ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/03/31  【動画】お金持ちより「お富」持ち!?(投資哲学!ネットの登場がもたらした「横の関係」!)
  • 2021/03/30  【私が数十万円の塾で学んだ 「テストをする⇒中間層、富裕層へ這い上がる法則」 について!】(副題:自分の行動を「作成する」方法とは?)
  • 2021/03/29  【「投資家としての幹(みき)を太くする」ことを深見さんの最新動画から考える!】
  • 2021/03/28  【「日本のトヨタやホンダや日産の影響力」を 海外に住んで初めて知ったという話】
  • 2021/03/27  【FXのプレゼント動画】 「深見さんから****様へのメッセージ」
  • 2021/03/26  【副島先生の最新言論から民衆に支持されてるグローバルダイニングさんの戦いや 「人々が集まる自由」などについて考える!】
  • 2021/03/25  【必見】深見純インタビュー動画(音声)を公開!(FXのプロ×株式、経営のプロの対談!)
  • 2021/03/24  【メルマガ限定の4大特典の詳細について!!】(副題:「立派な民間の他人」から学ぼう!)
  • 2021/03/23  【期間限定】ついに4大メルマガ特典付きで 深見さんの教材を公開します!(先着50名様まで)
  • 2021/03/22  【海外現地で快適に暮らすために私が個人的に思う、 「意外に大事なこと」とは?】
  • 2021/03/21  【「見ているFXのチャート」は人によって違う?】 (現実を直視して考えられるトレーダーの対策とは?)
  • 2021/03/20  【ついに東京都の行政を飲食店経営のグローバルダイニングさんが コロナ規制の違憲・違法性で提訴することについて 考える!!】
  • 2021/03/19  【日本の週刊誌の暴走やプライバシー侵害が最近、 激しくなってきてることを考える!】
  • 2021/03/18  【副島先生の最新言論を見る!また最新刊の 『裏切られたトランプ革命 新アメリカ共和国へ』(秀和システム) が出るそうです!】
  • 2021/03/17  【限定公開!】深見さんの「特別WEBセミナー動画」を公開します!
  • 2021/03/16  【資産10兆円超えを90歳で達成したバフェットから学ぶ!】
  • 2021/03/15  【「最近、物価上がってない?」と言い出す先進国の人が増えてること について考える!】 (先進国の経済はスタグフレーションが加速しそう)
  • 2021/03/14  【世界の治安ランキングで日本は何位か?を見て 住む場所や、今後の世界で「ネットで稼げる人が強くなる流れ」 を考える!】
  • 2021/03/13  【投資家の成功と失敗に「最も因果関係」があるのは アセットアロケーションである、ということについて考える!】
  • 2021/03/12  【今後 海外移住する「ネットで稼げる日本の若者」が どんどん増えていく】
  • 2021/03/11  【トランプ大統領がGABでツイート再開したこと、 およびバイデンがトランプの「アメリカファースト路線」を 踏襲してきてる全体像を考える!】
  • 2021/03/10  【FX】低スプレッドのFX業者は実は「危険性が高い」!?(副題:為政者による大衆操作について考える)
  • 2021/03/09  【フリン将軍の最近の言説を見て、また 「なぜかトランプ大統領路線」を中東で継続するバイデンについて 考える!】
  • 2021/03/08  【FX】大企業の役員よりも稼ぐトレーダーなど「ITを使いこなす新自営業者」の台頭、から考える!
  • 2021/03/07  【テキサス州が検閲に対する法案を発表すること、 およびヤバいHR1法案や、アメリカで見られる左右の分裂、から 考える!】
  • 2021/03/06  【「FXで家庭崩壊」から身を守る】(副題:マスコミの洗脳プロセスである共同認知作成機能とは何か?)
  • 2021/03/05  【副島先生の最新言論や リンウッド弁護士の語る「偉大なる覚醒」などなどについて考える!】
  • 2021/03/04  【FXで2年かけて3000万円を13億円に増やした トレーダーの末路がひどい・・・】(実話)
  • 2021/03/03  【テキサス州ではマスク着用命令やコロナ規制がついに解除されそう】な流れを考える!
  • 2021/03/02  【アメリカ金融・債券市場の寿命】について考える!(副題:コロナのウツ問題について考える!)
  • 2021/03/01  【動画】トランプ大統領は久しぶりの演説で、 民主党に「3回」勝つことに言及(意味深) また新党作る報道を否定。
  • 【テキサス州ではマスク着用命令やコロナ規制がついに解除されそう】な流れを考える!
    配信日時:2021/03/03 21:29
    コロナ騒動は「過激にやって失敗させる政策」かもしれない論
    ⇒編集後記1

    【テキサス州ではマスク着用命令やコロナ規制がついに解除されそう】
    な流れを考える!
    ⇒編集後記2


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    月単位で負けが出ていない自宅で出来る
    「予想しないFX手法」とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【動画】トランプ大統領が1ヶ月以上ぶりに表に出てきて
    CPACで演説しました!!

    ⇒ https://youtu.be/4VDZfIvXnzI?t=29080
    (RSBN放送局。8時間4分40秒~あたりから
    トランプ大統領登場! その前はCPACの盛り上がりも見て取れる)



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【動画】トランプ大統領が1ヶ月以上ぶりに表に出てきて
    CPACで演説しました!!

    ⇒ https://youtu.be/aR93WcqtNis
    (RT。トランプ大統領の演説部分だけの動画)



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧いただきまして
    ありがとうございます!!


    さてさて、前号にて以下の号を流しました~~


    今日本でコロナ騒動もあって

    孤独問題がすごい深刻になってるけど

    その辺についても編集後記1で書いてまして


    あとアメリカの金融市場の王様が債券市場ですが

    「債券市場の寿命はいつだろう??」みたいな話も


    いつなのかは正直分かりませんが、

    ただ備えておくのは大事と思って、考える材料として

    書いてます!



    ■バックナンバー
    【アメリカ金融・債券市場の寿命】について考える!
    (副題:コロナのウツ問題について考える!)
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202103&MID=2846#2846


    それであと以前の号についての訂正なのですが

    以前にリンウッド弁護士が安倍首相について例に出したってのを

    翻訳したのですが


    これ訂正はさすがに必要と思って書いてますが

    語翻訳でした・・・失礼いたしました。


    私も知らなかったのですが調べていたら

    Abeって言うと もうトランプもAbe はよく言っていたので

    安倍首相かと勘違いしてしまいましたが


    実際は Abeは「エイブラハム・リンカーン」の

    「エイブ」でアメリカでは親しみをこめてリンカーンに

    Abeと使うのですが


    たぶんこっちだと。

    それでリンカーンの奥さんのメアリーって言って

    まあ破天荒な人でリンカーンを困らせたようですが


    このエピソードがそのまんまAbeを安倍首相と捉えても
    昭恵さんは以前ロイター英語版などで問題視されてましたから

    まあこれをリンウッドは言ってると勘違いしましたが

    Abeは安倍首相だけではなくリンカーンの話だと

    リンカーンの別の言い方らしいので


    それ私の勉強不足でしたが訂正です。


    なのでリンウッドの翻訳は修正しますが
    以下ですね!!


    ============

    リンカーン大統領は、

    彼の敵であるスパイと顧問に囲まれていたのであります。


    正直なリンカーン大統領は彼の妻、

    メアリーを信頼することさえできませんでした。


    歴史は繰り返す。




    トランプ大統領もまた、

    彼の敵である顧問に囲まれていたことでしょう。

    そう、彼の周りには信頼できる人が

    (リンカーンと同じく)ほとんどいなかったのです。



    私はファーストレディのメラニアには
    会ったことがありませんが

    いつか会える、その名誉を手に入れることを
    楽しみにしてます。


    マスコミはメラニア夫人とトランプ大統領の

    関係を恐ろしく攻撃し、侮辱したのであります。



    それは私が知る必要がある

    すべてのことを教えてくれます。


    すなわち彼らの関係は緊密であり、

    メラニア夫人、彼女は天才です。


    そしてメラニア夫人はまた、

    専制政治と自由の違いを知っています。

    (※だから行動をするだろう、という期待をこめてる)



    リンカーンは、

    妻がリンカーンに

    (ぶっちゃけマイナスに働くようなことで
    世間に攻撃されるレベルで)

    動いていたにもかかわらず、大丈夫でした。




    彼の妻メラニアが

    トランプと緊密に協力しているので、


    トランプと(アメリカ)国はさらに良くなるでしょう。


    私は正しいでしょうか?


    まあ時間がたてば分かる でしょう。


    ===========

    以上です!!

    よくトランプ大統領も最近日本に言及していて

    安倍首相のAbe って使うから
    そして文脈的に安倍の奥さんが破天荒なのも時々英語で
    報じられていたので

    【ロイターで安倍奥さんの破天荒さが伝えられていた記事】
    https://mobile-reuters-com.cdn.ampproject.org/v/s/mobile.reuters.com/article/amp/idUSKCN21Y0KP?amp_js_v=a6&_gsa=1&usqp=mq331AQHKAFQArABIA%3D%3D#aoh=16147314480069&referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%251%24s&share=https%3A%2F%2Fwww.reuters.com%2Farticle%2Fus-health-coronavirus-japan-akie-idUSKCN21Y0KP


    そっちと私は勘違いしてしましたが

    リンカーンの略称でAbe(エイブ)が使われてるのを
    私は存じませんでしたが

    いや~まだまだ勉強が足りないですね。

    リンカーンの奥さんのメアリーさんってのも
    かなり破天荒な人
    だったそうですが、


    たぶんそっちのことを言ってるっぽい、ので
    修正でした。


    ちなみにリンウッド弁護士は名前にリンカーンが
    もろに入ってまして

    だから自分と同名だからなんとなくリンカーンという主語を
    同じリンカーンという名前の人が使うと
    モヤモヤするので
    だからAbeを使った、ということだったのでしょうが

    私はもろにその辺の彼の気持ちを汲み取れず
    やはり自分は日本人だな、と思いますが
    Abeを安倍首相のことだと読んでしまったわけです・・・(笑)


    いや~英語って難しいですが、今後も勉強して色々調べつつ
    扱っていきたいと思います!


    それでなぜ上のようなことを言ったか?っていうと
    どうもトランプ大統領が動けない理由として

    メラニア夫人の何かスキャンダルとかそういうのを
    握られていて動けないのではないか?

    ということは以前からネットで言われていましたが
    その辺りを言及してるのは間違いないでしょうが

    今後トランプ大統領は戦いを続けていくのも
    変わりませんので

    引き続き注目ですね~


    ちなみに今回そのリンカーンの奥さんが
    メアリー夫人で彼女についても調べて分かったのですが

    やはりどの時代でも為政者に立ち向かう大統領や首相もそうですが
    そういう人が出てきたら

    為政者たちはファーストレディーを材料として
    政敵を攻撃してきたのだな、とも改めて分かりました。

    要するに政敵の家族をも攻撃して追い落とすってのが
    政治の恐ろしいところでありますが

    だから確かプーチンは以前に奥さんとあえて離婚してましたが
    それも思い出した次第です。

    それでトランプ大統領は本来大統領になる前は
    超有名人であって


    それこそ世界大学ランキングでは東大より上である

    ペンシルベニア大学のウォートンスクール卒業生で

    実はバフェットや新しいSNSで登場したイーロンマスク

    とも同じ出身で(バフェットは中退してるけど)



    その後不動産王になって大成功してるけど

    何一つ不自由なく暮らしていたわけです。

    ある意味彼も上級側の人だった。

    しかし彼はそこでエスタブと戦うために意を決して
    大統領になったわけですね。


    それで今もワシントンの軍産役人たちの腐敗と戦っているから

    私は彼の動き、戦いを応援したいな~とも思いまして

    そして精度を今後も見直してあげていきたい、とは

    思ってますね。


    それであと昨日書いたのがコロナ欝(うつ)問題でありますが

    これはかなり深刻だと私は思っていて
    心身の状態を崩してるひとが明らかに日本では
    増えてますよね。

    強制的に引きこもりにさせられてしまうのだから
    当たり前ですけども。


    日照時間の少ないエストニア、北欧ですと

    日焼けマシーンが普通に欝対策として強いから

    ショッピングモールにあったりしますが


    まあ紫外線でシミが出来るとかよく美白命の人は言いますが
    日光ってのは大事なものですね。

    ちなみに調べていたら
    日焼けサロンで実験していた人の
    ブログ見つけました。


    【健康と生活】うつ防止!日焼けサロンに行き始めて3ヶ月で感じた効果-前篇
    http://shinmai-se.hatenablog.com/entry/2016/01/25/232808


    まあほんとコロナ騒動は、

    色々今まで当たり前だったことが当たり前じゃなくなって
    そこで分かることがすごい多いってのがこの1年以上の
    私の感想です。


    それで最近はいわゆる「強制されてきた新生活様式」
    について

    見直す動きが世界で出てきてますが

    なんと・・・

    テキサス州がこれマスク着用命令について
    解除の方向性となりまして、

    (ミシシッピ州も)


    そこで新型コロナ関連の規制も解除していく流れとなってきました。



    まあこれは妥当な流れだと私は思いましたが

    実はもう世界中でどんどん規制解除となってきてまして

    編集後記で!







    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    【ウソにまみれたFXの世界で本当に勝てる方法なんてあるの?】

    「情報化社会」の闇!?

    「勝ちやすい証券会社と、負けやすい証券会社」が
    あるとしたら・・・


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    さて、それで上の話ともつながってくるのですが

    金融なんかでも



    「システム」がスゴイ大事で、


    もし、ですが


    個人投資家が負けやすいプログラムが
    仕込まれてる証券会社と、


    個人投資家が実力の通り、実力がある人は勝つし
    ない人は負ける、というフェアな証券会社が


    あったとしたら・・・


    怖いことだと思いませんか??


    例えば多くの投資家は「うまくなって稼げるようになろう」

    とするんだけど


    もしその投資家が使ってる取引プラットフォームがですね、

    「その投資家が上手でも下手でも結局負けてしまう設定」

    だったらどうでしょうか??



    実はこの辺について詳しく教えてくれてるのが

    今回の深見さんですね!!



    こういう案件が出てきてるのも時代の流れだと
    私は思ったんだけど、


    今日はその深見さんから****さんにメッセージです!
    今回のメッセージ、なかなか強烈ですが

    本当のことですから是非ご覧くださいね~

    ↓↓

    ============


    【ウソにまみれたFXの世界で本当に勝てる方法なんてあるの?】



    「情報化社会」の闇!?

    表に出回っている情報に騙されず
    正しくFXで勝ち続ける方法を
    期間限定で公開しています。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/




    深見です。

    「情報化社会」って言葉、懐かしくないですか?

    日本でこの言葉が叫ばれ始めたのが
    確か2000年くらいのITバブル絶頂期でした。

    当時は、一般人がインターネットの知識
    がないのをいいことに

    口八丁手八丁で
    HP制作を売るだけの会社(実際に作るのは外注)でも

    株式公開(上場)できるくらいの勢いでした。


    売ってる本人たちはITとWebの違いすら
    認識してないレベルでしたけどね(^_^;)

    そんな「情報化社会」が始まって20年余が経ちますが

    情報の大切さ、逆に言えば「知らない危険性」というのは
    当時の何十倍、何百倍にも増しています。


    テレビや新聞を見て、作られた情報だけを浴びていると
    「情報を作っている側の人間」
    のいいように操られてしまいます。


    例えば、もう何十年も耳にしてきた「国の借金」

    メディアでは「ついに1200兆円を突破」とか
    「国民一人当たり900万円」とか←これ多いですよね。

    こんなことを言ってますが、
    正確には国の借金なんてものは存在しません。

    正しくは「政府の負債」であり、資本主義経済である以上
    政府の負債は絶えず増え続けるのが当然です。

    このようなレトリック(巧みな表現)を使って
    世界最長のデフレが続いているにも関わらず

    「増税は仕方ないよね」という意識を
    国民に植え付けています。

    なぜそこまでして増税したいのか?
    政府の負債が増えても問題ないなら、
    増税はしなくていいじゃないか?

    そうです、その通りです。特に今はコロナショックもあり
    経済が停滞していますので、消費税なんて即刻凍結すべきです。

    じゃあ、なぜ増税を続けるのか?
    その裏には「法人税減税」という目的があります。

    経団連を始めとした経済団体が
    法人税減税と従業員の非正規化によって
    自社の純利益をドンドン増やしています。

    具体的には、過去20年間で
    売り上げはほぼ横ばいなのに

    純利益は約3倍、そしてそこから出る
    株主配当は約6倍に膨れ上がっています。
    (資本金10億円以上の企業の統計)


    これらを実現するために、メディアは平気でウソをつきます。

    そもそも、消費税導入を最初に言い出したのって
    政治家じゃなくて経団連ですからね。

    目的は国民の豊かさでも、社会保障でも、政府の財政でもない。
    シンプルに、企業の金儲けのための方法として導入され

    30年かけてジワジワ増やしていってるというのが事実です。



    これはほんの一例ですが、それくらい情報(事実)を知らないと
    気づかないうちに大きく損をしていしまいます。

    このようなウソに踊らされることなく
    「FXで勝つために集中する環境」を提供しています。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    ■■■■■■■■■■■■■■■■

    金融界の不都合な真実

    ■■■■■■■■■■■■■■■■



    表に出ているウソというのは、もちろんこれだけではありません。
    FXでも、ある意味これ以上にエグいウソが存在しています。


    ****様は「A-book」「B-book」という言葉を聞いたことがありますか?

    B-book業者は簡単に言えばノミ業者になるので、
    使うのはやめましょう。
    なんていう情報は、よく耳にしますよね。


    しかし、そのもっと奥深く、
    本当の実態まで知っている方はどれくらいいるでしょうか。


    例えば、同じ業者の同じ通貨ペア、同じ時間足で
    私と****様でチャートを表示してみたとしましょう。

    すると、私と****様の画面に表示されている
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    チャートは違うことがあります。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    同じ業者で同じ通貨ペア、同じ時間足なのに、です。

    なぜこんなことが起こるのかというと・・・
    業者がチャートを操作しているからです。

    チャートを操作?本当に?

    と、思うかもしれません。


    でも逆に、なぜ自分のパソコンのモニターに
    映っているチャートが正確だと思っているのでしょうか?

    実態は、FX業者が全員に同じチャートで
    取引させることは「ほぼ」ありません。

    なぜなら、99%のFX業者は、取引手数料ではなく
    「顧客の証拠金を利益にしているから」です。

    これがいわゆる「ノミ行為」ですね。

    悪いことをしていると思うかもしれませんが
    日本の法律では合法です。
    (倫理的に良い、悪いは別にして)


    いくらトレードの腕を磨いて、
    利益を出す技術を身に着けたところで

    業者にチャートを操作されてしまったら、
    そこでジ・エンドです。


    また、仮に勝てたとしても、
    次に待っているのが「出金問題」です。

    こちらも残念なことに、日本の法律では
    「どんな理由でも出金を拒否していい」となっています。

    極端に言うと

    「お前ムカつくから出金させない」
    これでも法律的にはOKです。


    こんな環境では、いくら腕があっても勝てなくて当然です。

    なにしろ、常に「チャートに対する疑念」と
    「出金の不安」を抱えながら
    トレードしなくてはいけないんですからね。


    私は、FXのテクニックはもちろんのこと
    この「環境」という部分に非常に拘っています。


    先程も申し上げたように、悪い環境で戦っていたら
    いくら実力を磨いても無駄に終わってしまうから。

    私は10年以上の時間をかけて、ついにこの「環境」を整えました。

    FXで勝つために本当に必要なこと

    それを全て揃えた自負があります。

    私自身のマンパワーは限られているため
    人数を絞った形でお伝えすることになります。

    少しでも興味を持っていただけたら
    ご登録お願い致します。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    ==============







    ==========編集後記==========

    さてさて、昨日ですがこれ

    「コロナ欝」の問題について書きました。


    ちなみに日本の「孤独担当大臣」については

    これもう世界で報道されてましたけど


    日本でも それが世界で報道されたとニュースになってますよね。



    ■菅首相が任命した「孤独担当大臣」世界で好意的に報道される
    https://smart-flash.jp/sociopolitics/133469


    ちなみにこの孤独担当大臣が上の記事にあるように
    英語ですと Minister of Loneliness ですが

    最近はグーグルよりduckduckgo が検索エンジンとしてマシなので

    そちらで検索すると沢山の海外記事が引っかかりますよね。


    それで「なんで孤独担当大臣ってのが世界で報道されたか」

    ですが


    それはまあ気持ちがみんな世界の人々は

    一定程度、共感できる部分が
    あるからですよね。


    まあ国によってはそうなるだろう、と納得という意味で
    日本のことを報じてるメディアも多いように思います。


    ちなみに国にもよりますが

    「ちゃんと人々が自由に話せる場所を設けてる国」もあって


    ギリシャなんかだとカフェがこうやってオープンして
    みんな「話す空間」が団地内に作られてるんですが

    これを私は2020年に見てきました。


    (写真)ギリシャのコロナ状況はどんな感じ?というと
    路上の机と椅子ではカフェでお茶できる状態だった。
    http://fxgod.net/gazou/picture/greece/athen_danchi17.JPG


    こういう状態だとまあ欝とかは問題にならないだろうな

    と思いましたが

    (実際にアテネで暮らしてみて毎日何かしら
    誰かと話す必要がありました。)


    しかし国によってはかなり強制的に
    家の中に 人々を収容してるわけですので

    この心身の健康問題ってのは重要になってきてますよね。


    人との関係も断絶され、会話できる場所もなくなり

    なおかつ外も満足に歩けないで日光浴できず

    となればそれは 人によっては欝は深刻になりそうですが


    まあ日本ではそうなってきてるわけですね。



    ■コロナ禍でうつ病の可能性ありの人が5割超えに!
    https://www.manegy.com/news/detail/2801



    ちなみに私は海外に住みながら、時々日本にも友達多いから

    色々連絡をするのだけど


    明らかに心身疲弊されてる方が増えてるって

    パートナーとも話してまして


    これ想像以上に深刻な問題ですよね。

    ****さんも現地日本で感じ取られてるかもしれない。


    ちなみに海外に住んでると、確かに孤独問題はあるんだけど

    日本の半数以上とまでは深刻にならない理由があって


    それが日々生活してると分かりますが

    「スーパーの店の人と他愛ない会話」

    って普通にあるんですよ。


    だから「どこから来たの?」ってやっぱりアジア人だから

    興味持って聞かれるけど

    「日本だよ~」とか知らないスーパーの人と会話して

    「あらそう、ARIGATOU!」


    とか軽い会話したりするんですけど


    たぶんこの「何気ない会話」ってすごい大事なんですよ。

    これがかなり 心身の健康に役立ってるのをスゴイ感じます。


    が、日本の場合、良くも悪くも 帰国すると感じますが

    一般的に日本は集団主義と指摘される中、


    実際は超個人主義(孤独主義?)が

    進んでるとも思いますが


    例えばスーパーのレジの人と世間話とか
    しないじゃないですか?


    だから私は時々、日本で知らない人に

    話しかけちゃったりするけど


    まあ普通に怪しまれたり、なんてことは良くあるわけです。


    日焼けで真っ黒になった知らないおっさんが

    話しかけてきたら

    日本ではみんな警戒するものですね。


    それで

    私は日本は母国で、多くの日本の方々にお世話になったから

    愛着はあるんだけど


    ただ、やっぱり 日本は社会の分断が進んだ孤独社会ではある

    とは毎回、感じますよね。


    誰にも干渉されず楽といえば楽なんだけど

    まあ社会のなかで孤独問題は明らかに日本では生じやすいだろうな

    というのは感じます。


    例えばですが、私が今住んでる欧州東部では

    憎めないよく助けてくれる管理人のおっさんがいて、


    あまりカネがないからタバコ買えないんだけど

    私に「ねえ、タバコ1本ちょうだいよ~」とか

    つたない英語で言ってくるんだけど


    「いいよ、おじちゃん、じゃあ2本あげちゃうよ」

    みたいなやり取りですね、


    そこでおっちゃんがめっちゃ嬉しそうなのですが

    こんなのが普通に日常であります。


    ちょっとしたやり取りなんだけどこういうのがまあ

    日常で社会の中に自分がいるのをすごい感じられるので

    孤独ってのはあんましないと 生活していて思うわけです。


    一方やはり日本ではそういう

    目に見えないコミュニケーションは

    いつの時代からから、政策的になくなりましたから

    (本当は社会分断ってのが巧妙に行われてますね。)


    そこでさらにコロナ問題で人々を家に閉じ込めるとなると

    大きな問題が発生して当然ですよね。


    5割以上が欝の可能性あり、ってのは

    深刻な問題ですよね。

    ちなみに上の記事ですと20代に至っては


    うつ病可能性あり が65.2%となってますが


    これ 本当に??とか思うんですが

    実際に日本の若い人たちと私はやり取りすることがあるけど

    それはどうしても感じることはあるわけです。


    日本で幸福になるためには、

    日本は経済的には餓死しない国ですが


    その際に精神の充実度を高めることを意識するのが

    すごく大事ですね。


    ちなみに私の場合は 日焼けだけじゃなくて

    自然免疫高めるために温泉もよく行ってましたが

    それもあってなんだかんだ精神の健康は大変な人生でしたが

    それだけはなんとかなりました。


    まあだから今まで

    「当たり前だったから価値が分からなかったこと」

    を私たちは理解しておりますが


    例えば、外で友達とカフェやら居酒屋でとりとめなく話す

    とか、


    その辺の今まで当たり前だった行為が

    大いに実は人々の精神の健康に

    役立っていたのも分かりますよね。


    ちなみに昔から私のメルマガでは政治学の自由の重要性を

    書いていましたが


    コロナ前なんて 「ふーん、そうなのか」みたいな

    反応が多かった気がするんですが
    (要するにみなあまり興味ない、笑)


    最近めっちゃしっかり

    近代デモクラシーの考え方を読んでくれる人は

    増えてるんですね。


    それはたぶん、自由がなくなって自由の価値が分かった
    ってことなのだと思いますが


    やはり人間はそれが当たり前だと価値に気づきませんが

    コロナでそれが当たり前じゃなくなって価値に気づくものですね。


    ちなみに私が分かったことがあって

    実は カフェとか居酒屋とかファミレスってあるけど


    あれらの飲食店の本当の価値ってメシじゃないんですよね。


    「憲法21条で保障された言論や表現の自由」

    ってあるけど、


    これはトランプを応援する
    車椅子のマディソン議員がおっしゃってたけど


    「その自由な言論空間が実は カフェとか居酒屋とかマックとか

    ファミレスの空間」


    なんです。


    実は顧客がなぜそれらの空間にマネーを落とすかというと

    色々理由があるけど


    最も大きいのが 自由言論の空間として

    マネーを落としてるってことですよね。


    カフェはまた人によって違うでしょうが

    特に居酒屋なんかは特にそれが大きいと思います。


    だべりまくってる数人のグループに追加注文どうですか?

    とやれば どんどんお金使ってくれて


    それが売り上げにつながるわけですね。


    だから飲食店の機能ってのは飲食だけではなくて

    社会にとって自由言論の場所を提供してるっていう

    目に見えない強烈な価値があるわけですね、どうも。



    逆を言うと、飲食店の閉鎖ってのは

    その民衆の言論空間を閉鎖させる

    ことですから、


    それは政治的なイデオロギーがあるわけですね。
    (共産主義においては自由な言論空間は規制されますね)


    それで人々は話す場所をなくしますが、

    そこで人々は孤独を強く感じまして、


    その結果、人によっては欝は増えて当然のようにも思います。


    ちなみに左派の人たちは上のような

    本質に触れられたくないから

    貧困問題がその孤独や欝の本質のように嘘言うんだけど、



    例えば貧困飛び越えて 貧乏な国は沢山ありますが

    じゃあ孤独問題が日本ほど深刻か?

    っていうと違いますよね。


    なんだかんだ、社会の分断は

    そういう国では日本ほど起こっていないし

    人々は話す場所、機会は結構あるからです。



    ちなみに共産主義政策で男女平等政策が嵐のように
    吹き荒れてますが


    実はその結果、男女は日本で対立するようになってますね。

    ○○平等政策ってのは、実際は社会のそういった
    アクター同士の対立を作るために使われるものですね。

    それは男と女であっても
    若者と高齢者であっても
    金持ちと貧乏人であっても

    何でもいいんだけど、本当は
    全てのアクターは結合し、良い人生のために
    協力してきたのが人類です。

    男と女が結合するから子供が生まれますし、

    若者と高齢者が結合するから知識や資産の
    伝道が社会で起こりますし

    金持ちと貧乏人が結合して
    金儲け教えたり学んだりするから
    経済拡大します。

    一方共産主義の平等主義は聞こえはいいですが
    実際は社会の上記アクターを対立においてるのが
    問題であり、

    その背後には社会分断の思想がありますね。



    それでコロナ騒動ってのは

    本当は共産主義の政策やイデオロギーが適用されており、



    そこで人々の自由、をあらゆる側面で奪ってるというのが

    事実であって、


    それが欝問題の大きな側面であるから


    だから実は社会主義や共産主義では自殺者は増えますけども


    ここに言及されたくない勢力がやはりいるとしか

    私には思えません。


    それでここで自由な言論空間としての飲食店を

    復活させるってのは大変大事になってくるわけですが


    もうそれが この1年の共産主義的な政策の反動で

    どんどん世界中に広がってますね。



    だから今回のコロナ騒動の今見えてきてる側面として

    すごい面白いのが


    この1年、誰でも「これ共産主義政策やろ」って気づくレベルで

    各国の政策が組まれていたのですが


    やはり物理で作用反作用の法則がありますが


    「それを過激にやることで一気に多くの人々は

    その逆の自由の重要性や、デモクラシーや資本主義の重要性に気づく結果」

    となっているわけです。


    ちなみに2019年くらいまでには

    「資本主義なんて ブルジョワジー政策だ!!」

    と主張する人が沢山いてですね、


    ここで共産主義の色が世界的に強くなってきた流れで

    そこでコロナ騒動が起こって一気に

    共産主義的なやり方が過激に進んだわけですが


    そこで例えば 自由な市場、自由な営業は無視され

    お上、エリートが店の営業も全管理するっていう

    共産主義としか言えない政策がこの1年、導入されてきた。


    ここで人々は「ああ、以前のように自由に営業できた

    あの日が懐かしい」と考えるようになってきており


    自由な経済の重要性に気づくようになりましたが


    まさに今世界中で揺れ戻しが起こってますね。


    アメリカなんかは分かりやすくて今まで

    自由を唱えてる人なんて あまり相手にされませんでしたが


    多くのアメリカ人たちが「自由の重要性」を理解しだしてる。



    だから面白いことに、コロナ騒動が

    「人々に自由の重要性を教育した側面」

    を私はすごい感じてます。



    ちなみにワクチン問題だってそうで、

    この前1人日本人の60代女性が 接種3日後で死亡しまして


    それが大きく取り上げられてましたが


    以前なんかはワクチン問題で 疑問を呈する人たちなんて

    頭おかしい人扱いだったのですが


    今は人々が真剣にワクチン問題について考え出してる。

    だから別の視点で見ると


    本来共産主義は「ステルス化してゆっくり進める必要」

    がありまして、


    それに一定程度成功してきたのですが


    それが2020年、「過激な共産主義政策」となりまして、

    (以前は政府がウイルス問題で強制力持って
    店を閉めさせるとか ありませんでしたよね。)


    一気に人々が目覚めるきっかけとなってしまってます。


    だから私なんかはこの数ヶ月

    「過激に共産主義を進めさせて失敗させようという

    諜報勢力が勝ちつつあるのかな」


    とかちょっと感じてしまってるわけです。


    ちなみに「世界全体」で見る視点ってありまして

    経済の部分ですと実は社会主義やその後とされる

    共産主義って「短期では」強いんですね。



    大体の民族ではこれ、最初 国家のアイデンティティって
    ないわけです。


    が、短期成長させるためにはどうしても

    主権国家論とか言うけど

    「俺は○○国出身」みたいなアイデンティティを確立させる

    必要があるんだけど


    そこで短期で数十年くらいで無理やりアイデンティティ作って
    経済成長するには

    共産主義って強いわけです。


    短期では爆発的に社会主義も共産主義も経済は伸びます。

    いわゆるブースターの役割を果たすのは事実ですね。



    しかし共産主義で経済は短期で伸びても

    それが100年とか200年となるとやはり弱くて


    どうしても人類はその後、

    自由主義と民主主義が合体した近代デモクラシー

    + その自由市場に基づく資本主義が必要でありまして


    こっちは短期の爆発力はないけど長期で伸びるわけで

    その社会実験国がアメリカでした。


    それでおそらく世界全体の経済成長を考える

    大金持ちたちはいるはずでして、


    世界全体の経済成長を今後も続けるとなればですね、

    どうしても 今まで当たり前で重要性がわからなかった

    自由とか資本主義について人々が考えることが大事に成りますが


    今回なんとコロナ騒動はまさにその「教育機会」となってる

    のは事実なんですね。


    だからこれ結構政治の面白いところ?だと私は思うんですが

    私も日々色々勉強するけど


    「何かの政策を失敗させたければ過激にやれば

    失敗させられる」


    という視点があるんですね。


    例えばですが 自由もクソもない

    戦争をしたいという人はあまりいないと

    思います。


    これは昔から私は書いてきたことなんだけど

    「じゃあ戦争を起こさないためにはどうすればいいか?」

    ですが


    歴史を見たら「戦争反対~~」と左派が

    「ファッションで戦争反対」を言ってきたわけですが


    実際は そんなの関係なしに

    戦争に民衆は巻き込まれたじゃないですか?


    だから昔私は軍産との対抗方法をメルマガに書いてきたのですが

    それは


    「戦争過激にやるぞ~~バンバン爆弾落として

    戦争するぞ~~と誰かに過激に主張させれば

    民意が危機感を持ち立ち上がって 戦争を防げる」


    と言うことを書いていたんですね。


    そしてその後出てきたのが・・・

    トランプ大統領でした。


    私は彼を尊敬しますが、
    おそらく米国でも同じ分析をしてる人間が多くいて、


    トランプはまさに

    「一見過激にやって失敗させる政策」

    をうまくやったんですね。


    トランプが戦争を回避したのはそれが理由でした。


    これが実は今の諜報の策なんでしょう。


    だからあえて過激にやって失敗させるってのが世の中には

    考え方としてあるんですが


    今回のコロナ騒動も過激に共産主義政策をやってるわけですね。


    人々は当然反発します。


    だから作用反作用の法則で

    逆に自由や 商売が自由にできる意味を人々は

    理解してますが


    それが1年経過して効いてきてるわけで

    ここで各国で経済が立ち上がってきてますが


    アメリカでもテキサス州が立ち上がりつつあるわけです。





    ========編集後記2=======

    それで今テキサス州あとはミシシッピ州で 


    「マスクの着用命令を解除し」

    それで多くのコロナ規制を見直しましょうって動きが

    出てきてまして


    これですね。


    Bonafidrっていう最近注目されてる
    新しいメディアですが

    最近はまた面白いことに「反動、反作用」で

    こういう新メディアが注目されてます。



    ■テキサス州とミシシッピ州ではマスク着用命令や
    新型コロナ関連規制を終了することを発表。
    http://www.fxgod.net/a/groups/1294635/bona1/




    それで最近季節も暖かくなってきましたが

    どんどん世界中でこのような


    「今までの新型コロナ対策とかマスク着用命令とか

    おかしすぎる!!


    そろそろ変えていくぞ」


    という民衆優位の動きが出てきてるんですね。


    以前はなんだかんだどの国でも民衆がバラバラでしたし、

    自由のありがたみなんて 人々は口にも出さなかったけど


    最近はアメリカであってもテキサス州において

    「自由を大事にして店もあけて営業するぞ~~!

    資本主義で商売やってくねん!」


    という動きが強くなってきまして


    テキサス州の人たちはしばらく

    マスクもそれぞれの考え方、自主性に任せて


    その上で店も営業させていくことになりそうです。



    それで・・・私は世界各国の動き見てるんだけど

    昨日も書きましたが


    そう、世界の国で一斉にですね、

    面白いくらいに お店が開き出してます。


    私のいる欧州東部でも同じなんですよ、本当に。


    これだから、なんかすごい頭脳がとんでもない

    金持ちたちがいて、


    そこで大きく世界の世論を動かしてるのでは??


    という考えはどうしても してしまいますね。


    要するに民衆、民意に

    「あんたら早く気づいてくれ」

    みたいな流れがどうしても感じられますし、

    絶対的にその啓蒙活動がコロナ騒動の裏側でありますよね。



    ちなみに私がいる地域でも冬場は

    電車とかバスが止まっていたのだけど


    最近、都市に住んでますが 「電車の走る音」

    が生活してると聞こえてきたんです。


    ガタンガタンってあの電車が走る音。

    懐かしい・・・と思いました。


    日本だと電車は走ってますが 電車も止めてしまった国は
    結構あるわけですが

    最近はまさに この時期に合わせて

    電車も動いてきた。



    それで世界中の国で、経済がなんだかんだ

    狡猾に再開されだしておりますが


    ここで私が驚いたのがアメリカに関しては

    都市封鎖が続くだろうなと思っていたのですが


    テキサス州やミシシッピ州などの保守派が強い地域では

    経済再開してくることが決まってきたわけですね。


    3000万人のテキサス州では

    8ヶ月前にマスク着用命令が出されたわけですが

    これが今後 いつまでかは不明ですが

    とりあえず解除となりまして


    マスク着用命令が解除された最大の州となります。


    ただこれ 「狂った共産主義の米CDC」がですね、

    やっぱりそれにギリギリまで反対してまして

    「変異株が生まれただなんだ」

    とずっとやっていたわけですね。


    まあコロナはRNAウイルスなんだから

    変異株なんてもっと毎年のように出てることでしょう。


    それで最大限CDCもごちゃごちゃ言っていたのですが

    テキサス州はこのクレイジーなCDCを跳ね除け、



    一応 ワクチンを沢山接種してるから

    だから大丈夫なのですっていうロジックで

    そこは アポット知事は ワクチン狂のCDCに論調合わせてますが


    これ巧妙に コロナ規制を解除させてます。


    またさらに面白いのがパウエル弁護士は私のメルマガでも
    よく登場する方ですが


    このパウエル弁護士が ロックダウンとか激しい

    カリフォルニア州の役人を今 詰めてるんですが


    本来民主党の地盤でもある

    カリフォルニア州ですが


    共産主義のロックダウンを過激に進める

    ニューサム知事に対して

    もうみんな激オコ状態となってるんですね。


    ここでギャビン・ニューサム知事やめさせろってことで

    リコールを求める署名が、

    住民投票(リコール選挙)の実施に

    必要な「約150万件」集まったとされるのだけど


    1州で150万件のやめさせろって署名が集まったのは
    すごいですよね。


    ただパウエル弁護士が暴露してますが

    本当は300万くらいの署名が集まったらしいですが

    50%くらいを本人確認作業を理由に無効にしたってことで


    これも問題になってきている。


    それでここでテキサス州やミシシッピ州が「自由」
    になっていく中、


    カリフォルニア州など民主党の州が

    「ババ引く状態」となってますが


    これ世論としては さすがに民主党に対しての反感が
    高まる流れとなってます。


    だからこれ見ると、今まで比較的

    社会主義や共産主義に親和性を感じていた

    カリフォルニアの人たちも


    まさに反動で

    「やっぱり自由が大事」と気づいてきてますね。

    それでこれが大変面白いのが


    アメリカだけではなく世界中でこの反動が

    同時に起こってきておりまして


    東南アジアも緩和されつつあるし、

    東欧地域もそうですし、

    中国なんかは以前から経済開放しちゃってますが


    全世界で このコロナ騒動の反動があって

    人々が自由や自由な商売の必要性を

    理解するようになって来てまして


    それが各国のコロナ政策に反映されて来てますね。


    だから結構面白くて、

    私もこの数年メルマガで世界の共産主義化が進んできてる

    と書き続けてましたが


    まさにそこで「ジョージオーウェルの1984の

    ディストピアの世界観」


    がネットでよく言われていたわけですよ。


    もう完全監視で全て人間は監視されて

    それでワクチン接種でナノチップ埋め込まれて

    ゴイムとして民主はNWOの支配下みたいな話ですね。



    それでこれ田中宇先生が以前指摘されていて

    私もすごい考えていたのだけど



    「コロナ騒動で作られた全体主義の

    世界観がジョージオーウェルの1984を

    モデルとしてる」


    のに多くの人が気づいてるわけで

    だからこそ今ジョージオーウェルの1984は

    すごい読まれだしてるのですが


    そうその反動が今見られて

    人々は経済が回る重要性を逆にすごい理解してる

    わけです。


    日本だって 20代の若者の半数以上が欝の疑いなんて

    出てきてますが


    もうこれ、さすがにみなおかしいと思う状態です。



    だからインターネットではいわゆる陰謀論といわれるけど

    おそらく相当頭良い人間が上にいて

    これをあえて流布させて、


    今の世界観をジョージオーウェルの1984の枠組みで

    大多数に認知させて、


    共産主義の危険性に目覚めさせて、


    その上で 自由や本来の資本主義を今後の

    世界のメインの考え方として

    理解させたい人たち、


    は おそらくいるのだろうな、ってのが私が

    最近考えてる点ですね。


    もちろん、今後も全体主義や共産主義や社会主義には
    気をつけないといけませんが


    どうも社会は左派政策を過激にやったことで

    自由や資本主義を純化させることが大事だ


    という世論に集約されてきた、


    のが私が見てる点ですね。


    それでこれはですが、おそらく、

    上に書いた「自由主義+民主主義が合わさった近代デモクラシー

    と、 経済体制は資本主義」


    ってのが長期での世界経済成長を作るのですが

    そこで世界各国の投資家は 


    まさにバフェットが日本に投資してるけど

    長期で世界投資して儲けられるようになる、

    んですね。


    そこで今までは自由がなかった国でも

    自由市場が出来まして、例えば近年中に

    北朝鮮にさえ ピョンヤン株式市場みたいのが

    できるでしょうが、


    だからおそらくそのための地盤作りのために

    コロナ騒動という反動が 仕掛けられてる可能性

    ってのは私は変人扱いでしょうが


    最近よく、考えてるところです。


    と言うのは今回ですが コロナ騒動の多くを見ても

    ネットの昔からの陰謀論にヒントを得て仕掛けられてる感覚は

    すごい強いわけです。


    昔はワクチン強制でマイクロチップ埋め込みの未来になる

    なんて誰も信じませんでしたが


    今それに近いワクチン強制っぽい流れになってますが

    ここで人々は以前にそういう情報を得てるから


    ちゃんと今危機感を持てるようになってます。


    その結果、自由であったり、資本主義に必須である商売の自由が

    見直される流れとなってきてますね。



    だから今大きく2論あって

    1今後コロナ騒動で世界共産主義革命が進んでいき

    人類ゴイムは家畜化される


    っていう言論が結構見られるわけでそれもありえそうですが

    しかし今の流れ見ると、


    2逆にこの過激に仕掛けられた共産主義政策で

    今まで考えなかった人も「覚醒」して

    その上で自由と資本主義の重要性を考えるようになって


    今後実は より自由と資本主義が純化される時代になり、

    それが世界中に広まっていき、


    世界中で中間層が大量創出されて


    そしてその新興国の新中間層が消費して 多くの企業が儲かり

    投資家が最終的に儲かる未来



    にもなりそうで、

    私は2の可能性が高まってると

    この2~3月に考えてました。



    ちなみにかなりマニアックな話になるけど

    実は人類は「純化した資本主義をまだ見たことがない」

    のですね。


    なぜでしょう??


    それはやはり ネット登場前は

    資本主義に必須の「完全情報」体制はなかったからです。


    PDF
    【インターネットの登場が 「人類に初めての資本主義」をもたらす】
    http://yuhfx1.com/pdf/capitalism_perfect_information1.pdf



    それで資本主義が本来ですね、完全に機能するには

    前提条件があって


    「役人の公的部門と、中小など私的企業が

    完全100%分離」


    してることが必要なんですね。


    ちなみに左派の人は、新自由主義を資本主義と

    ごっちゃにして勘違いしていますが


    新自由主義と資本主義の違いがまさに


    「役人の公的部門と、中小など私的企業が

    完全100%分離してるか否か」


    です。


    新自由主義ではこれが分離どころか癒着してるものでして

    例えば 多国籍企業の暴走に官僚たちが加担してる、

    そういうものですね。


    ここで圧倒的エリートと大多数の貧乏層となりまして、

    そこで、「スーパー格差」となるんだけど


    実はこの経済状況が共産主義で必須でありました。


    だから本当は、政治学学んでると分かりますが

    新自由主義ってのは資本主義じゃなくて

    共産主義の亜種なんですね。

    が、それについてもみんな気づきだした。


    それで一方、資本主義では




    「役人の公的部門と、中小など私的企業が

    完全100%に近く分離する」


    のだけども、これを純粋な資本主義で

    純資本主義と呼びますね。


    しかしこれは実は 実現した国は皆無なのでありまして


    アメリカは何とかそれを実現しようとしまして

    人類史上初めて 資本主義に「近いもの」を構築しましたが

    それでもやっぱり中途半端でした。



    それでおそらく 本当に金持ちの投資家たちは

    純資本主義の世界を見たいわけですが


    今後コロナ騒動の反動で

    世界は逆に、共産主義ではなく

    純な資本主義を 世界各国が追っていく体制


    になっていく可能性は上がってきてますね。


    ちなみに資本主義の自由市場であれば

    「自由」の重要性を人々は理解する必要がありますが


    今回コロナ騒動で多くの人はその自由の価値を

    痛いほど理解した。


    それでコロナ前は各国の役人たちや大企業たちが

    今もそうですがまだまだ強い状態で


    彼らの根本思想は共産主義であり

    また資本主義は独占禁止法が機能しないと

    すぐ崩壊しますが


    大企業たちは独占、寡占を当たり前にしてきましたが


    最近やはりそれも反動で疑われだしている。


    コロナ前は問題にならなかった
    GAFAなどの独占寡占が問題になってますし


    役人たちが権限を強化してビッグテックと癒着して
    自由を奪うことにも
    人々は怒り出してる。


    それでその反動としてこれまた

    自由なSNSが今後登場しそうなんですが


    動画サイトですとランブルとかビットシュートも

    使われだしてますけど、


    今回のコロナ騒動は 結果として見ると

    役人と大企業の癒着にも

    結果としてメスが入る流れになってるんです。


    だから面白いことに

    「過激にやって失敗させる策」ってのが

    以前はアメリカ国内で軍産に対して

    トランプ陣営によって行われていましたが



    これが世界中で政治イデオロギーまで拡大しており

    共産主義者に過激にやらせて失敗させる

    ってのが成功してる可能性も見出せますね。


    まあまだ油断しちゃいけませんが
    なんとなく

    そんな流れは見えてきてるそんな3月です。


    それでおそらく短中期では色々荒れると思いますが

    しかし長期では 起業家や投資家たちが

    市場で商売や投資をやっていき


    世界中の経済を拡大させていくという

    世界の体制に収束していきそうなので


    そこで個人や中小企業たちが 

    ネットを活用して、なおかつAIなんかも個人たちが

    活用して


    商売していく体制になんだかんだなりそうなので

    商売についての知識を得て学んでいくのは

    今後より重要性を増していきそうですね。


    私がメルマガで書いてきたのが

    「共産主義者たちは冷戦終結後も死んでいないで

    世界各国に生き残って影響力を行使してる」


    ってことでしたが


    どうも今回の過激すぎる コロナのやり方で

    一気に民意から反発が起こって


    共産主義の人たちは追い込まれる流れが

    形成されていきそうでもあります。


    まあだから今後も資本主義や 

    あとはその基礎である近代デモクラシーを学んで


    小室直樹先生が資本主義原論で書かれていた

    資本主義の精神に沿って生きていくのが

    大事な時代になりそうですね~



    ちなみにそこで金融分野でいうと

    世界では投機トレーディングが流行してますが

    徐々に長期の投資と言う考えも大事になってくるでしょうから


    投機トレーディングを学んだら

    長期保有の投資を学ぶのも大事になりそうです。


    今後 価値を作り上げる能力のある起業家たちに

    投資家たちがマネーで支援して

    彼らがその価値をどんどん社会で作り上げて


    社会が、全世界的に発展していき

    特に以前書いた新興国で中間層が増えていき


    彼らが旺盛に消費して

    経済拡大する、


    こういう形になっていくでしょうね。


    だからジョージオーウェルの1984を模倣した
    コロナ騒動は


    仮説として

    結果的には 人類史上初の、

    純資本主義を後押しする

    歴史的な出来事、装置として機能していく可能性が

    出てきてますね。


    勿論 油断禁物ですが ただ多くの人はなんとなく
    その動きを感じ取ってるのではないかな?とも思います。

    自由に商売や投資が出来る、

    これはすごい大事なことですね。



    それでは!


    ゆう









    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    月単位で負けが出ていない自宅で出来る
    「予想しないFX手法」とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆










    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)




    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る