ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/03/31  【動画】お金持ちより「お富」持ち!?(投資哲学!ネットの登場がもたらした「横の関係」!)
  • 2021/03/30  【私が数十万円の塾で学んだ 「テストをする⇒中間層、富裕層へ這い上がる法則」 について!】(副題:自分の行動を「作成する」方法とは?)
  • 2021/03/29  【「投資家としての幹(みき)を太くする」ことを深見さんの最新動画から考える!】
  • 2021/03/28  【「日本のトヨタやホンダや日産の影響力」を 海外に住んで初めて知ったという話】
  • 2021/03/27  【FXのプレゼント動画】 「深見さんから****様へのメッセージ」
  • 2021/03/26  【副島先生の最新言論から民衆に支持されてるグローバルダイニングさんの戦いや 「人々が集まる自由」などについて考える!】
  • 2021/03/25  【必見】深見純インタビュー動画(音声)を公開!(FXのプロ×株式、経営のプロの対談!)
  • 2021/03/24  【メルマガ限定の4大特典の詳細について!!】(副題:「立派な民間の他人」から学ぼう!)
  • 2021/03/23  【期間限定】ついに4大メルマガ特典付きで 深見さんの教材を公開します!(先着50名様まで)
  • 2021/03/22  【海外現地で快適に暮らすために私が個人的に思う、 「意外に大事なこと」とは?】
  • 2021/03/21  【「見ているFXのチャート」は人によって違う?】 (現実を直視して考えられるトレーダーの対策とは?)
  • 2021/03/20  【ついに東京都の行政を飲食店経営のグローバルダイニングさんが コロナ規制の違憲・違法性で提訴することについて 考える!!】
  • 2021/03/19  【日本の週刊誌の暴走やプライバシー侵害が最近、 激しくなってきてることを考える!】
  • 2021/03/18  【副島先生の最新言論を見る!また最新刊の 『裏切られたトランプ革命 新アメリカ共和国へ』(秀和システム) が出るそうです!】
  • 2021/03/17  【限定公開!】深見さんの「特別WEBセミナー動画」を公開します!
  • 2021/03/16  【資産10兆円超えを90歳で達成したバフェットから学ぶ!】
  • 2021/03/15  【「最近、物価上がってない?」と言い出す先進国の人が増えてること について考える!】 (先進国の経済はスタグフレーションが加速しそう)
  • 2021/03/14  【世界の治安ランキングで日本は何位か?を見て 住む場所や、今後の世界で「ネットで稼げる人が強くなる流れ」 を考える!】
  • 2021/03/13  【投資家の成功と失敗に「最も因果関係」があるのは アセットアロケーションである、ということについて考える!】
  • 2021/03/12  【今後 海外移住する「ネットで稼げる日本の若者」が どんどん増えていく】
  • 2021/03/11  【トランプ大統領がGABでツイート再開したこと、 およびバイデンがトランプの「アメリカファースト路線」を 踏襲してきてる全体像を考える!】
  • 2021/03/10  【FX】低スプレッドのFX業者は実は「危険性が高い」!?(副題:為政者による大衆操作について考える)
  • 2021/03/09  【フリン将軍の最近の言説を見て、また 「なぜかトランプ大統領路線」を中東で継続するバイデンについて 考える!】
  • 2021/03/08  【FX】大企業の役員よりも稼ぐトレーダーなど「ITを使いこなす新自営業者」の台頭、から考える!
  • 2021/03/07  【テキサス州が検閲に対する法案を発表すること、 およびヤバいHR1法案や、アメリカで見られる左右の分裂、から 考える!】
  • 2021/03/06  【「FXで家庭崩壊」から身を守る】(副題:マスコミの洗脳プロセスである共同認知作成機能とは何か?)
  • 2021/03/05  【副島先生の最新言論や リンウッド弁護士の語る「偉大なる覚醒」などなどについて考える!】
  • 2021/03/04  【FXで2年かけて3000万円を13億円に増やした トレーダーの末路がひどい・・・】(実話)
  • 2021/03/03  【テキサス州ではマスク着用命令やコロナ規制がついに解除されそう】な流れを考える!
  • 2021/03/02  【アメリカ金融・債券市場の寿命】について考える!(副題:コロナのウツ問題について考える!)
  • 2021/03/01  【動画】トランプ大統領は久しぶりの演説で、 民主党に「3回」勝つことに言及(意味深) また新党作る報道を否定。
  • 【私が数十万円の塾で学んだ 「テストをする⇒中間層、富裕層へ這い上がる法則」 について!】(副題:自分の行動を「作成する」方法とは?)
    配信日時:2021/03/30 22:15
    【私が数十万円の塾で学んだ
    「テストをする⇒中間層、富裕層へ這い上がる法則」
    について!】(副題:自分の行動を「作成する」方法とは?)

    ⇒編集後記で!

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    NEW「深見純からあなたへのメッセージ 2本目」
    https://vimeo.com/433362752/9bdcafcba5

    プレゼント動画は、こちらのURLにアクセスして
    視聴してください。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【プレゼント動画1】
    「深見純から****様へのメッセージ」
    ⇒ https://vimeo.com/433103100/a780db6b94

    プレゼント動画は、こちらのURLにアクセスして
    視聴してください。

    【プレゼント動画2】
    FX必勝法 その1 概念について
    ⇒ https://vimeo.com/434553824/e4b040cc86



    【期間限定】ついに4大メルマガ特典付きで
    深見さんの教材を公開します!(残り枠は34名です)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/fukami_tokuten/
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧いただきまして
    ありがとうございます!!


    さてさて、ここ最近ですが、コロナ騒動もありまして
    多くの人が

    「自分でネットで稼ぐ」ということに
    興味を持ち、学習、実践をされてる状況であります。


    それで個人的には、もうこの「ネットで稼ぐ」っていうのは
    生活の中でも普通のことで、

    ご飯を食べるとかトイレに行くとかそういう日常行為と
    同じようなもので

    もう10年くらいになるわけですが


    今日はそんな中、今頑張ってる方に相当、参考になるだろうと
    思って、


    私がこの10年で学んだ中で

    「最も強力だった考え方」

    について書こうかな~と思いました。


    それで私なんかは結構色々な塾とかスクールですね、
    世間では情報商材は悪だ、とか
    よくユーチューバーの人が言ってるわけですが

    しかし実際は、というと
    私はネットで稼ぐ若い中小事業者で構成されてる
    業界をインフォと読んでますが、


    その世界ってやはり日本の本当に有名ではないけど
    頭よい人たちが集まっている業界であって

    そこで私も今もですが、ずっとインフォの教材なんかを使って
    学び続けてきたわけですね。


    それで、私の場合は早稲田の政治経済で政治を学んでいたけど、
    やっぱり大学ではこれ サラリーマンになるための知識、
    しか学べないわけであって

    やはり日本の大学教育は、色々欠けてるって
    実態はあるですね。

    だから私はそこでは

    大人になって大変大事な、いわゆる商売の 
    商学については学んでいませんでしたが

    この大学でも学べないレベルの商学、については
    色々インフォのすごい人らに学んだわけです。

    主に彼らはアメリカの商学の考え方を日本に日本語で
    輸入して教えていたわけですね。


    例えばですが、私はいわゆるプロパガンダを使った
    マーケティングも学びましたし、
    (倫理的に問題あると思うのでなるべく使いませんが)

    あとは催眠術の手法だとかも学びましたし(笑)


    あとはそこで様々な投資の知恵とか戦略とか

    投資も含むビジネス全般の知識もオンラインで
    素晴らしい民間のアメリカの知識を取り入れた
    先生方に学んだわけですね。



    それでそんな中、この10年で学んだ中で
    もっともコアな考え方ってのがあって、


    それは今はないですが
    以前数十万円の塾があって

    村上さんと白石さんと伊勢さんっていう方が
    やってらっしゃったプロジェクトがあり

    そこに私も参加して学んでいたんだけど

    そこで学んだことが・・・


    これ今も活きてるわけです。


    それでその数十万円の塾で学んだことってのが沢山あるんです。


    それはいわゆる今のツイッターとかの
    リベラル系SNSを使う
    インフルエンサーの自己啓発で

    超浅い「行動することが大事だ」とかあるじゃないですか??

    あれらとは「レベルが違う」わけですね。


    たぶん多くの人は

    「行動することが大事だ=そんなの分かってるわ、けどできないの」

    だと思うわけです。


    けど実は彼らは知らないだけであって

    本当は、人間の行動原理とか、脳の原理とか、
    あとは商売や投資がうまく原理とか
    そういうものが世界では研究されてまして、
    (これは洗脳や催眠術にもかかわります。)


    全部私はそういう数十万円の塾の講義で
    若い頃、脳に叩き込んだ、わけです。


    それでそれは今も活きている。


    それでそんな中すごい大事な思考ってのがあって

    それが「テスト思考」というものなんだけど


    資本主義においては

    「テストをする⇒中間層、富裕層へ這い上がる法則」


    ってのが実は知られていないだけである
    わけですね。

    ちなみにあとはよく最近、
    若い芸能人なんかのインフルエンサーで
    言われてる

    「行動が大事だなんてのも」

    脳の原理を理解してる人からしたら「浅い」というのが

    今号で、分かるんですが

    これを理解して練習すると、

    「自分の行動を、また第3者の自分がラジコンみたいに
    操作できる状態」

    となるわけです。


    それで今日は特別に、私がその数十万円の塾で
    学んだことでも大事なことを

    まとめて書きまして、

    是非****さんの人生前進への
    ブーストに活用していただきたいな~
    と思います。


    例えば、人間が行動に移せないのは脳の理由があり、
    それをしっかり理解して

    「人間である自分を操る」みたいな考え方が
    これ世界にはあるわけです。


    そしてそれを理解した上での
    テスト思考、ですね、

    これがあると、多くの人が一気にブレイクスルーできる
    可能性が飛躍的にアップするわけです。

    昔の私がそうだったみたいに。


    今日はそれを書きます!



    編集後記で!




    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    【「投資家としての幹(みき)を太くする」
    ことを深見さんの最新動画から考える!】

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




    さてさて、それで最近ですが
    深見さんの動画などを扱ってFXや投資全般について
    学んでるわけですが


    ずばり現代は「常識そのものを疑う」ってのが
    大事ですが


    今日は引き続き深見さんの新しいプレゼント動画です!!


    こちらも大事なことが言われてるので

    「考える練習」にもなるから

    見てみましょう!


    ===========

    こんにちは、深見純です。

    前回の「プレゼント動画」は、いかがでしたでしょうか?

    まだ、1本目の動画を見ていない場合はこちら。
    「深見純からあなたへのメッセージ 1本目」
    https://vimeo.com/433103100/a780db6b94


    FXについての考え方について、
    これまでに聞いたことがないお話だったのではないでしょうか?

    「負けなければ勝つ」考え方を
    是非身につけてもらえればと思います。

    また、90%:10%についての考え方も
    是非、ご理解頂ければと思います。



    では、今日は、2本目のプレゼント動画を
    ご用意しましたので、御覧ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    NEW「深見純からあなたへのメッセージ 2本目」
    https://vimeo.com/433362752/9bdcafcba5

    プレゼント動画は、こちらのURLにアクセスして
    視聴してください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    プレゼント動画以外にも、「裏の実態」
    という話をさせて頂きました。

    常識を疑うというイメージは湧きましたか?


    無意識に人は
    常識に流されてしまうものです。


    頭では分かっていても、
    常識を鵜呑みにしないというのは
    なかなか難しいと思いますが


    常に「なぜ?」「本当にそうなのか?」
    と意識しておくことが大事です。



    さて今回は、
    人間関係の「裏」についてのテーマです。



    「損して得とれ」という
    ことわざはご存知の通り

    目先の利益にとらわれず、
    一時的には損したように思えけれど

    後から必ず大きな得が手に入る。
    という意味があります。


    これに対して、
    「徳して得とれ!」とは

    見えない「徳」をすることで
    後から「得」が入ってくるという意味です。



    似ているようで
    実は全然違います。


    「損して得とれ」では

    「損している」と感じている時点で、

    また、このことわざを口にしている時点で、
    私欲が動機になっていますから。



    さて、
    そもそも「徳」には
    「見える徳」と、
    「見えない徳」があります。



    「見える徳」とは、

    お得意先のお客さんの会社に
    訪問する時に、
    手土産を持って行くとします。



    もしも、あなたが
    「取引してもらいたいから」

    とか、

    あなたがまだ新人で
    「自分のことを覚えてもらいたい」
    などのように

    『動機がお金』であった場合や

    「見返り、評価、報酬が欲しい」という
    私欲が目的になってしまうと
    思惑が表面化してしまい

    それは
    「見える徳」で終わってしまいます。


    計算ずくで
    人と付き合うよりも

    やはり、
    感謝の気持ちがなくては
    「見える」→「上辺だけの徳」に
    なってしまうのです。



    これに対して、
    「見えない徳」というのは

    相手に見えていないところで
    気持ちを込めるもの。



    例えば、
    純粋な動機として
    本当の感謝の気持ちで渡したい場合は
    「見えない徳」になります。


    そんな気持ちがこもった手土産から、
    人は「感謝」を感じるものです。




    それでは、
    「見えない徳」の別の例をあげます。

    元プロ野球選手の桑田真澄さん

    彼は誰も見ていない時に、
    トイレ掃除をしたり、
    チームの祈りを捧げるらしいのです。


    誰も見ていない

    評価されない



    でも、
    感謝したい

    応援したい

    祈念したい

    それが、純粋動機です。



    ピンチの時に
    ボールの方から当たりにきたり、
    みんなが協力してくれる。


    桑田さんには
    そんな奇跡のようなことが
    よく起きます。



    それらは、
    「見えない徳」から
    後から「得」が回ってきたということです。



    少し、信じがたい話だと
    思われるかもしれませんが、

    このような純粋動機からくる
    日頃の「見えない徳」が

    肝心な時に、思いもよらない力となって
    降り注ぐことが、
    実際にあるのです。



    またそれらを、

    「表の努力」

    「裏の努力」

    という言葉で
    表現する場合もありますね。




    あなたも日頃から
    「見える徳」だけで終わっている…

    掃除や挨拶、大事な商談やプレゼン。


    時に「運」も
    大事だと思うことがありませんか?

    その「運」は
    「見えない徳」にとって
    引き寄せることができるのです。


    株やFXのトレードなどを
    やっているのであれば、
    なおさら運は大事にしたいものです。



    ただし、
    心掛けるべきは
    見えない「徳」です!




    あなたは誰も見ていない

    邪魔されない

    たった一人の時に何を考えて、
    何をしていますか?


    その時こそ本性が現れるものです。


    でも、よくよく考えてみてください

    「見えない徳」って
    想いを込めようとすれば、
    誰もができる簡単なことが多いのです。



    「やろうと思えば」です。


    誰も、
    「やらない」だけなのです…。





    しかし…。
    桑田さんってすごい方ですね。

    「裏の努力」っていう
    検索をしたら、
    桑田さんのエピソードに
    触れたページが並んでいます。



    また、桑田さんの
    「見えない徳」には、まだまだあって
    トイレ掃除だけではなくて、

    ゴミ拾いや雑草取り

    玄関の靴を並べる

    大きな挨拶や返事をする

    そんな
    野球の技術には
    まったく関係のない事を

    ”人が見ていないところ”で
    想いを込めながら
    徹底するようになって…

    「風向き」が変わり始めたらしいです。



    あなたにとっての
    「風」は何でしょうか?


    今、良い向きに
    吹いているでしょうか?


    吹いていないと感じるのなら
    今、簡単な何かから
    初めてみませんか?



    今回もメルマガの内容を
    こちらの動画でお話しています。

    【「徳」を積むこと】
    https://vimeo.com/434558340/9c79394c95

    動画では
    生き方、在り方について話をしていますが

    私が昔、概念転換をした
    きっかけとなった出来事についても触れています。

    あなたにとっても
    何らかの刺激になれば幸いです。



    最後までお読みいただき、有難うございました。



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    NEW「深見純からあなたへのメッセージ 2本目」
    https://vimeo.com/433362752/9bdcafcba5

    プレゼント動画は、こちらのURLにアクセスして
    視聴してください。

    【期間限定】ついに4大メルマガ特典付きで
    深見さんの教材を公開します!(残り枠は34名です)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/fukami_tokuten/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





    ==========

    以上です!



    それで今回の動画も大変重要な話を

    されてますね~~



    それで深見さんが今回動画で
    おっしゃってる話が
    大変大事でして、


    まあ FXなど投資事態を「木」に例えると

    「木の幹」をしっかりしていくほうが大事

    って話ですよね。



    どちらかというと手法とかロジックってのは

    木の幹ではなく 木の枝になるわけですが


    幹がしっかりしていないで枝ばかり生えても
    結局 木は倒れてしまうわけで

    そこで「うまい塩梅」ってのがあって


    幹の太さがあって、それが収益になってる
    っていう例え話ですよね。


    ちなみにこの幹ってのがそれこそ
    おっしゃられている


    「損失についての考え方」なんかもそうですし、
    「リスクヘッジについての考え方」もそうですし、


    あとは過度にマネーを稼ぐ、増やすとかの
    姿勢により過ぎないところ、

    ってのもそうでしょうが


    この「幹」をしっかりするのが大事だ
    って話ですよね。


    だから1本目のプレゼント動画でも深見さんが
    おっしゃってましたけど


    「FX以外の勉強が大事だ」って話が
    ありましたけど


    あれってのは「幹」を太くするため、でも
    あるのですね。


    例えばですが「負けないこと」ってのを
    バフェットも重視するし、


    それが投資の本質なんですけど、


    これも実は「幹」がしっかり出来ていないと

    「言葉でわかっていても実践できないもの」

    であるわけです。



    例えばですが、私のメルマガの場合、

    多くの読者さんが個人投資家の

    お父さん、お母さんみたいな方が多く、


    やっぱり 息子さん、娘さんもいらっしゃって

    養育費とか、家計について真剣に考えて


    その上で投資をされてる方は多い傾向がありますよね。



    それで幹ってのは


    例えばそういった家計を守る

    お父さん、お母さんの個人投資家の読者さんからすると、

    たぶん 家族の幸せについて真剣に考えてみる、とか


    そういうところになるはずなんですね。


    ちなみに若いときってのは人生観が甘くて、

    最近多くの日本語のネット発信を見ていても思うんですが

    自分の幸せ、をメインで考えるもので、
    誰もそれを疑いませんよね。


    しかしもし、先人の日本人たちが
    後ろの世代の繁栄を考えることなく
    例えば昨日の記事で言えば

    日本の大経営者であるトヨタ創業者の豊田喜一郎さんや

    ホンダ創業者の本田 宗一郎さんたちが自分の幸せだけを
    考えていたならば、

    今の日本はもっと貧しく大変だったことでしょうし

    世界になんだかんだ自動車製造で尊敬される日本の姿は
    なかっただろう、と最近私は考えるわけです。


    それで
    先進国の特徴としてやたら人々が

    自己啓発的にネットの影響もあり、
    幸せになる、ってことを言い出してる傾向があるんですが、


    自分が幸せになることのみに
    人生の重点を置くわけで

    そういった左派リベラルの価値観を
    誰も疑っておりませんね。


    しかし色々な国にいて生活していると
    分かる点があり、


    やはり昔ながらのおじいちゃんおばあちゃんがいて

    お母さんお父さんがいて子供がいる

    っていう3世代家族が当たり前の国も多かったりして

    私はいまや核家族が当たり前になった
    日本での常識を破壊されることが多いのです。


    そこで私も色々 お母さん、お父さんから下は英語話せるから
    話したりするけど


    じゃあそこでおじいちゃん、おばあちゃんが

    「私自身だけを幸せに」と考えて行動してるか?


    というと見ていると分かりますが

    どう見ても孫や子供の幸せのために、


    各国の破壊されていない家族制度で生活してる

    じいさん、ばあさんは

    動いてる様子は観察できるわけですね。



    孫や子供に昨日書いたようなトヨタのカムリ乗せるために


    じいさん、ばあさんが不動産賃貸業とか運営して

    お父さん、お母さんが私らみたいな旅行者の対応をして

    利益を上げてる、


    なんて光景を私は日々 間近で見てるわけです。


    まあだから今の先進国は、家族制度の解体っていう
    ステルス化した共産主義思想が結構強いので、


    そこで必然的に、
    自分を幸せに、というところを
    第一の価値観で動いてる人が多いと感じますが、


    実際は、それでも伝統的な家族制度が
    中心の新興国にいれば

    多くの人々は年齢を重ねると、
    自分だけの幸せを願うフェーズから
    子供や孫の幸せを考えるフェーズに移行してるようだってのは

    観察していて分かる点です。



    それで、自分の幸せだけを考えてる時点だと、
    「負けないこと、の意味が分かりづらい」のでしょうが


    一方、子供や孫のために稼ぐという読者さんは
    多いわけですが

    そういう方は

    「自分が損したらシンプルに教育費も工面できなくなる」
    のは考えられるから、


    そう真剣に考えると、
    「絶対に負けられない、だからリスクを真剣に考えよう」と、
    思えるわけですよね。



    だからFXとか株でよく「負けないこと」とか言いますし
    書きますけど、


    「じゃあなんで負けてはいけないのか?」

    っていうところまで考えて


    それぞれの状況は違いますが
    それぞれの人が考えて行き、

    「幹」を形成していくことがすごい大事ですよね。


    「根本」がしっかりしていないと、
    それを実際の「投資行動への実践」につなげられない

    ってのがこれ人間です。


    ちなみになんで私がこんなことを書くか?というと
    実は私には人生の投資における反面教師がおりまして

    それが悲しいながら父なのですが


    当時父は日本の誰もが知るマスコミの
    大経済新聞の会社で働いていたわけですよ。


    しかしながら、どっちかというと
    父は家庭を重視する保守的とは
    逆で今で言うリベラルでして

    大人になった私が今考えると、少し考え方がまだ甘い
    現実の厳しさに対峙していなかった
    父であったと思います。


    そこで父は先物に手を出すんだけど
    そこで資金管理も知りませんし、

    また投資の怖さも知りませんから、
    当時の家の蓄え数百万円を 完全に

    海千山千の証券マンに言われたとおり投資して
    全損したわけですね。


    もうここから、私が子供時代に育った家庭は
    おかしくなったんですが
    (大人になってから母に聞いて知った)


    マネーってのは家庭のまさに屋台骨ですが
    それを溶かしてしまったものだから

    幼少、子供時代の私はその後色々あって家庭も崩壊して
    苦しんだわけですね。


    逆にここで、父が当時、少ない情報の中、
    「家庭を守る」というところを真剣に考える時間があれば

    資金管理にも保守性は生まれていただろうし
    損失は最小にできたはずで

    海千山千の証券マンに食われることもなかったと
    思います。


    それで私はこれ子供時代に反面教師としての個人投資家の父
    を見てますから・・・


    その反動もあり、
    子供の私は 大人になり、

    逆にその辺をちゃんと考えるように
    なったわけですが


    これが投資の怖いところで

    「ちゃんとお父さんお母さんが家庭を守るとかを
    真剣に考えないと

    それが甘い資金管理につながり、
    次の子供世代に及んでしまう」

    こともあるわけでして、それを私は自分の子供時代の経験から
    よく知ってるわけです。


    だから幹ってのはお父さん、お母さんの読者さんであれば
    上のようなことが起こってきたのが投資の現実であるから、


    次世代の幸せについて真剣に考えるとか
    それもまた幹のひとつ、になりますよね。


    自分が運用失敗したら自分だけならまだしも
    家族に迷惑かかると真剣に考えれば

    ちゃんと「負けないこと」を意識するようになる人は
    多いはずです。


    私の父がしたように甘い欲望で資金管理しないで
    その後の家族崩壊は誰も望んでいないはずなのであります。



    守る人について真剣に考えれば、

    当然資金も守るというところに
    意識は向きやすいですし、

    また考えるスパンは自分の寿命だけではなく
    子供や孫の寿命も考えた100年単位で考える長期視点にも
    なりますから

    より堅実さが増しますよね。

    これは最近の華僑たちが世界で影響力を増してるのも
    上のような考え方が根本にあるからでしょう。


    ちなみにこれは独身でも同じであって
    結局の話人生って 今後何十年も続くわけですね。

    そしてなんだかんだ人々は社会の中で生きていく
    わけです。


    1人で無人島で生きるわけではないわけでして
    独り身であっても様々な人と助け合って生きていくことになる。

    それで色々な人がいて
    「自分だけは逃げ切りたい」
    と言う人、そういう価値観が先進国で台頭してますが

    しかしこういった人たちって
    あまり投資で大した資産は築けていないのですが


    一方「社会の為に長期で役立つプロダクトを提供してる
    企業に応援して投資しよう」

    と言う人たち、これはお金持ちが増えてるわけです。


    これは貯徳という考え方であります。




    PDFファイル【これからの時代「貯徳」できる人が富を得ていく!】
    ⇒ http://fxgod.net/pdf/money/tyotoku2.pdf
    (直リンクです。編集後記はPDFの32ページからになります!)



    例えば、ある企業が、日本の食品添加物や
    あとは品種改良という名の下の遺伝子組み換え食品が

    増えすぎて多くの子供たちの疾患が出ているであろうと
    問題視して、

    そこでその企業が後世の健康も社会的使命として

    ちゃんとした
    自然の食品を提供してるとすれば


    そういう企業を投資家が応援する、
    とかそういう考え方ですよね。


    自分だけの幸せではなくて、

    (もちろん自分が幸せに越したことはないけど、
    ただそれを最優先に置かない。)

    同時に社会全体の発展を考えるって言う
    考え方ですが

    あくまで一例の考え方ですが
    この辺の幹が出来ていれば、例えば
    株式投資で最も難しい長期保有は簡単にできるし

    FXなどの運用でも長期で考えられるし、
    それは結果として、利益になるわけですよね。


    だから色々な状況の方がいらっしゃるわけですが
    そこで「幹」をしっかり強く太くしていき

    その後にロジックとか手法の枝がありまして


    幹があって投資行動につながるってのが

    これ投資の妙味であり、面白い点ですよね。




    それでじゃあこの「幹」ってのは正解があるか?
    っていうと

    日本語で言うと十人十色であり、

    いわゆる個性がからむ点でして、


    それは人によって違うわけですね。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    例えばですが、投資家ってのは日本人だけではなく

    世界中におりますが、


    アメリカの投資家たちってのは、英語で色々
    発信を見ていると

    上に書いたような
    負けないための根本を保守的な考え方で家族の安定
    というところに置く人が多いなと感じますし、


    あとはイスラム圏の国々の投資家と話しても
    なんだかんだ子供や孫の教育費のために負けない投資を
    心がける人は多いようにも思います。


    あとは成功してる若い
    海外の投資家なんかとも話しますと、
    やはり 人生についてすごい真剣に考えていて


    組織に所属して自由が制限されるのではなく
    あくまでも自立して独立して生計を立てていき

    強く生きていくというリバータリアン思想も傾向として
    強いですよね。


    いずれにしても真剣に人生について自分なりに考えて

    幹が形成されてる人が


    投資でしっかり収益を出しているってのが

    見て取れる大きな共通点ですね。



    そういう意味で深見さんがおっしゃる

    「FXの勉強も大事だけど

    それ以外の勉強がもっと大事」


    ってのがまさにこの

    「幹」を作るところで大事なんだけど


    ここで人生についてのスタンスがある程度

    決まってこれば、


    それをメインにして、

    保守的な、資金管理も投資に反映されてきますし、


    「負けないことへの実践」につながるってのは

    あるわけです。



    だから自分は今後どう生きたいか?とか

    もしくは守る人がいる人ならどうやって

    大切な人を守るか?


    とかずっと考えていくわけですが

    その延長線上に「資金管理」とか「手法」とか

    ってのが出てきますよね。


    だから「人」について考えるってのがスゴイ大事だと

    私も思いますよね。


    ちなみにこの「幹」を作るってのは
    正解がなくて色々な考え方があるわけですが


    例えば私が尊敬してる柴野さんっていう
    経済活動全般の師匠がいるのですが


    彼なんかは「1億円稼ぐ友人を10人作る」みたいなことを
    ずっと言っておりまして

    シンプルにそっちのほうが人生面白いでしょ
    っていうところをおっしゃっていたのを
    記憶してますが


    実際にそこで10人どころかもっと多くの人が
    彼の周りで稼げるようになりましたが


    そこで私は柴野さんから「人を見る」なんてことを
    学んだものです。

    彼の場合は当時まだ若かったけど

    自分の成功だけではなくて、周りの成功についても
    考えるようにしていたわけですね。

    自分だけ成功してもシンプルに孤独だったそうで
    そこで上の哲学が出てきたと。


    まあだから色々な考え方、幹があるんですが


    結局の話、幹がより太く、強い人たちが
    経済活動でも稼ぐ、

    ってのが本質ですよね。


    それでそういった幹がちゃんとあるからこそ、

    負けないことっていう考え方が ちゃんと自分に

    刺さるようになるし、


    それを実践できるようになると。



    逆に幹がないと、「負けないこと?ふーんそうなんだ。」

    くらいで終わってしまうわけで


    その重要性を認知できないわけでして

    それは投資行動に結びついて、いつか大きな暴落や急変動で

    損をするという結果につながるわけですね。



    だから今回の幹をしっかりしていくことが大事って

    深見さんの言葉は含蓄がありますよね。


    それで大事なのは


    日本のセンター試験でされてるような

    絶対的な正解を導き出すことではなく



    「考える」こと、

    「考える時間を確保すること」ですよね。



    世の中が複雑化して多様化してる中で

    絶対的正解などありませんから。




    私はこれ昔お金持ちの経営者に教えてもらいましたが

    資本主義においての経営者、投資家の仕事は

    「考えること」だ、と。


    手や足を動かす仕事はあくまで労働者のやることで

    経営者は考えることに集中しないといけないと。






    それで

    多くの現代人はこれ正解を出すことに重点をおく

    思考を持ってしまってますが

    (学校の公立教育でそう洗脳されてるわけです)


    実際はそれ以上に「考える時間を確保すること」

    のほうが 大事だったりしますね。


    それでは!



    ゆう











    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    NEW「深見純からあなたへのメッセージ 2本目」
    https://vimeo.com/433362752/9bdcafcba5

    プレゼント動画は、こちらのURLにアクセスして
    視聴してください。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【プレゼント動画1】
    「深見純から****様へのメッセージ」
    ⇒ https://vimeo.com/433103100/a780db6b94

    プレゼント動画は、こちらのURLにアクセスして
    視聴してください。

    【プレゼント動画2】
    FX必勝法 その1 概念について
    ⇒ https://vimeo.com/434553824/e4b040cc86



    【期間限定】ついに4大メルマガ特典付きで
    深見さんの教材を公開します!(残り枠は34名です)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/fukami_tokuten/
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★












    ==========編集後記============


    さてさて、ここ最近ですが「自分で稼ぐ」ってところを
    すごい多く書いてるわけですが


    まあやっぱりコロナであろうが、戦争であろうが
    結局私たちは そこでお金稼いでメシ食わないといけない

    っていう原理は変わりませんから


    やはり自分で稼ぐことを学ぶ、ってのは大事だと
    思って書いていたりします。



    それで、上に書いたのですが私がまだ自分で稼げない時代にですね、

    学んだすごい知識ってのが実は、沢山あるんです。


    ちなみに大学時代はこれそんな知識とは

    一切めぐり合わなかったんですが


    私の場合は大学卒業後に就職活動はしなかったので

    フリーターとか色々転職しまくって仕事しながら

    勉強していたのですが


    そこで「行政官庁には怪しいとされるインフォ」で
    お金出して、沢山、学んできたわけです。


    ちなみに私の場合は行政官庁が提供する公立学校の教育、

    あとは、早稲田なんかの私立大学の教育も受けてますから


    「その教育のレベルがどの程度のものなのか」ってのは
    一応指針は持ってるわけですが


    インフォで私が学んできた内容、ですが

    確かにレベル低いものも中にはあるんですが


    しかし中には「人生変えてしまうレベルのとんでもない
    世界基準で出回ってる東大でさえ教えていない知識」


    にあふれている訳ですね。


    だから私はそれを知ってますから、行政たちが
    なんでインフォの知識形態をつぶしたがるのか?

    ってのも良く分かります。


    公立教育のレベルの低さが露呈しちゃいますし、
    強い自営業者が育つと

    最悪トランプみたいに行政に歯向かってくるわけですから。


    まあそれで私がこのインフォでお金出して
    学んできた知識ってのが

    まあすごくて、例えば今まさにコロナで大々的にやってる


    「プロパガンダ」の知識も学んだし、

    「催眠術」の知識も学んだし、

    「マーケティング、投資」などの知識も学んだし、

    「人間の行動原理や脳の部分」なども学んだし、

    「恋愛部分のいかつい知識」も学んだし、


    まあ色々学んだけどどれもこれも

    人生に役立ってしまってる、わけです。



    ただそういう教材とかの知識が

    まさに今の情報統制の弾圧ですね、

    そこで大衆の目に触れないようにさせられてるわけですが


    それは問題だな~とか思って

    今号書いてるってのもありますね。


    ちなみに私はちゃんとこういうことを書く際に

    「○○さんに学んだ」とか知識の元は書くようにしてるのですが、


    というのは最近のネットですと

    色々な人から本来学んでるのに

    それを 一切言わないで

    「自分のオリジナルのように振舞ってる

    教祖になりたい有名人」

    って多いですよね。


    これに私は疑問を感じていてインフォであきらかに

    既に言われてることをあたかも、


    新しい自分オリジナルの知識のように

    有名人や芸能人が

    GAFAなどのプラットフォームで

    情報弱者向けに話してるのを見ていて


    「ああ、こういう虚栄心と承認欲求の塊になってるってのは

    人間として弱いんだな」


    とか思いますので


    だから私はちゃんと自分が学んだ人にも敬意を持って

    書くようにしてるわけです。


    ちなみにこれは副島先生が私に生き方として

    教えてくれたことですね。


    それは民間同士が争わず、うまくやる知恵であると

    思います。


    ちゃんと学んだ元の人の名前なり、存在を

    引用するってのは私は大事にしてまして、


    逆に虚栄心や承認欲求が強すぎて

    多くの人が教祖になりたがっていたら

    ぎすぎすした社会になってしまいますね。


    それで、私なんかは実は今日書く知識は

    上に書いた 白石さんとか村上さんとか伊勢さんっていう

    まあすごい人がいるんですが


    彼らに学んだわけです。

    その学んだ知識には敬意を持ってますね。


    当時「ミスターX時代」ってのがあって

    ミスターXってスゴイ天才がおりまして


    彼たちが

    アメリカや世界の多くの知識を日本語で吸収して

    それをインフォで教材として発表する流れが

    10年くらい前にあって


    そこでさらに弟子として貪欲に世界の知識を吸収して

    数十万円の教材で教えてくれていたのが

    上記の3人で、まあすごい人なんです。


    それで私はまあ色々な知識をこの10年以上学んできた
    わけですが


    彼らが教えていた知識ってのが

    私が大学時代に学んだもののレベル、をはるかに

    超えているものだったわけですね。



    要するにそれらを学んで、

    「大衆の知識や科学と

    一部の本当のトップ層の持ってる知識や科学ってのは

    全然違うものなんだな~」というのは


    分かったものです。


    それでまず最初に件名のテスト云々の前に

    どうしても重要なので

    「行動」について書きたいわけですが


    なんでこれを書かないといけないか?と私が思ったかというと

    まさに最近、色々なインフルエンサー?っていう人たちが

    左派リベラル系SNSで

    出てきていてビジネス指導とかしてるのを見るけど


    彼らが言ってることですが

    「行動が大事!行動が全て!行動しよう!」じゃないですか?


    最近の大体の自己啓発とかインフルエンサーって

    昔のミスターX時代と比べてレベル落ちたな~とか

    私は正直思ってるんですが


    だって多くの人は

    「行動が大事なんてそんなの百も承知である。

    しかしそれでも怠惰な私は行動ができない、

    どうすれば行動できるのか」


    と悩んでるわけですよ。


    けど上のテレビの寡占電波とかで長年ブランディングをされてきて、

    あとはリベラル左派SNSであるツイッターなんかで見られる

    若いインフルエンサーたちは


    「行動が大事だ!行動が大事だ!」と連呼してるわけで

    正直、「それってこれからビジネスとか投資やる人の

    ソリューション=解決方法を提示してるのか?」


    と、私は本音で、疑問に思ったりするわけです。


    ちなみに、私は思想分析も終わってますが

    最近有名なマスコミが取り上げるインフルエンサーさんたちの

    大多数が 背後に左派リベラル、共産主義の思考が

    強い傾向もありまして



    例えば「みんな一緒に」とか「平等に」とか

    「お金が全てじゃない」とかの価値観を混ぜ込んでいるのを

    気づきますが、


    大きくはこれもプロパガンダ手法の一環ですね。

    「みんな一緒に」とか「平等に」とか

    「お金が全てじゃない」この辺の言葉は


    共同体で生きてきた人間の脳の特徴、

    それは現代社会では弱さになってしまうケースもあるんだけど


    そこをうまく利用したプロパガンダ用語であるわけです。


    だからプロパガンダでいわゆるインフルエンス、影響力を

    構築しようとしてる、それが目的なら


    そこで行動できな人らへの

    本質的なソリューション、解決方法を示さないってのは

    まあ当然なのかもしれない。


    ただやはり資本主義と向き合うのは大事ですから

    もう少しそれをちゃんと掘り下げることが大事で


    それをやっていたのが実はインフォであったし

    それが上記3人であったし、

    私も昔、彼らに色々そこをより詳しく学んだわけで


    今日はそれを書きたいと。



    それで、まあまず

    「人間はどうやって行動するか」ってのを理解する必要があって

    その行動原理を理解していれば、


    「行動できない人でも自分の行動をコントロール」

    できるようになるんだけど


    私なんかはもう10年以上前から「行動が大事なんてわかってた」

    のですが


    しかし問題はそれにあらず、私は当時、

    「人間は怠惰であるけどそこでいかに

    自分がとるべき行動を取れるようになるか?の

    知識や戦略が大事」


    と気づいていたわけです。


    だから上記3人に学んだ過去があるのですが
    彼らはちゃんと未熟な私にソリューションを示してくれたんですね。


    それで私がその数十万円の塾で学んだことの1つですが

    そこでは


    「怠惰な自分を半自動的にコントロールして行動させる方法」

    ってのをちゃんと学ぶんです。



    そこでは「人間の行動のプロセス」がちゃんと

    教えられるわけですね。


    人間ってのはみんな「脳みそ」があるわけですが

    これは良く書くことですが


    例えば「トイレに行く」っていう行動がありますが

    それはどうやって形成されるか?ですが


    まず尿意が出てきて「あ、トイレ行こうかなどうしようかな」

    ってなるわけです。


    ここで

    Aトイレに行く

    B我慢する

    っていう選択肢になるんだけど


    ここでAのトイレに行くってなった場合

    人間ってのは無意識でその行動をとらないわけでして


    「どこにトイレがあって、そこに自分は向かって

    そしてズボン脱いでおしっこする」


    っていうのをちゃんと「脳内に事前にある程度描いて」

    「シュミレーションを無意識にでも行って」

    それで「行動」するわけです。


    これが実は「行動」の重要な過程でして

    人間ってのは夢遊病でもない限りですね、


    ちゃんと事前に「その姿を脳内にイメージして

    その後に行動を採る動物」


    であるわけです。

    これをシュミレーション、と言います。


    だから実は大事なことなんだけど

    人間は

    「イメージ」が最初に脳内にあって

    次に「行動」なんですね。



    ちなみにじゃあ「洗脳」ってのは何か?っていうと

    これはプロパガンダもそうですが


    その人間の行動の源泉であるイメージ、脳内の像ですね、

    これを最初に為政者がコントロールするんだけど


    それで人間の行動をコントロールするってのが

    これプロパガンダであり洗脳でありますね。



    例えばそれはコロナ騒動がまさにそれが適用されてるのですが

    ある民族にマスク全員着用させたい、と。


    しかし、いきなり「マスクしろ~」と言っても

    誰もしてくれませんから


    テレビの像を その視聴者に見せるんだけど

    以前に「共同認知作成機能」ってのを書きましたが


    ■バックナンバー
    【「FXで家庭崩壊」から身を守る】
    (副題:マスコミの洗脳プロセスである共同認知作成機能とは何か?)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202103&MID=2850#2850


    ここでですね、視聴者に共同した認知、すなわち
    分かりやすく「イメージ」を持ってもらうんだけど


    ここで例えば あのトゲトゲのコロナのイメージとか
    (シンボル、って言います。目に見えないものを
    偶像化して、イメージ持たせるんです)


    それが感染者が増えて怖いですよ~とかの恐怖感情を使ったイメージとか

    あとは感染者のグラフってのがありますが


    あのグラフを捏造すると、

    そのグラフを見た人の脳内で「イメージ」が

    作られるんですけど、


    その「イメージ」がある程度固まると、

    人々は行動として「マスクをするようになる」わけですよね。


    これがまあ最近適用されてるプロパガンダ手法なんですが

    元々はダビストック研究所っていうところが


    この辺のイメージと人間の行動について研究していましたから

    結構昔からの 大衆コントロールの研究が

    現代でも使われてるってことです。



    それで上の話は イメージ⇒行動の行動プロセスの

    順番の分かりやすい時事の例でありますが


    自分で稼ぐために行動する、と言う分野ですと

    逆に、「自分のイメージを操作コントロールして

    それで行動をコントロールする」


    というのがアメリカなんかの成功してるビジネスマンたちが

    本当はやってることなんです。



    実は私はこれを上記3人で


    「シュミレーション」については伊勢さんに当時学んだけど


    彼らはアメリカの日本円で数百万円するようなセミナーに

    行くような人たちで


    トップレベルの知識持ってますから


    こういうことも教えてくれたものです。


    それでどういうことか?と言いますと


    例えば****さんが稼ぐためにどうしても

    Aという行動を採りたいとします。


    Aという行動を「継続すれば」ですね、

    ****さんの実力が上昇して、

    どんどん、QOL(生活の質)がよくなるのは間違いないと

    確信してたとします。


    しかし人間は怠惰ですね?

    ナマケモノなんです。私もみんな基本的に人間はナマケモノ

    です。その前提からスタートします。



    だからここで

    「怠惰な自分の行動をコントロール、統制するためには?」

    という視点が必要なんだけど


    ここで「イメージを具体的にする」わけですね。


    例えばAと言う行動が例えば、

    「毎日チャートを開いて検証する」

    という「普通は面倒くさい行動」だとします。



    まあ普通は「三日坊主」という言葉があるように

    続きませんね?


    けど実は「イメージを自分で繰り返ししていく時間を取る」

    ことをしますと・・・


    そう、実はその「ナマケモノである自分はできなかった行動」

    がそのひとは取れるようになるわけです。


    どういうことか?


    これは例えばまあ「チャートを開いて検証する」ってのは

    面倒くさいですね。


    これはブログやメルマガを更新するでもそうですね?

    普通は毎日できません。


    ちなみに私は例えばメルマガですが

    1日も書くのを欠かしたことがないので、


    もうメルマガだけでさえ、

    4000日くらい継続してることになりますが

    要するにその行動継続でさえも、

    今回の知識を使ってるわけです。



    それでこういった一見面倒くさいけどやったら

    自分にとって良いことって世の中には沢山あるわけですが


    それがみんなできないわけで

    要するに「行動しろと言われてもそれができない」

    のが問題なんですが


    実はこれ上の「脳内のイメージ形成」を使うと可能でありまして


    例えばチャート開いて検証っていう行動については

    「毎日、それを脳内にイメージ化する時間を取る」

    すなわち「シュミレーションする」

    のが大事なんですね。



    それはサラリーマンであれば電車に乗ってるときでも良いし

    なるべく「具体的に」イメージしますね。


    シュミレーションの仕方は例えば以下です。


    「私は夜帰宅して、 一息つく。

    そして、ああ、今日も会社の仕事は大変だったな~と

    思いつつ、少し休んで、一杯の麦茶を飲む。


    そしてその後私はノートパソコンをバッグから

    取り出して、


    そしてWINDOWSを起動する。

    そしてWINDOWSを起動してMT4を右指でダブルクリックして

    そしてMT4の画面が立ち上がり、


    そしてローソク足を見ながらラインを引き、

    そしてチャートをスクロールして過去検証を行う・・」


    くらいにより具体的にイメージするわけですよね。


    ちなみに最近だと検証ソフトならFOREX TESTERがなんだかんだ

    良い。


    それで、重要なのは「なるべく具体的に脳内に像=イメージを

    作り上げて、


    それを脳内で何度も「想像する」」


    ってことです。


    ここでイメージがすごい固まってきますよね??


    それでこの「イメージ形成する時間」も大事でありまして

    例えば 行動についてですが



    上の「トイレに行く」と言う行動でも

    3秒それをイメージする人と


    「トイレに行くことを1時間イメージする人」

    では


    当然1時間イメージする人のほうがトイレに行くという

    行動を採りやすくなるんです。


    だから「イメージの時間量を増やす」のが大事でして

    だからそれはお風呂に入ってる時でも良いですし


    40分くらいお風呂入ってその間ずっとイメージしていれば

    その後それは****さんの「行動」になっていく

    わけですね。


    ちなみにそれが「慣れない行動」である場合

    最初はそれに 心理的な抵抗が脳内で発生しますが


    これも何度もイメージしていくと行動につながっていきますから

    そこで「慣れ」が脳内に形成されまして


    それが初日~10日間はいまいち行動に結びつかないものが

    1ヶ月もこの「イメージ」をやっていると行動するようになり、

    それが継続されると脳内に慣れが作成されるので


    それが「習慣的な行動」となります。



    実を言うとこれが人間の脳の性質を利用した

    「習慣」の作り方ですね。


    ちなみに優れたビジネスマンでいうと


    すごい努力家の与沢さんが

    おりますが、あの人はやはりこういうのを

    自分で教えられなくてもたどり着きますが


    以前彼は「自己洗脳が大事」とかおっしゃってました。


    そう実はこの「イメージ」もしくは

    「シュミレーション」ってのは簡単に言うと

    自己洗脳、に近いとはいえますね。


    要するに自分の行動を「何もしていない時間」にですね、

    イメージだけはしまくるので


    実際、体は動いていなくても脳内はすごいイメージ作成で

    前頭葉周辺は動きまくってるわけですが


    ここで脳内に「イメージ」が固まっていくと

    それは「行動」につながるわけです。


    これが人間の行動原理なんですね。


    ただ多くの人は昔の私もそうですが

    主観で生きてるものでありますから、


    この行動原理になかなか気づかないのですが

    実は****さんが「コンビニに行く」って行動であっても


    実は事前に****さんは「コンビニの道筋」であるとか

    「セブンイレブンのあの 7 というロゴ」とかを


    脳内にイメージしてるわけですね。
    (だから企業ロゴというのはすごい大事なのです。)


    コンビニに行くって何気ない行動であってもですね、

    ちゃんと脳内には コンビニまでの地図のような道程が

    イメージされてますし、


    またその店内の様子のイメージ、外観のイメージ

    ってのが実は

    「習慣化されてると無意識にその人の脳内に形成される」


    これこそが人間の脳のすごいところで

    機能なんです。



    ちなみに上に書いたように洗脳ってのはこの

    イメージを操って、信者の行動をコントロールしよう

    というものでありまして


    それはマスメディアの共同認知作成機能ってのは

    寡占の公共電波を使ってでの

    大衆コントロール術でもあるわけですね。


    例えば新興宗教が信者の洗脳の為に

    「周りを見せない」ことをしますが


    これは要するにせっかく信者の脳内に

    恣意的なイメージを作成したのに、


    周りの世界でまた違うイメージが作成されるから

    そこで洗脳ができないから


    「周りを見せないようにする」っていう方策が

    取られるわけですね。



    だから本当は、新興宗教の脱洗脳技術は簡単で

    その脱洗脳させたい信者の家族がいたとしたら、


    その人を強制的に海外に一緒に連れて行って

    強制的に違う世界を見せさせて、


    国内と全くイメージをその信者の脳内に形成させれば

    速攻 脱洗脳はできるってことです。


    要するに、洗脳、プロパガンダ、この辺まで理解しないと

    「怠惰な自分の行動をコントロールする」

    ってことは出来ないわけですね。


    それでまず上に書いたことが大事で

    「なるべく自分がとるべき行動Aについて

    具体的にイメージを脳内に作りシュミレーションをして


    そのイメージを長い時間作るようにしていく」


    これが実は 

    「面倒くさくてできなかった行動Aを継続する方法」

    となりますね。


    要するにやることは脳内でシュミレーションして

    イメージを脳内に作成することだけ、

    で「行動」は作れるようになるわけです。



    私はこういう行動原理を以前に上記の

    3人に学びましたが



    まあこれが・・・すごかったわけですね。


    だって世の中「行動したほうが良いこと」ってのは

    沢山あるわけですが


    大体の人は99.9%の人は「行動すればよいと分かってるけど

    行動できない」わけですが


    上のある種の真実を学んでる

    自分の場合は上の方法、すなわちイメージを脳内に作成して

    イメージしまくって、


    それで自分の行動をコントロールできると知ってるわけですから


    そこで「自分がとるべき、とりたい行動Aを

    ちゃんと行動に移せる」ようになるわけです。


    だから行動ってのはすなわち上記のような

    脳内にイメージを自分で想像して作っていくことで

    簡単に「作る」ことができるわけですね。




    例えば****さんも今から2時間、ずっと

    「トイレに行く自分の姿」を想像して脳内にイメージ作ったら

    トイレに行かざるを得なくなるでしょうが(笑)


    これが人間の行動でして


    それをそのまんま

    ****さんが行うべきと考えてるけど

    出来ない行動

    に応用すれば


    それは 継続した行動、に現実化していくわけですね。


    ちなみに、上の話を理解してますと

    いわゆるスピリチュアル界隈で「引き寄せの法則」って

    ありますが


    あれは実は確率論でも説明できてしまうのですが


    脳内に似た考え方、思想、イメージを持ってる人間ってのは

    行動が当然 イメージ⇒行動のプロセスから

    近似して、似てくるわけです。


    例えば人間はその脳内のイメージで

    半自動的に行動いたしますから、


    「今日どこかのレストランに行くとして

    そのレストランの選択」

    ってのも似てくるわけですね。


    比較的脳内に自由な思想を持ってる人ならば

    その自由なイメージを反映してる

    レストランを選択する確率が高いですし


    そうすると、1日2日と経過していくと


    「似た考え方の人は、似たような場所に集まる現象」

    は当然


    人間のイメージ⇒行動のプロセスから進むわけでありまして、

    そこで「まるで引き寄せられるように

    その人の思考と波動が合う人と交友が発生する現象」


    がこれは確率論的に高まるわけですね。



    だから実は上の イメージ⇒行動という人間の

    脳のプロセスを知ってる人からしたら

    引き寄せの法則ってのは


    単なる人間の行動の確率の話で

    当たり前のことであるとも分かりまして


    逆に、それをオカルトと言ってる人は

    人間の 脳と行動の関係値を知らない人なんだろうな、

    という見方になるわけです。



    だから脳を理解すると、色々世の中が分かりますね。


    それで、実は上のように、何か行動したければ

    イメージを具体的にして、そのイメージの時間を多く取れば

    それは行動になるんですが、


    だから日本語でよく

    「夢は思い続ければ叶う」(事が比較的多い)

    ってのは


    それはすなわち 上の イメージ⇒行動という

    人間の行動過程のことを言ってるに過ぎないわけですね。


    だから自己洗脳にも近いんですが、

    この「イメージを強く脳内に作成することが

    当たり前になってる人」


    ってのが「やたら行動しまくる人」であるってのが

    本当のところですね。


    この「行動しまくる人たち」ってのは

    実は、「脳のイメージ作成を意図的にして

    自らの行動をコントロールするのが当たり前になってる人たち」

    のことです。


    それが既に子供の頃から習慣化していて

    自分で気づいてないで行動しまくる人もいますし
    (いわゆる天才)


    逆に上のような 

    脳の機構を知って、

    イメージを作成して意図的に行動を自分で操る人も

    いますが、


    後者の人のほうが原理を知ってるので

    取るべき行動を採り続けられるので長期で

    強いってのはあります。


    だから今は世の中にある知識ってのがかなり鋭いものが

    ありますから


    それらの知識を体得して実践した努力する人は

    天才を超えられる時代なわけですね。


    天才には限界がありますが

    知識習得はこれ脳の構造上、限界がありませんから

    努力人が強くなる時代です。



    さて、それで「行動」について上に軽く書きましたが、

    実はここでビジネス・投資で大事になるのが

    テスト思考でありまして


    件名に書いた


    「テストをする⇒中間層、富裕層へ這い上がる法則」


    というものですね。


    これは私の同大の後輩でもある白石さんに学んだことですが

    彼がアメリカに渡ったりして、そこで

    現地の何十万円とか何百万円するセミナーで

    学んできたことなんだけど


    実は「どの分野もやることはこれだけ」と言えるくらいの

    ものです。



    だから重要なことなんですが

    「テストにかけることが全て」

    なわけですね。



    これはFXでも株でも、

    物販やアフィリエイトなどでも全て

    資本主義における分野ですと同じなんだけど


    「テストにかけることが全て」

    なんです、本当に。


    例えばですがFXを学んでいると、

    色々な考え方が出てきますよね。


    有名なのは損きりが大事だってものですが

    これも以前に深見さんがおっしゃっていたように


    証券会社でストップを設定した場合と

    成行きで自分で「手を見せないでストップ決済した場合」

    ですと


    当然その後の結果は変わることは

    想定できますよね。


    (シンプルにB-BOOKですと、ストップ狩りがされることがあるため)



    じゃあここでどうするかというと

    それは「テストする」んです。


    要するに一定期間を自分で定めて

    「ストップ逆指値を入れてみて決済してみる実験、検証」



    「ストップを入れないけど自分で逆指値数値を想定しておき

    そこで そこに価格が到達したら成行きで損きりする実験、検証」


    ですね。



    これは「テスト」なのでその時点では小資金でやりますが

    そこでは機械的にちゃんとルール決めて

    テストするわけです。


    ここで「ルール通りに人間の感情があるからポジション決済できない問題」

    はあるんですが


    実はこれは上に書いた「行動のイメージ」で

    修正できますから


    ちゃんとルールを脳内に明確にして

    「具体的にイメージ作れば」ですね、


    それらの一見面倒なテストってのも自分で出来ちゃうわけですね。



    例えば「損きり出来ない人」ってのは

    「行動として損が拡大したら膨らませてしまう」わけですが



    これは実はシンプルに「イメージが脳内にないから」

    なんだけど


    例えば、ポジション保有前でも後でも

    損きりが必要と思うならば


    「この価格になったら含み損が○○万円になって

    赤い色になって私は少し感情が揺れてしまう。

    しかしそれも意に介せず私は マウスを持ち

    そしてポジションをクリックして

    感情を無視してロボットのように決済する」


    こういう具体的イメージを事前に作ってシュミレーションを

    長い時間すれば、

    実はその損きりという投資行動作成は

    できるようになってくるわけですね。



    要するに多くの人が損きりできないのは

    プラスのイメージしかなく


    失敗、負けのイメージを十分に作成できないから

    出口戦略が失敗するわけですね。



    だから上のイメージ⇒行動ってのはビジネスでも投資でも

    あらゆる分野で応用可能です。


    それでテスト思考で

    淡々とテストを積み重ねるわけですが


    そこでも損きりひとつでも、上のように切り分けて

    テストを小資金でやっていくわけですね。


    全部自分の行動はテストなわけです。



    そうすると当然データが溜まってきます。


    「こういう原理やルールでテストをしたら

    結果は芳しくなかった。


    しかしこういう原理やルールでテストしたら

    結果は素晴らしいものだった」


    こうやって「自分なりのデータ」が取れるわけです。


    すなわちそこではもうテストですから

    感情が介入していないのですが


    そこで「こういうBというルールで

    テストしてみたら市場では負けないで利益が出てきた」


    とかそういうテスト結果が

    積みあがってくるわけです。


    正直なんでBというルールで結果になるのか?

    そのプロセスは説明不可能なんだけど


    とりあえずそこで「因果」は分かるわけですね。



    それである程度市場における 成功と言われる結果への

    因果がいくつか分かってこれば


    そこで良いと判断できる結果をもたらした

    ルールを集積させていけば


    やっぱり毎回に近く、

    良い結果になっていくわけでありまして

    (理由は謎。たぶん理由を解明するためには

    天体の動きとか全ての因果を説明できないと無理)



    この状態になると、運に左右される段階ではなく

    「運という確率をコントロールしてる状態」

    になりますね、感覚として。


    だからどの分野でも

    「テストだけが全て」なんです。本当に。


    それで実は面白いことに「テストが大事」とか

    言う人は時々いるのですが


    「テストに集中してる人」はほぼいないのが

    現実でして


    「テストを3日くらいやる人はいても

    そのテストを数ヶ月やる人は1%もいない」

    わけですね。


    さあこれは なぜでしょう???


    そうなんです、上に書いた

    「イメージを使った行動制御の方法を知ってる人は

    1%もいないから」

    です。



    すなわち上の「テスト」ってのもまあ一般で

    面倒じゃないですか。


    テストなんてしないで一気にマネーぶっこんで

    お金持ちになってお金の恐怖から解放されたい、

    ってのが人間という「動物」です。


    ただそれではうまくいかないから

    上の「行動制御のためのイメージ作成」をできるのが

    人間なのでありますが


    それをやり続けられる人だけが

    「面倒なテストを継続できる」わけですね。


    が、大多数の人は途中でテストしてる最中に

    飽きましてその行動を継続できませんから、


    だからこそ成功者ってのが1%未満になるってのが

    人間の競争の本質なんです。


    だからここで前提条件が大多数と違ってきまして

    大多数の人間は最近の人権主義で

    「自分を立派な存在と思ってる」ものですが



    しかし上の 行動を自分で操る必要性があるって考え方は


    「自分はどうしようもないクズ人間で人間NGで

    ナマケモノですぐサボる陰キャ気味の人間」


    という自分を過大評価しない姿勢から来るわけです。


    ちなみにこれらを教えてくれたのが

    私の先生でもあった白石さんでしたが


    彼はどんだけ自分が駄目人間であるかっていうのを

    よくおっしゃってましたし、

    (高校時代にいじめられていてキモイマンと言われていたとか。)


    ただそんな中でもそこから這い上がる知識を

    私に教えてくれたものですが


    これは今でも生きてるわけですね。
    シンプルに感謝してます。



    それで多くの人がテストなんてせずに

    大きなマネー突っ込んでうまく経済活動が展開できない中、


    自分は 面倒な行動を継続できる術を持ってますから

    そこでテストが積み重ねられるわけですが


    そうするとやはり経済活動全般でレベルが

    上がってくるわけですよね。


    余程のことがなければ

    トータルが損失なんてことは起こらなくなってくる。


    ちなみに投機トレーディングですと

    大多数の負ける原因はもうわかっていて


    1 ポジポジ病であること

    2 コツコツ勝ってドカーンと負ける


    に集約されるんですが


    これみんな「言葉では」理解してますよね?


    「負ける人のほぼ100%に近くは

    ポジポジ病であり、コツコツ勝ってドカーンと負ける」


    のはみな「知っている」わけです。



    が、「実際の行動ではポジポジ病に陥り

    ドカーンと負ける」をおそらく


    長期では99%がやってしまいますね。


    ただ実はこれは上の「行動制御+テスト思考」

    で改善できてしまいまして

    1%に はいることが出来ちゃうんだけど、



    これは簡単でちゃんと2ヶ月とか3ヶ月とか

    「自己洗脳のための期間」を取っていくわけです。


    そこでテストのやり方はですが、

    以下、一般的な裁量であるならば、

    1と2を両方やりますね。



    1小資金で 

    沢山ポジポジしまくって

    コツコツ利益確定して損失は大きめの

    コツコツドカーンのルールでのテスト


    と、


    2小資金で

    利益確定は延ばして損失1に対して利益確定1.5の

    リスクリワードにして


    そしてエントリーポイントに関してはルールに沿ったもので

    絞る。


    です。



    2だけやってもなんとなく途中でルール違反が発生するので

    1と2の両極端を 違う口座でテストしてみるわけです。


    これを3ヶ月とか時間ちゃんと、将来の数十年のために

    取って行くわけですね。


    それで実験したら、3ヶ月しなくても

    1のやり方は限界があるけど

    2のやり方は意外に負けないで利益が積みあがってくる


    とか少額の実験でわかって来るんですね。


    1と2という実験を客観的に見られる

    比較対象があるのが大事です。


    こういうのを繰り返して

    「あ、負けないことに集中するほうが

    お金って結果的に増えるんだな」


    とか体で分かるわけです。



    ちなみに金融系のテストは小資金でもテストできる環境がある

    ってのが優れたところでしょうか。

    ちなみにデモより1000通貨などのマイクロロットでの

    テストが出来るのが良いですね。



    それで3ヶ月もこれ小資金で両者1と2テストしていればですね

    1の限界が体で分かりますから


    もう1のポジポジ病とかコツコツドカーンとか

    改善どころか 行動の選択肢に入らなくなってくるわけですね。


    意味がないと自分の目で見て分かってるわけですから。



    だからそこで自分の投資行動を

    「本来あるべき行動に修正できていき、

    本来あるべき行動に近似させられる」


    わけですね。


    ちなみにこれは私は最初世界の株をやるときも

    全く同じようなことをしてますが


    まず最初「世界の株=よく分からず怖い」ですが

    しかしこれも小資金だったら失うものはたかが知れてるから


    上のイメージ作成して行動ってのは比較的スムーズに

    できます。


    「自分は小資金で最初テストする。

    そして海外株取引できる口座を開き、そしてそこで

    小資金でまずは株を買い、そして長期保有のテストを取る」


    みたいにイメージをちゃんと時間とって作りますが

    そうすると気づいたら私の場合は行動してたものです。


    まあそれで最初は同じく小資金でテストですね。



    私の場合は、株ですと

    以下のルールに適合するものの買い付けを

    小資金でテストした。





    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    【億万長者バフェット学】


    PDF【資産10兆バフェットは大衆投資家が暴落で焦ってるところで買う】
    (億万長者バフェット学)
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory1.pdf


    PDFレポート
    【億万長者のバフェットが避けたがる
    「コモディティ型企業」について知る!】
    (億万長者バフェット学)
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory2.pdf

    PDFレポート【投資したら損する「コモディティ企業」を
    バフェットが見分ける「7つの基準」とは?】
    (億万長者バフェット学)
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory3.pdf



    PDF【バフェットが愛する「消費者独占型の企業」とは何か?】
    (億万長者バフェット学)
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory4.pdf


    PDFレポート
    【バフェットが「消費者独占型企業」を見極める
    3つの方法とは?】
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory5.pdf


    PDFレポート
    【バフェットが株を仕込む際に見る「ROE15%基準」とは?】
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory6.pdf



    PDFレポート
    【「バフェットが消費者独占型企業を
    割安かどうか見抜く計算式」とは?(億万長者バフェット学)】
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory7.pdf



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




    また、上に合致しない、

    「気分で選んだ銘柄」も小資金で

    比較対象でテストしたわけですが




    ここで数ヶ月も長期保有していると

    「明らかに バフェットの買い付け方のポートフォリオのほうが

    リターンがハンパ無いぞ。


    一方、気分で買い付けのポートフォリオグループは

    リターン微妙やな」


    ってのもテストして初めてわかってきます。



    ちなみに小資金でのテストですからそこで

    全く心理的負担がないですね。


    それで上の買い付け方と長期保有のほうが明らかに

    リターンが高いのが自らのデータで確認できますが


    もうそうしたら あとはそれを繰り返して

    小資金から徐々に資金を増やしていくだけ、


    なんですね。



    ちなみに最初私は「暴落時に買い付ける」ことが

    心理でできませんでしたが


    これも「暴落時に最大リスクを考えて

    買ってみるテスト」をやっていくと

    やっぱり出来るようになるわけです。


    すなわち 白石さんが教えてくれた
    「全てテスト」
    なんです。


    ちなみにこれはビジネスでいう広告を出すってのも

    同じでして


    広告も少額でテストを継続して繰り返してる人なんて

    実際はほとんどおりませんが


    それをやっていれば当然 費用対効果がでる広告先、

    また広告の出稿方法もデータが溜まってくるので


    そこで効率化できるものですが


    ただ実際そこまでデータを長期で取ってやってる人なんて

    実際はほとんどいないわけですね。


    それはやはり上に書いた行動が継続できないから

    でありますが、


    その行動継続のためにはどうしても脳内のイメージ作成という

    知識があるかどうかが分かれ目になるわけです。


    だから重要なことで今号で書いた



    「行動を脳内のイメージ作成で作り上げる方法論

    +

    テスト思考」


    これを組み合わせると・・・



    そう、どんな分野でも一定程度の上位1%前後の

    結果は出てしまうってことです。



    ちなみに私はこういう法則っていうんでしょうか

    戦略、大枠の考え方を


    上記の白石さんとか村上さんとか伊勢さんに

    数十万円で学んだわけでありますが


    まあこれは今でも強烈に、生きてるわけでして

    人生を大きく変えてくれた知識でもありまして

    リターンがハンパなかったです。


    だから人間の行動と、脳のイメージの関係、

    あとはテストをして確率を操作していく考え方



    (<音声>トライ&エラー&検証&トライ
    http://fxgod.net/tryanderror.mp3



    もうこれがあるとですね、


    ちゃんと鋭い知識を得て、それを自分の人生に

    自分が思ったように反映させていくってのは

    スムーズにできるようになるわけですね。


    ただこういった知識は現状インフォ以外では

    日本語では出ていませんから


    やはり鋭いエッジの利いた洗脳とかに関わる知識を

    得ていって


    それを自分の人生で自分の行動をコントロールするために

    活用するのは大事ってことでもありますね。



    大体の人は「なんとなく行動できない」

    「なんとなくテストできない」

    だけであって


    そのソリューションを日本で示してる講師は

    ほぼいないに等しいですが


    実際は、上記のようなイメージこれを

    「シュミレーション」と言いますが


    シュミレーションで人間の自分自身の行動を作成できますし、

    そこでテストが全て、と考えてテストしかけていくと

    どんな分野でも なかなかの成果が現れてしまうってことです。



    だから知識ってのはすごいものなのですね。

    そして上記のような知識は公立学校では一切教えられないので

    自分で成人後に学んでいくのが大事ということです。


    では!



    ゆう





    追伸・・・ちなみにここで読書の意味も分かると思うんですが

    読書をすると、シンプルに脳内に数時間かけて

    テキスト文字を通じて、

    イメージが形成されるんですね。


    だから行動になるわけでして、

    だから読書沢山してる人は年収が上がるんです。


    読書量と年収は比例してますが

    正確には読書をしてる人はイメージが脳内に多く形成されますので

    行動がスムーズに形成されるから


    そこで必然的に取るべき行動を採るようになる確率が

    上がるから年収が上がるってことです。


    逆を言うと今の日本の若い人が貧乏になってるのは

    これ当たり前で 読むものが数十文字のツイッターなのであれば

    脳内に十分なイメージは形成されませんから


    行動に移す人が少なくなるわけで

    それは短文のSNSを意図的に広めた多国籍企業に

    貧困化させられてるわけですね。



    情報が早い!とか喜んでる人はいますが

    実際その情報は脳内のイメージを形成するに至りませんから

    長期継続できる行動に至らず、

    収入にはならないわけです。


    ちなみに長文を読まなくなってるのは日本やアメリカの若者の

    共通点ですが


    一方最近成長率がすごい新興国の若者は共通して

    本を読む人が増えてますが


    これは脳内のイメージに差がついて

    それは行動に影響を及ぼしますから


    それが日本の一人当たりGDPが今後

    多くの新興国に抜かれてしまう要因となりますね。


    たとえばバフェットの書籍で「負けないことが大事だ~」を

    何時間も何十時間もかけて読んでいたら


    それは実際の投資行動にも反映されるわけですね。

    そういう意味である程度の文章量を読むってのも

    脳内のイメージ作るために結構大事だったりします。


    では!


    ゆう















    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    NEW「深見純からあなたへのメッセージ 2本目」
    https://vimeo.com/433362752/9bdcafcba5

    プレゼント動画は、こちらのURLにアクセスして
    視聴してください。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【プレゼント動画1】
    「深見純から****様へのメッセージ」
    ⇒ https://vimeo.com/433103100/a780db6b94

    プレゼント動画は、こちらのURLにアクセスして
    視聴してください。

    【プレゼント動画2】
    FX必勝法 その1 概念について
    ⇒ https://vimeo.com/434553824/e4b040cc86



    【期間限定】ついに4大メルマガ特典付きで
    深見さんの教材を公開します!(残り枠は34名です)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/fukami_tokuten/
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

















    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)




    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る