ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/04/30  【深見さんと事務局から最後のメッセージです!】 (副題:日本にとって大事なのは民衆間の分断ではなく 民衆の統合、結束であるという話)
  • 2021/04/30  ☆残り17時間【ヨーロッパ中側の成長国は「全てのスピードが超速」で ビビるという話】(写真付き)
  • 2021/04/29  【「インターネットを活用した凡人」が「天才を抜き去る」時代】について深見メッセージから考える!(残り1日)
  • 2021/04/28  【「年間1000万円近くの教育自己投資」をしてる深見さんの姿勢、および「教育投資コスパ」について考える!】
  • 2021/04/28  【深見さんから****さんにメッセージです!】(残り2日で販売終わりです)
  • 2021/04/27  【対談音声5本目】GYAKUSOU(逆走)-FXの内情を暴露します!(残り3日)
  • 2021/04/26  【動画】深見さんから質問と回答の動画が届きました!(副題:オンライン教育ビジネスモデルの歴史と今後の課題とは?)
  • 2021/04/26  【トランプ大統領は声明で「アリゾナ州マリコパ郡から 2020年の不正選挙が明らかになっていく流れ」を言及した】
  • 2021/04/25  【限定特典の「プライベートセッションの素晴らしさとは何か?」を語ります!】(残り5日)
  • 2021/04/24  【12歳のゆたぼん氏が切り開く「日本のホームスクーリング議論」と、 今後の世界全体の教育の変化、について考える!】
  • 2021/04/24  【福岡県の投資の師匠:「負けないんだったら勝つに決まってるじゃん」の言葉の意味 について最新対談音声から考える!】(残り6日)
  • 2021/04/23  【超有料級の対談音声4本目を公開!】 深見さんが「福岡のFX師匠」に学んで 開発した「ミラーステップ投資法とは?」(残り7日で販売終了です!)
  • 2021/04/22  (写真あり)【世界が「海の時代⇒ユーラシア大陸の時代」に変化した後 コロナ騒動も終わっていく、という話】
  • 2021/04/21  【生徒さん×深見さんとのマル秘対談動画から 「なんでこんな生徒さんが思考力が高くなってるのか?」などなどを 考える!!】
  • 2021/04/20  【マル秘動画】深見×生徒さんとの「ぶっちゃけのクローズドな対談」を公開!!
  • 2021/04/19  【英語圏ではFXのA-BOOKやB-BOOKについて どのような情報や言論があるか?を翻訳しながら知る!】 (対談音声3本目の発展)
  • 2021/04/18  【よく言われる「損きりは必須という常識」は 「どういった前提条件で」成立するか・もしくは成立しないか?】 を対談音声3本目から考える!
  • 2021/04/17  【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】 みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
  • 2021/04/16  【ITを使いこなす新自営業者の時代へ(対談音声から!)】
  • 2021/04/16  【トランプ陣営のマイクリンデル氏がついに 「新しい自由な言論SNSのFRANK(フランク)」を公開していく】
  • 2021/04/15  【世界一の投資家「バフェットの月利は約2%」という「現実」を 考える!】(「月利の世界基準」とは?)
  • 2021/04/14  【民衆同士で仲良くしてる国はコロナでも 強烈に経済成長しているという話】
  • 2021/04/14  【「江戸時代の人から見たらインターネット技術は魔法そのもの」であることについて対談音声から考える!】
  • 2021/04/13  【深見×ゆうの対談音声2本目を公開!!】 インターネットは現代の「魔法」なのだ
  • 2021/04/12  【投資での負けは大体が「コツコツ勝ってドカーンと負ける」ことであるのを深見さんのPDFから考える!】
  • 2021/04/11  【PDF】FX無料レポートの4つ目「トレードの種類と最適な選択」が深見さんから届きました!(副題:日本の資本主義はどのように発展できるか?)
  • 2021/04/10  【「グレートリセットの暴走」に耐えて、 生き残りそうな国々や地域はどこか?について考える!】
  • 2021/04/09  【PDF】「FX無料レポートのプレゼント3つ目」が深見さんから届きました!(「複数口座でのポートフォリオ」や個人投資家の「あり方」など!)
  • 2021/04/08  【「エントリーより出口戦略が100倍大事」という「資本主義の真実」を深見さんのレポートを見て「深く」考える!!】
  • 2021/04/07  【PDF】深見から****さんへ「 FX無料レポート」を2つプレゼント!
  • 2021/04/07  【「新しく富裕層になる投資家」が コロナでも多く存在している現実 について考える!】
  • 2021/04/06  【ワクチンのごり押しに耐えている日本の民衆】
  • 2021/04/06  【特典についての深見×ゆうの対談音声と特典ページを公開します!】
  • 2021/04/05  【アメリカや日本で見られる「ステルス化した物価上昇」 について考える!】
  • 2021/04/04  ■「常識を疑ったその後」の現実的な戦略・思考プロセスを対談音声1本目から考える!
  • 2021/04/03  【深見×ゆうの対談音声1本目を公開!】「今まで信じてきたことのほとんどは嘘かもしれない!?」
  • 2021/04/02  ■深見さんの新動画!【自己責任ってどこまで?】
  • 2021/04/01  【副島隆彦先生の最新言論から 「アジア人同士戦わず」という重要思想について考える!】
  • 【よく言われる「損きりは必須という常識」は 「どういった前提条件で」成立するか・もしくは成立しないか?】 を対談音声3本目から考える!
    配信日時:2021/04/18 21:15
    【よく言われる「損きりは必須という常識」は
    「どういった前提条件で」成立するか・もしくは成立しないか?】
    を対談音声から考える!


    (副題:「ローソク足のひげが(自分の設定した)
    ストップを追いかけてくる・・・」という「不思議な現象」を
    対談音声3本目から考える!

    ⇒メルマガ中盤より

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~





    どうもゆうです!!

    ****さん、いつもご覧いただきまして

    ありがとうございます!!



    さてさて、前号にて

    対談音声3本目を流しましたが・・・


    まあすごい反響であります。


    ちなみにこの対談音声の内容っていうのは

    まあやはり

    「一切保障される」憲法21条言論表現の自由


    を元にFXなど金融分野の現実を知って

    その上でどう戦略を立てるか? 選択ができるか?


    っていうところを論じてるわけですが


    日本ですとあまり何故か不思議と、知られていない内容ですが、

    しかし海外ではFXをForexと言うのですが


    海外のある程度経験積んでる

    FXトレーダー・Forex Tradersの中では結構これ

    常識でみんな英語圏のメルマガとかブログで

    書かれてることなんですね。



    一方日本だと、人々がこれ、催眠術にでもかかってるのか、

    みんなこれを論じないし、知りもしないけど、

    やはり「ちゃんと権威妄信しないで考える力」ってのが


    ダイレクトに資産運用の成否を分ける時代ですね~


    まあ都合の良い言葉、


    「信じるか信じないかはあなた次第」と言う大人の言葉を

    あえて使いますが、


    是非ご覧いただくと良いでしょう~






    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】
    みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami3/


    (参考)

    【動画】深見さんの上記音声の実験結果などが
    示されてる動画
    ⇒ http://gyakusou-fx.info/next/pppp/


    【深見×ゆうの対談音声2本目を公開!!】
    インターネットは現代の「魔法」なのだ

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami2/



    【深見さん×ゆう 対談音声1本目を公開!!】


    「今まで信じてきたことのほとんどは嘘かもしれない!?」
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami1/
    (スマホでも聞きやすく音質調整もしてます♪)



    【特典についての深見×ゆうの対談音声です!】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/tokuten_fukami/
    (直リンクの音声となってまして
    スマホでも聞きやすく音質調整してます)





    【「厳しい現実を見て、受け入れて戦略を立てる。」
    これで多くの生徒さんを育てているのが

    深見さんのサポートを強化した
    コミュニティとなっております!】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/tokuten_g/
    (残り24名)


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    まあそれで、深見さんも音声内でおっしゃられてますが、

    世の中のFXトレーダーは何も考えずに戦略なしに

    開始した場合、必ず、


    個人投資家の損失が 官僚の天下り先の証券会社の

    利益になるB-BOOKを使っていまして、


    以前聞いたことあるのが、

    日本人のトレーダー、ミセスワタナベが数年で

    出した損失は一説には60兆円を超えるという話も


    私は聞いたことがありますが、

    まあそれは・・・


    「自分で結局考えなかったから、自己責任」

    となるのがこれ投資の厳しい考え方ですよね。


    というのは これは今回の対談音声と

    あと以前のWEBセミナー動画で深見さんが

    おっしゃられてましたが



    実はこの「個人投資家を刈り取って、

    その上で大手証券会社が収益を上げるのは

    合法」


    となってるのが日本の仕組みなんですね。




    【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】
    みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami3/


    (参考)

    【動画】深見さんの上記音声の実験結果などが
    示されてる動画
    ⇒ http://gyakusou-fx.info/next/pppp/


    今回はあえて、証券会社の名前は事務局さんで伏せてますが、

    一方何かあれば書いても良いのですが、ただまあ、

    名だたる大企業の証券会社たちが


    元々先物系の海千山千の担当者たちで構成されてる

    FX部門では


    個人投資家を刈り取って、収益化している

    なんてことは結構知ってる人は知ってるし、


    ちゃんと対策を取ってるのが現状ですよね。


    ちなみに、アメリカなんかですと、

    日本よりはちゃんとしていまして、


    これってのは一応近代国家の憲法で

    私有財産権の侵害などに当たる可能性がありますから


    アメリカでは腐っても鯛でそこから議員立法がされる国なので

    そこでだから証券会社に その年の成績を

    公開させる仕組みはありますよね。


    すなわち「その証券会社で、

    運用でプラスになった人は○○%で

    運用でマイナスになった人は○○%」


    みたいにデータが出てくるものです。


    ただ日本の場合はですね、そういったものが

    出てこない仕組みでありまして


    例えば「あのA証券会社で勝ってる人は4%、

    負けてる人は96%


    あのB証券会社では勝ってる人は3%負けてる人は97%」


    とか出てこないものでありますね。


    だから多くの人はこれ情報がありませんから、

    まあ スプレッドが低いとか、芸能人がテレビCMやっていたとか

    そんなところで判断するんでしょうけど


    実はもう・・・「その時点でロジック云々言う前に

    負ける可能性はおそらく80%以上に上がってる」


    とも、知ってる人からしたら言えますね。


    まあだから情報開示が日本のケースですと

    特に金融ですと、全くされていないのが現状で


    そこでお役人様は「投資家保護」とか表向きは言うんですが

    実際はですね、「お役人様の天下り先の大企業保護」

    となってるのがこれ、日本の政治でして


    それは金融でも同じなわけですね。



    しかし多くの日本人は権威主義で騙されてますから

    そこで 言論表現の自由が自分達より強い行政や、そこと

    癒着する準行政をけん制するものだ、とは知りませんから


    そこで民衆同士で 何かのプログラムを詐欺だなんだ、と

    民衆同士で争ってますが



    彼らは、多国籍企業の支配下に入ってしまってる

    有名ユーチューバーなんかは分かりやすいですが


    彼らは、桁が違う、多くの個人投資家から数十兆円を奪っている

    役人+大企業の利権構造はスルーします。


    だからよく「なんで天下りが悪いの?」とみな思うのですが

    すなわちこうやって、密室に、複雑な法律の構成で、


    民衆が損して資産奪われる構造が、FXでも見られるし、

    こういうことが起こってしまうからですね。


    それで日本ってのはこういう本当の事を言って、

    民衆側に立つ人々が何人かいたけど


    その人を悪者にして潰してきた国でもあるんですが


    まあ金融部門の話聞いても分かると思うんですが

    本当は・・・怖い国なんです。


    最近も米軍が実際は日本の官僚たちに逆らえないで

    無理やり沖縄に駐留「させられていた」ことも

    資料付きで出てきましたが、



    だから例えば米国債の「最も大きな債権者は誰か?」ですが

    日本の官僚機構ですから、


    実際は日本の官僚機構、公務員ってのは

    怖いわけです。


    コロナの規制で彼らが暴走してるからそれに気づいた人も

    結構増えてるけど、


    実は民衆が今後、没落しないためにも

    こういう問題をFXなど金融行政から考える「きっかけ」は

    必要かなと私は思いまして、


    まあ今回の対談音声、流すかどうかは

    ちょっと考えましたが、

    公開してますね~



    【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】
    みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami3/




    だからここで「本当の経済的な優位性、

    いわゆる経済的に成功するか否かを分けるものは

    ロジックとか手法ではない」


    ってのが分かると思いますよね。


    そうそれは・・・

    「その分野の政治を理解すること」でありますね。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    例えば素朴な疑問、こういうところがすごいすごい

    学問や勉強には大事だけど


    「なんでアメリカとか他国では証券会社は

    勝ってる投資家と負けてる投資家の比率を公開するのに

    そして勝ってる投資家は40%を証券会社では超えてたりするのに、



    日本ではそうじゃないんだろう?

    証券会社は公開さえしないのだろう?」とかですね、


    そういったところにちゃんと疑問を抱いて、

    そんで考えれば、自然と


    「今後私たち個人投資家が

    考えていく方向性・ベクトル」


    は見えてくるってことですね。

    特にコロナがあって、行政や大企業の暴走は

    見られますから、


    多くの人がこの辺の重要性に気づいてると思うんですが。


    この辺をちゃんと最初から考えられてる人は

    100%とは言いませんが、しかし


    「負ける確率が圧倒的に下がる」しですね、

    逆に、考えない人は「負ける確率が圧倒的に上がって

    ”カモ”になりやすい」てことです。



    だからそこは、もう最初の証券会社選びから

    「自己責任原則」が始まってるわけですが


    まあそこで出金できないとか色々経験したりするけど

    それは「自分の責任で色々考えて、

    その上で取引するプラットフォームも全て選択していく」


    のがこれ、自営業者の考え方ですね。


    例えば純粋A-BOOKの会社なんて普通は紹介で使えないから

    最初はB-BOOKでなんとかやっていくわけですが


    そこでもB-BOOKで追証ありと追証なし、

    ゼロカットであるかどうかなんてのは


    当然調査するのは当たり前ですし、


    あとはなるべく世界ではカモと認識されてしまってる

    日本人ユーザーが多くないプラットフォームを使うなんてのも

    当たり前ですし、(だから投資家にとって、英語は勉強必須になってきますね)


    「考えて対策を採る」ってのがすごい大事なんですが

    これも深見さんがおっしゃってますが


    「そもそもそういう政治を知らないと考えることすらできない」

    わけでして、


    だから 情報、および言論表現の自由ってよく書くけど

    「自分がカモになる確率を減らすために」

    それがすごい大事なんです。



    ちなみに本当は、大企業や官僚たちの癒着がある中でも

    若い人たちの間で

    「海外のブローカー達がやってるように

    本来のA-BOOK型主体の手数料商売にするべきだ」


    という人と


    利権で生活を構築しているおじさんたちの


    「いやいいんだ、個人投資家は頭悪いんだから

    だから気づかないし、このまま個人投資家と

    実質の利益相反関係を続けて儲ければいいんだよ」


    の対立はやはり 内部でもあるわけですね。

    そして後者の人たちもやはりジレンマを抱えていて

    本当はそのまんまではいけない、って分かってるわけです。


    が、個々人の官僚や、大企業の内部の人も単なる

    組織の駒ではありますから、


    それをこう変える事ができないわけですね。


    私は元々証券会社の社長さんからこの辺の話聞いて

    知ってるんですが、


    その方なんかは手数料商売で行こうという流れを

    作ろうとしたけど

    派閥争いで負けてしまったんだけど、


    まあ「信じるか信じないかはあなた次第」なんて

    大人の言葉をあえて使いますが、


    まさにそういう政治があるのを想定できるか、

    もしくはそうじゃないか、で

    「資産を守ることができるかどうか?」は


    将来大きく変わってくるわけですね。



    だから例えば以前に「口座分散の重要性」を深見さんは

    おっしゃってましたが、


    口座の安全性ってのはこれは100%はありませんから、

    (実際に深見さんが話してる通り、とある大手証券は
    出金拒否を10億円単位で私の友人にしたわけで
    深見さんが動画で言ってる通り。)


    だからそれらのヘッジも含めて私なんかも

    口座は複数でヘッジしてますが


    実はロジックも大事じゃないとは言いませんが

    それよりそっちのヘッジのほうが


    「負けない確率を上げるためには有効」なんですね。


    ちなみに上の文章だけである程度の文章量ですが

    例えば情報を取得するために文章読めないと仕方ないですし

    最近は5行以上 文書を読めない人も日本で増加してしまってるんですが


    そういう人は何も知らないでカモになる確率が上がるわけで

    私たちはそんな中で


    「なるべく負ける確率を下げる行動、戦略を採り続ける」

    ってのが今後大事ですね!



    【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】
    みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami3/




    【「厳しい現実を見て、受け入れて戦略を立てる。」
    これで多くの生徒さんを育てているのが

    深見さんのサポートを強化した
    コミュニティとなっております!】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/tokuten_g/
    (残り24名)






    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    【よく言われる「損きりは必須という常識」は
    「どういった前提条件で」成立するか・もしくは成立しないか?】
    を対談音声から考える!


    (副題:「ローソク足のひげが(自分の設定した)
    ストップを追いかけてくる・・・」という「不思議な現象」を
    対談音声3本目から考える!

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■



    それで多分ですが多くの人が


    「ローソク足のひげが(自分の設定した)
    ストップを追いかけてくる・・・」



    っていう深見さんがおっしゃられてる経験を

    したことあると思うんですね。



    ここで私たちが本当に考えないといけないのは

    「確率」なんですが


    というのは結局 稼げるかどうか?ってのは

    確率の問題だからですね。


    例えば、365日が1年ですが

    1稼げる行動として 毎日ちょっとでも検証することを

    した人




    2稼げない行動として、検証を一切しない人


    がいたとして、



    例えば1週間は7日ですが


    1と2の人の結果がじゃあ1週間で変わるかというと

    そうではありませんよね。


    2の人が逆に負けてることだってある。


    しかし1稼げる行動を1日単位で採り続けた人と

    2稼げない行動を1日単位で採り続けた人が


    いたとして


    それが365日になると、1年ですと

    サイコロの目と一緒で 確率収束しますから


    1の人がやっぱり稼いでる確率は圧倒的に高くなるわけです。


    これが稼げるかどうかは結局確率の話だ、

    っていう意味です。



    稼ぐって分野では確率を考えることが大変大事なんですね。


    それでまあ 確率思考ってのが大事ですが

    ここでで仮に


    「ローソク足のひげが(自分の設定した)
    ストップを追いかけてくる・・・」



    っていうのが「頻繁に起こった場合」でありますが



    そこでは当然、確率思考できる人は


    「それが人為なのか? 自然確率なのか?」を

    当然考えるわけですね。


    人間ってのは科学技術が発展して、

    その結果、 自然確率を装って人為を仕掛けることもできる

    ってのが現実でありますから、


    やはり その現象が起こった確率を考えて

    「人為か?自然確率か?」を考えることってのが

    大事なんですね。



    そんで私が最初FXなんかをやったとき

    まず「おかしい挙動だな」って思ったのがまさに


    深見さんがおっしゃられてる




    「ローソク足のひげが(自分の設定した)
    ストップを追いかけてくる・・・」



    っていう現象でしたが



    自然確率だと本来は5:5前後で収まるはずですが


    そうではなかったのですね。


    だから私は結構この辺気づくのが早かったので

    「はは~~金融はそういう政治構造なのか」ってことは

    理解しました。


    ちなみに当時、もしくは今もB-BOOKはそうかもしれませんが

    「エントリーしたらいつも逆行する」

    っていうのはよく言われていたわけですね。


    しかしこれ、私は大変不思議に思いまして

    「本来5:5なのに、なぜ そういった現象を

    訴える人が多いのだろう?」


    とも考えまして、


    これは当時「その人が下手だからだ」っていうのも

    よく言われてましたが


    まあ確率論的に違うだろうと。


    もう少し「政治」が関わってるだろうなってことで

    想定していたのですが


    まあ調べていたらやはりその気づきは

    ビンゴだったわけですね。


    ただそこではチャンスがあって

    「みんなそういう政治に気づいていない」ってのも

    気づいてましたが


    逆を言うと確率を理解していればですね、

    「人為が入ってるシステムやプラグインが作動してることも

    気づく」のでありますね。



    ちなみに当時、もっと進んでる人がいて、

    その価格操作がされてるのを前提にして


    もし価格操作がされていたとしても

    ストップ狩りしてから


    「ノミ業者は必ず、インターバンクレートに戻さないといけない」


    のが通常ですから


    だからそこでEA作った人がいましたよね。


    要するに

    「ノミ業者は必ず、インターバンクレートに戻さないといけない」


    っていうところを前提にしてEA作った人がいたけど

    その人は3億円とか稼いだようですが


    しかし国家と大企業の癒着をあえて活用して

    3億円を相対であげたのがおそらく狙われたのでしょうが


    そのある意味凄腕EA作成者が

    別件で逮捕されたのを覚えてますが

    (これは当時話題になったから
    昔からFXやってる人は知ってると思う。)


    まあそういった事例もあった。


    だから世の中の現実ってのはそういうものでありますね。




    それで、


    「ローソク足のひげが(自分の設定した)
    ストップを追いかけてくる・・・」



    ってのも深見さんは経験されて

    またYさんと一緒に色々「実験」をした話も

    されてますが




    【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】
    みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami3/



    要するにこういう「実験思考」なんてのが

    すごい大事なわけです。


    以前も書きました。



    ■バックナンバー

    【私が数十万円の塾で学んだ
    「テストをする⇒中間層、富裕層へ這い上がる法則」 について!】
    (副題:自分の行動を「作成する」方法とは?)

    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202103&MID=2875#2875



    それでじゃあ上の話、すなわち

    「B-BOOKの証券会社は個人投資家を刈り取って

    それを利益にするストップ狩りのシステムを採用している

    かもしれない」


    というのをあくまで「仮説」としてですね、


    それを自分で理解するためにはどうすればよいのか?

    ですが結局「テスト」しないと分からないわけですね。



    もし上記仮説が本当ならば、


    1「個人投資家の手の内を見せない取引」が有効であるはずで

    そこでは成行き決済のほうが収益率が上がるはずだ


    となりますよね。


    一方上記仮説が本当ならば


    2 個人投資家の手の内を見せる、証券会社内のプログラムで

    逆指値を毎回入れれば 1と違って 収益率に差がでるはずだ、


    となります。



    だから1と2を小さな通貨でテスト・検証

    かければよいわけですね。


    さあ、これは・・・


    実験、テストした人だけが

    ネットでグーグルなどが一切出さない真実


    が見えてくるわけです。

    テストしてみましょう。


    要するに自分でテストしないと分からない話なんですね。


    ちなみにテストの方法ですが、

    例えば寝てる間に暴落があったとしたら、


    そこで成行き決済だと対応できませんから


    決済用の裁量補助EAを取り入れてテストする、


    とか


    チャートの動きが緩い

    週足レベルでのトレーディングのテスト


    ですと成行き対応しやすいですが、


    これはテストした人だけが分かるんですね。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    答えは敢えて自分でテストする習慣が大事だから

    書きませんけど、


    それで何故か、手の内見せなくなったら

    急にチャート挙動で変な髭が減ってきた、とかですと


    まあ「上記の仮説は極めて高い確率で真実であろう」

    くらいはわかってくるわけですね。




    それでこういうテストをすると、


    「世の中の常識はほとんど

    為政者側の既得権益を守るための嘘である」
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    と テストした人間だけは分かるわけですが


    そしてそんな人は自然とB-BOOKから

    相対取引だと問題なので最近は見た目には分からなくても


    NDDの比率を上げて

    A-BOOKに AIによって割り振られていくでしょうが


    ここで仮にB-BOOKでも「色々工夫ができるようになってくる」

    わけですね。




    ちなみにFXの本とか書籍では

    「ストップは絶対入れるべきである」と、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    書いてますね。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    「損きりは必須」とか。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    さあ、これは嘘なのか?本当なのか?ですが

    これもテストした人だけは分かるんですが


    1いくつかの前提がある場合は本当だし、


    2いくつかの前提がある場合は間違いである


    わけですね。


    だから私の友人たちの間でも普段こういう話を

    よくしてるんだけど、


    【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】
    みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami3/



    一部の人はこういう現実知ってますから

    「負ける確率を減らせる」わけですね。



    それで

    「損きりは必須」

    ということに関して言えば、


    もう論理的な思考がすごい大事になりますが



    1いくつかの前提がある場合は本当だ


    とは いえるのですが



    以下の前提のどれかである場合、


    ■その業者さんが純粋な手数料商売であり

    いわゆるA-BOOKの「比率」が高いところであり、

    アカウントごとに ストップ狩るプラグインなどを入れていない



    ■もしくはその業者さんがB-BOOKであっても

    プラグイン挙動では10PIPS20PIPSくらいはずらして狩るのは

    通例であるけど


    しかし100PIPS200PIPSずらすのは

    訴訟などに発展するからあまりされない。


    だから日足~週足でのスイングトレードである場合


    ■B-BOOKであった場合、手の内を見せないために

    成行きでの損きり、および事前設定する場合は

    裁量補助用のEAを VPSで稼動させて


    その上で裁量補助用EAに決済させる場合



    これらの前提条件があった場合ですと、

    損きりは必須ってのは言えそうですよね。



    逆に上記のどれにも当てはまっていないケースだと

    例えば、B-BOOK業者であり、

    なおかつ、スキャルであり、

    なおかつ、証券会社を妄信して手の内を見せてでの

    ストップ設定


    をしているならば、そしてこれが大多数ですが

    その人は、いわゆる 官僚+大企業の養分になる確率は

    急上昇すると、言えると思います。




    だから「損きりは必須」ってのは

    上記前提条件が成り立った上で言える話なんですが、


    これを論じてるFXの本は知らないですが、


    しかし現実で資産作ってるトレーダーや投資家は

    知ってる話ですよね。



    ただスイングでじゃあ安心か?というと実際に

    以前 某、日本の大企業証券会社が


    ストップ狩りを2000PIPS以上やりまして(笑)

    これはニュースにならないけど


    自営業者たちの間で話題になっていたのですが


    (ただ確か、そこではさすがにやりすぎで、

    訴訟云々の話になったから、

    その「2000PIPSの髭はなしということで」

    落ち着いた。)



    要するにそういうこともあるので、


    現実問題、分かってるトレーダーたちは

    運用金の全部を証拠金に当然入れませんし、


    例えばFX部門の1口座に割り当ててる運用金が

    1000万円であっても


    口座には2%の損失確定(20万円)×10回分の

    200万円とかしか入れなかったりするわけですね。



    そのケースだとゼロカット業者ってのは

    追証請求できませんから、


    もしそこが裏切っても、「最低最悪ケースでも」

    20%の損失で済むとか考えるのですね。


    その際ですが、当然レバレッジが低いとですね、

    そういった上記のような運用金守る資金管理が不可能になります。


    (すなわち上記事例ですと、証拠金=リスクマネーには

    200万円しか入れてないけど


    しかし実際は1000万円運用してるという分け方が

    レバがないとできないわけですね。)



    だからレバってのは本来は運用金と、証拠金を"分離して"

    運用金の安全性を保つために使われるわけですね。

    日本以外の、海外では。



    ちなみにですが「損きりは必須かどうかは前提条件によって

    変わるけど」


    じゃあ発展で株の場合はどうでしょうか??



    株の場合、現物と信用がありますよね?


    ここでは「信用取引でのデイトレードなら

    手の内見せない損きりは必須と

    いえるだろうし、


    一方、現物取引と長期投資であれば、バフェット見たら

    分かるように必ずしも、損きり必須とは言えない」


    と言えます。



    これは資金管理、ポジションサイジングの話だけど

    例えばレバが効いた、信用などですと、


    当然損きり価格を自分なりに設定して

    それでトレーディングってのが一般的ですが



    しかし現物×タイムスパンが20年30年の長期投資の場合ですと

    資金管理が違ったりするわけですね。



    株の現物×長期投資ですと

    「株は0円以下のマイナスにならない」という

    「株主有限責任」を活用した投資方法になるのですが


    実はバフェットがそれでありますが


    そこでは「最悪その会社が倒産して0円になれば

    損失が確定される」

    と考えるわけですね。



    しかしそこで、株価がマイナスで現物では追証って

    ありませんから、


    「リスク限定されてる」んですね。


    だから株の場合ですと 絶対価値の金融商品といわれますが

    「下値は限定されてるが上値は天井がない」のが

    特徴ですよね。


    だから 相対価値のFXでは100円台のドル円が将来2000円とかは

    0%ではないものの、現実的には考えづらいですが


    しかし株では100円の株価の企業が2000円になること

    なんてのも時にはあるわけですね。


    けど下値は限定されてますね。


    だからここで1000万円の運用金の人ならば

    100万円×10企業で分散とした場合、


    「もしその会社が倒産して0円になったら

    初めて100万円の損失確定」という


    資金管理が現物×長期投資では取れるのですが

    これはバフェットもやってることですが


    資本主義の株主有限責任を最大限に活用した

    資金管理ですね。


    このケースですと「損きりは必須とは言えない」と

    分かると思います。



    だからバフェットの場合は しないわけじゃないけど

    上記の資金管理から考えるからあまり損きりしないのですが


    すなわち「損きりするのが必須かどうかは前提条件による」

    のが真実でしょうね。


    ちなみに本当は、現物×長期投資の投資家が金持ちばかりなのは
    上記資金管理ですと


    上場企業の倒産確率ってのは調べてみてほしいですが

    めちゃくちゃ低いので、

    (今後上がるかもしれませんが)


    上記 現物株の資金管理ですと

    長期では負ける確率は相当小さく、

    一方上は限界が決まっていないので

    結果として儲かる確率が高いわけでして



    これが資本主義の金持ちたちが最終的に株の現物長期投資に

    向かう理由ですね。



    だから「損きりは必須かどうか?」というのは

    FXであっても株であっても タイムスパンであったり

    その業者の特徴などから


    「前提条件による」んですが



    これを知っていれば

    「Aという条件で取引するなら損きりは必須」

    とか

    「Bという条件で取引するなら損きりは必須とは言えない」


    という感じで、


    切り分けして考えられるようになるんですね。


    一方日本ではこれやはり英語が弱いってのがどうしても

    あるでしょうが


    「損きりは必須だ~VS 損きりは必要ない~」

    という戦いがあるんですが



    これは上記の話を知らないからなんですね。


    すなわち「前提条件:場合による」んです。



    ただこの考え方とか資金管理によっても変わってくるとか

    自営業者の間では メシ食いながらとか

    ちょくちょく話すことなんですが


    逆にそういう「前提条件による」とかそういう話も

    みんな知らないわけでして


    それが実は日本語で検索エンジンや動画サイトで

    SEOとかで引っかかる

    情報の特徴ですね。


    上のような考え方は実は隠されてるんですね。

    色々既得権も関わりますから。



    だから金融商品の性質であったり、

    時間軸や業者によっても前提条件が代われば

    ストップロスに対してのあるべき戦略は変わりますから


    知ってる人は「○○の条件ならストップロスは

    ■■といった資金管理戦略を元に、必要ですね」とか


    まあそういう答え方をしますよね。




    それで上の話、ちょっと複雑だから、

    Aの条件なら■

    Bの条件なら○

    見たいな話だから



    人によって理解度は変わるでしょうが

    上の話分かってる人は・・・


    負ける確率って長期でめちゃくちゃ低くなるわけです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    (もちろん0%にはならないけど

    0%に近似させていこうと努力するわけです)



    それで私が正直疑問なのは

    最近行政が 小学生に金融教育をとかやってますが


    当然ですが 行政役人が大企業に天下ってる現状では

    民衆側と利益相反構造であるから


    本当の上のようなことは教えられるはずがないのですが


    だからこそ行政と切り離された、

    民間教育が資本主義では大事って話でして

    (資本主義とは民間経済活動人が、行政と100%切り離されてる
    のが前提条件です)


    深見さんの偉さはその辺を勇気持って人々に教え続けて

    戦略を考えてきたってことなんですが


    少なくとも日本以外の国では

    それが当たり前になってきてるのが2021年ですね。





    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】
    みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami3/




    【「厳しい現実を見て、受け入れて戦略を立てる。」
    これで多くの生徒さんを育てているのが

    深見さんのサポートを強化した
    コミュニティとなっております!】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/tokuten_g/
    (残り24名)



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    それでこの行まで読んでくれてる****さんは

    私の伝えたいこと読解してくれてる方なので

    ありがたくもありますが、


    上記のようなことって日本ではみんな知らないわけでして

    そりゃー貧乏になるわけです。


    「負けない対策」ってのを戦略部分から考えてる人は

    いませんし、


    損きりが必須かどうか?も

    前提条件によって違うとか知らない人ばかりですし、


    だからロジックとか手法よりその前の問題が

    実は日本では発生してしまってるといえますね。


    それでそれは何故か?と言えば

    政治の話なんですが、官と民(大企業)の癒着、

    官の天下り先が大企業となってる


    社会主義性にあるわけで


    だから天下り問題ってのは

    本来 行政と民間が100%分離されなければいけない

    資本主義を破壊するものですから


    実は危険なものでして、


    それは日本の現象で言うと



    「多くの個人投資家が 官の天下り先の大企業に

    利益相反しており、刈り取られている」


    という現象が、情報の統制で知られていないだけで

    起こってるってことですね。

    何も考えないと 知らず知らずのうちに

    自分で決めてるようで「決めさせられてる状況」になりまして

    貧乏になってしまうわけです。


    たださすがにもう2021年ですし、

    そろそろこれを資本主義と近代デモクラシーを重視する

    民衆が考える時代でありますね。



    といってもこの構造はすぐには改善されないでしょうし

    そしてそれが改善されるべきだってのが理想としてあるでしょうが



    しかし理想ではなく厳しい汚い現実を目を見開いて直視して

    それを前提に考えていくのがまさに自営業者ですが




    その生き方を学ぶことが大事なのですね。


    だから深見さんなんかは思いっきり現実主義者であるから

    それが素晴らしいんだけど


    「理想論として、その構造が変わればよいけども

    決してそれは簡単なことではないし時間もかかる。


    現実的に見てこういう構造を理解して

    個人個人が考えて 負けない戦略を

    それぞれが構築する考え方が大事だ」


    って現実を見て考えるわけですね。


    左派の人ってのは理想を追いますが、そこで革命起こしたがりますが


    一方そこで 現実を見ながら、徐々に良いほうに寄っていけばよい

    と考えて それぞれ現実に対応するってのが

    2本目の音声で深見さんがおっしゃっていた

    どっしりとした保守的な


    大変な時代でも生き残ってる自営業者のあり方なのですね。



    【深見×ゆうの対談音声2本目を公開!!】
    インターネットは現代の「魔法」なのだ

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami2/





    だからまあ生き方の問題でもありまして、

    私なんかも10代のころ、昔は幼かったから

    「○○であるべきだ」とか考える傾向がありましたが



    やはり既得権もこれ、確かに問題なのですが

    そこでは音声でも言ってますが、


    官僚の人らもそれが悪いのはわかってますけど、

    大企業の人間も、それで食ってるわけですね。


    いきなりそれを改革するぞってのはうまくいくはずがない

    のが現実政治でありまして、


    そこで現実を見ると「長期的に健全な取引手数料商売になるように

    寄せていく」っていうのが長期の考え方で大事になりますが

    (実際に最近はB-BOOKだけではなくてA-BOOKとB-BOOK混合の
    証券が増えてきてる)


    正義があって悪があって 一気にどっちかに過激に寄せるってのは

    これうまくいかないのが人間社会です。


    だから問題があるのは認識して寄せていくことは考えますが

    現実では、そこで色々 政治がありますから


    それに対応して、考えていくってのが

    これ経営者たちの投資家たちの


    現実の厳しさ見ながら

    なんとか負けずに収益あげていく、

    保守的な立派な姿勢なんですね。



    それでこれは深見さんが重視されてる姿勢なのが

    音声聞いて分かると思いますが


    その現実をしっかり見る姿勢ってのは

    なかなか身につかないですが


    最初はAかBかどっちかだ、という理想重視の

    考え方になってしまいますが


    それが身につくと必然的に負けないようになって

    稼げる確率が上がるってことですよね。


    だから問題としてそれが問題として存在してるのを

    これ認識した上で


    それは理想としては長期で

    変化しなければいけないでしょうが


    しかし現実としてそれは常態化してしまってるのでありますから


    私たち自営業者たちは現実を理解して

    なるべく負けづらい戦略を立てていくってのが大事でして


    それを教えてるのが深見さんでもありますね。



    では!



    ゆう








    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】
    みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami3/



    【「厳しい現実を見て、受け入れて戦略を立てる。」
    これで多くの生徒さんを育てているのが

    深見さんのサポートを強化した
    コミュニティとなっております!】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/tokuten_g/
    (残り24名)



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★










    追伸・・・それでまあ今回の対談音声3本目なんかは

    本当に考えるきっかけを与えてくれるものになってると

    私は聞きなおしていて思ったのですが


    それこそ世の中の取引会社全てがA-BOOKで

    完全にある意味 金融政治が潔癖で素晴らしかったら

    とても良い、と理想論では思うわけですね。


    が、それを深く深く考えていくと

    まず日本の官僚機構の問題とか、あとは

    沖縄駐留米軍の官僚利権とかそれらも関わりますから


    長い長い年月はかかるのが現実ですね。


    コロナにしても、全部このコロナがなくなるまで

    全部消失するまで戦うのだと潔癖で左派の人はいますが

    それを実行したら人間はみな経済活動もできず、

    生活できなくなりますよね。


    要するに脳内で作られた理想ってのは

    それにこだわりすぎると、これ人間を最終的に

    苦しめてしまうものですから


    やはりここで「理想は理想として理解してるけど

    現実を見て刷り合わせていく」みたいな


    右でも左でもない、現実的な姿勢は大事なんです。


    恋愛でもそうですね。

    完璧な異性を理想として描く人なんかは

    ずっと孤独になってしまいがちですが


    例えば婚活で、


    「年収1000万円の高学歴エリートの

    イケメン高身長の何でもやってくれる言うこと聞いてくれる

    男性」を求めても


    まあずっとその人は孤独になってしまうわけで

    現実、日本で見られる光景だと思います。


    一方ここで「まあそれは理想としてあるけど

    この人年収低いしイケメンとも言えないけど、

    けど馬合うし、一緒にいて楽しいわ」くらいで異性を選んだら


    きっとその現実見てる人は孤独にはなりづらいですよね。


    現代は、情報が多いため、脳内に観念、理想が作られやすいので

    それに脳がやられてどっちかに過激に考え方が寄ってしまうのが

    きっと論じられない現代の問題です。


    だから金融とかお金を稼ぐのも一緒で

    まあ理想は理想でわかっていながらも


    ある程度、現実の厳しさ見て、バランスしていく能力

    これが実は この複雑化する時代大事ですね。


    それでこれが負けないで結果としてお金を稼いでる

    自営業者の姿勢ではありまして


    私がまだまだ理想論が強かったサラリーマン時代と比べて、


    自営業者になった以降

    学んだのはこの辺の複雑さを理解して

    現実を見る視点でした。


    では!












    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】
    みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami3/



    【「厳しい現実を見て、受け入れて戦略を立てる。」
    これで多くの生徒さんを育てているのが

    深見さんのサポートを強化した
    コミュニティとなっております!】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/tokuten_g/
    (残り24名)



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

















    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)




    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る