ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/02/28  【リンウッド弁護士が「軍隊に正当性が守られた再選挙の必要性」を 再度 訴えた】ことについて考える!
  • 2021/02/27  【アリゾナ州裁判所が「ついに」動いた】不正選挙かどうか白黒つける トランプ陣営を好む裁判所命令が出されました
  • 2021/02/26  【戦争をしなかったトランプ大統領 早速空爆を開始した民主党・軍産とバイデン】 (副題:しかし軍産のプロパガンダ力は低下してきている)
  • 2021/02/25  【動画】「世界中の医師たちがコロナのmRNAワクチンについての「本音」を 発言しだしてる」(検閲されるかも)
  • 2021/02/24  【「まだまだあきらめない・屈しない」意志を示した トランプ陣営のパウエル弁護士の偉さ】
  • 2021/02/23  【連邦最高裁がリンウッド・パウエルの不正選挙の訴状について 「審理せず」としたこと、および「アメリカ人たちの声」を知って考える!】
  • 2021/02/22  【金(ゴールド)と戦う 米ドルとビットコイン、という視点 について考える!】
  • 2021/02/21  【FXでよくある「勝率90%以上の最強ツール」の罠・裏側の話とは!?】
  • 2021/02/20  【歌手の大江千里さんがワクチン打って失神したこと、 アメリカの最高裁での会議が来週まで持ち越しとなってること についてリンウッド弁護士の言論から考える!】
  • 2021/02/19  【「かなり非常識」な労力をなくすFX戦略とは?(「手法」以上。)】 (副題:欧米の医師がmRNAワクチンを警戒する経緯とは?)
  • 2021/02/18  【今、コロナ騒動が「世界の覇権構造」にどのような影響を与えてるか? を考える!】
  • 2021/02/17  【FXで「勝ちやすい証券会社と、負けやすい証券会社」が あるとしたら・・・】(副題:アメリカ情勢で分かる「システム」で簡単に破壊される民主主義とその対策)
  • 2021/02/16  (動画)【トランプ大統領は護衛されながらフロリダで 車でのパレードを行った】(重要な副題?:マキナニー将軍は現在が 「ハイブリッド型の第3次世界大戦」であると認識をラジオで示す))
  • 2021/02/15  【月単位で負けが出ていない自宅で出来る 「予想しないFX手法」とは?】(副題:トランプ陣営の弁護士マイケルさんはマスコミの扇動報道に疑問を呈した)
  • 2021/02/14  【トランプ大統領は弾劾裁判で「無罪」を勝ち取った、ことについて 考える!】
  • 2021/02/13  【すごかった】全世界のテレビで「民主党側の映像プロパガンダ手法」が 暴露された(トランプ弁護団の反撃のターン。)
  • 2021/02/12  【世界で「米ドル離れ」が進んでいることについて考える!】
  • 2021/02/11  【なんとパウエル弁護士が2月26日にアリゾナ州の訴訟について最高裁判事たちの会議が 追加決定したのを報告した】 (副題:弾劾裁判でロバーツ最高裁長官が本当に欠席となってる謎)
  • 2021/02/10  【ついに始まった弾劾裁判でトランプ陣営の不正選挙の証拠などが 扱われる可能性について考える!】
  • 2021/02/09  【いよいよトランプ大統領の弾劾裁判が開始することについて 考える!】(副題:トランプ陣営の新CMが公開)
  • 2021/02/08  【「サイバー戦争であること」を明らかにした トランプ大統領を支えるリンデル氏】
  • 2021/02/07  【アマゾンのベゾスがCEOから退いたこと・着々と進むトランプ大統領の 新SNS構想、や「民主主義を考えるかもしれない中国」や リンウッド最新発言について考える!】
  • 2021/02/06  【「リンウッド弁護士潰し」に民主党陣営が必死な理由、 を改めて考える!】
  • 2021/02/05  【リンウッド弁護士が「最高裁での再闘争」に言及しだしたこと、 および ダボス会議でファイブアイズが出席できなかったこと などを考える!】
  • 2021/02/04  【副島先生の最新言論「やっぱり ローマ法王フランシスコが、 昼間、逮捕されている写真(画像)は、本物だろう」から 世界のローマカトリック支配の終焉について考える!】
  • 2021/02/03  【AI+裁量の「ザ・サード事務局」から****さんに 最後のメッセージです!】(残り5時間)
  • 2021/02/03  【「不正選挙のミャンマーでの再選挙実施」と、、、 反トランプのヒラリーと仲良しのアウンサンスーチーが 軍隊に拘束されたこと、について考える!】
  • 2021/02/02  【4年10ヶ月目突入】1月の運用報告が続々と届いております!(残り1日で販売完全終了です!)
  • 2021/02/01  【副島隆彦先生の「魂の」最新言論 「トランプは先の先を考えて動く。人類の歴史がひっくり返った。」 を読む!】
  • 2021/02/01  【先月1月の裁量+EAの「ザ・サード」の会員さんの声です!】(残り2日で完全に販売終了です!)
  • 【「リンウッド弁護士潰し」に民主党陣営が必死な理由、 を改めて考える!】
    配信日時:2021/02/06 22:00
    【「リンウッド弁護士潰し」に民主党陣営が必死な理由、
    を改めて考える!】
    ⇒編集後記で!

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~


    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧いただきまして
    ありがとうございます!!



    さてさて、昨日ですが、マスコミはこれ
    一切取り上げないでしょうが、

    以下の号を流しました!!

    リンウッド弁護士がいよいよ

    「最高裁での再闘争」について言及したって話ですね。


    ちなみにですが、以前は「平時での最高裁闘争」でありましたが
    今回は実はミャンマーと同じ、

    軍政下での最高裁闘争となる可能性があるので
    実は 以前は 期待した後に「ズコー」となることばかりでしたが

    もしこのシナリオが実現してくると、
    まあ当然のごとく一気に 風向きが変わってしまうわけです。



    ■バックナンバー
    【リンウッド弁護士が「最高裁での再闘争」に言及しだしたこと、
    および ダボス会議でファイブアイズが出席できなかったこと
    などを考える!】

    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202102&MID=2821#2821





    それで最近ですが、この数日色々見ていると

    何よりも特徴的なのが「リンウッド弁護士潰し」であって


    とにかくリンウッドを潰そう、潰そうという動きが

    大きく出ているのですが


    逆から見ると「大変民主党陣営はリンウッド弁護士つぶしに

    焦っている」事実はあるわけです。



    それこそ精神鑑定を受けないと弁護士資格を剥奪するぞ、

    とかすごい勢いでリンウッド弁護士に圧力がかかってるわけですが


    これは何を意味するかというと、

    もう彼ら民主党陣営は、トランプ大統領というよりは

    軍政下の軍関係の弁護士であるリンウッドとシドニーパウエル

    に対して


    ターゲットを絞り出してるってことですよね。


    それで昨日もちょろっと扱いましたが

    具体的に民主党陣営が一体何の訴訟を危惧してるのか?


    とかあとはリンウッド弁護士は、最近

    検閲ばかりするツイッターで言論統制を受けて


    その後検閲するツイッターではなく

    テレグラムに移行してまたラジオ等で発言を

    続けてますが、


    最近のリンウッドが「追い込まれてるのか?

    もしくは 確信を持って余裕であるのか?」


    などについて考えたいと思います!!


    編集後記で!









    ■バックナンバー
    (編集後記に件名の内容があります。)





    【リンウッド弁護士が「最高裁での再闘争」に言及しだしたこと、
    および ダボス会議でファイブアイズが出席できなかったこと
    などを考える!】

    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202102&MID=2821#2821



    【副島先生の最新言論「やっぱり ローマ法王フランシスコが、
    昼間、逮捕されている写真(画像)は、本物だろう」から
    世界のローマカトリック支配の終焉について考える!】
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202102&MID=2820#2820



    【「不正選挙のミャンマーでの再選挙実施」と
    反トランプのヒラリーと仲良しのアウンサンスーチーが
    軍隊に拘束されたこと、について考える!】
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202102&MID=2818#2818



    ■【副島隆彦先生の「魂の」最新言論
    「トランプは先の先を考えて動く。人類の歴史がひっくり返った。」 を読む!】
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202102&MID=2816#2816


    ■【リン・ウッド弁護士の最新ラジオ分析から
    「バイデン政権はフェイクであり現在はやはり
    アメリカは FEMAなどの軍政下である可能性」について考える!】

    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202101&MID=2814#2814



    ■【「アメリカの個人投資家とイーロンマスク」が
    ヘッジファンドを 「刈り取った」ゲームストップ株の騒動から考える!】
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202101&MID=2812#2812


    ■【「トランプ・バイデン・軍隊」の3者で
    「今誰が実権」を握ってるのか? を

    リンウッド弁護士の英語表現を分析して考える!】
    (副題:ついに最高裁が「トランプ大統領を好む判決」を出してきた。)
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202101&MID=2810#2810


    ■【世界各国の内閣や首相が
    「同時に総辞職・辞任」していること、、

    さらに「検閲のない自由なSNS」を
    トランプ陣営とイーロンマスクが 作っていく流れについて考える!】
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202101&MID=2808#2808





    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

       【ゆう音声プレゼント】

    「損失額を最初に確定して戦略的リスクテイクをしていくと

    ガチに人生は変わる!」(確率が非常に高い)

    という音声です!


    ⇒ http://fxgod.net/onsei/fx/hatten/risksettei.mp3



     【ゆう音声プレゼント】


    【「負けない技術」について考える!】
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2522992/makenai_skill_mp3/

    (MP3音声です♪スマートフォンでもお聞きいただけますので
    気軽に聞けるように後ろにBGMも入れておりますので
    移動中や寝る前などなど、お好きなときにお聞きください♪)



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
          





    ==========編集後記=========

    さてさて、ここ最近ですが

    トランプ陣営の、中心人物である、

    リンウッド弁護士の話がメルマガでは

    かなりよく出るトピックとなっておりますね。



    ちなみに、最近は1月20日以降、

    重要人物が トランプ大統領から

    リンウッド弁護士、パウエル弁護士、

    あとはフリン将軍あたりに移ってるわけですが


    今のアメリカは実際にはリンウッド弁護士の一貫して
    ぶれない主張から分かるのが

    ミャンマーに似てる、「ステルスで見えない軍事政権下」

    であるでしょうから、


    だからそこで軍隊と直接やり取りしてる

    リンウッド、パウエルの両氏が特に大事ですよね。


    ちなみにですが、最近 アメリカでは軍政下である

    って話については


    フリン将軍はユーチューブ上のプログラムで

    一切これ詳細言わない、

    「ナンセンス、ばかげている」とも言ってまして


    一応こちらも のっけておきます。


    【動画】マイケルフリンのインタビュー、英語。
    20分くらいから軍政下であることを否定してます。
    ⇒ https://youtu.be/Gvd96tP4FMA


    それでこれが大事なのですが、

    「(Qの)プランなんてない、軍政下なんて
    ばかげている!反乱法?そんなのもばかげてます」


    ということを

    検閲されたユーチューブ上において
    フリン将軍は言ってるわけですが


    しかし面白いのが それについてアメリカ人たちは

    良いも悪くも理論的でありまして


    もしナンセンス、ばかげていると言うと

    それについて 「Because なぜならば」で説明するわけですが


    それについてはほぼ触れず・・・というところで

    これはDJさんも言えないことは分かってるから
    阿吽の呼吸で触れないで次の話題にいく、


    という面白いインタビューに

    なっておりました。



    だから私は、民主党陣営はミャンマーのことでもそうだけど、


    不正選挙を遂行して、完全犯罪が

    成立して、安心して、民主党はバイデンを書記長として

    持ち上げて、


    それでダボス会議にも出席できませんでしたが

    そのまんま、マスコミと一緒に 政権運営ごっこを

    頑張ればよいと思います。



    さて、それでここで弁護士という職業柄どうしても

    嘘の認識を言えない リンウッド弁護士がいるわけですが


    このフリン大佐や将軍たちとやり取りしてる可能性が

    極めて濃厚としか発言から判断せざるを得ない

    リンウッド弁護士については


    もう上記のタブーの軍政下である認識を

    人々に分かるように伝えてるわけですね。


    だからフリン将軍に関しては

    「そんなの知らない、俺は言えない、

    リンに聞け」


    って感じがすごいしてましたが、


    そう、リンウッドは以前からラジオも色々扱ってるけど

    軍政下についての認識について


    よくラジオでも発言してるわけです。

    昨日はこちらのラジオでも、やはり

    リンウッド弁護士はある程度、


    その時点で、言ってよいこと悪いことを配慮しながら

    軍隊がしっかりトランプでもなく、バイデンでもなく

    アメリカ国民のために憲法に沿って今後も

    動いていくってことを強調してました。



    【英語ですがリンウッドの昨日のラジオ出演】(英語)
    https://www.redvoicemedia.com/2021/02/05/lin-wood-live-in-exclusive-interview-rejects-merit-of-georgia-investigation-pc-radio/



    それで私は最近「アメリカ情勢についての情報」ということで

    色々考えるのだけど


    ****さんもそうでしょうが

    色々日々情報を見ると思うのですね。


    まあわかり易いのが ネット大企業のニュースだとか

    あとはテレビや新聞、

    あとは個人ブログや個人メルマガや

    ツイッターやフェイスブックやテレグラムなどなど・・・



    色々情報がありまして、

    そこでそれぞれ言ってることが違うわけです。



    アメリカ情勢を追うならば一体どれを

    中心に見ていくべきか?

    ってのが考え方としてあるんだけど


    そう、やはり今はリンウッドの発信が直接情報として

    すごい大事ですよね。


    あとパウエル弁護士はFISA裁判も絡むから

    あまり発言ができないでリツイートばかりでは

    ありますが、


    リツイート内容で現状を間接的に知らせようとしている。


    いずれにしても、

    リンウッドとパウエル弁護士、あとはフリン将軍、

    この3者が1月20日以降 情報としては

    大変重要になったわけですが、


    だからこそ ツイッターはじめフェイスブックや

    各種SNSは「リンウッドを言論弾圧する」ということに

    なったわけです。



    それで、トランプ大統領をある種 表に2016年に

    出してきてそこで大統領にした立役者は

    まあ今までの流れを見ると明らかに 軍産に殺されたケネディの

    意志を次ぐ 米軍の方々であって


    そこでトランプ大統領を立てただろうし、

    あとはマクナニー報道官も

    当時小さかったケネディジュニアの娘さんと

    まあそっくりなんですけども、


    いずれにしても米軍の良識派の方々が

    トランプ大統領たちの背後にいらっしゃるわけで


    その彼らの米軍良識派の代表的な弁護士が
    リンウッドだろうってのは分かるわけですね。


    だからかなり今回のラジオは面白くて

    リンウッド弁護士はトランプ大統領と会ってるかどうかの
    話で


    トランプ大統領とはこの数ヶ月会っていないと
    言うわけですが、


    要するに彼がコンタクトしてる人たちってのは

    米軍の将校や将軍たちだってのが

    もう自動的に分かるのですが


    そこでトランプを今後 正式な行政長官として

    立てようとして動いてるわけで、


    そのスポークスマンが

    リンウッドでありパウエルであるから

    この2人が今はトランプ大統領以上に重要というのが

    私が見てる点ですね。


    トランプ大統領はこの2人が頑張ってる間は
    また春になってきたら忙しくなるから、
    今は少し休んでるようにも見えます。


    それでマスコミの動き、報道を見ると

    このリンウッドに関しては「あえてノータッチで

    一切報じず」となってるわけですが


    それもよく理由が分かりますが彼が主張してる

    今は軍政下であるとかあとは新しいアメリカを、とか

    その辺の構想は当然 不正選挙に加担したマスコミも

    報じるわけにはいきませんし、


    あとはシンプルに「扱わないで忘却させるいつものやつ」

    ですよね。


    これは以前に「左からの軍産攻撃」として日本でも

    小沢・鳩山政権が出てきて、


    これは「左からエスタブ攻撃」をしたわけで

    そこで小沢なんかは当時陸山会事件で地検に攻撃されたものですが


    しかしそこで報じれば報じるほど、批判報道であっても

    民衆の認知は高まってしまうわけで

    その中で「一体彼は本当はどういう主張か?」と興味を持つのですが


    そこでマスコミの 軍産側の主張がばれてきてしまった

    ってことがありまして、

    そこから一転して「報じない」という戦略を

    軍産マスコミは取ったわけです。


    今回のトランプ大統領、および米軍、リンウッドたちは

    「右からのエスタブ攻撃」でありますが、


    そこでやはり同じように 中核のリンウッドに関しては

    調べられるだけで困るから、「報じない」となってますよね。



    が、やはりリンウッドの発言がすごい大事であるのは

    変わりませんね。


    それで実は、これから一気に最高裁でまた訴訟が

    展開されていく可能性があり、そうなれば

    今回は最高裁判事たちが 民主党から脅しを受けないで


    軍隊に守られて判決を下す、という形になる可能性が

    昨日書いた、トランプ大統領の1月18日の大統領令から

    考えられるわけですが



    もうそこで、民主党陣営が

    「とにかくリンウッドを潰せ」ということで

    今「必死」です。


    これがおそらく本当の情勢ですよね。



    ちなみに、多くのユーチューバーがこれ

    あきらめてしまって、


    そして彼らの大企業グーグルによって作られた

    影響力は強いものですから


    彼らのあきらめってのが、そのまま

    日本のトランプ支持者たちにも影響を与えてしまってるけど


    実は以前に ゲームストップ株で再度紹介していた

    カナダ人ニュースさんは 地道に、扱ってる。


    彼が他のユーチューバーさんと大きく違うのが

    アメリカに近い、カナダに住んでいて

    同じような政治を経験してるってことですけど


    そして英文を読む能力が高いことでしょうが


    彼は冷静に、落ち込むことなく伝えている。

    以前も彼を何度か扱ってるけど


    やはりカナダで永住権1人で取得してって動くガッツが

    明らかに情報発信でも反映されてますよね。



    6分~~あたりからリンウッド弁護士が

    今圧力がかかってる状況をうまく説明されている。


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    ■マスク絶対させたいマン州知事 vs WI州議会
    https://youtu.be/1G-n7md1mgY


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    それで、実は最近ですがジョージア州がですね、

    とにかく「何が何でもリンウッドを潰せ!!早く潰せ!!」


    と焦ってるのはもう****さんもお気づきでしょうが

    何故かというと


    昨日扱ったすごい重要なリンウッドの発言が

    あってこれですね。


    すなわちこれを止めないといけない、と

    民主党側は現状、焦ってるわけです。



    (リンウッド弁護士の昨日のすごい発言。)
    ===============


    「ペンシルベニアでの(不正)選挙のケース・訴訟

    および、シドニーパウエル弁護士が主導してる

    ミシガン州の(不正)選挙のケース・訴訟、


    および私リンウッドのジョージア州での

    (不正)選挙のケース・訴訟について


    アメリカ連邦最高裁判所は、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    2月19日の会議にスケジューリングしました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    (この世界には)偶然はありません。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    さあ、彼らがこれから何をするか、

    (今の時点で)誰がわかるでしょうか。


    我々は見ておりましょう、そして

    忍耐強くいてください。



    私リンウッドが知ってるのは以下の
    3つのことです。






    私たちのアメリカはまだ法が支配する国であり

    そしてちゃんと最高裁が責任を全うすること


    2各州によって定められる

    連邦議会に関する法律というのは、


    州の「(立法府である)議会」によってのみ

    制定ができるということ。

    (すなわち民主党側のブラッド・ラッフェンスバーカー
    と同意した上で、(内密の上で)

    州務長官が決めるわけではないということ)




    3そして現行のアメリカの連邦法において最も
    重要なことが


    大統領選挙において、、

    法に基づいて
    唯一カウントされる 
    投票用紙というのは、

    その「投票日に」投票されたものである
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ということ。

    (リンウッドの注釈:

    だからブラッドさん、
    不在者投票をそれより早く開票することは
    できないのですよ。


    「議会」によって可決されたジョージア州法だけが、
    不在者投票を「選挙日当日に」開票することを
    許してるんです)




    私リンウッドは

    43年間、この「法の支配」を信じてきました。


    そして上記の3つのケース・訴訟で
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    最終決定が下された後、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    私の(法の支配の)信念が立証されることを
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    願っています。
    ~~~~~~~~~~~~

    2月は大変面白い月になることを
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    約束いたしましょう。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~


    =============


    以上です。


    それで昨日扱ったので詳細省きますが、

    ここでですね、


    まずトランプ大統領が1月20日直前に

    「裁判官や検察官が軍隊に護衛されて

    脅迫されない大統領令」を出してるんだけど


    今もこれ、アクティブですが、


    ここで最高裁判事は以前脅されて、

    それで判決を下せなかったけど、


    2月後半あたりに、勇気ある判決を出せるインフラが

    出来つつある可能性が高いのですね。


    それを当然民主党側は分かってますから

    だからリンウッドが2月19日に最高裁が審理するか否か

    で会議をスケジューリングをしたってのは


    相当脅威に感じてるはずです。


    軍にバレットなりの判事たちが守られてるなら、

    以前のように

    簡単に 不正選挙に関する、

    最高裁の訴訟をもみ消せないですから。


    だから早くリンウッドを潰せとなってるのでしょう。


    それで、カナダ人ニュースさんも報じてるように

    ジョージア州でリンウッドの弁護士資格を取り消せ

    っていう動きがすごいわけですが


    ここでリンウッドに圧力がかかっているのですけど


    しかしリンウッドは負けていないのですね。


    明らかに2月になって「元気が出てきてる」感じです。


    ジョージア州側はこれ、リンウッドが精神鑑定受けろなんだ

    って言っておりまして、ここで受けたら


    どうみても精神異常です、って判定を勝手に下されて
    リンウッドの弁護資格は追い込まれる形ですが


    当然リンウッドはその辺の脅迫に乗らず、


    「じゃあ私が正常ということを示すために

    選挙不正の証拠、ペンスやロバーツ最高裁長官や

    ロゼスタイン前司法長官に関する証拠を示してあげましょう」


    とやってるわけですね。


    それでここで、リンウッドの性格上、

    ひょっとしたらそれらの証拠は、改ざんされてしまうと

    あれですから、


    ネット上に一般公開してしまう可能性も考えられますが

    こうなったら・・・どうするんだろう、とも

    思いますよね。



    だから実のところリンウッド弁護士は

    これウィキリークス以上?

    の恐ろしさはありまして


    要するにもうほぼ間違いなく米軍サイドから

    様々な証拠を提供されてる弁護士ですから


    守秘義務は当然米軍サイトと締結してるでしょうが

    しかし場合によってはそれを オープンする権限も

    ありますから、


    彼に何かあると逆に民主党陣営に大打撃が

    起こる可能性はありますよね。



    だからリンウッド弁護士も脅されてどうしよう~~

    みたいな態度をあえて1月下旬はしていたけど


    おそらく、これ演技かな?って私は思ったりしたけど

    2月になって「やっぱり・・・色々証拠持ってるんで・・・

    もしそれで私を攻撃したいのであれば

    あなた方が今後どうなるか責任は取れませんが、

    ご自由にどうぞ」


    みたいな感じになってますよね。


    だからまあすごい戦いが実際は背後で起こってるんですね。


    それで上のカナダ人ニュースさんはこの辺の

    攻防も扱ってくれたりしてるのですが


    カナダ人ニュースさんはやはりカナダに住んでらっしゃって

    色々カナダ人とも交流あるから

    その話も色々動画内でおっしゃってるんだけど


    実は最近よく書く「世界基準のアメリカの保守の人たちの考え方」

    ってのがカナダ人のやまたつさんの考え方に

    近いわけです。


    彼がちょろっと言っていた言葉がすごい大事で

    「早く普通の生活に戻って、

    自由に旅行とかいけるようになってほしい。

    あとワクチンとか何入ってるか分からないから

    僕は受けたくないな」


    みたいなことをおっしゃってるんだけど


    たぶん日本人の大多数も同じ考え方をしてるだろうけど

    これが本当の民衆の保守的な姿勢ですよね。


    ちなみに私も全く同じ考え方なんだけど

    やはり欧州とかにいますと、普段英語で色々会話するんだけど


    そこで現地の人が

    「あ~~マジでいつまでコロナ制限やるんだろう。

    俺も一応マスクとかしてるけどさ、

    もうみんなぶちきれてるよ、最近」


    とか言ってくるんだけど


    結局そういうコミュニケーションでそういう当たり前の

    考え方になっていくんだけども、


    カナダ人ニュースさんの考え方が

    おそらくアメリカの大体の保守系の人たちの考え方ですね。


    カナダ人ニュースさんのこの動画もその辺の
    素朴な考え方が述べられており、
    良かったです。


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【動画】FL州vsビッグテック リンウッドさん選挙不正で調査
    https://youtu.be/lzFM-fAdq7E


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    それでここでワクチンの話なんかもされてますが

    カナダの高齢者も

    「ワクチンを受けるほうがリスク高いよね?」みたいに

    おっしゃってるってのが印象的ですが


    普段から、やはり欧米とかカナダも一緒だけど

    どうしてもこの辺のコロナ制限の話が

    日常会話で出てくるんですよね。


    「なんでマスク強要されるんだろう・・」

    みたいな話って日本は分かりませんが


    結構日常会話でもおっしゃる人の比率が高いわけですが

    そういうところで「憲法の自由って何だろう」みたいに

    普段から暮らしていて考えることが多くて


    結局自由は大事となって

    それを体現しようとしてる、

    トランプを支持みたいになるんだけども、


    だからカナダ人ニュースさんの話聞いてると

    アメリカ人のトランプ支持の保守派の人たちの

    一般的な考え方もよく分かりますよね。



    さて、それでもうトランプ支持の人たちは

    アメリカでも、リンウッド弁護士が極めて重要なポジションにいる

    って分かってますので


    彼の発言や認識をずっと注目してるのですが


    とりあえず今はトランプVS民主党陣営というよりは

    リンウッド・パウエルVS民主党陣営って感じでして


    この戦いが極めて重要なわけです。


    それでこれは、実際に訴訟ケースをまとめてくれてる

    サイトがあるので


    それを見たら分かりますが



    これは 「本物かどうかわからないハイテン将軍のアカウント」

    ってのがテレグラムであるんだけど


    そこで時々重要な情報がなぜか落とされますが


    これが落とされてましたね。


    今裁判で「何の訴訟がアクティブか?」が

    表にまとまってました。


    ご自身の責任でアクセスされてください。


    (冒頭にhつけて表示できます。)
    ttp://wiseenergy.org/Energy/Election/2020_Election_Cases.htm



    ちなみにこの表で右側にそれぞれの訴訟のステータスが

    書かれてますが、


    そこで「ACTIVE」って書いてあるのが

    今時点で有効で、今後も続く訴訟ですね。


    実は不正選挙関連の訴訟でアクティブ状態なものが

    かなりあるわけで全部上の表にまとまってます。


    たぶん民主党たちもこれを実際は見てるでしょう。


    それで上の表で


    Lin Wood v. Raffensperger, No. 20-799 (US Supreme Court)


    と検索すると、

    リンウッドとラッフェンスバーガー州務長官の訴訟なんかが

    検索できますが


    表だと上から3分の2くらいのところにありますが

    そうこれが今 Active 有効なんですね。


    詳細はこちらですね。


    ■リンウッドとラッフェンスバーガー州務長官の訴訟
    https://healthyelections-case-tracker.stanford.edu/detail?id=377



    それでここで実はアクティブになってる

    最高裁に入っていく訴訟が結構な数あるわけですが


    今後、これらの訴訟がすごい大事になっていくわけですね。


    それでここでリンウッドは民主党陣営から必死に攻撃されても、

    ここで以下のようなことを昨日言っておりますが、




    私リンウッドは

    43年間、この「法の支配」を信じてきました。


    そして上記の3つのケース・訴訟で
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    最終決定が下された後、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    私の(法の支配の)信念が立証されることを
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    願っています。
    ~~~~~~~~~~~~

    2月は大変面白い月になることを
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    約束いたしましょう。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~



    かなり強い勝機は感じ取ってる様子はあります。


    以前は どちらかというとリンウッドの裁判関連の発言は、


    民主党陣営が最高裁判事を脅しているとか

    民主党の腐敗など、

    民主党陣営に対しての批判が 裁判関連では多かったと

    記憶しておりますが、


    しかし今回はそれらは少なく、

    かなり勝機を見ているような発言が続いてますね。



    それで今日こちらのラジオも公開されており

    リンウッドの現状の環境認識、も示されてますね。

    【リンウッドの昨日のラジオ出演】(英語)
    https://www.redvoicemedia.com/2021/02/05/lin-wood-live-in-exclusive-interview-rejects-merit-of-georgia-investigation-pc-radio/



    ちなみにですが、日本でも 最初は

    トランプを応援してる愛国者っぽく振舞って多くの

    視聴者をひきつけながら・・・


    1月20日より前にすぐあきらめて別路線にいった

    ユーチューバーたちに多くの人が失望したのは

    ネット上でも言われてるわけですが


    アメリカでも同じでニューズマックスが最初は

    アメリカの愛国者を引き寄せたけど


    最近はこれ GAFAと同じように検閲もかけていて

    失望・・・って状況ですが

    それについてもおっしゃってる。


    ちなみにリンウッドの発言聞いていると

    ニュースマックスがこれ陥落したとか、ではなくて


    おそらく最初から、トランプ支持者を引き寄せて

    その上で一気に重要な場面で諦めさせる役割として

    当初から事前計画されていたのだろうな、ということを

    感じさせますよね。



    これは世論工作の話なんだけど、リンウッドがきっと
    伝えたいのはその辺なんだけど、

    ユーチューブでも一緒で、

    当初はトランプ応援としてそれでアクセスを集めていたけど

    急に途中で諦めた人がかなりいたけど


    全員ではないでしょうが、しかしその中に

    扇動工作を目的としている人がまぎれてる可能性は

    大いにあるってのは


    ネットでも言われていたけど、
    リンウッドの発言聞いて私も感じたところです。


    ちなみに本当に、トランプ陣営の言論者だったらですね、

    例えばユーチューブをBANされまくってるはずで


    もしくは 寅さん、とか梅さんという隠語を使って情報発信

    せざるを得ないでしょうが


    そこで個人的には全然動画が削除されていない人なんかは

    少し怪しいな・・なんて思ってみてたりしますかね。


    特に、リンウッドは上のラジオの20分~くらいで

    One World Goverment 共産主義の世界政府について

    批判を加えておりますが


    この共産主義の最たるものが

    ベーシックインカムでありますが

    その辺の用語が出てきたら、私の中では「疑惑センサー」

    が働きますかね。


    リンウッドはベーシックインカムと言う言葉は今のところ

    ラジオで言ってませんですし。


    やはり共産主義の匂いがする言葉がBIです。


    だから最近は情報の取得ひとつにしても

    すごい注意してみていく必要がありますね。


    最近はツイッターも言論統制を仕掛けておりますが

    検閲を余裕で行ってますが


    情報処理能力がすごい大事になってきてまして

    そのためには皮肉なことに敵側の共産主義についての

    知識が大事です。


    例えば、1自由と2平等は対立関係です、本当は。

    ここで例えば特定の発信者の言葉で


    トランプ支持のはずなのに過剰に 2平等と言う言葉が

    出るとおかしいとなりまして、


    というのは平等主義こそが共産主義だからです。


    アメリカのトランプ支持者がもう何度も語ってる

    自由 (Freedom , Liverty)ですか、


    この言葉を言わない

    トランプ支持者ってのはやはり

    何か扇動工作の目的がある可能性が高い


    と私は見てますかね。


    自由を重んじるからトランプ支持であるはずなのに

    その自由のための表現の自由とかに対して言論がないのは

    少しおかしいのです。


    この辺を知るのは大事で、

    ****さんの情報選択の参考になれば。


    例えばリンウッドやトランプ大統領はいつも

    自由・Freedomという言葉を使いますが

    一方 工作員の方はこの自由という言葉を

    大変嫌いますね。


    日本の左派が民主主義は言うのに

    自由主義を言わない、とかそれも同じことです。



    こうやって私たち民衆はそれぞれ見破っていくことが

    大事な時代となってる、というのを

    リンウッド出演ラジオを聴いてると思いますよね。



    それであと、今回のラジオの20分くらいから

    かなり大事な話をリンウッドは繰り返しておりますが


    やはり、軍隊が今は大きな力を持ってるっていう

    認識を神の話と一緒にしておりますね。



    ちなみにですが、最近よくリンウッド弁護士についての

    日本語の話題を見ると、

    「神様の話がついていけない」ってのも見るのですが


    私も宗教がない、というか宗教が分からない、

    日本人ですから正直その言葉はすごい

    分かりますよね。


    ちなみに重要な事実として

    資本主義を重視する人は神を重視しますが、

    (「資本主義原論」っていう
    小室直樹先生の書籍を読むと
    よく分かりますからおススメ。)


    一方共産主義はこれ神を否定しますけども

    実のところ、日本人の「神様が分からない」ってのは
    共産主義と共通点はあるわけですね。

    だから私は海外に行ってどうしても宗教について
    知らないと生活できないから本とか読んだけど

    その上で「ああ、自分の生まれ育った日本って
    一応デモクラシーだけど共産主義っぽい要素は多いのだな」

    って気づいた感じです。


    海外で暮らすと、やっぱりどの国にも

    キリスト教の色々な宗派や

    あとはイスラム教がありまして、

    それらについては理解しないと色々問題が生じるから


    私は海外に出てから ちょこちょこ勉強しだしたけど

    (イスラムでもマレーシアみたいな世俗化してるイスラムと
    軍産系の厳しいサウジアラビアみたいなイスラムがあって
    知っておく必要がありますね。)


    例えばですが、英語圏だと普通に「神様の学問」って

    あって「神学」ってのがあるんです。


    私も昔これを知らなかったけど

    オランダ人の頭良い友達がいて、彼が神学について

    教えてくれましたけど、


    最初驚きましたよね。

    「神様の学問とかあるの?」みたいな。


    けどあるんですね。

    アメリカだと神学のトップはノートルダム大学とか

    でしょうが、


    英語でtheologyって言います。

    ちなみに民主主義の反対語は 神聖政治ですよね。


    ちなみに資本主義とか共産主義とか言いますが

    これもやはりキリスト教の分派の思想だ、って考え方も

    ありまして、


    やはり欧米の哲学から神ってのは無視できないもの

    なんだけど、


    それこそ投資家で アダムスミスの「神の手」を知らないと

    負けてしまうのも 資本主義では神の手が働く

    自由市場で動いてるから、ですよね。


    そこから 人間は利益をコントロールできず、

    投資家がコントロールできるのは、

    損失だけっていう考え方が出てくるんです。




    例えばトランプ大統領がよく演説で

    In God we trust 神の御魂(みたま)の下に

    ってよく言いますけど、


    それはトランプが敬虔なキリスト教徒でもあるから
    でしょう。


    それでリンウッドが言う「神様」ってのが

    何を示してるのか これは難しいところもありますが


    しかし今回彼がラジオで言ってるのが

    「(現状)神は全てをコントロールしている」

    ってことなんですね。


    これは一見 抽象性が高いんだけど

    私はリンウッドのラジオとか言葉を最近

    学びまくっておりなんとなく 「感覚」が分かるように

    なってきたけど、


    リンウッドが言う「神」という言葉のニュアンス、

    感覚としてはすごい難しいけどイメージとしては



    「世界やアメリカ全体の政治影響力のダイナミズムを
    生み出す源」


    みたいに考えるとわかり易いと思います。

    相場でいうと トレンド、であったり

    トレンドを生み出すパワー、

    に近い概念かもしれない。


    例えば、アメリカ全体の大きな政治影響力で

    憲法に従って動く軍隊が支配していれば、 

    神は政治をコントロールしてるという言葉がリンウッドから

    出てくるだろうし、


    もしその憲法に従って動く軍隊が追い込まれていたら

    神は政治をコントロールできておらず悪魔が

    コントロールしだしてる、みたいな言葉になるはず、


    ですね。


    そうやってリンウッドが言う「神様」を捉えたら

    彼は 政治影響力のダイナミズム分析を「神」という

    言葉で抽象化してるのが分かってきまして


    リンウッドが捉えてる「政治のトレンド」は把握できる
    わけですね。


    それで今はというと

    「神が全てコントロールしているのだ」ってことを

    リンウッドは言っており、


    ただそれは抽象的だから分かりやすく

    「軍隊がコントロールしてる」とも再度今日のラジオでも

    言ってまして、


    これはフリン将軍がその辺 明言を避けるのとは違って

    普通にリンウッドは神学の抽象性も交えて

    明言してますが


    その上で 軍隊は トランプでもバイデンでもなく

    憲法に沿って we the people 民衆のために動いてる

    ということを再度強調してるわけです。



    だからやはり 計画に沿って動いてる状況だ、という

    認識を示してますよね。


    だからリンウッドは現状 自信があるわけです。



    それで22分~くらいからさらに言ってますが


    「神」によって全てはコントロールされているってことで

    やはりこの表現はリンウッドの自信を示してます。



    それでさらにリンウッドが言ってるのが

    まあ世の中には悪が蔓延してるのですが

    それを神がこれ 「クラッシュ(全滅)させていく」

    っていう話でして、


    その上でその 「タイミング」については以前も

    リンウッドは言ってるんだけど 

    神のタイミングであるけど


    その「タイミング」は日に日に近づいてるってことですね。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    だから正確な日付はわからないわけですが


    例えば NYダウが29000円台の頃に、

    いつそれがNYダウで30000円に届くかってのは

    投資家は誰も分かりませんが


    しかしトレンドが継続していて 遅かれ早かれ

    それが30000ドルに到達するシナリオは描けるわけですが


    その感覚ですよね。


    株とか金や銀でもいつそれが 神の手によって

    評価されるかは分かりませんが


    根拠があれば、それは 上昇していくものですが

    それに近い。


    だから 正確な日付などは

    リンウッドの言葉ですと「神のタイミング」だけども

    それは徐々に近づいてきてる認識、


    をリンウッド弁護士が今回示しているのは

    興味深いところです。


    それで具体的なところでいうとリンウッドが昨日

    テレグラムで発信した




    ペンシルベニアでの(不正)選挙のケース・訴訟

    および、シドニーパウエル弁護士が主導してる

    ミシガン州の(不正)選挙のケース・訴訟、


    および私リンウッドのジョージア州での

    (不正)選挙のケース・訴訟について


    アメリカ連邦最高裁判所は、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    2月19日の会議にスケジューリングしました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    (この世界には)偶然はありません。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




    という言葉の2月19日での最高裁判事たちの
    会議ってのが注目となるわけですね。


    が、その脅威を民主党陣営は分かってるから

    リンウッドとパウエルなど原告を攻撃してるって

    現状が分かります。



    ということで、現状、まあ大統領選挙が終わったように

    見えてるでしょうが


    しかし実際は 今後

    トランプの大統領令で脅迫などからも保護される

    最高裁判事たちが絡む、


    最高裁での訴訟も控えるリンウッド弁護士たちは

    かなり強い確信と自信をこの数日で

    見せてるってのは


    民主党の不正批判だけに終わっていた

    11月や12月と随分違う点ですね。


    ということであまり多くの人が見ていない

    表には出ていないダイナミズムが

    これアメリカでも発生しつつあるんで


    引き続き個人的には注目してますね!!


    では!



    ゆう










    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

       【ゆう音声プレゼント】

    「損失額を最初に確定して戦略的リスクテイクをしていくと

    ガチに人生は変わる!」(確率が非常に高い)

    という音声です!


    ⇒ http://fxgod.net/onsei/fx/hatten/risksettei.mp3



     【ゆう音声プレゼント】


    【「負けない技術」について考える!】
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2522992/makenai_skill_mp3/

    (MP3音声です♪スマートフォンでもお聞きいただけますので
    気軽に聞けるように後ろにBGMも入れておりますので
    移動中や寝る前などなど、お好きなときにお聞きください♪)



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
          










    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)




    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る