表現の自由が
    一切保障されるから」


    書ける話せるわけであって


    その見方を****さんもこうやって文章通じて

    持つことができるってのが


    自由の意味、なんです。



    思考を広げることができる。

    一方検閲をかけると大衆の思考を狭められます。

    (ちなみに自殺する人ってのは思考が極度に狭められている状態であり
    共産主義体制で自殺者が増えるのはその辺が原因ですね)




    まあだから今回ツイッターで


    「トランプ、リンウッド、パウエル、フリン」

    などの 実際はFISA裁判、軍事裁判、反乱法、戒厳令

    などの戦いを続けてきた人たちが


    検閲対象となってるってのが重要であり


    そこを軍産複合体であったり昨日バチーーカンとか
    色々書きましたが


    この「ワシントン(や欧州)のヘドロたち」
    は相当恐れてるのが
    分かるところではあります。



    だからこの辺が分かると

    あの下院議長の軍産側のペロシが血相変えて

    動いてる理由も分かりまして

    まさに以下のよう流れとなってるのだけど


    「あんたら~トランプを罷免するわよ~~!

    あいつ何か企んでるわ。


    ほらペンス、電話に出なさい、罷免に賛成しなさい」



    「ペンス、電話無視」




    「ちくしょ~ペンスが罷免に反対してるわ。

    じゃあトランプを弾劾よ!!」


    って焦ってやってるのがわかるわけですね。


    が、ここで上院で3分の2以上過半数が弾劾では重要になりますが

    昨日書いたように共和党、民主党で上院は50:50ですから

    67の数が必要ですから

    それが成功するかどうかは不明です。


    だから上の検閲対象を見ると、彼ら軍産が何を恐れてるか
    見えてきてしまいますが、

    その上でペロシ下院議員に余裕がなくなってるのは
    しっかり、見えてくるわけですね。


    それでそこで、トランプ大統領、陣営が反乱法であったり
    情報公開をしてくることを極度に恐れてるのは
    感じ取れてしまうところですが


    そこで情報公開であったりの民に伝えるツールを
    奪うところに軍産は必死であり

    だから検閲してるってのも分かるわけですね。

    情報とは戦争の制空権であると言われる所以です。


    それで一方、トランプ大統領もここで負けておらず
    今日、声明で「新しいプラットフォームを作る」
    と言っている。



    ■藤原さんのツイッター
    https://twitter.com/naoyafujiwara/status/1347746150690869254


    BREAKING: President Trump says “big announcement coming soon.”
    Trump also hinted at creating
    “our own platform” to combat censorship.
    (トランプ大統領は「大きな発表がまもなく」と言った。
    トランプ大統領は 私たち自身のプラットフォームを検閲に
    対抗するために作り上げることをほのめかした。)

    ⇒ https://mobile.twitter.com/RealKyleMorris/status/1347718099974422529



    それでここで日本語ですと今日トランプが言ってるのが


    「私が長い間言ってきたように、
    Twitterは言論の自由を禁止することをどんどん進めている。

    そして今夜、Twitterの従業員は民主党と極左派と共謀して
    私を文字通り黙らせるために、
    私のアカウントをプラットフォームから削除しました。

    そして黙らせるというのはまさに
    私に投票した7500万人の偉大な愛国者のあなたを黙らせる
    ということでもあります。


    表向き、Twitterは民間企業かもしれませんが、
    しかし政府からのセクション230の贈り物がなければ、
    彼らはこのように長くは存在できなかったはずです。


    私はこれが起こると事前に予測してました。

    そのため、他のさまざまなサイトと交渉しており、
    まもなく大きな発表があることでしょう。


    そして近い将来、独自のプラットフォームを
    構築する可能性も検討しています。

    私たちは沈黙させられることはありません。


    Twitterには最早 言論の自由はないです。

    世界で最も悪質な人々だけが自由に話すことを許可される
    極左のプラットフォームを彼らは構築することを
    目的としている。

    "乞うご期待!"



    というものですよね。



    だから先ほどトランプ大統領が新しいプラットフォームを
    構築する予定と言ったことは注目ですが


    実のところ 私たち日本人にとっても
    当たり前である言論の自由、表現の自由を守ろうとしてるのが

    実際はトランプ大統領である


    わけですね。


    ただ当然これはマスコミでは報じられませんから

    トランプ大統領は「悪の暴君に仕立て上げられてる」
    わけでして


    それこそが検閲の怖さ、であります。



    だから今回の米大統領選挙ですが色々な見方があるんだけど

    本質的には

    「情報というプラットフォームについての、

    憲法の言論表現の自由を巡る戦い」


    ってのもいえるところですよね。




    この辺の戦いがまさに反乱法、戒厳令、あとは
    情報公開を巡って、

    まさにアメリカ大統領選挙で起こってるリアルな戦いでしょう。



    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    なんで 言論とか表現の自由って

    大事なのか?


    実はそれ、コロナ騒動とつながってるんです。

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    それで、実は今まで私もこの

    言論表現の自由って長く扱ってきたテーマなんだけど


    それはなぜか?っていうと私のメルマガでは


    「自分でネットで稼ごう」っいうことを扱ってますが

    そして実際はそれ自体が民衆の自立につながるもので

    大変重要な動きなので


    だからこそ為政者、官僚たちに攻撃されるものであるけども、


    その根底にあるのがやはり憲法の

    「言論・表現の自由」と「職業選択の自由に担保される
    営業の自由」

    なんですね。


    そんで実はもうコロナ騒動ってのは本質的には

    「憲法を骨抜きにする攻撃だ」ってのは


    メルマガでもう2020年の相当早い段階から
    気づいて扱ってきたわけですが


    実は当時は・・・多くの人が

    「??なにいってんの?」状態だったと思うわけです。


    それはそうですよね、

    例えば私が「外で散歩できるのはとても大事だ」と

    言ったところで


    「そんなのは当たり前だ、
    なに言ってるのか」となるのが普通です。



    ただ最近はこの辺の動きについてさすがに日本でも
    おかしいと感じる人が増えてきてるので

    見てくれる人もいるかなと思って再度書くのですが


    そう、「今まで当たり前であったものが当たり前でなくなったとき」

    にようやくその重要性に気づくのでありますよ。


    ちなみにですが私のメルマガ読者は

    投資家やビジネスの自営業の方がすごく多いですが


    例えば投資家が投資する会社とか

    ビジネスをしてる人たちが「広告」を出しますよね?


    実はこの「広告を巡る表現規制」ってのも

    長いこと議論になってきたんだけども、


    例えば****さんは日々多くの広告を目にするだろうけど

    それこそサラリーマンの人でもその会社が営業利益出してるのは

    広告をやはり出して、そこで利益あがって給料となるわけですね。


    それで広告で色々な文面やコピーを作って

    営業することができるけど


    それも「言論表現の自由」があるから出来ることなんです。


    なんだかんだ日本ではそれが守られてきた。

    が、アメリカではそれが危機にさらされており

    日本からしても他人事じゃないですよね。



    それで私たち人間はこれ、鈍感な生きものであって

    それが当たり前のときには その価値に気づかないけど

    それが当たり前でなくなったときに、ようやくその価値に気づく

    わけですが


    言論表現の自由ってのがまさにそれです。


    友達と自由に発言して会話してそれで

    居酒屋とかカフェでだべって話すとかですね、


    これも実は、言論表現の自由があるからこそのもの

    なんですね。


    当たり前すぎて価値に気づきませんが、

    すごい大事なことです。



    だから実は日本の憲法では

    21条が言論表現の自由を言ってるんだけど

    「制限のない権利」となってまして



    第二十一条

    1、集会、結社及び言論、出版

    「その他一切の」表現の自由は、これを保障する。


    2、検閲は、これをしてはならない。
    通信の秘密は、これを侵してはならない。


    となってます。



    それで日本では特にこの「その他一切の」という
    まさに一切保障されてる強力な自由権が

    これ言論表現の自由なんだけど


    だからこそ多くの人は自由に物が言えるわけで
    「その他一切の」の憲法の文言だけに日本人は守られてます。


    それで「じゃあこの自由ってのは

    方向はどこに向かってる自由か」

    っていう重要な話があるんだけど、


    例えばですが、容姿で色々「いじることができる」
    人がいたとして


    その人の容姿をいじって、尊厳を傷つけること

    それは果たして言論表現の自由で保障されることでしょうか?


    ってことなんだけど


    違うわけですね。


    それは単なる中傷であったりいじめと言いますね。


    一方ですが「自分より圧倒的に強い行政」に対してですね、

    この言論表現の自由を使うこと、


    これはやはり憲法で求められてることなんです。


    この重要な考え方を公立や国立の学校では

    まさに行政公務員の先生は

    教えません。


    だってそれ言ったら 生徒が「じゃあ私は
    行政の一員の先生あなたにいろいろ言います」

    という生徒が沢山出てくるので


    これは学校じゃ教えないってことになってる。


    ただやはり「行政権に向かう自由」なんです、この
    言論表現の自由ってのは。


    要するに三権分立の話になりますけど

    行政、立法、司法とあって


    常に行政の官僚が、民衆を苦しめてきた歴史が
    あるわけですね。


    適当に口実つけて、人々に増税を課して資産を奪ったり、

    もしくは場合によっては「取れるものがなくなれば」

    戦争に駆り出して命を奪ってきた、


    これが行政がやってきた歴史でありまして


    その行政という怪物をしばりつけるために、

    司法立法があるわけです。


    これは大哲学家である小室直樹先生が
    書籍に遺した

    重要な真実です。


    それでアメリカの場合も、あと戦後アメリカ憲法に沿って
    作られた日本でも


    言論表現の自由ってのがあるんだけど


    これは英語だとFreedom of Speechってまさに
    トランプが言ってるものだけど


    これは主に行政官たちの暴走について向けられたもので

    あるわけです。


    ちゃんと自由のベクトルってのがあるんですね。


    ただ現状、問題になってるのがGAFAは行政官僚と

    癒着してるのは明白でありますが


    しかし行政ではないフリをして民間企業のフリをしてる
    ってのが問題でして


    上のトランプ大統領の


    「表向き、Twitterは民間企業かもしれませんが、
    しかし政府からのセクション230の贈り物がなければ、
    彼らはこのように長くは存在できなかったはずです。



    ってのは「本当にGAFAは民間企業と言えるのか」

    って問題も含んで発言してるんですね。


    実際はセクション230で守られた半官半民ではないか
    ってことになるけど


    実はこれが役人のやり方であって


    憲法は自分達 官僚や公務員たちを縛り付けます。


    そう、憲法とはまさに官僚や公務員たちへの
    命令であって

    民衆は守る必要がない、ものですから。

    (これ大事。だから民衆に義務を課す
    国民の3大義務は本来おかしいが
    戦後官僚たちが無理やり押し込めた。

    だからアメリカには国民の3大義務がありません)


    それで官僚など役人たちは「抜け道」を考えるんだけど

    そこで


    「あ、そうだ、民間企業と癒着して

    そいつのバックについて、それで

    民間企業の体で、 憲法で禁止されてる検閲も行えるじゃん!」


    って発想なんですね。


    それでこれが今大きな大きな問題となってるわけですが

    だからGAFAってのは一応民間企業の体なんだけど


    実際はGAFAの姿勢、報道はまさにワシントンの軍産官僚たちを
    守るもの

    となってしまってるわけですが


    そう、こうなると

    「言論表現の自由」って機能しづらくなるわけですね。



    だから大きな問題が今起こっていて、

    「GAFAのそれぞれの企業の規約が

    一国の憲法を超えてしまってる問題」


    が起こってきてる。


    ちなみにこれはもう日本でも問題になってるんだけど


    例えば 「いっつもトランプ叩きしてるマスコミ」

    にすごい疑問を感じて、


    そこで、その人はツイッターやグーグルで検索するんだけど

    それで検索しても「テレビ新聞と同じ主張の内容」

    しか見ることができなくなるわけですね。


    だから実際に検閲してるのは行政が直接してるわけではないけど


    行政と癒着してる民間企業の体(てい)のGAFAなどの企業が

    情報を言論を表現を自由自在にコントロールできるように

    なってしまってるわけです。


    この多国籍企業の世界支配をこれ

    新自由主義とか言いますが、


    実はだから公的部門と民間が分離されてる

    資本主義と全く違いまして


    新自由主義ってのは以前から私は書いてるんだけど
    よく分析すると 共産主義の亜種なんだけども。


    GAFAやツイッターもそうですがIT系のビッグテックが
    行政の役人と癒着して

    全て民衆の情報を検閲して

    「ひとつの情報・見方」しか民衆は触れることが
    できなくなるわけですね。


    グローバリズムの本質を表してますが

    それと戦ってるのがトランプであるってみんな知ってるから
    だからトランプ支持者が多いってのはある。



    それでこの上の知識があれば「コロナ問題の本質」
    もみえてくるんだけど


    これは以前に扱ったこの号がわかり易い。



    【翻訳の動画】アメリカ史上最年少25歳の国会議員である
    マディソン・コーソーン氏の素晴らし「すぎる」演説!
    を元旦に見る!
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202101&MID=2778#2778


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【動画】アメリカ史上最年少の国会議員である
    マディソン・コーソーン氏(Madison Cawthorn)の

    私たち日本人にも理解できる素晴らし「すぎる」演説!
    (HARANO TIMESさんとMAKOTOさんの素晴らしい日本語訳付き!)

    ⇒ https://youtu.be/d2zl4pLKtEc




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





    それでここで大変重要なことが言われていて

    やはり「言論空間」ってのがあったから



    私たちの自由民主主義が発展したんだって話が
    マディソン氏のスピーチで出てくるんですね。



    引用ですが以下です


    ==============


    その中で私のメルマガではギリシャ・アテネの写真を沢山

    扱いました。



    そこで色々な私が2020年に撮影した写真が

    扱われてます。


    これを見て、そして今回のマディソン氏の演説を見たら

    その意味が****さんにも感覚的に分かります。


    (写真53枚)
    【ギリシャ・アテネの団地を散歩したら驚きましてオモローでした!】
    (幸せ、満足を追求したギリシャ・アテネの団地のすごさ)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202009&MID=2618#2618




    (写真58枚!)「ギリシャ・アテネの神殿と
    2500年前の遺跡」が スゴかったです!(以前より高画質)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202009&MID=2626#2626




    それで今回のアメリカ史上最年少のマディソン議員の演説で

    まさにギリシャ時代の話がされていて


    彼が相当今まで書籍で学んできた知識が彼の演説に

    生かされてるのが分かるんですが、



    彼が言ってるのがこれです。

    「アメリカ建国の父」について語っていて

    そこから「言論表現の自由」がどのように発展したかを

    説明してます。


    (マディソン氏の演説内容)(動画の8分50秒~より)


    「アメリカ建国の父たちは本当に偉大です。

    彼らは神によって導かれたと僕は信じています。


    彼らは(アメリカ合衆国)憲法を作成した時

    権利章典(bill of rights)を規定しました。



    彼らは古代エルサレムの価値観に加えて

    ユダヤ教とキリスト教の価値観も取り入れました。


    誰もが1人1票を投じることができるようにしました。


    おっと

    「1人1票だぞ民主党員のみなさん!」

    (不正選挙を皮肉ってる内容で
    会場がどっと笑う。)


    民主主義の発祥古代アテネからは、

    個人が1票を投じることで民意が反映される民主主義の

    仕組みを アメリカ建国の父たちは学びました。


    古代ローマからは、法秩序や優れたインフラを

    整備することが必要だと学びました。



    そして彼らがローマやギリシャなどの古代文明から
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    学んだのはそれだけではありません。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    これらの古代文明では街中に必ず大きな広場が

    あることに彼らは着目しました。



    そこでは雄弁家によって、きわどいテーマでも

    自由に演説が行われていたのです。



    そして、極めて見識の高い聴衆たちが、

    座って耳を傾けて


    国の将来や政治について判断をしていました。



    建国の父たちは、街の広場はひとつではなく

    至る所にそれを作って、

    「言論の自由」を守ろうと考えました。


    それが(言論表現の自由を守る)

    合衆国憲法修正第1条の意味なのです。

    けどみんな、今や全ての権利が奪われつつあるんです。


    政府当局は自衛目的で銃を所持する権利さえ侵害しようと

    しております。


    急進左派は言論の自由を私たちから剥奪しようとしています。


    だからみんな、もし私たちの憲法修正第1条、

    第2条が削除されてしまったら


    全ての権利が侵食されて失われるんだ。


    これを良く覚えておいて欲しい。


    左派の人たちは権力を手に入れたいだけなんだ。


    彼らは「誰も嫌な思いをしない社会を作りましょう」とか言う。



    しかし、このメッセージは人々の感情に訴えかけて、

    被害者意識を掻き立てます。


    僕だってもちろんわざと 人を嫌な気持ちにさせたくなんかない。

    君たちだってそうだろ?



    だってわざと人を嫌な気持ちにさせるなんて、

    ただの間抜けじゃないか。



    だから「事実と感情をすりかえるな」と主張してる

    Ben Shapiroは本当に正しい。



    いま一体何が起きているのか考えてみよう。


    PragerUやMorgan Zegersの動画は、

    資本主義と言論の自由をちゃんと擁護していて素晴らしい。



    資本主義社会においては勝者と敗者が存在するものだ。

    でも左派は敗者を生み出すことは悪だと考えている。



    しかし、だからといってPragerUやMorgan Zegers

    そのほかの愛国者たちの言論を

    封殺してよい理由にはならないだろう?



    グーグル、フェイスブックなどの左翼テック企業は

    現代の「広場」における我々の言論の自由を制限しようとしている。



    今僕らは、街中の広場ではなく、

    ソーシャルメディア上の「広場」を利用している。


    だからこの演説会場にいる みんなの顔も

    その(大企業ソーシャルメディア上の)

    「広場」で僕は見たことがあるぞ。



    我々は自由を勝ち取るためにその場所を利用しているんだ。

    みんな、いまこそ我々は立ち上がらなければならない。


    奴らはわれわれを黙らせて、

    権利を奪い、屠殺(とさつ)を待つ羊のように

    扱おうとしている。


    そんなことさせてたまるか。


    そこで周りを見てくれ。


    (演説会場にいる)今僕の目に羊の姿は見えない。

    見えるのはライオンの群れだけだ。

    (大歓声)


    ↑↑



    それでこのシーンなんかが、まさにこの

    史上最年少マディソン議員の素晴らしい演説を

    象徴していると私は思いましたが



    実はだから私なんかはやはりギリシャに学びたいと

    思って今年、ギリシャが私を呼んでましたから

    飛んで生活していたけど


    まさにマディソン氏が今言ってた事は
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    「真実」であったんです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    例えば古代ギリシャの雄弁家たちが集まって演説をして

    それで政治について議論した神殿なども私は

    実際に見てきたけど


    こんな感じです。



    (写真)古代ギリシャのパルテノン神殿
    http://fxgod.net/gazou/picture/greece/athen_iseki39.jpg

    (写真)古代ギリシャの遺跡
    http://fxgod.net/gazou/picture/greece/athen_iseki48.jpg



    それでこれらの施設で古代ギリシャ人たちは

    まさに私たちが今享受してる民主主義デモクラシーの

    骨組みを組み立てたのですが


    そう、まさにマディソン氏が言う



    「これらの古代文明では街中に必ず大きな広場が

    あることに彼らは着目しました。



    そこでは雄弁家によって、きわどいテーマでも

    自由に演説が行われていたのです。



    そして、極めて見識の高い聴衆たちが、

    座って耳を傾けて


    国の将来や政治について判断をしていました。



    建国の父たちは、街の広場はひとつではなく

    至る所にそれを作って、

    「言論の自由」を守ろうと考えました。





    という部分があるけど


    「これが今でもギリシャではコロナがあっても機能していた」

    のです。




    これはギリシャの今の団地の様子なんだけど

    私はそこで生活して この「空間」の意味が分かったけど


    古代アテネの賢人たちが残した「言論空間」は

    まさにギリシャアテネの団地内にて カフェ空間として

    生き残っていた。



    (写真)ギリシャ人たちが団地で「自由に」語りまくる。1
    http://fxgod.net/gazou/picture/greece/athen_danchi17.JPG


    (写真)ギリシャ人たちが団地で「自由に」語りまくる。2
    http://fxgod.net/gazou/picture/greece/athen_danchi38.JPG



    それでこんな広場があらゆるところに

    アテネには残ってるんですね。


    (写真)なんてことのない広場ですが
    多くの人がここで座って話し合う。
    http://fxgod.net/gazou/picture/greece/athen_free_market19.JPG


    そしてこんな近くにやっぱりカフェスペースがあって

    みんな外ならマスクしなくて良かったですから

    だからそこで自由に話し合っていた。


    (写真)この近くでみんな路上に机と椅子を置いて
    話し合う!
    http://fxgod.net/gazou/picture/greece/happy_train42.JPG



    だからこれがまさに言論表現の自由の基礎だったわけで

    私はまさに体感でそれをアテネで学びましたので


    このマディソン氏の言ってる事は本当なんです。

    他の国ではここまでギリシャ以上に言論の自由空間を守っていなかった。



    一方、ここで「こんな話せる空間を全てなくしてしまえ」

    ってのがまさに


    共産主義や社会主義の考え方なんだけど


    そうそこで「コロナ騒動」で「SOPがどうのこうの」

    ってありますが


    それらは全て「結果としては」ですね、

    「言論空間を封鎖する」ことに使われてるのに


    多くの人は気づいてるはずです。


    「人がくっついて話さないないように」

    まさに、コロナ騒動が「極めて政治的な

    言論表現の自由の圧迫という目的を持って」


    引き起こされた。


    人々はお互いに顔を見合わせて話し合うことを

    世界中で許されなくなり、


    まさにマディソン氏がおっしゃってるように

    言論空間は多くの人にとって


    グーグルやフェイスブックなどで統制されてる

    大手企業のプラットフォーム上のみに限定されてしまった。


    検閲されたら、終わりだ。


    ===============



    以上です。


    それでこれを元旦に書いたのだけど

    まさに今たった10日弱で

    「マディソン氏が言ったとおり」となってまして


    ツイッターは検閲、グーグルも検閲、

    またアップルなども検閲に加わってしまってまして


    こうなると「人々は 1つの左派の
    共産主義のイデオロギー情報しか取れなくなってしまう」

    わけでそれがまさに進行している。


    それでここで大きく気づくわけですが

    以前もちょろっとかいてますが


    コロナ騒動ってのはやはり政治問題なんだけども、

    それは(テレビ新聞だけしかみない人以外の)
    多くの人が遺伝子増幅回数でPCR検査なんかでは
    いかようにも陽性者が出せるってのは知ってる話です。


    以前それは書いたから今日は書きません。


    それで「より大きく見ると」ですね、

    もう今分かると思うんですが


    「為政者にとって最も邪魔臭いのが

    憲法の言論表現の自由、集会の自由、営業の自由」

    のまさに


    憲法の(民衆から行政に向かってくる)自由権なんだけど


    これを骨抜きにするためにコロナ騒動ってのは
    あるんです。

    かつてナチスも、以前ワイマール憲法を骨抜きにするために
    全権委任法を成立させたわけですが


    まさにアメリカ、日本、欧州の官僚たちは
    ナチスに習ってるわけですね。


    マスコミは憲法の自由権を守るトランプ支持者たちをナチスとか
    言い出してますが


    その言葉・・・論理的に説明されたら
    軍産官僚の広報機関である
    マスコミたちにブーメランで帰ってきますね。


    それで実はコロナの目的ってのが上の憲法の知識あると
    よく分かってくるんだけど

    すなわち「言論空間をなくす」という戦略で
    一致してます。


    まず リアルとネットで、もしくはそれを混ぜた形で
    民衆が話し合う言論空間てのは

    沢山社会にあったのだけど


    例えばカフェとか居酒屋とかレストランで
    人々が話すことが今まで普通で


    そこで人々は話し合ってたわけですね。


    会社の愚痴でもいいし、税金の愚痴でもいいし、
    もしくは友達の話でもいいし
    恋愛の話でもよい。


    ここで多くの人が話し合うことができたんですね。

    まさに現代の言論空間として機能してるのが

    そう飲食店でした。


    ここが本当の飲食店の価値ですね。


    が、ここで為政者はその言論空間が邪魔ですから

    それを取り去りたいわけですが


    だから面白いことに言論空間で椅子が配置されてる店の

    営業がやたら官僚たち、日本だとコロナ分科会なんかの

    標的にされてますよね?


    口実は「飛沫が飛ぶ(笑)」だ。


    しかし残念ながらコロナ死者数は1年経過しても

    例年のインフルエンザの数分の1であり脅威とは
    言えないものであります。


    だから面白くて「言論表現の自由にまつわる言論空間を

    規制して取り上げる」というところでは


    コロナ騒動ってしっかりと共通してるのに
    気づく必要がある。


    上のギリシャではそれに対抗するために
    人々はその意図に気づいて、

    道路の上で話すようになっていたけども


    もう多くの国ではその意図に気づかないから
    攻略されており、


    人々は誰ともほとんど話さないでこの1年を過ごすような
    状態となってるんでしょう。

    ちなみに面白いのが「マスク」ってもので

    まさに「口を塞いでる」わけですが


    互いに口を塞いでる状態で言論もクソもないってのが
    あからさまに共通してるわけですね。


    さあそれは「確率的に」偶然でしょうか?


    もし感染が深刻なのであれば、なぜ日本では人々は
    一切話さない、沈黙空間の、電車だけは運行が許されてるのだろう?

    とか思いませんかね。


    それでじゃあリアルではなくネットはどうか?ですが
    そうネットは

    これ大きな歴史として

    「民衆の分散⇒GAFAへの中央集中」が意図的に
    進められてきたんです。


    昔はそれぞれのネットユーザーがHPってのを作って
    何千文字、何万文字の記事をまとめて

    それで公開していたけど

    それが数百文字のブログ

    そして数十文字のツイッター、

    および写真で既に文字がなくなるインスタやユーチューブが

    台頭してきましたが


    いや~「偶然にも」 人々が言論する
    文字がなくなってきて


    そして多くの今までバラバラのIPアドレスで
    散らばっていた民衆が


    「GAFAなどの中央のプラットフォームに
    集中させられた」

    わけですね。


    これは「偶然」かもしれません、とちゃんと書いておきますが

    さあそれでも すごい為政者にとっては
    都合よい状況となってる面白さ、はありますよね?


    それでここで多くのネットユーザーは
    グーグル検索して、ツイッターでつぶやいて
    グーグルのユーチューブで動画見て


    情報を取得するわけですが

    すなわち中央に集まって情報取得するわけですが


    ここで「分散していた人間たちが中央に集まってるから
    検閲やりやすい」


    ですよね??



    これがだから大きなスキームだってことで
    私は数年前からよく書いていたのだけど


    いよいよそのビッグテックの「検閲暴走」が

    炸裂してるってことですよね。


    ちなみにですが私がこの検閲スキームを色々調べていて
    気づくのが

    GAFAですと実はアマゾンだけは

    そう検閲が甘いというか


    KINDLEとかでも普通に 憲法に関する本や書籍とか
    それらは購入できるんですね。

    いまや出版業界だけが自由言論がある状態。


    が、これも私は考えるんだけど「私がGAFA側なら」

    ですね、


    まずアマゾンの台頭で多くの書籍店がつぶれてますでしょう?

    街の本屋さん、がつぶれてます。


    ここで民衆は 本っていうひとつの媒体であっても

    本屋さんで買うことが普通だったけど

    すなわち分散していたんだけど


    今はまさにアマゾンの中央に集まりだしてるんですね。


    だから私が検閲やりたい側の視点で考えると

    まず邪魔な書籍店を完全につぶして


    そこで街中に書籍店が1店舗もない状態を作りますよね。

    その前に一時的に、まずその中央のプラットフォームは

    自由を装いますよ。


    そこで民衆が中央だけしか本を買えない状態にさせて

    そうなれば「検閲 BAN!」をしたがるでしょうね。


    ちなみにこれは現実化していませんが

    いずれみんな気づくでしょう。


    だからコロナなんてのは口実に素晴らしいですね。

    「本はウイルスが付くからオンラインで買いましょう」とか
    いつか為政者はやりたいと思いますね。


    だから大きくはまず今アメリカの言論空間が

    消滅してるんだけど


    日本も他人事ではないわけですね。


    だから大きくは、リアルとネット両方で

    「言論できる空間」が減ってきており


    ここで言論表現の自由そのものを骨抜きにしていこう

    っていう動きがやっぱし、あるんです。


    だから逆に共産主義の人は「頭良い」と思いませんか??

    それを認めるべきですが、

    逆に民衆はそれに気づいて対策を考えていくのが

    大事なんです。


    それでじゃあ上のGAFAたちの検閲構造の
    弱点とは何でしょうか?


    これを私は分析してきたんだけど

    一言


    「中央集権であること」です。


    中央に集めて、一網打尽。

    これが検閲の主要スキームです。

    指令は上から下への1方向です。


    ツイッターでもまさにツイッターってプラットフォームに集めて

    一網打尽をやってますよね??


    逆に、軍産が一番嫌がるのが以前ちょろっと書いたけど

    「分散されること」であって


    例えば以前に軍産利権のベトナム戦争で

    米軍ってのは、ベトナム戦争で負けましたが


    ここで分散して立ち向かってくるベトナム兵は

    どうしようもなかったわけです。


    1箇所に集まっていないからです。


    分散されると軍産は戦いづらいわけでして

    実はこれが民衆の考えるべき検閲に対しての姿勢なのでしょう。



    それで現状分散技術と言えばやはり

    ビットコインに代表される分散型台帳となりますが


    この技術を情報空間で適用できるかどうか?

    が民衆が 言論の自由を守れるかどうか?


    の瀬戸際となりまして、


    例えばエストニアなんかでは選挙もこの

    分散型台帳のブロックチェーン技術を使いますが

    (XROADって言います)


    これが民衆側の人類の今後の課題となることでしょう。


    また三権分立だけでは行政の暴走を止められないのも
    明確化してるので

    未来の人類は為政者の暴走を止めるための

    6権とか7権をそれにあわせて作ることができるかどうか?

    も大事となりますね。


    だから実は行政の暴走をなるべく止めようとする

    アメリカの三権分立(実際は4権のメディア、5権のミリシア民兵が
    あるともされるが)


    では不十分であるのも分かってるので

    これが人類の課題ですよね。


    それでトランプ大統領がなんとか行政のワシントンのヘドロの

    暴走を止められるのかどうかが


    まさに今重要な場所となってるわけですね!


    そこでトランプ大統領は 第4権のメディアでさえも

    行政側に立って監視をしようとしないから

    第4権、もしくは第6権目のメディアを立ち上げようとしてる

    のかもしれない。


    いずれにしてもこの検閲問題は

    まさに日本でもされておりますから

    他人事じゃないから


    私たちも深く考えていくことが大事ですね!


    それで特に私たちは日本人ですが、

    日本では下手したらアメリカよりこの部分は

    強い憲法かもしれませんが


    「その他「一切の」」表現の自由 は保障されるわけで

    それだけが今日本を守ってます。


    その意味を今回大統領選挙を見ながら

    私たちは今後考えることが大事なのかな~と思います。



    とりあえずアメリカのトランプ大統領が

    ちゃんと修正1乗の憲法の自由を守りきる姿を

    見守りたいところです。



    それでは!



    ゆう





    追伸・・・それで言論の自由が検閲されるとどうなるか?
    っていうと

    例えば、今コロナ問題では

    大多数の人が出歩いてる現状から見て

    「実際はたいした事ないものであって
    騒いでるのはマスコミだけ」という感覚でしたでしょうが

    検閲が進むと

    目にする情報は

    「コロナ怖い怖いよ~外出は禁止すべきだ、
    マスクは強制化すべきだ。緊急事態宣言を強制力持たせるべき」

    っていういわゆる「マスク警察」「自粛警察」とも
    揶揄されますが


    それらの「自粛警察の意見だけがメディアに載る」ことになる。

    ここで同調圧力が作られて、
    相互監視社会が作られるんだけど


    だから全体主義を作り上げるためには
    中央集権と、そして検閲が必須なんです。

    それでまさにアメリカでその検閲が普通になってるわけであり
    これは大きな問題でありますが

    行政と癒着してるマスコミは報じませんから

    多くの人はこの進行してる事態に気づかないわけで


    そして為政者は効率的な洗脳が可能になっちゃうわけですね。


    大きくは人類の歴史というのは
    宗教対立や領土対立を口実とした

    洗脳の歴史でもありまして、


    大きくは検閲ってのは洗脳のためにありますから
    そろそろこれについて考える時期なのだ

    ってのをトランプたちは我々に教えてるようにも
    見えます。


    それでは!



    ゆう













    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ■隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略が期間限定公開です
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆













    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)



    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る