ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/02/28  【リンウッド弁護士が「軍隊に正当性が守られた再選挙の必要性」を 再度 訴えた】ことについて考える!
  • 2021/02/27  【アリゾナ州裁判所が「ついに」動いた】不正選挙かどうか白黒つける トランプ陣営を好む裁判所命令が出されました
  • 2021/02/26  【戦争をしなかったトランプ大統領 早速空爆を開始した民主党・軍産とバイデン】 (副題:しかし軍産のプロパガンダ力は低下してきている)
  • 2021/02/25  【動画】「世界中の医師たちがコロナのmRNAワクチンについての「本音」を 発言しだしてる」(検閲されるかも)
  • 2021/02/24  【「まだまだあきらめない・屈しない」意志を示した トランプ陣営のパウエル弁護士の偉さ】
  • 2021/02/23  【連邦最高裁がリンウッド・パウエルの不正選挙の訴状について 「審理せず」としたこと、および「アメリカ人たちの声」を知って考える!】
  • 2021/02/22  【金(ゴールド)と戦う 米ドルとビットコイン、という視点 について考える!】
  • 2021/02/21  【FXでよくある「勝率90%以上の最強ツール」の罠・裏側の話とは!?】
  • 2021/02/20  【歌手の大江千里さんがワクチン打って失神したこと、 アメリカの最高裁での会議が来週まで持ち越しとなってること についてリンウッド弁護士の言論から考える!】
  • 2021/02/19  【「かなり非常識」な労力をなくすFX戦略とは?(「手法」以上。)】 (副題:欧米の医師がmRNAワクチンを警戒する経緯とは?)
  • 2021/02/18  【今、コロナ騒動が「世界の覇権構造」にどのような影響を与えてるか? を考える!】
  • 2021/02/17  【FXで「勝ちやすい証券会社と、負けやすい証券会社」が あるとしたら・・・】(副題:アメリカ情勢で分かる「システム」で簡単に破壊される民主主義とその対策)
  • 2021/02/16  (動画)【トランプ大統領は護衛されながらフロリダで 車でのパレードを行った】(重要な副題?:マキナニー将軍は現在が 「ハイブリッド型の第3次世界大戦」であると認識をラジオで示す))
  • 2021/02/15  【月単位で負けが出ていない自宅で出来る 「予想しないFX手法」とは?】(副題:トランプ陣営の弁護士マイケルさんはマスコミの扇動報道に疑問を呈した)
  • 2021/02/14  【トランプ大統領は弾劾裁判で「無罪」を勝ち取った、ことについて 考える!】
  • 2021/02/13  【すごかった】全世界のテレビで「民主党側の映像プロパガンダ手法」が 暴露された(トランプ弁護団の反撃のターン。)
  • 2021/02/12  【世界で「米ドル離れ」が進んでいることについて考える!】
  • 2021/02/11  【なんとパウエル弁護士が2月26日にアリゾナ州の訴訟について最高裁判事たちの会議が 追加決定したのを報告した】 (副題:弾劾裁判でロバーツ最高裁長官が本当に欠席となってる謎)
  • 2021/02/10  【ついに始まった弾劾裁判でトランプ陣営の不正選挙の証拠などが 扱われる可能性について考える!】
  • 2021/02/09  【いよいよトランプ大統領の弾劾裁判が開始することについて 考える!】(副題:トランプ陣営の新CMが公開)
  • 2021/02/08  【「サイバー戦争であること」を明らかにした トランプ大統領を支えるリンデル氏】
  • 2021/02/07  【アマゾンのベゾスがCEOから退いたこと・着々と進むトランプ大統領の 新SNS構想、や「民主主義を考えるかもしれない中国」や リンウッド最新発言について考える!】
  • 2021/02/06  【「リンウッド弁護士潰し」に民主党陣営が必死な理由、 を改めて考える!】
  • 2021/02/05  【リンウッド弁護士が「最高裁での再闘争」に言及しだしたこと、 および ダボス会議でファイブアイズが出席できなかったこと などを考える!】
  • 2021/02/04  【副島先生の最新言論「やっぱり ローマ法王フランシスコが、 昼間、逮捕されている写真(画像)は、本物だろう」から 世界のローマカトリック支配の終焉について考える!】
  • 2021/02/03  【AI+裁量の「ザ・サード事務局」から****さんに 最後のメッセージです!】(残り5時間)
  • 2021/02/03  【「不正選挙のミャンマーでの再選挙実施」と、、、 反トランプのヒラリーと仲良しのアウンサンスーチーが 軍隊に拘束されたこと、について考える!】
  • 2021/02/02  【4年10ヶ月目突入】1月の運用報告が続々と届いております!(残り1日で販売完全終了です!)
  • 2021/02/01  【副島隆彦先生の「魂の」最新言論 「トランプは先の先を考えて動く。人類の歴史がひっくり返った。」 を読む!】
  • 2021/02/01  【先月1月の裁量+EAの「ザ・サード」の会員さんの声です!】(残り2日で完全に販売終了です!)
  • 【FXで「勝ちやすい証券会社と、負けやすい証券会社」が あるとしたら・・・】(副題:アメリカ情勢で分かる「システム」で簡単に破壊される民主主義とその対策)
    配信日時:2021/02/17 22:00
    【FXで「勝ちやすい証券会社と、負けやすい証券会社」が
    あるとしたら・・・】
    ⇒メルマガ中盤にて

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    月単位で負けが出ていない自宅で出来る
    「予想しないFX手法」とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    (動画)【大統領の日】ビッグ・サプライズ!
    トランプ大統領がパレード(今日の2021年2月16日)

    ⇒ https://youtu.be/IQIX8ri6vTo
    (3分20秒~くらいからトランプ大統領の乗ってる車が
    護衛されながら通過します)


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




    世界中で2000万人以上に開始1日で視聴されてる
    この前公開された

    「マイクリンデルの動画の日本語訳」を
    「蔵之助さん」が作って公開してくれてます!

    【1】
    ⇒ https://www.bitchute.com/video/EBAFygjZqtXJ/

    【2】
    ⇒ https://www.bitchute.com/video/r4OT6C4DAPfv/



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧いただきまして
    ありがとうございます!!



    さてさて、前号で以下の号を流しました。

    トランプ大統領が弾劾裁判無罪のあと、車でのパレードを
    行って


    そしてあと、米軍の中枢部と連絡する
    マキナニー中将がラジオにて

    現在は 

    生物兵器戦争+外国からのアタックによるサイバー戦争による

    ハイブリッド型の第3次世界大戦であるという認識を示してます。



    (動画)【トランプ大統領は護衛されながらフロリダで
    車でのパレードを行った】

    (重要な副題?:マキナニー将軍は現在が
    「ハイブリッド型の第3次世界大戦」であると認識をラジオで示す))
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202102&MID=2832#2832


    さて、それで最近は検閲が激しい時代ですから

    「表の報道」と「表では報じられない動き」の 差異

    がすごい大きい時代だ、とも私は思うのですが


    最近はそれこそ動画配信ならユーチューブが表ですが
    そこでの検閲はひどいものですから、


    一方、ランブルとかビットシュートなんかで情報発信する人も
    増えてるわけですね。



    それで基本的に世の中の常識ってのは

    「表の情報」で形成されるわけですが、

    例えばユーチューブもそうだし、テレビとか新聞のマスコミや

    大企業ネットニュースとかがまさにそれですが


    とりあえず「トランプ大統領の今後」という点でも
    全く見かたがそれこそ上の米軍の話とかとは違ってくる

    わけですね。



    大きくは表のメディアですと、

    「トランプは次は2022年中間選挙、
    2024年の次の大統領選挙を目指す」というストーリーで

    書かれているわけでして

    最近はトランプ応援のユーチューバーなんかでも

    「2022年の中間選挙でトランプさんが巻き返すストーリー」を

    おっしゃってる人が多いわけですね。



    ただ・・・昨日までで扱ってますが、マイクリンデルとか

    あとはリンウッド弁護士、マキナニー中将などの発言などを見て

    分かると思うんですが


    「今回の選挙不正の仕組み、システムをそのまんま
    不問にして、

    それでトランプというか民衆に2022年とか2024年はあるのか?」


    っていうのが多くの人が実際は感じてるところですよね。


    ユーチューブなんかでもトランプ支持のユーチューバーで
    2022年での勝利をトランプは目指すという動画での

    視聴コメントなんかでもそういうコメントが目立ちますし
    私もそう思うわけです。


    実際は、昨日かなり長く扱ってますが

    「選挙不正のサイバー上のスキーム」を見るとですね、


    もう「トランプが人気があるから巻き返すとか
    そういう話じゃないのでは?」
    のはよく分かるわけです。


    今回の2020年11月の選挙でもやはり
    トランプの票数は圧倒的であったろうし、実際にバイデン以上に
    得票したのは 間違いはないと私含め多くの方が見ていますが、

    しかしもう「操作された選挙システム」が介入してくると
    そういう問題ではなくなってくる
    わけですね。


    これは上のマイクリンデルさんの翻訳動画を見ればよく
    分かりますが、


    投票を電子化することですなわち「見えなく」なりますから
    もうそこでいかようにも票数が操作できるってのが

    サイバー空間でありますが


    これを放置して果たして2022年とか2024年があるのだろうか?

    ってのが私が考えてる点で、


    それはリンウッド弁護士もパウエル弁護士も
    マキナニー中将も言ってる
    ことですが


    この辺は色々な言論を聞いていると私が思う点ですよね。


    現状民主主義って制度で民衆が意思を示す手段は
    選挙となってますが

    その選挙システムの中核のパケットのやり取りを
    「見えなくして」しまえば

    実は簡単に民主主義なんて壊せてしまうわけで
    まさにそれが今アメリカで行われている。


    これを放置して2022年とか2024年とか存在するの?

    ってのは私がすごい感じる点ですよね。



    ただ今回色々 マイクリンデルさんの動画とかマキナニー中将の
    発言とか見ていると分かるんだけど


    それこそドミニオンとかスマートマティックとか色々な
    おなじみの名前が出てきてるけど
    この辺の話が法廷で決着つかないと、本当に未来はあるのだろうか?と。




    それでマキナニー中将がおっしゃってるハンマースコアカードの
    話を知ってれば


    例えば8000万票獲得した人から⇒6000万票獲得した人に

    1000万票を移し変えて勝者逆転させることは
    2020年のようにできるだろうけど


    ただ1億票獲得した人から⇒1000万票獲得した人に
    票を移し変えて あからさまに誰にでもばれる形で
    後者を勝たせることはできない、

    ってのは分かります。


    「システム」をみれば僅差の逆転は不正を活用して
    演出はできそうだけど
    大きなあからさまな逆転は現状できなそうです。


    だから例えば、今後の選挙でトランプ大統領は今も圧倒的な人気ですが
    民主党側の数倍の票数を獲得して、

    選挙不正のシステム自体が機能しないレベルで2022年を戦っていく
    というのであれば確かに分かるんですけど

    そのためには今回以上の、もう10人中8人9人がトランプに投票する
    という事態が必要ですよね。


    そのためには何が必要かというと、バイデンが影の政府を運営してる間、
    副島先生がおっしゃっていたような
    米国債の崩壊が起こって米ドルが完全に終わるとか、

    そういう事象がない限りは難しそうってのが私の本音ですね。


    ちなみに本当は2020年の選挙のことは忘れ去って、
    もうトランプは2022年とか2024年頑張りましょうなんて

    やったほうが 確かに地道な選挙の泥沼追わなくていいから
    私も楽なんだけども(笑)


    いや~~ただ民主主義の現状根幹となってる
    選挙システムの不正問題を放置して

    「次」が本当にあるのだろうか?とは

    多くの方が思ってるように本音で私も感じますよね。


    手続きとしてはどうしても最高裁でそれらの証拠が審理され、
    ちゃんと取り上げられて、何かしらの判決が出ないと
    いけないのですが


    このプロセスをはさまないと、そもそも選挙システムの
    正当性事態が問題のまんまですからよくユーチューバーの方が
    おっしゃる2022年も2024年も難しいのかなと。



    それで現代の問題としては、まさに
    今パウエル弁護士やマキナニー中将やフリン将軍などの米軍の方が
    取り組んでるように

    「システム、サイバー空間での戦い」がすごい重要になってきてまして

    ここがなんとなく難しいから今回はスルーして
    ノータッチとなると
    何もうまくいかない時代なんだろう、とも

    私は思いますね。


    シンプルに、民主主義は票数多い人が勝利しますけど、
    その票数をいじくる「プログラミングされたシステム」があれば、

    勝者は民衆ではなく、

    システムをいじくる能力がある
    プログラマーたちが決定するわけで

    そこで民衆は何も決定できなくなるわけです。

    「システム」で簡単に民主主義は破壊できる時代に入ってる
    わけでそれをマキナニー中将は人々に伝えたいわけです。


    それで昨日 日本語に「蔵之助さん」という方が
    翻訳してくれた
    動画を扱ったんだけど

    米軍の情報分析のプロのフィル大佐のインタビューが
    あるわけですよ。


    それでこれは ****さんは理解できると思うのですが
    じゃあネットに詳しくない人はそれを理解できるか?

    と私は考えるわけです。


    【2】世界で話題になったマイクリンデル動画内の
    フィル大佐のインタビュー。
    ⇒ https://www.bitchute.com/video/r4OT6C4DAPfv/


    例えばマイクリンデルの動画ではIPアドレスという言葉が
    出てきますけど、

    あとはそれを受けてネットではプロキシ踏んで身元偽装してるかも
    とか言われてますが


    この言葉は****さんは意味分かるじゃないですか?


    けど・・・「IPアドレスって何?」って人も沢山世の中に
    いるわけでそっちのほうが数が多いかもしれない。


    ちなみに私は昔 労働者時代に、ネットワーク保守のサポートとか
    やっていたり、(TCP/IPプロトコルの階層とか勉強してましたね)

    PCを高齢者の方に教えたりの仕事もしてたから
    その辺の最低限の知識は
    あるはずですが

    だからこそ今回のアメリカのサイバー戦争というマキナニー中将の
    指摘が相当深刻だ、って感じるのだけど


    一方その辺の仕組みとか知識が分かっていない場合は
    その「選挙システムを握られてる怖さ」
    って分からないわけですね。


    だからたぶんですが今、トランプ支持者でも
    その辺のネットワーク関係の知識があるような
    若い人は

    「選挙不正とかのシステムを徹底調査しないと
    2022年とか2024年のトランプ返り咲きとか本当に存在するのか」

    と思うし、

    (ちなみにこの人たちは例えば実際の投票用紙を
    機械がイメージファイル化してデジタル化して
    バッチ処理するんだろうけど、

    そのイメージファイルの各候補者の割合を
    ランダムに気づかれないように
    プログラムで割り振ることができて、

    それに司法がノータッチってのは

    すごい危険って考えるのでしょう。

    なぜならばそうなったら
    そこで勝者を決定するのは民衆の票ではなく、
    そのファイルで 候補者の票数割合を自由自在に決定する

    プログラマーや彼らを雇用してる役人と癒着する
    経営者たちになる
    って分かってるから)


    逆に

    ネットワーク関係の知識があまりない人だと

    「2022年にトランプは頑張って返り咲けばよい」という方向に流れがち
    なのだろうな、とも思いますね。


    だから今すごい大変な問題があって

    現実は 選挙におけるシステムが一部の役人や大企業に
    握られていて
    民主主義は機能しなくなってるのですが


    それを多くの人が「認知できない」ってのが大きな問題となってる
    わけです。

    それでなるべくそれを多くの人に理解してもらおうと
    マイクリンデルやパウエル弁護士が頑張ってくれてるわけで

    マイクリンデルの動画もその難しい話をなるべく
    理解してもらおうと作成されたでしょうが、


    その証拠が最高裁で今度取り上げられるかもしれませんが

    やはりこの地道な戦いが 


    民主主義の戦いの成否を今後握ってくるのだろうな~

    というのが私が見てる点ですね。


    だから最近の政治経済ってのはこれ

    サイバー空間であったり、システムの話、がすごい重要

    になってきてるってことですよね。


    だから今回の2020年11月の不正ってのは
    そのまんま放置すると民主主義がなくなっちゃいますから

    やはり今後、サイバー空間での不正を追ってる
    リンウッド、パウエル弁護士、および
    米軍の方らが 追及を進めていくのは注目しないといけない点ですね。


    ちなみに、放りっぱなしではなくて
    私も色々考えるけど

    今回の2020年の米大統領選挙の問題の本質は

    「インターネット技術の進展に対して、
    行政役人がそれを悪用するのを防ぐ法律
    が議員立法されていない」

    のが根本の問題ですが、


    だから例えば今後選挙を手作業で、ってのは
    効率がどうしても悪いから
    各国で主流にはなかなかならないはずですが


    しかしそこで何か選挙で電子プログラムを使う場合は

    その表計算の過程で通される
    全てのソースコードをブラックボックスではなく
    しっかり公開すること が大事になりますよね。

    (すなわちバックドアがないかどうかを
    民衆がしっかり確認できるようにする)

    あとは選挙で集計で使われたソースコードや
    (もしどうしてもネット接続するなら)
    パケット送信のやり取りを完全記録する義務を行政役人に課す

    などの法整備が必要になってくるんでしょう。


    逆にこれらがないともう
    行政たちが今のようにやりたい放題となってしまうわけですから

    それが今後の人類では大事ですね。



    あと既に私は見てきましたがエストニアですと
    ブロックチェーンの台帳技術で選挙不正が難しいシステムが
    登場してますが(XROADという)


    それも完全に不正が不可能なのかどうかは私は知りませんが、

    しかし何かしら サイバー空間での選挙不正を縛り付ける
    方策は考える必要がありますよね~


    それで今後パウエル弁護士たちはその証拠を持って
    人類史上初めてかもしれませんが

    大掛かりなサイバー空間での不正を立証しようとも
    してますが


    それがどうなるかは今後も注目です!!




    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    【ウソにまみれたFXの世界で本当に勝てる方法なんてあるの?】

    「情報化社会」の闇!?

    「勝ちやすい証券会社と、負けやすい証券会社」が
    あるとしたら・・・


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    さて、それで上の話ともつながってくるのですが

    金融なんかでも



    「システム」がスゴイ大事で、


    もし、ですが


    個人投資家が負けやすいプログラムが
    仕込まれてる証券会社と、


    個人投資家が実力の通り、実力がある人は勝つし
    ない人は負ける、というフェアな証券会社が


    あったとしたら・・・


    怖いことだと思いませんか??


    例えば多くの投資家は「うまくなって稼げるようになろう」

    とするんだけど


    もしその投資家が使ってる取引プラットフォームがですね、

    「その投資家が上手でも下手でも結局負けてしまう設定」

    だったらどうでしょうか??



    実はこの辺について詳しく教えてくれてるのが

    今回の深見さんですね!!



    こういう案件が出てきてるのも時代の流れだと
    私は思ったんだけど、


    今日はその深見さんから****さんにメッセージです!
    今回のメッセージ、なかなか強烈ですが

    本当のことですから是非ご覧くださいね~

    ↓↓

    ============


    【ウソにまみれたFXの世界で本当に勝てる方法なんてあるの?】



    「情報化社会」の闇!?

    表に出回っている情報に騙されず
    正しくFXで勝ち続ける方法を
    期間限定で公開しています。

    → http://gyakusou-fx.info/opt/yu/




    深見です。

    「情報化社会」って言葉、懐かしくないですか?

    日本でこの言葉が叫ばれ始めたのが
    確か2000年くらいのITバブル絶頂期でした。

    当時は、一般人がインターネットの知識
    がないのをいいことに

    口八丁手八丁で
    HP制作を売るだけの会社(実際に作るのは外注)でも

    株式公開(上場)できるくらいの勢いでした。


    売ってる本人たちはITとWebの違いすら
    認識してないレベルでしたけどね(^_^;)

    そんな「情報化社会」が始まって20年余が経ちますが

    情報の大切さ、逆に言えば「知らない危険性」というのは
    当時の何十倍、何百倍にも増しています。


    テレビや新聞を見て、作られた情報だけを浴びていると
    「情報を作っている側の人間」
    のいいように操られてしまいます。


    例えば、もう何十年も耳にしてきた「国の借金」

    メディアでは「ついに1200兆円を突破」とか
    「国民一人当たり900万円」とか←これ多いですよね。

    こんなことを言ってますが、
    正確には国の借金なんてものは存在しません。

    正しくは「政府の負債」であり、資本主義経済である以上
    政府の負債は絶えず増え続けるのが当然です。

    このようなレトリック(巧みな表現)を使って
    世界最長のデフレが続いているにも関わらず

    「増税は仕方ないよね」という意識を
    国民に植え付けています。

    なぜそこまでして増税したいのか?
    政府の負債が増えても問題ないなら、
    増税はしなくていいじゃないか?

    そうです、その通りです。特に今はコロナショックもあり
    経済が停滞していますので、消費税なんて即刻凍結すべきです。

    じゃあ、なぜ増税を続けるのか?
    その裏には「法人税減税」という目的があります。

    経団連を始めとした経済団体が
    法人税減税と従業員の非正規化によって
    自社の純利益をドンドン増やしています。

    具体的には、過去20年間で
    売り上げはほぼ横ばいなのに

    純利益は約3倍、そしてそこから出る
    株主配当は約6倍に膨れ上がっています。
    (資本金10億円以上の企業の統計)


    これらを実現するために、メディアは平気でウソをつきます。

    そもそも、消費税導入を最初に言い出したのって
    政治家じゃなくて経団連ですからね。

    目的は国民の豊かさでも、社会保障でも、政府の財政でもない。
    シンプルに、企業の金儲けのための方法として導入され

    30年かけてジワジワ増やしていってるというのが事実です。



    これはほんの一例ですが、それくらい情報(事実)を知らないと
    気づかないうちに大きく損をしていしまいます。

    このようなウソに踊らされることなく
    「FXで勝つために集中する環境」を提供しています。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    ■■■■■■■■■■■■■■■■

    金融界の不都合な真実

    ■■■■■■■■■■■■■■■■



    表に出ているウソというのは、もちろんこれだけではありません。
    FXでも、ある意味これ以上にエグいウソが存在しています。


    ****様は「A-book」「B-book」という言葉を聞いたことがありますか?

    B-book業者は簡単に言えばノミ業者になるので、
    使うのはやめましょう。
    なんていう情報は、よく耳にしますよね。


    しかし、そのもっと奥深く、
    本当の実態まで知っている方はどれくらいいるでしょうか。


    例えば、同じ業者の同じ通貨ペア、同じ時間足で
    私と****様でチャートを表示してみたとしましょう。

    すると、私と****様の画面に表示されている
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    チャートは違うことがあります。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    同じ業者で同じ通貨ペア、同じ時間足なのに、です。

    なぜこんなことが起こるのかというと・・・
    業者がチャートを操作しているからです。

    チャートを操作?本当に?

    と、思うかもしれません。


    でも逆に、なぜ自分のパソコンのモニターに
    映っているチャートが正確だと思っているのでしょうか?

    実態は、FX業者が全員に同じチャートで
    取引させることは「ほぼ」ありません。

    なぜなら、99%のFX業者は、取引手数料ではなく
    「顧客の証拠金を利益にしているから」です。

    これがいわゆる「ノミ行為」ですね。

    悪いことをしていると思うかもしれませんが
    日本の法律では合法です。
    (倫理的に良い、悪いは別にして)


    いくらトレードの腕を磨いて、
    利益を出す技術を身に着けたところで

    業者にチャートを操作されてしまったら、
    そこでジ・エンドです。


    また、仮に勝てたとしても、
    次に待っているのが「出金問題」です。

    こちらも残念なことに、日本の法律では
    「どんな理由でも出金を拒否していい」となっています。

    極端に言うと

    「お前ムカつくから出金させない」
    これでも法律的にはOKです。


    こんな環境では、いくら腕があっても勝てなくて当然です。

    なにしろ、常に「チャートに対する疑念」と
    「出金の不安」を抱えながら
    トレードしなくてはいけないんですからね。


    私は、FXのテクニックはもちろんのこと
    この「環境」という部分に非常に拘っています。


    先程も申し上げたように、悪い環境で戦っていたら
    いくら実力を磨いても無駄に終わってしまうから。

    私は10年以上の時間をかけて、ついにこの「環境」を整えました。

    FXで勝つために本当に必要なこと

    それを全て揃えた自負があります。

    私自身のマンパワーは限られているため
    人数を絞った形でお伝えすることになります。

    少しでも興味を持っていただけたら
    ご登録お願い致します。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    ==============

    以上です!!



    さて、それで上にかなり重要な話が書かれてますが

    よく私はメルマガで


    「色々とメディアなりで洗脳されてる人は金持ちになれないで
    貧乏になるけど

    洗脳が解かれてる人は普通に稼いで行く」


    って書いてるのですが


    まあこれ上の深見さんの話見たら分かると思うんですね。


    それで実は上の話って陰謀論でもなんでもなく

    まあ本当の話です。



    ちなみに世の中ってのは良く出来ていて、

    これ本当の世の中の構造ですけど


    やはり為政者、権力者ってのが世の中にいて

    ある種 共同謀議を仕掛けて、無知な人を刈り取っていく

    ってのはどの分野でも見られる冷酷な現実なんですね。


    だから陰謀論があると言う場合は正確には副島先生がよくおっしゃるけど

    「権力者共同謀議はある」という前提なんです。


    FXとかのレバかけたトレードで言うと

    「証券会社の官僚やらとも癒着した経営者たちは
    個人投資家を刈り取るプログラムを作っており、

    そこでその個人投資家の損失が証券会社の利益になる」

    っていう立場となりますね。



    一方、これを否定する人たちがおりまして

    この人たちは「権力者の共同謀議なんてないのだ。

    だから世の中は常にフェアであるし、


    大企業経営者や官僚たちも我々大衆のために

    日々頑張ってくださってるし、私たちをだまして
    はめ込もうなんて
    するはずがない、という考え方」

    ですね。



    ちなみに私は本音で書いてしまいますが

    やはり前者の権力者共同謀議が金融の世界であると考える人は
    未だ、少数なんだろうし、


    一方後者の人たち、これは ウブな方 ですが
    それがまあ世の中の大半を占めてるのでしょう。


    ちなみにですが、お金持ちと言われる人たちは
    前者の認識の人に集中してるってのも

    私がよく知ってる事実ですし、

    深見さんもお金持ちだから
    (だからといって大企業とか役人と癒着はしていないから)
    上の本当のことを書いてるわけです。


    それで世の中の構造として、面白いのが
    権力者、今で言うと大企業と官僚たちが癒着して

    大衆を刈り取るのですけど

    この構造ってよほど思考停止していないとみんな
    たどり着くところなんだけど

    それはこう追及されると為政者からしたら
    不都合じゃないですか?

    だからそういった指摘を 陰謀論って言葉で切り捨てる
    為政者側の戦略が採られてるのが
    現代でありまして、


    そこで上に書いた「うぶな人」を増産させるのが
    今の時代の特徴ですよね。


    それで前半にもかいたけど アメリカの選挙不正でも
    「うぶな人」ってのはネットワークの知識がなかったりするから

    選挙不正がなかったっていうマスコミの主張を
    鵜呑みにしがちですけど


    要するにどんな分野でも多くの人が
    裏側の知識が足りないところから

    全て騙されて身ぐるみはがされるってことが起こってるわけです。


    要するにどんなに、これFXのスキルを磨いたとしても
    「顧客が負けることで収益立てる証券会社」使ってたら

    まあ当然 負けにいずれ誘導されるよね、

    っていう話でもありますけど


    その辺を詳しくできる範囲で説明してくれてるのが
    深見さんですね。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ちなみに上で「ウブ」っていう言葉を私は使ってますが

    皮肉でその言葉を使ってるのは読者さんは分かってくれる
    と思いますが、


    これはまあ

    「一切保障される」憲法21条言論表現の自由がありますから

    私はその範疇でしっかり自由言論を展開しますが


    これ実は深見さんの上に書いてる、特に

    金融の闇の部分って・・・


    「最近の若い新興富裕層の間では常識」

    の話なんですね。


    ちなみに私は世間の世論も本当は理解していて

    上の「証券会社は個人投資家を負けさせようとしていて

    その負けがそのまんま証券会社の利益になる」

    ってのは


    多くの人は「確かにそういう話もあるようだ」くらいは
    2021年の現時点では知ってる人は結構いるはずなんですね。


    が、そこで「ただ確証は得られないから一応そういう証券会社でも

    単一ポジションで利益出ることあるし使っちゃおう~~」


    っていう判断の日本人が多いってのも分かってます。


    ただ一方、日本ではこの10年くらいで

    30代~40代くらいで新興富裕層と言う人が
    ネットの台頭で登場してきましたが

    彼らは若くして何億円とか何十億円資産があるのは
    当たり前という人たちであり

    独自のコミュニティとか連絡をして情報交換してるものなんだけど


    彼らの間では上の話、もはや 常識 なんですね。


    なぜか?というと、

    いわれない理由で出金拒否とかにあうのはよくあるし、
    あとは自分自身で証券会社をこれ保有してる富裕層も多いし

    あとは、大手証券会社の幹部とも普通に飲み食いして
    事実を知ってたりするからです。



    ちなみに私がこれ聞いた話で、沢山こういう話あるんだけど
    名前は書けませんが

    「あるFXの証券会社の経営者さん」
    と とある方がこれご飯食べてまして、


    その証券会社のトップが酔っ払って言ったのが
    「FXで勝てるわけねーだろ」と言ってびびったとか
    そんな話もあって

    これは驚くかもしれませんが、
    そんな話は沢山あるわけですね。

    ちなみにといってもその証券会社は
    まだ勝ってる人は 他と比べるとかなり多い証券会社なんだけど
    (要するに勝ってる人は0ではなくまあまあいる。)


    ただそういうところの社長さんでも
    そう冗談を言ってしまうくらいの
    状況が現実なのだ・・・


    という噂もあります(笑)


    あの都合の良い言葉を使いますと

    信じるか信じないかはあなた次第

    って言う言葉になりますが、


    まあ世の中は基本的に汚いものですけど

    こういう現実を知らないと色々不利ですね。


    それであと私が直に知ってる話だと

    上の話ってのは結構当たり前の常識なんだけど


    しかし証券会社内部でも 権力闘争がありますよね。


    ちなみに、普通に顧客の注文をインターバンクに流して
    手数料ビジネスをするってのが

    本来の証券会社の形であるべき、ですよね。


    しかし証券会社の約款に
    小さい文字で

    相対取引について色々書かれてますが

    そこでは実は陰謀論でもなんでもなく

    顧客の損失が証券会社の利益になる
    利益相反の仕組みについては
    間接的に書かれてるものなんだけど


    やはり現実としてその仕組みを取ってる証券会社は多いです。

    そちらですと、すなわち「顧客の入金=営業利益」となる
    ビジネスモデルとなりますから

    だから「広告費を出して顧客に口座開設させるため
    色々とキャンペーンが行われる」ってのが現実ですね。

    それでそれらの証券会社はスプレッドが低いことを
    売りにするモデルになりますから

    インターバンクに流しているのであればありえないくらいの
    スプレッド狭さとなってます。


    まあそれで そこに吸い寄せられる個人投資家は
    いわゆる情報弱者気味ですが

    だからスキャルになるんだけど
    そして必然で負けますが、

    (一方スインガーは刈り取りづらいのですね。
    訴訟だと 何か仕掛けたら
    証券会社側が負ける可能性がある。

    例えばスプレッドを20PIPSに一時拡大などは
    流動性低下を口実とできますが

    100PIPS損失確定、200PIPS利益確定の
    スインガーに対して 100PIPS以上スプレッド拡大だと
    当然訴訟起こされるとややこしくなるわけです)


    その負け分の一部が役員や株主の利益となり、さらには

    それがその規制をあえて緩めてる
    行政官僚たちや大企業の利益につながる仕組みもある

    と私は以前 金融行政に詳しい方に教えてもらったことがあります。


    ただ当然そんな腐敗とかが行われてることに
    反発するまとな人も当然証券会社の内部にはいるわけで


    手数料ビジネスに戻るべきだという人ら

    VS

    いやいや贅沢はやめられないからこれからも
    個人投資家に「向かっていく」べきだ


    という闘争はあるわけです。


    ちなみにシステムを使って個人投資家のストップを刈るのを
    「向かう」って言いますね。


    それで最近はこれ 上記の手数料ビジネスに戻るべきだ

    っていう人たちが頑張ってるケースも出てきていて
    そこに希望はあるんだけど、



    実はそういう現実があるわけですが

    これは新興富裕層の方らは情報があるので

    若くして富裕層になってる人らは
    みんな知ってるような話でもあるんですね。


    だから深見さんが言ってることってのは

    「報じられない現実を知るために」

    結構大事なんです。


    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ちなみに良い証券会社ってのは大体スプレッドが広いもので

    それは当然顧客の注文を市場に流してるからそうなるんだけど


    だから必然的にトレーディングの時間軸も、
    スイングになる人は多いわけですが

    深見さんの今回のやり方は普通のトレーディングと違いますが
    やはり時間軸でいうと 長期スイングに近いですが


    それもそういう理由でしょう。

    それで上に「情報社会」のことについて書いてるけど

    世の中ってのは怖いもので


    上みたいな話も知ってる人と知らない人では

    もう大きな差が5年10年すると出てくるわけで・・・


    まあ 知らないことは怖いことだ、と思います。


    アメリカですと選挙集計のプログラミング自体が
    ブラックボックスである危険性をみんなが知らないから


    もはや民主主義自体が破壊されてきてますが

    知らない=本気で人生詰む 時代になってきてるとも

    私は思いますよね。


    それで上のような話を色々知ってる人は・・・

    当然「自分で稼ぐ」と言う部分でも


    ふつうの「うぶな人」とは違う戦略取れますし、

    だから必然的に「負けづらくなる」のですが


    だから結局 お金が増えやすくなるわけですね。


    これが世の中なんだろうな~~と私は思ってるんですが

    さすがに上のような話は当然のごとく報道されませんよね。
    (すなわち報道されたらそれを 意図的に放置してる役人たちの
    責任問題にもなる。)


    それで冒頭にアメリカの選挙システムで

    「システムが全ての成否を分けてしまう時代」

    になってるって書いたんだけど、


    実は投資も似ていて、

    投資、および投機トレーディングでも


    「その証券会社が採用してるシステムがこれ

    個人投資家に長く使って欲しいと思って設計されてるか、


    もしくは個人投資家を刈り取ることを目的として設計されてるか」


    のこのあたりの システムの差異でですね、

    運命が変わってしまうことが増えてきてるわけです。

    (というか昔から。)


    それで「証券会社によってチャートが違う問題」

    ってのはこれ詳しい人は知ってる話なんだけど


    なんでなのか?っていうと


    多くの呑みの大多数の業者では

    顧客のストップを刈り取って収益化するプログラム

    ってのがアルゴリズムで組まれてるものなんですね。


    これは一応、証券会社のディーラーさんがいて
    守秘義務書いてるから表にはあまり出ないんだろうけど


    実際にそのアルゴ起動させると

    現在価格とストップが近い状態にいるユーザーの

    これストップが、スプ拡大で刈り取れる仕組みですが


    これは昔から、役人が証券会社に天下ってますが

    ほぼ野放し状態であることでしょう。


    だからよく役人たちがキレイゴトいって

    投資家保護のため、とか言いますが、


    実際は、天下り先の証券会社の利益保護のために

    大きく日本という国はどんな分野でも動いてるわけですね。


    地獄までの道は善意で舗装されてますよね。


    それでこういう話も噂で聞いてる人と

    あともう色々直接的にこの辺の話聞いて
    確信レベルで知ってる人たち

    ってのがいるわけですが


    新興富裕層の人らってのはこういう政治も知ってますから
    そこで構造的に負けるっていう失態を
    犯していないので

    結局彼らだけが
    お金持ちになってるってのが現状なんだろうな~
    と私は思いますね。


    それでこういう話をより詳しく知りたい人などは

    深見さんはそういう意味でちゃんと

    真実を話しますから


    今回新しい動画も公開するそうなので

    学んでみるとよいと私は思いますね。


    基本的に世の中ってのは大企業や役人たちのために
    設計されてまして


    決して民衆のために設計されてませんから

    そういった「汚い厳しい現実」を把握して覚醒して、


    その上で 現実的な戦略が立てられるわけですね~





    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    月単位で負けが出ていない自宅で出来る
    「予想しないFX手法」とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






    追伸・・・ちなみに「良い先生」ってどういう先生だろう?

    と私はよく考えるのですが


    例えば以下のAとBの先生がいたとしたら
    どっちが良い先生だろう?と。



    A:生徒たちに

    本当の世の中はとんでもなく汚く、謀議だらけという
    真実を伝えて、
    「本来、生きるのは大変な努力が必要なことだ」
    という現実を教えて

    現実と生徒を向き合わせて、
    その上で厳しすぎる、苦しい現実の中でも
    個人個人が支配されないように、

    大変な世の中であっても
    生きる戦略を教えて考えさせる先生


    B:お金は全てじゃないとかキレイゴト言って
    世の中の大企業や官僚の謀議には一切触れず、

    信者の脳内を平等主義で支配して、
    信者には無償に近い労働を強いて、

    世の中は愛と希望で満ち溢れていて常にハッピーハッピーで
    人類の将来は明るすぎる

    という理想と虚像を教える先生



    私はやはりAの先生はこれ色々事実を言うから
    聞いていてもう 暗澹たる気持ちになることもあるだろうけど

    本当の意味で先生だと思いまして深見さんはこっち側ですが

    一方Bのような先生っぽい人って増えてますね、日本では。
    例えば私が子供時代は
    公立学校の教師なんてまさにBのような人ばかりであった。

    彼らはキレイゴトばかり言う。


    それで私個人の考え方では米大統領選挙もそうですし、
    あとは証券会社行政もそうですが

    基本的に世の中ってのは権力者たちの謀議で満ちているし、
    そこで民衆はそっち側に洗脳されがちなんだけど


    それを教えてくれて厳しい現実に向き合わせて
    その上で戦略を考える思考をはぐくむのが 

    本来の教育だと

    私は思いますね。


    深見さんは生徒にABOOKとかBBOOKとかあとはその

    AとBの混合型があるけどそれらの汚い真実をちゃんと教えた上で
    戦略を立てる重要性を教えてたりするけど


    やはり世の中は汚いもので
    大体が大企業と官僚たちに都合の良いように

    大きくは作られてるものなので、


    それを前提に強く自立した個人たちが自分自身で
    何も誰も妄信せずに考えて、

    色々 生きる道を考えていく力が大事ですね。


    では!











    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    月単位で負けが出ていない自宅で出来る
    「予想しないFX手法」とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    (動画)【大統領の日】ビッグ・サプライズ!
    トランプ大統領がパレード(今日の2021年2月16日)

    ⇒ https://youtu.be/IQIX8ri6vTo
    (3分20秒~くらいからトランプ大統領の乗ってる車が
    護衛されながら通過します)


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




    世界中で2000万人以上に開始1日で視聴されてる
    この前公開された

    「マイクリンデルの動画の日本語訳」を
    「蔵之助さん」が作って公開してくれてます!

    【1】
    ⇒ https://www.bitchute.com/video/EBAFygjZqtXJ/

    【2】
    ⇒ https://www.bitchute.com/video/r4OT6C4DAPfv/



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






















    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)




    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る