ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/04/30  【深見さんと事務局から最後のメッセージです!】 (副題:日本にとって大事なのは民衆間の分断ではなく 民衆の統合、結束であるという話)
  • 2021/04/30  ☆残り17時間【ヨーロッパ中側の成長国は「全てのスピードが超速」で ビビるという話】(写真付き)
  • 2021/04/29  【「インターネットを活用した凡人」が「天才を抜き去る」時代】について深見メッセージから考える!(残り1日)
  • 2021/04/28  【「年間1000万円近くの教育自己投資」をしてる深見さんの姿勢、および「教育投資コスパ」について考える!】
  • 2021/04/28  【深見さんから****さんにメッセージです!】(残り2日で販売終わりです)
  • 2021/04/27  【対談音声5本目】GYAKUSOU(逆走)-FXの内情を暴露します!(残り3日)
  • 2021/04/26  【動画】深見さんから質問と回答の動画が届きました!(副題:オンライン教育ビジネスモデルの歴史と今後の課題とは?)
  • 2021/04/26  【トランプ大統領は声明で「アリゾナ州マリコパ郡から 2020年の不正選挙が明らかになっていく流れ」を言及した】
  • 2021/04/25  【限定特典の「プライベートセッションの素晴らしさとは何か?」を語ります!】(残り5日)
  • 2021/04/24  【12歳のゆたぼん氏が切り開く「日本のホームスクーリング議論」と、 今後の世界全体の教育の変化、について考える!】
  • 2021/04/24  【福岡県の投資の師匠:「負けないんだったら勝つに決まってるじゃん」の言葉の意味 について最新対談音声から考える!】(残り6日)
  • 2021/04/23  【超有料級の対談音声4本目を公開!】 深見さんが「福岡のFX師匠」に学んで 開発した「ミラーステップ投資法とは?」(残り7日で販売終了です!)
  • 2021/04/22  (写真あり)【世界が「海の時代⇒ユーラシア大陸の時代」に変化した後 コロナ騒動も終わっていく、という話】
  • 2021/04/21  【生徒さん×深見さんとのマル秘対談動画から 「なんでこんな生徒さんが思考力が高くなってるのか?」などなどを 考える!!】
  • 2021/04/20  【マル秘動画】深見×生徒さんとの「ぶっちゃけのクローズドな対談」を公開!!
  • 2021/04/19  【英語圏ではFXのA-BOOKやB-BOOKについて どのような情報や言論があるか?を翻訳しながら知る!】 (対談音声3本目の発展)
  • 2021/04/18  【よく言われる「損きりは必須という常識」は 「どういった前提条件で」成立するか・もしくは成立しないか?】 を対談音声3本目から考える!
  • 2021/04/17  【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】 みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
  • 2021/04/16  【ITを使いこなす新自営業者の時代へ(対談音声から!)】
  • 2021/04/16  【トランプ陣営のマイクリンデル氏がついに 「新しい自由な言論SNSのFRANK(フランク)」を公開していく】
  • 2021/04/15  【世界一の投資家「バフェットの月利は約2%」という「現実」を 考える!】(「月利の世界基準」とは?)
  • 2021/04/14  【民衆同士で仲良くしてる国はコロナでも 強烈に経済成長しているという話】
  • 2021/04/14  【「江戸時代の人から見たらインターネット技術は魔法そのもの」であることについて対談音声から考える!】
  • 2021/04/13  【深見×ゆうの対談音声2本目を公開!!】 インターネットは現代の「魔法」なのだ
  • 2021/04/12  【投資での負けは大体が「コツコツ勝ってドカーンと負ける」ことであるのを深見さんのPDFから考える!】
  • 2021/04/11  【PDF】FX無料レポートの4つ目「トレードの種類と最適な選択」が深見さんから届きました!(副題:日本の資本主義はどのように発展できるか?)
  • 2021/04/10  【「グレートリセットの暴走」に耐えて、 生き残りそうな国々や地域はどこか?について考える!】
  • 2021/04/09  【PDF】「FX無料レポートのプレゼント3つ目」が深見さんから届きました!(「複数口座でのポートフォリオ」や個人投資家の「あり方」など!)
  • 2021/04/08  【「エントリーより出口戦略が100倍大事」という「資本主義の真実」を深見さんのレポートを見て「深く」考える!!】
  • 2021/04/07  【PDF】深見から****さんへ「 FX無料レポート」を2つプレゼント!
  • 2021/04/07  【「新しく富裕層になる投資家」が コロナでも多く存在している現実 について考える!】
  • 2021/04/06  【ワクチンのごり押しに耐えている日本の民衆】
  • 2021/04/06  【特典についての深見×ゆうの対談音声と特典ページを公開します!】
  • 2021/04/05  【アメリカや日本で見られる「ステルス化した物価上昇」 について考える!】
  • 2021/04/04  ■「常識を疑ったその後」の現実的な戦略・思考プロセスを対談音声1本目から考える!
  • 2021/04/03  【深見×ゆうの対談音声1本目を公開!】「今まで信じてきたことのほとんどは嘘かもしれない!?」
  • 2021/04/02  ■深見さんの新動画!【自己責任ってどこまで?】
  • 2021/04/01  【副島隆彦先生の最新言論から 「アジア人同士戦わず」という重要思想について考える!】
  • 【アメリカや日本で見られる「ステルス化した物価上昇」 について考える!】
    配信日時:2021/04/05 21:00
    【アメリカや日本で見られる「ステルス化した物価上昇」
    について考える!】

    ⇒編集後記で!

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    【深見さん×ゆう 対談音声1本目を公開!!】


    「今まで信じてきたこと全てが嘘だったら面白い!?」
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami1/
    (スマホでも聞きやすく音質調整もしてます♪)





    【期間限定】4大メルマガ特典付きで
    深見さんから投資~人生全般まで
    学べるコミュニティがこちらです!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/fukami_tokuten/
    (残り枠は31名です)


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧いただきまして

    ありがとうございます!


    さてさて、ここ最近ですが日本のマスコミを

    見ていて私が「不思議だな」と思うことがあります。


    それが「デフレ」という言葉がこれまた

    やたら使われだしてるわけですね。


    デフレってのはご存知のように

    生活していて周りの物価が持続的に下落していく

    というものなんですが、


    これ最近、「民衆欺き係」のマスコミは

    「日本はデフレだ」ってことで

    かなり報道しだしているわけです。



    しかし・・・ここで

    「本当に物価は下がってるのか?

    逆に物価がなんか徐々に上昇してるぞ・・・」

    と思う民衆が多くなっておりまして


    ネット上でもそんな経済の机上の空論は無視して

    「なんか最近物価高くなったよね」

    と言う人が結構日本でも増えてるわけですね。


    これはアメリカでも同じです。


    それで先日、深見さんの案件もあり

    「常識を疑う」「両面、多面的に見る大事さ」

    なんかを書いたのでありますが、


    今は

    「表のメディアは 物価が下がっていくデフレという主張」

    であるのだけど一方

    「民衆の多くはこれ、物価が上がってるインフレが

    水面下で進んでることを実感してる人が増えてる」


    状況であるでしょうが


    これは今後の多くの先進国に住んでる方々にも

    日本に住んでる方にも考えることは大事でしょうから


    編集後記で!








    ■■■■■■■■■■■■■■■

    【深見×ゆうの対談音声1本目を公開!】
    「今まで信じてきたことのほとんどは嘘かもしれない!?」

    ■■■■■■■■■■■■■■■



    さて、私は先日ですが

    日本にいらっしゃる深見さんと、距離としては
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    6000キロ以上離れておりますが
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    そこで「対談音声」を録音しました!!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    深見さんも最近、メルマガで扱ってる教材で

    新しく入っていただいた方のサポートなどをしながら、

    また普段は自営業者の方にコンサルなどもしてる方ですが


    その中 対談音声のために時間を取っていただきました!
    (深見さんありがとう!)


    さて、それで、早速ですが音質の調整などもして

    聞きやすくしたので


    対談音声1本目を今号で公開いたします!!


    ちなみに深見さんと対談したら、

    もうとにかく言っていただいてるのが



    私のメルマガ読者さんで既に深見さんのコミュニティに

    参加していただいてる方が増えてるのですが


    私の読者さんはコミュニケーションがしやすく

    礼儀正しい方ばかりで、サポートしやすい、


    っていうことでした!!


    私自身はどうしようもない人間ですが

    ただ私が誇れるのは自分の素晴らしい読者たちなんで

    これは嬉しかったです!


    さて、それでそんな話から

    「徐々にディープな話」に入って行くのが

    今回の対談音声なんですが



    そこでは


    「深見さんが今まで生きてきて
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    色々見てしまった、本当の日本の構造」
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    なども 正直、ぶっちゃけて話してくれてます。


    たぶん多くの、特に感性が鋭い****さんのような方は


    「なんか今までの常識っていうのは

    実際は大きくそっちに誘導されて

    「意図的に作られた」ものではないか」


    とか、


    「私が信じてきたことの多くは本当だったのか?」


    と社会の本当の構造に疑問を持ち、

    気づいてらっしゃると思うのですが、


    そういった方こそ聞いていただいて

    面白い音声だと思います。




    深見さんはご自身がいらっしゃった

    製薬・医療業界の話、色々裏側があって接待が

    必要だった、とか、


    あとは根本的に医薬の業界と

    FXなどの金融の業界ってなんか構造がそっくりなんです、


    とか色々と今回の音声では


    私たちに新しい分析や気づきや視点を

    教えてくれてるので


    是非この土日のお時間使って

    ゆっくり聞いてみてくださいね~






    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    【深見さん×ゆう 対談音声1本目を公開!!】


    「今まで信じてきたことのほとんどは嘘かもしれない!?」
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami1/
    (スマホでも聞きやすく音質調整もしてます♪)





    【期間限定】4大メルマガ特典付きで
    深見さんから投資~人生全般まで
    学べるコミュニティがこちらです!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/fukami_tokuten/
    (残り枠は31名です)


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






    追伸・・・それで深見さんとの対談音声ですが

    これ一応最初は30分くらいでとか言っていたら

    あっという間に30分経過してしまったわけですが


    深見さんは、沢山今まで学ばれてきた方で

    特に

    年間で1000万円以上
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    教育に投資されてる方なので
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    とりあえず話しや「視点」が面白いと思います!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    それで深見さんは製薬会社関連に独立前は

    勤めてらっしゃったのですが


    「そこで知った医薬業界のみんな知らない驚きの実態」

    とかも後半では語っていただいており、

    それはカットしないで聞けるようになってます。


    世の中いわゆる

    1仕掛ける側



    2仕掛けられる側

    で分かれてるような現代ですが


    しかしそこで「仕掛ける側の論理を学ぼうとする」

    「物事を両方の視点から見る」

    ってのが結構大事な時代ですから

    是非聞いてみてくださいね~



    例えば、「ウルトラマンは正義のヒーロー」

    とされるけど


    実際は怪獣と戦って、

    街を踏み潰しまくって


    その後3分経ったら後片付けもしないで 

    飛び立ってしまうわけであって


    「ウルトラマンは本当は無法者ではないか?」

    という視点もあるわけですね~


    深見さんはなんとこれ保育園の頃から疑問を持っていたと。



    「両面から見る」これは投資でもすごい大事なことで


    今回の対談音声はそういった視点の大事さを

    深見さんから学べるものとなってます!!







    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    【深見さん×ゆう 対談音声1本目を公開!!】


    「今まで信じてきたこと全てが嘘だったら面白い」
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami1/
    (スマホでも聞きやすく音質調整もしてます♪)





    【期間限定】4大メルマガ特典付きで
    深見さんから投資~人生全般まで
    学べるコミュニティがこちらです!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/fukami_tokuten/
    (残り枠は31名です)


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






    ==========編集後記==========

    さてさて、ここ最近ですが日本の報道を見ていると

    不自然に

    「デフレ」と言う言葉が まるで何かを隠すように、

    再登場してきております。



    よければネットで「デフレ」と検索してほしいのですが

    そこでニュースが沢山出てるのですが


    それこそ「日本の物価が悲鳴をあげていて

    物価が下落するデフレが止まらない~」


    みたいな内容のニュースがなぜか、

    3月中旬から・・・かなり出始めているのですね。



    実は以前にこの記事書いたのですが



    ■バックナンバー

    【「最近、物価上がってない?」と言い出す
    先進国の人が増えてること について考える!】
    (先進国の経済はスタグフレーションが加速しそう)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202103&MID=2859#2859


    まあなんか3月中旬の世界中の人々が

    「物価上昇で大変だ」とか言い出した、

    その前後から逆にマスコミの記事で


    「デフレが大変だ、みたいな誰かから書けと
    指示されたようなトピック」

    が結構増えてるわけですね。



    今はこれ、コロナのワクチンパスポートだとか

    その辺が結構世界的に 賛否両論でトピック、話題に

    なっているのだけど


    本当は・・・


    おそらくこの「物価」ってのが経済面、金融面での

    「隠れた超重要トピック」となってるのでしょう。



    ちなみにですが、物価上昇って

    その国にずっといると、実は気づきづらいものなんだけど


    私の場合海外に住んでるから、色々な国に

    行く機会も多いわけですが


    「1年とか半年とか開けて、

    それでその国に戻った時」

    にですね、


    これ物価上昇ってのはすごい分かるものなんですよ。


    どの国もいきなり例えば100円の商品が120円になる

    なんてことはなくて


    徐々に徐々に、上がっていく傾向があるんだけど

    その国の内部にずっといると徐々に徐々にだから

    慣れてしまって気づかないのですが


    しかし数年に一度とかその国に戻ると

    「あれ、随分物価上がったな~」と分かるわけです。


    ちなみに私がこの前日本に久しぶりに行った時、

    驚いたのが 

    ケンタッキーで和風チキンカツサンドセット

    ってのを頼んだわけでありますよ。



    私が以前に日本にいたときのイメージですと

    ケンタッキーのセットは、

    マクドナルドのバリューセット500円より高くて

    600円台というイメージだったんだけど


    日本にこの前行って驚いたのが

    ケンタッキーの和風チキンカツサンドセットが


    ポテトとかドリンクのサイズにもよるんだけど

    700~800円を超えてるんですね、今は。



    あと、以前書いた すき家なんかは

    まぐろたたき丼セット特盛りってのがあって


    これがマグロ沢山乗っかってる素晴らしいものだけど

    セットで頼んだら1000円くらいしたのに衝撃を受けたものです。


    以前は私が派遣時代なんかはこれ700円前後で

    食べられた記憶があったのですが


    いや~上がったなと。


    首都圏のスーパーなんか行くと、

    勿論なんとか安いものは見つかるのだけど

    しかし牛肉やらも買おうとしたら

    1パック1000円超えが当たり前でして


    「あれ?こんな高かったっけ?」

    と驚いたものです。


    あとはタクシーなんかも初乗り料金が下がって

    安く見えるんだけど


    これある程度の距離乗ると、すごい勢いで

    メーターが上がっていき、


    数十分乗るだけで2000円~3000円するわけで

    「うわ、日本でタクシー乗るってブルジョワジーなんだな」

    なんて思ったものです。


    私が今住んでる中欧とかだとタクシー乗っても

    せいぜいたかくて200円台、普通は100円台なので。


    だから私は日本の物価高くなってるのをすごいいつも

    日本に行ったら感じるので


    「日本では物価が安くなるデフレが進んでる論」

    ってよくマクロ経済学の人に言われるのですが


    「それホンマかいな」と思うわけです。


    ちなみに豆知識として知っておいて良い事実があって

    「○○学」っていうと権威あるように思えるんだけど


    私なんかも学生時代にマクロ経済学ってのは一応学んでるんだけど

    実はマクロ経済学なんかはもう今や

    使えない学問になりつつあるわけですね。



    経済学ってのは上記のような生活実感とかなどを

    基準にして考えていくってのが実は以前は主流だったんだけど


    そこで「数式をやたら入れてくる謎の集団」

    が途中で現れてきて、


    それがマクロ経済学に沢山流れ込んできたんだけど、

    一言「狐でつままれたような理論」

    を彼らは作ってそれが当然のように言うんです。


    一応私は数学も結構得意だったので、

    言ってることは分かるんですが・・・


    しかし「そのイコールって概念が間違ってるんだが・・・」

    とよく思っていたものです。


    ちなみにイコール=ってのは問題がある概念で

    「時間」の要素が反映されていないんだけど

    マクロ経済学はその超重要な指摘に気づかず


    進んでしまった学問ですね。


    例えば、普通は「好況という原因があってインフレ物価上昇」
    になるわけで

    ここで景気が良くなって、多くの人が

    店などに押し寄せて、店回らないから

    店主は値段を上げて物価上昇が本来は作られるから


    好況⇒インフレ の時系列の順番なんです。


    逆を言うと インフレ⇒好況の時系列の順番は

    歴史上、確認できてない

    のですが


    これマクロ経済学の人らってのは

    好況=インフレ って結び付けてしまうんだけど


    そうすると「じゃあインフレ=好況だ、インフレなら好況だ」

    とかやっちゃうんだけど

    ここで時系列の「因果」っていう考え方がすっぽり抜けてしまった

    わけですね。


    だからマクロ経済学はまさに「机上の空論」に

    今なってきてしまってるんだけど



    これがマクロ経済学の学者さんたちが

    投資やビジネスで利益出せない理由、でもあります。



    それでこの

    「物価は本当にマスコミが言うように下落してるのか?

    もしくは上昇してるのか?問題」


    ってのはもろに

    「自分で稼ぐ」ってところにも繋がってる

    生活にダイレクトに直結する問題なので

    大事な問題なんだけど


    まず結論から言うと

    「権威筋は物価上昇が先進国で起こってることを

    隠蔽、隠したい」

    わけであり


    一方民衆は そんなの関係なしに

    「物価上昇してるのを感じてる人が増えてる」

    わけであって


    実はこの為政者VS民衆の戦いってのが

    もう既に情報では出てきてるってのを知るのが大事です。


    これはベネズエラなんかがそうでした。

    ベネズエラですと、政府がありとあらゆる物の価格を

    統制いたしますから


    そこでその政府の公定価格の物、サービスを基準に

    物価が上がっていないですよ~

    とかやっていたものですが


    民衆は実のところ、公定価格ではなく

    闇市場とか言われますが


    実際は本当の需給で成り立ってる市場で買い物する

    わけですがそこではもっと物は高いわけですね。


    だからベネズエラでも最初はみな騙されていたんですが

    そこで「政府は物価上昇を隠してる」ってみな気づきだすんだけど

    どの国も為政者のやることってのは似ているな~

    とも思います。


    それで、日本では

    1マスコミは物価が下がってるというデフレの主張



    2民衆の多くが物価上昇を感じ出してる


    という状況が見られて

    特に2では 20代~30代の若者がその実感を持ってるのが

    分かるのですが


    この世代は敏感に物価を捉えておりまして、

    私の場合、マスコミの言論は基本的に嘘や扇動だと思ってるので

    この「生の声」を重視して経済を見てます。


    例えば「ある商品Aの物価は同じなんだけど

    容量が減っていて、実際は物価上昇である」

    とか若い人は気づいてるんですね。


    以下、多くの2021年4月までの声を集めましたが

    おそらくこっちが「本当」だろうと私は見てます。



    【若い日本の人々の物価に対しての実感を
    まとめました。】
    (これでもごく一部。)
    ↓↓

    =============


    ■価格が変わらないせいで
    物価が高くなってるの実感しにくいよねえ。

    お菓子のサイズが小さくなるのは悲しい……



    ■海外メーカーの浄水器使ってて
    毎年この時期にカートリッジ交換してるんだけど
    去年より5千円以上高くなってる


    予算オーバーだけど買うしかないか。
    本体も10年で価格が倍になってて、

    海外の物価の上昇と日本の所得の上がらなさを
    今しみじみと実感している



    ■そうなの!年賀状くらいしか出さないから
    知らなかったけど、ビックリよね~


    あっという間に色々な物価が高くなってる
    冷や汗をかいている

    それね…どれほど生きるかなんて分からないけど、
    年取ってお金ない程辛いものはない
    口を開けて冷や汗をかいた顔

    そうそう!かといって、
    なんの楽しみもなく生きるのなんてつまらない



    ■年金が減る。

    社会保険料が高くなってる。
    インフレして物価が上がってるのに、
    労働賃金が上がらない。

    経済的に2極化が進んでいる。
    老後が不安。色々あると思う。

    ただ、こういった不安があることが
    一概に悪いこととは思わない。

    稼ぐ、増やす、守る、貯める、
    お金について、学べるチャンスだ。



    ■さっき帰宅途中、ラジオで聞いたんだけど、
    タンカーが座礁したみたいです
    かなりやばいですヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ

    何気にガソリン代が高くなってる
    この事故により、さらに高騰しそう_:(´ω`」 ∠):_

    やめてほしいよ


    しかも石油関連使ってる、物価が上がりそうです
    経済の大打撃は免れないでしょ


    ■いやー、これで景気良くなるわけ
    ないですよね(-_-;)

    賃金は上がらず、物価は高くなってる
    スタグフレーションみたいな感じになってると感じます



    ■ちょっとだけお買い物してきました
    GUのパジャマはジェラピケ感あって一目惚れ

    1着1300円くらいだったので2着購入
    羽の生えたお札

    代わりに古いもの何個か捨てます


    からの、夏目友人帳26巻

    2009年に買った1巻よりも、最新巻は60円高くなってる

    これが物価が高くなってるってことなの〜?



    ■バブル崩壊直後のマクドナルドの
    ハンバーガーが70円、80円とかそこら辺の値段だったし

    今はバブル崩壊直後の年収中央値から
    より下がってるし物価も高くなってる



    ■普通にずっと疑問なのは
    物価はどんどん高くなってるのに
    給料変わらんし
    年金もないかもとか言われて…
    え、詰んでない?



    ■最近のおもちゃ、すごく高くなってる感はあるけど、
    でもある意味物価が上がっていることを
    正しく反映してるんじゃないかなーとも思うんよね



    ■物価上がってるの無視して
    数年前の話される時もあるから
    アップデートしてって場合あるね



    ■いや、それ、だから物価上がってるやん
    人件費上がってるっていうけど、
    中抜きの、ピンハネの量が増えてるだけで

    実際に労働者の手取り増えてないんだから、
    結局労働者にとっては物価上がってるやん...

    統計数字上出て無くても、同じ値段、
    同じパッケージでも中身が悪くなる形で
    明確に物価が上がってね



    ■一年前と変わったことは、
    変異種と騒ぎ、ワクチン接種させようとしている。

    物価がじわじわ上がってる。
    空き店舗に外国人が店を開業している。

    一般国民には恐怖しかない。


    ■2ヶ月ぶりに安いスーパーに行って、
    ストック用トイレットペーパーやら
    洗剤やらお茶やら買って来たけど、数十円物価上がってる!! 

    コロナ始まってから食品やマスク備蓄のために、
    彼さんに食べさせてもらう以外は
    毎日減塩ラーメンとオートミールと値引き弁当だし(^_^;)


    ■物価が上がってるからしょーがないんだけど、
    チキンが年々小さくなってくのはちょこちょこ切って、

    それが骨なしケンタッキーにでもなってるのか?
    って不思議に思ってる。

    むりだよー!
    圧力かけるんでしょ!?
    こわすぎる…!!



    ■「税金は上がってる」というリプがあるけど、
    食品のステルス値上げをはじめ、

    あらゆる物価は上昇の一方。
    おまけに多くの自治体でゴミを捨てるのまで
    「有料化」。

    更にはレジ袋まで有料化。

    これにまたあらゆるプラスチック製品に
    税金を掛けるような頭のおかしな環境大臣までいる。


    ■色々物価が上がってるのに
    年金の支給額は下がるのか。


    そして70歳まで雇用って死ぬまで
    働かせるつもりなのか?
    雇用側も年寄りを雇用しないといけなくなるとか辛いだろう。


    ■20年前から新卒初任給変わらんのに
    税金は倍以上になってるのやばない??

    物価も上がってるし、
    激ヤバ・スタグフレーション始まってるじゃん


    =============



    以上です。


    それで上の声は ごくごく一部なんですが

    やはり私が見るところ、上の声が真実に近いと見てまして


    本当の物価に対しての実感としては

    上のような声が真実だろうな~と思ってますよね。



    ちなみによく人々を騙す目的の

    マクロ(集計量)の経済学では

    「合成の誤謬(ごびゅう)」ってのが教えられて



    例えば****さんがスーパーとかコンビニで

    明らかに同じ値段だけど、


    「弁当の底がやたら上げられてる」とか

    発見して

    「同じ値段でも容量減ってるから値上げジャン」

    とか思うわけですが



    しかし「そういった個々のミクロの実感と

    統計などをとったマクロの結果は変わることが

    あるのだ~」


    ってのが簡単に言うと「合成の誤謬(ごびゅう)」って

    やつですが



    これそう・・・気づくように

    「マクロ経済学者の嘘を肯定するための言い訳論理」

    であるのに気づくと思います。



    実際は 多くの個人が「物価が上がった」と感じてるのは

    本当は統計であって、


    1ヶ月で多くの人は何百種類・何千種類もの商品を見て、

    購入してるわけですが


    そこで「物価が上がってる」という実感である場合

    大体実はこの


    「自分の目で見たもののほうが 政府の統計より

    正しい」


    わけですね。


    ちなみにこの視点から大金持ちになった人がいて

    それが三大投資家であるジムロジャースでありますが


    彼の場合はそういった嘘が多いマクロ経済学を無視して

    「自分の目で見て投資する」ことをやって、

    大成功しましたが



    実のところ、投資ではこれが最も正しいやり方ですね。

    どんなに

    「ニュースであったり数字のファンダメンタルが一見、悪い飲食店株」

    であっても、


    店に行ったら常に満杯で忙しい店って

    実は結局長期で株が何倍にもなったりするんですが


    自分の目で見る、ことをすると投資ってほとんど失敗しない

    ってのが私が持ってる経験則です。


    逆に数字だけ分析して仕掛けたものは・・・

    やっぱり成績は 自分で店舗まで見に行った消費者独占企業と

    比べると相当に落ちますね。


    やはり「自分で見る」のが大事です。



    ちなみに

    「なんで政府というのはどの時代も

    物価上昇を目安に経済を動かすと表向き言いながら、


    本当に物価上昇が起こったらそれを隠すか?」なんですが


    本当は政府の官僚たちってのは物価上昇が怖いってのは
    知ってるんです。

    ただ最近の先進国だと「QEをする根拠として

    インフレになると好景気になるという嘘理論」が

    主流なので


    一応表向きインフレを言うわけですが目的は

    QEジャブジャブマネーをすることですね。


    ここでなんとか先進国で

    アメリカの債券市場を買い支えるわけでそれが目的ですよね。


    ただ本音では物価上昇が起こると恐ろしいのは

    知ってますから


    本当に物価上昇が起こったら・・・


    「全部のメディア動員して隠す」ってのが

    最近の傾向ですね。



    一方、個人の声ってのは正直ですから

    上のように「自分の目で見た経済実感」が書かれるわけで

    そっちのほうが実態に近いことのほうが圧倒的に多い。


    それで実はこの物価上昇ってのは数値でどうしても

    表したくない為政者の理由もあって、


    それは年金について言ってる方もいらっしゃるけど

    年金の場合は 表向き、「インフレが進んだら年金支給額上げます」

    っていうマクロスライドの理論が取られるけど


    ここで「デフレなんです、ということにしておけば」

    これ年金支給額下げる理由にもなるんですね。


    年金とかで福祉にマネーばらまいても

    お役人様に得はないのですから


    この年金、ひとつでも、物価上昇を認めないという

    理由になるわけです。


    物価上昇認めたら年金支給額を増やさないといけないのですから。


    だから今の時代は常識ってのがマスコミによって

    作られるけどそれを疑う力ってすごい大事になりますよね。


    マスコミの刷り込む常識を鵜呑みにして

    「物価が下がってるなら、何もしないでOKだ~」とか思って

    生活していたら、


    一気に物価が徐々に上がってきて生活追い込まれてしまう

    わけですから。


    それでこれ、

    「じゃあどうやって先進国の政府は統計数字で

    物価が下がってるっていうトリックをしているのか?」


    なんですけど


    これも投資家は知っておきたいところですが


    例えば消費者物価指数のCPIってのは

    「今までは」ですね、

    物価を調べる全体の品目があったんだけど、


    その75%くらいをちゃんと

    今までは調査員が実際に売買の現場に出向いた上で


    価格を調べる方法だったんです。



    ただ実は最近はどの先進国も、コロナっていう口実もありまして

    電話やインターネット上の「バーチャル世界の調査」

    となりまして、


    そこで価格が確定できないから「推定」が沢山

    入るように仕組まれてるんですが


    だからCPIの対象品目の半分以上がこれ、

    「お役人様たちの概算」で決められるように

    なってるんですね。


    だから例えば、「同じ価格なのに

    弁当の箱の底があげられて量が減ってる」なんて

    指摘があって


    「なんかお菓子のカントリーマアムが値段はそこまで

    変わらないけど小さくなったぞ」とか


    まあそんな指摘はこれ、

    CPIの消費者物価指数には意図的に反映されないように

    なってるわけです。


    だからまあ政府発表の統計数字ってのは

    コロナもそうですが、

    物価など経済、金融についても大いに疑う必要がある

    わけですね。


    「政府や官僚様が出してる数字だから

    間違いないだろうという思考停止状態」ですと


    これどんどん行動が誘導されていく時代であります。



    ちなみに今まで言われていたのが、これ

    「インフレがひどくなれば長期金利は上がるはずだ」

    ってものだったんだけど、


    だからこれを元に

    「長期金利はそこまで上昇してないから

    インフレではないという 権威者」

    が見受けられるわけですが


    これもまた考える必要があるわけです。


    要するに例えば、

    実際の数値ではアメリカですと

    CPIの数値は物価上昇率で大体1.5%ということですが


    実際はおそらく年率4%前後になってる可能性が

    高いでしょうが


    もし年率4%前後なら、

    米国債長期金利は5%でなければいけない、


    しかし米国債長期金利は1%台ではないか、


    っていう権威者の主張になるわけですね。


    ただこの権威者の主張が当てはまるのは

    「実体経済と金融経済が一体だった昔の話」

    をしてる問題があり、



    今は深見さんも田中宇先生もこれおっしゃってるけど

    そう


    「金融経済が大膨張してる時代」です。



    そこで金融経済でQEジャブジャブマネーが沢山

    されてるわけですから


    そうなると米国債市場の「政府による買い支え」が起こるのは

    必然であり


    そうなると米国債価格は下落を免れますが

    そうなると価格が上昇すると金利が下がるのが国債ですから



    そうなると

    「長期金利はインフレが進んでも下がることもある」

    のが今の時代なんですね。




    が、あくまで政府が統制できるのは短期金利だけなので

    長期金利は自由市場の売買で決まるのですから


    統制が効かなくなると、急上昇になることもありえます。


    だから「本当の物価上昇にいつか

    長期金利がコントロールできなくなり

    追いつく可能性」もあるんだけど


    だからここで金融見るにしても

    「本当の隠された物価上昇」を 

    おさえておく必要があるわけです。



    要するに今長期金利が本来上昇するのを

    各国中銀が無理やり、ジャブジャブマネーで

    抑え込んでるってのが


    先進国の現状ですね。



    それで個人的な見方ですがやはり

    世界的に色々 英語なりも交えて声を見ると

    「多くの個人の民衆たちは物価上昇を実感してる」


    と私は見てますが


    「じゃあこのインフレ、物価上昇の最近の主因は」

    ですが


    これは田中宇先生の分析が大事なのですが


    物価上昇の要因として、

    通貨価値の下落というのは勿論考えられますが


    しかし現状の物価上昇の要因としては

    流通不具合がコロナ騒動で続いてるからである

    という見方ですね。


    2020年からコンテナの世界的な流通に

    問題があり、

    コンテナが調達できないからここで

    欧州で作った部品を中国に運べないであるとか


    空のコンテナが滞留しており必要な場所に送付できない

    こんなことが起こってますが


    アメリカの西側では船の積み下ろしに大変時間が

    かかるようになっていたり、


    あとはこの前のスエズ運河での巨大コンテナ船の座礁が

    ありましたが


    この辺の流通不具合がまず世界的に人々が

    感じ取ってる物価上昇の主要因と現状はなっていると。



    ちなみにですが、悪性インフレの要因ってのは

    これらの流通がおそらく現状は主要因ですが


    ただ「まだ」通貨の過剰発行によるインフレは

    顕在化していないってのがまた恐ろしいところなんだけど



    実はこれ良く出来ていて、為政者たちも

    「QEで過剰発行したマネーが

    私たちが普段生活する市場に流れないように」


    調整してるわけですね。


    よく左派の人が


    「アベノミクスでジャブジャブマネーしたのが

    民間にトリクルダウンしてこない~」とか


    言いますが、これ当たり前であって

    量的金融緩和とか言いますがあのQEジャブジャブマネーが

    これ民間経済に流れ込んだら


    一瞬でインフレになりますから、

    本当は、為政者の役人たちは

    「表向きインフレを起こしたいと、言うけども

    実際はインフレが怖いので、


    実体経済になるたけマネーが流れないようにしてる」

    のであります。


    だから日本だと 金融で稼いだ大金持ちが

    日本の「実体経済で散財」すると

    役人がマスコミ連動してぶっつぶしますが、


    あれは・・・金融のこの仕組みと役人の本音が

    わかっていれば良く分かりますね。


    今は金融経済と実体経済を実際は「分離」してるのですが

    そこで金融経済で稼いだデジタルマネーを

    実体経済で金持ちたちが散財して マネーを流すってのは


    これ結構、インフレ危険があると役人たちは

    警戒するわけですよね。


    それくらい今は「金融経済で作られたマネーたちが

    実体経済に流れないように」


    気をつけてるのが本当の先進国のオペレーションでしょう。


    ちなみに若干これは批判しづらくて

    なぜかというと実体経済にこのジャブジャブマネーが

    本当に「トリクルダウンしちゃったら」ですね、


    いよいよ通貨価値の下落って現象は始まっちゃうから

    ですね。


    そういう意味では日本の役人たちは

    悪いところはあるんだけど

    一方批判しづらい部分も一定程度はある。



    それで今は主要因としてこれコンテナの流通なんかの

    問題が隠れたインフレを引き起こしてるわけですが


    しかしまだ「金融経済のジャブジャブマネーが

    実体経済に入ることは阻止されてる」


    現状なのですが、


    それを壊そうという過激な人がおり

    それが「バイデン」ですよね。


    本当はトランプもコロナ後はその策であったから、

    バイデンはそれを受け継いでるっていうのも事実だけど


    今アメリカ政府が、バイデンをフロントとして

    QEジャブジャブマネーで米国債を買い支えつつ


    1.9兆ドル(210兆円くらい)

    ⇒3兆ドル(330兆円くらい)


    っていうコロナの支援策?を表明しておりますが

    これ実行されたら、そう、


    「巨大な金融経済のマネーが

    ついに公式に実体経済に流れ込む!!」

    のであります。


    一応金融経済も絡む州の債券、州債などにも

    流れ込むでしょうが


    しかし見ていると随分と、実体経済に

    このマネーが流れ込んでしまうのですね。


    だから今後アメリカがどうなるのか?ですが

    今は主要因としてコンテナなど流通の問題があって

    「統計では無視される物価上昇」がアメリカで

    起こってるわけですが(日本でも水面下で)



    しかしアメリカではいち早く、「通貨過剰発行によるインフレ」

    の方向にも進みつつありますよね。


    これはやってる人間は馬鹿ではないので

    分かった上で、やっている。


    だからアメリカでは「CPIなどの消費者物価指数では

    物価が上昇していないことになってるのに、


    一般のアメリカ人たちはどんどん周りの物価が

    上がりまくるから


    生活できないってことで問題になる」


    わけですが


    これが今後アメリカで起こる可能性が高いですよね。


    しかし当然ですがそれらの報道は

    主流メディアではされないだろうし、


    せいぜいオルトメディアの個人ブログやHPで

    それが小さく論じられるだけ

    になりそうですね。


    ちなみに菅首相が携帯電話料金値下げであったり

    あとは税込み表示の義務化などを進めており


    これは商品値下げに誘導する政策でしょうが


    これでなるべく、物価上昇が実際は起こってるのを

    人々に感じ取られないように、というのが


    後ろのお役人様の考え方なのでしょう。


    ちなみにアメリカで起こったことが遅れて

    日本でやってくるわけですが



    とりあえず今後のアメリカは

    「実質の」物価上昇はどんどん進む可能性が高まってまして


    しかしそこでCPIなどは不正操作されて、

    長期金利も上がらないようにQEマネーが投入される

    という流れなのでしょう。


    だからマスコミは物価はそこまで上昇しないと

    言ってるけど


    しかしアメリカの若者が物価上昇で生活が苦しい・・・

    こんな状況が普通になりそうです。



    それで以前に投資のアセットアロケーションについて

    論じましたが



    ■バックナンバー
    【投資家の成功と失敗に「最も因果関係」があるのは
    アセットアロケーションである、ということについて考える!】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202103&MID=2857#2857




    実はそうこの


    「政府発表の物価上昇率と
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    民間の本当の物価上昇率」
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    を考えるのは
    ~~~~~~~~~~~~~

    金や銀の実物資産投資においてすごい大事になってくる
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    んですね。


    実はこれを、世界の金持ちたちは理解してるし

    逆に、それを理解させないってのが

    マスコミの扇動なんです。



    私も色々勉強してこれを知った。

    「インフレ(物価上昇)と金の関係」ってのがあって


    インフレが進んでいるとなれば、当然ですが

    価値がしっかりした、ジャブジャブに人為で発行できない、

    実物資産ってのが重視されるわけで


    そこで金だったり銀だったりは重視されますが


    「通常は」ですね、

    「インフレが進んでるならば 金相場は上がる」

    わけですね。


    これが「本来の需給の関係」です。


    しかしどうでしょう?

    そう、金相場はQEの資金マネーによる

    空売りが入りまくって 以前に

    1オンス2000ドルを超えたと思ったら


    一気にNYスパイダーのQEマネーの空売りで、

    下落させられてるわけですね。



    またそれと同時に「金の敵であるドルを守るために」

    ですね、暗号通貨にマネーが入っていきまして、


    投資家は「金ではなく暗号通貨にマネーを入れる」ように

    なってるわけですが


    暗号通貨てのはドルの別働隊になってきてる。


    暗号通貨ってのはデジタルゴールドとか言いますけど

    しかし実態は・・・金の敵でありドルの味方ですよね。


    ちなみに私は両者とも投資してるから

    良く分かるんだけど


    金など実物のアセットの時価総額が下がった代わりに

    暗号通貨の時価総額が急上昇してるのを見てるのですが


    まあアセットアロケーションとか見て

    分散してる投資家からしたら誰でも気づく構造です。



    だから実は今起こってるのが

    「金融経済の市場操作である」ってのが

    私が見てる認識なんだけど


    本来の需給であればインフレが起こってるのであれば

    金は急騰しますが


    それを金融経済のQEで空売りで上がらないように

    今してるわけですね。


    ちなみにそこで表向きは「物価上昇起こってませんという表向き」

    です。


    全て表向きと本音があり、建前と本音の世界です。


    ただここが重要で、


    「もし世界的に実際は

    政府当局が統計で嘘をついてるだけで

    物価上昇が起こってる場合」


    ですが、


    そうその「実物資産への 民衆による需要」ってのは

    長期的なものになるわけでありますね。


    例えば金相場ってのは不思議な市場で

    「実体経済+金融経済の半々の市場」なんだけど


    実体経済では金は売り切れ続出なんだけど

    金融の空売りでなんとか金価格を押さえ込んでいる。


    しかしあくまで自由市場の実体経済もからんで

    価格が形成されるのが金市場でありますから


    ここでいつか、頭を抑えきれなくなる事態

    空売りで価格コントロールができなくなり


    本来の需給原則が価格に反映される時期

    ってのはやはり長期的には来ることが想定できるわけです。


    そこで実際は、政府統計はかなり歪曲されており


    民間の人々は物価上昇を感じてるわけで

    後者の経済実感のほうが正しい可能性が高いと私は

    判断してますが


    それに沿って、空売りの原資が弱くなった時に

    金がまた反応する時期ってのは

    近年中に考えておきたいところですよね。


    そういう意味で2020年代の中盤、

    2025年前後でしょうか


    この辺でアセットアロケーション比率で

    金比率ってのは結構重要になってくる可能性を秘めてる

    と私は現状見てます。


    多くの人がマスコミのデフレで物価が下がってるってのを

    信じてくれてるうちはまだでしょうが


    おそらく多くの人が今は若者は物価上昇に気づいてますが

    それにしばらくしたら上の世代も気づきますから


    そこで本来の金や銀の需要と価格について

    今はそれら実物資産の価格が不当に評価されてる状況ですが


    この乖離が修正されて、本来の需給を反映した

    価格になっていく可能性は考えられるわけですね。


    だから今後「本当の嘘のないインフレ率」ってのが

    金価格の長期価格に影響するわけですから


    だから「物価上昇に関する政府当局の表向きと

    実際の民衆の物価感覚」


    ってのは投資では大変だいじなんですね。


    それでそれは、ちゃんと自分で

    スーパーなどに行って質素に暮らしていれば

    「本当の物価状態」は目で見て分かるわけです。


    それで今の時代はこれ「バーチャル世界時代」

    でして


    それこそCPIに関しても「バーチャル数値」が提示されて

    それが本物とされてるわけですが


    まさに仮想現実なんですね。


    映画マトリックスでいう

    マトリックスの中で生きてる人たちは


    物価上昇していないデフレだと思いこまされてるわけですが

    一方マトリックスの外に出て「現実」を見た人は


    「マスコミが言うのとは逆に

    どうも物価は上昇してるぞ・・・」


    と気づいてるわけで


    長期で10年単位で成功するのは?というと

    おそらく現実を見続けた人でしょう。




    それで今2021年春の段階で重要な視点があって

    それが


    「先進国のQEジャブジャブマネーって

    いつまで継続できるか問題」


    なのですが、


    このジャブジャブマネーの前提は

    最近の嘘のマクロ経済学を考えれば、

    「デフレであるという前提」でジャブジャブマネーが

    出来てるわけです。


    だからCPIの物価上昇指数と、QEってのは

    すごい関係があるんだけど


    ここでもし大多数の人が

    「物価上昇していないなんて嘘だ。

    物価上昇してるじゃないか」


    って気づいて言い出す世界になれば

    まあQEはしづらくなりますよね。


    だから統計でCPIで示されるニセの物価上昇率ではなくて、

    「民衆の生活実感での物価上昇に関する声」

    ってのが本当はすごい今後大事なんですね。


    ちなみに私は昔から

    先進国で 不況下での物価上昇のスタグフレーションが

    進みます、


    って書いてましたが少数派でした。

    (ちなみにそういう感覚の人は

    金を今の50~60%もしない価格で

    安く買えた)



    しかし、今は上に直近の若い人たちの

    声を掲載しましたが


    「スタグフレーションに気づいてる人が

    多くなってます」ね。


    ちなみに日本だと大体の人はマスコミで

    デフレだデフレだって言ってるから洗脳されてしまってるけど


    そろそろ、気づく人多くなるかもしれない。


    それでこの声が大きくなるとQEの口実が失われて

    いきますが、


    その物価上昇に気づく人が増えてきたあたり、

    これが「先進国バブルがはじける予兆」になりそうですから



    ちゃんとマスコミの偽者の統計値ではなく


    「市井の人々の

    何気ない物価の声」

    を意識していくのが投資家にとって

    大事ですね!!


    それで私は結構、金持ちたちが見てるメディアってのが

    あってそれらも勉強のために目を通しますが


    ここでは マスコミのデフレで物価下落なんてのは

    彼らは信じておらず、


    思いっきり今後の物価上昇に対策するために

    アセットアロケーションを組み出してる、ってのが

    2021年に見える動きなので


    今は動きが抑えられてますが

    「QEのジャブジャブマネーでは上昇してないアセット」

    が長期的に大事になりそうです。



    1年とか2年の短期では確かに、

    QE系のアセットがパフォーマンスを短期的に上げますが

    しかし10年とかの長期ですとそうではない

    ってのが事実なんで


    「世間の声」を作るマスコミとは距離を置いて

    市井の市場の人々の声を重視して

    その上で戦略を立てていくことが大事ですね~


    それでは!!



    ゆう



    追伸・・・ちなみに私は数年前に

    もう先進国の ステルス化した物価上昇が

    進んでいくと判断して


    ここで物価をなんとか抑えてる国を

    政治的に探して、それで移住してしまいましたが


    若い人がどんどん海外移住してしまってるってのも

    おそらく上の物価上昇の恐ろしさを肌で感じてるから

    ですよね。


    だって金融緩和とかする前の昔は

    これハンバーガーが60円で食べられたし

    吉野家の牛丼なんて250円で食べられた。


    私は当時派遣でしたが ちゃんとそれでも食べられたのは

    物価が安かったからでした。


    それで今は物価ってのは色々政治的なトピックで

    操作されがちなので


    「自分の生活実感」を重視するのが大事です。




    追伸2・・・あと今日は本当は

    日本のエンゲル係数についても話したかったのだけど


    エンゲル係数とは、

    1世帯ごとの家計の消費支出に占める飲食費の割合ですね。




    と言うのはこの前、

    官僚のアジア各国を分断する思想にそって

    韓国大嫌いのマスコミたちが


    「韓国のエンゲル係数が上昇してる!貧乏化してる!」

    と報道していた。


    ■エンゲル係数12.9%、20年ぶり高水準
    https://www.nna.jp/news/show/2162747


    ここで韓国大嫌いの人たちは盛り上がっていたけど

    「じゃあ日本のエンゲル係数は?」ですが


    こうやって報道するところから12%以下なんだろうと

    思いきや・・・

    ■コロナが招く食費上昇 エンゲル係数、34年ぶり高水準
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58515880W0A420C2I00000/


    となってますが、

    おそらく実態としては日本のエンゲル係数は

    韓国の倍以上、現状は26%前後でしょうね。



    一応日本の役人の言い訳としては

    「日本は外食や単価の高い加工食品を消費するから」

    ってことで報道させてますが


    私は韓国に長年住んでいたから分かるけど

    韓国の場合は 外食も安く外食みなよくしますし、

    (サムギョプサル食べ放題が1000円くらいでいける)


    あとは最近のスーパーは高いけど

    一方大多数の人々は値段が安い


    ”市場(シジャン)”ってのが駅近くにどこでもあって

    そこで消費するから実際はかなり食費は安くなるんです。


    ただ日本の場合はやはり物価が明らかに上昇しており

    食品も市場での購入は不可能でスーパーで購入となりますから

    それは食費上がるんですね。


    だから実は物価上昇は工作してるけど

    エンゲル係数は・・・まあまだ十分に

    工作できていない数値なんでしょう。


    けどおそらく多くの

    日本の家庭のエンゲル係数は本当は30%超えてる

    のかもしれない。


    20万円の可処分所得の家庭では

    日本のスーパーの物価からしたら

    30%の食費6万円は超えてる家庭が結構増えてるはず。


    それで金持ちのエンゲル係数は大体が

    10%未満なんだけど


    このエンゲル係数を下げるってのが実際はすごい

    大事な時代ですよね。


    このエンゲル係数が低いと、投資に回るお金も

    増えるわけですから。


    そういう意味で今後「本当の隠された物価上昇」

    について考えることが大変先進国の人々は

    大事になるのでしょう。



    それでは!



    ゆう



    追伸3・・・ちなみにですが

    じゃあ上の「エンゲル係数の上昇を食い止めるソリューション」

    はなんでしょう??


    これは実は簡単で、最近の新興国はみなやってることですが

    「日本の鉄道の各駅の周りに

    公的部門のお役人様に管理されない

    もしくは管理が薄い 自由な市場を設ける」


    ことで実はエンゲル係数を10%台に下げることは
    本来、可能です。



    ただこれは現実政治では日本は

    官僚、大企業独裁国家なので 今は不可能でありまして


    当然自由市場で売り上げが立つとそれは

    大企業の上場してるコンビニ、ファーストフード

    財閥系スーパーなどは大打撃ですし、


    なおかつ、日本の場合は社会主義なので

    官僚たちが管理できない

    自由市場を許すわけがないわけですね。



    私は多くの国に住みましたが、

    日本の経済を一言で表すと「自由市場の不在」です。


    例えば日本では路上でみかんを売ってるおばさんであったり

    路上で食べられる焼きそばってのは

    祭りなどで唯一許されてる空間であり


    日常生活ではそういった自由経済は許されてませんで

    競争制限がされてる社会主義なわけです。


    人々は官僚に管理された社会主義市場で

    売買することが幸せだと思い込んでまして

    それは一種の反資本主義の信仰ですが


    これは人々が自覚しない限り、

    一朝一夕では変化しないから、


    だから、日本のエンゲル係数上昇、物価上昇は

    長期で問題になる可能性が高いのでしょう。



    ただ事前にそれがわかっていれば

    投資家として、ビジネスマンとしてなんとか

    今後の物価上昇にも対抗できるので




    「生活を守る」ための

    金融知識やビジネス知識は今後ますます

    重要度を増しますね。





    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    【深見さん×ゆう 対談音声1本目を公開!!】


    「今まで信じてきたこと全てが嘘だったら面白い!?」
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami1/
    (スマホでも聞きやすく音質調整もしてます♪)





    【期間限定】4大メルマガ特典付きで
    深見さんから投資~人生全般まで
    学べるコミュニティがこちらです!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/fukami_tokuten/
    (残り枠は31名です)


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
















    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)




    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る