ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/02/28  【リンウッド弁護士が「軍隊に正当性が守られた再選挙の必要性」を 再度 訴えた】ことについて考える!
  • 2021/02/27  【アリゾナ州裁判所が「ついに」動いた】不正選挙かどうか白黒つける トランプ陣営を好む裁判所命令が出されました
  • 2021/02/26  【戦争をしなかったトランプ大統領 早速空爆を開始した民主党・軍産とバイデン】 (副題:しかし軍産のプロパガンダ力は低下してきている)
  • 2021/02/25  【動画】「世界中の医師たちがコロナのmRNAワクチンについての「本音」を 発言しだしてる」(検閲されるかも)
  • 2021/02/24  【「まだまだあきらめない・屈しない」意志を示した トランプ陣営のパウエル弁護士の偉さ】
  • 2021/02/23  【連邦最高裁がリンウッド・パウエルの不正選挙の訴状について 「審理せず」としたこと、および「アメリカ人たちの声」を知って考える!】
  • 2021/02/22  【金(ゴールド)と戦う 米ドルとビットコイン、という視点 について考える!】
  • 2021/02/21  【FXでよくある「勝率90%以上の最強ツール」の罠・裏側の話とは!?】
  • 2021/02/20  【歌手の大江千里さんがワクチン打って失神したこと、 アメリカの最高裁での会議が来週まで持ち越しとなってること についてリンウッド弁護士の言論から考える!】
  • 2021/02/19  【「かなり非常識」な労力をなくすFX戦略とは?(「手法」以上。)】 (副題:欧米の医師がmRNAワクチンを警戒する経緯とは?)
  • 2021/02/18  【今、コロナ騒動が「世界の覇権構造」にどのような影響を与えてるか? を考える!】
  • 2021/02/17  【FXで「勝ちやすい証券会社と、負けやすい証券会社」が あるとしたら・・・】(副題:アメリカ情勢で分かる「システム」で簡単に破壊される民主主義とその対策)
  • 2021/02/16  (動画)【トランプ大統領は護衛されながらフロリダで 車でのパレードを行った】(重要な副題?:マキナニー将軍は現在が 「ハイブリッド型の第3次世界大戦」であると認識をラジオで示す))
  • 2021/02/15  【月単位で負けが出ていない自宅で出来る 「予想しないFX手法」とは?】(副題:トランプ陣営の弁護士マイケルさんはマスコミの扇動報道に疑問を呈した)
  • 2021/02/14  【トランプ大統領は弾劾裁判で「無罪」を勝ち取った、ことについて 考える!】
  • 2021/02/13  【すごかった】全世界のテレビで「民主党側の映像プロパガンダ手法」が 暴露された(トランプ弁護団の反撃のターン。)
  • 2021/02/12  【世界で「米ドル離れ」が進んでいることについて考える!】
  • 2021/02/11  【なんとパウエル弁護士が2月26日にアリゾナ州の訴訟について最高裁判事たちの会議が 追加決定したのを報告した】 (副題:弾劾裁判でロバーツ最高裁長官が本当に欠席となってる謎)
  • 2021/02/10  【ついに始まった弾劾裁判でトランプ陣営の不正選挙の証拠などが 扱われる可能性について考える!】
  • 2021/02/09  【いよいよトランプ大統領の弾劾裁判が開始することについて 考える!】(副題:トランプ陣営の新CMが公開)
  • 2021/02/08  【「サイバー戦争であること」を明らかにした トランプ大統領を支えるリンデル氏】
  • 2021/02/07  【アマゾンのベゾスがCEOから退いたこと・着々と進むトランプ大統領の 新SNS構想、や「民主主義を考えるかもしれない中国」や リンウッド最新発言について考える!】
  • 2021/02/06  【「リンウッド弁護士潰し」に民主党陣営が必死な理由、 を改めて考える!】
  • 2021/02/05  【リンウッド弁護士が「最高裁での再闘争」に言及しだしたこと、 および ダボス会議でファイブアイズが出席できなかったこと などを考える!】
  • 2021/02/04  【副島先生の最新言論「やっぱり ローマ法王フランシスコが、 昼間、逮捕されている写真(画像)は、本物だろう」から 世界のローマカトリック支配の終焉について考える!】
  • 2021/02/03  【AI+裁量の「ザ・サード事務局」から****さんに 最後のメッセージです!】(残り5時間)
  • 2021/02/03  【「不正選挙のミャンマーでの再選挙実施」と、、、 反トランプのヒラリーと仲良しのアウンサンスーチーが 軍隊に拘束されたこと、について考える!】
  • 2021/02/02  【4年10ヶ月目突入】1月の運用報告が続々と届いております!(残り1日で販売完全終了です!)
  • 2021/02/01  【副島隆彦先生の「魂の」最新言論 「トランプは先の先を考えて動く。人類の歴史がひっくり返った。」 を読む!】
  • 2021/02/01  【先月1月の裁量+EAの「ザ・サード」の会員さんの声です!】(残り2日で完全に販売終了です!)
  • 【動画】「世界中の医師たちがコロナのmRNAワクチンについての「本音」を 発言しだしてる」(検閲されるかも)
    配信日時:2021/02/25 22:45
    【動画】「世界中の医師たちがコロナのmRNAワクチンについての「本音」を
    発言しだしてる」(検閲されるかも)
    ⇒編集後記で

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    月単位で負けが出ていない自宅で出来る
    「予想しないFX手法」とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【検閲されるかもな動画】
    「世界中の医師たちがコロナのmRNAワクチンについての「本音」を
    発言しだしてる」


    ⇒ https://www.bitchute.com/video/4nZ7mCblGjwf/

    (最近検閲が激しく、よく動画が消されますが
    こちらの動画は2021年2月25日夜時点で
    まだ見ることができてます)

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧いただきまして
    ありがとうございます!!


    さてさて、前号にて以下の号を流しました~


    これからもなんだかんだ2020年11月の選挙の正当性を
    巡るアメリカ民衆の「あきらめない戦い」
    は続いていくことでしょう。


    またそこで最後のほうにリンウッド弁護士が
    2020年11月の選挙の正当性について

    今アメリカ人たちが戦わないと2022年や2024年なんて
    本当はないのです、というのも

    今回戦ってる弁護士の視点で明確に説明されてました。

    ■バックナンバー
    【「まだまだあきらめない・屈しない」意志を示した
    トランプ陣営のパウエル弁護士の偉さ】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202102&MID=2840#2840



    ちなみに上の前号にてすなわち

    「分断して統治せよ」ってのが大きな民主党陣営の戦略として
    使われてるのだろう、ってのも私は書いたのですが

    面白いことに世界の人々の思考が
    つながってくるってことでしょうが
    まさにリンウッド弁護士が今日それを言ってました。

    また基本的に、メルマガでこれこの1年よく書いてるんですが
    考えていくと

    「恐怖とプロパガンダ」が為政者の大きな戦略であるのだけど

    それについても今日リンウッド弁護士がおっしゃってまして


    今日はそれを最初に編集後記で扱いたいな~と。


    要するに最近は色々突き詰めていくともう

    世界中の人が同じ結論に達するようになってますよね。

    事象ってのは沢山世界であるけど

    真実ってのはひとつなんでしょうね。


    それで、実はコロナワクチンの件がまさに今世界中の
    話題の中心となってるのですが


    ここでもう世界のちゃんと自然免疫も勉強してる医師たちが

    一斉に発言を開始してます。


    最近はいわゆる 医療現場で重要とされる
    「インフォームド・コンセント」が無視されていて

    その意味は

    「「医師と患者との十分な情報を得た
    (伝えられた)上での合意」


    ってことなんだけど


    まあワクチン関係では「安全なんです!副反応の確率は低いのです!
    だからみんな受けましょう、というプロパガンダ」

    なんですけどもね、


    ここで本来医療を受ける際はちゃんと

    メリット、デメリットを患者が受け入れて「自分で選択する」

    わけですが


    その別のデメリットを示す情報は検閲されてるわけですね。


    が、さすがに世界中の医師が声を上げており

    これです。


    この動画はいつまで視聴できるか分かりませんので

    早めに見たほうがよいかも。


    世界中の、それこそアメリカイギリスだけではなく
    オランダ、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー・・・

    などの医師たちがさすがにワクチンの本音を
    最近話し出している。


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【検閲されるかもな動画】
    「世界中の医師たちがコロナのmRNAワクチンについての「本音」を
    発言しだしてる」


    ⇒ https://www.bitchute.com/video/4nZ7mCblGjwf/

    (最近検閲が激しく、よく動画が消されますが
    こちらの動画は2021年2月25日夜時点で
    まだ見ることができてます)

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    それでここで世界中の英語圏の医師たちが

    「安全性、有効性は確認されていない」で一致してるのですが



    それで今日はこの辺の話であったり、

    リンウッド弁護士の今日の発言も意味があるものなので


    編集後記で!





    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    【ウソにまみれたFXの世界で本当に勝てる方法なんてあるの?】

    「情報化社会」の闇!?

    「勝ちやすい証券会社と、負けやすい証券会社」が
    あるとしたら・・・


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    さて、それで上の話ともつながってくるのですが

    金融なんかでも



    「システム」がスゴイ大事で、


    もし、ですが


    個人投資家が負けやすいプログラムが
    仕込まれてる証券会社と、


    個人投資家が実力の通り、実力がある人は勝つし
    ない人は負ける、というフェアな証券会社が


    あったとしたら・・・


    怖いことだと思いませんか??


    例えば多くの投資家は「うまくなって稼げるようになろう」

    とするんだけど


    もしその投資家が使ってる取引プラットフォームがですね、

    「その投資家が上手でも下手でも結局負けてしまう設定」

    だったらどうでしょうか??



    実はこの辺について詳しく教えてくれてるのが

    今回の深見さんですね!!



    こういう案件が出てきてるのも時代の流れだと
    私は思ったんだけど、


    今日はその深見さんから****さんにメッセージです!
    今回のメッセージ、なかなか強烈ですが

    本当のことですから是非ご覧くださいね~

    ↓↓

    ============


    【ウソにまみれたFXの世界で本当に勝てる方法なんてあるの?】



    「情報化社会」の闇!?

    表に出回っている情報に騙されず
    正しくFXで勝ち続ける方法を
    期間限定で公開しています。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/




    深見です。

    「情報化社会」って言葉、懐かしくないですか?

    日本でこの言葉が叫ばれ始めたのが
    確か2000年くらいのITバブル絶頂期でした。

    当時は、一般人がインターネットの知識
    がないのをいいことに

    口八丁手八丁で
    HP制作を売るだけの会社(実際に作るのは外注)でも

    株式公開(上場)できるくらいの勢いでした。


    売ってる本人たちはITとWebの違いすら
    認識してないレベルでしたけどね(^_^;)

    そんな「情報化社会」が始まって20年余が経ちますが

    情報の大切さ、逆に言えば「知らない危険性」というのは
    当時の何十倍、何百倍にも増しています。


    テレビや新聞を見て、作られた情報だけを浴びていると
    「情報を作っている側の人間」
    のいいように操られてしまいます。


    例えば、もう何十年も耳にしてきた「国の借金」

    メディアでは「ついに1200兆円を突破」とか
    「国民一人当たり900万円」とか←これ多いですよね。

    こんなことを言ってますが、
    正確には国の借金なんてものは存在しません。

    正しくは「政府の負債」であり、資本主義経済である以上
    政府の負債は絶えず増え続けるのが当然です。

    このようなレトリック(巧みな表現)を使って
    世界最長のデフレが続いているにも関わらず

    「増税は仕方ないよね」という意識を
    国民に植え付けています。

    なぜそこまでして増税したいのか?
    政府の負債が増えても問題ないなら、
    増税はしなくていいじゃないか?

    そうです、その通りです。特に今はコロナショックもあり
    経済が停滞していますので、消費税なんて即刻凍結すべきです。

    じゃあ、なぜ増税を続けるのか?
    その裏には「法人税減税」という目的があります。

    経団連を始めとした経済団体が
    法人税減税と従業員の非正規化によって
    自社の純利益をドンドン増やしています。

    具体的には、過去20年間で
    売り上げはほぼ横ばいなのに

    純利益は約3倍、そしてそこから出る
    株主配当は約6倍に膨れ上がっています。
    (資本金10億円以上の企業の統計)


    これらを実現するために、メディアは平気でウソをつきます。

    そもそも、消費税導入を最初に言い出したのって
    政治家じゃなくて経団連ですからね。

    目的は国民の豊かさでも、社会保障でも、政府の財政でもない。
    シンプルに、企業の金儲けのための方法として導入され

    30年かけてジワジワ増やしていってるというのが事実です。



    これはほんの一例ですが、それくらい情報(事実)を知らないと
    気づかないうちに大きく損をしていしまいます。

    このようなウソに踊らされることなく
    「FXで勝つために集中する環境」を提供しています。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    ■■■■■■■■■■■■■■■■

    金融界の不都合な真実

    ■■■■■■■■■■■■■■■■



    表に出ているウソというのは、もちろんこれだけではありません。
    FXでも、ある意味これ以上にエグいウソが存在しています。


    ****様は「A-book」「B-book」という言葉を聞いたことがありますか?

    B-book業者は簡単に言えばノミ業者になるので、
    使うのはやめましょう。
    なんていう情報は、よく耳にしますよね。


    しかし、そのもっと奥深く、
    本当の実態まで知っている方はどれくらいいるでしょうか。


    例えば、同じ業者の同じ通貨ペア、同じ時間足で
    私と****様でチャートを表示してみたとしましょう。

    すると、私と****様の画面に表示されている
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    チャートは違うことがあります。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    同じ業者で同じ通貨ペア、同じ時間足なのに、です。

    なぜこんなことが起こるのかというと・・・
    業者がチャートを操作しているからです。

    チャートを操作?本当に?

    と、思うかもしれません。


    でも逆に、なぜ自分のパソコンのモニターに
    映っているチャートが正確だと思っているのでしょうか?

    実態は、FX業者が全員に同じチャートで
    取引させることは「ほぼ」ありません。

    なぜなら、99%のFX業者は、取引手数料ではなく
    「顧客の証拠金を利益にしているから」です。

    これがいわゆる「ノミ行為」ですね。

    悪いことをしていると思うかもしれませんが
    日本の法律では合法です。
    (倫理的に良い、悪いは別にして)


    いくらトレードの腕を磨いて、
    利益を出す技術を身に着けたところで

    業者にチャートを操作されてしまったら、
    そこでジ・エンドです。


    また、仮に勝てたとしても、
    次に待っているのが「出金問題」です。

    こちらも残念なことに、日本の法律では
    「どんな理由でも出金を拒否していい」となっています。

    極端に言うと

    「お前ムカつくから出金させない」
    これでも法律的にはOKです。


    こんな環境では、いくら腕があっても勝てなくて当然です。

    なにしろ、常に「チャートに対する疑念」と
    「出金の不安」を抱えながら
    トレードしなくてはいけないんですからね。


    私は、FXのテクニックはもちろんのこと
    この「環境」という部分に非常に拘っています。


    先程も申し上げたように、悪い環境で戦っていたら
    いくら実力を磨いても無駄に終わってしまうから。

    私は10年以上の時間をかけて、ついにこの「環境」を整えました。

    FXで勝つために本当に必要なこと

    それを全て揃えた自負があります。

    私自身のマンパワーは限られているため
    人数を絞った形でお伝えすることになります。

    少しでも興味を持っていただけたら
    ご登録お願い致します。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    ==============







    ============編集後記=============

    さてさて、それで上に

    いつ消される動画なのか不明なので


    扱った動画がありますがこちらですね。


    私が最近見た コロナワクチン関係の動画では

    まあアメリカイギリスだけではなく
    オランダ、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー・・・

    などの医師たちが 本音を話してるので

    素晴らしい動画だと思いました。



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【検閲されるかもな動画】
    「世界中の医師たちがコロナのmRNAワクチンについての「本音」を
    発言しだしてる」


    ⇒ https://www.bitchute.com/video/4nZ7mCblGjwf/

    (最近検閲が激しく、よく動画が消されますが
    こちらの動画は2021年2月25日夜時点で
    まだ見ることができてます)

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    副島先生の学問道場の

    「1会員」さんが 重たい掲示板にて
    シェアされてましたが

    私も見ましたが素晴らしい動画ですね。



    ========


    一会員(一弟子)です。

    これが真実です。欧米の、ベテランで専門知識があり、
    メディアの扇動や、感情に流されない冷静な医者や医療専門家たちが、
    これだけの数で証言しています。


    ワクチンの危険性と、コロナがパンデミック(世界的な伝染爆発)
    であることのウソ(詐欺)を、厳しく訴え、
    糾弾しています

    (もちろんこの動画で証言しているのはほんの
    ひと握り。世界各国にどれだけいるか)。

    ●「最も重要なCOVIDワクチンビデオ」
    投稿者名:jimakudaio 字幕大王
    BitChute(ビットシュート) February 9th, 2021

    https://www.bitchute.com/video/4nZ7mCblGjwf/


    色々の動画や記事があふれ、説得力に欠けるものも多いですが、
    この大量の数の専門家(医者)たちに、

    次々に、ひたすら証言させるスタイルは、
    見る側に、冷静に考えさせ、判断させる機会を提供してくれます。

    一会員(一弟子)拝


    =============

    以上です。



    それで今日はまず上のワクチン関係の話に入る前に

    リンウッド弁護士の今日の発言を翻訳して扱いたいと

    思うのですが


    そう、実はこれワクチン関係の話にもつながってるのですが

    やはり大きくは 

    支配の方法ってのが1年前からコロナ騒動で

    メルマガでよく扱ってるように

    「恐怖とプロパガンダ」が主流なんです。


    これは投資家として民衆としては知っておく必要がある見かたですから
    よく扱うのだけど

    (なぜか?恐怖で心理支配されていると 
    合理的な投資行動が取れません。

    民衆は恐怖で支配されると命と資産取り上げられます。)


    恐怖で大衆のIQ下げて、まともな判断できなくさせる、

    これが最近の世界中の行政官僚のやってることの特徴ですよね。


    それでリンウッド弁護士はそれが同時に分断を生み出してる

    と分析してるのですが

    まず最初にそれを見てみましょう!!


    丁度昨日「分断と統治戦略」についてメルマガで書きましたが


    リンウッド弁護士がそれをすごく分かりやすく、
    私たち民衆に説明してくださっている。


    それで今例えば家庭内でも

    「トランプを支持するかいなか」とか

    「ワクチンの有効性安全性について 危険と思うか
    安心だと思うか」

    など分断が発生してるのですが

    実はこれは大きな策略なのだ、とリンウッドは見抜いているすごさ
    がありますね。


    それで「恐怖とプロパガンダの支配が行われてる」と
    日本人の多くが言われても「は??」って感じだけど

    やはり英語圏の人たちはこういう情報にもなんだかんだ
    接してるから 覚醒してる人が多いということでもあるでしょう。


    それを日本語に直してメルマガで扱って
    ****さんにお届けするのは私が出来る役割なので
    以下翻訳です!!


    (以下2月24日の
    リンウッド弁護士のテレグラム発信の日本語訳)
    ============

    敵が貧困層および中産階級を支配しようとした際に使用してくる

    最も効果的な武器は何でしょうか?。


    そうそれは「恐怖とプロパガンダ」です。


    プロパガンダというものは、

    あなたに嘘を信じさせ、

    そして真実を見させないようにするために

    使用されるものなのです。


    そして、恐怖とプロパガンダを敵が使用してくる目的というのは

    すなわち

    私たちを分断することなのです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    分断されず「結合」(United)していけば私たちは立ち上がれますが

    そこで分断されれば私たちはただ没落していくだけです。



    近年、

    敵は恐怖とプロパガンダを使って

    私たちを分断してきました。


    そして敵の目的達成が近づいてきてるこの数ヶ月で

    ますますその分断は進んでます。


    それでその目的とは何かといえば


    私たちの国そのものを奪い取ることであったり

    国のすべての資源、富、そして

    敵たちが喜ぶルールの管理を構築することで

    あったりします。



    すなわち勝利者は戦利品を総取りするのです。



    それで敵の戦略として

    私たちを「分断」するための最も効果的な手法は、

    私たち民衆を


    「情報に通じている人」



    「知らない人」


    に分けることなのです。



    さらに明確に言いましょう。


    敵は真実を知っている人々と
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    真実を知らない人々の間で
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    分割してしまって
    ~~~~~~~~~~~~~~~~
    私たちを分断させたいと思っています。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    そしてそれは後者の方が

    嘘を信じてしまう結果となります。



    敵は前者の真実を知る人を少なくし、

    そして後者の真実を知らない人を多数にすることを

    企んでいる。


    だから敵は真実を言論する者(truth-giver)を

    悪意を持って攻撃するのです。



    敵は真実が私たち民衆の

    最も効果的な武器であることを知っているので、

    敵は真実を言論する人、与える人を


    嫌います。


    というのは時が経過すれば

    常に真実が嘘に勝っていくのです。


    さて、私はしばらくの間

    (マスコミが指摘するけどそれを皮肉り)

    私の「狂った暴言」から少しばかり休憩させていただき、


    そしてすぐに議論に戻ってくることをここに約束しましょう。



    そして

    「私に何ができるか」という(多くの方の)
    質問に答えたいので

    言いますが、


    私が議論に戻ってくるそれまでの間、

    最も重要なことは

    「情報を得ていく」ということです。



    まずテレビの電源を切り、

    そして自分なりに調べてみてください。



    そしてメディアのプロパガンダを拒否して、

    そして真実を話していきましょう。




    恐れることはありません。


    真実を見つけていき、

    そして言論の自由を保障した

    憲法修正第1条の権利を行使していき、


    真実を共有していきましょう。


    恐怖に支配されないでいきましょう。

    (Be fearless 大胆不敵にいきましょう、みたいな
    ニュアンスもある)

    ============


    以上です!


    それでこのリンウッド弁護士の言ってることってのは

    ワクチン関係の話でもそうなんだけども、


    例えば日本の世論なんかを見ていると

    「ワクチンワクチン!!」って言ってる日本語圏の人を

    見ると、


    やっぱりその背後に ウイルスの恐怖 を
    メディアの影響で感じる人
    って結構いらっしゃるとは思うんですね。


    これはもう1年以上「感染者数 感染者数~~」

    と恐怖を煽るテレビ報道がされていましたが


    この何回も何回も恐怖を刷り込むってのは

    催眠術でも使われる方法ですが


    まあそれが 全世界的にされてるわけで

    脳みその洗脳耐性が強い人はそれに騙されませんが

    やはり人類の大多数はそれに対抗する脳を持っていない


    というのが大きな歴史です。


    人類の歴史とは何かですが

    すなわち 為政者に洗脳されてきた歴史ですね。


    だから政治システムにおいてこの洗脳やプロパガンダを

    けん制する 仕組みが取り入れられない限り、


    人類はずっと支配されたままであり

    それが本当は現代の政治制度の

    意図して残された欠点でありまして


    それを為政者に突かれてるわけです。



    それで、今、世界中で「分断」が進んでるのだけど

    明らかに深刻となってるのが

    リンウッドが言う




    敵は真実を知っている人々と
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    真実を知らない人々の間で
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    分割してしまって
    ~~~~~~~~~~~~~~~~
    私たちを分断させたいと思っています。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    この策略によってもたらされた

    現在の結果です。


    というのは、分かりやすくいうと、

    家庭でも 


    「ネットを使って検閲の中情報を取っていく息子・娘さんと


    テレビや新聞を情報源としてるお父さんお母さんの言い争い」


    ってこれネットでも良く見るわけです。



    実際にですが、テレビ新聞を情報源として取ってる人は

    今回のコロナワクチンがmRNAワクチンであるっていうことも

    実は知らなかったりします。


    本当に。


    だから いまだ動物の長期実験も完了してない

    各製薬会社が失敗し続けたmRNAワクチンであると

    理解してる 若い層と、


    あとはmRNAワクチンという言葉さえ検閲されて

    知らされていない お父さんお母さん、


    まあこの2者で家庭内で早くも対立が

    大きく見られてるわけです。


    だからどんなに息子、娘が「mRNAワクチンは

    人類が経験したことない 未知の化学物質であって

    それが 母ちゃんの体にどんな影響を与えるのか

    本当は誰も知らないのだ」


    と母ちゃんに言っても

    母ちゃんは

    「けどテレビや新聞で専門家の偉い人が

    安全だって言ってるわ」


    となり、ここで不和が起こるんだけど

    ネットでは レストランでそれについて大喧嘩になった

    なんて逸話も見たけど


    まあそれ自体が「分断」の結果なんですね。


    それでこれが検閲の怖さなんですけども

    そういう場合にですが


    この動画がよいと思います。


    こういう動画をこれ 「まだ」知らない人に見せた上で

    「自分で考えてもらう」ってのが大事ですよね。



    「この欧米の心ある医師たちと

    母ちゃんが普段見てるテレビの「専門家」の意見を

    比べて どっちが本当の事を言ってるか

    考えてみてくれ」

    でよいと思います。


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【検閲されるかもな動画】
    「世界中の医師たちがコロナのmRNAワクチンについての「本音」を
    発言しだしてる」


    ⇒ https://www.bitchute.com/video/4nZ7mCblGjwf/

    (最近検閲が激しく、よく動画が消されますが
    こちらの動画は2021年2月25日夜時点で
    まだ見ることができてます)

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    まあそれで私は正直、受けるべき、受けないべき、
    とかそんなことは一切言わないのですが

    何故かというと結局情報を所得して

    その上で判断を下すのはその個人の責任だから

    って考え方はあります。



    ただ今の状況ですがワクチン関係だとかなり問題があって

    上に書いたけど インフォームドコンセントってのが

    ないわけですね。



    ちなみに私はこれがすごい大事だ、って自分の経験から

    知ってるのですが


    私の場合、子供からアレルギー症状があり

    それについてインフォームドコンセント(デメリットの十分な説明)

    など一切されず


    製薬会社の免疫抑制剤を小さいころ
    使われてきた経験があり

    その副作用に大いに大人になってから苦しんだ過去が

    あります。


    だから私の場合製薬会社たちの 免疫抑制剤の被害を
    実際に受けた経験があるからこそ、


    だからこの 

    インフォームドコンセント(デメリットの十分な説明)

    の重要性って痛い経験から良く分かってるんですが
    (要するに医者たちは保護者である
    私の母に当時それを説明しなかった)


    が それらの経験がないとなんとなく

    医師会やら製薬会社が示す「標準医療」の

    恐ろしさって分からないはずなんですね。



    それで最近のワクチン行政でも全く同じで

    「このmRNAワクチンは安全なのです、とマスコミがよくやってる」

    のですが


    しかしここで本当に重要なのは



    1安全という主張の人もいれば

    2安全ではなく「長期的に」リスクが高い

    もしくはリスクが不透明だと考える人たちも多い」


    わけでして


    そのどちらが本当か?なんてのは長期の5年10年を
    見ないと分かりませんし、

    なおかつ免疫機構と言うのは個性でありますので


    免疫機構の排出機能の反応が強くなるかどうか

    またその反応は実際はですが 

    8種類のヘルペスウイルスが普段
    どれだけ神経節で増殖してるか、なども

    かなり関わってくるでしょうが


    実はその辺も全く研究されていないのですね。

    だから1と2「両方の意見」を見た上で


    人々が選択できることが大事で

    だから インフォームドコンセントってのが

    すごい大事なんだけど


    そこで「言論の自由」ってスゴイ大事なんですね、

    特に利権が大きい医療業界ですと。


    というのは医療ですと何十兆円もしくはそれ以上のマネーが

    動くケースがありますが


    この場合、当然そこから利益を得られる

    医療政治のアクター、官僚であったり製薬会社であったり

    ワクチンを打つことでインセンティブがつくなら

    医師たちも


    そこで ワクチンを患者に打つことで何かしらのメリットが

    あれば人間ですから


    当然そのデメリットを言わなくなるってのが

    社会であり、政治です。


    だからそこで 言論の自由が大事でして

    ここで仮に 為政者に不都合でもそれを言論できるかどうか


    ってのが大事でして


    だからインフォームドコンセント、ってのが大事なんです。


    医療におけるインフォームドコンセントってのは

    思いっきり、近代デモクラシーの言論の自由を元とする

    わけですね!!



    それで日本の医師たちでも 最近はそれを言論してる人も

    徐々に出てきてるけど、


    もう オランダであるとかノルウェーであるとか

    デンマークであるとか、スウェーデンであるとか


    教育も先進国であるそれらの国ですと

    ちゃんと医師たちがこうやって「本音」を発信しだしております。



    ちなみにこの医師たちですが、おそらく、

    かなりの圧力がかかることも覚悟して動画に出演されてますから

    「勇気を持って」出演されてる方々ですから


    見る価値あるんですね。




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【検閲されるかもな動画】
    「世界中の医師たちがコロナのmRNAワクチンについての「本音」を
    発言しだしてる」


    ⇒ https://www.bitchute.com/video/4nZ7mCblGjwf/

    (最近検閲が激しく、よく動画が消されますが
    こちらの動画は2021年2月25日夜時点で
    まだ見ることができてます)

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    それで私はやはり学生時代に

    政治学科で学んでいたのもあって

    「報道とはどうあるべきか?」をよく考えるのだけど


    やはり報道ってのは 「第4の目」って言われるんだけど

    行政役人の官吏(かんり。日本語の公務員)が常にこうやって 

    今回の件ですと製薬会社とも癒着して


    民衆の命や資産を危険にさらされてきたんだけど


    その行政権をけん制するために「司法・立法だけでない第4の目」として

    機能しないといけないと考えるわけですね。


    ちなみに本来私は大学時代はチャライ格好は正直してたけど
    ぶっちゃけ勉強だけはかなりしてましたから

    政治学科の卒業生ってのは大体大手マスコミに行くので
    髪も黒くして、スーツ着て、
    マスコミに就職するレールに乗るはずの人間であったわけですが


    ただ当時からマスコミはもうこの「第4の目」の役割を
    果たしていないのは明らかでしたので

    そんな中に入ったら自己矛盾で苦しむだけなので
    就職活動はしなかった過去はありますね。

    当時早稲田の政治学科卒業生であえてフリーターを選択したのは
    私以外いなかったと思います。

    しかしそれは良い選択だったと今は思いますよね。
    もうマスコミは北朝鮮のプロパガンダ機関のようになってますから
    内部のちょっとでも真実を追求したい記者たちは苦しんでるはずだ。

    いまや、行政を監視どころか行政のための行政のためにあるのが
    マスコミです。


    それで「第4の目」として行政権をけん制するのが
    マスコミの本来の役割だと

    役人と大企業の利権構造に組み込まれることを拒否した
    私は今でも考えてまして、

    そしてやはり本来このワクチン騒動でも報道としては


    インフォームドコンセントとして

    「肯定的な意見だけではなく」

    「mRNAワクチンの 未知さ」を告発してる


    上記のような世界の医師たちの声も流して「人々に考えてもらう」

    ことをさせないとまずいのではないか

    って考え方があって今号では扱ってますよね。



    それで今の情報体系ってのはマスコミたちが

    もう1つの見方、考え方しか流さないのですが

    「ワクチンは安全性が担保されてます、という意見が
    大勢」で報道されてるわけですが


    もしくは「副反応(作用)はたいしたことない」と
    誘導記事が多いのですが


    これが情報検閲の怖さってもので、

    1つの情報しかなければ1つの判断しかできない、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    となるわけです。


    しかしもしその1つの情報が大きくは

    短期の1週間とかでは正しくても


    安全性、有効性は確認されてない、という

    逆の意見が「長期的に正しかった場合」ですね、


    それは長期的に 打った人の中で後悔する人が

    一定比率で出てくるわけですから

    (まさに私がアレルギーで製薬会社の免疫抑制剤で
    成人後に苦しんだように)


    まあ このインフォームドコンセントがないってのは
    本当は恐ろしいことなんです。


    が、それが今のワクチン行政の現実でもありますね。


    ちなみにですが、やはりこのmRNAワクチンの問題として
    上の動画の医師たちがおっしゃってるように

    全くて動物を使った治験の検証が
    長期で取られていないというところが

    大きいと見てますが


    ここで例えば ある人がワクチンを受けて
    そこで 失神することもなく痙攣も大したことなく
    まさにマスコミが言うように 熱はあったけど

    その後通常に生活を送ることが出来たとしますよね。

    副作用(反応)ってのは長期で現れるものですが
    短期で何かそういうことが起こる比率としては

    低い可能性はありますよね。


    が、その後 健康そのものだったその人が

    「なんか慢性頭痛がひどくなった」
    とか
    「なんか明らかに欝病っぽくなった」


    というのが世界の自然免疫を独学した医師たちが
    指摘するように出てきたとします。


    ここで当然その健康そのものである患者が
    原因として考えるのは

    「あの時、信じて打ったワクチン」となることでしょうが


    さあここで「じゃあそこでその人は製薬会社や厚労省を
    訴えることができるか?」


    という問題はあるわけですね。


    私はこういう訴訟結構興味あって調べるのだけど

    因果関係の証明ってのがこういう医療の副作用(反応)
    ではいつも 法廷で焦点となります。


    が、今も例えばですが 子宮頸がんワクチン受けて
    体動かなくなりましたっていう原告の人たちは

    裁判闘争中なわけですね。


    これも本来 マスコミは 
    この時期、彼女らが裁判闘争で苦労してるのは事実だから
    扱わないといけないと思います。

    ■記憶障害や突然の失神、少女達を襲う副作用 
    子宮頸がんワクチン訴訟で国と製薬会社は争う構え
    https://youtu.be/Z5lcEUO0LoM



    こちらの弁護団の声ですが
    https://www.hpv-yakugai.net/

    「確かに、これまでに接種の一時停止、
    副作用被害救済制度の適用の拡大など一定の前進はありました。

    しかし、真の救済や再発防止にはほど遠い状況にあります。
    製薬企業2社は、いまだに被害を認めようとせず、
    接種の積極勧奨再開への働きかけさえ行っています。

     そこで、訴訟を提起せざるを得ないと決断しました。



    ともありますが、

    ここで「法廷での因果関係証明」においてですね、
    相当 もめてるのは明らかなんです。


    ちなみにこれらの被害者側に立つ弁護団は
    ちゃんと「副作用」と言う言葉を使いますが

    マスコミや製薬会社や官僚たちは
    「副反応」と言う言葉を使いたがりますが


    それが実のところ 役人たちや大企業の
    訴訟対策の用語である、ってのはそろそろ
    議論されないといけません。



    さて、それでここでmRNAワクチンっていう化学物質を
    打って

    そこでAさんという健康人が
    不幸にも 長期で 深刻な副作用が出てきたとして

    例えばうつ病になったとか、記憶障害が起こったりとか
    それらが起こったとして

    ここで「Aさんは因果関係を証明できるか」ってのが
    すごい難しい点ですね。


    ちなみにですがこれは今の医師会や製薬会社や
    マスコミたちは言いたがらない本当の事実として


    うつ病の原因として考えられるのが


    日々のストレスや化学物質への吸収で
    さらには人間関係などもあり

    強いストレスに耐えるためにステロイドホルモンを
    人体が出し過ぎたりなどするわけですが

    そこで「免疫が落ち」、そこで脳神経に住みつきやすい
    6番目のヘルペスウイルスHHV-6が増えたためとしか

    免疫学を学ぶと言えないでしょうが


    しかしながら 一応医療業界は

    大企業製薬会社と役人が癒着して うつ病なども
    大きな利権としてますから

    この辺はタブーになってしまってますよね。


    だから実は、例えばうつ病の因果関係も今は
    医学的に不明、ですから

    裁判で「ワクチン接種後にうつ病と診断されました」

    といっても そのプロセス・過程は法廷で
    証明不可能、なのが

    今の現状ですよね。



    ちなみにこの辺の話をもう少し詳しくすると

    このヘルペスウイルスHHV-6が増えたためにうつ病になる
    っていう因果関係も 認めさせないってのが

    今の医療政治としてあると

    私は
    一切保障される憲法21条言論表現の自由を持って
    書くのですが

    ここで例えば 日本の大学研究者なんかは意図的に間違ってる?のか
    知りませんが

    HHV-6ではなくて HHV-6の遺伝子が作るSITH1っていうタンパクが
    欝の原因だ~と 「因果をずらしてる」わけですね。

    本当はSITH-1はDAMPといって「ダメージ関連分子」と言うんだけど

    神経が集中する脳内にHHV-6のヘルペス増えます⇒
    嗅球の細胞があってこれがちゃんと人体を守るために

    隣の細胞にHHV-6が感染しないようにアポトーシス(細胞自殺)
    を行う

    んだけど

    そこで結果として

    つぶれた細胞のタンパクの一部がSITH-1である
    としか言えないでしょうが
    (これをDAMPと言います)


    原因としてHHV-6ではなくて 
    結果として生じたSITH-1が原因だ
    と主張してるのが今の現代医学のレベルです。


    すなわち日本の学会は
     原因と結果を混同してる危なさがあるんだけど

    (これ実は経済学でもよくあるので
    それらの原因と結果の混同と似てるから
    私にはよく分かる。)

    欝の原因ってのもこれ、政治的に、利権的に
    認められていないのが現状でしょうね。


    だから本来、6番目のヘルペスHHV-6ってのは
    ベータ・ヘルペスウイルスというのだけど

    よく使われる抗ヘルペス剤である
    アシクロビルはHHV-6には効かないだろうと分かるから

    本来ベータヘルペスウイルスに効くと研究結果が出てる
    ガンシクロビルとホスカルネット
    もしくはシドフォビル

    などを医師たちは処方してるのかな??
    と思いきや まだ上の話は実は免疫学を学んでいない人も
    医師は多いから知らなかったりしますよね。


    だからそんな発展途上な医療状況が日本の世界の状況でしょうが
    ここで

    「ワクチン打ったらなんか欝っぽいのが
    日常になった」

    みたいな人が
    一部の欧州の医師たちが危惧するように
    出たとしたら


    その人らは因果関係の証明はほぼ不可能、だと
    私は見てますし

    そして彼らはマスコミに「見てみぬフリ」されるでしょう。

    免疫抑制剤の後遺症で苦しんだ過去がある
    私がそうでしたから。


    上の知識はそういう人は知らされないままでしょうから
    なんとかそれと付き合うしかなくなる。


    例えば痙攣が止まらないとか 目に見えてわかり易い
    副作用は 因果関係の証明がしやすいでしょうが

    上のうつ病の少女みたいに記憶障害だとか
    あとはうつ病だとか、そういった脳みそ関係の

    因果証明を法廷ですることは
    相当 現代の医療レベルだと難しい
    ってのが私が分かることです。


    例えば頑張って欝の本当の役人たちが隠す
    6番目のヘルペスHHV-6がワクチン接種後増殖したことを
    証明することはひとつの手となるでしょうが


    実際脳内のヘルペスHHV-6がどれくらい増殖してるか?を
    確認した後 mRNAワクチン受ける人はいないでしょうし、

    なおかつ それを仮にしたとしても

    接種後にヘルペスHHV-6が増えたというデータを患者が
    頑張って得て法廷に提出しても


    たぶん地裁段階で、


    「いや欝の原因は現代医学ではヘルペスHHV-6かどうか
    「まだ」分かっていないんです~」


    となって終わりですね。


    それでも今後ですがやはり因果関係の証明は難しくても
    ワクチン関係では

    色々「マスコミや為政者は認めてくれない副反応で苦しむ人」を
    中心として弁護団が立ち上がってくることを
    私は想定してますが、

    (そうなると因果関係証明の話で泥沼になる。)


    まあバフェットも・・・ファイザー株売ったけど
    本当はその辺の政治分かって売却したのではないか?

    とも個人的には思いますよね。


    ファイザー株がやたら下落してますけども、

    まあ多くの機関投資家は上のような政治もわかってますので

    訴訟リスクを懸念して
    その上でそれが営業利益を減らすシナリオ
    を見るのは当然かと思います。


    それで「知らない」ってのは結構怖いことだな~
    と本当に思いますが

    ここで知らない人に色々考えてもらうってのが
    今後民衆が前に進むために大事なんでしょう。


    だからこの動画は大事ですね。



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【検閲されるかもな動画】
    「世界中の医師たちがコロナのmRNAワクチンについての「本音」を
    発言しだしてる」


    ⇒ https://www.bitchute.com/video/4nZ7mCblGjwf/

    (最近検閲が激しく、よく動画が消されますが
    こちらの動画は2021年2月25日夜時点で
    まだ見ることができてます)

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆











    =======編集後記2========


    それで私も色々日々勉強して

    それを憲法に保障される自由言論を元にこうやって
    書いてますが

    先日副島先生の学問道場で
    http://www.snsi.jp/bbs/page/1/


    「ただのオッサンの会員」とおっしゃられる会員さんが

    これ、素晴らしい文章を書いていました。


    まさに自由言論とはこれだ!と思ったので
    最後にこちらを掲載します。

    ちなみに今の検閲時代に合わせて
    隠語も結構使用されてますが

    例えば院生⇒陰性で妖精⇒陽性ですが
    なんとか言論するために隠語が使われだしてるのも

    時代ですが

    相当頭切れる方なので見てみるとよいです。


    (引用。)
    ============
    前回途切れてしまい申し訳ありませんでした。
    ただのオッサンの会員です。

    そこいらにいる、コンビニで漫画本立ち読みしたり、
    スポーツ紙や日刊ゲンダイを脇に抱えて酎ハイ買っていくような、
    ITスキルも弱くキーボードのタッチ入力も苦手な、

    年くったオッサンです。

    なので、国際政治とか経済とか金融とか、
    数学とか、哲学とか思想とか良くわからないのですが、
    よろしくお願いします。

    本当はもっと早く対策をとるべき、だった!!!
    (悔恨)、、遂に、何の予防するの?

    (えっ ワ〇チ△の定義って弱い毒の菌を
    体にするものじゃなかったっけ? 

    いつからアレの定義が変わったの? 
    あーそうなんだ 大スポンサーの意向に逆らえないものね~ 

    今時、流行りのの忖度というやつですか。

    そういえば C国のアレは、定義通りの物なんですよね。 


    あ~C国に移住したくなったよ!ついでにR国のは、
    あまりに早くアレができたので、
    水しか入ってないのではで揶揄されてますが!

    オーベーのアレは輸入しなくても、間に合ってますってね。
    でも人間の60パーセントは水らしいので、
    いいじゃないですか


    頓智が効いて!脱水の予防ですよね これ裏●葉です。)
    も始まって、今日まで、奴らの思惑通りに着々と計画が
    進んでいくばかり。ただただ時間が確実に過ぎていくばかり。

    ああ 時間よ止まれ!!!(永ちゃんのファンでした!! ジャンジャン)

    この掲示板を見てなんとなく分かった気になり、
    下手すると俺は何でも知ってんだ 
    なんて自己満足に終わってしまいそうな、、、かと言って、

    周りの人に話しても相手にされず、
    自分ひとり孤立して、、、何とか打開しないと、

    あせったり、、俺たちは家畜や豚のように、
    もっと太るようにとか、品種改造させられて、、
    豚は太らして喰えって?

    そして、よく考えたらそのための原資は、
    私たちの税金じゃないですか?

    (MMTかも、これの善悪はともかくですが恐らく
    うまく使えばいいのでしょう? 

    そんなの全国民生活保護のための悪用されかねない
    屁理屈、かもね?まーいいかここでは)とすれば、
    こんなにもあくどいことってあるやろか。

    もう国民健康保険税(いつのまに税と言い換えた?)って
    何なのさ?払うのやめたいな。

    自分の健康は、自分でやりますって。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    安心してください、自分の病気ぐらいは自分で治します。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    そんな自由もないのですか?
    病気になったら自腹で払いますよ
    (多分このほうが安くつくかな。)

    その代わり事故とか怪我とか、手術の時だけ、
    保険でね。

    風邪とか、血圧とか痛風とか、糖尿とか、
    自分でやりますので。

    というか元々治してないじゃない? 
    だいぶ税金安くなるし、いいじゃない?

    なんせ国民の税金からの、ビッグふぁーまへの
    壮大な利×供与に見えて仕方がない。

    この税金の使われ方の正当性ってありますか?

    国民に税金を払わない権利は全くないのでしょうか?

     税務署に行って聞いてみよっか?
    あ、違うか裁判所??
    あああひょっとして憲法違反?

    日本国憲法 
    第三章 国民の権利及び義務

    第13条 個人の尊重と公共の福祉
    生命 自由 及び幸福追求に対する国民の権利については、、、、略、、
    最大の尊重を必要、、。

    第25条 生存権、国の社会保障的義務
    すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
    ②、、、略

     あっ どーもすいませんでした。大袈裟過ぎました。
    ついつい年を食って耄碌すると僻み根性がつい出るのが
    タマニキズでしてね。

    単なる年寄りの被害妄想ですね。
    皆さん、大変申し訳ありませんでした!

    私、今、米つきバッタのように頭を下げています!!


    ここの会員の方はあの病気の今の株価のような
    バブルのような馬鹿騒ぎ
    (例のアルファベットの難しい検査の仕組も勝手に変えれば、
    いかようにも、あの病気によるとされる、

    感〇者数も死◎数などの統計データーも自由自在 
    ちょっと減ったなーと思ったら、

    あーまた変異がでて妖精が増えたって、
    脅かされ、アレが効かなくなったってまたぞろ、
    新しいアレを打たされるんですかね。

    マッチ売りの少女 失礼 マッチポンプ?
    こんな言葉あったかな。度忘れしました、
    大変申し訳ございません。

    ちょっと私こと耄碌おじさんの考えすぎですかね。

    梅伝さんと同じハレンチ じゃなかった、
    アッ 度忘れしました(認知機能の落下?あっ低下?) 
    失礼しました。)も、

    あの国の大統領選挙も全部同じ根っこということを
    よくよく、重々ご存じなのでしょうが、

    もうそろそろ材料 ネタ は充分、出たじゃないですか?

    コ◎ナ騒動の真相を知る学者や医者の人も少なからず、
    いらっしゃるのでしょう。

    そして大メディアでの発言の場を封じられ、
    悲壮な危機感と勇気をもってyoutubeで
    果敢に発信されたり、

    本をお書きになっている学者の方もおられるようです。

    徳島大学の日本の名誉である教授 
    大橋まこと先生など、顔の真剣な表情など見てると、
    哀愁が漂っているようで、

    見ているこちらが悲しくなってくるぐらいです。
    大変尊敬します。

    ただ如何せん私たちの最後のよりどころ、
    頼りになるべき、現場の医者の人たちの完全なる
    洗脳のされ方を見るにつけ、歯がゆい思いと、ため息しか出ません。

    ちょっと会員の皆さん、
    病院やクリニックに行くことありますか?

    あるんでしたら、せっかくタッカイ健康保険税を
    払ってあげてやっているのですから、

    さっさと診察終わったら、素直に金おいて、
    帰るのでなく、一つ偉い先生様、
    是非教えてくださいませんかって、

    質問の一つぐらい、いいじゃないですか? 
    p何とかアールの検査って、何ですか?

    しーてぃー値とか、プライマリーバランスのじゃなかった、
    プライマーによって、院政とか妖精とか
    ころころ変わるんでしすよね?

    それでよくテレビでやっている、
    あの病気による缶戦車数とか試射数とか 

    私、悔しいけど、医学部受験に失敗したほどなので、
    先生ほど頭脳明晰でないので、難しくて意味がよくわかりませーん。

    お願い教えてくださーい!!!
    テレビで言ってる意味すら分からなくて、

    悩んでまーす。先生方の自尊心を
    ちょっとくすぐってやれば、

    先生方もふんふん、、、それはね~  
    あれ、あれ、あれ、れれのれ しどろもどろで、、、

    沈黙 呆然 どうなるんでしょうかね。

    せっ、先生気づいてくれよ、、、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ちょっと前にアレを打つ映像が、
    テレビで華々しくやっていましたね。

    東京の大病院の陰超先生がアレの第一号って。
    使命感(四迷感じゃないの?)を感じるって 

    打ったあとの1時間は痛みはなかったって、
    コメント。わけわからんよ!

    そんな打った直後の副反応なんて、
    どんな薬や注射だってアレルギーなどあるのであってね。
    そんなことじゃないのよ、今度のあれは、、、、。

    半年後ぐらいから起こるかもしれない 
    ADE (Antibody Dependent Enhancement)
    なんだよね。

    とはいえ因果関係は、そんな長期のことは、
    例によって、必ずしもそうとは、
    言えないとかなんとかでうやむや。

    今回新しいあれは、メーカーが責任を取らないんだよね。

    万が一何かあったら国が4000万とか、
    補償するとかなんとか。

    その原資ってやっぱり、我々の税金じゃないの?
    アレはまったく効果がないどころか、、、、
    祭灰汁ということじゃないでしょうか?

    本当のことをしゃべろうにも、
    できないジレンマを感じている医者の方たちも
    結構いらっしゃるかと思います。

    皆さん、どうしたらいいでしょうか?
    我々としてあるいは、個人個人として何が出来ますでしょうか?

    本当の本物の学者医者を学問道場の会員や
    その友人知人の結集で盛り上げて、守ってあげて、

    例えば、署名運動なり、何かいいアイデアはないものでしょうか?

    ただのオッサンの会員 拝

    前回の定例会の終わった後に、 
    副島先生とベンジャミンフルフォードの対談本を買ったあと、

    私は舞台の上に立つ副島先生に近づき 
    「この騒ぎトリックですよね!
    (騒ぎの実態)が無いですね?」と先生に呼びかけたら、

    先生は「無い!」と強く仰って頂きました。
    そして、私は「ワクチンやめましょう!」と言いました。




    ============


    以上です!!

    実は今号ではこの ただのおっさんさんの文章も
    敬意持って扱いたかったけど

    この前私がギリシャのアテネにいたとき
    「アテネのおっさん」も同じ事言っていたのです。

    去年の話ですが 「アテネのおっさん」も
    ギリシャなまりの英語で

    「自分の健康は、自分でやりますって。」

    ってこの考え方を私におっしゃっており、


    そんで言ってたのが

    「政府や役人(beaurocrat)どもはいつも
    「私たちがあなたの健康を守ってあげますよ~

    とキレイゴトで近づいてきて
    そして結局は税金上げてあいつらは

    その税金で食って俺たちをコロナで規制して
    支配したがってる。」

    みたいな内容でした。

    要するに

    「キレイゴトで近づいてきて、
    実際は色々強制してきて

    民衆を支配しようとする役人たちの動きは危険だ」

    ってことをアテネのおっさんは私に力説していたのだけど


    この日本のただのおっさん さんも 
    考え方としては同じことをおっしゃっており、


    これがもう大きく 考えるタイプの
    民衆の声に収束されてきてる、ように私には見えます。


    キレイゴトっていうのはいつの時代も同じで
    親切心や慈悲心を装って

    相手(敵)は近づいてきますが

    実際はそこで依存させて、支配するわけですね。


    副島先生の言葉を借りれば

    「地獄への道は善意で舗装されてる」わけですね。


    これは政治もそうだし、ワクチン行政もそうでしょう。

    依存してると確かに楽で、
    自分で考えないで周りに流されているだけで楽なんだけど

    しかしながらそれが どんどん不幸に繋がるってのが
    人類の 歴史ですから


    そこで「自分で考える」ことが本当に大事な時代ですね!!


    そんであと徳島大の免疫生物学の名誉教授
    大橋先生のことも書かれており、


    今回の編集後記1の動画も特徴があって

    「ちゃんと自然免疫を独学で学ばれた世界中のお医者さんたちが
    声を上げてる」わけですね。

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【検閲されるかもな動画】
    「世界中の医師たちがコロナのmRNAワクチンについての「本音」を
    発言しだしてる」


    ⇒ https://www.bitchute.com/video/4nZ7mCblGjwf/

    (最近検閲が激しく、よく動画が消されますが
    こちらの動画は2021年2月25日夜時点で
    まだ見ることができてます)

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    それで今の問題は実は 視点かえると

    医師免許制度の問題でもありまして


    なんと欧米も日本の多くの医師たちってのは

    「自然免疫を学ばないで
    ワクチン利権につながる獲得免疫だけ学んで
    医師免許が取れてしまう」


    状況となってるわけですね。

    これ大橋先生も以前 指摘されていた。


    ただこれ問題があって
    「どんな病気も治すのは人間の遺伝子(自然免疫)であって
    薬ではない」

    のですよ。


    薬ってのはせいぜい 人間の遺伝子が最強の医者ですが
    それをサポートするくらいしかできないですね。

    が、その人間の健康の中心である
    自然免疫について学ばないで
    医師免許取れる制度ってのが

    まあ製薬会社など既得権益のための制度なんだけど

    (すなわち、多くの医師が例えば

    先進国のノルウェーの医者たちみたいに 

    風邪引いて病院来た患者に
    「コーラ温めて治してね」としたら

    製薬会社儲かりませんね。)


    この医師免許制度の問題で

    多くの医者が自然免疫を学んでいないってことから


    このワクチンの話もおかしくなってるわけですね。


    私も色々な医師の意見を英語と日本語でメインで見るけど

    もっとも医学で最も難しい自然免疫を独自に学んでる医師は
    危険性を言って

    「安全性、有効性は確認されていない」と本音を言うけど


    一方自然免疫は難しいからそれをスルーしてる医者は
    安全だ、という傾向があるのも

    気づいてます。

    そういう意味で今までは健康と言う重要な問題に関しても

    私たちは今まで医者任せでしたが


    自分達で 体について免疫について難しくとも学んで

    自分で体についても考えていくこと


    が大事な時代ですね!!


    そういった意味でコロナ騒動は
    依存してることの危険性を

    多くの人に教えてくれてると言う見方も出来ますね。


    正解がない時代において

    誰も妄信せず、

    自分なりの正解を考えていく能力、


    これが大事です。


    是非私も誰も妄信せず

    ****さんが考える力を引き上げて
    人生切り開いていただけると嬉しく思いますね!

    そのきっかけになれば、と私は思ってます。

    権威者を教祖とする新興宗教の信者みたいな、
    依存する人が大半の社会よりは

    それぞれが独自に考えて個性発揮して
    なおかつ それぞれの意見や宗教の違いを認めた上で
    学びあって発展する社会のほうが

    明るい笑顔が多い社会ですね。


    それでは!!


    ゆう







    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    月単位で負けが出ていない自宅で出来る
    「予想しないFX手法」とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆










    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)




    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る