ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/03/31  【動画】お金持ちより「お富」持ち!?(投資哲学!ネットの登場がもたらした「横の関係」!)
  • 2021/03/30  【私が数十万円の塾で学んだ 「テストをする⇒中間層、富裕層へ這い上がる法則」 について!】(副題:自分の行動を「作成する」方法とは?)
  • 2021/03/29  【「投資家としての幹(みき)を太くする」ことを深見さんの最新動画から考える!】
  • 2021/03/28  【「日本のトヨタやホンダや日産の影響力」を 海外に住んで初めて知ったという話】
  • 2021/03/27  【FXのプレゼント動画】 「深見さんから****様へのメッセージ」
  • 2021/03/26  【副島先生の最新言論から民衆に支持されてるグローバルダイニングさんの戦いや 「人々が集まる自由」などについて考える!】
  • 2021/03/25  【必見】深見純インタビュー動画(音声)を公開!(FXのプロ×株式、経営のプロの対談!)
  • 2021/03/24  【メルマガ限定の4大特典の詳細について!!】(副題:「立派な民間の他人」から学ぼう!)
  • 2021/03/23  【期間限定】ついに4大メルマガ特典付きで 深見さんの教材を公開します!(先着50名様まで)
  • 2021/03/22  【海外現地で快適に暮らすために私が個人的に思う、 「意外に大事なこと」とは?】
  • 2021/03/21  【「見ているFXのチャート」は人によって違う?】 (現実を直視して考えられるトレーダーの対策とは?)
  • 2021/03/20  【ついに東京都の行政を飲食店経営のグローバルダイニングさんが コロナ規制の違憲・違法性で提訴することについて 考える!!】
  • 2021/03/19  【日本の週刊誌の暴走やプライバシー侵害が最近、 激しくなってきてることを考える!】
  • 2021/03/18  【副島先生の最新言論を見る!また最新刊の 『裏切られたトランプ革命 新アメリカ共和国へ』(秀和システム) が出るそうです!】
  • 2021/03/17  【限定公開!】深見さんの「特別WEBセミナー動画」を公開します!
  • 2021/03/16  【資産10兆円超えを90歳で達成したバフェットから学ぶ!】
  • 2021/03/15  【「最近、物価上がってない?」と言い出す先進国の人が増えてること について考える!】 (先進国の経済はスタグフレーションが加速しそう)
  • 2021/03/14  【世界の治安ランキングで日本は何位か?を見て 住む場所や、今後の世界で「ネットで稼げる人が強くなる流れ」 を考える!】
  • 2021/03/13  【投資家の成功と失敗に「最も因果関係」があるのは アセットアロケーションである、ということについて考える!】
  • 2021/03/12  【今後 海外移住する「ネットで稼げる日本の若者」が どんどん増えていく】
  • 2021/03/11  【トランプ大統領がGABでツイート再開したこと、 およびバイデンがトランプの「アメリカファースト路線」を 踏襲してきてる全体像を考える!】
  • 2021/03/10  【FX】低スプレッドのFX業者は実は「危険性が高い」!?(副題:為政者による大衆操作について考える)
  • 2021/03/09  【フリン将軍の最近の言説を見て、また 「なぜかトランプ大統領路線」を中東で継続するバイデンについて 考える!】
  • 2021/03/08  【FX】大企業の役員よりも稼ぐトレーダーなど「ITを使いこなす新自営業者」の台頭、から考える!
  • 2021/03/07  【テキサス州が検閲に対する法案を発表すること、 およびヤバいHR1法案や、アメリカで見られる左右の分裂、から 考える!】
  • 2021/03/06  【「FXで家庭崩壊」から身を守る】(副題:マスコミの洗脳プロセスである共同認知作成機能とは何か?)
  • 2021/03/05  【副島先生の最新言論や リンウッド弁護士の語る「偉大なる覚醒」などなどについて考える!】
  • 2021/03/04  【FXで2年かけて3000万円を13億円に増やした トレーダーの末路がひどい・・・】(実話)
  • 2021/03/03  【テキサス州ではマスク着用命令やコロナ規制がついに解除されそう】な流れを考える!
  • 2021/03/02  【アメリカ金融・債券市場の寿命】について考える!(副題:コロナのウツ問題について考える!)
  • 2021/03/01  【動画】トランプ大統領は久しぶりの演説で、 民主党に「3回」勝つことに言及(意味深) また新党作る報道を否定。
  • 【副島先生の最新言論や リンウッド弁護士の語る「偉大なる覚醒」などなどについて考える!】
    配信日時:2021/03/05 21:45
    【副島先生の最新言論や
    リンウッド弁護士の語る「偉大なる覚醒」などなどについて考える!】
    ⇒編集後記で


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    【FXで2年かけて3000万円を13億円に増やした
    トレーダーの末路がひどい・・・】(実話)

    月単位で負けが出ていない自宅で出来る
    「予想しないFX手法」とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧いただきまして
    ありがとうございます!!


    さてさて、ここ最近ですが、

    よくネット見ていると


    「偉大なる覚醒」

    =英語で Great awakening



    という単語、フレーズをよく目にしますよね。


    私のメルマガでも 偉大なる覚醒という言葉ではないけど

    「洗脳から目覚める重要性」をずっとこの10年、

    書き続けていたのですが



    なんか最近・・・

    「世界的に偉大なる覚醒」が起こりだしているわけです。


    この前テキサス州のマスク着用禁止の解除なども
    書いたのですが



    ■バックナンバー
    【テキサス州ではマスク着用命令や
    コロナ規制がついに解除されそう】な流れを考える!
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202103&MID=2847#2847

    ここで書いてますが 例えば民主党の
    カリフォルニア州なんかでも

    もう知事へのリコールが実際は150万どころか300万件は
    実際はあったようですが


    アメリカでも「人々の目覚め」が始まってますが

    これ世界的に・・・進んでるのですね。


    ちなみに今私は欧州の東中側におりますが
    これが日々の生活でも感じ取れて、

    まあみんな英語はある程度話せるから話すのだけど
    やっぱりコロナの話はちょくちょくするんだけど

    以前はというとコロナ騒動のおかしさってみんな
    言わないで「まあ政府が言ってるからそれにおとなしくみんな
    従ってるよ」

    とおっしゃる方が多かったんだけど、


    しかしこの1~2ヶ月前後ですかね、

    「経済を政府行政が止めまくるのはおかしいでしょ。
    インフルエンザと何が違うの」

    って 言う「覚醒」した人が明らかに増えてきた。



    それで、日本を見れば、ですが
    あの、モテおじさんの、多目的トイレでも有名となった
    渡部さんについてですが

    以前は渡部さんに対しての集団リンチがあって
    それはおかしい、なんて私はメルマガで扱っていたのだけど
    それは当時はどうも少数派だったんですが

    なんと最近・・・


    渡部さんを叩くマスコミが逆に民衆によって
    叩かれていて、

    当たり前なんだけど「いじめはよくないでしょ」
    と、覚醒して言い出す人が日本で増えてるんですね。


    ちょっとしたことなんだけど

    「社会の流れ」が明らかに変わってることを
    感じ取ってる人も多いと思います。


    それで今日は副島先生の言論や
    あとは、リンウッド弁護士の「偉大なる覚醒」についての
    ツイートなどを見て、


    世界全体の動きについて考えて行きたいと思います!

    なんと皮肉なことに
    明らかに 稚拙(ちせつ)なコロナ騒動や米大統領選挙が
    世界中の民衆の覚醒を
    促してます。


    編集後記で!





    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    【FXで2年かけて3000万円を13億円に増やした
    トレーダーの末路がひどい・・・】(実話)


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




    さてさて、それでそんな中でも
    私たちはなんだかんだ日々生活しておりまして
    「稼ぐ」必要がありますが


    最近人気なのがこちらの深見さんの案件ですね~


    普通はFXとかは「上に行くか下に行くか予想」する人が多いけど

    この案件ですと

    「予想しない」のが特徴です。


    というか相場は予測とか予想できない、と言う考え方持たないと
    これ難しいんじゃないかな?

    と私は経験上思いますが


    こういう案件が出てきたのも時代だな~と。


    それでさらに今日の文章面白いんですが

    これ実話で

    あるトレーダーが3000万円を13億円に増やしたのですが


    その話です。


    まあ普通に「3000万円を13億円という数字に増やしたら
    すごい」

    と思いますよね??


    さあしかし、現実は??なのですが

    これは具体的な証券会社名はぼかしてますが

    面白いので、そして私も知ってますが実話なんで、

    見てみましょう!!


    以下深見さんから****さんにメッセージです!

    ===============

    ****様。

    深見純です。


    興味を持って読んでいただきまして
    ありがとうございます。


    突然で誠に恐縮ですが

    ****様に一つお聞きします。

    「今まで人に騙された経験はありますか?」


    恐らく、高確率で「YES」と答える方が多いでしょう。


    生きていれば、人に騙されてしまうこともあると思います。

    世知辛い世の中ですが、それもまた人間です。


    しかし、今日お伝えしたいのは、

    そういった生活の中での欺瞞ではなく


    過去、当たり前だ、常識だ、正解だと思っていたことが

    実は大きなウソに騙されていたとしたら?

    というお話です。


    その中でも、大多数の日本人が騙されてしまっているウソが

    「国の借金」です。


    テレビや新聞などでよく

    「日本の財政は危機的状況である」

    「なので消費税増税はやむを得ない」

    「ついに借金が1200兆円を超えた。財政破綻が迫っている」

    「国民一人当たり900万円の借金がある」


    なんて論調がありますが


    そもそも「国の借金」ってなんだ?

    と疑問に思ったことはないでしょうか?


    国民一人当たりって言いますが

    そもそも、政府に返さなくてはいけない

    お金を借りてる人、いますか?


    政策金融公庫にお金を借りて事業を行ってる人などは

    一応返さなくてはいけないものになりますが

    ほとんどの人は政府にお金なんて借りてないですよね?

    じゃあ、なぜ「国民一人当たり」なんて表現をするのか?


    いやそもそも、借金って
    「誰かが誰かに借りてるお金」のことですよね?

    じゃあ、誰が誰に借りてるものなんだ?

    って疑問に思ったことないですか?

    私は中学生の頃、公民の授業でこの疑問をもって

    親や教師に聞いてみました。


    しかし、誰一人マトモに答えることができませんでした。

    そりゃそうです、だって答えなんてないんですから。





    このようなウソは、政治だけではなく

    FX業界にもあります。

    夢をなくすような発言で申し訳ないのですが

    FXは技術を磨くだけでは勝てません。


    もちろん、短期的に勝ったり

    たまたま運良く勝てることはありますが

    "勝ち続ける"ことはほぼ不可能に近いです。


    ・朝起きたら全額ロスカットされていた
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・せっかく勝ったのに出金拒否された
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    こんな話を聞いたことがありますよね。


    実はこれって、全て業者が意図的に行っています。


    具体的には後述しますが

    FX業者はほぼ全ての利益を
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    "顧客の損失"によって生み出しています。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    顧客に損をさせることで利益を得るのだから

    業者は「勝たれたら困る」んです。


    だからこそ、顧客を負けさせるために

    あの手この手を使っています。


    私はある理由で、こういった内情を全て熟知しています。


    業者の内側に入った私だからこそ

    技術を磨いても勝てないFXで

    どうやったら勝ち続けることができるのか?

    そんな「業界の闇」を暴露した動画をお届けします。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/




    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


    ****様や私のお金、現金も預金も含めてですが

    その「おおもと」ってどこだかご存知ですか?

    給料だとしたら会社から支払われていますよね。


    じゃあ、その前は?

    ****様が株式会社Aで働いているとして、

    給料はA社からもらってます。


    その出どころはA社の売り上げです。

    ということは、A社はB社からお金を受け取っている。



    まぁ今の時代はほぼ振り込みなので、

    実際に現金を渡すわけではないですが。

    では、B社のお金はどこからきたか?

    C社からの支払いで届いた。



    じゃあC社は?D社は?

    と、次々に辿っていくと

    必ず"ある2つ"の出どころに行き着きます。

    ◯政府が国債発行で借り入れた

    ◯企業が銀行から借り入れた

    この2つです。




    日本は、というか世界の多くの国は

    資本主義経済ですが


    実は資本主義経済というのは、

    借金でしかお金を生み出すことができないんです。

    ※厳密に言うと政府短期証券などもありますが、

    誤差範囲内なので除外します



    つまり、政府が国債を発行して銀行から借り入れる



    そのお金でどこかの会社に仕事をお願いする



    会社は、銀行経由でお金を受け取る


    こうして、我々が生きている世の中にお金が生まれるわけです。


    銀行からの借り入れの場合はもっと簡単ですね。


    もう少し説明すると、

    政府は国債を発行して銀行に買ってもらいます。


    その時、銀行はどうやってお金を支払うか?

    これは「日銀当座預金」という

    預金口座の中の資金を移動して支払います。


    日本では

    ・政府 ・日銀 ・銀行(預金取扱機関)だけが

    日銀の口座を持っていて

    その口座間でお金をやり取りします。


    当然、私含めて民間人は日銀の口座を持っていないので

    上記3機関でいくらお金の移動をしても、

    我々は受け取ることはできません。


    なので政府から仕事を受注した会社は

    直接政府からお金を受け取ることができないので

    市中銀行経由で普通預金に振り込んでもらいます。



    さぁ、ここで第2問。

    「銀行は政府が発行した国債を買いますが、

    その時のお金はどこから捻出しているでしょうか?」


    答えは「ゼロから生み出している」です。


    え?ゼロからお金を生み出してる?

    そんなことあるわけないだろ!


    と、思うかもしれません。

    ただこれは、銀行のオペレーションで

    実際に行われていることです。

    (銀行にお勤めのご友人などがいれば聞いてみるといいですね)


    実はここが大きなウソで

    テレビや新聞、政治家や権力者たちは

    「我々民間人の預金から国債購入の代金を支払っている」

    と言っています。


    よく「今は民間の預金残高がたくさんあるからいいが、

    これが減ってくると国債が買えなくなる。

    そうなると日本の財政は破綻する」

    なんてハチャメチャなことを言ってる人がいますが

    超絶真っ赤なウソです。


    銀行が国債を買い入れるときに行うことは

    「政府の日銀当座預金の口座に数字をポチポチ打ち込む」だけです。


    例えば1兆円分の国債を買うとしたら

    政府の日銀当座預金の口座にアクセスし

    「1,000,000,000,000」と入力するだけ。

    ウソだと思うかもしれませんが、まごうことなき事実です。


    昔はこれを直接万年筆で書いていたことから

    「万年筆マネー」なんて呼ばれていましたが

    今はキーボードで打ち込むので「キーストロークマネー」と言われています。


    経済学の用語で言うと、これを「信用創造」と言います。


    創造 とつくだけあって、ゼロからお金を生み出せるんです。


    これが「お金の発行の仕組み」です


    私やあなたが持っているお金、その全ての出どころは

    ・政府 ・企業

    どちらかの借り入れから始まっています。


    このように、資本主義では借金でしか

    お金を生み出すことができないわけですが

    一方でこの「借金」が多くて大変だ!と騒いでいます。


    借金=お金の発行


    という事実を踏まえて考えると

    「お金を発行しすぎて大変だ!」


    という意味になります。


    お金を発行して我々民間人に渡しすぎているから

    この量を減らそう!と言ってるわけです。



    そもそも日本は世界で最も長い期間デフレを続けている

    「経済劣等生」なわけですから
    (もはや落第生レベル)


    本来はもっともっとお金を発行して民間に配り、

    お金を使う(=消費する)ことで物価を上げて

    みんなの所得を上げていかないといけない状態です。


    その状況で、お金を減らしてさらに貧困にさせようとしているのが

    今の政治、財界の権力者たちです。


    これは氷山の一角中の一角ですが


    実は今の世の中は、

    ごく一部の人間たちが作ったウソにまみれています。

    (本当の意味での既得権益層ですね)


    もちろんこれは国の借金だけに限った話ではなく


    投資の世界でも普通に行われていることです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    FXでトレードをする際に

    必ず見なければいけないのが「チャート」ですよね。


    しかしこのチャート、全員が同じものを

    見ていないって知ってましたか?


    同じFX業者で
    USD/JPY 15分足

    のチャートを表示したとしても


    全員が同じということは99%ありえません。


    これはなぜかと言うと

    FX業者はチャートを操作しているからです。


    チャートを操作?

    そんなのウソに決まってる!


    と思いますか?


    もちろん、業者によって全然バラバラで

    みんなが好き勝手やるとバレてしまいますし


    そもそも実際の為替相場とあまりにも乖離していたら

    それもバレてしまいます。


    だからある程度の全体像みたいなところは合わせてるんですが


    細かいところは業者側でコントロールしています。


    何故そんなことをしているのかというと

    99%のFX業者は、取引手数料ではなく
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    「顧客の証拠金を利益にしているから」です。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    「A-book」「B-book」

    という言葉は聞いたことがあると思いますが


    「本来」、FX業者は「仲介業」なので

    ****様が注文を出した場合、

    業者はその注文をインターバンク市場へと仲介し


    その仲介の手数料で稼ぐというモデルです。


    しかし、2004年の法改正により

    顧客の注文をインターバンク市場へ流さず、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    自社でプールしておく
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    いわゆる「ノミ行為」が合法化されました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    例えば10万円分の注文を出して

    1万円分勝ったら、業者はプールしておいた資金から

    1万円を出金するということです。


    逆に負けてしまい、マイナス10万円になってしまったら

    その10万円は丸々業者の利益になります。


    倫理的に良い・悪いは別にして、

    これは日本では合法です。


    さらに、注文の一部であっても、

    実際にインターバンク市場に流しておけば


    A-book(いわゆるNDD方式)と記載して

    OKとなっています。


    ※実際にこの形で運営している業者に関しても、

    動画内で言及しています。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/




    これは2020年に実際にあった出来事ですが


    私の知人で、長く海外でプロトレーダーとして

    生活していた方がいます。


    その方が諸事情で日本に帰ってくることになりました。


    プロトレーダーとして活動していたので

    ひとまず日本でも同じようにFXをはじめました。


    証拠金を3000万円用意し、トレードを開始。


    当然、プロトレーダーなので勝てます。


    3000万円から始めた証拠金は

    2年ほどで13億円にまでなっていました。


    やはりプロトレーダーだけあって、

    技術もメンタルも超一流なので

    これくらいは簡単にやってのけます。


    しかし、13億円に達したので
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    一部資金を出金しようとしたところ
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    業者から一方的に出金を拒否されました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    もちろん、不服申立てを行いましたが


    最終的にはアカウントも凍結され

    利益だけではなく、

    元々の証拠金3000万円も引き出せなくなってしまいました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    元手3000万円と利益12億7000万円が
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    全て無くなってしまったのです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    もちろん、そこにたどり着くまでにかかった

    時間や労力などのコストも返ってきません。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    こんなことが、普通に起こっているんです。


    しかも悲しいことに

    これは日本の法律では合法です。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    法律上の解釈では

    「投資家の自己責任」とされています。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    財界の人間や金融資本家たちは

    こういった法律まで自分たちの都合で捻じ曲げて


    ありとあらゆる方法で利益を貪っています。


    こんな環境では、

    いくら腕があっても勝てなくて当然です。



    私は、FXで勝ち続けるために

    技術はもちろんのこと

    こういった「環境」にとことん拘っています。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    先程も申し上げたように、悪い環境で戦っていたら
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    いくら実力を磨いても無駄に終わってしまうから。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    私はFXを始めて10年ほどが経ちますが

    ここ5年ほどは、環境の構築に心血を注いできました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    FXで勝つのはもちろんのこと

    勝って得た資産を「守る」こと
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ここに徹底的にこだわり抜いています。


    FXで勝つために本当に必要なこと

    攻めも守りも全て、動画講座にてお伝えします。


    少しでも興味を持っていただけましたら

    ご登録いただけますと幸いです。


    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/



    ============


    以上です!!!!


    重要すぎる実際の現実の話、でありました。


    ちなみに経済に関しての考え方であるとかは
    普段私が書いてるのと、ちょっと違う部分は
    それぞれ違う人間なので、

    細かい点で見かたの違いなどありますが


    そこはメルマガとして色々な考え方を見て
    自分で調べて読者さんが考えていくのを重視するので
    掲載させていただてますね!


    基本的に****さんに妄信していただくのではなく
    「自分で考える機会」にしていただくと嬉しいですね。


    まあそれで私なんかはどっちかというと

    こういう「実話」の体験談がすごい大事だと思うわけですが


    今日件名で



    【FXで2年かけて3000万円を13億円に増やした
    トレーダーの末路がひどい・・・】(実話)




    としましたが その海外在住だったトレーダーは
    2年かけて3000万円を13億円に増やしたのですが


    その末路は??ですが

    「出金拒否くらって
    増やした12億7000万円だけではなく
    元本の3000万も出金できず。


    不服申し立ての動きをしたけど返してもらえず。」

    となったのが実は現実に起こったことです。


    一応この話私も聞いて色々知ってるので
    書ける部分と書けない部分が 弁護士さんも入った話だから
    あるわけですが


    まあ一言・・・

    「大企業はヤバい」と思いますね。


    多くの人はそれこそテレビなんかで大企業が
    色々 金融のCMやってるから信頼してますけど、

    実態はというと上の話が報じられないだけであって
    実は本当に起こってることなんですね。


    私もメルマガでFX関係ですと日本の業者は
    (下に説明する法的に)
    結構な危険性があるって書いてるのですが

    これはですね、みんな知らないだけで
    上のような話が結構あるからですよね。


    ほとんどのFX証券会社が
    綺麗なタレント使ってまるで真っ当な「イメージ」
    を作ってる中

    実際はというと私たちは知ってますが

    やってることはドギツイわけです。



    それで今回の上の話でありますが

    そのトレーダーは元々這い上がってお金持ちなトレーダーだから

    2年はかけて資産を

    「日本の証券会社の口座の数字上では」

    一気に増やしましたが



    これはなかなかヤバい話で、

    2年かけて増やしてきた12億7000万円の

    出金を拒否されただけにあらず、


    「元金の3000万円も」なんと出金拒否られたと。


    これが実際に起こった「末路」なんです。



    そのトレーダーさんは海外の常識に慣れていたからですね、

    まあ日本の証券会社は やはりなんだかんだ

    先進国の証券会社だからそこまでエグイことはしないだろう


    という 以前の検察問題におけるカルロスゴーンのような姿勢

    だったのかもしれませんが


    実際は結構エグイ結果となったわけですね。


    ちなみにそこで当然ですが不服申し立てを行ったわけですが

    やはりこれ重要なことで


    証券会社などでは「小さくズラズラ書かれている規約」

    などがありますが


    まああれらにも実は色々な爆弾がまぎれていて

    そこで大企業が有利なように構築されてるわけですね。


    だからなんと、その証券会社は利益分の12億円超以外に

    証拠金の3000万円も

    出金拒否して(普通に考えたら泥棒です)


    そして今ものうのうと 真っ当な証券会社という体で
    CM放送して営業してるのだ、

    という恐ろしさはありますね。


    ちなみに最近の深見さんの文章、

    これを私たちは「広告文」と言ってますが


    ただまあ「普通の広告文と違ってエグイ内容」

    が結構あるわけですが


    それでも色々賛否両論があるだろうけど

    私は 憲法21条言論表現の自由を元に掲載してますが


    実際は下手したら日本ってのは世界の先進国の中で

    もっとも民衆が虐げられる国、という面は

    大いにあると思いますよね。


    「下克上」とか私はよく書くけど

    それこそ頑張って勉強して リスク管理もしっかり勉強して

    資産の「数字」を増やしました、と。


    しかしその資産を「国家官僚と大企業が結託して泥棒のように

    持っていく」


    ってのがこれ日本なんです。


    だから「日本の民衆」は勿論全員ではなくても

    すごい礼儀正しくて、優しい人はなんだかんだ多いと

    私は思いまして立派な市井(しせい)の人たちに

    今までの人生で多く出会いましたが


    実は日本には「別人種」ってのがいて

    そこに役人(官僚や公務員)と大企業の人間ってのがいて


    彼らは別人種なんですね。


    この人たちは建前はかっこいいこと言いますが

    実際はやってることとしたら


    「稼いでる能力ある民衆から 

    福祉国家の名の元に 富を「収奪」して

    そして 貧乏層には当然そんなの分配するなんて嘘で


    自分達 上級国民が贅沢ざんまい」


    なのが実情であります。

    それは例えば地方で高級車に乗り、デカイ家が

    大体 全額税金を原資として給料が配分される
    公務員の家だったりしますが


    そういう現象で私たちの目にも見えている。


    それでこれは法律の話を最近アメリカのトランプの戦いで

    よく扱ってるから


    「この文章の恐ろしさ」が投資家の****さんには

    分かると思うんですが


    深見さんのこの一節。



    ↓↓

    しかし、2004年の法改正により

    顧客の注文をインターバンク市場へ流さず、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    自社でプールしておく
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    いわゆる「ノミ行為」が合法化されました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    例えば10万円分の注文を出して

    1万円分勝ったら、業者はプールしておいた資金から

    1万円を出金するということです。


    逆に負けてしまい、マイナス10万円になってしまったら

    その10万円は丸々業者の利益になります。


    倫理的に良い・悪いは別にして、

    これは日本では合法です。


    ↑↑

    以上です。


    それで日本ではこういう立法がですね、

    普通に役人たちの姑息なやり方でされてしまい、


    そういった「反民衆」の側の法律が沢山、

    社会に存在してしまってるわけですね。


    それでこういう「金融の闇」を知ってると

    もう全ての社会構造が嘘だって分かっちゃうんだけど


    じゃあなぜ



    顧客の注文をインターバンク市場へ流さず、
    自社でプールしておく
    いわゆる「ノミ行為」が合法化されました。





    といった合法化が日本でされてしまったのでしょう。


    ちなみにアメリカ「でさえ」ここまでひどくないのですが
    日本の金融部門の腐敗はこれすごいのです。


    それでこの根本原因を考えると

    やっぱり政治学の話とかが大事になるんだけど、


    まず日本の大企業って「本当に民間企業であるか?」

    ってのが大事なところです。


    民間企業ってのは資本主義の考え方ですと

    「公的部門(官僚や公務員たち)とは

    完全に分離されている企業」

    なんだけども、


    実際の話としては 特に金融業界はそうですが

    「お役人様が企業に指導してる」わけですね。


    日本というのはだから資本主義じゃないってのが
    本当のところですが


    1役人

    2企業


    に命令が行くわけですから、

    実は多くの大企業ってのは 実際は役人が

    民間企業のフリをさせてる 


    役人の子会社、国有企業みたいな性質は

    あるんです。


    だから日本ですと 役人と大企業がこれ癒着してるんですね。

    資本主義の定義は 公的部門と私的企業が100%分かれてる

    ってことですから


    実は日本って資本主義っぽく見せて資本主義じゃない

    ってのが正確な把握ですね。

    これは生前に小室直樹先生が明らかにしました。


    日本の構造は表向きは 

    アメリカを模倣した民主主義と資本主義ですが


    実態は 封建主義と社会(共産)主義が社会の主要であり

    そこに申し訳程度に「資本主義っぽいもの(前期資本主義といいます)」

    が注入されてる構造ですね。


    それでここで大事なことが

    「癒着してるのであれば

    大企業と役人が利益を共同する」


    んだけど


    要するに大企業はFXで言えば

    手数料ではなく「民衆の証拠金を利益」にしたがりますね。


    だから実際に証拠金の入金をそのまんま営業利益に組みこむ

    恐ろしさが日本の大手企業にはありますが


    そこで何もしらない人の入金が「利益」となって

    それが実は官僚たちにも キックバックされてる、

    というのは私はまた別の その辺の事情、情報を


    取ってる人間から聞いて知ってます。

    (もちろん、さすがにこの構造に問題を感じてる
    役員たちもいまして、

    彼らは純粋な手数料ビジネスを重視しますが 
    そういう人は役員を解任され、追い出されるものです。)


    だから大企業が大衆のFX損失を利益にしまして

    なおかつそれが役人たちであったりあとは一部政治家にも

    キックバックされるという構造でしょうが


    だからこの数年、上級国民と言われますが

    大衆は信頼して、信じて、

    大企業のプラットフォーム使いますが


    実は彼ら大衆の資産が ちゃんと上級国民に
    還流される仕組みが

    日本にはあらゆる分野で作られてるってのが

    大人の話だけど


    国内FXなどレバかかった金融政治なんかはまさにそれです。


    それで大企業と利益を共同してるのであれば

    お役人 官僚様は東大出身で頭良いですが


    そこでガンばって

    「しかし、2004年の法改正により

    顧客の注文をインターバンク市場へ流さず、
    自社でプールしておく
    いわゆる「ノミ行為」が合法化されました。」


    こういう立法に全力を注ぎますよね??


    それでこの「ノミ行為を合法化してる」っていうのが
    実は日本なんだけど

    最近 DSって言葉をよく使うけど

    日本のDSってのは世界で最も強い力があるとも

    分析できますよね。


    アメリカでさえこういう立法は問題になるけど

    日本だとそれは マスコミも報じないため

    問題になりませんから。



    それで「ノミ行為が合法化されてるインフラで

    そこで 自分で稼ごうとしてるのが日本人」

    ですけどね、


    ただここで「トレーダーと証券会社は利益相反関係」

    になるんですね。


    要するにトレーダーが儲けたら証券会社は損失だし

    トレーダーが大負けしたら証券会社は利益計上


    でしてこれを利益相反と言いますが、


    じゃあここで大企業の証券会社の政治は

    当然「顧客負けさせるように営業努力」するわけですけど


    こういう政治を知らないと結局投資家は負けてしまう

    わけです。


    投資家と証券会社が利益相反関係である
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    これは日本のFXでは顕著な構造ですが恐ろしいことですね。



    それで上のケースですと3000万円から13億円に

    増やしたって事で


    トレーダーは本来は12億7000万円前後の利益ですが

    証券会社からしたら12億7000万円前後の損失ですから


    だからなんとしても、

    出金させたくないという政治が働くわけで


    それを正当化するためのものがやはり

    「規約」なんです。


    ちなみにここで 監督官庁に文句言っても無理であって

    だって官僚もグルなんですから


    そこで証拠金も上の事例では出金できなかったんだけど

    それさえも「役人はダンマリ」ですが

    当たり前で


    それが彼らの裏のお金や天下り先に

    つながるのであれば

    ダンマリに決まってますね。



    ちなみにこの辺の構造知らないのをお子ちゃまと言いますが

    日本では大人でもお子ちゃまな人が結構いて


    官僚たちは投資家を保護してくれるとか

    洗脳されて思ってるけど


    実際は違いますね。


    本当に投資家を保護するのであれば

    上記のような 法律でもない規約を盾に、


    投資家の資産を泥棒する大手証券会社に指導、命令

    もしくは

    そもそもその 民衆に不利になってる法律改正の必要性を

    政治家達と議論していくでしょうが


    そんな動きは日本でゼロなわけです。


    すなわちこれが面白くて世の中ってのは

    役人たちは「投資家保護に全力を尽くします」的な姿勢を

    示して


    「民衆と利益共同してるように見せる」

    んだけど


    実際は「民衆と利益相反をしてるのを隠すために

    それを言ってる」ものですね。


    すなわちこういうことを知らないと貧乏になる仕組みですね~

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/








    ==========編集後記===========

    さてさて、ここ最近ですが世界中で

    「偉大なる覚醒」が明らかに進んでおります。


    この前この号を書いたのですが


    ■バックナンバー
    【テキサス州ではマスク着用命令や
    コロナ規制がついに解除されそう】な流れを考える!
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202103&MID=2847#2847


    そこでなんか今回のコロナ騒動はよくよく見ると、

    ジョージオーウェルの描いた1984を題材としており
    それに沿って脚本が作られており、

    世界全体で 共産主義、全体主義が進んでいく、という
    ストーリーがコロナ騒動で組み立てられており、

    逆にその 「反動」でですね、

    人々が自由の重要性や、資本主義の重要性を知る機会
    となっていて

    マスコミの偏向報道なんかにも気づくようになってる

    ってことをざっくり言うと書いたわけですが



    これは田中宇先生の今日の分析でも書かれていまして、

    まあよくよく見ると

    「いい加減気づきましょう」みたいな暗黙のメッセージが
    色々な現象から感じ取れますよね。


    ■田中宇先生の分析。
    「ニセ現実だらけになった世界 」
    https://tanakanews.com/210305nise.htm


    こちらで今日無料記事で書かれていたのが


    以下ですね。

    (引用)
    ============
    たとえば、コロナ対策として広く行われている
    都市閉鎖は全く非効率な愚策だが、
    愚策とわかった上で延々と続けられている。

    PCR検査は、陽性と判断された人の90%が偽陽性であり、
    コロナ危機を針小棒大に誇張していると
    わかっているのに、

    コロナ感染を特定する主たる方法として
    延々と続けられている。

    PCRで危機を誇張し、その「ニセの危機」への対策と
    称して、効果が薄い上に経済を破壊する愚鈍な自滅策
    である都市閉鎖をずっと続けている。

    コロナはPCRと都市閉鎖を組み合わせた
    巨大なニセ現実であり、
    それは先進諸国の経済を自滅させていく。

    この1年間で、新型コロナの感染状態を特定する
    もっと良い方法が見つけられたはずだし、

    一律的な都市閉鎖でなく、もっと効率的な
    他の対策も行えたはずだが、それらは行われていない。


    地球温暖化人為説も、米英の権威ある「専門家」たちが、
    気候変動予測のコンピュータシミュレーションを
    不正に書き換えて非現実的な予測や分析を

    不正に出してきたことがずっと前に発覚している。
    だがこの不正は、報じられた後もそのまま放置され、

    その一方で
    「20年以内に温暖化によって地球環境が破壊される」
    といった過激で極端な予測が

    無根拠(唯一の根拠が、不正に歪曲された
    コンピュータシミュレーション)なまま独り歩きし、

    世界各国に「温暖化対策をとれ」という
    強い圧力につながっている。意

    図的に、温暖化のニセ現実がゴリ押しされている。
    2酸化炭素などの排出削減が予定通りに進むと、
    世界経済とくに先進諸国の経済が自滅する。

    コロナも温暖化人為説も、先進諸国を
    意図的に潰す流れになっている。

    コロナや温暖化やその他のニセ現実を組み合わせた
    ニセ現実の上位概念的な集大成として、

    ダボス会議の事務局(世界経済フォーラム・WEF)が
    提示している「大リセット」もある。


    ジョージ・オーウェルのディストピア小説「1984」を
    パクった感じで、

    人類を激怒させて世界(先進諸国)を
    ますます混乱・自滅させていく。興味深く(笑)な展開だ。

    ============


    以上です!!


    それでまあ一連の展開がこれ、

    ジョージオーウェルの1984そっくりすぎるので
    なんかそれが脚本に組み込まれてる?ッぽい感じですが

    今さすがに多くの人が上記のPCR検査にしてもそうですが
    (遺伝子増幅回数CT値の話など)


    まあ誰かが意図的におかしいことをやって
    「過激にやって失敗させる策」を行って

    人々に覚醒を促してる感じ・・・

    しませんかね???

    私はこれ、すごい感じてます。



    それで今日はこの辺を後半で論じたいな~と思いました。


    あとその前に副島先生の最新言論がありましたので

    こちらも扱いたいので、見てみましょう!!


    日本の官僚ってのは大変強いものですが、

    彼らは日本民族の資産を収奪しようという動きを
    この数年見せてますから

    気をつけたいものです。

    金融関係の話も書かれており、興味深かったです。



    以下 学問道場の重たい掲示板より
    http://www.snsi.jp/bbs/page/1/
    ===============

    副島隆彦です。 
    今日は、2021年3月4日(木)です。


     来たる 3月21日(日)に開催される、
    「副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”
    金融セミナー 第21回」のお知らせをします。下の方に書きます。


     冬が過ぎて春になった。暖かくなりました。
    ドイツの思想家のニーチェが、
    「永劫回帰(えうごうかいき)」と言った。 

    ギリシア人たちの思想だ。 

    ドイツ語で Ewige Wiederkunft
    「 エーヴィゲ・ヴィーダークンフト」と言う。

    英語では、分かり易く、
    return to forever 「リターン・トゥ・フォーエヴァー」である。

     「永劫回帰」すなわち、
    「(ものごとは)永遠に回帰する、元に戻る」 というコトバは、
    本当は、もっと分かりやすく説明すると、こういう意味だ。

      「今年も又、春が来て、花が咲き、
    秋になると作物が実る。
    この世は、毎年、毎年、この同じことをくり返す」 

    という意味だ。 

     「永劫回帰」というコトバを、
    「ああ、ニーチェの言葉ね」と、インテリぶる日本人なら、
    だいたい知っている。

    ところが、その意味を知らない。誰も教えることが出来ない。


     私も、誰からも教えられなかった。
    だから、私は、自分で、ニーチェの本を読みながら、
    自分で必死で考えて、こういう簡単な真実に到達した。

    「なんだ、そういうことだったのか。
    きっと、こういうことなんだな」と。私は分る。

    そして、それを、自分の本に書いて、
    他の人たちに教える。 

    そうしたら、必ず、そのあとに、
    「そんなこと、知ってたよ」 という者たちが現れる。

     私、副島隆彦の、この国における、努力と苦労は、
    こういう、誰も教えない、誰からも教えて貰(もら)ったことがない、

    この世の、大きな真実を、かつ、
    当たり前の真実を、分かり易(やす)く、
    みんな(皆)に、教えるための、

    輸入業者(ゆにゅうぎょうしゃ)としての努力と苦労である。


     さて、今年の春も、以下の通り、
    「副島隆彦の予言者金融セミナー」(第21回目)を開きます。 
    以下の通りの要領です。

    ===============================
    「副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”金融セミナー 第21回」
    *会場:イイノホール&カンファレンスセンター 
        東京都千代田区内幸町2-1-1
    *日時:2021年3月21日(日) 
     開場・受付/11:00~ 終了/17:30 (予定)
    *受講料:15,000円(税込)/指定席  または オンライン
    ===============================

     ところが、もう、会場は一杯です。

    コロナ・ウイルス、その次は、コロナ・ワクチンの、
    大(おお)馬鹿野郎たちの、大(おお)騒ぎで、
    会場には、半分しか入(い)れない。

    入(はい)らせない、という、お上(かみ)からの、
    お達しに、従順に従う、

    貸し会場(ホール)業者たちの横並びの
    取り決めがあるからだ。

    ああ、不愉快だ。


     ですから、最後の1行の、インターネットを通しての、
    「オンラインでの受講」というのを、
    このあとは、受け付けます。 前回と同様です。

    「副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”
    金融セミナー 第21回」のオンライン受講の
    申し込みはコチラへ ↓↓↓
    https://kokucheese.com/event/index/604662/

     私は、政治問題からアタマを切り替えて、
    春の終わりに出す、金融本の準備に取り掛かる。


     それに向けて、今月21日(日)に、
    いつもの日比谷公園のイイノホールで、金融セミナーを開催します。

     ところが、このコロナバカ騒ぎで、前回に引き続き、
    収容定員の半分しか、ホールに入れない。
    だから、もう席は、埋まってしまいました。

     今は、翌日に、ノーカットで私の話がYouTubeで見れる
    「オンライン受講」を受け付けています。

    後日、資料とDVDも送ってもらえるそうなので、
    申し込んで、最新の私の金融予測と、
    トランプは、どうするのか、などの話をたくさんしますから、

    ぜひ、申し込んでください。

    「政治と経済は、互いに両輪となって、
    貸借(たいしゃく)を取り合って、世界は動く」
    というのが、副島隆彦が、作った大きな世界理解だ。

    だから、政治問題ばっかりやっていてはいけない。


     今日の日本の株価(日経平均)は、終わり値は、
    628円の下げだ。先週も1200円下げた。

    アメリカのNYの株価も、もうすぐ暴落が始まる。

    それを見越して、私は、これからの金融、経済の
    重要な各指標(かくしひょう)を、総浚(そうざら)いしながら、

     近(きん)未来の予測、予言をしてゆく。

    (転載貼り付け始め)

    ◯ 「 日経平均前引け、反落 554円安の2万9004円 」

    2021年3月4日 日経新聞

     3月4日の東京株式市場で日経平均株価は反落した。
    午前の終値は前日比554円69銭(1.88%)安の2万9004円41銭だった。

    (文字数のため省略してます 重たい掲示板にて全文)
    http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

    (転載貼り付け終わり)

    副島隆彦です。
    私は、人類の未来エネルギー( フリー・エネルギー)に
    着目している。


    おそらく、人類は、近く、ただで取り出せるエネルギーを作る。
    そうしたら、根本的には、人間は、
    あまり働かないでも生きて行けるようになる。


     それを解く鍵は、トヨタ自動車が、
    ずっとやっている「水素社会」の水素エネルギーを
    取り出して動力に変える。


    今は、まだ、トヨタもパナソニック(松下)も、
    イーロン・マスク(世界一の金持ちになった)の
    テスラ・モーターのうしろに隠れるようにして、

    リチウム電池の開発と生産をやっている。
    だが、電気自走車(EV)など、たいした進歩ではない。


     今度のオリンピック(どうせ中止)で、
    トヨタは、ウーバーの空飛ぶタクシー(本当はドローン)を、
    大会場に舞い降りさせる仕掛けをしていたらしい。

    バカなことを、と思うが、「水素社会」では、
    まだ、人々の理解を得られないのだろう。

     いくら、フリー(無尽蔵)・エネルギーを人類が手に入れても、
    それでも、人間(人類)の過酷な世の中は続く。

    貧富の差がなくなるわけではない。 


    日本人は、結婚もせず、子供を作らないで、
    人口を、今の1.2億人から、
    9000万人にまで減らして、世界から押し寄せて、

    頭上を吹く、恐ろしい嵐を避けながら、
    生き延びてゆくだろう。

     ビル・ゲイツたち、「GAFA + MS」の 
    ビッグ・テック big tech の悪業も、
    世界的にバレてしまった。

    だから、これらの通信企業の巨人たちも、
    そろそろ、国有化されて、公共の道路のような、

    公共インフラに改変されてゆく動きになっている。
    これらの話しもしなければいけない。

     日本政府と日銀は、まだまだ、
    今の緩和マネー政策(ジャブジャブ・マネー)を続けて、

    このまま、なんとか景気を維持するつもりだ。

    アメリカも、まったく、“空虚で”、一体、
    どこにいるのか、分らない

    バイデン政権(ディープ・ステイト)が、苦し紛れに、
    緩和マネーを続けている。

    他に手がない。

    それで、株価や、債券や、その他の金融市場を、維持するだけだ。


     そのうち大きな変動が起きる。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    それに私たちは、備えなければいけない。


    「相続税と所得税の一体化」や、
    「資産家層の財産の捕捉」が始まる。


    これに向けて、政府は、取れるところから取る、
    の絶対法則に従って、

    小(こ)金持ち層(小資産家)から、税金で、
    資産を取り上げようとする。 


     金(きん)の動きも、このあとが重要だ。

    日本政府が50年ぶりに、
    隠していた金塊80トンを外為特会に載せた。

    このほか、いろいろの課題に、
    対策を立てないといけない。

    そのための、副島隆彦の金融、経済の予言である。


     しかし会場には、もう入れません。
    空席待ちの人が数十人出ています。
    ですから、オンライン受講の申し込みをして下さい。

    私が、5時間、しっかり話します。どんな質問も受けます。

     自分が抱えている苦しみを、自分だけのものだ、
    と思わず、私にぶつけて下さい。

    オンライン受講者からの質問も、事前に受け付けます。
    会場で、私が、どんどん答えます。

    「副島隆彦(そえじまたかひこ)の
    “予言者”金融セミナー 第21回」の 
    オンライン受講の申し込みはコチラへ ↓↓↓
    https://kokucheese.com/event/index/604662/

    振るって、ご応募下さい。  副島隆彦拝  

    ===============


    以上です!!

    それで副島先生の新しい言論を見ると、

    最近はコロナコロナで
    会場の収容人数も減らして多くの施設が稼動してる

    というなんとも変な動きが継続してますが


    まあこういったことが世界中で繰り返されており、
    人々の表に出ない行政に対する怒りは
    世界的に増幅してますよね。



    それで投資家からするとこの一節がすごい大事だと思うのですが



    バイデン政権(ディープ・ステイト)が、苦し紛れに、
    緩和マネーを続けている。

    他に手がない。

    それで、株価や、債券や、その他の金融市場を、維持するだけだ。


     そのうち大きな変動が起きる。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    それに私たちは、備えなければいけない。


    「相続税と所得税の一体化」や、
    「資産家層の財産の捕捉」が始まる。


    これに向けて、政府は、取れるところから取る、
    の絶対法則に従って、

    小(こ)金持ち層(小資産家)から、税金で、
    資産を取り上げようとする。 



     金(きん)の動きも、このあとが重要だ。




    っていうことでして、


    あくまで日本にも世界最強レベルのDS(役人)が

    おりますが、


    例えば私たちは日々頑張って投資やビジネスで
    負けないことを考え、上手にリスク取って
    なんとか資産を作るわけですが


    その 民衆が作り上げた資産を

    泥棒そのまんまに取り上げようとする

    大きなリスクを取らない税金だけで食べてる
    行政の動きは今後警戒しないといけませんね。


    「相続税と所得税の一体化」

    とか
    「資産家層の財産の捕捉」

    という恐ろしい言葉が並んでおりますが、


    多くの資産が数億円~数十億円の小金もち層を
    ターゲットとして行政官僚たちは
    「仕掛けて」くるのが世の中ですので


    最近は稼いでる読者さんも増えてますが

    「資産を守る、資産保全」

    ってのがすごい大事な時代ですよね。


    ちなみに、副島先生の書籍ですと今も色あせないのが

    「税金官僚から逃がせ隠せ個人資産」

    という本がありまして

    コピペして検索したらすぐに出てきますが


    これは今でも色あせないですね。


    副島先生のこれらの書籍はサラリーマン対象ではなく
    自営業者の小金持ちのかたら対象だと思いますが

    上記の副島本は個人的にすごいおススメですね。


    ちなみにですが最近パウエル弁護士がテレグラムで
    あげていたけど

    いよいよアマゾンがですね、
    書籍の掲載において検閲を始めたのではないか

    というのも英語圏で問題視されてきてますよね。


    以前にこの流れは書いたんですが

    「便利だからといって書籍購入をGAFAプラットフォームに
    誘導する

    ⇒店の書店屋を潰しまくった後に
    一気に大手企業のプラットフォームが書籍の検閲進める」

    この動きがまさに今現実化してきてるのも
    私が今危惧してるところですね。


    それであと最近はフリーエネルギーについて沢山
    情報が出ているわけですが

    あとは無重力装置なんかも普通に
    動画サイトだとロシア人や天才少年たちが
    実験してみた、とかで出てくるようになってますよね。


    ■無重力装置の「やってみた」動画
    https://youtu.be/dJCC1Ks4BJ4



    ■フリーエネルギーで有名な天才少年。
    「このワイアーが エネルギーを空気から取り出すんだ!」
    ってことで実演してる。
    https://youtu.be/7d-tNJuntWg?t=165


    それで今までこういった発明は
    既得権益もあり、無視され続けましたが

    しかしそれが普通に論じられるようになってるのが
    2021年の面白さではありますが


    しかし副島先生が書かれてるように

    「フリー(無尽蔵)・エネルギーを人類が手に入れても、
    それでも、人間(人類)の過酷な世の中は続く。」


    わけでありまして

    少し大変さは軽減されても
    基本的に人類は大変であり、過酷な世の中ってのは今後も
    続いていくってことですよね。

    私たち個人個人が強くなる必要があります。


    ちなみに私のメルマガでは
    「個人がどんなビジネスや投資でも法律という枠内であれば
    良いから

    そこで個人個人が自立して稼げるようになる大事さ」

    をずっと書いてるのですが


    それこそ頑張ってある人が
    最初は意味不明な
    ビジネスや投資などなど学びましたと。


    それでその人が努力して貧乏から脱しましたとなって
    喜んだのも束の間、


    行政官僚によって大重税が課されて、
    またすっからかんで貧乏になるなんてこともあるわけです。


    FXの分野ですと磯貝さんが有名で
    それは実際日本で近年起こったことでもあるんだけど

    それこそ磯貝さんはFXで何億円も稼いだのですが
    その後 年またぎで大損して、残ったのは莫大な税金のみ
    となり 官僚のためのただ働きを強制されたわけですが

    こういったことが普通に起こるのが日本です。
    日本は一見平和に見えるけど
    中国なんて目じゃない恐ろしい国なんですね。

    今の時代大事なのが「資産保全」になりますね。

    負けないこと、守りです。


    どんなに稼いで這い上がっても

    行政官僚によって潰されて
    貧困に押し戻される ことがあるのが日本の現状ですね。

    私たちはその危険性と誰しもが
    隣り合わせでありますね。


    カルロスゴーンさんの件なんかはまさにそうで、
    あの有能な経営者を押し潰して

    そして牢獄に押し込んだのが日本の役人ですが

    あんなに日産立て直しに尽力した人間が
    牢屋で一生を終えるような状態にさせられる

    そんな国が日本ですよね。


    戦後なんかも預金封鎖で大多数の民衆が
    資産を奪われたわけですが

    まさにその「前科」が日本の官僚にはありますが
    これはあるかないか、誰にも分かりませんが

    しかし対策をしておくってのは大事ですよね。


    「日本のDS」って
    言葉が最近ネットでよく使われるんだけど

    日本の役人ってのはまさに怪物そのもので
    民衆のマネーも そしてマネーがなくなれば
    命も奪ってきた恐ろしい存在であるから

    私たちは今後も警戒する必要がある、
    と私は思います。


    それでそんな中私たち民衆がこの行政の暴走を
    監視していくってのはすごい大事だと

    私は考えてるのですが


    そこで人々が「覚醒する」ってことはすごい
    大事じゃないかな~と私は思います。


    それで今までは大多数の人々は覚醒しておらず、
    マスコミを信じて、権威を信じて

    大きな洗脳状態であったわけですが

    しかし最近は・・・多くの人が覚醒してるわけですね。


    これリンウッド弁護士が今日テレグラムで言っていたけど

    以下のようにリンウッド弁護士は言っていた。


    (今日リンウッドが言っていた「覚醒」についての翻訳。)
    ===============

    私はノースカロライナ州ウェイク郡の
    レックス病院で52年に生まれました。


    当時はハリー・トルーマンが大統領でした。
    私はトルーマンの言葉が大好きです。

    「私は彼らに地獄を与えようとしたことは
    一度もありませんでした。

    私は真実を話しました、
    そして彼らはそれが地獄だと思いました。」


    私たちの国および世界は
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    「偉大なる覚醒」の真っ只中にあると私は思います。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    物事がよりはっきりと見え始めた
    20/20(年)に始まったと思います。




    あなたは世界の悪と堕落のひどさに
    目覚めていると感じますか?


    あなたは世界の嘘つきの数に
    目覚めていると思いますか?


    そしてあなたは私たちの政府、政治家、
    そして企業の大規模な腐敗に
    目覚めていると思いますか?

    あなたは、自由の重要性、
    私たちの祖先の知恵、

    そして私たちの合衆国・権利章典の価値に
    再び気づき始めていると思いますか?


    イエス・キリストが真の王であるという
    新しい信念または刷新された信念に
    目覚めていると思いますか?


    今、多くの人が今目覚めています。
    今後、さらに多くの人が
    目を覚まし覚醒する必要があります。

    私たちは皆、目を覚まして覚醒し、
    真実に立ち向かわなければなりません。


    それで何より

    私達は嘘を認識し
    そしてその嘘を拒絶することが
    できるかどうか?が大事だ。


    真実を探し、そして真実を見つけ、
    真実と共に生きるのです。


    私は私のフォロワーの全員を個人的に
    知ってるわけではありませんが、

    私はあなたの一人一人を愛していることは
    疑いない事実です。

    あなたは私にインスピレーションを与え、
    私が落ち込んでいるときに
    私を励ましてくれております。


    だから私はあなたのために
    同じことをしようとしています。

    ありがとう、そして
    あなたに神の祝福あれ。

    -リン

    ============


    以上です!!


    それでまあリンウッド弁護士も今日

    「世界の覚醒」が始まってることに言及してまして
    私もそれを強く感じ取ってるし

    たぶん****さんも感じ取っていると思います。


    これはちょっとした違いですが
    しかしかなり大きな違いでして、


    例えばですが 医薬複合体という言葉を私は勝手に
    昔作って使ってますが

    この「人々を根治させない石油で作られた
    免疫抑制剤で薬漬けにする医薬業界のおかしさ」

    ってのはメルマガでこの10年ずっと
    私は書いてきたのだけど

    当時はこれ あまり相手にされなかったんだけど
    しかし最近は多くの人がそれに 気づき、調べ、
    そして声を挙げだしてます。

    私は少し感動していて「時代は少しづつだけど変化してる」
    ように見てます。


    以前は遺伝子組み換えの恐ろしさを語ってる人は
    統失とか総失とか 日本のネットでは言われており
    例えばモンサントの暴走とか書いていると

    頭おかしい扱いでレッテル貼りされて
    よく攻撃されていたのですが

    最近はそういう工作員がおそらくリンの言うように
    2020年の11月初旬に一気に減りまして

    ちゃんと人々が考えられる地盤が出来上がってきて

    遺伝子組み換え薬品であるmRNAワクチンのおかしさについても
    多くの人が日本だけではなく世界中の人が声をあげております。

    またコロナの制限、対策についても
    私のいる欧州東側では一気にデモが起こってきてるし
    マスク着用なんて実際は 大した意味ないって

    本当はみんな知ってるけど声を去年の時点では
    あまりあげられない「空気」が作られていたのですが

    それこそ「同調圧力の支配」を私は去年12月27日に
    書きましたが


    ■バックナンバー12月27日

    (コラム)【2020年は「同調圧力」と「強制」の時代でした!】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202012&MID=2773#2773



    この同調圧力や強制に屈しない動きというのが
    まさに「反動」で
    この1ヶ月~2ヶ月で急速に世界で進んできてます。


    だから明らかに人々の「覚醒」がですね、
    あの大統領選挙の不正を通じて起こってきてるのは
    事実なんですね。



    ちなみに私がアメリカ人たちの声を見ている中で
    注目したのが

    パウエル弁護士のアリゾナ州のマリコパ郡については
    この前良い進展がありましたが


    最高裁案件ではこの前 長官ロバーツが主体となって
    また退けられているんだけど


    しかしそこでコメントしてる人たちがいて

    そこではまず「もう軍隊はそろそろ表に出てくるべきだ」

    という主張の人は結構いたんだけど


    それに対してある人が以下のように言っていて
    私は注目したんです。


    「いや、僕はそれに同意しない。

    もう選挙に関するデータはすでに軍の手に渡っている。


    実際はトランプは圧倒的な勝利を収めたのです。

    しかしおそらく「現状の課題」は、

    「内戦を経ないで」

    今回の混乱を収束させることです。


    それがとても時間がかかっている理由であるでしょう。

    特に多くの左派リベラル派が「覚醒」「目を覚ます」

    必要があるのです」


    以上です。

    それでこのコメントが私には大変しっくりきたのですが
    やはりアメリカでも

    「覚醒してない人、テレビや新聞の催眠術状態である人」

    はまだ日本と同じく結構な比率で存在するのですね。


    特にマスコミは左派ですが

    左派に洗脳されてる一般民衆がまさに多く洗脳状態なんだけど

    その「洗脳を解く=脱洗脳=覚醒」がまず最初に重要なことだ


    という話ですよね。

    それで普通に見てもバイデンはこれ認知症でしょうし

    「なんかおかしいぞ」と思う人が最近左派でも増えてきてるのですが


    この「覚醒」を進めることってのが

    裏のミッションとして存在するんだろうと

    どうしても感じますよね。


    ちなみにマスコミのやってる報道とかってのは
    一種の催眠術なんだけど

    私は昔催眠術のプロ中のプロのセミナー(1日数十万円のセミナー)
    も参加したので


    よく存じてるのですが、マスコミの報道ってのは
    一種の催眠術ですよね。


    例えばマスコミがPCR陽性者ではなく感染者と言いますが
    これも 「何度も言い続けて恐怖を刷り込む」
    ことを目的としてる。


    それで何度もテレビでその世界を見せられると
    脳が 麻痺して人々は催眠状態になるのですが

    これを「催眠から目覚めさせる」ってのがスゴイ大事ですが
    今まさにそれが進んできているのだろうと。

    それでこの「催眠や洗脳から目覚める、
    覚醒してる人」がどうも

    日本やアメリカだけではなく
    世界中で急激に増えてます。


    だからまさに「偉大なる覚醒」となってきてる。


    ちなみに私の親戚なんかも以前は 催眠状態でしたが
    今 結構な比率で目覚めてますね。
    マスコミを信用しなくなりました。


    ちなみにこの現象は、本当に細かいところでも
    確認できるのですが

    以前に私のメルマガで あの多目的トイレでの
    情事が問題になった

    渡部さんですが、当時私はこの
    芸能人の渡部さんを「政治的に利用する役人たち」
    の戦略が分かったので

    またマスコミや洗脳された人々による

    芸能人(私人)に対しての
    集団リンチは明らかに問題であるので

    はっきり言えば「いじめは 近代デモクラシーの
    <法>(哲学)に違反する」


    ということで当時 まるまる1通

    渡部さんの不倫報道のマスコミ主導による集団リンチ
    を批判的に、

    「官僚たちが(準)姦通罪の世論形成を
    狙ってるという視点」で
    書いたのですね。

    長いですけど、

    「なぜ渡部氏をマスコミやネットの工作員が
    袋叩きにして集団リンチ状態にあるのが
    間違っているか」を

    政治学の視点で書いてます。



    ■バックナンバー
    【なぜマスコミは渡部さんの不倫問題のプロパガンダを
    「一斉に・同時に」展開してるか?】を考える!
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202006&MID=2466#2466

    それでなぜ いじめは良くないのでしょう?
    子供にそう問われたら
    我々大人はちゃんと答えられるでしょうか。


    これは近代国家というのは「弱い民衆」が
    「強い行政」をけん制するという考え、哲学が
    あるからです。

    法律ではない歴史的に人類が築いてきた哲学などを表す
    <法>

    もしくはアメリカですとCommon Sense という言葉に
    集約されますね。

    すなわち(本来)弱い民衆が 
    圧倒的に強い行政官僚たち(やそれと癒着するマスコミなど)を
    けん制するのが本来の近代デモクラシー思想ですね。

    だから 弱い民衆(渡部さん個人)を
    圧倒的強者である マスメディアや行政が袋たたきに
    いじめを行う構図ってのは

    「反 近代デモクラシー 反近代国家」であります。

    だから私は当時それを書いたわけです。


    しかし、それはマスコミがプロパガンダで
    渡部叩きを継続する中
    全く見向きされない言論でした。


    が、しかし・・・

    最近こういった報道が出てきており、
    堀江氏がけん制をかけてまして
    これは堀江さんについては賛否両論あるのは存じてますが
    立派だと私は思います。


    ■堀江氏 渡部建の豊洲報道過熱に
    「ここまで来ると酷いいじめ」 為末大氏も苦言
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d497826eb3b3c84308803183420bc508ca8ecaec




    それでここで重要なのが「コメント」なのですけど
    実は多くの人が

    「集団いじめはよくないよ」っていう当たり前なんだけど
    それをちゃんと 覚醒した上でけん制しだしており、

    マスコミたちの扇動する、

    私人の渡部さんに対する
    集団いじめのような行為に対して
    声を上げだしている。


    これ多くの人が明らかに「覚醒」を進めている。

    <コメント引用>
    ==========

    ■これに関しては賛同です。
    メディアの報道に輪にかけてまだまだ自身がされた訳でも
    なかったり

    実際迷惑をかけられた訳でもない人達こそ
    渡部の事を未だに批判し続けて何がしたいのかと思う。


    ■ここまで来なくても、最初っからイジメそのものだよ、これは
    所詮、他人の不倫だろ
    奥様は怒るべきだが、他人にとっちゃどうでもいい話

    もういい加減、芸能人の不倫→活動自粛 の
    流れ辞めたらどうだろうか

    印象悪くなったっていうならそのあとに
    応援しなきゃいいだけでしょ

    ニーズが縮小すれば、収入は縮小するだろうし
    不倫してもニーズがあるならそのまま働ける
    それだけだろ

    外野がうるさすぎるだけ
    そもそも騒いでる連中は
    ファンでもなんでもないんだから、
    そんな意見は無視すればいいだけだと思うんだよな


    ■日本のマスメディアは弱った人イジメるの好きだから
    一番差別&蔑視してるのはマスメディア

    この人達は学ばないから
    これからも弱った人イジメるだろうね

    今、好感度高い人も何かしたら凄いヤバい酷い報道されるだろうね
    それが日本のマスメディア


    ■ここまでくると?いや、「最初から」いじめでしょう。

    やりすぎも何も、家族と仕事で迷惑をこうむった人
    以外が口出す話じゃ初めっから全くない。

    正直ほんとどうでもいいニュースで、
    騒いでいる人に最初から不快感があった。

    そして怖いのは、最初叩いてただろう人たちが、
    自分がやった叩きまでは正義・正当である。
    と、本気で考えていそうなところ。

    内輪でネタにするなりバカにするなりは
    勝手にすればいいが、

    「わざわざ」ヤフコメやSNSなどで批判した人たちは、
    いじめに加担した同じ穴の貉ということを理解したほうが良い。


    ■マスコミと言ってひとくくりにしない方がよくて、
    一番最初に「酷いいじめ」を始めた人が

    責任を取るべきだと思う。
    つまり、週刊文春です。
    プライバシーの侵害はもちろんですが、
    威力業務妨害で訴えるべきだと思います



    ■これに関してはただのイジメと同じです。

    マスコミ連中は何様のつもりまじで。
    自分達は偉いと勘違いしすぎや。

    それに渡部が反論してこないのを
    良いことにやってることはイジメと同じだ。

    夫婦で話し合って今の結果になってるのだから
    他人はそこは関係ない。

    渡部側はこれに関してはマスコミに対して
    責任を取らせるようにすれば良い。

    ==========


    以上です。


    それでもう大多数の人が
    一人ひとり立ち上がって

    マスコミが主導する「集団いじめ」に対して
    けん制を始めてるのですが


    こんな光景は・・今までネットでは見られない光景でした。
    今まではネットってのは魔女狩りの場所であり
    いじめの最たる場所でありましたが

    しかし「今年の2月~3月」くらいからです、
    本当に一気に何か変わってきており

    この渡部さんの件の世論変化だけ見ても
    「覚醒」が進んでるわけですね。


    この芸人を利用してでのスキャンダルは毎回
    裏側に官僚たちの影がちらつくのだけど

    彼らが狙う、姦通罪世論の形成は民衆の声によって
    無効になってきており、


    官僚たちは仕方なく今回のプロパガンダ後に

    「「多目的トイレ」やめて 国交省が指針改定、小規模店基準も」

    という報道を渡部叩きをしたマスコミに報道させてますが



    「全部 官僚たちのマスコミ使ったプロパガンダはばれてる」

    と言う状態になってきてる。


    要するになるべく多目的トイレの名称も
    左派の福祉国家論にあわせたいのだろうけど

    もう人々は 

    「選挙で選ばれていない官僚」たちが
    今後の彼らの左派思想の
    政策立案のために、

    その下地として世論を作るために

    渡部氏を利用してマスコミにプロパガンダさせた
    意図に気づいてる。


    この芸能人(私人)をマスコミが集団リンチする構造も
    多くの民衆の批判にさらされてるわけでありまして

    明らかに多くの人の「覚醒」が各分野で
    見られるのが この春の特徴です。


    それでこれは何も日本だけにあらず
    世界中で同時に起こってる事でして

    人々が同時に マスコミなどの
    「催眠」から目を覚ましてる
    わけですね。


    それでこれは私は資産保全にも関わるところだと
    思いますが

    それがどれだけ今後進むか?は焦点であり
    大多数の民衆が洗脳から目覚めれば

    「民衆から資産を収奪する役人の動き」

    も今後 民衆によるけん制が効くようになってくる
    わけです。


    私有財産権とか言いますが
    それは****さんのものは****さんのものであり
    私のものは私のものである

    という考え方ですが

    それを今までマスコミや官僚たちは攻撃してきて
    例えば増税なんかもボンボン通してきたわけですが

    しかし今後人々の覚醒がより進むでしょうが
    徐々に行政官僚たちの暴走に対して

    人々が声を上げる地盤は整ってくること
    は大いに考えられますよね。

    ということで大変な時代ですけども
    良く見ると 人々の覚醒は進んでおり
    希望は見えている、


    それが現状なのかなと私は感じております。

    全世界的に「偉大なる覚醒」が進んでるのを見ると、
    偶然とは思えませんが

    今回「稚拙なコロナ騒動」が全世界的に人々の
    覚醒を促している、

    というのは今後も追って行きたい見かたですね!!


    軍産官僚の最大の武器であった「プロパガンダ力」が
    大いに低下しております。


    今後世界が暗黒になるのか、
    なんとか民衆が権限を保持した体制に収束されるか?

    ってのはまさに今後の人々の覚醒度合いによって
    決まることでしょう。



    それでは!


    ゆう



    追伸・・・ちなみに最近よく見ていると、
    アメリカですと保守派たちはもう覚醒してる人が
    増えてるけど

    一方現状問題となってるのは
    マスコミの影響を受けすぎている
    左派リベラルの人たちなんでしょう。

    「左派リベラルの覚醒」がどうも今後焦点となってるように
    見えます。

    「バイデンってやっぱりおかしくね?」って事が
    すごい1月20日以降、多いのですが、
    まるでそれは左派の覚醒を促してるようにも見えますが

    マスコミの影響を強く受けてる
    左派リベラルの人たちを目覚めさせる、

    これが今の裏の焦点となってるようにも
    私は思います。

    それで右も左も多くの人の覚醒が進んだ時、

    それがアメリカですと


    今はゴルフばかりしてる

    トランプが動くその時に

    なるかもしれませんね。


    人々の覚醒が今後より進みそうです。
    今まで頑丈であった既得権益は

    大きな武器のプロパガンダ力を失っているがため
    今後追い込まれるトレンドが形成されてますね。

    それでは!!



    ゆう








    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    月単位で負けが出ていない自宅で出来る
    「予想しないFX手法」とは?

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/202101/


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆












    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)




    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る