ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/05/31  【FX サイクル理論の動画】ライト・レフトトランスレーションの エントリー戦略とは?(FX・Nが徹底解説)
  • 2021/05/30  【日本の水道料金は2043年までに43%の値上げがされるかも、 について考える!】(副題:じゃあ井戸を掘る)
  • 2021/05/29  【デジタルノマドビザを発行しだした22カ国とその要件を知って 「ネットで稼ぐ時代の可能性」について知る!】
  • 2021/05/28  【PDF・動画】FX・Nが使う分割決済と、天井と底を捉える方法を伝授!
  • 2021/05/27  【中国では2025年には 資産1億6900万円以上の富裕層が500万人を超え、 中間層が5億人を超えていくこと、を考える!】
  • 2021/05/26  【音声MP3】月収20万円の警備員⇒年収1億円になったFX・Nから 「這い上がる秘訣」を学ぶ!
  • 2021/05/25  【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?(副題:今後の「陸の時代」では、本当の意味の「自然科学」が台頭してきます)
  • 2021/05/24  【なぜダウ理論の先行期に仕掛けた人々は コロナでもお金持ちになっているのか?について考える!】
  • 2021/05/23  【PDF2つ】億トレーダーが使う「サイクル理論の基礎」について知る!(「相場の波の性質」を見極める!」)
  • 2021/05/22  【写真40枚以上】中欧地域は「コロナ前の自由と日常」 を取り戻しつつある!?
  • 2021/05/21  【FX動画】年間1億の利益を達成した億トレーダーが密かに使ってる 「サイクル理論」とは何か?(入門)
  • 2021/05/20  【動画】日本の警察の職務質問のひどさがエスカレートしている問題 について考える!
  • 2021/05/19  【「マスクいらない」について考える!】 (副題:ついにアメリカでCDCが政治的に敗北した)
  • 2021/05/18  【動画】「キャンピングカーで観光地を移動しながらネットで稼ぐ人」が アフターコロナで増えている!?(新しい男のロマン?)
  • 2021/05/17  【人の幸せや成功を喜ぶこと、がなんで大事なのか? を経済と人体の免疫の観点から考える!】
  • 2021/05/16  【近未来の不動産は暗号通貨のスマートコントラクトで 取引されていく!?】 (副題:STOセキュリティトークン+DeFi分散型金融の 新時代がやってくる)
  • 2021/05/15  【トランプ大統領がアリゾナ州で発見された 違法な選挙データ消滅について声明を出した】 (マリコパ郡から再燃する不正選挙追及の動き、について考える!)
  • 2021/05/14  【「アメリカでも流行中のDefi(分散型金融)」の 「日本語の動画マニュアル」が昨日から配布開始されました】
  • 2021/05/13  【アメリカで民主党が過激政策でどんどん自滅し、 結果として共和党・トランプ再台頭につながってる流れ について考える!】
  • 2021/05/12  【1億を達成した億り人が8人も数ヶ月で誕生した理由は何か?を考える!】(DeFiやIEOの現状や、日本型・先富論の話などなど)
  • 2021/05/11  【本当に物価は上がっていないのか?について考える!】 (副題:ステルス化した物価上昇と、QE政策を巡る政治とは?)
  • 2021/05/10  【柴野さんから****さんに分散型金融DeFiについてメッセージです!】(副題:信用スコアVS分散型金融DeFi)
  • 2021/05/09  (最新画像)また柴野さんが分散型金融DeFiで3日で200万の利益(副題:分散型取引所DEXとは何か?などなど)
  • 2021/05/08  【世界各国が「デジタルノマドビザ」で「グローバル人材の獲得競争」に入ってきてることについて考える!】
  • 2021/05/07  【3日で600万の利益獲得の生画像あり】(副題:DeFi=分散型金融に取り組む際に大事な「DYOR」とは!?))
  • 2021/05/06  【怪しい!?】10日間放置したら900万円の利益・・・ (英語圏で2020年から流行中の分散型金融Defiとは?)
  • 2021/05/05  「寝ててもお金が入ってくるインカムゲイン」を世界を相手にして 作る大事さ、について考える!
  • 2021/05/04  【副島先生の最新言論からWIKIPEDIAウィキペディアの裏側と 「世界頭脳」という考え方の問題について考える!】
  • 2021/05/03  【日本の市場には有名じゃないスゴイ人ってのがウヨウヨいるから、 そういう人たちを発掘して学ぶと日本では強い、という話】
  • 2021/05/02  【「バルサラの破産確率」に「投資の資金管理」を合わせる応用について 考える!】(世界株や、暗号通貨やFXなどなど共通)
  • 2021/05/01  【なぜマスコミはオリンピック開催を嫌う言論を中心に扱うのか?】 について「裏側の政治」を考える!
  • 【世界各国が「デジタルノマドビザ」で「グローバル人材の獲得競争」に入ってきてることについて考える!】
    配信日時:2021/05/08 22:15
    【世界各国がデジタルノマドビザで
    グローバル人材の獲得競争に入ってきてる
    ことについて考える!】
    ⇒編集後記で!

    ~~~~~~~~~~~~~~




    どうもゆうです!!


    ****さん、いつもご覧いただきまして
    ありがとうございます!!



    さてさて、私のメルマガでは

    「自分でネットを通じて稼いで行く」ってのを

    もうかれこれ10年くらい、扱ってるわけですが


    もうその間、多くの読者さんが自分でIT技術使って稼げるように

    なってきまして


    また、最近は2020年からのコロナ騒動なんかもあり、

    「自分でネットで稼ぐ」なんてのが

    世界的に当たり前になってきました。



    ちなみに私なんかは今ユーラシア大陸のど真ん中の

    ヨーロッパの東の中欧地域におりますが


    先日はショッピングモールにサムソンのタブレットを
    買いに行ったのですが


    こんな感じで 最近の中欧のショッピングモールでは

    噴水がある公園がありまして、


    みんな のーんびり、しておりまして
    雰囲気は結構最高です。


    (写真)今の欧州東側の中欧の感じ。
    http://fxgod.net/gazou/picture/2021/chuou11.jpg



    まあそれで、昔はこれよく、

    私みたいな謎のおっさんが平日の昼間にぶらついていたら


    現地の人は本来働いてる時間ですから

    「君普段は何してるの?」とかやっぱり

    聞かれることが多くて、


    そこでインターネットを活用して色々稼いでるんです~とか

    言うわけですが


    そこでも理解してもらうために大変時間がかかったのですが


    最近は一発で聞かれた際には英語で


    「ネット上で投資とかビジネスとか色々やってます」

    って一言言うだけで

    「ああ、あれね!知ってる!なんかニュースでやってた」

    みたいになるので


    すごい話が早くなってきました。


    ちなみに私が日本に住んでた時なんかは数年前は、


    ネットで稼いでる、なんて説明したら特に

    年齢が上の人は「よく分からないけどなんか怪しい」みたいな

    反応が多かったんですね。


    ちなみにエピソードとしては私のじいちゃんとばあちゃんの

    大阪の家に、私が泊まっていたことがあったんですが


    もう成人して髭生やしてるおっさんな私が


    平日も朝のんびり起きて、そんでパンツ一丁で

    パソコンを布団の上で広げて 

    そんでじいちゃんの家で、色々仕事していたわけですが



    そこで年金生活のじいちゃんがパンツ一丁でパソコンを

    布団の上で平日昼間に広げてる私を見てですね、


    「じぶん、平日のこの時間に何してんねん」

    と、私に言うわけですね。


    大阪の人は あなた、のことを じぶんって言うんですけども。


    それで私はパンツ一丁で、布団の上で

    うつぶせになってPCに向かいながら じいちゃんの方を向いて



    「じいちゃん、俺今、仕事してるんだよ」って言うんですが


    そしたらじいちゃんが私に

    「そんな仕事あるか!」と怒りまくっていたのですが(笑)


    まあほんとこういうリアルなエピソードからも分かるんですが

    世間の人からしたら

    「ネットで稼ぐ=よく分からない世界」なわけで


    理解は得られなかったのですね。


    ちなみに日本でもやっぱりまだ、リモートワークとは

    言うけど、

    いまいち理解されていないように思います。


    しかし最近・・

    そう「世界中の政府がデジタルノマドビザ=ネットで稼げる人

    専用ビザ」を発行しだしており、


    ここで「どんどん世界各国の自分でネットで稼げる人材を

    自国に吸収しだしている


    わけですね。


    いわゆるグローバルな人材獲得競争ってのが

    裏で進んでるわけです。



    これはこの前、記事にもなってました。


    ちなみにこちらの記事は元々DIGIDAYというサイトで
    4月中ごろに扱われたものですけど

    4日前にヤフーニュースも取り上げましたね。


    ■デジタルノマドビザ で、グローバルな人材獲得競争が加速
    https://digiday.jp/agencies/how-the-rise-of-digital-nomad-visas-will-drive-the-global-battle-for-talent/



    まあそれで、私なんかもそういった

    デジタルノマドのビザを発行してもらってるわけですが

    ほんとこの1年くらいは


    世界各国で

    「ネットで稼げる世界中の人材を獲得して

    吸収して自国の経済発展につなげるで~」

    っていう動きが加速しておりますよね。


    私はこんな時代がいつか来るなんてのは

    2010年代に書いていたけど


    けど当時はその時代は2030年代とかその近辺だと

    思っていたのですが


    そうコロナ騒動が・・・

    その流れを加速させてるわけですね。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    だから結構面白くて日本では

    自分でネットで稼げる人=なんか怪しいヤバい人扱い

    ですが


    世界では自分でネットで稼げる人=自国にリクルートしたい人

    となってきてるわけです。


    それで今はネットで自分で稼げる日本人やアメリカ人ってのは

    どんどん成長国に吸収されているってのが

    実情ですが


    今日はこの大きな流れについて、

    私も色々そういった国々におりますから


    分かることがあるので実体験も交えて書きたいと思います!


    編集後記で!






    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    【3日で600万の利益獲得の生画像あり】

    ⇒メルマガ中盤の柴野さんの文章に
    直リンクあります!

    (副題:DeFi=分散型金融に取り組む際に大事な「DYOR」とは!?))



    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



    さてさて、前号にてアメリカの投資家たちの間で

    相当な人気であり、


    また日本の比較的情報が速い投資家たちも

    まだ少数ですが2020年から参入してきている


    分散型金融DeFiの案件を扱いました~


    一応 まだ未整備な新しい市場なため

    完全に自己責任ではあり、その上で世界で流行しだしている

    新しい収益の出し方でして


    暗号通貨でこれ流動性提供したり、世界中の人に対して

    レンディングしたりする市場でありますが


    一応、これは実際の話として

    2020年9月~から実際に生徒さんたちにも

    私の師匠の柴野さんの周りの大金持ちたちがいるんですが


    彼らが教えてみたらどうなるか?ってことで

    ちゃんと自己責任を理解されてる大人の投資家集めて

    やったところ・・・


    とりあえず、1億円超えた人が既に3人~把握してるだけで

    出ておりまして


    今後、暴落であるとかそういったものも出てくるので

    100%はないのですが、


    しかしちゃんと資金管理で資産分散なんかを心がける人たちは

    まあ現実としては収益がなかなか先行者ってのもあって

    すごいことになってるんで、


    一応期間限定で扱えるものなのですが

    「こんな世界がアフターコロナで出てるんだな」

    ってことで見てみると、


    結構面白いと思います!




    【怪しい!?】10日間放置したら900万円の利益・・・
    (英語圏で2020年から流行中の分散型金融Defiとは?)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/

    【3日で600万の利益獲得の画像】
    https://gyazo.com/e6f362fa98f9195c9a236532a613437d




    ちなみにこちらの案件ですが

    2020年9月くらいから一部の会員さんたちとかに

    教えだしてるものなんですが


    まあディスコードっていうLINEを発展させたみたいなアプリが

    あって、


    そちらで情報交換されておりまして、


    たぶん最初それを見たら・・・

    「たまげる」人は多いのかなと思います。


    最初たぶん、「分散型金融DeFiってどんなもんだろうな~」くらいで

    まあみんな入ってくるんですが、


    中に入ったら・・・「圧倒的な情報戦と分析量」が展開されてるのが

    分かりまして、


    もちろん新しい分野なので最初は動画見たり

    資料みたりで「よく分からない分散型金融DeFiの仕組み」などを

    学んでいくのですが



    今回、この案件扱いたいなと思ったのが

    日本で私も知ってる大金持ちたちが数人絡んで

    そんで人も雇って英語圏なんかの情報を収集して


    それを会員さんだけにシェアしてるんですが

    そこでもまあ、今後また説明しますが


    DeFi分散型金融で大事なのが

    詐欺取引所、トークン、みたいのは当然あるんですが


    そういった色々なサイトが英語圏であるのですが

    「ここは危険度が高い、詐欺サイト」

    「ここは比較的分析かけたら、100%とは言えないが
    使用できるサイト」


    みたいにあってそこの「見分け方」が物を言うんですね。

    ただこれは上記富裕層の方々が生徒さんたちをサポートしてるけど


    そこで今世界中でDeFiってのが普及して

    すごい勢いで市場成長してるのですが


    その中でも色々人を雇って、情報収集、情報分析しても

    せいぜい2割くらいまでしか分析はできないくらいの

    情報量がこのDeFiの現状でありまして、


    とにかく「自分達も知ってる情報はシェアするけど

    みんなまずはやりながらスキルと知識を高めて

    自分で調べてレベルアップしていこう」


    みたいな空気感が結構すごいですね。


    ちなみにこのDeFiやってる私の面識ある知人がこれ

    2000万円が2億円になって

    あとその弟さんが資産のとんでも納得できる一部で

    5000万円を5億円以上にしてるのですが


    あとは彼らの周りでも沢山の富裕層たちが絡んでいて

    そこで独自情報分析してるので


    まだ先行者と言える段階でそこで今のうちに

    ガチに分散型金融DeFiの活用方法を学んで武器にしておきたい方、


    そういう方はシンプルに新しい言葉ばかりで

    学ぶことが多くなるでしょうが


    見てみると世界がかなり広がると思いますね~


    【怪しい!?】10日間放置したら900万円の利益・・・
    (英語圏で2020年から流行中の分散型金融Defiとは?)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/


    ちなみに「英語圏で」書いてますが、

    そう、今このDeFiが盛り上がってる地域がやはり

    日本ではなく、海外のアメリカとかで英語使ってる人らの間で
    なんですが


    だから元情報が大体英語なんですが

    それを日本の富裕層たちが分析かけて、

    日本語に翻訳して情報を総合分析して、

    それをシェアとかをして運営されてるわけですが



    そこでDeFiってのも英語ですが

    日本語だと分散型金融、と最近は言うわけですが


    この辺で「簡単な英語」ですね、

    これが分かる人なんかは強いので


    私の読者も、私自身が中欧にいて英語使って生活してますが

    「簡単な中学英語くらいは分かりまっせ」

    みたいな人は


    見ると

    「怪しいと思って見ていたら・・・
    中のレベルめっちゃ高いやん」

    位の感じになるはずなので(笑)


    英語圏でも知らない人も結構いるくらいで

    日本ではほとんど情報出てませんが、


    とりあえず世界が広がって、面白いってのはありますよね。


    英語が分からない人でも、ちゃんとグーグル翻訳とかで

    なんとか理解しよう、みたいな姿勢がある人であれば

    ついていける、と私は思いました。


    それで、前提として、

    「基本的に日本人はカモにされる」ってのが

    世界の金融の現状なんですけど


    例えば色々な分散型取引所みたいのが世界中にあるんですが

    共通認識として「日本人がやってるDeFi系の取引所は

    大体詐欺だから、ちゃんと英語を理解して

    英語圏で勝負していく」


    ってのが日本の成功してる金持ちたちの共通認識なので、

    たぶんほとんどの勝負が英語圏のサービスで行われる感じですが


    だから簡単な義務教育で学んだ英語くらいは

    なんとか翻訳使えば分かります、


    みたいな方はかなり強いと思います。


    【怪しい!?】10日間放置したら900万円の利益・・・
    (英語圏で2020年から流行中の分散型金融Defiとは?)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/



    あと、この案件ですが、正直参加されてる方が

    勿論今から勉強するって方も沢山いらっしゃるけど

    同時に富裕層であったり準富裕層みたいな人たちも


    コミュニティ内に大量におりますので、

    いわゆる「日本では知られていないDeFi分散型金融を

    勉強、検証、テスト、実践していくに当たっての

    ルール」

    ってのが定められてるんですが


    これ私の読者の****さんからしたら

    当たり前だと思うのですが


    それがこれまた英語ですが

    「DYOR」ってのが当たり前の原則となるんですね。


    海外掲示板のRedditとかでよくアメリカ人や欧州人に

    使われる言葉なんですが


    それが"Do Your Own Research"の略語でして

    簡単に日本語でそのニュアンス言うと


    「基本的には自己責任で自分で調べるのが

    投資家の姿勢だ、人に頼ってばかりではいけない」


    ってことで、


    英語系のコミュニティとかですと、

    ちゃんとDYORってのが徹底されていて


    中は自己責任で資産増やしてる投資家たちの発言が多いわけですが


    日本の場合「誰かに依存する人」がスゴイ多いわけじゃないですか。

    それでコミュニティ内でも普通のコミュですと
    依存的な人、すなわち思考が弱い人が多いから

    その人たち同士で戦いあったり・・・

    まあ不毛なことが起こるんですが


    そこで自立してその上で強く自分で調べて

    強くなっていくぞみたいな考え方があって


    知らない単語も沢山出てくるので

    「なるたけ自分で解決していきちゃんと考えよう」

    みたいな姿勢が徹底されるわけですね。


    これを「DYOR」とか英語で言うんですが


    だから投資判断も何もかも、資本主義は自己責任原則だけど

    完全なる自己責任の元、やっていき

    だからこそ収益性が高くなるわけなので


    その辺からスタートしてるコミュニティでもあるから

    なかなか日本語圏では貴重だと思います。


    ちなみに私の場合、日本語、英語、韓国語、と独学で話せるから

    色々比較するけど


    日本のコミュニティってこれ

    「講師が教祖で生徒が信者」ってなりがちのような・・・

    気はするんですね。


    すなわち、依存で成り立ってるけど、

    それだとこの分散型金融でスピード出したり、

    収益性出したりってのは難しいですから


    そこでDYORってのが基本ルールで

    日本の富裕層たちも参加してるので


    既に自営業者されていて、ある程度収益出してます

    なんて方からしたら当たり前のことだと思いますが


    そういう自己責任を理解してる大人たちが集まるコミュなんで

    レベルは相当上がってますが


    逆にそれが面白いと思います。


    だから今のところ把握されてるだけで1億円超えてる

    いわゆる"DeFi億り人"が2020年9月から

    3人ほど出てきてるんですが


    今後暴落であったり利率逓減なども色々乗り越えつつ

    人数は増える可能性は高いので


    まだ日本で知られていない世界、に

    ****さんが興味あれば


    今回はかなりの部分無料で学べますから

    見てみると良いと思いますね~



    【怪しい!?】10日間放置したら900万円の利益・・・
    (英語圏で2020年から流行中の分散型金融Defiとは?)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/




    さて、それで以下

    事務局、および柴野さんより
    ****さんにメッセージです!


    短い内容ですが、画像が生のものなので、
    よーくみていただくと実情分かるかと。


    ==========

    【3日で600万の利益獲得】


    こんにちは柴野です。


    あなたがもし株や、FXをやっているなら
    チャートが上がるか下がるか判別をすることは
    非常に難しい事だと理解していると思います。

    しかしこちらを見てください。

    【3日で600万の利益獲得の画像】
    https://gyazo.com/e6f362fa98f9195c9a236532a613437d


    あるコインをショートポディションで入っています。
    3日で約600万近い利益が出ています。

    このコインは、おそらくまだ下がり続けます。


    その理由は●●だから必ず下がり続けるのです。


    今仮想通貨はバブルです。

    上がるコインを予測しようとする人は多いです。
    そこで仮想通貨長者も生まれましたが

    本当は全てのコインが上がってるので
    適当に言っていれば当たる、くらいのことです。


    しかし、私は違います。
    下がるコインを見つけてるのです。


    これは、仮想通貨の仕組みを熟知していれば簡単な事です。

    今回、この特別な仕組みを無料で

    あなたに教える無料スクールを開講しますので、

    情報を得たい方は登録してください。




    【怪しい!?】10日間放置したら900万円の利益・・・(分散型金融Defiとは?)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/



    追伸

    この方法は私だけではなく、私の友人3名も同じように儲けています。

    https://gyazo.com/e6f362fa98f9195c9a236532a613437d




    【10日間で放置で900万円の利益】


    ****様、こんにちは


    今、まだ未開拓の、新しいある分野が、
    世界中で凄いことになっています。



    こちらは
    LINEグループで送られてきたプライベートなものです。
    こちらの画像の「一番下」を見てください。

    「分かる人」はこの画像見たら
    何が起こってるか「分かります」。


    123927ドル(1300万くらい)

    この画像が4月23日に送られてきました。
    https://gyazo.com/16b9ff1dbf886eec8416cf2ba728037b



    そして昨日の夜にも送られてきました。

    209325ドル(約2200万)
    https://gyazo.com/ce9c4c1e97a79a4275d07299adde5b4d


    なんと10日間くらいで900万も獲得しています。
    さらにこの他にも、
    毎日10万円ほど勝手に入ってくる
    仕組みができているそうです。

    この方法を今回無料で教えてくれるスクールを
    開催することになりましたので、


    下記から登録してください。


    【怪しい!?】10日間放置したら900万円の利益・・・
    (アメリカで流行の分散型金融Defiとは?)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/



    ============


    以上です!


    それで上の画像とかですが最近のスクショなんですが

    あくまで一例ですが


    自己責任や上のDYORの下 取り組んでる

    投資家さんたちで数百万円くらいはもう数え切れないほど

    ゴロゴロ出てきてるっていう


    そういう状況なのでかなり面白いことには

    なってるのは


    私が知ってるここだけの情報です。


    ちなみに暗号通貨をこれ基本的には

    世界中の人が今貸し借りしてる状況ってのが

    2020年くらいに生まれていて


    そこで基本的にそれを世界中の人に暗号通貨を貸したり

    あとは流動性を提供したりして


    そこで金利が また取引所なりで設定してる

    暗号通貨として提供され

    発生する仕組みでありますが



    だから今までの暗号通貨市場ってのは、

    いわゆるキャピタルゲインの値上がり益だけで

    勝負するってのが


    ビットコインやイーサリアムでも当たり前でしたが

    そこに レンディングの金利なども発生していきまして

    いわゆるインカムゲインですね、


    これを主体としてるのが今の分散型金融の世界の情勢なんですね。


    ただ分散型取引所がこれ、

    またそれぞれトークンを発行したりして

    パンケーキスワップとか有名ですが


    これもまたすごい値上がりしてるので

    インカムゲイン×キャピタルゲインで

    乗数で増えるような面白い仕組みなので


    だから今"DeFi億り人”みたいな人たちが

    世界中で増えてきてるわけですね。


    【怪しい!?】10日間放置したら900万円の利益・・・
    (アメリカで流行の分散型金融Defiとは?)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/



    ただここで、色々な分散型取引所ってあるんですが

    そこが吹っ飛ぶ可能性とかもあって

    以前もそういった事件がありましたが


    この事件とか数ヶ月前に話題になったんですね。



    【DeFi】被害額200万ドルのPopcornSwap詐欺~
    2021年1月28日、その時何が起こったか~
    http://ninahaus.com/2021/01/29/popcornswap-exit-scam/


    だから今の状況としてこういうものが

    結構英語サイトでもある状況で


    「それを見極める力、知識」みたいのが大事でして

    最近、その辺の分析を日本の金持ちたちが

    色々人も雇って行ってるわけですが


    もちろんこれも「100%はないので自己責任」の下ですね、

    判断はその人たちに任されますが



    要するに「リスクを潰す」っていう考え方があるんですが

    そうやって分析かけていって


    危ないものは避けていき、

    本来ハイリスク、超リターンなのが現状の

    分散型金融の世界なのですが


    こういう事例なども全部分析かけて、

    それで「リスクを潰していく」ってことが

    これ主眼になっていくわけですよ。



    もちろんいくらリスクを潰してもリスクは0%にならないのが

    投資なんですが


    しかしリスク潰していくと、いわゆる

    当たりを引く確率は上がりますが


    それが実は今2020年9月~からの運営で

    1億円超えた生徒さんが3人以上は出てる

    っていう現状につながってる、と私は分析してますね~



    だからたぶん、日本はギャンブラーみたいな

    金融知識が少ない、バルサラの破産確率も知らない人が多いため、


    DeFi儲かるみたいなところで

    今後注目度が上がるでしょうけど、


    そこで多分多くの人が 負けないことじゃなくて

    勝つことに集中して 必然で負けるかもしれませんが


    本当は、富裕層たちはどんなジャンルでも一緒で

    負けないこと、


    勝率ではなく敗北率を減らすこと(0には出来ない)

    これに集中してますから


    このDeFiの案件でも、基本的には

    「多方面からリスクを潰す」ってことが教えられてまして


    だからこそ現状結果が出ているってことですね。


    まだだから 地合いが良かったのもありまして

    まだずっとやっていて負けてる人っていらっしゃらないと

    聞いてますが

    (今後 地合いが崩れてきたら負ける人は
    その時期は一定数出るかも)


    これはDeFiってのはリスクを潰すことが大事なんで

    そこで取引所分析もそうですし、


    あとは資金管理なんかも慎重にすることなんかが

    教えられてるので


    中は結構ガチなんで見てみると

    「自己責任で成り立ってる面白い世界」

    は見ることができるかと私は思いました。





    ちなみに今回の案件、日本の若くしての富裕層たちが

    1人とかではなく「複数人たち」が多く参加してまして


    それぞれが分散型金融の研究や検証してるから

    すごい情報価値が高かったりするのですが


    そこでルールも良いんですね。


    っていうのがいわゆるオンラインサロン?とか

    日本ではあるそうなんですが


    上に書いたように「講師が教祖で、生徒は奴隷??」みたいな

    ヤバい状況が多く見受けられるそうですが


    まあ依存心高い人が集まる日本特有ですよね。


    それでさらに私が存じてるのは日本の多くのそういう

    自己責任が分からない人たちのコミュって、


    ネット上のコミュニティでも 

    いじめをする、ありえない人たちってのが一定数いるわけです。


    ちなみに稼げる強い人たちはイジメとかしないものですが

    稼げない依存心が強い人たちはよくイジメを

    ネットのコミュニティでさえするってのが


    日本では起こってる。


    週刊誌自体が日本では個人のイジメをしてる国で

    さらには大きく行政が民衆イジメをコロナでやってる国ですから


    そういう悪い影響が民間同士でも出てきてる。


    ただこちらの分散型金融を世界基準で活用する案件ですが

    ちゃんとルールとして


    「コミュニティ内でもお互いに敬意持って

    親切にして いじめは当然だめであって、

    あとは失礼、侮辱、差別、性的な嫌がらせ言動などは

    全部当たり前ですが 禁止となってまして


    あとはやたら攻撃的な人って日本の掲示板に多すぎますが

    そういうのはやめましょうってことで


    人々がちゃんと 自由に発言して

    まだ世界で出てきたばかりのDeFiを勤勉に学んでいきましょう


    みたいなところがあるから良いわけです。


    日本の多くのコミュニティがありますが

    そういうところで汚くののしりあったり、時にはイジメっぽい行動を

    見たりして


    もうどうしようもないな、みたいに思ってる人は

    あくまでもこちらは 分散型金融について

    勤勉な自己責任を理解している人が集って


    学びあってる状況なので


    その上でやっぱりみんなうまく本来の分散型金融の

    リスクつぶす戦略を共有したり考えあったり

    検証や実践の報告などがされてるので


    情報価値が高いため、面白いと思います。




    【怪しい!?】10日間放置したら900万円の利益・・・
    (アメリカで流行の分散型金融Defiとは?)

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/


    ちなみに いじめがネット上で常態化してるのが

    世界で日本だけでありますが、


    私は海外からそういう様子をいっつも見ていて

    どうしようもねーな、とかいっつも思うのですが


    日本のこれ問題はイジメられてる人を

    勇気持って助けようとする人の比率が圧倒的に低い

    ってことですよね。



    例えばアメリカなんかのユーチューバーですと

    「いじめられてる人を助けるアメリカ人」

    みたいな企画が沢山ありまして


    ここで 企画として弱そうな男の子とかが

    いじめられてるけど


    やっぱり検証動画でアメリカ人たちって

    一定数「そんなのはよくない」って

    マッチョなやつに立ち向かう人って多いわけです。


    これは韓国でさえ同じですね。

    私の韓国の友人のPさんなんかは、

    例えば 東京の新宿で、女性ががたいでかい

    フランス人2人に深夜路地裏で絡まられていたのを


    1人で助けに行ってましたし。


    また私なんかもブラック会社でいじめられてる社員さんを

    助けたのも何度もあるし


    若いころも歌舞伎町で5人くらいにリンチされてる子、

    これを1人で助けに行ったのはありましたし

    電車内で中学生たちが弱い子を蹴りまくっていたのを


    私は 電車内で思いっきり止めたことがありますが


    しかし日本だとイジメを止めてる人ってのは

    あまり見ないわけです。


    いじめ問題は定期的に日本では問題になりますが

    最も大きな問題は、

    「止める人の比率が低い」ってことですよね。


    それでネットコミュニティ内でもそういう

    いじめって大人でさえ行ってしまうのが日本ですが


    この今回のDeFiの分散型金融を学ぶプログラムは

    私が見る限りそういうのがありませんし、


    そういうのをやってる人間がいたら全力で

    強い富裕層たちが 介入してきますし、


    目的は「ちゃんと自立して分散型金融を難しいけど

    学びましょう」となってるのが


    素晴らしいな~ってのが私が思った点です。



    だから普段、職場とかネットでいじめとかに
    加担しているような人は


    そういう下衆な行動は世界基準の価値観のコミュニティなので

    許容されないのでスルーしたほうが良いですが


    そうじゃない、ちゃんとお互い敬意を持って

    自立した人間として 情報交換をしていきたい


    みたいな人たちは

    結構「最初怪しいと思ったけど中がすごかった」

    みたいな感想になる人は多いと思いますね~




    【怪しい!?】10日間放置したら900万円の利益・・・
    (アメリカで流行の分散型金融Defiとは?)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/


    ちなみに全然話がずれちゃうけど

    「なんでイジメって人間としてダメなんでしょう?」

    と、子供に聞かれたら答えられないのが日本の現状でしょうが


    これはですね、

    私たち人類が世界基準で採用してるデモクラシーってのは


    「自分達より圧倒的に強い行政を

    弱い民衆たちが三権分立や憲法などで拘束する、けん制する」


    っていう思想があるんですね。


    だから「弱い民衆⇒強い民衆」、

    「弱者が強者をけん制する」ってのが思想のベクトルとして

    あるんです。


    一方、いじめってのは 人々がつるんで

    弱者たちを攻撃するわけですが


    これは根本的に「近代デモクラシーへの挑戦」なのですね。


    弱い人たちが強い行政をけん制するのが

    デモクラシー思想なのですが


    いじめってのはその思想に反するため

    それを肯定すると人間全体が奴隷化してしまいますから


    だから 自分より弱い人らをいじめるってのは

    デモクラシーに反してますから

    だめと考えますね。


    どうせ戦うのであれば、自分より強い

    行政官僚や大企業の暴走と戦うことが

    人類全体の発展のために大事です。


    それで上の話って、分散型金融と一見関係なさそうですが

    実は関係あって


    今までは お金を借りたり貸したりってのは

    実質、


    官僚と銀行と中央銀行という

    圧倒的な強者がこれ独占してきたわけですね。


    例えば、多くの世界の起業家たちってのは

    何か事業を興したいと思えば、


    官僚たちに保護されてる金融機関に

    頭を下げて、
    そして「上から目線で審査され」てですね、

    お金を借りてきたわけです。


    しかしここで以前問題になりましたが

    銀行の勝手な事情で「貸しはがし」ってのが

    問題になったものですが


    もう銀行に恨みを持ってる自営業者ってのは

    私たちの前の世代で沢山いるわけでして


    彼らは貸しはがしで自己破産したり、とんでもない

    状況でありました。


    全てやはり考え方としては中央集権に寄って

    民衆が支配されてるっていう思想が、


    欧米圏にはあるわけです。


    すなわち、分散型金融の背後の思想ってのは存在していて

    「行政や行政と癒着してる半官半民の

    銀行たちに 民衆は支配されており、

    実質はそれは社会主義ではないか?


    資本主義とは 

    公的部門(行政)と私的企業(自営業)

    が100%分離されてる体制だ」


    っていう考え方がありまして


    そこでやはり 彼らの中では

    行政や半官半民の大企業たちが

    民衆の自由営業を侵害するのはおかしい


    ってのがありまして


    だからこそイーサリアムベースの

    分散型金融が爆発的に 民衆側のテクノロジーの反撃の意味で

    出てきたわけでして


    ここでは「なるべく中央集権を排除する」わけです。


    それで世界中の個人個人がこれ

    中央を排除して、お金の貸し借りをしていくべきなのだ、

    そこに中央政府がやたら介入して


    自由取引を制限するのはデモクラシーに反する

    って考え方が裏側にあるわけです。


    ちなみにイーサリアムですとビタリック・ブテリン氏が

    考案したものですが、


    そう実はこの後ろにいるのが

    私のメルマガでもよく出てくる、

    ペイパルマフィアのドン、ピーターティール氏ですね。


    トランプ大統領を後ろで支えてきた(支えてる)

    人でしょうが


    そう、彼は自立思想を重視する、リバータリアンです。


    だから分散型金融ってのも本当は思想なんですが

    それがDeFiですよね。


    だからそういう思想を重視するから

    今回の案件の

    コミュニティでも自立を重視、「DYOR」重視、

    あとは当然 人々がつるんでの弱者攻撃のイジメは許されない


    っていう考えは、本当は繋がってるわけですね。


    それなのでこの案件はその辺をちゃんと徹底してるので

    ただ稼げますってのではなく


    中は「自立して 存在するリスクを潰していき、

    敗北率やリスクリワードを効率化する」


    って感じの考え方を取ってるので

    それが面白い、と私は思いました。



    だから資金管理でも「ハイリスク、かなりのハイリターン」

    という性質が現状の DeFiだから


    当然資金管理で 資金分割などをして

    また取引所分析を英語でやっていき、

    リスクを潰していく、という考え方を採るわけですね。



    それで分散型金融DeFiってのは世界のデモクラシー中心の流れで

    どうしても今後、色々トラブルもはさみつつ、

    進展していくことでしょうが


    今のうちに「いまいち怪しいDeFi分散型金融」

    を学んでおくのは

    無駄にはならないでしょうから



    あくまで「素晴らしい自立した自己責任の下」

    勤勉さを持って学ぼうとすると


    結構新しいこれまた扉は長期的に開いてくるかもしれませんから

    無料でかなりの部分学べますので


    見てみると良いでしょう。



    【怪しい!?】10日間放置したら900万円の利益・・・
    (アメリカで流行の分散型金融Defiとは?)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/








    ==========編集後記==========


    さてさて、今日はずばり

    この記事について考えたいと思いました!



    まさに私の今の状況ですから、

    また読者さんでも自分でネットで稼げるよ~なんて方は


    こうやって今は世界中がコロナであっても

    自分でネットで稼げる人に窓口開いてくれてるので


    見てみると良いですね。


    ■デジタルノマドビザ で、グローバルな人材獲得競争が加速
    https://digiday.jp/agencies/how-the-rise-of-digital-nomad-visas-will-drive-the-global-battle-for-talent/


    いや~それで上に実際の「ネットで稼ぐ人の昔と今」の

    話をちょろっと書いてますが


    日本でもやっぱり「自分でネットで稼ぐ=怪しい」みたいな

    イメージがこれ今でもあると思うんですね。


    ちなみにこの数年認知されてきたのは

    ネットで稼ぐっていうとユーチューバーあたりは

    知られてますが、


    ただ世界各国のデジタルノマドビザを発行してる生徒たちは

    たぶんユーチューバーたちをロールモデルとしてるのではなく


    実際にネットで自立プラットフォームで

    投資したり、ビジネスしたり

    みたいな人を取り込みたがってるってのは


    色々英語でそういったデジタルノマド関係の要件みたら

    見えてくるんですが


    まあほんと時代は変化してるな、と思います。


    ちなみに、日本では未だに

    ネットで稼ぐ人たち=怪しげな人たち

    っていうイメージでしょうが


    例えば最近、日本でネットで稼げる人たちの多くが

    去年くらいからやりだしてるのが、


    リスクはあるのでそれを理解した上ですが

    上に書いてるDeFiとかの分散型金融であったりするんですが

    (といっても世間ではまだ無名かなと。)



    要するに今、分散型金融なり かまして

    一日○百万円稼いでるなんて聞けば


    一瞬で「怪しい」ってなるのがたぶん情報統制された

    日本の一般的な反応かと思うんですね。


    ちなみにネットで稼ぐってのを長くやってる人の間では

    1日とかで自分の資産の時価総額が何百万円動くってのは

    結構普通だったりするんですが


    しかしその 彼らにとっての「普通」ってのが


    日本の一般的な価値観と

    ITのスピードの速さもあって乖離してるわけで



    だから

    「ネットで稼いでる人がそれを詳しく説明すればするほど

    怪しさが増す」のですが・・・(笑)


    まあだから日本では今でも ネットで自立して稼いでます

    なんてのは怪しい扱いなのかな?とは思いますね。


    なんとか「大企業でリモートワークで働いてます」くらいは

    受け入れられるでしょうが


    しかし「企業にも所属しないで自営業でネット活用して

    稼いでます」なんてのは


    やっぱり日本では怪しい扱いってのがまだまだ現状かと

    思います。



    が、しかし・・・

    「世界ではもう全然状況が違っており」ですね、


    「ネットで稼げる若いやつら、成長してる俺らの国にカモン!

    そのスキルにビザ出すで」


    といった状態なわけです。




    ちなみにこれを最初に2020年にやりだしたのが確か

    エストニアでしたが、


    あとはその後 上にバルバトスの事例なんかも

    書いてありまして多くの国が続いてるのですが、


    今も多くの国が デジタルノマドビザと言われる

    「ネットで稼げる人用のビザ」を発行して


    そうやって

    ネットで稼げるグローバル人材の

    獲得競争に走ってるわけですね。



    ちなみにこれが日本と世界全体の大きな違いでありまして

    日本ですと

    ネットで稼げる人=国家官僚とマスコミと大企業が潰す対象

    となってまして


    それこそ色々行政機関はあるんですが

    警察、検察、国税など各省庁が実際の話は


    「自分でネットで稼げる人をあらゆる物言いや冤罪や規制なりで

    つぶしてきた」


    ってのが近年の日本の流れでありまして


    たぶんネットで稼げる読者さんで

    日本にいらっしゃる方はよく分かると思いますが



    日本でネットで稼げるようになる

    =国家官僚が怪しい扱いを勝手にしてきて、潰しに来る



    ってのが本当の現実としてあるんですね。


    ちなみに私なんかもすごい公務員たちに嫌がらせされまして

    お尋ねとかで頻繁に私に公務員たちが電話してきて

    横柄きわまりない態度で

    接してきたり


    あとは違法に課税されたり

    (当然、私は泣き寝入りなどしないから
    物言いして返してもらいましたが)



    実態は、というと日本国家ってのはやはり

    自分で稼ぐ若い人らを潰してきたってのが

    大きな真実なんですね。


    しかし当然 世界ではITで個人個人が投資・ビジネスで

    稼ぐってのが今の流れで

    もうそれは止められないところまで来てますが


    しかしそれでも例えば去年なんかは

    転売をやってる自営業者たちを


    国家官僚+マスコミたちが総出で、

    「あいつらはマスクを高く売っていてとんでもない奴らなのだ」

    ってことでネガティブキャンペーンをして


    潰そうとしていたのは記憶に新しいですね。


    もういっそう、資本主義を放棄して、

    共産主義の配給制度に

    すれば良いのに、と思ってしまうくらいです。


    しかしそれも冗談ではなく今日本の役人見ていると

    東大で学んだ共産主義の通りに

    なんか社会が進ませようとしてるようにも

    見えますが、


    とりあえず、日本社会の本質は社会主義、もしくは

    その後共産主義を目指す役人たちの野心がありますから


    ここでは

    「自分でネットで稼ぐやつ=資本家になろうとして

    けしからんやつだ」


    となるわけですから


    やっぱり日本は 新しいネットで稼ぐ

    資本主義ルールで稼ぐ人たちを


    いじめにいじめてきた、ってのがこの10年の本当に

    起こっていたことです。



    ちなみに名前は当然ご本人のために書きませんが、

    私のある友人もネットで稼ぐプロで

    もう数十億円とか収益上げてる方でしたが


    日本の官僚の場合はそういう人を評価するわけではなく

    「カモ」だと思っていて


    要するに「沢山取れるところから取るぞ」って考えるんですね。

    本当に。泥棒と同じ発想をする。


    そこでネットで稼いでる私の友人の事務所に

    彼ら国家役人がやってきて、ドアをぶち壊したんです。


    本当です。


    それであること、ないこと言ってとにかく課税をテキトーに

    税法無視でやろうとしていたんですが


    もうそこで警察とかもそうですが、変な彼らなりの

    ストーリーみたいのを作ってそれで嫌がらせして

    最終的に 強引に課税して

    資産を奪おうとしたりするわけですが・・・



    それは泥棒そのものですが、そういった行為を国家がやってるのが

    日本という国であり、

    こういうのが一切日本では報じられないのですね。


    だから共産主義思想の役人たちがトップ張ってる国ってのは

    実際は怖いものでありますが


    しかし世界はこれ違うのですね。


    だって共産主義の反対の資本主義ルールでないと

    貧乏になっちゃうってみんな


    昔の社会主義とかの自国の歴史の痛い部分から

    わかってますから。


    だからちゃんと「自分で稼げる能力ある人を

    大事にして、自分の国に取り込む」って流れが

    あるわけです。



    だから世界ですとそれこそ最近は

    「デジタルノマドビザ」とか言いますが


    自分でネットで稼げる人たちをちゃんと大事にして

    その上で 自国の経済成長につなげるぞ~


    みたいな流れがありまして、


    この辺の日本と世界の違い、ってのは大きくあるわけですね。



    ちなみに最近ですと、続々と、報道されない裏側で

    日本のネットを活用して収益を負けないで作ることのできる

    デジタルノマド、

    私は新自営業者とか言いますが


    そういう人は

    税金で食べてる官僚や公務員が威張り腐ってる

    日本から出て、


    その上でちゃんと資本主義の上の経済活動してる自営業者たちを

    大事にする、


    デジタルノマドビザなりを発行してる国に

    行きだしてるわけですね。



    それでもう多くの国の政府がこのデジタルノマドビザ、

    もしくはそれに準じるビザ制度について

    国会を通して2020年から法制化しておりまして、


    「自分でネットで稼げるあらゆる能力ある人間たちを

    自国に吸収してやるぞ」


    となってきてるわけですが


    これはほんと日本と対照的で


    日本の場合は「自営業でITで稼いでる奴は俺ら役人の敵だ!

    だからつぶしてやる」


    ってのが本音としてあると私は常々日本にいたとき

    感じましたが



    一方世界では

    「自分でネットで稼げる人材、どんどんカモン!

    そして消費して、時にはうちに投資して

    時にはうちに知識やスキルを教えてくれ」


    みたいな感じになってきてるわけです。


    だから私が驚くのが、全然世界では、特に成長国では、

    これ日本と間逆の流れってのが起こってるわけですね。



    ちなみにガチの話をすると、私の場合

    このデジタルノマドビザの流れが去年の中旬くらいから

    コロナ報道が過熱する中に出てきたのをみてまして


    まあデジタルでネットで稼ぐなんて私は10年選手ですから

    やっぱり興味持って色々問い合わせしたり

    調べて 取得したわけですが


    ここでデジタルノマドビザ、各国名前は違うんだけど


    大体そこで申請時に

    英語とかで 自分のやってることとか

    収入状況とかをちゃんと信頼性のある資料と英語説明を添えて

    提出するわけですね。


    私の場合ですとPDFで数十ページの英文のプレゼン資料作って

    ちゃんとネットで稼いでる証明をしたのですが


    それでそこで審査期間がありまして

    審査が通ると「うちの国に来てください・・・手順は○○」

    っていう結構長い内容の合否通知があったりするわけですね。



    それで私のケースですと提出したら

    もう「うちの国に来てくださいメール」なんかは何故か

    何通も来たのですが


    正直私の経験談としては「何通送ってきてくれるんだ、笑」

    位の感じで


    私として嬉しかったのは

    「絶対こいつ(私のこと)を

    うちらの国に欲しい」みたいな感じで

    政府自身が、対応してくれたわけです。


    だからこれリアルな話なんですが嬉しいもので

    日本だとそれこそマスコミたちが 

    自分でネットで稼げる自営業者を定期的に叩いているじゃないですか?



    一応ネットで大企業のリモートワーカーくらいだと

    彼らマスコミは持ち上げるけど


    自営業ってのはマスコミの背後の官僚の敵であった

    ってのが歴史ですから


    IT系の自営業を徹底的にマスコミと官僚がタッグ組んで

    冤罪だろうとなんだろうと潰してきたわけですが



    しかし、最近 デジタルノマド、リモートワーカー

    色々言い方はあるんだけど

    「ネットで自分で稼げる人」ですね、


    そういった人たちを相当優遇してくれる国が多く出てるんだな~

    ってのが私が感じた点です。


    自国では被差別民扱いなのに、

    ちゃんと実力を評価してくれる、となれば


    やっぱりその国になるべく貢献したいと思うのは人情です。


    だから例えばですが私が飛行機で

    その「ネットで稼げる人用ビザ」を発行されて

    その国に入ったとき、


    アメリカ人は結構既に去年時点で入っていたそうですが

    日本人はほぼいなかったようで


    私なんかはこれ、ここだけの話、すごいVIP待遇だったんです。

    他にも空港に色々な国の人がいたんだけど


    ネットで稼げる人用ビザの人はちょっと別待遇だったようで

    私のケースだと、

    その他の搭乗者を差し置いて


    なんかリストがあってその中に私の名前もあったんだけど

    「あ、あなたですね、こちらどうぞ」みたいな感じで

    もう あの入国管理の人とか どの国でも厳しい顔なのに


    満面の笑みでみんな「WELLCOM!ウェルカム、ようこそ」と

    相当もてなしてくれて、私にいってくれるわけですね。


    これは正直、最初びっくりしましたね。


    というのは、私はもう多くの国に行って

    多くの国の入国管理局の対応を見てきたけど


    例えば日本なんかですと日本人であっても

    もはやすごい塩対応じゃないですか?


    疑いからかかってくるわけですね。


    ただこれはどの国の入管も大体一緒で

    もう険しい顔して とりあえず入国する人を疑いから見る

    ってのは世界共通ですが


    しかし「自分でネットで稼げる人用ビザ」で入ったときは

    こっちの人物の確認も終わってるので


    すごい笑顔なわけです。


    それで入管を出るんですが、

    まあコロナでしたから、お店とかはやってないんだけど


    そこで入管通り過ぎて

    荷物取って⇒出るところってのがあると

    思うんですが


    やはりその前でも、不審な人がいないかどうか?

    通常は警察官たちが見張ってるわけですね。


    それで入国した際、

    入管の警察官たちが10人くらい、私のケースですと

    その出口にズラーって立っていたのですが


    やはりガタイが大きいですね。


    昔のK1でいうとミルコクロコップみたいなあんな

    身長190前後のゴツイ警察官たちが

    10人以上出口で両脇に並んでいて



    その間を歩いていく感じになるわけです。


    これはまあ威圧感ハンパ無いですよ。


    んで「うわ~すげえ威圧感だな」とか思っていたんですが

    私らが通ったら

    「ようこそ!!」ってことで


    いきなり強面の そのガタイがやばい警察官たちが

    満面の笑みで通してくれるわけです。


    これは正直、びっくりしましたね。


    怪しい日本人がいきなりやってきたから

    徹底検査でもされると思いきや、

    本当にこれVIP待遇だったんです。


    だから日本ではネットで稼げる人=ほぼ被差別民扱い

    でしょうが


    一方 世界で成長を目指してる国では

    「自分でネットで稼げる人=大事に扱う」みたいな

    そんな状況で


    これはまあ驚いたってのが私の経験談です。


    それで色々分かったことがあって

    デジタルノマドビザ、いわゆるネットで稼げる人用ビザって

    各国で発給されていて


    この記事ではエストニア⇒バルバトスで

    紹介されてますが



    ■デジタルノマドビザ で、グローバルな人材獲得競争が加速
    https://digiday.jp/agencies/how-the-rise-of-digital-nomad-visas-will-drive-the-global-battle-for-talent/




    まあネットでグーグルとかDUCKDUCKGOとかで

    検索すれば実施国が沢山出てきますが



    ここで「どういう国のデジタルノマドビザがよいか?」

    なんですが


    これはですね、

    「その国の選挙で選ばれた政治のトップの

    大統領や首相など行政府長官に当たる人」


    がですね、積極的に進めたデジタルノマドビザ、

    ネットで稼げる人用ビザってのが


    やはり良いんだと思いますよね。


    大統領とかの肝いり政策だったりするので

    当然警察官とか行政官の方らが空港で失礼なことないようにと、

    どうも教育されておりまして


    だから上記のような素晴らしい対応だったのだと

    思います。


    ちなみに色々英語で調べると

    行政長官の大統領とかが主導したデジタルノマドビザと


    あまり大統領とか首相がタッチしていないそういった

    デジタルノマドビザもあるんですが


    ちゃんと大統領とか首相がそれについて

    発言してる デジタルノマドビザ、ネットで稼げるビザなんかは

    大統領がちゃんと運用指示してるから


    やはりその国にいても変な扱いがされないので


    よいのだろうと思いますね。



    それで、そういったネットで稼げるビザを発行してる

    政府たちってのは


    お金ある程度使う観光客や

    潜在的な自国に投資する投資家を

    誘致してるわけですが


    ここでネットで稼ぐ人であれば自国産業の雇用を奪いませんし


    なおかつ、そういう先進国の人間が

    自国に投資してくれるアピールチャンスとなりますから

    (長く住む人が数千万円とか数億円の不動産買ったりする

    ことにもつながるわけです)


    あとはネットで稼ぐ技術=今後の世界経済発展の重要なスキル

    であると彼らは位置づけてますから


    そこで技術とか知識を自国に取り込みたいってのも

    あるんだと私は実体験から思いました。



    だから自分でネットで稼ぐ人用のビザについて

    各国政府は


    マネーと、知識と

    そして世界中の人材を取り込むチャンスと

    位置づけてるわけですね。



    それで今回のこちらのDIGIDAYさんの記事は

    まさに私がそういったビザで生活してるから

    すごい注目したわけですが


    ここで「人材」に焦点が当たっているわけです。


    要するに、ネットで稼いでる自営業者たち、英語だと

    フリーランサーって言う言い方しますけど


    この人たちの所得とか生産性が馬鹿高いってのは

    日本だとあまり知られていないけど


    各国の大統領とか首相はこれ独自の情報源で

    知ってるわけですね。


    ちなみにこれらのデジタルノマド系のビザ発給をする国は

    多くが政治形態は

    アメリカ型の大統領制だったりしますね。


    だから、自由を重んじる国が多いです。


    一方イギリス型の議員内閣制の国は、やはり

    この動きは及び腰ってのが実情です。



    それで彼らは独自の情報源を持ってますから

    IT活用した自営業者たちの実際の生産性が高いって

    知ってますから、


    例えばDeFiとか分散型金融って今扱ってるけど

    数日で数百万円とか稼いでる自営業者たちが

    世界中に多く出現してるなんてのは


    日本では怪しい扱いだけど

    これらデジタルノマド系のビザを発給する国の

    行政府長官の大統領たちはこういったITの実情について

    知ってるわけです。



    それでそういった人材を自国に獲得していけば、

    彼らから学ぶことで

    当然 自国の生産性もあがっていきますし、


    だから「人材を獲得する」なんてことに

    すごい重点を置いてるんだな~ってのが分かるわけです。



    ちなみに、私がこれ、数ヶ月前に驚いたことがあって

    実体験なんですが


    これ今回話題になってるエストニアに私はいたのですが


    まあすごい綺麗な国で素晴らしい国でありましたが

    (欠点は「超寒い」ってことだけです、笑)


    まあもう人々の暮らしは平均月収は日本の半分くらいだけど

    日本以上の生活レベルにはなってましたね。


    普通に公共交通機関とか無料ですし

    物価もかなり安いんで。


    それで私はある日、タリンっていうのが首都なんだけど

    タリンの風景を撮影したくてパシャパシャと


    ギリシャで買ったサムソンの安いスマホで写真を

    撮っていたわけです。



    その時撮影したのがこれ。


    ちなみにこれはギリシャで買ったサムソンの3万円以下の

    スマホで撮った写真ですが


    最近のサムソンはかなりの画質で撮れてしまいますね。


    (写真)タリンの風景。
    http://fxgod.net/gazou/picture/estonia/tallinn39.jpg



    まあそこで平日の朝~昼くらいでしたが

    私は「いや~エストニアのタリンはいいね~」なんて

    写真撮っていたのですが


    隣でもお父さんとお子さん2人の移民と思われる方が

    いらっしゃって、


    南米系の家族がいらっしゃったわけです。


    んでスマホでお子さんと一緒に自撮りしようとしていたんだけど

    上の写真の背景バックに写真を撮りたがっていたのですね。


    だから私が、みんな北欧にいる人は英語いけるから

    「僕が撮ってあげましょうか」って英語で言ったのですが


    そしたらまあありがとうってことで

    私が その南米系のお父さんと息子さんの写真を

    上の背景バックに撮ってあげたわけです。


    そこで コロナもあってアジア人が珍しいからか

    その南米系の方が「君何やってる人なの」みたいになりまして


    それでネットで稼いでる日本人ですよ~みたいに

    話したんですが


    そしたらその人も とりあえず詳細はその時は

    言わなかったけど「俺もITを活用した仕事だ」とは言っていて


    「お~同じじゃん」

    みたいになって話が盛り上がるわけですね。


    だからなんだかんだ 20分以上お互い

    情報交換したり話したりしていたのですよ。


    ちなみに最初話しかけたのが私の方からだったんですが

    まあ写真撮った後話したら


    なんとその南米系の方もネット活用した仕事だったと。


    それで色々20分以上は話したと思うんですが

    まあお互いの家族が いつまで話すの、

    早く~みたいになるんですが



    そこで最後のほうに彼が言うわけですよ。

    「実は俺、トランスファーワイズで働いてるんだ。

    君さ、トランスファーワイズで働かないか?


    今後 私の友人が人材面接してるから

    君の事説明しておくから、面接して欲しい」


    って私が営業される側になったわけです。


    ちなみにエストニアでは有名な大企業ってのがあって

    それが スカイプと、そしてトランスファーワイズなんですが


    そう、トランプ大統領のバックと言われる

    ペイパルマフィアで有名な

    ピーターティールの絡む会社ですね。


    トランスファーワイズは日本人は知らないかもだけど

    海外送金で大変世界で有名なユニコーン企業で


    海外に住む人全員知ってるレベルの会社だと思うんですが



    なんとそのなんとなしに話していた人・・・

    トランスファーワイズの社員さんで、人材発掘していた人

    だったわけです。


    だから私その時気づいたんだけど

    なんとなしに話していたときですね、


    まあ私から話しかけていたけど、その人は

    本当は「面接」していたんですね(笑)


    要するに面接に来る人っていろいろ面接対策とかするから

    その人の人と成りがよく分からないわけですが


    どうも最近のユニコーン企業なんかは

    こういう一般のコミュニケーションから密かにその人の

    色々な部分を分析して、OKだったら

    社員にするってことをしてるようで


    なんとその人はエストニアの大企業トランスファーワイズの

    人材発掘の人で それを最初言わなかったんだけど

    密かに私はその会話の中で

    ステルス面接されていたわけですね。



    そんでもちろん、押し付けがましいところはなく

    「もし君が働きたければ、連絡くれ」みたいな感じだったのですが

    すごい紳士な方でした。


    それで、その時「ああ、だから金融の話とか

    マーケティングの話とかその辺の話を彼は私に

    して話を振ってたのか」とも分かりまして


    私なんかもその辺知識はある程度あるほうなのですが

    彼は「こいつ、雇ったら使える」と

    思ってくれたのかもしれません。


    だから私は驚きまして、エストニアにいたころから

    「トランスファーワイズが一番最近は有名な企業」って

    知ってたのでありますが



    まさかそこにリクルートされるとは・・・

    って感じですよね。


    ちなみに日本では絶対にこんなことなくて

    私なんてロン毛で髭生やしてる

    職質回数30回超える おっさんですが


    もう日本企業ですと髭生やしてるだけで駄目じゃないですか?


    私なんかは髭は自然に生えてくるものだから

    剃りたくないっていう人なんですが(笑)


    あと髪のカラーリングもよくするんで、

    まあ日本の企業では面接すら出来ないでしょうが



    しかしそういう新興国ではそういったこと関係なく

    まあ実を見て、それで判断してくれるわけですね。


    その南米の方も普通に私服で、きっと

    デジタルノマドビザの移民の人かなとも

    私は最初思ってたんだけど


    なんとエストニアの大企業の

    トランスファーワイズの人だったわけですが


    そこでアジア人で金融とITマーケティングの戦略立てられる人間が

    必要だったんでしょうが


    そこで日常会話から、密かに面接していたわけです。

    だからトランスファーワイズが大きくなった理由も

    私は分かりまして


    人材発掘って日本だとなんか履歴書とか面接でやるものでしょうが

    エストニアとかの成長企業ですと


    そういう面接はどの国も応募所は嘘が多いですから

    それよりは普段の生活で 色々コミュニケーションしながら

    ある種の「ステルス面接」で


    人材発掘するようにしてるんだな、

    ってことですよね。



    私の場合、今から大企業の雇われですと色々

    割に合わないってのが正直あるため

    その誘いはスルーしましたが

    (若いころなら当然スルーしないけど)



    ただ 北欧企業のこのリクルート方法、

    これは賢い方法だな~と正直感心しました。


    普通の面接ですと、応募者も色々盛ってくるから

    なかなか分からないことが多いですが


    普段の日常会話で知り合った人と長く話していれば

    どういうポジションでその人が企業成長に役立つとか

    どういう能力あるか?ってのは


    ある意味嘘抜きで分かるから

    そういったリクルート方法はまあすごいものですね。



    それで私はそこで一瞬で分かったのが


    「ああ、もう IT系で生産性上げられる人材の

    人材獲得競争が世界中で激化してるんだな」


    ってことですよね。


    だからこの記事は本当なんです。


    ■デジタルノマドビザ で、グローバルな人材獲得競争が加速
    https://digiday.jp/agencies/how-the-rise-of-digital-nomad-visas-will-drive-the-global-battle-for-talent/



    だからここで「ネットで稼げる能力がある世界中の人材」

    を成長国は自国に取り込んで


    時にはその人が大企業に流れることもあるし、

    もしくはその人がその国で起業したりして

    経済貢献してくれたり、


    あとは自国にそういう人らが結果として

    数千万とか数億円投資したりもするわけですが

    (だから資産がある人は、デジタルノマドビザでも
    どうも優遇されるわけです)



    とにかくそうやって自国の経済発展のために

    稼げるIT事業者、投資家をどんどん自国に誘致していくってのを

    各国のデジタルノマドビザは目的としてるってことですよね。



    ちなみに昔は、シンガポールとかが

    主に世界中の投資家を自国に誘致して、


    そこで一気にシンガポールはいまや一人当たりGDPが

    日本を圧倒的に超えるようになりました。


    日本は2020年のデータですと

    一人当たりGDPが購買力平価ベースですと

    42000ドルですが


    シンガポールはその倍以上の92000ドルですね。


    それでこれは「とにかく稼げる投資家たちや事業者たちを
    自国に招き入れた」のが

    大きいわけですが


    最近は各国政府は投資家を招き入れるのと同時に

    デジタルノマドビザ発給で

    ネットで稼げる人らを世界中から招くってことを

    しだしているわけで、


    こういう国は当然一人当たりGDPが

    今後も、上がっていくってことになります。


    だから今の成長国の大きな流れとしては


    ネットで稼げるけど自国で冷遇されてる人材を

    世界中から集めて


    それを一気に自国の成長につなげよう、としてるわけですね。


    だから私なんかも自分を客観視すると

    そういう流れに自然と(自分も納得の上)

    組み込まれてると言えると思います。



    まあだから今の世界は

    ネットで稼げる能力がある世界中の人

    =自国になるべく取り込む


    という政治努力をするようになっておりまして

    人材獲得競争が激化してるのはすごい

    生活してると感じますので


    上のDIGIDAYの記事って本当の世界の情勢を描写してる

    わけです。



    それでもし****さんが現状もうある程度

    「ネットを使ってPCやスマホ活用して

    場所関係なく稼げます」となってる場合、


    そういう読者は最近私の読者でも大変多いわけですが


    それは日本では


    「怪しい扱い、平日の昼に外散歩してる

    何してるか分からない

    おっさん、おばはん扱い」となってしまいがちだと思いますが、


    例えば 出会った女性に

    「私はネットで稼いでる人です」と正直に言うと、


    「なんかこの人は怪しいわ、私は公務員と付き合いたいわ」

    なんてなってしまうかもしれませんが(笑)


    しかし海を出るとその能力をちゃんと

    正当に評価してくれる国ってのは結構ありますので


    もし 今既に稼げている読者さんでその国の

    自分に対する差別的な扱いに疑問を感じてるのであれば


    海外を見ると良いのだと私は思いますね。


    しっかりと海外では

    「自分でネットで稼げる金融知識、

    IT知識を評価してくれる国」


    は沢山存在しておりますね。



    ちなみに私は最近そういう国を渡り歩いて生活してますが

    この今日の写真のように

    人々も街も穏やかであり、発展してるため綺麗でありまして、


    (写真)今の欧州東側の中欧の感じ。
    http://fxgod.net/gazou/picture/2021/chuou11.jpg


    とりあえず「もうここにずっと住もうかな」って心情になるのは
    ぶっちゃけ本音としてあります。

    やはりそういう開かれた国の場合ですが

    人々のIT技術に対する理解も深いですし、


    例えば、近所のモールに行けば

    入り口の1階にビットコイン販売機が置かれてたりするわけです。


    そこで若者がビットコインをモールの1階で

    買ってる光景なんかは

    普通でありまして


    だから今扱ってる日本ではまだ理解されていない

    DeFiなんかもある程度は知られてるわけですね。


    だから暗号通貨って英語だとCrypt Currencyですけど

    こういう話を普通のその辺のおじさんとかでも出来たりするし

    まあ 話で共通言語が似てるので楽なわけです。



    まあそれで、当然この世界全体での

    ITで稼げる人材獲得競争の流れですが


    やはり問題はあると思いまして、


    主に先進国のアメリカ、西欧、日本のITで稼げる人材ってのが

    自国、自分の地域であらゆる面で冷遇されているから


    そういった成長国に事実上取り込まれることになりますが


    そうすると・・・

    「既存の先進国はそんなに人材を流出させて大丈夫?」

    ってのは裏に存在する議論としてあるわけですね。


    だから今後ですが、アメリカとか日本とか西欧で

    IT使って稼げる人材がどんどん空洞化するかもっていう

    流れは正直私は感じておりまして、


    というのが私が日本にいたときに

    「この人すげえな~」って人だとかは


    例えば香港だとかシンガポールとかマレーシアとか

    最近だとドバイだとかマカオとかポルトガルとかに

    どんどん移動してるわけで


    まあ日本からいなくなってるわけですね。


    ただこれは仕方なく、日本ですと彼らは色々悪口言われたり

    マスコミに叩かれてるから


    もうそこで 頑張って日本にいる必要もないって

    合理的に判断したんだろうと思いますが


    だから今の時代は


    「稼げる能力ある人を役人たちとマスコミが

    叩きまくることで

    どんどん人材空洞化が起こる時代」


    とも言えますね。


    そしてその人材は、海外の成長国にどんどん取り込まれる、と。


    だから今後必然的に


    「既存の先進国は没落していって、

    BRICSやその周辺のユーラシア大陸の国々がどんどん

    豊かになる」


    っていう流れはどうも不可避です。



    それで今はまだ、日本にも素晴らしい自営業者たちが

    拠点を構えてたりしますが


    しかしコロナ騒動見ても、明らかに

    行政とマスコミによる自営業者叩き、自営業者イジメが

    すごいことになってますから


    彼らがいつまで日本にいるか?

    ってのも分からないわけですね。



    例えばITだけじゃなくて 飲食業界で言うと

    日本の飲食業界ってやっぱり味とかサービスでいうと

    世界でトップレベルだとは私は色々な国を比較して

    思うんですね。


    が、今はコロナ騒動もあって日本の飲食業界は

    悪の枢軸?レベルで行政に時短やら酒類提供で

    いじめられてますが



    本当は、至極合理的に考えてしまうと

    日本で飲食店やるより


    そういったデジタルノマドビザとか

    発行してるような国ですと


    起業家も圧倒的に優遇されますし、


    また日本食やアジア食なんて

    まだまだ欧州東側、中側は まだまだ数が少ないながら、


    しかし「大人気」なので


    たぶんこっちで店舗営業したほうが自由度が高く

    儲かってしまうわけです

    (実際現地の日本人起業家に聞いた。
    まだコロナ規制もちょっとはありますけど)



    それでまだ飲食店などの業界でそれに気づいてる人は

    少ないけど

    (しかし自動車のトヨタは気づいて販路拡大してる)


    それに気づきだすとどんどんこれ

    日本の事業者の空洞化は起こり得ますよね。



    一度今回のように行政たちが自営業者、事業者たちに対して

    圧力をかけて嫌がらせしたら


    その不信感はいつまでも

    「今後も考えられる経営リスク」として残るわけでして


    そうなると今後、飲食店の自営業者でさえ、

    海外に吸収される流れは考えられるわけです。




    そういった自由な国では

    日本のように許認可の嵐とかはなくて

    簡単に開業できて、法人税も優遇されており

    税金も一律20%とかの明朗さが普通になってるため


    実際に若い日本人の飲食店経営者たちが

    欧州東、中側で開業しだしているんで。



    そういう意味で日本含めてアメリカとか西欧もそうですが

    稼げる人たちに対してイジメのように

    日本ですと警察や検察や国税が動いて潰したりするわけですが


    今後稼げる人材の流出、すなわち

    ケインズで言うとY=C+Iの I側、



    すなわち資本主義において

    投資したりビジネスモデルを作り出すような

    I側の人たちは


    どんどん 既存の先進国から流出する流れなのかもしれません。


    ただ日本はその流れを止めるつもりはないようで


    やはり国民全員が貧しくなっていく

    =官僚機構が強化される


    という利益相反関係が政治学の本質ですからね、

    今後も若い人、体力ある人中心に


    人材の海外流出、そんで成長国がそれらの

    世界中の人材をキャッチして

    昔のシンガポールみたいに豊かになっていく・・・


    っていうのは止まらないのだろうなってのは

    私が本音で感じてるところです。


    ということで色々考えさせられることはありますけど

    日本で頑張って「自分でネットで稼ぐ」というのを

    やって稼げるようになっても


    その後、行政やマスコミが差別的にプロパガンダなどを

    展開して悪者扱いされてしまうってのが

    よく日本で見られる光景ですので

    (例:マスクの転売の人たちや、

    暗号通貨で稼いだのに海外ではありえない、

    総合課税で税金の借金漬けにされた人らなどなど)



    もしそれに疑問を感じてる人は

    どうしても海外を見ていく必要性が出てきますね。


    それで私が生活してる感じ、

    世界全体の人材獲得競争に本気の国ほど


    暮らしていると自由なおかげか、

    人々も笑ってるし、明るいし、

    優しいし、暮らしやすいので



    ネットで稼ぐ力を身につけた方は

    色々世界を見て、自分の生きる国、暮らす国を

    「選択する」


    ってのが大事になっていくでしょう。


    今までは 私たちは

    オギャーとどこかの国にランダムに産まれて


    そこで一生を過ごすのが当たり前でしたが

    しかしそこで


    「生活する国、生きる国を私たちは

    赤ちゃんとして産まれる時に選択していない」

    てのは事実なので、


    また国って概念も実際は主権国家論といって

    明治時代あたりに進められた洗脳のような側面はあるため、


    ここで「色々な国に住んでみて自分で住む国を選択する」

    ってのが今後新しい考え方として出てくるわけですね。


    その自分の選択が正解であっても間違いであっても

    自分の選択であるから後悔はなくなるってことです。



    そしてこんな風に

    時代は急速に変化しておりますので

    その変化を楽しみつつ、


    生きていきたいものです!


    また日本社会では

    ネットで稼げる能力は怪しい扱いされてますが


    実際 世界ではその能力は

    投資やビジネスなど多岐に渡りますが

    現状、もしくはこれからさらに

    すごい高値がつく能力になってますので


    それをどんどん磨いていくのは大事になってきますね。



    では!





    追伸・・・ちなみに日本人ですとどうしても最初

    「俺英語がちょっとな~」とかあるんですけど


    これも以前書いたけどITでなんとかなりますね。


    最近はスカイプ英会話とか英会話用の独自アプリがあって

    海外の人とマンツーマンで英語はなせるサービスが

    世界中に登場してるけど


    月1万円もしなかったりしますが

    これで毎日1時間を3ヶ月、

    教科書を使わないフリートーク中心にやれば


    ある程度海外で日常生活するくらいは問題なくなります。

    だからIT使った英語のソリューションってあるわけでして

    それ使えばなんとかなるわけですね。


    だから個人に取っては今の時代は

    IT活用すると可能性が何百倍にも広がる時代ですから

    ほんとスゴイ時代ともいえますね。



    みんなテレビ見すぎていてテレビ脳になってるため

    コロナで各国国境が

    閉まってると勘違いしてますが


    実際はネットで稼げる能力、をちゃんと学習して

    身につけた人たちには


    各国政府が門戸開いて

    その上で人材を取り入れてる流れは水面下で

    進んでます。


    またPCR検査の陰性証明の取得費なんかも

    最近はすごい安くなってますね。



    ということで、

    ちゃんとスクールとか塾で

    周囲に馬鹿にされながらも努力して

    自立して稼げる力をこの数年でつけてきた人たちにとっては


    この世界の流れを活用していくってのは一つの考え方として

    大事になってきますね。


    では!




    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    【怪しい!?】10日間放置したら900万円の利益・・・
    (英語圏で2020年から流行中の分散型金融Defiとは?)
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/

    【3日で600万の利益獲得の画像】
    https://gyazo.com/e6f362fa98f9195c9a236532a613437d


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆















    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)




    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る