ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/05/31  【FX サイクル理論の動画】ライト・レフトトランスレーションの エントリー戦略とは?(FX・Nが徹底解説)
  • 2021/05/30  【日本の水道料金は2043年までに43%の値上げがされるかも、 について考える!】(副題:じゃあ井戸を掘る)
  • 2021/05/29  【デジタルノマドビザを発行しだした22カ国とその要件を知って 「ネットで稼ぐ時代の可能性」について知る!】
  • 2021/05/28  【PDF・動画】FX・Nが使う分割決済と、天井と底を捉える方法を伝授!
  • 2021/05/27  【中国では2025年には 資産1億6900万円以上の富裕層が500万人を超え、 中間層が5億人を超えていくこと、を考える!】
  • 2021/05/26  【音声MP3】月収20万円の警備員⇒年収1億円になったFX・Nから 「這い上がる秘訣」を学ぶ!
  • 2021/05/25  【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?(副題:今後の「陸の時代」では、本当の意味の「自然科学」が台頭してきます)
  • 2021/05/24  【なぜダウ理論の先行期に仕掛けた人々は コロナでもお金持ちになっているのか?について考える!】
  • 2021/05/23  【PDF2つ】億トレーダーが使う「サイクル理論の基礎」について知る!(「相場の波の性質」を見極める!」)
  • 2021/05/22  【写真40枚以上】中欧地域は「コロナ前の自由と日常」 を取り戻しつつある!?
  • 2021/05/21  【FX動画】年間1億の利益を達成した億トレーダーが密かに使ってる 「サイクル理論」とは何か?(入門)
  • 2021/05/20  【動画】日本の警察の職務質問のひどさがエスカレートしている問題 について考える!
  • 2021/05/19  【「マスクいらない」について考える!】 (副題:ついにアメリカでCDCが政治的に敗北した)
  • 2021/05/18  【動画】「キャンピングカーで観光地を移動しながらネットで稼ぐ人」が アフターコロナで増えている!?(新しい男のロマン?)
  • 2021/05/17  【人の幸せや成功を喜ぶこと、がなんで大事なのか? を経済と人体の免疫の観点から考える!】
  • 2021/05/16  【近未来の不動産は暗号通貨のスマートコントラクトで 取引されていく!?】 (副題:STOセキュリティトークン+DeFi分散型金融の 新時代がやってくる)
  • 2021/05/15  【トランプ大統領がアリゾナ州で発見された 違法な選挙データ消滅について声明を出した】 (マリコパ郡から再燃する不正選挙追及の動き、について考える!)
  • 2021/05/14  【「アメリカでも流行中のDefi(分散型金融)」の 「日本語の動画マニュアル」が昨日から配布開始されました】
  • 2021/05/13  【アメリカで民主党が過激政策でどんどん自滅し、 結果として共和党・トランプ再台頭につながってる流れ について考える!】
  • 2021/05/12  【1億を達成した億り人が8人も数ヶ月で誕生した理由は何か?を考える!】(DeFiやIEOの現状や、日本型・先富論の話などなど)
  • 2021/05/11  【本当に物価は上がっていないのか?について考える!】 (副題:ステルス化した物価上昇と、QE政策を巡る政治とは?)
  • 2021/05/10  【柴野さんから****さんに分散型金融DeFiについてメッセージです!】(副題:信用スコアVS分散型金融DeFi)
  • 2021/05/09  (最新画像)また柴野さんが分散型金融DeFiで3日で200万の利益(副題:分散型取引所DEXとは何か?などなど)
  • 2021/05/08  【世界各国が「デジタルノマドビザ」で「グローバル人材の獲得競争」に入ってきてることについて考える!】
  • 2021/05/07  【3日で600万の利益獲得の生画像あり】(副題:DeFi=分散型金融に取り組む際に大事な「DYOR」とは!?))
  • 2021/05/06  【怪しい!?】10日間放置したら900万円の利益・・・ (英語圏で2020年から流行中の分散型金融Defiとは?)
  • 2021/05/05  「寝ててもお金が入ってくるインカムゲイン」を世界を相手にして 作る大事さ、について考える!
  • 2021/05/04  【副島先生の最新言論からWIKIPEDIAウィキペディアの裏側と 「世界頭脳」という考え方の問題について考える!】
  • 2021/05/03  【日本の市場には有名じゃないスゴイ人ってのがウヨウヨいるから、 そういう人たちを発掘して学ぶと日本では強い、という話】
  • 2021/05/02  【「バルサラの破産確率」に「投資の資金管理」を合わせる応用について 考える!】(世界株や、暗号通貨やFXなどなど共通)
  • 2021/05/01  【なぜマスコミはオリンピック開催を嫌う言論を中心に扱うのか?】 について「裏側の政治」を考える!
  • 【近未来の不動産は暗号通貨のスマートコントラクトで 取引されていく!?】 (副題:STOセキュリティトークン+DeFi分散型金融の 新時代がやってくる)
    配信日時:2021/05/16 21:30
    【近未来の不動産は暗号通貨のスマートコントラクトで
    取引されていく!?】
    (副題:STOセキュリティトークン+DeFi分散型金融の
    新時代がやってくる)

    ⇒メルマガ中盤より!

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【「アメリカでも流行中のDefi(分散型金融)」の
    「日本語の動画マニュアル」が昨日から配布開始されました】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/

    (最新の5月9日に届いた画像)

    柴野さんから直提供の貴重なスクショ画像。
    3日で200万円近い利益

    ⇒ http://fxgod.net/gazou/defi_1.JPG

    (+22.23%に注目)



    【3日で600万の利益獲得の画像】
    ⇒ https://gyazo.com/e6f362fa98f9195c9a236532a613437d


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧頂きまして
    ありがとうございます!


    さてさて、前号にて

    以下の号を流しました~


    アメリカでこれまた不正選挙追及が

    6ヶ月経過して、共和党の体制も整った上で

    本格的に開始してますね~~


    ちなみに今の金融市場を支えてるのがズバリ

    ジャブジャブマネーQEなわけですが


    このQEを縮小させよう、テーパリングさせていきましょ

    って議論も今後 民主党への不満の上


    出てくる可能性が上がってるので

    その辺についても書きました~


    それで今まで金ゴールドなんかはNYスパイダー先物の
    空売りが 実需があるのにされて

    それで価格は1オンス2000ドル超えないように
    されてきましたが


    その空売り原資がこれFRBなどのQEマネーですから
    その空売り原資が徐々に弱くなる傾向、

    が今後、ひとつのシナリオとして考えられると。


    まあ100%はないので私たちは色々シナリオを考えていくわけで
    それぞれ資金管理で割り当て考えていくわけですが


    政治が入り乱れて、それで大きく金融市場の価格に
    反映されていくわけですね!


    とりあえず今回不正選挙追及が開始したことで

    共和党側の流れが復活してきますので、

    注目ですね!


    ■バックナンバー

    【トランプ大統領がアリゾナ州で発見された
    違法な選挙データ消滅について声明を出した】
    (マリコパ郡から再燃する不正選挙追及の動き、について考える!)
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202105&MID=2929#2929



    さて、それで最近ですがメルマガのほうで

    世界中で注目されてる暗号通貨分野の

    分散型金融 DeFiの動きを扱ってますけど


    かなりの人気でありますよね。


    何度も書きますがやはり新しい分野ですので

    リスクは当然あるので****さんの自己責任、自己判断を

    してほしいわけですが


    ただ、相当数の億万長者が誕生してるってのは

    これ現実でこの数ヶ月で起こってることですね。



    それで今日は引き続き

    私の先生でもあってこのDeFiのプロジェクトのメンバーでもある

    柴野さん、


    そして柴野さんが最初DeFiを教えてもらった

    DeFi分野の柴野さんの師匠である

    TDさんより****さんにメッセージです!



    ===============

    柴野です。


    既にステーキングはしましたか?

    昨日からマニュアルを配布していますがもうやっていますか?

    昨日から始めた人はもう既に利益が出ています。
    この画像をみてください。


    http://fxgod.net/gazou/picture/cake0516.JPG




    5万円ほどのが1日の利子で
    ついているのが分かると思います。


    もちろん金額によって利益額は変わりますが、
    利益率は変わりません。

    銀行にお金を眠らせておくなんて勿体無いですし、
    現金かできるものは全てDEFIに入れた方がいいと思っているくらいです。


    マニュアルは登録後に
    配っていますので登録をしてください。



    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/


    質問も、登録した方は
    現在1000件ほどサポートメッセージが来ている状態なので
    順次お答えをしています。



    そして

    本日もケーキを収穫しました。

    最近の毎日の仕事は、ケーキを焼くことです。
    友達からはシェフと呼ばれています。

    一見儲からなそうな仕事ですが、
    毎日10万円ほどパンケーキを焼いて収入があります。
    パンケーキを、再投資した模様の動画です。


    https://gyazo.com/36ca3b44ba22ba8e212dcf73ae722254


    パンケーキは秒単位で焼けていきます。
    そのままお金に変えてもいいですし、
    再投資しても構いません。


    再投資すると、元金が増えますので
    よりケーキがたくさん焼けるようになって、更に儲かります。


    パンケーキを焼いて儲ける仕事のリスクについてですが
    とにかく暇すぎます。

    1日の仕事は、上の動画の作業しかありません(笑)
    冗談抜きでリスクを説明するお、ほぼありません。

    パンケーキのサイトが倒産すること
    → 儲かってるのであり得ない

    ケーキの価格が0になる
    → 上がり続けているのであり得ない

    この二つくらいです。


    まだパンケーキ焼いてない仲間外れがいますので
    早くこちらに登録して焼いてください。

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/

    =========



    【再投資について】

    TDです。

    現在数千名の方をサポートしており、
    かなり多くのラインメッセージが届いています。

    私のプロフィールはおいおい紹介します。


    まずはケーキをステーキングすることに集中してください。
    ステーキングが終わりましたら、コンパウンドつまり、複利運用をしましょう。


    操作は簡単です。


    【キャプチャ動画】
    https://gyazo.com/36ca3b44ba22ba8e212dcf73ae722254


    このコンパウンドを適切に行うことにより、
    現在90%の利回りが150%近くまでいきます。
    リスクが少なく100%以上の年利が貰えるなんて通常ではあり得ない話です。

    ケーキは初歩なので、投資するべき対象は他にもあります。

    では適切なコンパウンドタイミングはいつなのか?
    と言うことですが、それを教えてくれるサイトがあります。

    https://cakecalc.herokuapp.com/#/


    サイトのつかいた方難しいのでざっくりいきます。
    3万円程度の方は4日に一回
    100万の方は1日一回してください。

    それでは、パンケーキ職人を毎日楽しんで
    コンパウンドしましょう。


    ===========


    以上です!!


    ということでこのDeFiですが

    今だとパンケーキスワップが基礎みたいになっておりますが


    ケーキを焼く、とも言いますが

    コンパウンドして複利運用で


    やはり多くの億万長者が生まれてる現状ではありますよね。



    ちなみに「TDって誰?」って人は、

    この前 世界的な経済誌のロイターさんのインタビューで

    TDさんがインタビュー受けていた記事などを

    扱ったので、


    そちら見たほうが分かりやすいので

    こちらご覧くださいね~



    TDさんってどんな人?ってのもロイター記事見たら
    TDさんのロイター記者さんのインタビューがあるんで
    分かります。


    【「アメリカでも流行中のDefi(分散型金融)」の
    「日本語の動画マニュアル」が昨日から配布開始されました】
    ⇒ https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202105&MID=2928#2928



    ■ロイター3月30日の記事
    【焦点:コロナで溢れるマネー、「低成長バブル」で際立つ日本の二極化】
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/reuter/



    ちなみにロイター記事ですとTDさんがインタビューされていて

    そこで「TDさんが投資した3000万円は5億円まで膨らんだ」とは

    ありますがこれが2ヶ月近く前の状態だったのですが


    その後、これまたケーキ焼いてまたケーキCAKEってのがもらえるのですが

    CAKEケーキはすごい上昇しましたから



    後この前すごいIEOがあって

    TDさんが内部のディスコードのコミュニティで紹介してましたから

    当然自分でも購入してるはずなんで


    今はもう一桁上の資産まで拡大しただろうってのも

    数値見ていると分かるんですね。



    一応かなり新しい単語ばかり出てきますが


    「DeFi」

    「パンケーキスワップ」

    「ケーキを焼く」

    「コンパウンド」

    「流動性マイニング」


    などなど色々言葉があるんですが

    小さな額からテストする中で


    やりながら分かるというのがDeFiの流れだと

    思いますので


    是非勉強したい方は勉強してみてくださいね~


    「こんな世界あるんかい」みたいな印象になると思います。


    「こんな世界あるんかい」な案件。
    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/



    ちなみにDeFiのリスクについて色々勿論考えられますから

    何度も書くように


    これはTDさんもスクール内でおっしゃられてることなんですが

    「投資自体は自己責任である」という原則だとか


    あとは自己責任であるから、ギャンブルではなく

    小さなお金から検証したり、


    あとは資金分割したりして自分でリスクを見ていく

    これがすごい大事です。


    よくネット上には

    「利益が出たら自分のおかげ、

    損を出したら講師などのせい」


    みたいな人が徘徊してるのですが

    そういう人は 合ってませんのでスルーしてください。


    あくまで、個人の自己責任の上、

    自分自身でリスクも考えながらリスクをテイクして


    それで進める「大人」のための案件が今回の案件かと

    思います。



    ちなみによく「だれだれを信用して、信頼して」とかいうのを

    やたら連呼する人がネット上には多いですが


    それもやめたほうがよくて、

    あくまで 投資というのは「自分自身の判断を信頼して」

    やるものですから


    信用、信頼という言葉をやたら多用して

    自分の責任から逃げる子供が多いのですが


    そういう人はこのDeFiや投資の世界はやはり

    リスクがある代わりにリターンが極めて大きいという世界なので

    向いていないようにも

    思います。


    ただ一方、****さんが自己責任だとか

    リスクをちゃんと自分でコントロールするだとか

    その辺がわかっていれば


    すごい学ぶ点が多いのが今回のプロジェクトではないかな、

    と思いますね。


    ちなみにDeFiのリスクに関しては

    諸論ありますが


    例えばこちらのサイトさんですと

    その辺のリスクも書かれてますが


    こちらのサイトの下のほうにある

    「【DeFi】PancakeSwap【流動性供給・複利運用】のリスク」


    という項目でありますね。


    ⇒ https://money-growing.com/pancakeswap-tsukaikata/



    それで具体的には


    ■流動性供給によるリスク

    =IL=impermanent lossは「変動損失」


    とか


    ■複利運用によるリスク

    などがありまして


    こちらのサイトさんも

    「ただ、このDeFiバブルがいつまで続くのか、
    PancakeSwapの開発状況や利用用途が
    どう変化していくのか、とにかく未知数な部分も多いです。

    CAKEそのものに価値がつくのかも予測できないため、
    ある出来事をきっかけに価格が大きく変動する可能性があります。」



    ということで、まさにその通りだと私も思いますが

    それなので 自立した自己責任で動く投資家の


    保守的な資金管理 は大事になっていきますよね。



    例えばですがこのDeFiの最も今色々と

    突っ込んだ部分として


    これはTDさんもあまりおススメはしていないけど

    有名なのは魔界ってのがあって


    これがリスクは相当上がるけどリターンがハンパ無い

    業界ですが


    ただこの魔界なんかにおいても

    TDさんは

    「100万円あるとしたら1万円でやってみる感じ」

    みたいにすごい保守的に

    スクールのディスコードでおっしゃっていたと

    記憶してますが



    そこで運用資産を分散しながら、やっていくのが

    これ基礎ですね。


    ちなみに上記の魔界は最低数千万円はある人用でしょうから

    初心者の人はやけどするのでやるべきではないかもしれませんが、


    まあDeFiってのは色々な世界があって

    勝負どころが、

    「どうやってうまくリスクテイクしていくか」

    に尽きると私は思いますね~


    だから100万円運用金がある人なら

    まず2万円とか3万円なら運用金の2~3%ですが


    ここで色々やっていく中でリスクとリターンが分析できますから

    そこで様子見て増やしていくとか

    そんな感じでしょうね。


    この資産管理は私は色々な優れた投資家さんに学んだけど

    やはりそういった保守的な資金管理をしながらやっていくと

    今後 収益の一つになる可能性が高まるのがDeFiかと私は見てます。


    ちなみに日本の金融の本当の実態として

    資金管理も何も自分で自己責任で考えるという思考がない

    投資家ばかりで


    子供ちゃんが多いのですが


    だからこそ大人のちゃんと資金管理とか徹底して

    リスクをうまく取れる人間がTDさんみたいに

    結果としてはお金持ちになっていくんですが



    例えば今のDeFiもそれこそ長いこと経過したら

    暗号通貨が昔そうだったように、市場が冷える時が

    必ずやってくるわけですね。


    どんな市場も、冷える時、熱い時を繰り返します。


    それで 資金管理が甘い他人の責任、他人のせいに生きてきた人は

    そこで資金を失って暴れまわる子供ちゃんになるわけですが


    一方そこでそれでもその後資産を増やすのは

    ちゃんと自己責任で考えて


    資金管理もリスクもヘッジしていた人ってのが

    生き残るってのが


    これもう金融の歴史で繰り返されたことですね。


    それでおそらくDeFiも一緒の歴史となるでしょうから

    稼ぐというよりは


    「負ける確率を減らす」という意味で

    ずっと取り組んでいくと


    結果がTDさんにいずれ近似していくんだろうなとは

    思います。


    TDさんも相当資金管理について色々おっしゃっているのだけど

    それも以前色々苦労した末の、言葉なんで


    そういった あらゆる分析で

    最適なリスクの取り方なんかも


    TDさんは教えてたりするから個人的には勉強になりますね。



    ⇒ https://money-growing.com/pancakeswap-tsukaikata/



    そんでもう私はDeFiの可能性は相当理解しますが

    今後このDeFiはどんどん人類が活用することになるでしょうが


    そこで「2年、3年経過して生き残ってる人」ってのが

    まさにちゃんと資金管理とかして

    やっていく人でしょうが


    その人たちは、おそらく数年後に莫大な資産を築く人が

    大勢出てくるわけです。


    1億とかのレベルじゃなくて

    10億とか100億とかの単位ですよね。


    なのでこのDeFiについてだいじなのは

    一時の短期で稼ぐのではなく


    「数年以上、長く市場に関わって破産しない」

    ことかと思われますので


    そうしたら自然と資産が拡大しやすい市場でしょうから

    面白いと。



    それをもっと細かく解説すると、


    どの金融もそうですが、やってるうちに

    すごい 良いもの、と ヤバいもの の判断って

    付く様になってくるんですが


    そこで投資の効率って慣れれば慣れるほど上がるわけですね。


    ただそこで資金管理を最初から大胆に、

    例えば資産全額突っ込むとかギャンブルみたいなことをすれば

    短期で大損して退場となりますが



    それは慣れる前に退場してるから相当もったいないわけです。


    一方資金管理で保守的になる=収益は当然下がる

    のですが


    そこでは経験を蓄積してるわけですね。


    それが目的です。


    経験が蓄積していくと精度が上がりますから

    結果・・・数年~10年くらいでは

    簡単に元金を作るのが簡単な環境の日本人なら

    1億くらいだったら行けるわけですよね。


    だからまあ退場しない、

    経験を積み重ねるってのが最初はすごい大事ですが


    そうやって長く関わると、精度も上がりますが

    その精度が上がってきた際に

    強いのがおそらくDeFiの市場なんです。



    それなので欲望に脳みそやられるタイプじゃなくて、

    今沢山稼ぎたいという欲望をちゃんと制御して


    その上で保守的に資金管理してDeFiという

    謎な新しい市場を開拓してみたい

    って人はこの案件すごい向いてるかもしれません。


    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/




    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    【近未来の不動産は暗号通貨のスマートコントラクトで
    取引されていく!?】

    (副題:STOセキュリティトークン+DeFi分散型金融の
    新時代がやってくる)


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



    さて、それで今回のDeFiとは 

    「まだ今は」

    直接の関連性が薄い話でもあるのですが


    個人的にみているのが今後、

    このDeFiが金利がいずれ参入者が増えてきたら


    おそらく不動産取引でも重要な役割を果たすだろうと。


    個人的にも暗号通貨への投資ってのは昔からやっていて

    小さくない成果は出せてるのですが

    やはりそこで今後、どう見ても大事になってくるのが


    スマートコントラクト技術だとみているわけです。


    ちなみにこのスマートコントラクトについては

    もう3~4年前くらいにその重要性を良く書いていたのですが

    当時だからイーサリアムとかは重要な役割果たすってのも

    書いていたわけですが



    今後このDeFiの分散型金融でも主幹技術として

    使われてるスマートコントラクト機能って


    どうみても世界で使われていくだろうと。


    ちなみにスマートコントラクト機能ってのは


    例えば、現代で不動産の契約するにしても

    色々煩雑な資料がありますよね。


    賃貸でも購入でもとにかく不動産ってのはすごい

    めんどくさい。


    例えば不動産を購入するにしても

    海外だと弁護士つけて、そんで面倒な入出金

    そして所有権移転の様々な契約書などなど


    とにかく面倒くさいし、そこには

    契約関係のリスクがあるわけです。


    例えば本当によくあるトラブルがこれ

    7000万円のコンドミニアムを購入するために

    入金したのに


    なぜか所有権が変わらないとかですよね、

    こういう不動産の巨大なリスクってのがあって


    特に海外不動産なんかですとそれがあって

    なかなか投資が進まない現状ってのはあると思うんですね。



    一方スマートコントラクト機能ってのは

    それがスムーズにできるわけで



    例として、

    一度 入金が 不動産売主にされても

    そこでスマートコントラクトでロックされて


    電子上のプラットフォームで所有権移転がちゃんと

    入金者に移転されたことを確認して


    その上でようやく売主に入金されるみたいなことが

    可能になるわけですね。



    また最近ですと1000万円以上の海外送金ってのは

    どの国でも色々問題が出てきており


    これはドル世界覇権のためにあるSWIFTっていう

    銀行間の海外送金のシステム、ネットワークがあるけど


    必ずSWIFTコードってのを提出して

    その上で海外送金しないといけないわけですね。


    が、この海外送金も限度額があったり

    あとは金額が1000万円超えると


    その現地の銀行まで赴いて、

    その使用用途を説明したりしないと

    いけない現状がありますが


    世界中の投資家にとって、もうこれがすごい足かせと

    なってるわけです。


    SWIFTシステムが世界経済の成長率を停滞させる

    主要因になってるとさえ言えると思います。


    しかし今後暗号通貨取引が進んでいくと

    それこそ数千万円とか数億円、時には数十億円の決済も

    スムーズにスマートコントラクト使ってできるわけなので


    これ実は私も海外に住んでいてその需要をスゴイ感じるけど

    世界中に実はスマートコントラクト機能への潜在需要って

    すごい存在してるわけですね。


    ちなみに、「暗号通貨の本当の価値とは何か」

    ってのはすごい面白い話だと私は思うんですが


    やはり否定的にみる人が多くて

    「暗号通貨ってのは金にも何も担保されていない、

    だからそこには何も価値がない」

    と言う人もやっぱり私の上の世代では多いはずなんです。



    が、これを言ってしまうと、ブレトンウッズ後の

    米ドルなんかも金に担保されてませんが

    しかしそのプロパガンダ力を買われて

    世界で米ドルは使われてるわけですが


    その論理だと、米ドルも金に担保されていないから

    やはり価値ないよね、って話にはなるわけです。


    それで通貨の本質はおそらくですが

    「希少価値に担保されてるかどうか」ってところで

    その希少価値の代名詞が金ゴールドですから


    その金の担保が大事とされるのですが


    逆を言うと「希少価値が担保できてるのであれば

    その物やサービスはこれ、決済手段として使われる」


    ってのがおそらく人類の歴史なんです。


    希少であるかどうか、これがやはり決済として

    使われる第一条件なのかなと思います。


    それで暗号通貨の場合は、これ一応、希少価値が担保される

    ように作られてるってのがありますから


    ここで希少価値を維持できれば今後も

    決済手段として使われていく可能性は大いにあるわけですね。



    それでじゃあ 金にも何も担保はされていないけど

    しかし発行枚数はある程度限度がかけられてる暗号通貨ですが


    一体「何に価値があるのか」なんですが


    それがやはり上に書いたような

    「スピード」にあるとしか言えないわけですね。


    例えばSWIFTで法定通貨で数千万円を送金して

    不動産取引をしたいとなった場合、


    そこで下手したらこのコロナ状況の中で

    A国は「1ヶ月の海外送金限度額は○○百万円まで」

    とかになってたりするんですが


    そうすると B国の不動産に投資したい投資家がいたとした場合

    その投資の頭金や 投資金を振り込む際に

    もう数ヶ月要したりするわけです。


    これが今世界中で起こってる現象で

    マネーが流れづらくなってるのですね。


    資本主義の要諦はこれ大哲学家の小室直樹が

    生前に分析していた様に

    「時は金なり」なんですが


    既存のSWIFTというシステムは色々送金制限もあるし

    ここで「明確に投資家のマネー流通スピードを

    低下させてる」


    って言う問題があるわけです。




    だから本来資本主義では

    「時は金なり」であるはずなんだけど


    実際は、大きなお金になればなるほど

    「何かを投資として買う、売る」

    って行為がすごい時間かかるようになってるのが

    現代の資本主義の問題なんですね。


    一方このスピードを解決するのがやはり

    暗号通貨とあとはスマートコントラクトの強烈な価値ですが


    ここで今まで例えば上の不動産の事例ですと

    投資家は不動産の所有権を得るために


    煩雑な海外での手続きであったり

    所有権移転手続きであったり

    あとは入金などに


    膨大な時間がかかってましたが


    これが暗号通貨+スマートコントラクトでは

    ほぼ1日前後で完了してしまうわけですね。


    だからそこで資本主義で最も大事な

    「スピード」が担保されるわけです。


    これが、というかこれだけが

    暗号通貨の本来の価値とすらいえると私は最近

    考えてるわけですね。


    だからそれは電子マネーでもできないことだし

    単なるデジタル決済とは違うんですね。



    それで世界の人たちもそれに気づいていて

    すぐ送金、送金確認、あとは今後の時代は

    契約関係も自動で決済が終わってすごい楽だから



    だから「スピード」に価値を置いて暗号通貨を活用しだしてる人が

    凄く私がいる欧州中側では増えてるわけですね。



    だから暗号通貨があまり価値がないって考える人でも

    受け取ったらすぐに暗号通貨取引所で現地通貨に換えるし


    逆に価値があると思ってる人なら暗号通貨のまま

    その入金されたものを保有し続けたりするし


    その辺はそれぞれの個人によって違うんですが

    いずれにしても


    「契約や入出金のスピード」の面で

    すごい強いのが暗号通貨でして


    最近は特に大きなお金を動かしてる人たちは

    このスピードに問題を感じてる人が多いので


    だから彼らがおそらくメインで暗号通貨を生活で

    使ってるわけですね。


    だから暗号通貨の本来の価値を感じてるのが

    1000万円以上のお金を日々動かしてるけど

    そこで スピード減に苦しんでる


    世界中の小金もちたちがいるんですが

    彼らこそが暗号通貨の価値を日々感じてる人なんでしょう。



    それでおそらく彼らが最も注目してる分野が

    おそらく 最低でも数千万円以上は動く

    数億、とか数十億とかそれ以上の桁が動く

    不動産取引でありますが



    ここで今後、暗号通貨とあとはスマートコントラクトが

    使われていく未来にどうしてもなっていくわけですね。


    ちなみに最近はそれを国家レベルで行ってる国が

    どんどん出てきてるけど


    例えば最近ITの進展が著しい

    ジョージア国なんかはまさにその事例なんです。



    この記事が分かりやすい。


    ■所有権の管理や土地登記もブロックチェーンで解決!
    不動産業界×ブロックチェーンの可能性【海外事例編】
    https://www.asteria.com/jp/inlive/social/4386/




    例えば ジョージアでは、
    今まではこれ私有地の登記率が25%と低く、
    費用も高く、手続きが煩雑であった

    という旧社会主義の問題が残っていたのですが

    しかしそこで土地登記の仕組みにブロックチェーンを導入したんですね。


    そこで土地登記システムや手続き時を進めて

    ここで大きく費用大幅削減にも成功して

    登記率も大幅に増えたのですが



    ここに最近はスウェーデン、米国、英国、スイス、
    ウクライナ、ドバイなど、

    多くの国で実証実験が進められているわけで


    日本企業でもそれを進めてる私企業が現れてると。



    それでここで使われてる考え方が

    不動産所有権をトークン化してしまうってもので


    そこでSTO(SecurityTokenOffering)というものが使われるのですが

    不動産という裏付けをもった

    有価証券であるSTO(セキュリティトークン)

    をブロックチェーン上で発行してしまうわけですね。


    ここで不動産の所有権をトークン化して行くわけですが

    これを使えば、イーサリアムなんかのスマートコントラクト機能も

    はさんで、


    そこで不動産契約も相当スピーディーに

    実行することが今後未来では出来るようになっていくわけです。



    それで日本ではそういった動きは遅いでしょうが

    もう上記ジョージアであるとか今後発展しようという国々は


    今までのSWIFTの重大な「ノロい」という問題点を

    理解してますから


    その「スピード改善」ということでこれらの

    研究を国家単位でしてきてるわけですね。


    だから今後先進国というよりは

    成長国からこういった不動産を暗号通貨やスマートコントラクト

    あとはSTO交えて 取引する環境が

    一気に進んでいくわけですね。



    ちなみにそういった法整備が早く進む国の

    政治制度は 

    アメリカ型の大統領制を取ってる国になるでしょう。


    一方日本みたいな イギリス型の議院内閣制を取ってる国は

    おそらく出遅れる国が増えてくると思います。

    日本についてはそういった新しい動きが官僚の利権に抵触するから

    逆に潰されるみたいな政治も起こるかもしれない。


    ただいずれにしても世界ではそういった動きが

    今後進んでいき


    不動産取引なんかも今後相当スピードを増していくと。


    だからブロックチェーンの話で言うと

    おそらく今後


    「経済的に勝つ国=所有権管理に必須なSTOの

    セキュリティトークンの法整備を早く進めた国」


    となる可能性が高いですね。


    ちなみに最近は成長国ですと、もう既に

    日本では考えられないと思いますが


    不動産取引を主にイーサリアムで行うスキームってのが

    出来てきてるのですが


    やはり傾向としてはビットコインじゃなくて

    イーサリアムが使われてるのを私は現地でみるけど


    そこもまだスマートコントラクトとかではないんですが

    イーサリアムを使った決済が徐々に去年後半くらいから

    浸透しだしている現状です。



    ちなみに以前ですと

    2018年にアメリカ企業がスマートコントラクトを使って

    不動産登記にも成功してるんです。


    行政もそこは邪魔していない。


    ■不動産売買スマートコントラクト
    「Propy」がアメリカで初めて登記に成功
    https://www.cloudsign.jp/media/20180312-propyvermont/




    不動産をイーサリアムベースのブロックチェーンに乗せて

    取引するスマートコントラクトサービスとして

    「Propy」ってのがあるんだけど


    これが3年前にアメリカの

    バーモント州における不動産取引を行って

    同州の公証人による公証を経て、


    初めてスマートコントラクト使って

    登記まで完結させたわけですね。


    だからこんなサービスが今後どんどん出てきますが

    比較的柔軟な、若い大統領制の成長国中心に


    こうやって不動産取引をどんどんブロックチェーン上で

    イーサのスマートコントラクトなどを使って


    自動化していくってのが当たり前になってくるわけですね。




    それで・・・ここでおそらく絡んでくるのが

    今後の分散型金融のDeFiであるに決まっておりまして


    DeFiってのはいわば、ブロックチェーン上の銀行みたいなものですが


    今はまだ、既存の銀行のほうが貸し出し金利が安いので

    不動産を借りた暗号通貨で投資するなんてことは

    されないでしょうが


    しかし今後DeFiの認知が嫌でも増していくでしょうが

    そうすると金利は低下していくといわれてるんですね。


    実はDeFiの金利も参加者が増えて徐々に

    そこに貸し出し金利の競争が発生してきて

    低下していくわけです。


    それでこのDeFiでの貸し出しの金利が今後

    下がっていきますと、


    それが既存の銀行と比較しても遜色ないレベルに

    これ貸出金利が安定していきますとですね、


    そこでは「不動産投資家がDeFiでお金を借りて

    その上でスマートコントラクト機能やSTOを使って

    不動産投資をしていく」



    ってのがおそらく近年中に、主に世界の

    ユーラシア大陸中央部でみられる投資形態となるんですね。



    ちなみに既存の不動産投資家の多くのスタイルは

    銀行にお金を利息付きで借りて


    そこで買った不動産で家賃収入なんかのインカムゲインが

    入っていくんだけど


    その銀行の借りた分の金利含めた返済を

    家賃収入のインカムゲインが上回るようにすればよいよね


    って考え方になるでしょうけど


    しかしここでDeFiのほうが金利が一定程度安定してきて

    お金を貸すサービスも多く出てくるでしょうが


    そうなると イーサベースでお金借りて

    そしてそのイーサリアムのスマートコントラクト機能使ってでの

    不動産投資の売買を進めて行く


    みたいな取引が今後世界で一般化していくわけですね。


    しかもそこで重要となるのは現状ですと

    担保になりますが


    一方、信用審査とか入出金の煩雑さ、契約の煩雑さは

    取り除かれて合理化されていくので


    どうしても長い目で見ると、世界的にはそれが

    主流になっていくと。


    たぶん上記の

    また別の不動産所有権や株所有権などの

    STOを担保にして



    イーサリアムで借り入れして新しい不動産買うとか

    みたいな状況を進めるためのプロジェクトも


    今後どんどん開発されていかざるを得ないですね。


    需要があるから。


    だから今後ですがおそらくDeFiの分散型金融においては

    上記の スマートコントラクトでの契約などが

    不動産取引で使われだして


    そこで一気に

    Defi+スマートコントラクト+所有権管理のSTO


    の組み合わせで、世界経済は回っていくことになるんです。


    私が見てる未来は上記のようなものですが、

    まあ潜在需要があまりに強いことを前提とした

    未来想定なので


    大体長期的に、テクノロジー関係では

    大枠でそうなっていくんじゃないかなと。


    だからSTOなんかの所有権管理がしっかり行えるシステムも

    今後長期の需要がより高まりますよね。


    ということで今号では

    Defi分散型金融の活用のされ方として


    すごい需要があってなおかつ分かりやすい事例が

    不動産取引ですから


    それについて扱いましたが


    今後は今まで煩雑だった官僚的な手続きが

    どんどん省略されていくってのが世界の流れですので



    いよいよそこで

    生前に大哲学家の小室直樹先生がおっしゃってたように


    「世界はITの登場で始めて

    資本主義を経験することになる」


    わけですね。



    今は先進国で「資本主義は終わっていく~」という

    マルクス主義の人たちが強い状況ですが


    しかしブロックチェーンやスマートコントラクト、STOなどの

    進展状況を見るに


    むしろ今後官僚的な要素が世界中で排除されて

    そこで「本当の意味での資本主義がいよいよ人類で開始される」

    可能性が高いと私なんかは見ていまして


    やはりドバイとかなどでユーラシア大陸でそういった

    状況を見てる在外日本人も同じような感想を言ってますが

    やはり私も、そうなるんじゃないかな?と個人的には思います。



    資本主義の定義は、CIAのWIKIPEDIAは隠してますが

    生前、小室直樹先生がおっしゃっていたように


    「公的部門(役人たち)と私的企業(自営業など)が

    100%分離されてる体制が資本主義の前提条件」

    でありますが


    それを実現できた 国は歴史上実は

    まだ現れておりませんが、


    なんとかアメリカがそれに近い状況で

    半分資本主義みたいなところまで持っていったけど


    今後それを実現していくのは

    ブロックチェーンという資本主義の最終兵器を

    活用していく


    ユーラシア大陸内部や北欧などの新興国でありますでしょう。


    ちなみに面白いのが

    その役割として大変重要な役割を果たすのが


    スマートコントラクト機能ですが

    そこでスマートコントラクトといえばイーサリアムですが


    そのイーサリアムの開発者として有名なのが

    ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏でありますが


    そのブテリンに若きころ、資金提供して

    イーサリアムの誕生のバックにいる人が


    「ペイパルマフィアのドン」である

    ピーター・ティール氏でありまして



    トランプ大統領の背後にもピーター・ティール氏がいますし

    イーロンマスクの背後にもピーター・ティール氏がいますし


    そして彼はリバータリアン思想なんです。


    だから面白いことにこうやって全部色々つながってる

    わけですね。


    それでティール氏のリバータリアン思想に沿って

    やはり世界はアメリカというよりは

    今後ユーラシア大陸なんかを中心に


    純資本主義がいよいよ誕生する土台になりつつあるので


    この新しい今も研究中の技術は

    インターネット登場から数十年して


    さらに人類の生活を変えるものとなりえますから


    今のうちからDeFiなどは勉強する価値はありますね。


    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/



    それで資本主義っていうのは

    今度またもっと詳しく扱っても良いですが


    前期資本主義、 後期資本主義


    そして 純資本主義ってのが

    あるんですが


    例えば日本の体制は

    政治体制で言いますと、これは言ってはいけないのかも
    しれませんが、


    君主国家制度の中にデモクラシー制度が
    入れ子になってる政治体制でして


    また経済体制ですと

    封建制と社会主義の体制の中に

    資本主義要素が注入されてる体制でありまして


    それは前期資本主義とかに分類されまして

    どうみても純資本主義ではないのですね。


    アメリカでさえも 公的部門による私的企業への

    制裁であったり規制は強いですから

    それは後期資本主義のようなもので


    完全なる純度が高い資本主義にはなれませんでした。


    しかし世界の超大金持ちたちは純資本主義を成立させる

    という多極派の資本家の勢力が今強くなってますから


    今後はかなりの高い確率で

    社会主義の恐ろしさを以前体験した上で

    資本主義導入した

    ユーラシア大陸各国で、 ブロックチェーン技術

    スマートコントラクト、STOなどを使ってでの


    純度の高い資本主義が誕生していくというシナリオがあるんですね。

    私が世界に出て分かったのがまさにこの流れです。



    それで今後資本主義において最も大事なのが

    「所有権の絶対性」でありますが


    この「所有権の絶対性」について

    役割を果たすのが上記のSTO セキュリティトークンでありまして



    このSTOが研究開発されて

    そこで多くの所有権を

    トークン化していく未来となるでしょうが


    そうなると分散型金融のDeFiにおいても

    「不動産所有権のSTOを担保にして

    イーサリアムで 暗号通貨を多めに借りる」


    などが可能となっていきますので


    STOの今後の進捗も大事になっていくわけですね!



    それでそこでは、今まではお金を貸す、借りるってのは

    中間介入者の既得権益の大企業がいたわけで


    それが大きく世界経済停滞の原因となっておりましたが

    今後はその経済主体が 個人や数人の若い中小企業に

    代わっていくわけで


    かれらスモールビジネスオーナーたちが 

    多極的に、分散しながら

    経済活動を 新技術を使って行っていき


    世界経済の生産性を上げていくってのが

    おそらくテクノロジー的に現段階で想定できる


    政治であり未来ですね。


    遅かれ早かれそうなっていかざるを得ない。

    (そうじゃないと 世界中の投資家が儲けられないです)



    それでこの急激な資本主義への変化をもたらしているのが

    実のところコロナ騒動の本質にも見えますが


    最初はそれは共産主義のジョージオーウェルの1984の

    世界観?みたいにも見えたけど


    技術進行をみていると全く逆の


    資本主義の純化を進めているのが最近見えてる兆候ですね。



    資本主義の重要な前提が

    何度も書く


    公的部門(役人。官僚たちの煩雑な手続き等)



    私的企業(我々自営業者たち。)


    の100%完全分離するというものなのですが


    それが今までは技術的に不可能でした。


    しかしもう 後戻りできない技術進展によって

    この公的部門と私的企業分離が


    ブロックチェーン技術やスマートコントラクトやSTOなどの

    新技術で進展不可避になりつつありますので


    いよいよ故・小室直樹先生が資本主義原論で書かれていた

    「ITが登場しないと成り立たない資本主義」が


    彼の死後、

    人類に現れていく状況となってきた。


    だから今まで人類は

    役人と多国籍企業が「癒着」してる新自由主義を

    役人と大小の私的企業が「完全分離」してる資本主義と


    混同して考えるように騙されてましたが


    いよいよ本当の資本主義を人々は

    ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、STOで

    その違いを経験していくことになりそうです。


    だから世界は既存の多国籍企業が役人と癒着して

    民衆支配する

    共産主義の新自由主義のグローバリズムに対して


    小さな各国の個人や中小企業がブロックチェーン技術などを

    活用してでの国境関係なしの本来の純資本主義をベースとする

    インターナショナリズムが今後強くなっていき、


    全く新しい世界に入って行くわけでして


    そこでは個人個人の価値観としては


    誰かが成功したら嫉妬してみんなでネットで叩くという

    文化、価値観よりは


    誰かが成功したら素直に人の成功や幸せを喜び

    そして成功した人らに敬意持って学ぶ


    っていう資本主義に即した

    価値観を持った人が強い時代となりますね。


    ちなみに、人の幸せを心から喜べるという人は

    ストレスが小さくなるため

    副腎から出てくる副腎皮質ホルモン、ステロイドも

    減少するから


    免疫機構も強くなりますね。



    ということで今後は

    新しい技術、上記のスマートコントラクトとか

    STOとかの技術が


    新しい社会構造を作っていきそうなので

    その中の重要な機能として

    DeFiもあるんで


    今のうちに学んでおくと将来的に強いとは

    私は思いました。



    では!





    ゆう
















    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    【「アメリカでも流行中のDefi(分散型金融)」の
    「日本語の動画マニュアル」が昨日から配布開始されました】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/

    (最新の5月9日に届いた画像)

    柴野さんから直提供の貴重なスクショ画像。
    3日で200万円近い利益

    ⇒ http://fxgod.net/gazou/defi_1.JPG

    (+22.23%に注目)



    【3日で600万の利益獲得の画像】
    ⇒ https://gyazo.com/e6f362fa98f9195c9a236532a613437d


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆







    追伸・・・ちなみに将来の不動産投資家の姿は

    まず金利が安定してきたDeFi分散型金融で

    暗号通貨を 金利払った上で借り入れして


    その上でスマートコントラクトで不動産を購入して


    所有権管理に優れたSTOで不動産所有権を得るわけですが


    おそらくSTO事態で 値上がり益のキャピタルを狙って

    その上で家賃収入なんかのインカムゲインも

    トークン化されて入ってくるといったような

    仕組みが作られていくでしょうが


    そこでキャピタルゲイン+インカムゲインで考えていき

    その上でDeFiの元本返済なども考慮して

    返済金利をそれが上回るか?下回るか?


    を考えて収益出していくっていうスタイルが将来は

    基本になるんでしょう。



    また株なんかでも、今はA国にいる株式投資家が

    B国の株を買う場合、証券会社に手数料をかなり取られていきますが


    そこもSTO開発が進んでいくと

    世界中の投資家とSTOを通じて証券の所有権移転が

    簡単になるから


    まさに世界中に投資して STOを通じて

    配当金もらう、キャピタル狙うってのも当たり前になっていく。


    そういったプラットフォームもまだないから

    今後必要なため、

    作られていくわけです。


    そういう意味で今後2030年代にかけて

    世界の投資、取引自体がどんどん変わって行きますね。


    なんともスゴイ時代です。


    では!





    【「アメリカでも流行中のDefi(分散型金融)」の
    「日本語の動画マニュアル」が昨日から配布開始されました】

    ⇒ http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/defi/













    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)




    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る