ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/01/31  【リン・ウッド弁護士の最新ラジオ分析から 「バイデン政権はフェイクであり現在はやはり アメリカは FEMAなどの軍政下である可能性」について考える!】
  • 2021/01/30  【「2021年1月のサードの運用利益とは?残りあと3日】(副題:「嫌がらせに屈しないリンウッド」のメッセージから学ぶ!)
  • 2021/01/30  【「アメリカの個人投資家とイーロンマスク」がヘッジファンドを 「刈り取った」ゲームストップ株の騒動から考える!】
  • 2021/01/29  【4年10ヶ月の間、コロナ禍でも生き残ってきた「ザ・サード」(残り4日)】 (副題:検閲(けんえつ)時代における「人々の現実」とは?)
  • 2021/01/28  【「トランプ・バイデン・軍隊」の3者で「今誰が実権」を握ってるのか? をリンウッド弁護士の英語表現を分析して考える!】 (副題:ついに最高裁が「トランプ大統領を好む判決」を出してきた。)
  • 2021/01/28  【ザ・サードシステム】 「新たな出会い」と弊社の使命について(副題:テキサス州訴訟でトランプ支持の保守派が「あっさり」勝利した)
  • 2021/01/27  【世界各国の内閣や首相が「同時に総辞職・辞任」していること、、 さらに「検閲のない自由なSNS」をトランプ陣営とイーロンマスクが 作っていく流れについて考える!】
  • 2021/01/26  【2月3日に募集終了】4年10ヶ月もの間、生き残ってる「EA+裁量」のザ・サードシステム(副題:「前大統領のオフィス」をトランプが開設した!)
  • 2021/01/25  【シドニーパウエル弁護士も「アメリカ共和国復活」についての 団体設立を発表したことを考える!】
  • 2021/01/24  【トランプ大統領が復活!】リンウッド弁護士も「新生アメリカ共和国」と 「株式会社アメリカの破産」に最新ラジオで言及!!
  • 2021/01/23  【「覚醒」と「自立」をトランプ陣営は 民衆に求めているだろうという話!!!】
  • 2021/01/22  【新生アメリカ】トランプ大統領が「復活」して戻ってくることについて 考える! (エピソード2シナリオ)
  • 2021/01/21  【アメリカの近代デモクラシーで「怪物」が台頭したこと および 今後の「希望」などについて考える!!】
  • 2021/01/20  【トランプ大統領の初期メンバーであるスティーブバノンが恩赦され、 さらに新しいサイバーセキュリティの大統領令が出されたことについて 考える!】
  • 2021/01/19  【リンウッド弁護士の最新ラジオの発言内容を知り、 またトランプ大統領が裁判官などを守る大統領令を発効した意味 について考える!!】
  • 2021/01/18  【アメリカ含む世界中でCNNやCBSの放送が不安定になってることや、 トランプ大統領が100人前後の恩赦することなどを考える!】 (副題:鼻マスクの受験生が試験無効になった?話の問題点など!)
  • 2021/01/17  【副島先生の最新言論から「兵士の睨み合い」が続くワシントンDCの 状況や緊急放送のシステムなどについて考える!】
  • 2021/01/16  【すでにワシントンでは25000人の兵士がトランプ大統領によって 配置されたことについて考える!】
  • 2021/01/15  【リンウッド弁護士が最新ラジオで「反乱法は既にトランプ大統領によって 発動されてるだろうという認識」を示したことについて考える!】
  • 2021/01/14  【「続々とワシントンDCに配置される兵士たちと、 トランプ大統領による「州兵投入の根拠・プロセス」について考える!】 (リンウッド弁護士が言ったように世界各地で停電騒ぎが続いてる)
  • 2021/01/13  【検閲後も元気なトランプ大統領、そしてアラモの演説の目的、 および「先日の大統領令の当事者は誰か?」などを考える!】
  • 2021/01/12  【前号に引き続き「トランプ大統領がワシントンDCで非常事態宣言を承認」したことについて考える!】
  • 2021/01/12  【すごい】ついに「公式に」大統領令13848による資産凍結が発表されました! (トランプ大統領の反撃開始)
  • 2021/01/11  【「予測しないで」FXで月利5~20%稼いでる人は何を見てる!?】(A-book B-bookの闇の話と、トランプの最新声明などなど)
  • 2021/01/10  【副島先生とリンウッド弁護士の「トランプ勝利確定」についての 最新言論を見る!!】 (「緊急放送システム」についてトランプ陣営のリンウッドが先ほど言及!)
  • 2021/01/10  【息抜き♪】寝ても覚めてもトランプトランプ!の石川さんの動画を見て、 息抜きしながら考える!
  • 2021/01/09  【吹き荒れるビッグテックによる検閲の嵐】 (と、それに対抗するトランプ大統領について考える!)
  • 2021/01/08  【トランプ大統領の最新動画「旅は始まったばかりだ」を見て考える!】 (副題:ラトクリフ長官レポートが出てきたことと、ペンス副大統領は トランプ罷免のペロシを拒否!)
  • 2021/01/07  【「トランプ劇場」の火蓋が切られた】(連法議会議事堂乱入⇒「ワシントンでついに夜間外出禁止(curfew)継続が決定したことを考える!)
  • 2021/01/06  【世界中で「バイデンジャンプ!アゲイン!(再び!)」が 「超話題」になってる】 (副題:トランプ陣営がバイデンジャンプを「リアルタイムに上院選で再現!」・ペンスカード2やナバロレポート2も登場)
  • 2021/01/06  【隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略とは!?】
  • 2021/01/05  【動画】2021年最新の「トランプ大統領のジョージア州上院選の ラリー・集会」を見て考える!(副題:トランプ大統領はペンス副大統領に「肯定的な見方」を示した)
  • 2021/01/04  【隠れトランプ支持者たちが数千万人単位で1月から立ち上がっていく!】 (副題:リンウッド弁護士が最高裁長官ロバーツ氏も実は脅迫されてるのだ、 とツイートした)】
  • 2021/01/04  【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる 予想しない投資手法とは!?(副題:軍産複合体はアメリカ人たちの民意が本当は怖い!?)
  • 2021/01/03  【ついにテッドクルーズ含む11人の上院議員が1月6日の異議申し立てに立ち上がる! そしてペンス副大統領が「意を決した」か?】
  • 2021/01/02  【リンウッド弁護士が「ペンスを逮捕して副大統領はフリン将軍にしてポンペオを上院議長にすればよい」 というツイートしたことについて考える!】(副題:戒厳令を経験した退役軍人インタビューから学ぶ)
  • 2021/01/01  【翻訳の動画】アメリカ史上最年少25歳の国会議員である マディソン・コーソーン氏の素晴らし「すぎる」演説!を元旦に見る!
  • 【すでにワシントンでは25000人の兵士がトランプ大統領によって 配置されたことについて考える!】
    配信日時:2021/01/16 22:23
    【すでにワシントンでは25000人の兵士がトランプ大統領によって
    配置されたことについて考える!】
    ⇒編集後記で!

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      【音楽】


    リンウッド弁護士がおススメしていた音楽ですが
    「歌唱が素晴らしい」です♪

    トランプ演説でも使われてる音楽ですが
    「自由を愛するアメリカ人たちのコーラス」
    で素晴らしいアレンジとなってます!

    「音楽は我々にパワーを与える。」

    ⇒ https://youtu.be/0Japc8M8RQw
    (情勢が落ち着かない今だからこそ聞くとよいでしょう♪)


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ■隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略が期間限定公開です
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧いただきまして
    ありがとうございます!!


    さてさて、いや~最近ですが、もう米大統領選挙が
    とにかくすごい!と言える状況です。



    ちなみにですが、どうしても英語が介する為情報が
    日本語で情報が入りづらい状況ではありますので

    昨日かなりこれは重要度が高いのではないかな?と
    私は判断したのですが

    リンウッド弁護士の「最新ラジオでの見解、認識」を
    扱いました。


    簡単に言うと「既に反乱法Insurrection Actは発動されてる認識」
    と「アメリカは平時ではなく軍時下にある」ということ
    あとは 軍事法廷およびパウエル弁護士のことなども

    言及したということで相当今回のラジオでは突っ込んで発言してまして
    すなわち今はトランプ陣営の計画に沿って動いてる
    というのは分かりますね。


    ■バックナンバー
    【リンウッド弁護士が最新ラジオで
    「反乱法は既にトランプ大統領によって
    発動されてるだろうという認識」を示したことについて考える!】
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202101&MID=2796#2796



    さて、それでとにかくもう最近は1日でも経過すると
    すごいスピードで物事が動いてるのでありますが


    このメルマガを配信開始して1時間後くらいですね、

    この すんごい情報が出てきましたよね。

    こちらはアメリカでもかなり大きい保守系サイトで
    確かトランプ大統領も時々以前 

    ツイッターアカウントでリツイートして
    引用していたサイトでしたが


    こちらから速報として、出てきたのだけど

    はっきりいえば、すごいことが書かれている・・・のだけど
    昨日のメルマガで扱った
    リンウッドのラジオ発言の内容とも重なるのですが

    「トランプ大統領によると」というところから開始し、



    「既にトランプ大統領は反乱法を発動しており、
    バイデンの就任演説はキャンセルされており

    トランプはオフィスに残ります。
    そしてABC, NBC, CBS, Fox, CNN, MSNBCなどを停波する
    大統領令を策定しており、FCC(連邦通信委員会)からも
    それらのマスコミのラインセンスを引き上げて停止させる」


    という内容で、「」内見たら分かるようにすごい内容です。


    ■Inauguration Cancelled,
    Trump Remains in Office, ABC, NBC, CBS, Fox, CNN, MSNBC
    to Lose Licenses
    ⇒ https://beforeitsnews.com/politics/2021/01/inauguration-cancelled-trump-remains-in-office-abc-nbc-cbs-fox-cnn-msnbc-to-loose-licenses-3223234.html



    すごいこと・・・書かれてますよね??


    今日はは実は書きたいことが多すぎて追いつかない状態(笑)ですが
    一応日本でもこのbefore its newsの報道はすごい話題になってますが

    まあ「信じられるのかどうか」と多くの人が言ってますが


    ただこのbefore its newsは以前もトランプ大統領が
    検閲される前の、ジョンバロンじゃない、
    トランプ大統領のアカウントのほうで

    リツイートされてまして
    トランプ大統領がリツイートしていたサイトではあるわけです。

    (消されるかもだけど証拠。)
    https://twitter.com/AlKapDC/status/1297178663583178754


    それでこの記事であまりに特徴的なのは
    「トランプ大統領によると」みたいな感じで直接トランプ大統領に
    取材してる感じで上の報道が出てるのですが


    これはトランプ大統領に取材できるメディアは今や限られてますが
    トランプ大統領がリツイートしていたサイトでもありますから
    十分ありえる、ってのが私が見ていたところですね。


    といってもまだホワイトハウスでは公式声明は出ていないですが
    トランプに近い保守系メディアから出たという部分を考えると
    極めて注目情報ですね。


    それであと件名に書いたように

    既にもうワシントンDCになんとなんと・・・

    「アフガンやイラクに派遣された5倍の兵士にあたる
    25000人」が

    (主語:トランプ大統領によって)配置されました。


    これはもうトランプ陣営のサイトと言っても過言ではないですが
    まさにトランプ陣営にいたけどどうしても軍産に追い出されてしまった

    スティーブバノン氏が影響力を行使するとされる
    ブライトバートで報じられました。

    英語分からなくても英語の勉強になるし、

    「写真だけでも」見てみましょう!



    ■ニュース ワシントンに「25000人の兵士」が配置された。
    (イラク・アフガニスタンに配置された5倍の数)
    https://www.breitbart.com/2020-election/2021/01/14/25000-troops-officers-securing-d-c-joe-biden-inauguration-5x-as-many-as-stationed-in-iraq-afghanistan/


    それでここではちゃんと「主語」を明確にしていて
    日本のマスコミだとこの兵士投入に関して

    「主語をあいまい」にしてますが

    ちゃんと今もトランプの側近であるスティーブバノンのサイトですと

    「Pentagon(アメリカ国防総省)が」配置したと書かれてますね。


    それでこのアメリカ国防総省のトップの長官が

    この前エスパーが解雇されて
    今はトランプ大統領がご指名の
    クリストファー・ C・ミラーになってますので

    (2ヶ月位前にトランプ支持者の間で話題になりましたね。)


    実質トランプ陣営が25000人の兵士を配置したってのと
    同じ意味と言えるでしょう。


    ということで上の↑ 話ってのはめちゃくちゃ重要な
    動きなのですが

    いかんせん、マスコミが報じませんから
    私たちは自力で情報を精査して取る事が求められますね!!


    「情報取得の自立」これは大事です!

    自由民主主義を守る戦いなのですからここで
    マスコミ情報に脳みそを恐怖で操られて
    フニャフニャ状態になってる人もいらっしゃると聞きますが

    それは彼らの戦略ですね。「恐怖を与えてIQ下げて大衆支配する戦略」に
    はまってはいけないのですね!


    私たちは

    大衆ではなく自由を愛し、追求する民衆

    であるべきだ。


    私のメルマガもそれを基礎として
    「自分で力強く自立して稼ぐ」を10年位書いてきたわけですから

    悪い勢力の策略でフニャフニャになってはいけないわけです。


    それでさらに数日前にリンウッド弁護士と
    あと日本最高の言論人でもある副島隆彦先生が

    「トランプ勝利確定」を書かれているってのも扱いましたが


    ■バックナンバー
    【副島先生とリンウッド弁護士の「トランプ勝利確定」についての 最新言論を見る!!】
    (「緊急放送システム」についてトランプ陣営のリンウッドが先ほど言及!)
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202101&MID=2790#2790



    実は今日さらにこれに追加して
    昨日メルマガでリンウッドラジオを扱ったけど

    その後、
    リンウッド弁護士が以下の内容を投稿しました。



    "Promises made in President Trump’s 2017
    Inaugural Speech are soon to be realized. Promises
    made. Promises kept."

    「トランプ大統領の2017年就任演説で交わされた約束は、
    もうすぐ実現する。

    約束は果たされた。約束は守られた.」


    ってことですね~


    これを見ると、とりあえずトランプ陣営の情報は
    ツイッターで検閲で遮断されましたが
    (「バロンbarron一族」以外は、笑)

    トランプ陣営はマスコミ報道とまったく逆で
    勝利を確信してる状態であるってのは

    伝わってきますね。



    それであと、まあとにかく書きたいことがいっぱいありすぎて
    まだまだあるんだけど


    とりあえず大きくは以前にメルマガで扱ってる

    緊急事態宣言⇒反乱法⇒戒厳令

    のシナリオに収束してきてる感じですよね。


    編集後記で!






    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    個人投資家の99%が知らない
    FXの戦略とは?(手法ではない)


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■



    さて、それでそんななか、私たち投資家は

    冷静を保ち、自分で稼ぐと言うところを

    これからも追求していく必要がありますよね。


    結局キレイゴト抜きで私もよく考えるんだけど
    世界で何があっても


    資産は必要でありまして
    家族や大事な人を守るためには

    お金が大事っていうのはキレイゴト抜きの現実でありますね。


    ちなみに実は私は「自分で稼ぐ」というテーマを
    10年以上、これは経済的な自立がすごい大事だと

    思うから考えて扱ってるわけなんだけども

    そこで良く登場していたのが「カトリックの欺瞞」でもあって
    彼らは お金稼ぎやら性の行為が汚い云々言うわけですが
    それで自分達に従えというストーリー作ってきますが


    これ事態が奴隷思想ですよね。


    やはりお金は大事でして、
    新自由主義ではなく

    中小事業主や個人たちが中心の
    資本主義を純化させるのが大事だと思いますよね。



    さて、それで実は面白いのが

    「個人で優れた人」ってのが沢山実は民間の市井(しせい)には
    存在しておりまして


    この案件の深見さんなんかがまさにそれです。



    ■隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略が期間限定公開です
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    ちなみにこの案件のやり方は私は知ってるけど
    ちょっとネタバレになるのでかけないのですが


    最初これを知った感想・・・


    「世の中にはこういう戦略考える天才がいるんだな」

    と思いまして


    この案件をやってる社長さんがもう大金持ちですが
    彼に最初私が言ったのは

    「この人天才じゃないですか?」って言葉でしたが
    とりあえずそれを感じましたよね。


    天才が考えた戦略を一般人の私たちも学んで
    その上でレールが敷かれてるから

    その通りに歩く、これが結構 プライド捨てた
    大事な考え方ですね。


    人類はみな、自分が素晴らしく立派な人だと思ってるもの
    なんだけど


    実際はそうではなかったりするので
    駄目人間の自分を認めて

    優れた人が世の中には沢山いるからそういう人に学んでいく
    っていうのが素直さってことですね。

    ちなみにこの案件はメルマガで良く書くことですが

    「最初数ヶ月は慣れるまで小さな通貨で
    実際に検証して練習する」

    のは必須だと思います。


    ただちゃんと練習する環境、時間がある人なんかは
    これからポートフォリオのひとつとして

    相当機能する可能性は高く、


    ちょっとまだ画像とかは出せないのですが
    生徒さんでも証拠金数倍にしてる方も
    結構出てるのは事実なんですね。

    月利としては5~20%の間を出してる方が多く
    やはり基本的な考えとしては

    「負けないこと」を重視してるものですね~



    ■隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略が期間限定公開です
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    それで今日はこの深見さんのFX戦略の案件を扱ってる
    事務局さんから
    ****さんにメッセージです!


    ===============

    誰も教えてくれなかったFXで
    安全に利益を出す非常識な方法

    こちらのウェビナーの登録完了していますか?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    このウェビナーですが、
    約140分間の講義となっています。


    FX会社の真実(普段、表に出てこない裏話)が中心の講義と
    なっており、不特定多数の方にお話ができない内容となっています。


    だからこそ、

    こちらのページから
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/

    登録頂いた方だけに、公開をしています。


    ウェビナーの時間は、1日2回。

    ・14時からスタート

    ・20時からスタート

    の1日2回開催をしています。



    もちろん、私の知人でもFXで勝てている人はいます。


    ただ、華やかにFXで勝っていた知人が、
    いざ、お金を出金しようとしたら、

    「出金停止」「口座凍結」

    こんな嘘みたいな本当の話が存在します。


    実際に、私もこのような経験があります。


    でも、「出金停止」「口座凍結」など、
    もし、このような対応を証券会社にされても、
    文句を言えない約款で取引をしていたら・・・


    ユーザー側の意見は、通りません。


    もともとそういうルール、取引規約のもとで、
    取引をしていることになるので・・・。


    そんな理不尽な話があるのが、FXの世界です。


    このようなFXの闇の話は、
    よくある話なのですが、噂にならないことが多い。


    その理由は、勝てるトレードをしている人は、
    相場の世界から意図的に退場させる。


    証券会社の都合の悪いトレーダーは、

    「徹底的に排除する」


    本来、許されていけない「操作」を
    されてしまっている現実を理解する必要があります。


    先日からお伝えしている
    私のFXトレードが学べるウェビナーを
    見てもらえれば、なんとなく理解ができるかと思います。


    ウェビナーを見て頂ければ、

    FXは業者選びを間違えると一生勝てない。


    また、証券会社を正しく選定し、
    私のお伝えするトレード手法で、
    取引を行えば・・・


    1日5分のトレードで
    チャートの未来を予想をせず
    上がっても下がっても利益が出る

    そんな夢のようなトレード手法を
    身につけることができます。


    たった140分の講義を聞くだけで、
    正しいFXに関する知識をみにつけることができます。


    おそらく、ウェビナーの内容は、
    初めて聞く話が多いかと思いますので、
    まずは、興味本位で構いませんので、
    お話を聞いて頂ければ幸いです。



    最後に、この情報を知っているか否か?で

    ****様の今後のFXトレードにおいて、
    大きな影響を与えることになるかと思います。



    誰も教えてくれなかったFXで
    安全に利益を出す非常識な方法

    ウェビナー開催日選択
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    ===============


    以上です!


    ちなみにこのメルマガでは

    色々投資やビジネスについて扱っておりますが


    FXで特に知っておかなければいけないのが

    A-bookとB-bookの話ですよね。


    最近は実のところ海外ですと純粋な手数料ビジネスで
    証券会社運営されてるところも出てきてるけど


    実際の話多くの証券会社からしたら
    これは何度も書いてることなんだけど

    個人投資家が負けたら儲かる構造、仕組み
    になってるわけですよね。


    だから「純粋な手数料ビジネスか?
    個人投資家をカモと捉えてそこで

    「入金=営業利益」としてしてしまってる会社なのか?」

    は大事なところですよね。


    それで今日はFXの業者について考えて生きたいですが
    ほんと世の中は考えることが多い、と思います。


    特に「FXの業者選び」とかってのはみんな
    「なんとなく」やってるものですが


    最初からこれ知っておいたほうが良いという
    知識は多いのですが

    深見さんなんかはその辺の知識もちゃんと教えてる方ですよね。


    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    ちなみに、まず前提知識として、
    FXの証券行政の話になってしまうけど、

    これもまああの便利な言葉である
    「信じるか信じないかはあなた次第」を使っちゃいますが


    FXの証券会社にはA-bookとB-bookの証券会社が
    あるわけですよね。


    ちなみに投資家の常識として、
    「個人投資家の利益は証券会社の損失だ」ってのは
    もう知られているけど


    最近は

    「個人投資家の利益は証券会社の損失だ」
    という構造を持ってる証券会社をB-bookと言いまして、


    逆にちゃんと「手数料商売」してるところ、
    おそらく多くの投資家からしたら真っ当と見える証券会社を
    A-bookと言うわけです。


    それでおそらく相当意識していないと
    通常この「B-book業者を知らずに使ってる」ものですが


    B-bookのFX業者というのはいわゆる
    相対取引(OTC)で注文をインターバンクに
    流さないで顧客の注文同士を当てていくタイプですよね。



    これが実は多くの人の取引の実態で
    多くの投資家は世界を相手に取引してると思ってるけど


    実際はFX業者の中だけで顧客同士で売ったり買ったり
    してるわけですね。




    それで一方、A-bookのFX業者は
    NDD、ECN方式でインターバンクに注文を流すタイプでして
    つまり、業者は手数料を受け取るわけです。


    それで多くのFX業者ってのは実際は「ノミ業者だ」
    っていう話はもう昔から私のメルマガで書いてることなんですが


    (これは私が勝手に言ってるのではなく、
    私は人脈で証券会社幹部の人とも交流があって

    その人らが直接言ってました。
    内部でもその構造に疑問を持ってる人が多々いて
    そういう人は教えてくれます。)


    すなわちそれがB-bookとこの数年言われだしてる業者の
    ことですよね。


    それでB-book業者の特徴ってのは
    顧客の注文をインターバンクに流さないで
    呑むんです。


    となると、どういう構図になるの?と言いますと、

    顧客が利益を出せば、FX業者がその利益を損失として
    支払うことになりますから、


    すなわちFX業者は顧客に「向かっていく」わけです。


    ちなみに以前に対談音声で、とある証券会社の元社長さんに
    出演していただいたことがあります。
    昔からの読者さんはご存知でしょう。


    もう当時から海外業者の中ではもっとも有名レベルの
    証券会社の社長さんでしたが・・・


    なんと対談音声に以前出演していただいた。


    それでそこはクローズドな空間ですから、
    もうぶっちゃけトークしてもらったけど


    当時彼は その大きな証券会社の社長時代、
    「儲かってる顧客は潰しに行く」
    ように指導していたことを音声で告白してまして

    あれは当時音声を聞いてた読者も相当衝撃だったようです。


    ちなみに業界用語では「向かっていけ」と指示するんだけど
    例えばその日、利益50万円なりあげてるトレーダーが
    いたとする。


    これは今でいうB-book業者からしたら
    50万円の損失でありますから


    そこで帰る間際に彼が
    「この客向かっていけ(刈り取れ)」
    と指示していたって話ですよね。


    これを証券会社で社長をやっていた彼は言っていたものです。
    が、彼は疑問を感じていたのだけどそこで手数料ビジネスに
    近づけようとしてクビにされてしまいましたが・・・


    ちなみにB-book業者が全部デメリットか?というと

    色々特徴はあるのだけど
    まず派手な業者、広告が出まくってる
    業者は大体がもうB-bookです。


    例えば キャンペーンってありますよね。
    証拠金が2倍になるとかそういうやつ。


    ああいうキャンペーンを打ちまくってるところは
    間違いなくB-bookなんです。


    ああいうキャンペーンが成り立つのは

    これ顧客の証拠金はほっといても
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    (システムなりで刈り取っていき)ゼロになりますから、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    また仮に大もうけされたとしても
    もしその人がスキャルとかやっていましたら
    「不正な取引で出金できません」と言えばいいわけですから

    だから顧客にお金渡しても業者にはカネが返ってくるのですから


    だからキャンペーンが成り立つわけですね。


    こういう政治があるってのはやはり知ったほうが良いです。



    ちなみにそのようなキャンペーンの特徴は
    最初に入金ボーナスがあっても
    最初に使われてる証拠金は自分が入金した分だから


    入金ボーナスは証拠金がゼロになった時点で
    有効になるわけで、


    だから証拠金がゼロになった時点でやはり
    B-book業者の利益になってるわけですね。


    ただ、これは全てが悪いかというと使い方にもよるところが
    あって、


    B-book業者は呑みですから、
    そこでインターバンクに流しませんから


    実はうまい人からすると
    巨大な注文が約定するんですね。



    A-bookの手数料ビジネス業者は

    注文が例えば70万通貨までとか制限があったりするけど
    ここがB-bookの場合だといくら大きな注文でも
    入る。


    あとはスプレッドもほぼゼロだし、手数料もゼロだから
    どんどん「数字上の」利益は出してね、って
    感じです。


    ただこれは時々ありますがB-book業者は
    勝ちすぎると何かしら理由がついて口座凍結される
    こともあるわけですね。


    これは当たり前で顧客が勝って利益を出そうとすれば
    それは損失なんだけど
    そこで最終的には追い出せばいいんです。


    それが上の広告文で言われてることですね。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    ちなみに最近は昔ほど悪質な出金拒否は聞かなくなってるけど
    これも理由があって結構「システム」が発達してる

    わけですね。


    だからスリッページとかで不利な約定レートで
    約定させるのは当然だし、


    あとはB-book業者の場合、
    例えばいきなりクロス円のスプレッドがログインしてないときに
    一気に何も指標発表もないのに20PIPSになって


    ストップ刈られてる・・・とかはあるわけですね。


    だから最近この数年流行してるのは
    「ログイン時間を察知してログインしてないときに
    一気にスプレッド広げて刈る」方法なんでしょう。


    これ意外に気づかない人って多くて
    それでログイン時間探知するのも大事で


    最近はユーチューブとかでそのスプレッドが広がる様子が
    アップロードされたら
    ヤバイですからね、
    (だから登録者数が多い実力者FXトレーダーの

    ユーチューバーが以前にこの文句を言ったら業者もあせって

    返金したことがある)


    だからログインされていない時間を見計らって
    刈るみたいなスキームもあるようです。


    実際にとあるトレーダーがいて、私のメルマガに出てくれた
    某講師さんがストップ刈りにスプレッド拡大であってますが


    かなりの金持ちで儲けまくっていたんだけど
    そこで業者が少し「失敗して」その人動画チャンネル持ってる
    んだけど、

    その刈り取り事件を公開しちゃったわけですね。


    そしたらどうなったか?というと
    「動画で公開されたらまずい」ってことで
    一気に丁寧に対応されたってことがあります。


    ユーチューブはそう使うべきなのかもしれない。


    それなので最近はそういう「へま」が出ないように
    ログイン時間を見て、ログインされていない間に

    スプレッド拡大プログラムが始動するっていう
    なかなか面白い傾向がB-book業者で出てきてる可能性が高い。


    ちなみにひとつの証券会社でも
    顧客をA-book と B-bookに分けてたり、
    また口座種類で分けてたりするんだけど



    だから本当のことを言うと

    「へたくそな人はB-BOOK、
    うまくて証券会社が損失可能性が
    考えられる人はA-BOOKに割り振る」


    みたいなところがあります。

    「資産や証拠金やストップ入れてるか、
    勝率は?リスクリワードは?」

    ってのは実は全部証券会社は見てます。


    一方、A-book業者の場合は途中に業者が介在しませんから
    レート操作ないわけで
    そこで透明性の高いトレードができるわけですね。


    それでB-book業者と違って顧客と利益相反してませんから
    出金問題もないと現状は言われてるわけです。

    (といっても最近 世界の多くの銀行のが
    海外からの多めの入金に大して厳しくなりつつあります)


    ただA-book業者はもちろんデメリットはあるわけで
    それがかなり大きなロットとかになると
    調達できない注文として約定拒否なんかは起こるわけですね。


    もしくはスリッページがかなり大きくなったりする。


    B-bookは呑んでるから大きな注文もOKだったけど
    A-bookはやはりその辺は約定拒否なんかもあります、と。


    それで一般的にA-bookの業者はスプレッドは広めだし
    また取引ごとに手数料かかるから
    B-bookと比較すればトレードコストは一見
    高くなる


    と思われてます。


    だから主にスイングトレードで使われることが
    多いのかなと思います。


    スキャルなんかだとなかなか手数料がきついですから。


    ただ逆にスキャルでぜんぜん手数料もコストもかかっていないで
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    数字だけ増えていくようなB-book業者って
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    じゃあどうやって成り立ってるんだ?
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    とも考えないといけないですよね。



    結局、これからだからこのECN方式のA-book業者の方式が
    注目されてくると思うんですが、


    最近はもう証券会社たちもそれに合わせて徐々に
    今までの収益モデルに改定を加えてる流れは見て取れます。


    それで最近だと、A-book形式とB-book形式の
    合わせ技の証券会社は結構あって


    簡単に言うと


    「利益出す強いトレーダーはA-book形式にして

    利益出せなそうな、そういう確率が高いそうな

    弱小トレーダーはB-bookシステムにぶち込む」


    という証券会社が多くなってる。


    ちなみにこのFX業者の
    A-book B-book 問題ってのはアメリカでこの数年、
    よく言われていて、よくFX教材なんかで教えられてるけど

    最近は日本でもその辺からちゃんと教えてる人たちも
    出てきてる。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    この「合わせ技」形式をハイブリッドモデルの

    証券会社って言ったりします。


    これはもう英語圏なんかではすごい言われていて

    情報が流出してるんだけど、


    証券会社、英語だとForex brokersなんかは
    彼らの顧客のトレードを分析するソフトウェアを持っていて
    そこで彼らはトレーダーをフィルターするんですね。


    そこで簡単に言うと

    「こいつ強そうだからA-book
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    こいつ無知で負けそうだからB-book」
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ってやってると言われてる。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    こういうのこそ、実はFXの書籍では書いてません。



    具体的には、大体勝つトレーダーのデポジット、
    証拠金は100万円ちょっと(1万ドル以上)からなんだけど

    意外に少ない?と思うかもけど


    これらの証拠金の大きさも当然見るんですね。


    だから「金持ちが有利な法則」ってのは実はこの辺から
    発動しちゃってるってのは現実としてあるんです。

    キレイゴトで世の中語ることができないものですね。



    あとは、彼らが使ってるレバレッジの大きさも見るし、
    あとはポジションサイジングしてるかどうか?
    なんかも見てます。


    ここでポジションサイジングとかで
    毎回2%以内のトレーダーとかはだから

    B-BOOKシステムを適用してる
    証券会社からしたら「要注意」になるわけですね。
    (だからこれはシステム的にはこのトレーダーの注文は
    相対からはずして インターバンクに流したりってことですね)



    また証券会社は口座開設時に資産を聞きますが、
    ここで例えば資産100万円の人が証拠金100万円を入れるのと
    資産1億円の人が証拠金100万円入れるのだと


    とってるリスクパーセンテージも違うから
    そこも考慮したりして トレーダーを分けるんです。


    そこで「無謀なトレード」すなわち
    ポジションサイジング徹底無視みたいな人なんかは・・・


    当然B-bookシステムに割り振るわけですね。


    あとは勝率も見てるし、あとは
    プロテクティブストップ、ちゃんと損きり入れてるか?
    そのルールは遵守してるか?も見られてます。


    それで、これができてる人とかは


    変な言い方ですがやはり将来的に
    「利益出されてしまう可能性」が高いのでA-bookに割り振って


    そうじゃない人たちは資金溶かす確率高いので
    B-bookに割り振るといった感じで


    最近多くの証券会社がこのハイブリッド型を採用してる
    ってのは英語圏で言われだしてることですよね。


    ちなみに顧客からしたら何も見た目はA-bookでも
    B-bookでも変わりませんから分からないんですけども。


    ちなみに補足を加えると海外だと
    ハイブリッド型が主流になりつつあるけど
    日本国内の証券会社はほとんどB-bookっていうのは
    良く聞きますね。

    「信じるか信じないかはあなた次第!」です・・・
    私は夢の話をしてます(笑)




    それでこれはなぜかというと 
    顧客の損失は、証券会社の利益ですが

    その証券会社に金融庁なりの役人が天下ってるという

    行政と大企業が癒着してるのが日本ですから


    だから顧客の損失は行政の利益にもなりますから
    だから政治の問題なんですね。


    「なんで以前のスイスフランショックでFXトレーダーが
    追証出ているのに全然 経済新聞とかはこの辺無視するの?

    コロナで追証になった人が報道されてないのはなぜ?」

    というとこの辺の 官僚たちの圧力の問題があると
    想定される。


    新聞が書いたら「てめー何本当のこと書いてるんだ」
    と圧力がかかる中で記事を書いてるのが
    大手新聞社たちの記者たちであります。


    私は学生時代で政治学科でしたから友人たちがマスコミが多いけど

    もう反権威の記者たちってのは窓際族になるか、
    クビになってるか、記者やめて公務員になってるか
    もしくは力ある人はフリーランスになるか、でして


    ほとんどの民衆思いの記者はマスコミには残っていないかもしれない。


    だからやはりここで天下り問題ってのもFX行政にかかわってるんだけど
    これは日本では不思議なくらい、みんな知らないからなのか
    問題になりません。


    日本では追証制度が残ってるのも
    官僚社会主義のB-book業者の成れの果てといえるかも
    しれない。


    それでだから実はこの辺の上の知識ですが、

    あ、一応夢の話、ですが(笑)


    知ってるか知らないかでは全然変わってきてしまう
    わけですね。


    やっぱり色々 自営業者の間で色々情報交換してると
    まあいかつい制度になってますね。

    それでこの辺の知識も最近は日本語でも言う人は
    増えてきたけど

    やっぱり英語圏だと普通に議論されてる話題でもあるんだけど
    それはやはり英語話せたほうが良いよねっていうことになるけど

    こうやって日本語で、教えてくれる人もいらっしゃいます。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    だからですね、結構いかついマネーの流れがあって
    そのカモになってしまうのはいつも個人投資家であって

    実は私の親父もそうだったんだけども
    子供の私はその辺を子供時代に学んでますから

    反面教師としてちゃんと親父の失敗に学んでますね。


    それで逆に

    「どういうトレーダーが、スプレッドを急拡大などで
    刈り取ることがしづらいか?」ですが

    これはやはり(長期の)スイングトレーダーってのは
    言われますよね。


    例えばそのトレーダーのリスクリワードの比率が
    1:2くらいのトレーダーで

    そのトレーダーがストップ100PIPS リミット200PIPS

    のトレーダーであれば、


    さすがに本来のレートより100PIPS動かすって
    訴訟問題に入ることもありますから

    リスクは高いのではないかとも言われてますが

    実際スイングトレーダーのほうが稼いでる人多い不思議
    はありますよね。

    あとは指標発表なんかを口実として
    結構スプレッド拡大ってのはB-BOOKの業者がよくやるのだけど

    そこで重要な動きの前にポジションクローズされるのも
    業者さんは嫌なことかもしれません。


    あとは週足などの重要な
    ライン付近でトレードする人は餌食にしづらいわけでして

    裁量ですと「ライン付近の「際」でトレードする意味」ってのは
    結構深い意味があるわけですね。



    だからこの辺の証券会社の政治を知ってると
    かなり面白いですよね。


    それで同時に、
    「FXと株」の違いもありまして、


    以前書きましたがFXは相対価値の金融商品であり
    株とかは絶対価値の金融商品ですよね。


    FXはドル円なら
    ドルと円の交換比率で価格が決定してますが

    さらにユーロドルなら
    同じくユーロとドルの交換緒比率で価格が決定するわけです。


    一方株の場合は、絶対的な評価で価値が決まりますが
    ここでだから株価が時には10倍とか100倍になること

    ってのはありますよね?


    だからFXで成功してる人の資産が数億円の中
    株で成功してる人の資産が100億円とかを超えてるってのは

    この辺の特徴が影響してますよね。


    それでFXの場合ですと、最初資金が少ない時は
    結構重要な金融商品であるでしょうが


    ここで例えば株価が1株100円から1000円になることは
    あっても


    ドル円がこれ、例えば103円から
    数ヶ月で1030円になることがあるか?というと

    なかなか確率は低いと思います。


    あくまで ドルとか円、ユーロとドルみたいな
    相対的な部分で価格が決まる特徴、はあるわけですね。


    それで上のA-bookとかB-bookの話であるとか
    あとはFXってのが特徴として相対的に決まるものだ

    っていう部分ですね、


    これらから大きな戦略を立てることって出来まして


    それをやってるのが彼ですよね~




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ■隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略が期間限定公開です
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆










    =======編集後記========

    さてさて、ここ最近ですがもうとにかく動きが
    すごいですね~


    ちなみにメルマガのほうで昨日リンウッド弁護士の
    ラジオ内容も扱いましたが

    おそらく重要度が高い内容となってますので


    見ていただくとよいでしょう。




    ■バックナンバー
    【リンウッド弁護士が最新ラジオで
    「反乱法は既にトランプ大統領によって
    発動されてるだろうという認識」を示したことについて考える!】
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202101&MID=2796#2796



    そして上に書いたようにメルマガでこれ扱った直後、


    トランプ大統領からの情報ということで

    反乱法は発動済みであり、

    さらに主要マスコミの停波などを実行するという


    トランプ大統領が以前にリツイートしていた
    保守系サイトであるBefore its newsさんの

    すごい報道がやってきた。



    ■Inauguration Cancelled,
    Trump Remains in Office, ABC, NBC, CBS, Fox, CNN, MSNBC
    to Lose Licenses
    ⇒ https://beforeitsnews.com/politics/2021/01/inauguration-cancelled-trump-remains-in-office-abc-nbc-cbs-fox-cnn-msnbc-to-loose-licenses-3223234.html




    それで反乱法に関しては
    トランプ陣営のリンウッド弁護士がそれがすでに
    発動されてる認識をラジオで示しまして


    なおかつ、トランプ大統領がリツイートしていた媒体が
    Beforeitsnewsですが


    だから今は例えば敵陣営と言えるCNNとかNBCはトランプ大統領に
    インタビューは出来ない状態ですが

    一方このBefore itsnewsさんに関しては
    トランプ大統領とコンタクトが取れる媒体である可能性が
    極めて高いのですね。


    そこで「トランプ大統領によると」というインタビューしたことを
    アピールする表現が使われてるのが注目です。


    ■Inauguration Cancelled,
    Trump Remains in Office, ABC, NBC, CBS, Fox, CNN, MSNBC
    to Lose Licenses
    ⇒ https://beforeitsnews.com/politics/2021/01/inauguration-cancelled-trump-remains-in-office-abc-nbc-cbs-fox-cnn-msnbc-to-loose-licenses-3223234.html


    トランプ陣営が以前にこのサイトリツイートしていたのも
    この辺につなげる意図もあったのかもしれませんね。

    それでここで書かれてるまず大変重要なのが
    トランプ大統領が昨日言ったこととして

    “I have invoked the Insurrection Act of 1807
    (Section 10 U.S. Code 13 251-255)

    to address the treasonous rebellion
    conducted by Democrat and Republican lawmakers,

    CCP Agents (Chinese Communist Party), FBI,
    Department of Justice, CIA and others

    to dismantle the United States of America
    and it’s Constitution,”

    President Trump declared on Thursday 14 Jan."


    と書かれてます。


    日本語だと、

    ============

    「私は1807年の反乱法を発動しました
    (セクション10米国法典13 251-255)


    民主党と共和党の議員によって行われた
    反逆行為に対処するためにです。

    また、アメリカ合衆国および憲法を破壊しようとする
    CCPエージェント(中国共産党)、FBI、
    司法省、CIAおよびその他の勢力に対処するためです」


    と トランプ大統領は1月14日木曜日に宣言した。



    ============


    ということですね。


    特に重要なのがこのトランプ大統領が以前リツイートした
    beforeitsnewsさんが

    「と、トランプ大統領は1月14日木曜日に宣言した」


    と書いてるところですね。



    ちなみに1月9日にトランプ大統領への暗殺未遂行為が
    1月9日の朝にあったということも報じられておりまして

    その後、この反乱法を既に発動した、


    という内幕が報じられており、大変重要なことばかり
    書かれてますね。


    ちなみにトランプ大統領は暗殺を相当気をつけておりまして
    1月6日のあの日の演説でも


    トランプ大統領の演説動画も以前扱ったのですが
    そこで6日には「透明な防弾シールド」が客席とトランプ大統領の

    間に存在してるってのは以前書いてましたが


    まさにその3日後に暗殺未遂行為があったっていうことで
    その後反乱法は発動されたってことみたいですね。


    リンウッド弁護士のラジオで
    前号で扱ったメルマガの内容からしても

    もう間違いないといえるでしょう。



    それで今回まあメルマガで「反乱法発動しました、とか戒厳令敷かれましたとか」

    書きたいところなんだけど


    やはり実際は戦時下であるから
    そんなのは事前に言われないわけですね。

    事前に言ったら逃げてしまいますから。


    だから 状況証拠で私たちは想定することが必要になってくる
    わけですが


    もうどうやら戒厳令下となってる可能性が高いのが
    上の記事でもわかるんだけど


    "Since that Sat. 9 Jan. the US has been
    under an abbreviated Martial Law
    with President Trump as Commander

    in Chief and General Flynn in charge of the Military.


    As such Trump has signed multiple Executive Orders
    that among other powers,
    allowed for Military arrests and Tribunals."


    「その1月9日の土曜日以来

    アメリカは、トランプ大統領が最高司令官、
    フリン将軍が軍を担当するという役割の元、
    戒厳令下に置かれました。


    そのため、トランプは、(三権分立などの権力があるなか)
    他の権力がある中でも特に

    「軍事」逮捕と「軍事」裁判を許可する
    複数の大統領命令に署名しました。





    ってことですが、おそらく「全部リンク」すると思いますが

    ということでもうアメリカは実質、
    戒厳令下なわけですね、


    それで

    "By law with the Insurrection Act in effect,
    Trump would remain President indefinitely
    until all domestic enemies were arrested.

    He would soon take down the Main Stream Media."


    「反乱法が施行されている法律により、
    トランプは すべての国内の敵が逮捕されるまでは
    期限なしで大統領のままになります

    彼はすぐにメインストリームメディアを削除するでしょう。」


    ということもこれはbeforeitsnewsの分析として
    反乱法の性質を考慮して
    書かれてますね。

    それであとはトランプ大統領によると、ということで

    ABC, NBC, CBS, Fox, CNN, MSNBCなどの
    停波、FCCによる免許剥奪についても言及してるってことですよね。


    それでこれについてはトランプ大統領の発言ってことで
    報じられてますが


    ”I’m drafting an Executive Order
    to take the following propaganda media outlets
    off the airwaves:

    ABC, NBC, CBS, Fox News, CNN and MSNBC.
    I am also working with the FCC to pull their licenses.

    We have evidence
    that all of these media organizations employ agents
    of the Chinese Communist Party

    as well as embedded CIA Agents
    whose sole purpose is to brainwash,
    hypnotize and direct public opinion
    toward certain agendas that support the Left and Deep State.

    These organizations are a threat
    to national security and virtually nothing
    they report is actual news.”


    「私はABC、NBC、CBS、Fox News、CNN、MSNBCの
    プロパガンダメディアを放送から外すための
    大統領令を起草しています。

    また、FCCと協力して彼らのライセンスを停止するよう
    動いてます。




    特定の議題について
    世論を洗脳し、ある種の催眠術を人々にかけ、

    世論を扇動するなど


    これらのことを唯一の目的とする

    中国共産党のエージェントと、
    左翼とディープステートをサポートする
    組み込みCIAエージェント・スタッフを


    これらのメディア組織が全て
    採用しているであろう証拠が

    私たちにはあります。



    これらの組織は国家安全保障に対する脅威であり、
    事実上、彼らが報告するものは
    ニュースとはいえません」



    ってことで私のメルマガでも長年、
    マスコミの洗脳プロパガンダについて扱っておりましたが

    それらを専門とする諜報をマスコミたちは採用し続けた
    っていう証拠もあるって話でして


    これがトランプ大統領の昨日の言説として伝えられてますね。


    それで上の言説が正しければですが、
    もうワシントンDCは軍隊だらけになるはずなんですが


    それもトランプ政権初期メンバー
    スティーブバノンが影響力を行使するサイトで
    報じられてます。


    ■ニュース ワシントンに「25000人の兵士」が配置された。
    (イラク・アフガニスタンに配置された5倍の数)
    https://www.breitbart.com/2020-election/2021/01/14/25000-troops-officers-securing-d-c-joe-biden-inauguration-5x-as-many-as-stationed-in-iraq-afghanistan/


    それでちなみにバイデン就任式のリハーサルに関してはですが

    既にロイターによってキャンセルが発表されてますね。


    【ニュース】バイデン就任式リハーサルはキャンセル。
    https://news.yahoo.com/bidens-inauguration-postponed-politico-073617205.html?guccounter=1&guce_referrer=aHR0cHM6Ly90LmNvLw&guce_referrer_sig=AQAAAMeequKLD2cL5ZYPdJ62Avl2RXcuRaA3Rp1OJ2OGmrytHFtK6ypOCidyWQmaKNIf-wGsCnfyLUVYu9kTWcRYC8iMvnn_Ezkm4Zk24y4bqxMZpCpmGFtjI5UPvrielsrt_UMrBg2ZzcezKTg5hXYmIRrQCyROfKJ32E-5fappQIkE



    ということで明らかに 情報見ていると
    トランプ大統領たち、米軍たちの動きに付随して
    様々な出来事が起こっていて


    今日リンウッド弁護士も

    「トランプ大統領の2017年就任演説で交わされた約束は、
    もうすぐ実現する。

    約束は果たされた。約束は守られた.」



    ということでこれはある種の勝利宣言に近いですが
    それも昨日メルマガで扱ったラジオでの発言以降、

    出てきましたね~~



    いや~もうトランプ劇場ですが、すごいものですね。


    ちなみに日本人の我那覇さんもツイッターで
    発信しておりますが


    もうワシントンは戦時下と言えるでしょう。


    ■我那覇さんが撮影した写真。
    https://mobile.twitter.com/yummyportunus/status/1349831093214613504?s=19


    あとは今回の反乱法とおそらく戒厳令も有効となってるでしょうが
    そこでちゃんと根拠となってる

    ナバロレポート最終版も出てきましたね。

    (ナバロレポート最終版。)
    https://navarroreport.com/#342e5f15-d44c-436a-bb58-9051a9397783



    さて、それでまあ色々情報は全てにおいて精査しないといけない
    と私は思っているので

    あくまで****さんで判断していただきたいわけですが


    ただもう上の話や情報の流れ見ると・・・

    大体分かりますよね。


    それでですね、上の話を補足するように、実はその後
    まさに数時間前ですが

    以下のホワイトハウスページにおいて
    トランプ大統領の声明が出てきてます。


    どうもこれから数日、アメリカは実質
    「祝日」が続くことになりそうです。



    https://www.whitehouse.gov/presidential-actions/
    proclamation-martin-luther-king-jr-federal-holiday-2021/

    https://www.whitehouse.gov/presidential-actions/
    proclamation-religious-freedom-day-2021/



    「よって、アメリカ合衆国大統領である
    私ドナルド・J・トルンプは、憲法と合衆国法によって
    私に与えられた権限に基づき、
    ここに2021年1月16日を「宗教の自由の日」と宣言します。
    私は、すべてのアメリカ人にこの日を記念して、
    宗教の自由という私たちが共有してきた
    遺産を思い起こさせ、この祝福を国内および
    世界中で確保する方法を教えてくれるような
    イベントや活動を行うことを呼びかけます。
    この日を記念して,私はここに手を合わせました。

    ドナルド・J・トランプ」


    ってことで

    1月18日が祝日となりますから、
    実質アメリカは
    多くの方が3連休のようですね。


    もうこの時期に祝日って・・・

    「何か」ありますよね(笑)


    在宅率が高くなるでしょうから、そこで
    何か放送されるかもしれないので
    注目ですよね。


    それで私は色々マスコミ報道も見てますし
    さらにトランプ陣営の情報も追ってるわけですが


    両方見ていると・・・

    やはり「マスコミ側がトランプ陣営の動きをなるべく報じないで
    歪曲してる」

    のはもうどうしても分かってしまう点ですが


    一方トランプ陣営の情報が実際にどんどん
    すごい勢いで現実化してるってのは

    感じ取る点です。


    やはり 両方見ると、どっちが何を隠していて
    どっちが真実で現実が動いてるかってのは

    時系列で見えてきちゃいますね。


    ちなみに今のアメリカの連邦議事堂の前ですが
    以前書いたように 門限、夜間外出禁止令が広がってまして

    映像で市民撮影されてますが

    「門限だから出て行かないと逮捕ですよ」

    ってアナウンスされてますよね。


    リアルですよね。



    【動画】ワシントンでは門限だからここから離れないと
    逮捕されちゃいますというアナウンスあり
    https://anonup.com/thread/35711



    ということでどう見ても
    ワシントンDCは戦時下であるという認識をせざるを得ませんが

    上のメディアが報じてるように
    反乱法発動、および戒厳令は限定的に行われてる状況

    となってるのが現状理解として正しい可能性が極めて高いと
    私は思いました。



    それで上にあるような動きってマスコミでは
    ほとんど報じられておりませんが、


    すごい重要な動きですよね~~




    さて、それでそんな中、結構トランプ陣営は
    この状況を楽しんでるのも見えてくるんですけど


    この昨日「トランプじゃないと主張してる
    やたら内部情報知ってるジョンバロンさん」

    を扱いましたが

    こちらのアカウントです。

    最早行政長官のあの人は

    隠すつもりがないのが写真を見てると分かります(笑)

    (写真)
    https://twitter.com/barronjohn1946/status/1350259602516938753

    (アカウント)
    https://twitter.com/barronjohn1946




    それで
    この「バロン一族」で最近はフリン大佐そっくりの
    バロンさんも出てきました。


    みんな髭がついてるのが特徴ですね。


    (謎のツイッターアカウント)フリン大佐のように
    思えて仕方ない方
    ⇒ https://twitter.com/BarronFlyn



    ちなみにトランプ陣営の多くは、
    ツイッターにBANされてしまいましたが

    最近はこれ「あまりにも情報を知りすぎてるバロン一族」
    が出てきており、


    イバンカ・バロンさんも髭つけてお茶目ですね。

    (イバンカバロン)
    https://twitter.com/IvankaBarron


    ってことでこれらを見るとトランプ陣営は余裕の構えですが


    それで ジョンバロンっていうのはトランプが昔
    ビジネスマン時代に使っていた名前で知ってる人は知ってますが


    こっちのアカウントでは最早隠すつもりない感じで
    昨日扱いました。


    ちなみに、髭があるバージョンとないバージョンがあって
    もはやこっちは髭はずしてしまってますが


    昨日扱いましたね。

    (もうひとつジョンバロン)
    https://twitter.com/nottrump1946



    それでこちらのジョンバロンアカウントでも
    同じく「どのニュースよりも早い」特徴があって

    どう見ても内部のあの方にしか見えないアカウントですが
    (といっても真偽は分からないと書いておくけど)



    こんな写真も投稿しだしてます。


    (画像)「ジョンバロン」の写真。トランプ大統領出演してる
    機密情報開示の写真あり。
    https://twitter.com/NotTrump1946/status/1350242184839139328



    いや~ジョンバロンさんはこんな写真撮る事ができるので
    昔からトランプ大統領と親交があるんでしょう・・・


    それで実はこのアカウントがですね、

    「オバマゲート出していくぞ」みたいにこの前結構
    言っていたんだけど・・・


    なんとそれが さっき出てきました。

    トータルニュースワールドさんが速報で流してます。


    【速報】オバマ政権は故意に有カイダに資金提供していた/機密開示文書から
    http://totalnewsjp.com/2021/01/16/obama-3/



    ということでトータルニュースワールドさんより
    やたら早い状態で

    「オバマゲート開示してくよ」って言ってのが

    「ジョンバロン」さんですが


    その通りにオバマゲートが出てきちゃいましたね。



    なのでまあこのジョンバロンさんですが、

    「人類のために戦ってるあの人」だろうとは誰もが分かりますが



    彼は

    "I'm looking to implement Martial Law."ともおっしゃってまして



    戒厳令についても今日発言してますが
    いよいよ公式に、何かしら発表がある可能性、が高まってますよね。


    あと、このトランプじゃなくて、
    ジョンバロンさんがツイートしてるのが

    "
    Since posting this yesterday twitter
    has completely removed my real account.

    The tweets proved I did NOT
    incite the riots at the Capital.

    Fortunately my lawyers already
    have copies of all my original tweets.
    "

    ってことでして


    「昨日投稿してから
    twitterは
    私(トランプ大統領)の
    実際のアカウントを完全に削除してしまった。

    (一連の削除された本アカウントの)
    ツイートは私が首都での暴動を扇動することは
    していなかったことを証明できるものであった。


    幸いなことに、私の弁護士はすでに
    私の元の(アカウントの)ツイートすべてのコピーを持っています。」


    ってことでして、もうこのメッセージ見ると
    隠すつもりなしですが

    ちゃんとトランプ大統領も弁護士側が元のアカウントのツイートを
    保存していたので

    大丈夫ってことですね。




    ちなみにですが、このトランプのアカウントで

    「私は核のコードを持っている」っていうツイートを
    この前していたんだけど


    これがまあトランプ支持者でも「トランプはこんなこと言うだろうか」
    と議論を呼んでましたが


    そう、ここでまた「情報リーク」がありこれも話
    今日題になってますが

    ペロシのラップトップPCに以下のメールがあったらしい。
    ちょっと文章貼り付けするとあれなので
    日本語翻訳にしますが


    ペロシが以下のメールを誰かに送ってると言うことなんですね。


    「中国はトランプから核のコード nuclear codesを
    奪って、そしたら軍隊がすぐに台湾に侵略できる」

    ってことですよね。

    ここでnuclear codesっていう重要な言葉が出てくるのですが
    そのnuclear codesに関して


    すでにジョンバロンのツイッターでは
    「私がnuclear codes核のコードは持ってる」と

    数日前にツイートされていた。が今は削除されてます。


    要するにこうやって分かってくるってのが面白いですが
    まあ内部の人がやってるアカウントであるってことですよね。



    それでこの「アカウントに関しての政治」も
    行われていると思われまして


    今トランプ陣営がBarronと名前を変えてツイートしてるのは
    間違いなさそうですが

    (ちなみにいくつかのアカウントに関しては
    例えばジュリアーニ弁護士の公式アカウントが返事してたりする)


    ここで再度BANされないための政治も働いてるのが
    見ていると分かるんだけど、


    前号で書いたように

    「ジョンバロン」は


    以下のようにツイートしていたわけです。



    「ほら、俺は今ツイッターにここにいるぞ。
    君らは次俺のアカウントを2度消すために何をするつもりだ。

    そうだ、君たちは既に10%の時価総額を最初のBANで
    失ったぞ。

    愛国者はいつも私をサポートしている。
    このツイートは多くの人がリツイートしlikeボタンを押して

    そしてツイッターがありえない場所だ(原文だと少しスラング)
    、ってのがばれていくぞ」


    ということですが、

    その後最早隠すつもりがなくてトランプ大統領が側近しか
    撮影できない写真を上げまくってますが


    ここで「そうだ、君たちは既に10%の時価総額を最初のBANで
    失ったぞ。

    愛国者はいつも私をサポートしている。」


    ってのはまあなんというか良く言うと
    「交渉」なんですね。



    というのは時価総額で言うと検閲に加担した
    ビッグテックは時価総額で


    Google ▲280億ドル
    Apple ▲516億ドル
    Facebook ▲340億ドル
    Amazon ▲344億ドル
    Twitter ▲50億ドル

    合計 ▲1,530億ドル


    ってことで大体20兆円近く失ったんだけども、


    これ・・・まあ見て分かるように
    「個人投資家が売った規模」じゃないんです。

    世の中にはリバータリアン財閥もあってメロンとかコークとか
    この辺は米国株の大手株主を見ているとわかるけど
    結構いらっしゃるわけですが

    どこかは分かりませんが、あの大手ヘッジファンドかも
    しれませんが

    トランプ陣営側で動いてる財閥もありますから

    この人たちが売ったようにも見えちゃいますよね?


    20兆円ってのはなかなか個人投資家レベルで
    動く金額ではなくて


    空売りもしくはGAFA株をしっかり持って
    「備えていた」人たちはおそらくいるはずで

    この辺の人たちが一気に売り仕掛けた可能性は
    大いにあるな、と私は感じたわけです。


    はっきりいえば「検閲したらこうなっちゃうよ」
    ってことですよね。


    ちなみにその後、ユーチューブなんかの広告が
    2度出るようになってますが

    相当きついと思われます。


    それでツイッター側はジョンバロンが誰かは分かってますから

    まあ上のツイートはある種の交渉なんだと感じますよね。


    ちなみにそれ以外にも「交渉」材料があって


    テキサス州司法長官が
    ツイッターなどテック大手企業5社への調査開始をした。


    https://fkms.jpn.org/blog/archives/3571

    「テキサス州のケン・パクストン司法長官は
    グーグル、フェイスブック、ツイッター、
    アマゾンウェブサービス、アップルに対し
    民事調査要求を出した



    ということですが

    「検閲という共産主義みたいなことしたら
    とんでもないことになっちゃうよ?」


    と明らかにトランプ陣営がけん制いれてるわけですね。


    その上で成り立ってるのがバロンアカウントなんだろう
    というのは強く感じるところです。


    それで上のような「けん制」があって
    それでフェイスブックでもトランプアカウントが復活してますが


    裏側でアカウント削除を巡る攻防は
    もう発生してるとも見えますね!


    それで一応トランプ大統領が既に戒厳令について
    ジョンバロンアカウントで触れてますが


    これは上の トランプ大統領が以前にリツイートしたサイトの情報
    リンウッドのラジオや最新認識

    全てと重なってますね。



    あとはこちらがフリン大佐の最新動画で
    リンウッド弁護士が今日伝えてますが

    こちらも今日のリンウッド弁護士の勝利宣言に近いもので

    「次の4年間の大統領はトランプ大統領であり
    100%まちがいないだろう」

    ってことですよね。


    (【動画】リンウッドが今日シェアした動画
    として扱いたかったですがグーグルに消されました。
    これは日本国憲法21条で禁止されてる検閲です。)



    っていうことでこれらを見ると、


    実際は報じられていないだけで相当トランプ陣営の
    計画に沿って物事が動いてる現状である


    と少なくともトランプ陣営は環境認識してるのが
    分かりますね!

    それでこれからアメリカも祝日が指定されてますが
    この3日は引き続きとんでもない動きが

    想定されますから、

    注目ですね!


    ということで実際は
    トランプ陣営がしっかりと今後も暗殺などに気をつけて
    そして物事を進めていくのを

    私たち民衆は見守っていくことになりそうです。


    それでは!


    MAGA!!


    ゆう





    追伸・・・それでメルマガで色々扱ってますが
    URLや動画が消されるという事態が相次いでまして

    上に書いてる時点では見ることができるのですが
    一部既に消されてしまってるものもあると思います。

    今日フリン大佐の最新動画も扱いたかったけど
    消されてしまいましたが
    内容としては上に書いてる通りです。


    これがまさに共産主義で行われてる検閲そのものであります。


    それで今アメリカ在住者によると一部の地域で
    既にテレビが電波切られて見られなくなってるという
    未確認情報も入ってますが


    また全世界的に停電が頻発してますから

    一応 食糧や水や電池など備蓄などはしっかりしておきたい
    ものですね。


    では!










    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      【音楽】


    リンウッド弁護士がおススメしていた音楽ですが
    「歌唱が素晴らしい」です♪

    トランプ演説でも使われてる音楽ですが
    「自由を愛するアメリカ人たちのコーラス」
    で素晴らしいアレンジとなってます!

    「音楽は我々にパワーを与える。」

    ⇒ https://youtu.be/0Japc8M8RQw
    (情勢が落ち着かない今だからこそ聞くとよいでしょう♪)


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【FX新案件!】相場に「網を張って」月利10~20%を継続してる
    予想しない投資手法とは!?

    ■隠れた天才が作り上げた月利10%のFX戦略が期間限定公開です
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆







    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)



    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る