ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/04/30  【深見さんと事務局から最後のメッセージです!】 (副題:日本にとって大事なのは民衆間の分断ではなく 民衆の統合、結束であるという話)
  • 2021/04/30  ☆残り17時間【ヨーロッパ中側の成長国は「全てのスピードが超速」で ビビるという話】(写真付き)
  • 2021/04/29  【「インターネットを活用した凡人」が「天才を抜き去る」時代】について深見メッセージから考える!(残り1日)
  • 2021/04/28  【「年間1000万円近くの教育自己投資」をしてる深見さんの姿勢、および「教育投資コスパ」について考える!】
  • 2021/04/28  【深見さんから****さんにメッセージです!】(残り2日で販売終わりです)
  • 2021/04/27  【対談音声5本目】GYAKUSOU(逆走)-FXの内情を暴露します!(残り3日)
  • 2021/04/26  【動画】深見さんから質問と回答の動画が届きました!(副題:オンライン教育ビジネスモデルの歴史と今後の課題とは?)
  • 2021/04/26  【トランプ大統領は声明で「アリゾナ州マリコパ郡から 2020年の不正選挙が明らかになっていく流れ」を言及した】
  • 2021/04/25  【限定特典の「プライベートセッションの素晴らしさとは何か?」を語ります!】(残り5日)
  • 2021/04/24  【12歳のゆたぼん氏が切り開く「日本のホームスクーリング議論」と、 今後の世界全体の教育の変化、について考える!】
  • 2021/04/24  【福岡県の投資の師匠:「負けないんだったら勝つに決まってるじゃん」の言葉の意味 について最新対談音声から考える!】(残り6日)
  • 2021/04/23  【超有料級の対談音声4本目を公開!】 深見さんが「福岡のFX師匠」に学んで 開発した「ミラーステップ投資法とは?」(残り7日で販売終了です!)
  • 2021/04/22  (写真あり)【世界が「海の時代⇒ユーラシア大陸の時代」に変化した後 コロナ騒動も終わっていく、という話】
  • 2021/04/21  【生徒さん×深見さんとのマル秘対談動画から 「なんでこんな生徒さんが思考力が高くなってるのか?」などなどを 考える!!】
  • 2021/04/20  【マル秘動画】深見×生徒さんとの「ぶっちゃけのクローズドな対談」を公開!!
  • 2021/04/19  【英語圏ではFXのA-BOOKやB-BOOKについて どのような情報や言論があるか?を翻訳しながら知る!】 (対談音声3本目の発展)
  • 2021/04/18  【よく言われる「損きりは必須という常識」は 「どういった前提条件で」成立するか・もしくは成立しないか?】 を対談音声3本目から考える!
  • 2021/04/17  【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】 みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
  • 2021/04/16  【ITを使いこなす新自営業者の時代へ(対談音声から!)】
  • 2021/04/16  【トランプ陣営のマイクリンデル氏がついに 「新しい自由な言論SNSのFRANK(フランク)」を公開していく】
  • 2021/04/15  【世界一の投資家「バフェットの月利は約2%」という「現実」を 考える!】(「月利の世界基準」とは?)
  • 2021/04/14  【民衆同士で仲良くしてる国はコロナでも 強烈に経済成長しているという話】
  • 2021/04/14  【「江戸時代の人から見たらインターネット技術は魔法そのもの」であることについて対談音声から考える!】
  • 2021/04/13  【深見×ゆうの対談音声2本目を公開!!】 インターネットは現代の「魔法」なのだ
  • 2021/04/12  【投資での負けは大体が「コツコツ勝ってドカーンと負ける」ことであるのを深見さんのPDFから考える!】
  • 2021/04/11  【PDF】FX無料レポートの4つ目「トレードの種類と最適な選択」が深見さんから届きました!(副題:日本の資本主義はどのように発展できるか?)
  • 2021/04/10  【「グレートリセットの暴走」に耐えて、 生き残りそうな国々や地域はどこか?について考える!】
  • 2021/04/09  【PDF】「FX無料レポートのプレゼント3つ目」が深見さんから届きました!(「複数口座でのポートフォリオ」や個人投資家の「あり方」など!)
  • 2021/04/08  【「エントリーより出口戦略が100倍大事」という「資本主義の真実」を深見さんのレポートを見て「深く」考える!!】
  • 2021/04/07  【PDF】深見から****さんへ「 FX無料レポート」を2つプレゼント!
  • 2021/04/07  【「新しく富裕層になる投資家」が コロナでも多く存在している現実 について考える!】
  • 2021/04/06  【ワクチンのごり押しに耐えている日本の民衆】
  • 2021/04/06  【特典についての深見×ゆうの対談音声と特典ページを公開します!】
  • 2021/04/05  【アメリカや日本で見られる「ステルス化した物価上昇」 について考える!】
  • 2021/04/04  ■「常識を疑ったその後」の現実的な戦略・思考プロセスを対談音声1本目から考える!
  • 2021/04/03  【深見×ゆうの対談音声1本目を公開!】「今まで信じてきたことのほとんどは嘘かもしれない!?」
  • 2021/04/02  ■深見さんの新動画!【自己責任ってどこまで?】
  • 2021/04/01  【副島隆彦先生の最新言論から 「アジア人同士戦わず」という重要思想について考える!】
  • (写真あり)【世界が「海の時代⇒ユーラシア大陸の時代」に変化した後 コロナ騒動も終わっていく、という話】
    配信日時:2021/04/22 21:15
    (写真あり)【世界が「海の時代⇒ユーラシア大陸の時代」に変化した後
    コロナ騒動も終わっていく、という話】

    ⇒編集後記で!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~


    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧いただきまして
    ありがとうございます!


    さてさて、ここ最近、私はずっと

    日本から大体6000キロとかそれ以上離れてるような

    欧州の東、中側で生活してるわけですが、


    いわゆる中欧とか呼ばれる地域でありますけど

    だからユーラシア大陸のど真ん中に私は今いて

    日本の読者さんにメルマガ送ってるわけですが


    最近・・・もう経済再開の勢いがとにかくスゴイですよね。



    ちなみに、私が今いる中欧地域の様子ってのは

    まだ入国制限があるから

    おそらくほとんどの方が状況を知らないわけですが


    もう実際は・・・私が普段見ている光景が

    こんな光景ばかりなんです。


    すなわち、コロナ前、いや、それ以上になりつつある

    活気ってのが街に戻ってきてるのですね~


    ちなみに欧州東側とかは、元々ソ連でしたが

    実際は道も整備されており暮らしやすいですね。


    こんな感じでみな日常を楽しみつつあります。


    (写真)路上ライブしていて、みんな日常生活へ。
    ⇒ http://fxgod.net/gazou/picture/2021/chuou3.jpg



    また道路なんかを見ても結構渋滞していたりして

    人々はガンガンに経済再開しておりまして

    本格的に資本主義が再開してきている。


    (写真)中欧の2021年の道の様子。
    もうほぼ日常といっても良い1
    ⇒ http://fxgod.net/gazou/picture/2021/chuou1.jpg



    (写真)中欧の2021年の道の様子。
    もうほぼ日常といっても良い2
    ⇒ http://fxgod.net/gazou/picture/2021/chuou2.jpg



    それで、道を歩けば 公園で子供たちが楽しそうに遊んでまして

    親御さんたちはマスクしたりしなかったりですが

    もう本格的に社会が動きだしておりますね。


    (写真)公園で子供たちが楽しそうです
    ⇒ http://fxgod.net/gazou/picture/2021/chuou4.jpg



    ちなみに道も中欧とかは所得がマレーシアより低いのに

    マレーシアより道が綺麗でして


    こんな並木道が最近 葉っぱをつけて増えてきてます。


    (写真)並木道。そして人気の日本のTOYOTA車
    ⇒ http://fxgod.net/gazou/picture/2021/chuou5.jpg




    まあそれで最近ですがもうユーラシア大陸の中心部の情勢ですが

    上の感じで、


    すごい経済が元気となってきておりまして、


    いよいよ、今後、

    「ユーラシア大陸の内陸部中心からの発展」

    が人類の歴史で始まるというのを


    ヒシヒシと生活していて感じますよね。



    それで去年に書いたのが

    「海の時代⇒陸の時代」への転換のために

    コロナ騒動があるってことだったんですが



    私は是非それも見たいってこともあり

    中欧におりましてユーラシア大陸のど真ん中におりますが


    今までは経済発展は海に面した地域が中心であったのですが

    一方 ユーラシア大陸の内陸部は発展を許されていなかった

    のでありますが、


    コロナ騒動ってのはこの経済活動を

    「海の交易中心⇒陸の交易中心」に転換を促進するためのもの

    であるはずなのですが


    それを私は見たくて まさに中欧にスピード持って来てるわけですが

    やはり今後は 海に面した国々の発展から

    内陸部の発展が顕著な時代となっていきます。


    それでコロナなんかについては色々見方があるけど

    実際は政治的な出来事でありますが


    これも海の時代から陸の時代への変更が終わり次第、

    政治的に収束していくわけですね。


    それでやはり、上記の写真のような雰囲気が日常になってきており

    そこで生活してると


    それが体感でわかってくるのですが、

    今号では「海の時代⇒陸の時代」への変化について

    投資家として

    考えて生きたいと思います!



    編集後記で!



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【「厳しい現実を見て、受け入れて戦略を立てる。」
    これで多くの生徒さんを育てているのが

    深見さんのサポートを強化した
    コミュニティとなっております!】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/tokuten_g/
    (残り19名)

    (以下、参考)


    【マル秘動画】生徒さん×講師の深見さんとの
    ぶっちゃけのクローズドな対談を公開!!

    ⇒ https://vimeo.com/514826394/6122c3fa63

    【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】
    みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami3/




    【動画】深見さんの上記音声の実験結果などが
    示されてる動画
    ⇒ http://gyakusou-fx.info/next/pppp/


    【深見×ゆうの対談音声2本目を公開!!】
    インターネットは現代の「魔法」なのだ

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami2/



    【深見さん×ゆう 対談音声1本目を公開!!】


    「今まで信じてきたことのほとんどは嘘かもしれない!?」
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami1/
    (スマホでも聞きやすく音質調整もしてます♪)



    【特典についての深見×ゆうの対談音声です!】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/tokuten_fukami/
    (直リンクの音声となってまして
    スマホでも聞きやすく音質調整してます)




    【PDF】深見から****さんへの
    FX無料レポートをプレゼント!(その4)

    ⇒ http://m-academy.biz/one/groups/0826/
    (※トレードの種類と最適な選択をお送りします!)



    【PDF】深見から****さんへの
    FX無料レポートをプレゼント!(その3)

    ⇒ http://m-academy.biz/one/groups/0823/
    (※FXの口座複数でポートフォリオを組むことや
    個人投資家のあり方など!)

    (前回の2つの無料レポートは以下です)


    【PDF】深見から****さんへの
    FX無料レポートをプレゼント!(その2)

    ⇒ http://moneyacademy.xsrv.jp/fukami/0820.pdf
    (※損失を受け入れること、そして
    入り口エントリーから出口戦略へ。)




    【PDF】深見から****さんへの
    FX無料レポートをプレゼント!(その1)

    ⇒ http://moneyacademy.xsrv.jp/fukami/0817.pdf
    (※「概念が投資や人生全般で大事である」という話)


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





    ■■■■■■■■■■■■■■■■

    【マル秘動画】生徒さん×講師の深見さんとの
    ぶっちゃけのクローズドな対談を公開!!

    ■■■■■■■■■■■■■■■■




    さてさて前号までで

    深見さんと私ゆうの対談音声3本目まで

    流させていただきましたが、


    まあ色々 人によっては「衝撃の内容」が

    話されていたと思います。


    世界では何かしら投資で稼ぐとか最早

    ご飯を毎日食べるとかの当たり前の次元なのに


    なんで日本人の投資家たちはやたら損してるの?

    って普通に疑問に思ったりしますが、


    前号までで流した内容を見ていただければ、

    その本質的な理由ってわかってくると思います。



    そういった個人投資家たちが負ける構造ってのが

    実際は日本では色々政治的にありまして、


    何も考えないでやってしまうと、自然と

    自分で選んでるようで、そういった構造に組み込まれてしまう

    ように日本って出来てるんですね~


    これはなんとなく子供の頃からサラリーマンになるレールが

    敷かれていて、そこに疑問を感じていても

    自分はサラリーマンになってしまう、ってのを私は経験したけど


    それに近い構造があると私は思いますよね。

    逆を言うとそういう構造を知れば、人生はお金の部分もそうですし、

    それ以外の家族や恋愛や周りのことまで、


    前に進むことはできると言えますね。



    さて、それで今日はズバリ件名にも



    【マル秘動画】深見×深見さんの生徒さんとの
    ぶっちゃけのクローズドな対談を公開!!


    と書きましたが


    最近、事務局さんにも検討されてる方から
    結構質問なども来てるようですが


    たぶん今回の「生徒さん×講師の深見 のぶっちゃけ動画」

    を見れば大体分かる人は分かると思います!



    ちなみに、深見さんとあと事務局さんが

    普段

    直電話とかメールとかでサポートしている生徒さんたちに


    「深見さんと対談出てくれませんか~」とお願いしまして

    そこでまあ生徒さんによって顔出しOKとかNGとか色々

    それぞれの生徒さんの考え方であるんですが


    今回はその中で 3名の方が出演してくれてる

    対談動画ですね!!



    こちらの動画は普段からもう深見さんと生徒さんで

    電話とか時にはプランによっては直接会ったりして


    もうお互いの関係が構築されてる状況なので

    こちらも特に台本なく、ぶっちゃけで生徒さんたちが

    話してくれてるので、



    それなので検討されてる方とか

    あとは今からFXっていう謎な分野を学んでみたいとかの

    初心者さんとか


    あとは既にもうFXである程度収益6桁7桁は当たり前みたいな
    経験者さん

    そういう方にとっては情報価値がすごい高い対談となってます!!


    深見さんのGYAKUSOU-FXはぶっちゃけこんな感じで

    アットホームに運営されてるので


    お客さんたちも相当満足していただいてるのですが

    まあそれは今回のぶっちゃけ動画見れば

    分かる人は分かると思いますね~~



    それこそ生徒さんでも


    「予想しないで上がっても下がっても

    どっちでも良いとか深見さんが言っていて


    最初、この人「何わけ分からないこと言ってるんだ」と、

    思っていた」


    とか 結構本音で話していただいてるので(笑)


    だから面白いと思います!!!

    コロナもありまして、リモートでZOOMで撮影されたものでして

    緩い雰囲気の対談でもありますので


    是非楽しく見てみてくださいね~


    リンクは以下となります!!




    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【マル秘動画】生徒さん×講師の深見さんとの
    ぶっちゃけのクローズドな対談を公開!!

    ⇒ https://vimeo.com/514826394/6122c3fa63


    【「厳しい現実を見て、受け入れて戦略を立てる。」
    これで多くの生徒さんを育てているのが

    深見さんのサポートを強化した
    コミュニティとなっております!】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/tokuten_g/
    (残り19名)


    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆












    ===========編集後記===========


    さてさて、私は現在欧州の中側におりまして、

    まあ西欧とかは今後衰退が継続する地域なので

    それよりは私は 昔から興味あった


    欧州の東、中欧側でビザを政府に発行してもらって

    生活してるんですが


    もう最近は・・・これはどんどん経済が元気になっておりますね。


    日本から数千キロ離れているユーラシア大陸の中央部は

    すごい強烈に経済がコロナの反発で元気になってきている、


    これを生活していてヒシヒシと感じまして

    道を歩いても「自由」があります。



    私はよく以下のような光景を目にしながら

    生活してるわけですね。


    (写真)路上ライブしていて、みんな日常生活へ。
    ⇒ http://fxgod.net/gazou/picture/2021/chuou3.jpg




    (写真)中欧の2021年の道の様子。
    もうほぼ日常といっても良い1
    ⇒ http://fxgod.net/gazou/picture/2021/chuou1.jpg



    (写真)公園で子供たちが楽しそうです
    ⇒ http://fxgod.net/gazou/picture/2021/chuou4.jpg




    ちなみにこういう自由な雰囲気がまさに今
    欧州中側で起こってる動きなんですが


    欧州の東、中側ってのは正直言うと

    「今までは」少し貧しかった地域だったんですね。


    しかし上の写真見たら分かりますが

    もう都市部ですと道は 東南アジアより正直綺麗ですし、


    所得は東南アジアの半分くらいなんだけど

    しかし、人々の生活は物価も安いから

    結構質は高くて、


    車も綺麗な車ばかりですね。

    歴史的な建造物がかなり多く、それも良くてですね、


    道を歩いてるとこんなのがあるんですが



    (写真)道歩いてると普通に見える光景。綺麗。
    http://fxgod.net/gazou/picture/2021/iseki1.jpg



    都市であっても歴史建造物を残して

    コンクリートジャングルになっていないのが素晴らしいです。


    それで実は冬くらいはまさに

    軍産(アメリカ帝国主義。思想は共産主義)

    VS

    資本側(ユーラシア内陸部も発展させろ派。資本主義を比較的重視。)


    がずっと 米大統領選挙でも背後で

    やりあってまして


    あれがおそらくコロナ騒動の最も重要な戦いでしたが

    どうも結果は フロントはトランプ大統領は下野したけど


    実は軍産側だとずっと思われていた、

    だからこそマスコミにも支えられていたバイデンが

    実は 反軍産でありまして


    いまやアメリカですとバイデンはトランプの後釜だったじゃないか!

    騙された、というマスコミの分析も出ているわけですが



    要するに資本側が完全に勝利したのは感じ取れるところです。

    実は中欧にいるとやはり中東も近いですから

    軍産が復活したらISISとかの問題も出てくるので


    私からしたらかなり注目していたのが米大統領選挙でしたが

    結果は、数百年、ずっと力持っていた

    軍産がどうも負けた。



    歴史の転換です。



    それで、今まで東欧、中欧、東北欧 とか書くのか分かりませんが


    とりあえず今までは欧州でも海側だけが発展していて

    それこそドイツやフランスなどの西欧とか南欧やイギリスあたりが

    国際経済の主体であったわけですが


    日本も海に囲まれた島国ですが

    アメリカもやはり海側が発展してきたわけですね。



    一方ここでユーラシア内陸部ってのは

    経済発展がずっと止められてきたのが実情なんですが


    いよいよ、人類で「内陸部発展」が起こってくる
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    のですよ。



    実は私のメルマガでは長年

    「今後 バスコダマ以来の

    海の時代が終わっていき 陸の時代に入って行く」

    ってことを扱ってきたのですが


    なんとこれが「コロナのおかげで」進むんですね。


    それでコロナ騒動の目的ってのは去年書いたのだけど

    「海の時代から陸の時代に転換する」ことが


    経済の大きな目的なんですが



    しかしここで重要なのは 実際の話はコロナってのは

    まあインフルエンザより弱いかもしくは同じ程度で


    戦争のように何億人が死ぬようなそういう脅威ではなくて

    大多数の人は まあ風邪だよね、って思ってるけど大声で言わないくらいの

    状況であるはずですが


    このコロナ騒動の凄さってのがありそれが

    戦争ほどの死者数を出さないで、


    世界経済構造の転換を1年半近くでもたらした

    ってことです。


    今まで軍産を初めとしたいわゆる「バスコダマ以来の

    500年続く海の勢力」ってのは強くて

    それはイギリスに代表されますが


    だから先進国だけは中間層が誕生するのに

    ほかの地域は貧乏状態で留められたわけですね。


    しかしここで「世界中で中間層をあらゆる地域で作って

    多極的に発展させたほうが世界経済は成長する」


    って考え方があって、これは田中宇先生が昔から

    書かれてる「多極派、資本の論理派」なんですが


    こっちの勢力は今まで軍産にやられっぱなしでしたが

    2019年の中東からの米軍撤退、

    そしてコロナ騒動を経て、


    完全にどうも 資本の論理派、がですね、

    おそらく背後で勝利した。



    だから上記の写真のように、欧州中側が発展しだしてる

    わけですね。



    ちなみに以前もこれ書いてますが


    こちらで既存の「海の時代」は終了を告げ、

    「陸の時代」に世界が向かっていくことも

    書いてます。



    ■2020年5月のバックナンバー

    【これから2020年代は「ユーラシア大陸の時代」になっていきます】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202005&MID=2411#2411



    ちなみに上記の号はかなり大事で

    2021年になって早くもそうなってきてるのを

    欧州中側で現地で私も見てるので


    再度引用です!


    2020年5月引用の中に引用がある入れ子構造の文章ですが

    是非時系列でお読みくださいね~




    ===============


    さて、今日は「新しい大きな世界の流れ」を

    ****さんには伝えたいと思って今号を書いてます。



    それで私は以前からメルマガで定期的に

    「これからバスコダマ以来続いてきた海の交易の時代は

    終焉していき、

    本格的に陸の時代になっていく」


    ということを書いてきたのですが


    やはり最近アジア各国にいてその雰囲気を感じ取るのですが

    それは間違いなく進んできています。


    たぶん「これからユーラシア大陸の時代になっていく」と言っても
    多くの人が「はあ??」って感じでしょうが

    私が書いたことは数年してそうなっていくことが
    結構多いので

    やはりこれもそうなっていくと考えてます。

    ちなみに2020年はいきなり新型コロナ騒動がありましたが

    あれは私は アメリカの「過激にやって失敗させる」ネオコンの戦略を

    相当感じ取っておりますが、


    まあ結果としては・・・

    そう海をまたぐ 航空ってのが少し衰退してるけど

    一方韓国のムンジェイン大統領が


    2020年4月後半に

    「東アジア鉄道共同体」という構想を言って世界で

    話題になってましたが


    まさに海の交易の時代から陸で電車とか高速道路で

    ユーラシア大陸が結ばれていく時代になるんですよ、これは。


    これからはユーラシア大陸の時代。


    みんな気づいていないけど

    それはもうトランプのやり方を見ても確定的です。


    ダウ理論を無料FX道場で学んでいただきましたが
    まさに先行期に気づくのはごく少数だから

    こういう視点が大事です。



    「世間の大多数が気づいていない大きな

    世界のダイナミズムに最初に気づいて動き出すと

    10年後豊かになる」


    これは元々派遣社員だった私が

    税金数千万円払ったり富裕層になるまでの

    重要な考え方なんですが


    私の読者である****さんには

    これから世界がどうなるか、をちょっと教えちゃいます。


    ちなみにこれは予言やら予測の類ではなく

    「国際政治経済の構造」の話ですね!


    ~~~~~~~~~~~~~

    単に言うとアジアの国々で

    「選挙で選ばれた政治家 VS 選挙で選ばれていない官僚たち」

    の闘争が激化してるってことですね。


    が、やはりこの政治家たちが主導して

    アジアの時代を築いていくってのは大きな流れだから

    やはりアジアの時代となっていき


    そして「ユーラシア大陸の時代」となっていくでしょう。




    これは昔から「次の時代はユーラシア大陸の時代になるのだ~~」

    と私は書いてきてそれが2020年代から2030年代と

    書いていたのですが


    最近は時期も結構見えてきていて大体2020年代中盤あたりには

    かなり多くの人がその状況に気づく感じになるだろう

    ということがなんとなしに私が見えてることです。


    特に2020年の新型コロナ騒動で

    アジア中心の経済再開の流れなど、一気にそれが加速している感じがあります。


    それで私なんかは日本人ではありますが

    日本に居住していない日本人なので、このメルマガも私にとっては

    日本語忘れない策としては結構大事な媒体なんですが


    ただ海外、特にアジア圏で生活していて「ヒシヒシと」

    体で感じることがあって、それが


    「もうこれからは内陸の、ユーラシア大陸の時代になっていくのだ」

    ということですよ。


    今まではずばり「先進国」ってのが世界経済をリードしてきて

    まさに私の出身国日本は先進国だし、またアメリカもそうだし

    欧州も先進国だった。


    けど今って、この先進国地域がかなり貧困になってきている

    というのはご存知の通りで、

    新型コロナ騒動でそれがさらに加速した。


    実際に海外にいると分かるんですけどお金持ってる人々の

    出身国ってやはり中国やインドや東南アジアや中東なんです。


    これは実際に自分の目で見てみると、

    まさに5つ星ホテルみたいなところはそういう地域の人が

    めちゃくちゃ増えていて

    一方安いホテルには欧米の方や日本人が多い


    っていう光景は本当に良く見るようになりました。


    以前は逆だったんですけどね・・・・


    それで以前は先進国というのはすなわち

    「ユーラシアの外側」にありましたよね?

    地理的に。


    一方「ユーラシアの内側」ってのがこれから発展する形に
    なっていくのはもう間違いないと確信レベルで
    言えてしまう話で


    これは以前野田さんと対談したときに対談外でお話して
    野田さんが尊敬してるやばい人ってのがいて

    彼なんかもどうも話聞くと同じ視点でした。


    まあだからこれからはどう見ても、
    ユーラシア大陸の時代、になっていくのです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    すなわちそこに投資チャンスは発生するのですが

    その時にお金ないと「投資したくてもできない」となりますから

    やはり今のうちにお金はストックしておくのが大事ですね。


    それで以前に書いたメルマガの記事がありまして

    それが

    【未来の2020年~2030年代は
    ユーラシア大陸の時代になっていく】

    の記事です。


    こちら2017年7月20日の記事だから

    数年前の記事なんだけど


    ぜひ今年の2020年でも重要性のある記事だから

    見てみてくださいね~




    「2017年7月20日に書いたメルマガより引用

    【未来の2020年~2030年代は
    ユーラシア大陸の時代になっていく】


    より」引用です。



    ↓↓
    ==================

    さてさて、ここ最近私はアジアの
    マレーシアにいるわけなんだけど

    まあほんと人も底抜けに明るくて
    物価も安くて、本当に良い国だな

    って思います。


    日本にいるとなんとなく気持ちがドヨーンとしまして

    日本にいるときの私のメルマガは公務員とバトった

    内容とか多いわけですが


    こっちだとあくまでも平穏ですよね。


    最近のアジアなんかは自由さもちゃんと担保した上で

    しっかり成長してきてるよな~なんて感心します。


    ちなみにマレーシアというと海外というイメージですが

    というか海外なんでしょうけど


    日本人の多くが知らないけど実はマレーシアって昔は

    日本の統治下だったんですね。


    だから、マレーシアは昔は日本の領土だった時代もあるわけだけど

    だから海外のようで海外じゃないというか

    日本の影響も色濃く残っていて

    時々イスラム圏のはずなのに

    日本にいるような気がして不思議な感じです。


    安倍首相の背後には大日本帝国思想があるというのは有名だけど

    昔の日本ってのは本気でアメリカのように帝国化しようとしていた

    のだろうってのがすごいなんか分かりますよね。


    ちなみに当時は大東亜共栄圏といって「アジアの解放を~」

    とかやっていたわけだけど


    やはりこれは大きく見るとアメリカがこの数十年

    「独裁国家を民主化するのよ~」みたいにやっていたわけだけど

    ヒラリーなんかがそうでしたが


    結局それは軍産利益のためだったわけだけど

    当時の日本もやはり資源問題での争奪で表向きはアジアの解放を

    言ったんだろうと。


    ただ実際は資源争奪のカネの問題だったんだな~ってのが

    なんとなしに私は最近分かってきた。


    なんでもかんでも

    「経済の論理、カネの論理を隠すために

    政治イデオロギーを使う」

    ってのはいつの時代もされていて

    昔の大日本もそうだったんだろうな~とか思います。


    だから実際の話はネットウヨとかあとは自称愛国右翼の人が言うような

    立派なものではなかったんだろうというのが私の認識ですね。


    まあなんというかアジアの各国にいると学校で習わない歴史の

    姿がちょっとづつ見えてくるので、それはそれで面白いですね。


    ちなみに面白いのがマレーシアではマレー語を使って英語もみんな

    しゃべるけど隣のインドネシア人とマレーシア人は会話がマレー語で

    通じるんですね。


    なんでか?というと実は当時大日本帝国の人らがそうやって

    統一させようとしたという歴史がどうもあって


    なるほど、実際は東南アジア支配というのも帝国化していく中で

    考えようとしたのだろうな、というのは感じたところです。


    インドネシアのジャワ語じゃなくてあえて少数のマレー語を大日本が

    採用したことってあまり知られないけど、そういう歴史知ると

    アジアの解放云々って完全に今のアメリカの「民主化するのよ~

    ⇒戦争⇒儲ける」みたいな図式でカネの問題とつながってるわけだけど


    それとスキームは似てるなと。



    当時インドネシアが独立したってのは歴史であまり分析されてないこと

    多いけど、どうもインドネシアの民族派の人たちが

    うまーく、日本を利用しながらもその魂胆に気づいて、

    隙をついて、独立したんだろうというのもなんとなしに分かる。


    これは2009年に日本がアメリカ属国から隙をついて

    独立しようとしたのと似てまして。


    まあ政治を勉強してると世界各国で属国と従属国という副島先生の

    枠組みで政治が展開されてきたのだななんてのが

    肌で感じられるから、面白い。


    さて、それで件名に書いたけど、これからはですね、

    ずばり「ユーラシア大陸の時代」になるわけです。


    もうこれは確定、と言っていいかなと思います。


    もうこの数年、

    中国崩壊中国崩壊と言ってきた人たちが多かったけども


    その中で私なんかは中国は崩壊なんかしないし

    これからもっと力をつけていく、というのをもう何年も書き続けてきて


    やはり いやーな目で見られていたと思うんですね。


    だって多くの人が中国は崩壊する、崩壊するって言い続けてきた

    わけで日本人の知識ある人ほどそう言ってたから。


    が、実際はどうか?というと崩壊なんてしないんでしょう。

    一時的に金融が落ちるとかの現象はあるけど


    それは長い成長の中の押し目現象であって、

    やはり長期では中国の時代にどうもなる、というのが

    もうすでに多くの人が薄々気づいてることです。


    んで実際そうなります。


    前も扱ったように、中国の大企業ファーウェイなんかは

    平均年収1330万円

    出すようになってきていて


    こうやって徐々に小さいところから兆候が出始めておりますね。


    反共右翼と言う人たちがいて、その人たちがずっと中国崩壊論を

    言い続けてきたわけだけど


    この人たちが日本の発展・新しい大国誕生対策の

    準備を故意にさせなかった

    ということでもあるから、やはり大きな問題だと思います。


    ちなみに中国なんかはもう上海あたり行くと服装とかに関しても

    先進国のそれになってきていましてですね、


    下手したら日本人より良い服着てるような人たちも

    かなり多いわけです。


    以前は中国の人たちなんてペラペラのシャツ来て

    旅行に来ていたものだけども、最近はちょっと服装にも

    変化が見られるようになってきてますよね。


    これはマレーシアなんかもそうなんですね、

    みんな若い人なんてすごいお洒落になってきてる。


    それで、これからはもう明確にアジアとユーロのユーラシア大陸時代

    に入っていくのはもう間違いないと私は見ていまして、


    特にヨーロッパなんかはこれからは大きな流れで中国と

    結局手を組んでいくんだろうと思いますよね。


    G20の中でもやはりアメリカを敵にあえてしながら

    中国とヨーロッパ郡が主張を同じにしていたけど

    そうやって徐々にヨーロッパ中国の結びつきはこれから強くなる。


    ちなみに、中国のメディアなんかを見てみると、もう

    スイスの人らとの密接な関係も報道されていて、


    どんどん中華とヨーロッパがくっついてるなと。


    それで中国の「一帯一路」の計画がこれからやはり進んでくるわけで

    これがやはり世界のこれからの目玉です。


    中国から、中央アジアを越えて鉄道網がロシアのモスクワを通って

    ドイツの首都ベルリンまでいずれつながります。




    だからいよいよ、ユーラシア大陸の時代、が

    到来するということなんですけど

    これはもうG20の会合みてもそれが少し感じられましたが


    いよいよこれからユーロとアジア、あわせてユーラシアなんだけど

    このユーラシアの時代になりますね。


    Euro asia でEurasia(ユーラシア)ですけども


    ヨーロッパとアジアからなる大きな大陸、これをメインにこれからの

    世界史は動いていくんだろうと。


    それで16世紀からは人類というのはまさに500年間くらい

    バスコダマ以降の「海の時代」でした。


    これがこれからユーラシア大陸中心としての

    「陸の時代」

    に入っていくということですね。


    それこそ朝鮮半島から中国上海、香港、

    マレーシアクアラルンプール、シンガポールときて


    そこでベトナム、インド、スリランカ、ときて

    中東のイランとかまで通って

    ロシアモスクワ、トルコイスタンブール、


    そしてドイツベルリンにいたるまでの広大な鉄道網が

    いずれこの数十年で整備されていくだろうと思われまして


    そこで交易が行われます。


    だから海上のシルクロード、みたいのが大陸上に作られる

    ということになる。


    だから大航海時代以降始まった海の時代、が終焉を告げて

    これからは陸の時代にどうもなっていくということですね。



    今の北アメリカ中心の世界体制は徐々に終了していきまして、

    というかトランプ誕生によって徐々に故意に破壊されていきまして


    それで覇権は中国などのBRICS諸国に移っていくんでしょう。


    そんでここで中国とロシアとイスラム教徒のアラブ社会と

    これにヨーロッパがくっついて、


    それでインドなんかも加わって、


    ここで大きな新しい世界体制というのがこれから

    ついに始まっていくということです。


    だから私なんかは不動産買うならあれだな、と。

    この一帯一路の戦略重要地域買わないといけないなと思っていて


    そこがやはり将来的に10年単位では上がりやすいでしょうね。


    んでインフラ系企業なんかでもこの中国の一帯一路にかめる企業は

    強いだろうと。


    それでこれから中国の内陸部を通って、

    そんで深く中央アジアを通ってロシアを通って

    ヨーロッパまでつながる交通路ができつつありますが


    そこで必要な資金がこれ1200兆円ですね。


    この1200兆円というお金を拠出するのが中国主導のAIIBだけど

    鳩山元首相がセミナーで言っていたけど

    実際はもう日本の官僚たちも背後ではこっちに乗り換えようとしてる人たちも

    いますから(裏で出向してる。

    表向きは中国たたきながら実際は中国のAIIB関係に)


    んでそれを以前書いたものだけどその動きが最近やっぱ見えてますから

    日本も結局こっちの動きに乗っていかないといけないというのが

    今の政治の大きな対立軸としてあるでしょう。


    二階さんなんかはおそらくこのAIIBサイドだと思う。


    それでAIIBのほかにはBRICS開発銀行ですね。

    これが今の世界銀行がもうだめになったときのために

    動き出すと言う感じです。


    だからまあ最近はアラブ系の人たちも元気ですね。

    私なんかがいるマレーシアのコンドミニアムってのはやはり

    日本人からしたら安いけど、現地の人からしたら高いわけですが


    ただここにアラビックのアラブ系の人が多いんですね。

    だからよく運転手が「最近アラブ系多いね~」なんてみんないいますよ。

    中東からも金持ちたちがどんどんアジアにきている様子が分かる。


    そんでコンドミニアム内にカフェがあるんですけどね

    マレーシア人たちとつるんでビジネスの話をよくしてるんですね。


    これからは日本人もイスラム教というのをちょっと理解しないと

    いけない時代になってくると思いますから、


    だからいずれ日本でもイスラム教とは何か、という話も

    されていくんですね。今は危ないイメージだけど、もうされてくる。

    世界の大きなダイナミズムがそうだから。


    だから前号で一夫多妻のことも書いたけど、これも

    将来一夫一妻というのはキリスト教のものだからそれについての

    本質的議論になってくるんですよね。


    好き嫌いじゃなくて世界のダイナミズムの大きな変化の中で

    そうなるんです。


    ネット上でも頭いい人たちがどうも一夫一妻という制度が

    先進国人類たちの大きな苦しみになってるんだ、と気づきだしている。


    ここで一夫一妻支持の女たちが95%以上でしょうから、

    まあみんな怖くて言わないんだけど、


    ただ思うのが今の日本で結婚したくても、相手には奥さんいるとか

    彼女いるとかで悲しんでる女たちが沢山いるわけです。


    ちなみにマレーシア大富豪の日本人の本にも書いてあったんだけど

    こっちではそれこそ資金体力のある男が未亡人の奥さんとか複数と

    結婚して養うということを普通にするんだそうですね。



    それでその人たちが金銭面での苦労なしで子育てができるということが

    あって実際はどうもマレーシアの一夫多妻制の話とかを調べると

    ある種の社会保障になってるんだろうとも感じます。


    がこれさえ議論は今タブーでこれを言うともう

    女性がみんなすごい剣幕で私に怒るわけですが、


    ただこれは、強い女はいいけど

    弱い一人で生きられない女も大勢いるから、やはりこれから

    考えることではないかなと私個人としては思うわけです。


    まあほんとだから、私なんかは毎日最近はイスラムのコーランってのが

    街から聞こえるからそれを聞いてすごすわけですけど

    (マレーシアでは毎日コーランが流れる)


    これからはイスラムも理解していく必要が世界の大きなダイナミズムの中で

    必要になってくるだろうということですね。


    それで上記BRICS開発銀行のほかに、

    中国の上海協力機構も動き出してるから


    こっちはこっちで中国ロシア中央アジア諸国が中心の

    集団的安全保障の軍事機構として機能するんでしょう、おそらく。


    それでこれから中国の一帯一路one road one beltという戦略において

    中国とヨーロッパが陸路で16日、海路では36日で

    つながるようになりまして、


    この一帯というのは一本の鉄道や幹線道路が引かれるのではなくて

    そこで平行に何本も鉄道や幹線道路が引かれるんですね。


    こうやって大きくはもうユーラシア大陸がこれからの中心になっていくと。


    それでこれからは中国がアラブ諸国(イスラム圏)とも

    連携していく流れでして、


    世界から中東アラブなんかを通って、それでアフリカまで

    一帯一路で結んでいくという未来になっていくわけですね。


    それで今なんかはもうすでにその流れに入っていて

    中東なんかではペルシャ湾の砂漠の海沿いに幹線道路を通していて

    その横に日本の「ゆりかもめ」みたいな鉄道を通してると。


    その沿線にずらーっと、40階とか50階立てのビルを

    どんどん建設してるわけですね。


    だから北に位置する与沢さんでも有名なドバイと、

    そして南のアブダビはこれは将来つながるということ。


    その距離は150キロだけど今はビル街はドバイ中心地から

    30キロまでは来てるということなんで


    あと10年も経つとここにメトロのわきを

    新幹線が通っていくと。


    まあだから続々と、これからユーラシア大陸がどんどん幹線道路とか

    あとは新幹線で結ばれていくということですよね。


    それで最近分かったことがあって人類のこれからの生活は

    やはりコンドミニアムというのがあるけど

    そうやって生活するようになるんだろうと。


    どんどん各地域にユーラシア大陸に今マレーシアにあるような

    コンドミニアムが作られてきまして、


    このコンドってのはおもしろくて もうマンション1つが

    街なんです。


    だから例えば10階とか20階にですね、公園がある。

    それでプールとかジムとかがあって美容院もあるんですね。


    だから私の場合外に行かないでも髪はそこで切ってもらえるわけで

    プールやジムで運動もできる、


    それでスーパーもコンドの中に入って買い物ができて

    そんでレストランなんかも入っていて


    そこで生活が完結できちゃうわけだけど


    もうこれからの人類の生活は

    こういうスタイルになっていくんだろうな~と思います。


    みんながある程度きれいなコンドに入って、そこで

    そのコンドの中が町みたいになっていて、そこで生活しちゃう、みたいな。


    こういうのが各地にどんどんできてくるだろうと。



    それでそれぞれ100万人くらいの都市がドンドン、ドンドン、

    と各地にユーラシア大陸の町中に設置される感じですよね。


    ここで有効需要を生み出すぞというのが中国のやり方でして

    大きくはここで有効需要創出をすれば戦争経済しなくても


    世界の経済は回るよねと言う発想でして


    これがキッシンジャーの考えとしてあるでしょう。


    トランプはだからそれを体現したい人で、戦争経済には反対な人です。


    だからトランプは表面上は中国と喧嘩してもうまく

    やるに決まっていまして、


    この大きな流れというのが日本のマスコミさんたちが

    見えていない部分だろうと思いますよね。



    ただ世界の株式市場で投資するならこの流れは

    押さえておかないといけないと思いまして、


    結局中国がそこで1200兆円かけてインフラ整備して

    そこで有効需要を作っていくぞとこの数十年か100年200年

    やるわけですから


    そこで経済や需要が発生して企業が売り上げ立てるわけなんで

    不動産にしても株にしてもそれに影響を受けますから

    やはりこの点押さえておくとずいぶんと将来的に結果でやすいだろうな

    とは思います。



    それでこれから中国なんかが一帯一路で人口100万人の都市を

    1000個、ユーラシア大陸の中央部一帯に作るということで


    これでユーラシア大陸の内陸部に巨大な需要を作るってことです。


    ここで新たに10億人分の消費と投資を生み出すということになりまして

    それでここで10億人の人間に職を与えるという発想になってくるわけですね。


    これができて初めて中国は生き延びられるわけでして

    大きくは中国はケインズの有効需要創出に沿って一帯一路をやろうと

    してるのが分かります。


    結局

    「経済が良くて 食事ができて家庭があって、家あって車あって

    生活できてれば民衆は蜂起しませんから」


    やはり大きくはそうやって職を与えて有効需要作り出して

    世界経済を作っていくというのが

    もう中国指導者たちの考え方であるでしょう。


    この大きな発想は今の日本にはなくなってるけども。

    ちなみに上記10億人に、日本人含むすべてのアジア人種も含まれる

    わけでして


    だから次の世代の子供たちは中国語が必須になるということです、

    好き嫌い抜きで時代の流れです。


    が、日本人はいまだに英語英語と言ってるけど

    もう中国語の時代ですよ。


    私ゆうなんかも英語は話せるけど最近はマレーシアで中華系の人たちと

    接するから、もう寝る前に中国語の単語覚えてるんですね。


    どうしてもこれからは中国語が必須になる時代になってきます。


    まあだから本当に時代は変わってるな~ということですが

    もうこの前のG20見てもトランプの動きからもユーラシア大陸の時代は

    もう確定と言ってもいいでしょう。



    それでユーラシア大陸内陸部に100万人とかの都市を

    ドバイ付近で見られるように

    1000個くらいはおそらく作ってくるでしょうから


    そこで重要なのが消費できる中間層作りなわけでして

    これがよく田中宇先生の書く多極化での世界の平均的発展

    という考え方とも合致するんですね。


    アメリカが帝国放棄してその代わり、世界の発展を抑えられていた

    地域に中間層が出来上がってきて、そこで消費する

    世界経済発展モデルです。


    これは今、マレーシアでいち早く出ていて、もうマレーシア在住の

    読者さんは分かるだろうけど


    マレーシア人ってもう日本人並みに消費しだしていますよね?


    徐々に、中間層が増えてきている。


    マレーシア来たことない人はマレーシアがジャングルだとか

    思ってるかもしれませんが(私の母がそうでした) 


    一帯一路の中にあるクアラルンプールに

    私はいるけど、もうクアラルンプールなんてすごい都市ですよ。


    まだ甘いインフラは多いけど、それでもかなりのBig cityになっていて

    それはタクシー運転手が言っていた。


    きょうタクシー運転手が私に言っていたのは

    「しばらくしたらクアラルンプールが第2のTOKIO(東京)になるよ!」

    なんて言ってたけど


    ほんとそうなんだと思う。すごい発展してるから。


    高層ビルや、日本ではお目にかかれないすさまじい規模の

    コンドミニアム(東京都庁より立派かも)がどんどん建設されています。


    んでこれに遅れること、おそらくインドネシアなんかも

    どんどん都市化していくでしょうから


    どんどん世界で中間層が生まれて消費するというモデルに

    これから変わっていくんだろうなというのは肌で感じる実感として

    ありますね。


    それでユーラシア大陸の時代にこれから入っていきまして

    このユーラシア大陸の都市間で交易がされていくでしょうから


    もう時代は海の時代というよりは陸の時代です。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    ============


    以上です!!



    2021年4月のゆうです。


    それで上記の考え方もありまして、
    私はコロナ規制は乗り越えてそして今は

    まさに「ユーラシア陸の中心」におりますが
    上にあげた写真のように経済がどんどん活性化してきており

    アフターコロナはもう内陸が世界経済を引っ張る構造は

    「確定」ですね。


    これは予想や予測ではなく構造問題なので、

    だから今後ユーラシア大陸の特に内陸で


    今までは西欧のドイツとかフランスに金持ちが欧州では

    集中してましたが


    今後はロシアなどに引っ張られて

    東中欧地域が、どんどん 経済成長していくのは

    現地で見ていて、色々税制であったり、政治構造分析しても

    確定なんです。



    ちなみに日本人の海外に注目してる人間からしたら

    以前は注目が東南アジアだったんだけど

    もうタイやマレーシアをはじめとして、東南アジアは

    物価は日本よりはかなり安いけど


    それでも随分と発展をしてきていて

    物価は上昇してきてますが


    一方・・・内陸部はまだまだ資本主義を体験せず

    経済は弱かったのです。「今までは」。


    しかし上の写真見て分かるようにもう生活水準が

    こっちの人々はどんどん上昇しており、


    日本やアメリカや西欧が昔享受した

    資本主義の発展、を今度は


    ユーラシア大陸の内陸部の多くの地域が経験することになります。


    ちなみに、私もこの1年、PCR検査で綿棒を鼻に突っ込まれて

    鼻炎な私は豪快なくしゃみをしまくって

    PCR検査してるおばはんから嫌がられながら


    色々回ったけど


    ユーラシア大陸で今後発展する地域がこれ

    東欧などの今までギリシャ初めとした貧しかった地域であったり


    あとは北欧のバルト三国の地域、

    あとはコーカサス地域、

    あとはイランやトルコなど中東地域、


    この辺がもう間違いなく今後強烈な発展が

    コロナ騒動あとは、約束される地域ですね。


    だから最近は日本のIT起業家や投資家たちが

    昔はこれ シンガポールとか香港とかマレーシアとか

    タイあたりが人気でしたが


    今は中東や中欧地域に移動しだしてるのも

    おそらく彼らの生来持ってる勘だと思いますが



    今後東南アジアを越えて、ユーラシア大陸の中央部が

    経済発展がヤバい地域になりますね!!


    もうコロナ騒動があって「構造が整えられた」ので

    強いです。


    ちなみに大声でそれを言わないけど

    日本の官僚機構でも内部対立がありまして


    「既存のアメリカ帝国が主体の軍産の世界支配戦略を
    重視する、旧主流派」(共産主義重視)

    と、


    あとは「新しい多極化を意識してトヨタなどの企業たちとも
    情報交換して 新しい経済体制に順応しようとする
    若い官僚たち」(資本主義重視)


    の対立があるのを私は感じ取ってますが


    後者の人らは既にもうユーラシア大陸の内陸部で

    日本からの投資が活性化するように背後で準備をしてきている。


    後者の若い起業家たちを旧主流派のオッサンから

    守ってる官僚たちが頑張って主流派になるのが日本にとって

    大事であるし、

    そして長期的にはそうなることでしょう。



    それで「世界の多極化論」を
    ずっと日本語で昔から書き続けてきたのが

    実は田中宇先生でもありまして


    私が観察してるところ、彼の言うとおりになってきてます。



    それでキッシンジャー博士なんかは実際は多極論者でありますが
    彼がトランプやあとは下手したらバイデンの背後にいる可能性も
    感じますけど、


    とりあえずもう「世界の多極化は今までは未完成だったけど
    コロナ騒動を経て、完成形に近づいてきた」

    のですね。


    ちなみにIMFが2021年の世界経済の成長率を
    上方修正しまして、

    中国の経済成長率はなんとこれ8%超えという
    見通しを出したのですが


    主にIMFのデータを見ていると、
    先進国は成長が弱いですが

    新興国、成長国ですねここが

    すごい成長率です。


    ちなみに中欧地域なんかはもうすごくて

    預金とかでも定期金利で年利13%とかつきますが


    すごい発展の勢いではありますよね。



    それで今後、軍産の利権であったQE過剰をやりすぎてる

    ドルですね、


    このドルはもう長期的には基軸通貨の座を下りまして


    それで「コロナ騒動の本来の政治目的」であった


    欧米の愚策である都市閉鎖などの策で経済を意図的に停滞させ



    一方、ユーラシア内陸部の発展する構造、および

    内陸部のボスである中国やロシアなどの経済回復、



    がすごい勢いで今進んでいる。



    日本でも若い官僚たちはそれを理解してるから

    「もうこのままでは日本は終わってしまうぞ。

    日本はちゃんとユーラシア内陸とくっつくのだ」

    ということで頑張ってる人もおそらく、外交を見ていると存在している。



    ちなみに軍事的な部分ですと
    日本のメディアはこれ 日本から出ないで記事を書いてる

    視野の狭さが影響してるでしょうが

    もう実は アメリカと中国ロシアってのは戦争は
    できないんですね。


    中国ロシアの結束が強いですから、そこで
    アメリカが軍事的にそれを打ち負かせるなんてのは

    実は不可能なんで、

    世界大戦ってのは構造的にできない状態まで
    なっている。


    あっても局所的な争いになりますよね。



    ちなみに最近の台湾だとかウクライナで見られるような
    局所的な争いってのも

    結局、最終的には

    「今までアメリカが面倒みていた地域が

    中国ロシアの担当に変わって行き

    多極的発展をする」


    ということになりますから、

    実のところ戦争することが目的じゃないんですね。

    経済構造の転換が目的ですね。



    ちなみに今までは アメリカとイギリスの諜報がこれ

    協力しながら ユーラシア大陸の内陸が発展しないように

    軍産たちが邪魔していたんですが


    一方ここでも経済発展できるようにって考え方が

    田中先生が書かれる「資本の論理」(多極派)ですが


    こっちがコロナを通して完全に主流になりました。

    それはマスコミでは報じられないけど
    歴史的な転換点です。



    だから実のところコロナ騒動を色々な視点で
    私も見ますが


    「世界大戦で何億人の死者を出さずに、

    さらに本当は弱毒性で人々がなるべく死なないようにして


    軍産を倒して、なおかつ世界が多極的に発展させるように

    したのがコロナ騒動」

    であったから


    実はコロナ騒動ってのはそういった視点で見ると

    めちゃくちゃ頭が良い騒動と評価することも

    本当は出来る。


    通常はここまで大きな世界の覇権構造変化のためには

    世界大戦が必要とされたのに、それをしないで

    世界構造の変化を実現した 


    とんでもなく頭が良い大金持ちたちがいるわけですね。

    だからそれを知ってると私はコロナが茶番劇であっても

    それは全否定しづらいなってのが本音ですね。


    ちなみにですが、だからもう分析とか色々見たり

    自分で状況見たら分かるんですが


    要するにコロナが終わる時期ってのは

    「世界が米英中心の覇権体制から
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    中国ロシアはじめとした
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ユーラシア大陸など新興国が中心の経済体制、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    多極化による覇権の転換が完成すれば
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    コロナ騒動は終わっていく」
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ってことも分かるんですね。


    ちなみに当然ですが、その「多極化による覇権転換」

    には先進国の特にアメリカの債券市場の暴落と

    そして金利上昇が必須となりますが



    そこで中国が金地金を大量に輸入して

    金地金保有量を増やしていくことを認めたのですが


    これはもうドルが基軸通貨として覇権を失う状況

    すなわち債券市場がまともに回らなくなるその時、

    に中国の人民元と金融システムが生き残れるように


    人民元を一定数の金ゴールドでなるべく担保する

    という動きなんですね。


    ちなみに軍産、NY金融などのイギリスの諜報がバックの

    彼らは、今は 先物スパイダーで金相場を空売りで

    抑止してまして、


    一方仮想通貨にQEマネーを入れてですね、

    そして「これからは仮想通貨の時代だ~と誘導して」

    金にマネーが集まらないようにしてるんです。


    が、中国がこれゴールドを輸入して急増させることが

    ある種 それ以上の勢力に認められたわけですが


    となると、今までは中国が金の抑止は

    まあ傍観していたのですが


    いよいよ今後 ドルVS金ゴールド の戦いが

    先鋭化してきますよね。


    大きな構造としてはやはり最終的に

    金ゴールドの側についた多極派が勝つことになる。


    トランプ大統領のトランプタワーもゴールドで金ぴかですが

    金の時価総額が上がってトランプタワーの

    評価額も上がりそうですね。



    それで現状の構造を大きく見るとやはり

    短期ではこれ一時的な急落は金相場は継続的に

    いつもながらにあるでしょうが


    5年とか10年の単位だと・・・

    いわゆる最近でいうDSの力の源泉である

    官僚機構の力の源泉である「ドル覇権」を

    いずれ 日本でも金貨で江戸時代前は使われてきた


    金ゴールドがよほどのことがなければ

    打ち倒すことになるわけですね。



    というのは今後中国ロシアが台頭して

    アメリカ単独覇権が崩壊していくのは「不可避」

    でありまして



    実はアメリカ単独覇権を目指す側にとって

    最後の望みがあの バイデンでしたが


    なんと、バイデンは・・・「第2のトランプ」でした。

    私も今年実は驚いたのがそこですね。


    すなわちマスコミたちはバイデンというか

    そのバックが軍産だということで


    トランプではなくバイデン応援に回ったけど

    しかしバイデンはマスコミの敵であって

    実は外交においてトランプ政策をそのまんま

    受け継いでしまってるわけですね。


    勝負ありです。



    ちなみにこの辺の世界全体のダイナミズム分析は

    やはり日本だと田中先生がずば抜けてるから


    取ってる年間数万円の左派新聞を解約して

    彼の新聞の10分の1である価格の

    メルマガを新聞代わりに見たほうがよいですね。


    田中宇の国際ニュース解説
    https://tanakanews.com/


    それで今まではまさに

    「海の時代」がこれ800年は続いてきたと言う
    見方にもなるわけですが


    昔はまさにモンゴル帝国とかが世界の覇権を握ってたのですね。


    しかしここで ある種「海側の海洋側の逆襲」が世界史であって

    そこでスペインポルトガルの世界帝国から


    そう「義務教育の発端でもある、あの

    産業革命のイギリス」が一気に、


    「海VS陸」で言うと海側の覇権を樹立したわけです。


    それがずっと続いてきた。


    だから本当は近代の歴史っていうと「イギリス支配の歴史」

    でもあって


    日本も議員内閣制度ですが
    イギリスのものでありますでしょう?


    道路だってどんなにグーグルがSEOで
    火消ししても
    イギリスと同じ左側通行ですが
    (マレーシアも。)

    産業革命以降はまさにイギリスの時代でしたが

    アメリカの金融システムだってイギリスのシティが作りましたが

    徐々に、それが終わっていきますと。



    それで以前はロシア帝国が再度内陸側の覇権をってことで

    シベリア鉄道を敷いてそこから逆転目指すも失敗しましたが


    ここで内陸側で中国ロシアが再度くっついて、

    800年ぶりに再度、内陸時代になるんですね。


    私は以前 500年と書いてきたけど

    田中先生の言論を見ると

    歴史的には500年来どころか

    800年以来の転換ということになりそうです。



    だから今まで地政学なんて学問があったけど

    私も学生時代学んで、怪しい学問だな~って思ってましたが

    あれはもうどうしようもない学問として消え失せていきますが


    とりあえず今後は世界全体で今まで成長できなかった国が

    新興国が成長して彼らがユーラシア大陸で

    世界経済を引っ張っていく新体制になっていくわけですね。


    そこでコロナ騒動というのは重要な役割を果たしたとも言える。



    それで意外にここで日本は早くて、

    トヨタなんかはもう中欧あたりでかなり強くなってます。


    これ先日撮った、現状の中欧の写真ですが

    真ん中に写ってるタクシーが

    実はトヨタのプリウスですよね?




    (写真)中欧のタクシーはトヨタ・プリウスである
    http://fxgod.net/gazou/picture/2021/chuou1.jpg


    メルセデスも相変わらず人気あるけど

    トヨタのほうが最近はユーラシア内陸の成長国で強いのは

    私が現地で驚いたことです。

    (実際タクシーもパトカーもトヨタ。)



    だから今後ですが、先進国の事業体が本気で

    稼ぎたいのであれば


    ユーラシア大陸中心部、アフリカや中南米を

    視野に入れる必要がありまして、


    これは私たち個人投資家も一緒なんですね。


    既存の先進国への投資より

    実は中欧であったり、東欧であったり

    そういうユーラシア中心部への投資が


    爆発的なリターンを生む

    強い時代となっていきます。


    それで最近はコロナ騒動を経て、世界全体で

    この新体制に政治家達が対応しようとしてるので


    日本も中国も時には戦うフリをしながら

    裏側ではちゃんと協調してますので


    軍産官僚が最後の抵抗で

    望む戦争状態を作るのはもう無理でしょう。


    極東アジアについては韓国のムンジェインや北の金正恩も
    裏側で分かって動いてますから


    北朝鮮なんかもいずれ株式市場が出来、

    またピョンヤン中心では今後高級コンドミニアムが

    乱立して、近年中に外資を呼び寄せる

    昔シンガポールがやってきた政策に


    転じざるを得ないですね。


    だから昔から書いていたように

    ピョンヤンあたりに
    株式市場が2030年前後にはとりあえず出来て、


    そこで北朝鮮に投資した外国人にビザ発給みたいな

    体制に北朝鮮も今後、10年前後で

    変わって行くわけです。



    ということで今はコロナがまだ先進国では派手に

    続いてますけど、


    この海の時代⇒陸の時代への転換が落ち着いてきたら

    コロナ騒動もなんとなしに インフルエンザ扱いで

    終わっていく流れですね。


    あと、ここで海の時代は交通手段がこれ

    飛行機メインでしたが


    陸の時代ですと 鉄道移動、日本の新幹線だとか

    中国の高速鉄道がありますが


    ああいう移動が主体となってきますんで、

    20年後の人類は鉄道移動を主体とするってのも

    見えてきてるところです。


    だから例えばイギリスなんかはユーラシア大陸と

    海底鉄道で結ばれてますが


    ああやって海底鉄道なり海底道路が

    島国にとっても ユーラシア大陸の接続手段として

    大事になりますから


    日本なんかも近年中に海底鉄道で朝鮮半島や

    ロシアと接続するって話も私たちが生きてる間には

    政策として議論されるわけですね


    それでそんなニュースが出てくるでしょう、とか

    書こうと思ったら

    早速2日前に出ていた。



    ■九州と釜山を鉄道で結ぶ
    “日韓海底トンネル”構想とは?
    費用10兆円、韓国では「必要」が6割

    ⇒ https://biz-journal.jp/2021/04/post_221190.html

    大体10兆円で建設可能ですから、

    正直、 両国の年間税収の数十分の1以下でありますから


    もうマネー、技術の問題は解決されてるので

    あとは日韓の政治調整だけですんで


    これは日韓の官僚利権である

    在日、在韓米軍撤退議論にあわせて

    進んでいく話です。


    私はまさに2021年に起こってるこの流れに

    10年前から準備して韓国語も学んできて話せますが


    だから今後は日本人なら

    大陸の言語、韓国語や中国語なんかも

    出来ると強いわけですね。


    それで今後、一時的に先進国が米英の金融システムの

    QEがこれ問題を起こして


    各国がダメージを受けることは想定できますが

    しかしそこでユーラシア大陸と接続してる国々は


    なんとかダメージを最小限にして復活できるでしょうから

    もう日本も隠然とその準備に入ってるのが分かります。


    と言うことで今後は、海に面していないような

    ユーラシア内陸部とかその辺が熱いんで、


    私たち日本人からしたら今までは

    中東、中欧、あたりなんかは何が起こってるか
    意味不明だったでしょうが

    知識を持つと今後強いですね。


    一方、中東中欧の人たちは最近

    英語通じてよく話しますが

    日本人は彼らのことをあまり知りませんが


    一方彼らは日本語勉強してたり、

    日本の戦後の成功を知って模倣しようとしてますので


    彼らは日本のことをよく知っている。

    (毎日みんなスーパーで寿司を買って食っている。

    スーパーではすぐに寿司が売り切れて争奪戦状態です。

    うなぎunagi巻きとかすぐ売り切れてなかなか買えないくらい。)


    まあだから今までは東南アジアが人気だったけど

    今後はユーラシア大陸の中央部がオモロイですね!



    すなわち「アフターコロナ」では

    米国と西欧など先進国が地位を落としますが


    しかしユーラシア大陸中央部などで

    爆発的な資本主義を主体とした

    経済成長が2030年、2040年と継続しまして



    そこに投資して投資家たちは資産拡大するってのが

    黄金ルートになりますね。


    逆にその際に投資できないで

    急激に成長していく様子を

    横から傍観して見ているのは悲しすぎるので


    やはり先進国の個人投資家は

    新興国に資金投下できる

    十分な資産をスピード上げて作っていくのが

    大事になっていくでしょう。


    では!



    ゆう








    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【「厳しい現実を見て、受け入れて戦略を立てる。」
    これで多くの生徒さんを育てているのが

    深見さんのサポートを強化した
    コミュニティとなっております!】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/2768254/tokuten_g/
    (残り19名)


    【マル秘動画】深見×生徒さんとの
    ぶっちゃけのクローズドな対談を公開!!

    ⇒ https://vimeo.com/514826394/6122c3fa63




    【ぶっちゃけ話の対談音声3本目です!】
    みんな知らない「FXの怖い金融政治」を考える!!
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami3/


    (参考)

    【動画】深見さんの上記音声の実験結果などが
    示されてる動画
    ⇒ http://gyakusou-fx.info/next/pppp/


    【深見×ゆうの対談音声2本目を公開!!】
    インターネットは現代の「魔法」なのだ

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami2/



    【深見さん×ゆう 対談音声1本目を公開!!】


    「今まで信じてきたことのほとんどは嘘かもしれない!?」
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/fukami1/
    (スマホでも聞きやすく音質調整もしてます♪)



    【特典についての深見×ゆうの対談音声です!】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/tokuten_fukami/
    (直リンクの音声となってまして
    スマホでも聞きやすく音質調整してます)








    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
















    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)




    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る