ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/02/28  【リンウッド弁護士が「軍隊に正当性が守られた再選挙の必要性」を 再度 訴えた】ことについて考える!
  • 2021/02/27  【アリゾナ州裁判所が「ついに」動いた】不正選挙かどうか白黒つける トランプ陣営を好む裁判所命令が出されました
  • 2021/02/26  【戦争をしなかったトランプ大統領 早速空爆を開始した民主党・軍産とバイデン】 (副題:しかし軍産のプロパガンダ力は低下してきている)
  • 2021/02/25  【動画】「世界中の医師たちがコロナのmRNAワクチンについての「本音」を 発言しだしてる」(検閲されるかも)
  • 2021/02/24  【「まだまだあきらめない・屈しない」意志を示した トランプ陣営のパウエル弁護士の偉さ】
  • 2021/02/23  【連邦最高裁がリンウッド・パウエルの不正選挙の訴状について 「審理せず」としたこと、および「アメリカ人たちの声」を知って考える!】
  • 2021/02/22  【金(ゴールド)と戦う 米ドルとビットコイン、という視点 について考える!】
  • 2021/02/21  【FXでよくある「勝率90%以上の最強ツール」の罠・裏側の話とは!?】
  • 2021/02/20  【歌手の大江千里さんがワクチン打って失神したこと、 アメリカの最高裁での会議が来週まで持ち越しとなってること についてリンウッド弁護士の言論から考える!】
  • 2021/02/19  【「かなり非常識」な労力をなくすFX戦略とは?(「手法」以上。)】 (副題:欧米の医師がmRNAワクチンを警戒する経緯とは?)
  • 2021/02/18  【今、コロナ騒動が「世界の覇権構造」にどのような影響を与えてるか? を考える!】
  • 2021/02/17  【FXで「勝ちやすい証券会社と、負けやすい証券会社」が あるとしたら・・・】(副題:アメリカ情勢で分かる「システム」で簡単に破壊される民主主義とその対策)
  • 2021/02/16  (動画)【トランプ大統領は護衛されながらフロリダで 車でのパレードを行った】(重要な副題?:マキナニー将軍は現在が 「ハイブリッド型の第3次世界大戦」であると認識をラジオで示す))
  • 2021/02/15  【月単位で負けが出ていない自宅で出来る 「予想しないFX手法」とは?】(副題:トランプ陣営の弁護士マイケルさんはマスコミの扇動報道に疑問を呈した)
  • 2021/02/14  【トランプ大統領は弾劾裁判で「無罪」を勝ち取った、ことについて 考える!】
  • 2021/02/13  【すごかった】全世界のテレビで「民主党側の映像プロパガンダ手法」が 暴露された(トランプ弁護団の反撃のターン。)
  • 2021/02/12  【世界で「米ドル離れ」が進んでいることについて考える!】
  • 2021/02/11  【なんとパウエル弁護士が2月26日にアリゾナ州の訴訟について最高裁判事たちの会議が 追加決定したのを報告した】 (副題:弾劾裁判でロバーツ最高裁長官が本当に欠席となってる謎)
  • 2021/02/10  【ついに始まった弾劾裁判でトランプ陣営の不正選挙の証拠などが 扱われる可能性について考える!】
  • 2021/02/09  【いよいよトランプ大統領の弾劾裁判が開始することについて 考える!】(副題:トランプ陣営の新CMが公開)
  • 2021/02/08  【「サイバー戦争であること」を明らかにした トランプ大統領を支えるリンデル氏】
  • 2021/02/07  【アマゾンのベゾスがCEOから退いたこと・着々と進むトランプ大統領の 新SNS構想、や「民主主義を考えるかもしれない中国」や リンウッド最新発言について考える!】
  • 2021/02/06  【「リンウッド弁護士潰し」に民主党陣営が必死な理由、 を改めて考える!】
  • 2021/02/05  【リンウッド弁護士が「最高裁での再闘争」に言及しだしたこと、 および ダボス会議でファイブアイズが出席できなかったこと などを考える!】
  • 2021/02/04  【副島先生の最新言論「やっぱり ローマ法王フランシスコが、 昼間、逮捕されている写真(画像)は、本物だろう」から 世界のローマカトリック支配の終焉について考える!】
  • 2021/02/03  【AI+裁量の「ザ・サード事務局」から****さんに 最後のメッセージです!】(残り5時間)
  • 2021/02/03  【「不正選挙のミャンマーでの再選挙実施」と、、、 反トランプのヒラリーと仲良しのアウンサンスーチーが 軍隊に拘束されたこと、について考える!】
  • 2021/02/02  【4年10ヶ月目突入】1月の運用報告が続々と届いております!(残り1日で販売完全終了です!)
  • 2021/02/01  【副島隆彦先生の「魂の」最新言論 「トランプは先の先を考えて動く。人類の歴史がひっくり返った。」 を読む!】
  • 2021/02/01  【先月1月の裁量+EAの「ザ・サード」の会員さんの声です!】(残り2日で完全に販売終了です!)
  • 【金(ゴールド)と戦う 米ドルとビットコイン、という視点 について考える!】
    配信日時:2021/02/22 22:19
    【金(ゴールド)と戦う 米ドルとビットコイン、という視点
    について考える!】
    ⇒編集後記で

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    月単位で負けが出ていない自宅で出来る
    「予想しないFX手法」とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧いただきまして
    ありがとうございます!!


    さてさて、前号にて以下の号を流しましたが

    そこで冒頭に金融ライターのジョン・ルビノ氏が

    現状の「人類史上、最大の金融バブル」に言及して

    金ゴールドに言及してる内容について扱いました。



    前号のバックナンバー
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202102&MID=2837#2837



    さて、それでそこにちょろっと書いたのですが

    そう、今ですが金融市場では


    金ゴールド VS 米ドル+ビットコイン

    みたいな構図が みられるわけです。


    ちなみにビットコインっていうと今はもう570万円くらいで
    すごい勢いでありまして


    今日 duckじゃなくて

    グーグル検索したらマスコミの記事で

    「ビットコイン、今からでも遅くない!??←ええ???」

    っていう記事が普通にニュースで出てまして


    大衆にプッシュされていました。


    それで普通に私個人の見かたですけど

    「いや、遅くないじゃなくて、

    完璧に遅いような・・・」って感じがしたわけですが、


    ただとりあえず見えるのは「マスコミたちはビットコインに

    投資家を集中させたい」ってのが今見えてるわけですね。


    というのはこのメルマガで2018年だったかで

    大暴落した後にイーサリアムとかが3万円~4万円くらいになったとき
    その時に まあ自己責任ですけど、


    気絶して持っておくのはありかもしれないってのは

    何度かメルマガに書いてるんだけど


    今はイーサでさえこれ6、7倍くらいになってるわけですね。
    当時買ってるのを忘れてる方も見てみると面白いかもです。



    ビットコインはさらに上がってるわけですけども、

    だからここで 今から買うって遅いでしょ と

    どうしても思わざるを得ないけど


    ただそれ以上に、

    「マスコミがやたら ビットコイン推してる」

    ってのが私が見てる点なんですね~


    それで件名に書いた


    「金(ゴールド)と戦う 米ドルとビットコイン、という視点」


    なんだけど


    それこそビットコインがこれデジタルのゴールドだっていう

    表向きで注目されてるわけですが


    だから暗号通貨大好きな人ってのがおそらく

    ツイッターとかでは多いはずで


    そういう人からしたら「何を言ってるのだ、

    ジャブジャブ刷る事ができるドルと戦ってるのがビットコインで

    ビットコインこそ次のゴールドなのだ??」


    という感じだと思うんだけど


    ただ現状見てると・・・


    これ田中宇先生も書かれていて、まあそうだよな~とか

    私は思うんだけど


    構造としては

    「本当の正貨であるのが金ゴールドで

    一方金が強くなるのを恐れる 金の敵であるドル防衛側が

    やたらビットコイン推して


    金への資金流入を防いでいる」


    ように私には今見えてるわけです。


    ちなみにですが今週、アメリカのリンウッド弁護士や

    パウエル弁護士が関わってくる

    最高裁での会議ですが 色々情報は出てくると思ってるのですが


    まあやはりトランプ大統領は金融で言うとどっち側??

    っていうとやっぱり「正貨のゴールド、金側」でして、


    一方ネットで言われるDSという言葉ですが

    金融で言うと彼らは 米ドル防衛陣営なんですね。


    日本の官僚機構もそうです。


    だからリンウッド弁護士も以前パーラーで発信してたころ

    「これからは金と銀と不動産を持っておけ」とは言ったんだけど、


    しかしそこで ビットコイン、とは言ってなかった
    わけですね。


    それで大きくは金融の覇権争いっていう視点で

    みると、色々分かってくることもあるので


    今日は、金 VS ドルとビットコインという構造が

    見えてきてるので


    それについて考えます!




    編集後記で!





    ■■■■■■■■■■■■■■■

    【FXでよくある「勝率90%以上の最強ツール」
    の罠・裏側の話とは!?】

    ■■■■■■■■■■■■■■■



    さて、それでこれは以前からかいてますが

    やはり個人的にはですが

    FXとか株とかネットビジネスとかで

    稼いだ「不換紙幣の日本円やドル」ってのが

    あるわけですが



    多くのケースだとそこで 全額複利に回して


    大きくしていくってのが普通でしょうが


    ここで半分は複利に回して(円資産などの拡大に使って)

    そして半分は金とか銀などの実物資産に回していく


    ってのは大事な時代となってると思います。



    それで、そこでFXなんかでも負けないで

    日本円とかドルの資産を増やすってのは

    金を買う際にも大事ですが


    そこで注目なのがこの前からの深見さんの案件ですね~


    特にこの案件では「予想しない」ことを
    重視しますが、

    今日は引き続き深見さんと事務局の和田さんより
    ****さんにメッセージです!


    ============

    ****さん、こんにちは。


    事務局の和田です。

    もし****さんがFXの経験者であれば

    今まで学んできた"常識"を全て捨ててください。


    今回、お伝えする手法は

    ・損切が大事
    ・エントリーポイントの見極めが鍵
    ・ダウ理論を理解する
    ・相場の方向が決まってからエントリー
    ・経済指標をチェックする
    ・手数料が安い証券会社を選ぶ


    このような「FXの教科書に書いてあるようなこと」
    を全て否定します。


    主催者である深見のトレードを知れば

    今までの常識が全て「洗脳に過ぎなかった」

    ということを理解していただけるでしょう。


    同業他社やFXの業者に見られると、

    嫌われてしまいますので

    公開は期間限定となっています。



    今のうちに見ておかないと確実に損をする、

    と断言できますので

    今すぐ確認してください。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    また、深見より直接メッセージも預かっております。

    合わせてご一読ください。


    ===========


    はじめまして。

    深見純(ふかみじゅん)です。


    この度、私が10年のFXでの経験をもとに築き上げた

    「圧倒的に非常識なFX手法」を

    期間限定ではありますが
    公開させていただきました。


    しかし、、、もしかしたら、
    ****さんには怒られてしまうかもしれません。

    なぜなら、私の手法はFX経験者の方であれば

    「ありえない!」
    「そんな方法で勝てるわけがない!」
    「今までの自分の努力はいったいなんだったんだ!」


    と、思ってしまうことでしょう。


    信じられないかもしれませんが

    私はFXトレードをする際に


    ・チャートの行き先を一切予想しません

    ・上昇、下落どちらに動いても利益になります。

    ・トレードに費やすのは1日5分程度。

    朝起きから少し触るだけです


    こんな方法で、月利は20%~50%ほどを
    安定的に出しています。



    いやいや、FXはチャートがどっちに動くかを
    必死に予想して
    勝ち負けが決まる投資だろう。」


    多くの方がこう思うでしょう。


    しかし、もしそれがただの「洗脳」だとしたら?


    実際に、この洗脳を解いた(私の手法を身に着けた)方は


    FX初心者の普通の会社員でも、資金が4ヶ月で2倍になり


    ダブルワークで超絶忙しい兼業トレーダーでも

    1年間負けなしで、着実に資産を増やしていってます。


    よくFX関連の書籍には


    必ず損切注文も入れておけ!

    とか

    サポレジをしっかり理解すべし!

    とか

    レバレッジはできるだけ低くしてリスク回避を!


    とかが書いてありますが

    誤解を恐れずに言うと・・・

    アレ、全部ウソです。


    ウソとまで言うと言いすぎかもしれませんが

    少なくとも、FXで資金を増やすためには必要のない情報です。


    日本人は、その勤勉さからどうしても
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    権威プロパガンダに弱い傾向があります。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    テレビや新聞などのマスメディアや

    著名人が書いたり推薦している書籍に書いてあると


    そのまま「正解」や「常識」と飲み込んでしまいます。


    その証拠に、ネット上の広告で溢れている

    「勝率90%以上の最強ツール」

    などの誇大広告でも、商品が売れていってしまいます。


    全てとは言いませんが

    ああいったもののほとんどは



    FX業者とグルになって、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ****さんが入金した証拠金を
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    利益にするためのものです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ※このようなFX業界の闇についても、動画内でお話しています。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    ここに断言しておきますが、

    私は一切ツールを使いませんし

    私の投資法は自動売買でもありません。


    上記のような、ユーザーを食い物にして

    自分たちの利益を貪るような人たちには

    ウンザリします。


    まさに、「今だけ金だけ自分だけ」の
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    グローバリストのようです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    そうではなく

    長期に渡って稼ぎ続けることができて

    自分だけではなく、家族や友人など

    周りの人達も含めて豊かになっていく。



    そのための、
    本物の投資を****さんに
    お伝えしたいと考えています。


    誰だって、お金は大切なものです。


    だからこそ、そのお金を
    あくどい人間に搾取されるような人に
    なってほしくない。


    だから私は
    「楽に、何もせず大金を稼げます!」


    なんて甘いことは言いません。

    自分の力で稼ぐとなったら、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    やはり勉強は必要です。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    しっかり学んで力をつけて、確かな利益を作り出していきたい。

    そう思っている方は、ぜひこちらをご確認ください。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    FXに限った話ではありませんが


    どんな投資、ビジネスであっても

    新しいノウハウに触れるとき、とても大切なのが

    「再現性」です。

    特定の誰か、特定の条件のもとでしか
    通用しない方法には
    価値がありません。

    性格、能力、リソース量は人それぞれ違いますので
    どんな条件でも通用しなくては意味がない。

    私は常にそう考え、個人の力量を排除して
    ノウハウを構築してきました。


    ・子育てに忙しい主婦の方
    ・ダブルワークのサラリーマン
    ・上場企業管理職のおえらいさん
    ・資金に限りのある若者
    ・パソコンを使ったことがない60代の方

    実際に、上記にように条件がバラバラであっても
    皆同じように結果を出せています。


    もちろん、トレードスタイルや
    資金量には違いがありますので
    (「差」ではなく「違い」です)

    資金が増えるスピード、金額は人それぞれですが
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    結果が出ています。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~

    私はいつも


    「投資は最低でも月単位、
    できれば年単位以上の中長期スパンで考えてください」

    と口を酸っぱくして言っています。

    特に初心者の方などはどうしても
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    短期的に大きな利益を欲しがってしまう傾向があります。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    もちろん、リスクを背負えばそれも可能ではありますが

    先述のように中長期スパンで投資を考えた時に
    決して得策とは言えません。



    もし、****さんがFXに興味が無かったり、

    『投資経験ないし、FXは難しそう・・・』

    と、思っていたとしたら、

    とにかく私の投資法を知ってほしいです。


    この方法を知ってもらえれば、

    ****さんがどんなに投資初心者でも、
    FXは難しいと思っていたとしても、

    これまで色々やってきて思うような結果を
    得られなかった方でも、


    1日にたった5分程度のチェックだけで

    安定して稼ぎ続ける事が出来る方法だからです。


    もちろん、全てのトレードで
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    全戦全勝というわけではありません。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    負けることだって当然あります。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    しかし、何度もお伝えしている通り


    最低でも月単位のスパンで考えた時に
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    1ヶ月単位では必ずプラスになってます。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    1日5分の積み重ねの結果、

    毎月着実に利益を積み上げることができるようになります。


    どんな書籍やセミナーでも知ることができない


    非常識なFX手法をお伝えします。

    最後までしっかり見ていただければ


    私や、私が教えた方々が

    なぜ継続的、安定的に勝てているのか?

    その理由がわかります。


    これまでのFXに対する意識、

    常識を全て覆す良いキッカケになるはずですので


    期間限定で公開している今のうちに

    こちらからご登録ください

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    P.S
    見逃し配信などはありませんので、あとから

    「やっぱり見たいです」と言われても対応いたしかねます。


    「変化のチケット」は
    行動を起こした人だけが手にすることができます。


    やらずに後悔することがないように、

    まずは一歩踏み出してください

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    ==============

    以上です!!


    それで上の文章ですが、まあ深見さんの性格が

    現れてまして良い文章だと個人的には思います。

    そう、深見さんはこれ反グローバリストの立場なんだけど

    まあその辺も私と一致するのもありまして


    話が色々合うってのもありますよね。


    それで、色々分析していくとですね、

    もう上に書いてある 結論にたどり着くのですが


    それが


    「日本人は、その勤勉さからどうしても
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    権威プロパガンダに弱い傾向があります。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    これなんですね。


    私も良く書きますけど、なんだかんだ

    色々突き詰めると、同じような結論に達するわけで

    深見さんも書かれていて印象的でした。


    それで、投資でなんで権威主義だとまずいのか??

    ですがこれは・・・


    実際見てみれば分かります。


    権威妄信の人はマスコミ妄信しますが

    じゃあマスコミの大きな経済新聞におどろされた人たちの


    「末路は?」


    ですが、是非調べてみてください。


    ほぼ彼らは全滅してますね。


    一方今市場で生き残ってる個人投資家のほぼ全てと
    言っても過言ではないでしょうが

    やはり反権威主義が強い人たちが
    なんだかんだ生き残ってますよね。


    ちなみに権威やマスコミを信じる投資家の多くは
    実は全く同じ負け方しており、

    コツコツ勝ったり利益確定するんだけど

    ドカーンとバブル崩壊なり、大暴落が定期的に起こって

    そこで「狩られる」んです。


    だから「コツコツ勝ってドカーンと負ける」んだけど

    それは全部退場する人で共通ですね。



    ちなみにですが、今回の案件なんだけど

    深見さんやその案件を統括する社長ですが


    はっきり言うと若くしてもう富裕層になった人が
    作ってる案件なわけです。


    それで、じゃあ若くして、何のコネもなく

    這い上がった富裕層たちが現状持ってる認識の

    一端ってのが


    まさに

    「FX業者とグルになって、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ****さんが入金した証拠金を
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    利益にするためのものです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ※このようなFX業界の闇についても、動画内でお話しています。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    これです。


    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/




    ちなみにこれもう全部本音で書いてしまいますが

    例えば日本の新興富裕層すなわち、

    若くして元々貧乏で、パトロンもいなかったのに


    自分の力だけで投資やビジネスでのし上がって

    そんで 資産が数億円とか数十億円くらいになってる

    金持ちのかたらが普段どういう話をしてるか??


    ってのも知る必要があって


    例えば「ネット空間」ですよね。


    これは本当の話ですけど、やはり新興富裕層たちは

    GAFAなんかのまさに「権威」がある

    プラットフォームに集まる人たちについては


    「情報弱者っぽい人が多い」とよくこれは

    ぶっちゃけ話すもんです。


    例えばですが、ユーチューブとかツイッターとかで

    色々投資についてコメントがあって

    読んでみたら分かりますが


    最近だとビットコインがこれ再度流行していて

    そこでオンラインサロン募集とかを

    インフルエンサー?って人がやってる姿を見るわけですが


    実際はというと 資金管理も何も教えていない

    バルサラの破産確率も知らない


    すなわち良く見ると素人っぽい人がオンラインサロン
    の講師やってるわけです。

    が言ってることはそれっぽい。


    ただそれをちゃんと理解できる人が

    集まっていないのが


    これGAFAやツイッターなどのプラットフォームでして

    情報処理能力が足りていない人が集まってるのが


    大企業プラットフォームに集まってる層だ、

    ってのは冷静に新興富裕層の方に分析されてますよね。


    これもやはり、

    「権威のGAFAがやってるプラットフォームだから
    信頼できるであろうという権威主義」

    がある人たちが集まってるからなんだけども。


    が、これは本当の話として、

    その 大企業プラットフォームに集まる人は
    洗脳にかかっており、

    「刈り取りやすい」という性質を一番理解してるのが

    そうまさに大企業であったり大手証券ですよね。



    だからこれ一応個人なんで

    名前は書きませんが、私が知ってる中で

    あるユーチューブで


    「雑誌などにもやたら登場する
    FXですごい有名なトレーダー」

    ってのがいるんだけど


    この人はライブでスキャル見せてるんだけど

    実は 大手証券会社を使ってるのも動画で映してる

    んです。


    が、直接的な宣伝はしないんだけど。


    そこで、面白いのが「もう利益確定はめっちゃ早く

    損失確定はめっちゃおそく塩漬けにする

    本来ヤバいトレード」


    を見せてるのだけど


    しかし なぜか、
    うまーく勝つ様になってるんですね。


    なんででしょう??


    実はこれ私がある富裕層の、

    証券会社とも人脈はある

    トレーダーさんに教えてもらったけど


    実際は大手証券会社がそのトレーダーに

    宣伝費としてマネー注入して

    そこで勝たせてる映像を取らせて


    「ユーチューブがネットの新時代だ~とか思ってる層」
    (その時代はとっくに終わった、笑)



    口座開設させて、刈り取るスキームがある

    なんて話は聞いた事ありますね。


    真偽のほどは定かじゃないけどまああるだろうなと。


    そんで刈り取るためにはそういう 

    本来通常のレバレッジかけてる相対価値商品である


    FXトレードでは

    やってはいけない、早い利益確定、損失確定せずに

    塩漬けを印象付けさせるんだけど、


    まあだからこういう政治を理解していないとですね、

    なんだかんだ資産失うわけですね。


    ちなみに中には

    そういう大企業ぷラットフォームにも

    当然すごいトレーダーもいるのですが

    基本的に目立ってませんし、



    一方 国内証券会社と一緒にユーチューブで

    営業活動してる有名トレーダーは

    実際は結構いらっしゃいますので


    まあそういう政治も知って情報取得するのが

    大事なわけですね~


    それで本当はその辺が闇であるのは

    良くなくて、


    大手企業や大手証券がやってる

    マスコミニュースでは

    絶対利益共同してるから取り上げない

    内容って個人投資家には大事だけど


    それをちゃんと生徒さんに教えてるのが

    深見さんですよね。


    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    それで重要なのが深見さんが書かれてる



    もちろん、全てのトレードで
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    全戦全勝というわけではありません。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    負けることだって当然あります。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    しかし、何度もお伝えしている通り


    最低でも月単位のスパンで考えた時に
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    1ヶ月単位では必ずプラスになってます。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」



    ってことで

    実際は1トレードで言えば負けることは当然ある

    わけですね。



    ちなみに情報弱者系マーケティングっていうと

    これ良くない言葉なのかもしれませんが


    よくされてることなので 書きたいのですが


    勝率をやたら重視とか、

    あとはスキャルで1トレードの利益をやたら強調するもの


    これは実は日本では「売れてしまう」んです。

    「しまう」んですね。


    ただ投機トレードも投資でも、

    全部勝つなんてことはありませんで、


    単体のトレードですと

    負けることだってあるわけですね。


    しかし全体として長期で負けておらず、

    そこで資産が増えてればOKと考えるわけですが


    この考え方は初心者の人にはないもので

    全勝したいとかそんな人は多いですよね。


    が、無理です、確率的に。


    そこで重要なのが「長期視点で負けていないで

    資産が増えてる」ってことでして


    これがすごい大事な考え方ですが

    それをちゃんと強調してるのが深見さんですよね。


    「投資は最低でも月単位、
    できれば年単位以上の中長期スパンで考えてください」



    ってのはそういう意味ですね。



    一方私はこれ最近の上の大手プラットフォームの
    話だけど


    その辺りを主体に発信されてるインフルエンサーってのは

    目先の利益だけ、強調されることが
    すごい多いわけですが




    「投資は最低でも月単位、
    できれば年単位以上の中長期スパンで考えてください」



    この見方すらほとんど言われない謎はあります。



    投資ってのは基本的に一生死ぬまでやるもの

    と私は思ってますが


    やはり中長期的に考えるってのは

    基礎なんですが


    その基礎が教えられない大手プラットフォームの情報の

    怖さは最近すごく感じますよね。



    それで今回の深見さんのやり方ってのは

    いわゆるトレード??と言えるのか分かりませんが


    FXってのが相対価値の金融商品である

    ってことに注目したものですが


    すなわちドルとか円の相対的な評価で

    価格は決定するわけですが


    その辺の構造に焦点置いたものですよね。


    上に上がるか下に下がるかを予想する一般的な
    トレードとはかなり違いますね。

    個人投資家では正直知られていない戦略でありますが


    しかし・・・世界ではこの辺を採用しだしてるファンドも
    ありますが


    それを個人投資家が学んで実行する時代にも

    なってきてるわけです。



    それで、今の時代はこれ情報の洪水状態でありますが

    じゃあそこで個人個人はどうすればいいのか?


    ですが実はシンプルで深見さんが書いてる



    「自分の力で稼ぐとなったら、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    やはり勉強は必要です。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    これに尽きます。


    ちなみに私は海外にいて日本を見るけど

    ネット見る限り、

    「投資でしっかり資産運用したい。

    だからちゃんと勉強しよう」


    っていう人ってかなり少ないですよね??


    一方人気があるのといえば、

    最近だとやっぱりビットコインだけど


    「何もせずに億万長者を目指す人」

    ってやたら日本って多いな・・・


    ってのはこれこう、考えさせられる点です。


    例えば「資金管理」という言葉すら

    あまり大手プラットフォームの

    投資を教えるインフルエンサーから出てこない謎があって


    英語圏だと当たり前の ポジションサイジングって言葉が

    ありますが


    それすら出てこない、バルサラの破産確率なんて

    滅多に出てこないってのが


    日本の投資の情報環境ですね。


    ちなみにバルサラの破産確率はこちらの
    PDFにまとめてますけども。

    PDF【「恐ろしき」バルサラの破産確率】
    http://yuhfx1.com/pdf/balsara1.pdf


    それで根本的に、


    「勉強して知識を学ぶことを軽視してる人が
    結構 日本の個人投資家は多いっぽい」

    ってのは私が感じることなんだけど

    だから多くの人は「勉強しないでなにか良いものを
    見つけて億万長者になりたい」

    って思ってるわけです。


    それが日本の投資をやろうとする人の大半ですね。


    ただここで レッドオーシャンとかブルーオーシャンって
    言葉があるんだけど


    レッドオーシャンってのはもう競争に次ぐ競争で

    勝ち上がるのが相当 難しい世界ですね。


    ライバル多すぎ状態です。


    一方ブルーオーシャンってのはライバルがいない

    綺麗な海で、そこで釣りをしてるようなものです。



    それで大きく見ると

    「勉強しないで億万長者になりたいよ~

    グヘヘヘ、長文なんて読みたくないよ~

    ツイッターのすごそうな人のトレード配信をまねして
    儲けたいよ~」


    みたいな人は日本では多いでしょうが

    実はこの「勉強しないで億万長者になりたい人が集まる海」

    ってのは ライバル多すぎてレッドオーシャンなんです。



    一方・・・実はがら空きな部分があって

    それが


    「投資は厳しいものだから、大多数の投資家は

    大損してきたのが歴史だから


    自分はちゃんと馬鹿にされても投資の奥深さを学んで

    勉強して、文章も読んで抽象思考力を身につけて、

    すごい投資家さんから哲学学んで、


    そんで儲けるよりは 長期で負けなければよいや

    っていう欲張らない視点で

    勉強していこう、


    というライバルがいないブルーオーシャン」



    な考え方があって


    こっちの考え方は実は

    ライバルが少なくて、ガラガラなんですね。



    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/




    だからまあメルマガでよく書くのだけど

    「みんなと一緒は悪(あく)」ですね。


    私はみんなと一緒にならないほうが良いよ
    っていう書き方じゃなくて

    資本主義においては

    「みんなと一緒は悪(あく)」


    とまで書きますが


    なぜかというと資本主義で金持ちになるのは

    単なる価値を生産した人ではなく


    「希少」価値を生産した人だからですね。


    「みんなが買って売ってるところで売買してる人は

    金持ちになりません」

    が、


    一方「みんなが買わないようなところで買って

    みんなが買いたいときに売る人は金持ちになる」


    この傾向が強いのは現実ですよね。


    わかり易いのが金ゴールドですが

    昔 金価格が1グラム1500円の時代とかが

    あったけど


    当時金を大量買入れする=頭おかしい人扱い

    だったわけですが


    しかし彼らは金が1グラム6500円~7000円超となり

    資産を増やしてます。



    あとはわかり易い事例だと、

    昔 多くの日本のDSのマスコミたちが

    「中国はバブル崩壊する!!」と報じていたじゃないですか。



    しかしそこで私の存じてる方で

    ここで 日本人の誰も買い付けしないのに


    そこで中国の不動産を買い捲った人がいる。


    さて、それでその後はっていうと

    資産は30倍になったそうですが


    もうその人今超富裕層ですね。


    すなわち 単なる価値じゃなくて

    希少価値を作るのが大事、なんだけど


    これはトレード戦略でも一緒で

    「みんながやってる戦略」はあまり価値を作りづらい
    けど


    一方「みんながやっていない戦略」ってのは

    希少価値が作りやすいわけです。


    だから

    「みんなと一緒は悪(あく)」

    ってのはすごい大事な考え方でありまして


    深見さんはそれを地で行って

    誰も個人投資家は気づかない戦略を構築して


    稼がれてますが



    結局 同調圧力になびかないで

    ちゃんと自分なりの個性を大事にしてきた人


    そういう人たちが最近「のしあがって」ますね。


    それできっとこのメルマガ読んでる****さんは
    同調圧力とかに疑問持ってる方だろうけど

    そういう意味で深見さんとは相性合うかもなので
    (講師の相性って大事です)


    是非よければ 面白い戦略なので

    みてみてくださいね~~



    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/







    追伸・・・それで上で終わらせるつもりでしたが

    もう少し書きたいので書きますが、


    よく私のメルマガでは資本主義やそれに反する共産主義

    って考え方が出てくるんだけど


    これはすごい上の話に繋がってることなんです。


    例えば、これは日本だけではないけど

    ただ日本は特徴として社会全体の構造として


    「権威主義の人が多め、

    みんなと一緒を求める人が多め、

    個人のお金稼ぎを否定する人が多め、

    大企業や肩書きある人を重視する人が多め、

    恋愛分野では 税金で食べてる公務員が大人気」


    っていう特徴は全員ではなくとも

    やはりあると思います。



    それでこれらの価値観は何かっていうと

    そう共産主義のものなんですね。


    共産主義ってのは平等主義を重視するけど

    「みんなと一緒であるべきだ」を重視しまして、

    そこで権威を持ってるのはやっぱり 


    国家部門のお役人様ですよね。


    なおかつ、そこで 平等主義に乗らないのが

    肩書きがあるスーパーエリートであり、役人とか


    役人と癒着して独占禁止法が適用されない

    寡占状態の大企業の人らが権威を持つんです。


    ちなみに日本人の投資行動を私は日本の外から見て

    面白いなって思うけど


    誰かユーチューブでもツイッターでも

    大手ネットニュースでもいいんだけど


    大手企業のプラットフォームでインフルエンサーや

    ネットニュースが煽れば

    これ多くの人が本当に買いつけに走るんですね。


    「赤信号、みんなで渡れば怖くない」って

    ビートタケシさんたちの言葉があるけど


    まあほんとその精神は今でも生きており

    投資分野でも見られます。


    アメリカとかで成功してる投資家たちは

    仮にみんなが買い付けていても

    自分の基準に当てはまらないと買い付けスルー

    しますが、


    その辺はやはり日本と海外と少し違う点ですよね。


    だからここで投資なんかでは
    個人投資家ですと

    「みんながやってるかどうか」が大きな基準に
    なる人が多いのですが

    だから損しやすいわけです。


    みんなが買ってるところで買ったら

    負けやすいし、儲かるわけないですよね。


    というのは市場を動かしてるのは

    みんなではなく、


    大金を持ってる少数の大口だからですね。

    言ってしまえば「みんな」は養分です。


    だから共産主義の価値観を自覚してるかしてないかは
    別として

    それらの価値観を持ってると


    投資では負けてしまうことが増えるわけですね。


    一方資本主義の価値観ですと

    まず価値ってのは 「ありふれた価値ではいけない」

    となるわけで


    その価値にエッジ、希少価値がないと駄目なんです。


    金が長期で評価され値上がりしてるのも

    金は希少性があるから、に尽きます。


    それでこの資本主義の自由な市場で価値がつけられるのは

    希少かどうかってのがすごい大事なんだけど


    すなわち「希少=みんなと一緒でないこと」ってのが

    すごい大事なわけですね。


    みんなと一緒=ありふれてる、わけでして。


    恋愛市場でも似てると思います。


    現状は、たぶん、

    みんなと一緒のよい人はモテませんで


    それよりは 若干社会から外れてるヤンキーのほうが

    モテたりするわけですね。


    が、例えばヤンキーが多数派のいかつい社会になったら

    と想像してほしいけど、

    逆に そんなときは穏やかな

    普通のよい人がモテるかもしれませんね。



    それで資本主義の面白いところとして

    自由な市場で評価がされるのが希少価値がある商品

    であるわけですが


    ここでは共産主義と間逆で

    「みんなと違う個性」がしっかりあって、


    それに沿って経済活動で

    動いてる人ってのがお金持ちになりやすい

    わけです。



    個性があるってのは要するに

    「自由に表現してる」ってことなんだけど


    投資もまた自由な表現の一つなんですね。


    例えばその時、みんなに買い付けるのを馬鹿にされる時期

    であっても


    その買い付けも****さんの自由市場における

    自由な表現の一つ、です。



    それでそれを自由に表現したら個性はバラバラなため

    希少価値が

    発生したりするわけですが


    そこで負けづらくなって最終的に儲かる、と。


    共産主義の統制市場だと

    自由を許さない統制市場だけど


    一方資本主義の自由市場だと、

    それぞれが投資で自己表現できるわけですね。


    そしてみんなと違う売買が

    自由な投資家によって行われたりするんだけど

    結果として希少価値が生まれて


    その投資家はお金持ちになりやすいってのが

    資本主義の傾向としてあるわけです。


    だから共産主義のみんなと同じであるべきだ

    って価値観はこれ、

    資本主義の市場ではお金持ちになりづらいのです。


    一方資本主義の自由を愛して

    その上で 自分なりに資本主義の精神である

    勤勉さを重視して


    自己表現の投資をして希少価値を創造する人

    ってのはお金持ちになりやすい

    わけですね~


    だから実のところ、分析してると

    投資で負けてしまう人ってのは共産主義の価値観が

    なんだかんだ強い人であると私は分析してますが、


    一方、投資で負けずに

    儲かる人はより資本主義の姿勢に

    順応した人ですよね。


    もっと言うと資本主義の精神っていうんだけども


    そこでバフェットみたいに、

    NY金融街のような強欲さは

    実のところ、資本主義ではない新自由主義のものだから

    否定するんだけど


    (ちなみに大多数の左派の人が

    公的部門と私的企業が完全分離した資本主義と、

    それが癒着した新自由主義を混同してます。


    GAFAってのは資本主義で成り上がった企業ではなく

    役人たちとの癒着でなりあがった

    新自由主義の企業ですね。


    新自由主義というのは共産主義の亜種です。)



    ここで資本主義の精神では

    強欲さは否定しますが、一方

    一定程度の欲はこれ肯定しますが


    そこでいわゆる節度を重んじるわけです。


    その上で勤勉さも重視するんですね。

    合理的であるかどうかも倫理に沿って考えます。


    これらが資本主義の精神っていわれたりしますが

    実のところ、それらを体得した人たちが

    お金持ちになっていくってのがやっぱり


    資本主義の特徴ですね。


    それで深見さんのやり方ってのはまさに

    「多くの人がやっていないやり方」でもありますので


    だからそこに希少価値があるから

    生徒さんたちが収益上げてるってことですよね。



    もちろんこれが10年も経過してそれが常識となれば

    状況は変化するかもしれませんが


    今はまだまだこの戦略は非常識なので

    だからこそ 面白いっていえますね!


    だから上の

    「赤信号みんなで渡れば怖くない」っていう

    このフレーズの考え方ではなくて



    どちらかというと



    「赤信号、みんな渡ってるけど

    俺渡らない。


    そして信号がない

    間逆の方向に行ってみた」



    くらいの考え方が大事ですね。


    そしてその際には みんなと違うから、

    最初だけは若干の勇気が必要になるのだろうとも

    思います。


    が、それに慣れてくるともはやそれが

    習慣となりますね。


    それでそれを習慣化してる人がお金持ちになってる

    ってのが現実かと私は見てますね。



    それでは!



    ゆう







    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    月単位で負けが出ていない自宅で出来る
    「予想しないFX手法」とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆









    ==========編集後記=============

    さてさて、今日は日本の時間で2021年2月22日となりますね。

    それで今日はズバリ


    金ゴールドVS ドルとビットコイン

    の構造ってのが見えてきてるので


    その辺について考えて行きたいと思います。


    ちなみにこの後、色々アメリカの最高裁での会議の結果なども

    今週あたりに出てくると思うのですが

    そちらも個人的に注目してるのですが



    やはりなんだかんだ突き詰めていくと

    アメリカで起こってる今も裁判闘争が続いてる

    米大統領選挙関係の話でも


    結局金融の話になっていくわけでして


    金ゴールド VS 米ドル


    の対立はあるわけですね。


    歴史的に、本来の正貨であるのが金ゴールドであって

    一方米ドルってのは不換紙幣って言いますが

    もはやジャブジャブに刷る事ができる、いわゆる単なる紙

    もしくはデジタルの数字でしかないですが


    この金VS米ドルの戦いという視点があるわけです。


    これは私なんかは副島隆彦先生や田中宇先生の

    文章から当時すごいよく学んだものですが


    実はこの視点があると色々世界で起こってることが

    金融視点でも見えてくるわけですね。


    例えば今アメリカで起こってる話で言うと

    トランプ大統領VSバイデンという構図はまあマスコミが

    よく採用するけど


    それは政治学の視点だと

    近代デモクラシーVSNWOのような共産主義(もしくはその前の社会主義)

    という視点もあるし、


    神学の視点だとリンウッドがよく採用する

    神VS悪魔 という見方になるだろうし、


    あとはよく私も書きますが軍産の視点で

    民衆 VS 軍産官僚という視点もあるし、



    民衆VS DS という視点もあるわけでして


    色々な見方は存在するのですね。


    ちなみにそこで金融でみる見方がってのが

    あって、


    それが


    金ゴールドを重視する勢力 

    VS

    米ドル防衛勢力


    っていうものでして、


    実はこの金融からの視点を基礎としたほうが

    より よく世界の構造は見えてくるわけです。




    それで例えばですが

    トランプ大統領ってのはやはり

    正貨の金ゴールドを重視する人であって


    というのはこのトランプ大統領の支持基盤の

    本当の、メインの支持者たちってのは


    実はリバータリアンなんですね。


    このリバータリアンたちはプレッパーといって

    修正2条の銃保持権利があってそれは


    「行政が暴走したら民衆は抵抗できるべきだ」

    って考え方があって それを抵抗権と言うのですが

    それを重視しますが、


    同時に金ゴールド(もしくは銀)などを重視する人です。


    だからアメリカでリバータリアンっていうと

    イメージ的には、銃と金(ゴールド)なんだけども


    このリバータリアンたちはアメリカがジャブジャブマネーで

    国債など債券発行しまくって


    それでジャブジャブマネーで軍産とも癒着してる

    NY金融街がやたら 威張ってるのは気に食わないわけです。

    はっきり言いますと。


    それで米ドルってのは何よ?っていうと

    やはりシンプルにそれは不換紙幣であって

    借金証書なんだけど


    それを通貨と呼ぶことに対して本当はリバータリアンは

    色々疑問を抱いてるわけです。


    もう誰に乗っ取られてるか分からないFRBが

    これジャブジャブにマネーを刷り散らかして


    それで株式市場から債券市場から買い支えて

    それで権限を維持して


    そこで「世界の警察官であるアメリカ帝国」

    を維持してるわけですが


    だからトランプ支持の中心であるリバータリアンってのは

    本質的には 反米ドルなんですね。


    米ドルってのが大きくはイギリスやら欧州の王室

    貴族たちに乗っ取られた搾取システムだ、とやはり

    考えるわけです。


    それでどんどん債券システムがジャブジャブしてくると

    そこで利払いは生じますが


    当然政府は払えませんから、

    そこで民衆から重税で税金取り上げるわけですけども

    その口実は福祉です。


    だからリバータリアンは 過剰な福祉は反対だし
    (福祉自体に反対ではない。過剰に反対してる)

    あと 重税には反対だし

    そこで政府は権限を抑えられて、小さな政府であるべきだ

    と考えるわけですね。


    外国にも軍隊を派遣しないと。

    そんで商売で言うと 大企業たちが独占禁止法適用されず

    寡占状態で 競争をなくすのは反対で


    ちゃんと大企業に独占禁止法適用して

    そんで中小や個人たちが カトリック思想に洗脳されるのではなく

    商売を肯定して


    そんで健全に競争するべきだ、って考え方になりますよね。


    だからそのリバータリアン思想から

    「ネット上で個人で投資をやろう」とか

    「ネット上でアフィリエイトやろう」とか

    色々 アメリカから出てきたわけですが



    実はその根本ってのはリバータリアン思想であるわけです。


    まあだから実はトランプ大統領の大きな政策ってのは

    本当はリバータリアン思想に沿ってるわけでして

    それが分かると トランプ大統領の表向きじゃなくて本音が分かる

    ってことでもありますね。



    それで金融の部分でリバータリアンたちがトランプを

    支持してるのは勿論その思想を体現してくれてるからなんだけど


    それと同じく大声でいやらしいから言わないけど

    リバータリアンたちってのは多くが金ゴールドを保有してるもので


    ポートフォリオの金ゴールドの割合は高めなんだけど

    そう、トランプ大統領のこの4年で、

    金ゴールドはかなり評価されてきた

    わけです。



    その理由としてはトランプ大統領がもう米ドルを自滅させるかのように

    ジャブジャブマネーを進めまくった。


    以前にFRBでイエレンが議長やっていたけど

    あのおばちゃんはこれ「私たちエスタブ官僚たちの

    大きな利権の源泉である 米ドルを守るわよ」

    っていうので 


    ずっと米ドル守ろうとしていたんだけど

    そこで米ドルを守るために利上げにこだわってましたが


    そこでトランプの言ったとおりに実際は動いていたのが

    パウエルFRB議長ですが彼が議長になってから


    もう「米ドルの延命は放棄していく」と言わんばかりで

    ジャブジャブマネーを再開させたわけですね。


    コロナ騒動でのその規模はすごいものです。


    それでこれは 実際は米ドルの自滅策なんだけど

    バブルを敢えてトランプは作ってたわけですが

    バブルは歴史的に必ず破裂するんです。


    だからそこで必然的に金ゴールドが評価されたわけで

    だからトランプ支持の中心であるリバータリアンたちは


    まさにトランプが金を上昇させてくれたってのを

    しっかり知ってますから、


    彼がまさに2016年の選挙戦で言っていた

    「米国債を実際はデフォルトするべきだ」

    というのに沿って本当は動いてるって知ってるから


    トランプを支持するわけですね。


    それでリバータリアンは一度 いわゆる株式会社アメリカを

    破産させて


    再度出直して 地域覇権国として再度立ち上がればよい

    という考え方なんです。


    だから金ゴールドを持っている。


    一方それに対して 「米ドル防衛勢力」ってのが

    まさに軍産官僚などのエスタブ組織ですが



    こことの対立ってのがあるわけですね。


    金ゴールド重視の勢力

    VS

    米ドルの世界基軸制を守り抜きたい勢力


    の戦いがあるし、


    例えば日本の官僚機構やマスコミは後者ですから

    よく米ドルを為替介入など米国債購入で助けますし


    それは中国でもDSがいますから 共産党幹部たちでも

    米ドル利権とズブズブな人らが米国債でアメリカを

    買い支えてきました。


    この日本と中国がいなければ

    アメリカは今は覇権国だけど、それは存在しなかった

    ともいえますね。



    それでまだ闘争が終わっていない

    米大統領選挙において、


    多くの人がこれ中国の影響力を良いも悪いも

    認めざるを得ない状況ですが


    ただここで 日本の官僚機構DSの影響力は

    本当に小さいのか??


    も私が最近よく考えることですね。


    リンウッド弁護士が1ヶ月くらい前に

    「米国債を沢山持って 私たちアメリカ人を苦しめてるのは

    中国だ。

    もし米国債がデフォルトされるならば中国は打撃を受ける」

    とはおっしゃっていたわけですが


    なるほど~~と思いますが、

    実はそこで 中国の米国債保有量は2位でして

    1位は・・・日本なんですね、本当は。


    だから日本人は増税に次ぐ増税で苦しんで生活してますが

    そして遺伝子組み換えや、添加物世界一と言われてまして

    実際私なんかは海外に住んでるとアレルギーが治ってきちゃうんだけど


    日本に帰国すると一気にアレルギーが出てきたりするんだけど

    (これ私が海外にいる最も大きな理由ですね)


    まあ良いも悪いも日本ってのは民衆はすごい素晴らしい方が

    多いですが


    いわゆる「日本のDS」って最近言いますけど

    その影響力、日本の官僚機構の恐ろしさってのは


    米国債保有高世界一であることからも

    かなりすごいものがある可能性が高いのですね。


    最近はネットでもその辺が言われだしてる。

    それで「株式会社アメリカの
    ドルの世界基軸通貨化」をずっと

    守ってきたのは


    実際はどうも日本わけですね。


    だからこの辺の構造があるからですね、

    官僚機構の代弁機関となってるマスコミたちは

    基本的に


    「ドル大好き 一方ドルの敵である金ゴールドが大嫌い」

    なんですね。


    これは報道見ると分かるんだけど

    例えばマスコミってのは金ゴールドが押し目での

    急落も「暴落!!金がやばい!」と煽るんだけど


    一方、金が上昇しても報道は限定的だったりしまして

    あまり金を好んでいないってのは


    マスコミ報道のあり方からよく分かるんです。


    一方マスコミは ジャブジャブマネーから生み出される

    株高とか、あとは米ドルが強くなる(ドル円が円安になる)のは

    すごいプラスに報道するじゃないですか??


    あれはだから上に書いた 金融の覇権構造の対立を

    知ってれば良く分かるんです。


    それで・・・その視点で見ていると最近面白くて

    「マスコミがビットコインはまだ遅くない」とか

    書き出してるわけです。


    今日ですとマスコミ記事で

    「ビットコイン破竹の勢いです!!参入検討まだ遅くないです!!

    早く買いましょう!!という系記事」


    が結構見られますね。


    が、上に書いてるんですが いや、遅いでしょ、

    ってのは正直思います。


    ちなみに個人的に投資も10年くらいになりますが

    そこで分かってきてる経験則があって


    「マスコミが煽るとおりに投資したら

    長期ではしっかり資産が減ってるだろう」


    ってことですね。


    例えばマスコミが煽る商品が一時的にこれ

    上がるくらいのことはあるんだけど


    大体数ヶ月したら 大暴落を経験して

    飛びついた投資家たちがこれ大損して終わるんだけど


    基本的にこのパターンが多いわけですね。


    ちなみに本当の事を言うと、ファンドでずっと勝ってる

    ファンドってのがあって

    負けていないんだけど


    彼らの主戦略はマスコミの金融言論を分析して

    その逆で張っていくことで


    要するにマスコミの金融言論を逆指標として使うのだけど

    そこはずっと長期でトータルで負けずに

    勝ってるってのは私は知ってる。


    まあそれで個人的に見ているのが

    「米ドル防衛側のマスコミがビットコインも煽ってる」

    って言う構図であって


    要するにビットコインってのはこれ2017年くらいにも

    書いたのだけど

    やはり米ドル防衛側であって


    不換紙幣の米ドルの別働隊として機能してるのは

    どうも間違いないなってのがわかるわけです。


    要するに投資家のマネーが 本当の米ドルの敵である

    金ゴールドに流れないために存在してるのが

    ビットコインなんだな~


    ってのがもう2021年のこの辺の動き見て

    すごい感じ取れるところです。



    だからビットコインは表向きはこれデジタルゴールド

    なんだけど、


    実際はデジタルの反ゴールド なんだろうってことですよね。


    これは田中宇先生も書かれてまして

    まあそうだろうな、と。


    ■田中宇の国際ニュース解説
    https://tanakanews.com/



    それで上に書いたけど トランプ大統領を支えてる

    広報官としてすごい活躍をしてるのが

    リンウッド弁護士ですけど


    彼は以前パーラーで

    「これからは金と銀と不動産をもっていたほうがよく

    ペーパーアセットは危険だ」


    みたいなことを言っていたんですが

    それをメルマガでも以前扱いました。


    それで実はここで個人的に リンウッド弁護士が

    ビットコインをそこに含めなかったことは注目していて


    それで見ていたんだけど

    そうやっぱり・・・いわゆる「金殺しに加担する形で

    ビットコイン人気がマスコミに煽られるようになってきた」


    わけですね。まさに今です。


    だから2017年とか2018年くらいに

    ビットコインはどうも米ドル防衛側で「あちら側かもしれない」

    ってのは結構 考え方は書いたのだけど、


    これも私がビットコインの神様って言われていた

    ロジャーバーさんっていう方に以前東京で会って


    色々肩組んで写真撮ったり、ちょっとだけ話したんだけど


    彼曰く

    「ビットコインは偽者でビットコインキャッシュが本物だ」

    とか言っていたのを覚えてますが


    当時「ああ田中先生も言っていたし、ロジャーバーも

    そう言ってるけど

    やはりビットコインは色々いわくつきなんだろう」

    と思ってみていたわけで当時書いたことがある。


    それでまだその時は仮説だったんだけど、

    今見ると、まさに米ドル防衛の人たちが追い込まれてるタイミングで


    一気にビットコインに資金が入って

    そこで金ゴールドへの資金流入がされないように


    うまく報道が展開されてるわけで

    もうこれは答え合わせだな、と思ってみていたわけです。


    いや~だから金融ってオモローですよね。


    それで今は実のところ「投資家のほとんどが儲かってる」状況でして

    それは当たり前で


    「ほとんどの資産や商品が上がってるから」です。


    ちなみにこれについての考察は意外にネット上で少ない??

    のですが


    これ、おかしいですよね。


    私は色々な商品や色々な国に投資してるから分かるんだけど

    普通はですね、「相関」ってのがあるんです。


    Aの商品が下がったらBの商品が上がるとか

    それですね。


    相関関係ってのがあって相場は成り立ってる・・・はずなんだけど

    実はコロナ騒動があってから


    「ほとんどの商品が上がってる」わけですね。



    それでこれは色々な見方があるけど

    やっぱり ジャブジャブマネー、QEの影響が最も大きいと

    私は見てるわけですが


    それこそ世界中の国はコロナの都市閉鎖があって不況のはず

    なんです。


    私は日本にいないから 日本に関しては
    ****さんがより知ってるはずだけど

    (飲食店の様子とか。)


    まあ日本やアジア圏は例外的に中国含めて

    意外に経済回ってるとは友人にも聞くのですが


    しかし欧州とかは 経済再開してるとは言え、

    まだまだひどいですよね。


    普通に公園で散歩してたら お金ない やせてる人が

    よく「すみません、おなか がすいてるんです

    この犬もおなかが減ってます。

    何かめぐんでいただけませんか」


    と綺麗な英語で多くの人に聞いて回っていて

    みんな 彼らに小銭渡してるし、私も渡すんだけど
    こういう人が増えてるんだと思いますよ。

    (日本だと無視するのが普通ですが
    東欧州ですと渡すのが日常光景で、

    そういう大変そうな人用に
    渡すようの小銭とか私は持ち歩いてますし、

    現地の人もよく渡してる光景を目にします。)


    まあそれでアジア以外はかなりの不況なんだな~

    とは日常生活で感じますが


    ただ世界的に株価なんかは史上最高値を更新する国も

    多くて、


    上がりまくってるんですね。


    私なんかは投資家ではありますが

    それで上がっていて

    やった~とかよりは

    「おかしいな」ってのが正直なところです。



    ちなみに2月はミシガン大学指数の消費者景況感が

    発表されて 相当悪化していて

    これが76とかでしたが


    もうそんなの関係ないわけで 株価は上がりまくってると。



    それでアメリカなんかは都市封鎖とかで

    NYなんか見るともうほとんどの店がクローズで

    昔のニューヨークの姿はないに等しいですが


    都市封鎖状態であっても株価だけはやはり上がってる
    わけですね。

    まあそれでこれはマスコミは言わないんだけど
    普通に考えたらですよ、


    FRBとか先進諸国のジャブジャブマネーが

    市場に流れて

    そんでそれらのマネーがこれ


    株や債券などに流れ込んで相場が不正に操作されて

    そんで上がってるのではないかという

    見方になりますよね。


    通常株価ってのは民間企業たちが商売して

    そこで需要がすごい強くてですね、


    そんで希少価値あるものから

    物がどんどん売れて、それで営業利益がどんどん

    増えていって


    その循環で株価が上がるものでしょうが

    が、実際は今は違ってやっぱり

    ジャブジャブマネーが入りまくって市場が上がってる


    という見方にどうしてもなりますよね。


    それでこれ田中先生の指摘ですごい大事だなと

    思ったのですが


    通常相場の「自然な上昇」ですと

    ちゃんと押し目が作られて


    ダウ理論とかは去年無料FX道場で野田さんから

    学んでるはずですが


    ちゃんとそこで高値と安値が週足レベルでも

    形成されて


    それでしっかり上がっていくものなんだけど

    今はこの押し目さえ作るのが怖い・・・


    というのが為政者たちにはあるはずなんです。

    中央銀行がジャブジャブマネーで

    自然な相場を演出しようとしてですね、


    そこで資金注入量をもし今減らしてしまうとですよ、


    これが大きな暴落に発展しかねないという

    危惧がおそらくあるのだろうと。


    だから今はとにかく株価吊り上げてきてるわけですが

    いや~怖いなと思いますよね。


    それでジャブジャブマネーってのが分かりやすい
    言葉なんで

    私もこの表現をよく使うのですが


    それはいわゆるQEですよね。

    日本語だと金融緩和とか やたら漢字で

    分かりづらく表現しますが


    副島先生が良く書かれてる

    ジャブジャブマネーですよ。


    それでこのジャブジャブマネーを拡大した

    張本人は?というと


    そうトランプ大統領なんですが

    もうトランプ大統領が「後戻りできない状態」

    に意図的にしたわけです。

    要するに最終的にそれは自滅せざるを得ないんだけど。


    それで米ドルに関してはもう通貨といえるのか?

    と私は最近思っており、


    もう過剰発行しすぎであり、FRBが2020年に発行した

    米ドルですが、 それはアメリカ建国以来に発行された

    米ドルの総額の40%をですね、


    1年で発行しちゃってる。


    ヤバいでしょ、これは となる。



    ちなみに通常はこういう 通貨の過剰発行をすると

    スーパーインフレになるって言われるわけじゃないですか。


    けどまあ それはそうなっていないんだけど

    これもよく書くんだけど

    「ジャブジャブマネーのスキームが上手」ってのはあって


    例えばですよ、その中銀が発行したマネーが

    市井に流れたらですね、


    それはスーパーインフレですよ、当然。


    しかし金融システム上、そうはならないで

    QEで発行された米ドルのほとんどが、金融商品の購入に回る

    仕組みで、


    一般的な、私たちが日常で生活してる

    スーパーマーケットとかの消費者の市場には

    なるべくそのマネーが落ちてこないように


    ちゃんとなってるわけですね。



    ちなみにこの辺の金融の話を知らない人が大半だから

    左派の野党の人がよく


    「トリクルダウンで

    お金なんて落ちてこない!

    投資家以外には恩恵なしだ!



    と、批判するじゃないですか?


    がこれは当たり前であって、もし

    日銀当座に積み上げられたマネーとか

    アメリカの債券市場のマネーとかが

    本当にその辺の消費市場に トリクルダウンしちゃうとですね、


    一気にスーパーインフレになるに決まってますから

    それを実は世界各国官僚たちは分かっており

    あえて市場に落ちないように調整してるわけですね。


    だから本当は左派野党たちは「ジャブジャブマネーはおかしい」

    と言わないといけないけど

    その本質は批判しないけど、それは官僚たちと裏でつながってるから

    ですね。




    ちなみによく大金持ちになった人が

    やたら消費市場で浪費してると、


    官僚たちが叩き潰しにかかりますが、

    その本質として インフレを懸念してるのではないか

    ってのも見えますね。


    だから官僚たちも表向きは「インフレターゲット」とか
    以前言っていたんだけど


    本音は、「インフレになったらまずい」と分かってるわけで

    この 建前や表向き、そして本音を理解することが

    大事ですね。


    それで現状、そういった形で

    金融商品などの資産価格上昇を ジャブジャブマネーは

    もたらしているわけですが


    ただ・・・それでも消費市場に影響を与えてると

    思われまして


    それが「物価上昇」ですよね、これが

    世界中で見られるわけです。


    一応消費者物価指数CPIに関しては

    アメリカですと 年率1.4%だけとなってまして

    これを見ると そんな大したことないように見えますね。


    しかしおそらく、アメリカのスーパーで買い物してる

    世のお母さんたちに聞けば

    「1.4%??そんなことないでしょう。

    やたら食品も高くなってるわ」


    と言うに違いないです。


    日本でもそうじゃないかなと思いまして

    この辺の本当の数値を知ってるのは

    スーパーに毎日のように行って価格を見ている

    民衆の強く生きてる

    家計切り盛りしてるおばちゃんたち であります。


    それで 本当はCPI 消費者物価ってのは

    対象商品の選定で 役人たちが数字を「作る」ものであって


    対象商品で値上がり激しいものは外して

    消費者物価指数が伸びていないように装うものですが


    それが世の中ってものですが

    実際は今3、4%前後だと言われますね。


    食糧価格は大体4%は総じてアメリカでは値上がりしていて

    トウモロコシとか高くなっていて


    あとは石油も上がっていてガソリン価格がきつくなってきた

    ってのが民衆の本当の声かと思います。


    それで現実としてはこれ、

    世界的にコロナの都市封鎖とかで商売がまともに出来ない
    って人が多いですけど

    そこで不況ですがその上で

    これまた物価上昇となってますから


    やはり不況プラス物価上昇の

    スタグフレーションっぽくなってきてるわけです。


    しかしここで面白いのが債券市場で

    通常インフレになっていくと、その分が加算されて


    国債の金利が上昇するんだけど、
    (国債価格は下落するけど)


    しかし、今は面白いことに、国債金利はそこまで

    上昇していないんですね。


    これは当然「ジャブジャブマネーで買い支えられてるから」

    であるでしょうが


    だから変な状況になってるわけです。


    それなので今よく見るとですが

    「なんとかジャブジャブマネーで市場を買い支えて

    金融市場好景気を装ってる状況」

    に見えますね。


    それで 金ゴールドはこれ 「有事の金」とも

    言われますが


    そんな中で 米ドルの敵でもある金が上がると

    これ多くの投資家が「厳しい現実」を見ていくため


    どうしても金価格が高騰しないように「潰す」必要が

    あるんだけど


    それこそ本来はインフレ気味で物価上昇してるのであれば

    金価格は上昇するのがセオリーなんですね。


    しかし、実際は「何が何でも1オンス2000ドルを

    超えさせない!!」


    という強烈な圧力が働いており、

    これはNY金融街のネーキッド ショートセリングでしょうが

    スパイダー先物なんかで


    QEのジャブジャブマネーが入って空売り入るわけで

    そこでなんとか 金の「頭」を抑えてる状況は

    見て取れます。


    それでここでどうも登場してるのが

    ビットコインでして、


    上に書いたようにビットコインをやたらマスコミが

    推してるんだけど


    これはまあ金相場を抑制するためである

    という見方になりますよね。


    だから面白くて「自称デジタルゴールドが

    本家本元の 金ゴールドを攻撃してる」

    わけですね。


    といってもポートフォリオ上私も恩恵を受けてしまってるけど

    それでも疑問を感じます。


    それでここ数ヶ月ドルの崩壊してる感じは

    もう世界で指摘されてきましたが


    ここでそれを放置してるとですね、

    投資家マネーが どんどん金地金に入ってきてしまって

    あの1オンス2000ドルラインを


    明確に突き破られてしまいます。


    だからですね、今面白くて

    「金ゴールドは時代遅れなんです!それよりも

    今はビットコイン!サトシナカモトさんが開発しました!

    そう日本人の名前ですよ!


    さあこれからは金ゴールドじゃなくて

    ビットコイン!!

    疑ってはいけません!私たちマスコミを信じましょう!」


    と言わんばかりにビットコイン推しなわけですね。



    だから2017年とか2018年時点では

    仮説でしたが


    どうもビットコインはこれ金ゴールドの代替ってのは嘘で

    やはり米ドルの仲間、別働隊の性質を持ってる

    わけです。



    もし本当に、米ドルの敵であるならば

    米ドル防衛側のマスコミは

    ビットコインをここまで宣伝しないでしょうし。


    それでビットコインてのは市場規模が小さいので

    そこですぐに急騰を演出できますが


    まあどこかで米ドル防衛側の人らがですね、

    ジャブジャブマネーのQEから資金引っ張って、

    それを吊り上げに使ってるんだろうな~~


    ってのは感じ取るところですよね。


    だからどうもビットコインは思いっきり

    不換紙幣のワシントンDCに乗っ取られた株式会社アメリカの、

    あの不換紙幣である米ドルの別働隊である


    と言うのが仮説じゃなくて、もう明確に

    答えあわせで見えてきた

    ってのが2021年の状況ですよね。


    ちなみに世の大企業ってのはこれ同じく米ドル防衛側ですが

    やはりその大企業たちも最近はビットコインを資産に

    加えてますが


    それもビットコが

    ドルの別働隊であるのを感じさせるところです。



    さてさて、それで今はかなり面白くて


    マスコミ論調としては


    1ビットコインを持ち上げまくり


    2金ゴールドをディスりまくり


    なんですが


    面白いのが「金ゴールドだけは、

    この数ヶ月上がっていない」わけですね。


    といっても以前に金が3000円とか4000円で

    買ってる人は金投資家は多いですから


    今6600円とかでかなり長期では上昇してるのですが


    マスコミってのは視点が「短期のみ」なんですね。


    スキャルとかデイトレ専門??と思わされるのが

    マスコミ報道です。


    それで「金は一人負けだ~」と短期視点の

    マスコミのサラリーマン記者たちが嬉しそうに

    この数日、やってるわけですが


    個人的には 短期視点には興味なく

    長期視点で見てますが


    注目してるのが

    「QEの不健全なジャブジャブマネーが唯一入っていないのが

    金ゴールド」

    とも見てるわけです。


    もしここで金ゴールドがやたら

    株と一緒に相関無視して上昇していたらですね、

    それは危険というもので、


    すなわちFRBのQEマネーが入りまくってるってことで

    それはバブルになってしまうんですが


    そうなると「歴史的にバブルは必ず崩壊してきた」

    のでありますから


    もしQEマネーが入って上がっていけば

    金は長期保有は危険性があるって判断になっちゃうんだけど


    実はそうじゃないんですね。


    多くの資産がどんどん上がっていて

    私の場合多くの投資をしてまして、


    保有株なんかはすごい上がって「しまってる」けど
    (要するに資産が増えてみんな喜んでますが
    私の場合は喜んでなくて逆に相当警戒してます)


    ただ近年中の大暴落っていうか


    QEマネーがはじける時がスゴイ怖い、と

    思ってるわけです。


    それで個人的に 金とか銀もそうですが

    「QEのジャブジャブマネーで構成された
    株式市場などヘッジ」として


    使うのが大事だと思ってるんですけども


    これは資産増加曲線ってのがあって

    例えば株式なんかは長期で持ってると

    よほど投資対象国間違えなければ


    時価総額は増えるんだけど


    ただ最も怖いのが、QEジャブジャブマネーで

    バブル形成されてしまって


    そこで崩壊してすなわち第2のリーマンショックに

    襲われて 株式市場が数年間、

    立ち直れなくなることですよね。


    ここで一方金とか銀なんかの実物資産は

    ヘッジで使われるんだけど


    ここでも金や銀などは長期では評価が上がってきました。


    これは資産増加曲線の平準化と私は言うんだけど

    例えば

    「株と金をポートフォリオで持つと」

    ですね、


    株で大暴落があって世界が騒いでいても

    金価格はそこまで下落がなかったり

    むしろ上昇することが多いので


    そこで資産はいずれにしても増加していく

    と言う考えがあって私は以前それを


    PDFで渡したことがありますが

    要するに右肩上がりのAという商品と

    同じく右肩あがりのBという商品があって


    そのAとBの暴落時期が違えば、

    トータルではその曲線が合成されると

    資産増加曲線がトータルで滑らかになるわけですね。


    基本的には違う金融商品あわせて

    「負けから見てヘッジ組む」のが大事なんですね。

    勝ちや儲けから考えないで 負けから見る。


    要するに、株式と不動産と米国債券を同時に持つって

    一見ポートフォリオに見えますが

    実はポートフォリオになっておらず、


    「全ての商品がジャブジャブマネーに支えられてる」

    わけですから


    そのジャブジャブマネーQEの限界が露呈した時は

    おそらく株式も不動産も米国債券も「全てが打撃」を受けて

    そこで立ち直れなくなる可能性は考えられるわけです。


    だから組み合わせる際、

    逆相関してるのがすごいポートフォリオでは

    大事なんだけど


    そこで 金ゴールドは、ちゃんと

    株式バブルで若干 下落してるわけですから

    やはり長期では信頼性はかなりある可能性が高いってのが

    私が見てる点ですよね。



    それで私は長期で見るのですが

    今はこれ 株式とか暗号通貨とか債券とかすごい勢いで

    時価総額は上がっていて、


    私含め多くの投資家がその

    「短期的な恩恵」は受けてるでしょうが、


    しかし

    それは短期のものであり

    長期的には・・・


    やはりQEジャブジャブマネーの限界が

    いつなのかは分かりませんが


    露呈していく事態は大いに想定できますから

    その時にやはり 金ゴールドがむちゃくちゃ大事になる

    可能性が高いと見てますかね。



    その際に、マスコミ報道で株や暗号通貨を高値で

    ヘッジなしに買ってる人たちは

    かなりのダメージを受ける未来に収束される可能性は


    なんだかんだ高そうだ、ってのは一応見てます。


    それで私なんかはそういう視点ですが

    以前は高かった金価格ですが

    QEマネーの空売りで少し下がってますから


    これがより下がれば、お得な価格となりますが

    5年10年の長期保有前提で

    今の多くの人、みんなが 高値付けてる商品に

    殺到する中、


    あえてマスコミに叩かれてる商品を

    ヘッジとして都度 備蓄していくってのは


    長期では効いて来るシナリオは考えられますよね。

    もちろん私の個人の考え方ですから

    ****さんがそれをするかどうかは

    自己責任ですけども。


    それでさらに私が見てるのが

    ビットコインは間違いなくドルの別働隊でしょうが


    それもここまで動員しないといけないくらいの

    ドル防衛側の様相となっているわけですから


    「先進国バブルが崩壊するその日」

    ってのは いつなのかは誰も分かりませんが


    そこまで遠くなさそうで近年中だろうから

    もう強く意識したいところです。



    基本的に歴史に残る大暴落ってのは

    調べてみれば分かりますが


    「大衆がユーフォリアで盛り上がってる最中に

    みんなが最高の絶頂の快楽を感じてる際に

    奇襲的に起こってきた」


    のですが、


    しばらくこれから 相場が仮にジャブジャブマネーで

    上昇しても そこで一喜一憂するよりは

    「守りをより固める」方向にシフトするのが

    長期で大事に成りそうです。



    それで現状何が起こってるか?ですが

    まず私が見てる点はこれマスコミは絶対言わないでしょうけど


    経済ですと

    「不景気と物価上昇の合わさったスタグフレーション化」ですね。


    これは以前から書いてきたことなんだけど

    顕著になってる。


    あと、まあそこで「先進国バブル」が形成されてる

    わけです。


    よくマスコミは新興国がバブルだ、とか表現するけど

    「いや、先進国がバブルなんじゃね?」です。


    私は「先進国バブル」と呼びますけども。


    だからスタグフレーションの上でバブル形成されてる

    ってことで


    これは良く見ると危ないんですが


    いつまで持つのか分かりませんが、



    その「いつかその時」に

    「バブルに乗っかっていない地味な資産」

    ってのが大事になるんだろうと。




    それであと最後に書くと

    「あらゆる商品や資産の時価総額が

    全面的に上がって「しまっている」」

    のだけど


    これは上で書いたQEのマネーが入ってるものが

    全般的に上がってるでしょうが


    逆の見方をすると、


    そこで実は 

    「世界中の不換紙幣の通貨の価値が

    疑われてる」


    っていうのは見えてくるんです。


    要するに あらゆる通貨がありますが

    それだけを持ってる人、いわゆる貯金してる人は


    あらゆる商品が上がってきていて

    本当は損してるわけですが


    「紙切れ、もしくはデジタル数字である

    その先進国の中銀が発行してる通貨事態の

    価値が疑われてる」


    というのが大きくあると私は思いますよね。

    世界全般的に 紙切れ、デジタルの通貨の価値が

    疑われだしてるってのが


    大きく見えてくる点でして


    それがなんとなく「物価が上がったな」っていう

    感覚です。


    が、本当は「通貨の価値が低くなってる」ってのが

    実態でしょうね。


    それで多くの人は「貯金してたら損するから

    今すごく上がってる株や暗号通貨だ」

    となるわけですが


    実はそれらの上昇の根本は

    QEジャブジャブマネーでありまして

    そこにも罠があるっぽいと。


    だから実際は

    歴史的にですね、日本でも

    金貨や銀貨が使われてきましたが


    不換紙幣ではなく あくまで

    実物資産の正貨 に

    こだわるのがやはり長期では大事になるだろうな


    とは個人的には見てますかね。


    それでこの、大きな罠みたいな

    債券金融システムもなんとか延命しておりますけど


    そして世界中の投資家のユーフォリオが継続してますが、


    それが崩れる日ってのは唐突に
    近年中にやってくるのには準備しておきたく、
    (まさにコロナ騒動のように)


    私たちはとりあえずそんなときがきても

    生き残れるように、


    欲かかず、

    長期で生き残ることを大事にしたいものですね!


    それでは!



    ゆう





    追伸・・・それで私の基本方針ですが

    みんなが注目してる時は買わない、手を出さないのですが

    それで生き残って資産が常に増加してきましたが


    これは常に大事だなと思いますね。


    それで逆にじゃあいつ、

    長期保有前提で仕掛けるのか?


    ですがそれが


    QEジャブジャブマネーが崩れる時ってのが

    いつかの段階で起こればですね、


    世界は阿鼻叫喚だと思いますよね。


    ユーチューブとかでは量子金融システムでうまくいく

    っていう論者も多くいるのですが・・・


    私は・・・「基本的に世界は厳しい」と思ってますので

    そんなとき 誰も救ってくれず、


    リーマンショックのときもそうでしたが

    多くの人が阿鼻叫喚となる、シナリオを見てます。


    が、その際に 本質的価値がある、企業とか

    それらも巻き込まれて 30%とか40%とか

    もしくはそれ以上下がって


    世界がボロボロ状態になった際、それらの企業は

    贅沢しなかった財務状態でなんとか耐え切って

    お買い得になると思いますが


    そういう誰も手を出さないレベルで

    素晴らしい企業が焼け野原状態で安くなったとき、



    そして世界を既存の先進国ではなくて

    これからは新興国が引っ張っていきますが


    その流れが見えてきたとき、

    これが本当の仕込み時でしょうね。


    そういう意味でみんなが盛り上がってる時ってのは

    罠が多いものですから、


    欲張らず、冷静に地味でも長期で負けないことを

    意識していきたいものです。


    だからリンウッド弁護士がおっしゃっていた

    金や銀や不動産などの実物資産の保有ってのは

    長期では重要な言論だと勝手に私は思ってみてますね。

    (ただ不動産も国によってジャブジャブマネーで
    高値ついてしまってるので少しリスクありそうと見てます。)



    資本主義ってのは大多数をお金持ちにするものではなくて

    少数の人をお金持ちにする仕組みはありますので


    少し世間の論調と距離を置くのは大事かと思う次第です。



    では!













    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    月単位で負けが出ていない自宅で出来る
    「予想しないFX手法」とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆










    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)




    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る