ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/06/30  (注目の変化)【若者がついに「大企業」「公務員」を見限りだした!?】 (副題:大企業と行政機関による「独占と寡占」について考える!)
  • 2021/06/29  【動画】トランプ大統領がオハイオ州でラリーを再開で 大人気! (日本語での解説付き!)
  • 2021/06/28  【音声♪】FX・N×ゆうの特典対談音声 「驚愕の特典のうち5つ」について語っていただきました! (■公開延期のお知らせ)
  • 2021/06/27  (写真50枚)コーカサス地域の「山の上にある遊園地」に行きました (アフターコロナで自由な雰囲気が復活してきてます)
  • 2021/06/27  (音声解説) 【なぜ年間1億円稼ぐFXNは「ろうそく足の本数を1.2.3・・・」 と数えるのか?】
  • 2021/06/26  【対談音声2本目】FXN「お金はどうせ増える」(サイクル理論のここだけの話!)
  • 2021/06/25  【FXのサイクル理論は2020年代の今でも「未開発」の分野?】(それを教えられる人間は超少数です)
  • 2021/06/24  【FX・Nから****さんに「サイクル理論の具体的な使い方」の メッセージです!】(進捗:「すごい特典」が決まってきました!)
  • 2021/06/23  【ピンチは「何のチャンスなのか?」について考える!】 (コロナというきっかけを生かす)
  • 2021/06/22  【FX・Nが負け組からスーパートレーダーに「這い上がった過程・プロセス」を学ぶ!】
  • 2021/06/21  【FX・Nさん×ゆうの「対談音声1本目」です!】
  • 2021/06/20  (写真37枚)中欧は欧州サッカー大会2020で「お祭り状態!?」です (コロナ騒動を終わらせる大きなダイナミズムが発生か)
  • 2021/06/19  【1トレードで550万円利益確定の音声解説と画像が届きました】 (「説明できる投資」が大事な理由)
  • 2021/06/18  【ヨーロッパEUは日本を「旅行安全国」に指定しだしており、 さらに日本人には国境を開けて来てることについて考える!】 (軍産官僚の弱体化が世界中で進んでいる)
  • 2021/06/17  【FXNと生徒さんの対談音声♪】 「月100万円以上」を稼げるようになって 「自分を馬鹿にしていた周りを見返した」生徒さん
  • 2021/06/16  【「投資で最強な人」は「1位亡くなった人か2位運用したこと忘れてる人だった」という調査結果について真剣に考える!】
  • 2021/06/15  【動画】みんな知らないサイクル理論を使って「ブレイクの騙し」を 見破ってしまう方法とは?(副題:自然淘汰されないために自然を学ぶ)
  • 2021/06/14  【動画】「勝率は大事じゃない」と サイクル理論を使う億トレーダーFXNが考えてるのはなぜか?
  • 2021/06/13  【中国とロシアがアフターコロナでは資本主義経済の中心地域と なっていくという話】(アメリカは意図的に衰退へ)
  • 2021/06/12  【マレーシアでワクチン強制化の議論が開始したことや 最近の世界の動きについて考える!】
  • 2021/06/11  【FXNの動画】【富裕層】出会いがお金を生むとはこういうこと
  • 2021/06/10  【投資の神・バフェットは「手持ち資金の25%以上は借金をしない」 ことの意味について考える!】 (副題:FXにそれを応用するゼロカット業者の考え方など)
  • 2021/06/09  【動画講義】FXNは「どういうエントリー時の資金管理戦略」で 億トレーダーになったのか?
  • 2021/06/08  (写真26枚)中欧地域は 自然のリゾートと都市の便利さ、 両方を楽しめる!?
  • 2021/06/07  【年間1億円稼ぐFX・Nから動画で学ぶ!】 スキャル・デイトレ・スイングで 最もいいトレードスタイルは?
  • 2021/06/06  【動画】トランプ大統領がノースカロライナ州で ラリー演説を再開!(武漢ウイルス漏洩説、選挙不正などに言及)
  • 2021/06/05  【アメリカで武漢ラボからのコロナ漏洩説が 一気に有力になってる背景とは何か?を考える!】 (追い込まれる軍産のCDCファウチと日本の官僚機構)
  • 2021/06/04  【億トレーダーFX・Nのサイクル理論講座の動画・PDF】 天井と底の時間帯がなぜドンピシャでわかるのか!?
  • 2021/06/03  副島先生の最新言論「みんな、コロナ給付金で、騙され、 フニャフニャにさせられた。これでは戦えない。」を見て考える!
  • 2021/06/02  【FX・Nさんから****さんに 「サイクル理論フォーメーションの解説文」が届きました!】(副題:前・レペゼン地球さんの解散原因の動画を見て 「資本政策」と「株保有率の相場」について考える!)
  • 2021/06/01  【写真付き】「お客さんは神様からの贈り物」という 成長するコーカサス地域の商売哲学のスゴさ(お客様は神様だ、ではなく)
  • 【「投資で最強な人」は「1位亡くなった人か2位運用したこと忘れてる人だった」という調査結果について真剣に考える!】
    配信日時:2021/06/16 22:15
    【「投資で最強な人」は「1位亡くなった人か2位運用したこと忘れてる人だった」という調査結果について真剣に考える!】

    ⇒編集後記で

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【動画】みんな知らないサイクル理論を使って「ブレイクの騙し」を
    見破ってしまう方法とは?(副題:自然淘汰されないために自然を学ぶ)

    ⇒ https://youtu.be/DoiohW_NE68


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    【動画】「勝率は大事じゃない」と
    サイクル理論を使う億トレーダーFXNが考えてるのはなぜか?

    ⇒ http://www.snatchfx.com/fxn_shouritu


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







    どうもゆうです!


    ****さん、いつもご覧いただきまして
    ありがとうございます!



    さてさて、今日はズバリメルマガのほうでよく扱う

    長期投資をガチに真剣に考えたいと思います。



    それで今日は件名にも書いてるのですが

    以前に 運用会社のフィデリティが


    「投資で一番強い属性の人」を調べたことが

    話題になっていたのですね。


    これは自社の証券会社口座などを彼らは分析できますから

    かなり重要な統計データだったと思うのですが


    そこで「投資で最も稼いでる属性」を彼らは

    調べたわけです。



    投資で最強の属性・・・


    それはどういう人たちでしょう?


    大金持ち? 敏腕なトレーダー??


    いやいや、違いまして、なんとこの

    フィデリティさんの 自社の口座を調べた

    統計ですと


    投資で最も強い属性の人が


    1もう既に亡くなった、亡くなった人

    2運用を忘れてる人



    だったそうです。


    「え~~??」って思いそうですが

    これネットでも以前に話題になっていて


    そしてすごい大事な統計データであるとも私は

    思うのですが



    それこそ投資の勉強ってのはFXの場合は相対価値の

    ドルとか円の相対で決まるものだから別だけど


    それこそ株ですと日々デイトレとかで頑張ったりする人が

    多いのですが


    実はそんな人たちも全部含めて


    「投資で最も 強い、結果出してる属性の人」


    ってのは 取引できない、亡くなってる人か忘れてる人

    だったそうです。


    これは10年間の2003年~2013年の

    自社顧客のパフォーマンスから、


    最強の順番で、


    1位:亡くなっている人、

    2位:運用しているのを忘れている人


    だったと。



    だからその辺にいる敏腕トレーダーより

    10年の長期パフォーマンスが良かったのはまあ

    亡くなって取引できない人か、


    あとは忘れてる人、であったわけですね。


    それで、実はこれ大変面白い投資の真実を示しているな

    と思って今号で扱いたいと思ってたんですが


    それこそ死んではいないけど、生きてるけど

    これと同じようなことをやってる人ってのがいて

    それが 世界一の投資家バフェットでもあるわけです。




    それでこの辺の話、

    「投資で最強なのは亡くなった人か忘れてる人」

    ってのは まあ笑い話で終わることが多いですが


    実際はかなり重要な話なんで

    特にFXで稼いだ後、株とか暗号通貨も加える人は

    かなり多いでしょうが、


    そういう株とかみたいな0円で下限が決まっていて

    上限が決まっていない、絶対価値の投資商品では

    かなり重要な話でしょうから


    編集後記で!




    ■■■■■■■■■■■■■■■■

    【動画】みんな知らないサイクル理論を使って
    「ブレイクの騙し」を 見破ってしまう方法とは?
    (副題:自然淘汰されないために自然を学ぶ)


    ■■■■■■■■■■■■■■■■



    さてさて、ここ最近ですが

    年間収益1億円をこの前越えた、


    FXNさんが使ってる、相場にはみんな知らないけど

    実はサイクルがあるっていう「サイクル理論」


    を扱っておりますね~


    一部、生き残ってるファンドのディーラーとかが

    裏側で使ってる戦略でもありますが


    あとは超大金持ちの財閥とかが使ってるような

    やり方なので


    あまり世間ではこれ 現時点ではその具体的な使い方は

    知られておりませんが


    それを教えられるのがFXNさんなので

    かなり貴重な講義となりますね~



    それで今までサイクル理論で重視される

    波のトランスレーションとか


    あとはサイクル理論の構成など色々流してますが


    その辺の知識があると・・・


    そう、実は

    「多くの人が ブレイクの騙しに引っかかってる中

    サイクル理論を知ってる人はブレイク騙しに引っかからなくなっていく」


    わけですね。


    ブレイク狙いのトレードってのはもう多くの人が
    取り組んで、


    そして失敗してると思うんですが

    相場がこれレンジしていて、


    そこで例えばレンジの上の水平線があってですね、


    それをろうそく足がブレイクして、

    そこでエントリーみたいなのは、よくブレイク狙いのトレードとして

    知られてるわけですが


    実のところ、多くの人がそういうトレードで

    失敗してきたってのが本当のところですよね。



    実際は、そのブレイクが「騙し」であって

    ブレイクしたと思って買ったら、相場が下がっちゃって

    ずるずると損失拡大しちゃう、とか


    初心者の人がやりがちかと思います。



    しかし実は「サイクル理論を活用して

    ブレイクの騙しを見破って


    損失を回避する方法」


    ってのがあるんですね。



    この動画ではFXNさんが

    「ブレイクの騙しをサイクル理論の戦略から

    見破って回避する方法」


    を特別に教えてくれてます。


    ↓↓

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【動画】みんな知らないサイクル理論を使って「ブレイクの騙し」を
    見破ってしまう方法とは?

    ⇒ https://youtu.be/DoiohW_NE68


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    それでこの動画ですが、今までの記事見ていただいてる方は

    分かると思うのですが


    言ってることが意味不明って言う方は

    サイクル理論の基礎を理解していない状態なので

    分からないと思うのですが


    是非以下の号で基礎を学んでみてくださいね~


    この辺を学んだ上で上の動画を見たら

    よく理解できると思います。


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    (サイクル理論のバックナンバーまとめ)


    ■【FX動画】年間1億の利益を達成した億トレーダーが
    密かに使ってる 「サイクル理論」とは何か?(入門)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202105&MID=2935#2935



    (最近のFXN関係の記事)
    ■【PDF2つ】億トレーダーが使う
    「サイクル理論の基礎」について知る!(「相場の波の性質」を見極める!」)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202105&MID=2937#2937



    ■【PDF】大富豪たちが使う「サイクル理論の構成」とは?
    (副題:今後の「陸の時代」では、本当の意味の
    「自然科学」が台頭してきます)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202105&MID=2939#2939


    ■【PDF・動画】FX・Nが使う分割決済と、
    天井と底を捉える方法を伝授!
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202105&MID=2942#2942




    ■【FX サイクル理論の動画】
    ライト・レフトトランスレーションの
    エントリー戦略とは?(FX・Nが徹底解説)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202105&MID=2945#2945


    ■FX・Nさんから
    「サイクル理論フォーメーションの解説文」が届きました!】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202106&MID=2947#2947



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




    さてさて、それできっと多くの人が


    「今まで、レンジブレイクでエントリーして

    損失を出してしまっていたけど、


    こうやって サイクル理論を適用したら

    騙しに引っかからなかったのか」



    と、ある種 色々うまく行かなかった人ほど

    この動画の意味が分かると思うのですが




    やっぱりFXとかのトレーディングで多くの人が

    最初に 試すのが、レンジブレイク手法とか

    ラインを使ってブレイクしたから入る、


    みたいな手法だと思うわけですね。



    そこで「ブレイクしたと思い込んで、

    「飛び乗って」⇒その後大損しちゃうケース」


    ってのがおそらくすごい多いわけです。


    「あ、私だ」なんて思う人は多いでしょうが

    大体初心者のころ、それをやってしまうものでして


    これが人間の脳ってもので

    ブレイクしたからさらに上がると思い込んで

    そして欲望に突っ走って 飛んで乗っかってしまう、


    っていう 早く儲けたいっていうプロスペクト理論通りの

    行動であるのですが


    だから初心者の人が心理的に

    ブレイク手法に最初は はまりがちってのがあるんですね。


    しかし現実は厳しく


    ブレイクしたと思って 飛び乗って買いを入れても

    なぜか相場が下落して


    どんどん含み損拡大して・・・取り返しのつかないことになる

    みたいなのが初心者の方が比較的陥りがちな

    投資行動なわけです。



    しかし実は相場ってのは裏側で


    「富豪たちが使ってるサイクル理論の戦略で

    相場を大きく見てる目」


    ってのがありまして



    例えば 上の水平線を仮に相場が一時ブレイクしても


    「これは、サイクル理論からすると、シンプルに時間からすると

    天井だな」


    と理解してる人間がいるわけですね。



    多くの人が2次元で見てる中

    相場には時間帯があるっていう3次元みたいな目を持ってる人たちが

    いて


    その人たちは「今はブレイクの時間帯じゃないな」

    っていう目を持っていて


    「この 一時的なブレイクは騙し」

    って判断してたりするわけです。




    それが分かる貴重な動画がこのシンプルな動画ですね!



    実は


    「サイクル理論を使っていると騙しのブレイクも
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    かなりの確率で把握できてしまう」
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    っていうかなり面白い事実がありまして


    要するに「多くの人がやってる意味のない負けを

    圧倒的に減らせる」


    わけですね!!



    是非この動画、見てみると良いと思います。



    普通に、こういうことを知ってるか知らないか、

    だけなんですが、


    知ってる人と知らない人では

    長期的に資産で数百万円どころか数千万円とか

    数億円とかの資産差ができてしまうんで


    やはりこれは 知っておいたほうが良い知識ですね!



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【動画】みんな知らないサイクル理論を使って「ブレイクの騙し」を
    見破ってしまう方法とは?

    ⇒ https://youtu.be/DoiohW_NE68


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    それで、サイクル理論のこれ面白いところ?

    なのは


    まあ相場で負ける人は全体の90%とか95%とか

    色々言われてるわけですが


    やはりこれ初心者の何も勉強していない人たちを

    相場って 言い方悪いけど

    食って行く機能がありまして


    時々初心者の人は最初にマグレ勝ちをするのですが

    (時には証券会社さんがそのようにさせるけど)


    やはりその大多数が数ヶ月以内に大損して

    撤退するのが相場ですよね。


    だからまあ 利益上げるよりは「生き残れば」

    必然として資産増えるのが相場っていう面白さがあって


    すなわち資本主義でいうと「淘汰」されなければ

    良いわけです。


    だから勝つことより「負けなければよい」わけですね。


    いずれチャンスが来たら負けてなければ

    勝手に儲かるので。




    それで、サイクル理論の大きな特徴が

    いやらしい話、


    「初心者さんのポジションと間逆になることが

    やたら多い」


    ってのが特徴なんです。



    例えば、FXでも先物でも信用株でも

    初心者さんってのはこれ


    「ブレイク狙い」のトレードをよくして

    そして負けるんですね。本当に。



    ちなみに、ラインやゾーンを使ったトレードであれば

    本当はブレイクで飛び乗るのではなくて


    まず買いならば水平線でも、トレンドラインでも

    良いですが


    そのレジスタンスをブレイクした後に

    また相場がさがっていき、


    それがサポートに変わって反発して

    サポート・レジスタンスの転換が起これば


    全然仕掛けとしてありですが


    普通はこの 


    A 一度ラインを上にブレイク

    ⇒B 相場が下落して

    ⇒C サポレジ転換を確認後にエントリー

    (もしくはさらにうまい人だと

    サポレジの転換が起こるシナリオを想定して

    下落後にポジションを損きり浅くした上で入れる。)


    わけですが



    このブレイクを使ったトレードですと

    A,B,Cの工程が負けないために必要ですが


    初心者は Aのブレイクで飛び乗るのが特徴で


    ABCの順で待って、そして仕掛ける人は

    10%もいないわけですね。


    だから大体の人がAのブレイクで飛び乗って

    やられるわけです。


    これがFXで負けるトレーダーの特徴とも

    言えそうです。



    それで、一方、その初心者の人がブレイクして

    エントリーに飛び乗ってる瞬間なのですが



    その瞬間ってのは多くの

    サイクル理論を使ってる金持ちからすると


    サイクルってのは


    底⇒天井⇒終点


    があるわけですが サイクル理論を使ってる

    金持ちたちは底近くで エントリー入れており


    そして天井で利益確定を考えますが


    まさにレンジブレイクで初心者が飛び乗ってる時、


    それが彼ら金持ちたちのダウ理論でいう

    「利食い期」になるんですね。


    だから初心者の人ってのはやはりレンジブレイクしたと

    思い込んで


    サイクル理論の天井付近、

    ダウ理論で言えば利食い期にエントリーするわけですが


    だから負けるわけでして



    一方金持ちたちはその買いポジションの手仕舞いを

    そこで考えてるわけですね。



    だから初心者の人はそこで買おうとするけど

    金持ちたちはそこで利益確定売りを考える場所ってのが


    まさに今回の動画で説明されてる

    レンジブレイクの場所ですが



    このように「サイクル理論使っていると

    初心者の人たちと間逆の売買になることが

    やたら増える」


    ってことですよね!!



    だから投資では90%の人が負けるとか言われますが

    その逆の10%になりやすいわけですね。



    それでブレイクの騙しにやられる人が大変多いのですが

    実は・・・


    サイクル理論知っていれば「天井つける時間」

    っていう考え方が出てくるから


    「あ、このブレイクは天井をつけようとしてるな」


    と判断がサイクル理論の「時間の判断」

    で出来るわけで



    だから「不要な損失を減らせる」わけですね。




    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【動画】みんな知らないサイクル理論を使って「ブレイクの騙し」を
    見破ってしまう方法とは?

    ⇒ https://youtu.be/DoiohW_NE68


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





    だからサイクル理論の面白いところが

    この辺でして


    普通はチャートを開いてまさに

    MT4の「平面の画面で」多くの人はチャート分析をするのが

    これテクニカルだと当たり前なんですが


    実は自然科学の一部ですが サイクル理論ですと


    それに加えて


    「サイクルの底の時間帯、天井の時間帯、

    終点の時間帯(時に3個目、4個目のサイクルで

    オーブという時間の前後がある)」



    という感じで 時間帯 の分析

    ってのが入ってくるわけです。



    普通は、平面の分析で

    過去チャートを考慮して、

    2次元的に分析加えるのですが



    実はそれに加えて サイクル理論ですと

    「今後の 天井などの時間帯」の分析が入ってくるので


    まあなんというか2次元的な分析から

    今後の時間を考慮した3次元的な分析になる


    わけですね。



    初心者の人は2次元で考えるけど

    金持ちたちはそこで3次元のありえない見かたを

    実は持っているわけですね。



    だから「ブレイクの騙しをどうやって見極めるか?」

    っていうところで


    そこで最初は ライン引きまくったり、色々やるんですが


    実のところ「時間帯の分析」っていう3次元的な

    サイクル理論の分析で



    「このブレイクは時間帯的に 騙しで

    もう天井の時間帯だ」

    とかそういう分析が出来て


    そこで2次元では騙されていたのに

    3次元的に見れば騙されないっていうことが


    沢山起こってくるわけです。


    ちなみに本当は4時間足の短期時間足でのトレーディングだけじゃなく

    長期の週足とかの長期投資でも

    このサイクル理論を使った 戦略はすごい有効です。




    それで、色々今まで ブレイク騙しをきっかけにして

    負けてきた人たちは


    このシンプルなサイクル理論を使った

    ブレイク騙しの動画の 価値が分かると思うんですが



    実はサイクル理論を知っていて適用しておけば

    そういうブレイク騙しに引っかからなかったってことなんですね~



    知らないと損する、っていう知識がありますが

    まさに今回のやつがそれかと思います。



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【動画】みんな知らないサイクル理論を使って「ブレイクの騙し」を
    見破ってしまう方法とは?

    ⇒ https://youtu.be/DoiohW_NE68


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





    それで動画の前半では

    波には サイクルの右側に天井つける

    ライトトランスレーションと


    あとはサイクルの左側に天井つける

    レフトトランスレーションがあるってのは


    以前扱ってますが




    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    ■【PDF2つ】億トレーダーが使う
    「サイクル理論の基礎」について知る!(「相場の波の性質」を見極める!」)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202105&MID=2937#2937


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    【FX・NさんのPDFレポート2】


    「サイクル理論トランスレーション編

    トランスレーションを理解して「波の性質」を見極める!」

    ⇒ http://fxgod.net/pdf/cycle_translation.pdf



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







    あと1サイクルの周期は

    以下のPDFですね!



    【PDF】サイクル理論とは?
    http://fxgod.net/pdf/cycle_theory.pdf



    一応、これだけは暗記が必要だと思いますが

    一応FXNさんが使ってるのは4時間足~週足のサイクルですよね。


    あと長期投資だとSCサイクルとかあるんだけど

    基本的にはこの3つのサイクルを使う。




    4Hサイクル60~80本前後(底→天井→底)

    メジャーサイクル(日足)35~45本前後(底→天井→底)

    プライマリーサイクル(週足)24~35本前後(底→天井→底)




    それで今回の動画のような状況ってのは

    4Hサイクルを見てる際によく起こってくるわけですが



    動画の前半はずばり、

    波の天井が右側にあるライト・トランスレーションの

    話ですね!


    前半50秒くらいからですね。




    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【動画】みんな知らないサイクル理論を使って「ブレイクの騙し」を
    見破ってしまう方法とは?

    ⇒ https://youtu.be/DoiohW_NE68


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






    ちなみに「ライトトランスレーションになっていくとか

    レフトトランスレーションになっていくとか

    どうやって判断すんねん」


    となりますが



    実はサイクルにも構成があるってのも以前扱ってます。




    【PDF】サイクル理論の構成についてのFXNさんのPDFファイル。
    ⇒ http://fxgod.net/pdf/cycle_kousei.pdf



    それで基本的には

    大きなサイクル中に、3つ~4つの小さなサイクルが

    構成されてるのですが



    例えばその4Hサイクルが その上のメジャーサイクルの中に

    内包されてるわけですが



    現時点でのメジャーサイクルの中に

    入れ子構造になってる


    4Hサイクルが何サイクル目なのか?

    っていうところで


    今後ライトトランスレーションかレフトトランスレーションか

    みたいなところは想定できてくるわけですね。



    まあそれで今回の動画の前半では

    最初にライトトランスレーションの例が説明されてるのですが



    ライトトランスレーションで今後

    「天井をつけていく」ということが

    事前にある程度想定できるわけです。



    ただ サイクル理論を知らない人からしたら


    その時点では「そろそろレンジブレイクして上に上がりそうだぞ」

    なんて考える場所でもありまして



    その説明が動画の50分~くらいでされてるんだけど



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【動画】みんな知らないサイクル理論を使って「ブレイクの騙し」を
    見破ってしまう方法とは?

    ⇒ https://youtu.be/DoiohW_NE68


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




    この時点ではサイクル理論を使ってる金持ちたちは

    「ここがそろそろ天井の時間帯だ」


    と想定して考えてるわけですよね。



    ここで既に底付近で仕込んでるサイクル理論トレーダーたちは

    利益確定時期を考えるわけです。



    一方、そこでサイクル理論の使いかた知らない

    多くの人は「そろそろブレイクしそうで飛び乗ったら儲かるぞ」

    と考えてる時期でして



    そして「レンジブレイク」したら


    サイクル理論のトレーダーは利益確定売りを仕込んでいくし、


    一方初心者さんは逆に買うことになってるわけですね。



    んで結果はというと ライトトランスレーションがつくことが

    最初想定できてる波ですと


    実際はその レンジブレイク後の高値が

    天井になってしまうことが大半なわけで



    そこで一気に底は割らないけど、またレンジ内に戻って

    さらに下落したりするわけですね。




    むしろ、サイクル理論を知ってる人からすると

    そのレンジブレイクの騙しってのは


    「サイクル理論の天井をつけるために
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ブレイクをした」
    ~~~~~~~~~~~~~~~

    とさえ考えるわけです。


    だから全然 サイクル理論を知ってる金持ちたちと

    そうじゃない人たちの見かたってのが


    全く180度逆になるっていう

    面白い場面がまさにこの辺ですが



    そこでサイクル理論を知らない人は負けやすくなるし

    逆にサイクル理論で謎の ろうそく足のカウントとかしてる

    人達は、


    実はそこで、無駄に負けないように

    投資行動で振舞えるってことですね!



    ちなみにこういった「相場の自然」

    要するに「見えざる神の手」ってのを

    分析する方法として有名なのが


    エリオット波動とかフィボナッチ分析ですが


    こういった事例の天井は大体が

    エリオット波動でいうと5波終点あたりになりますよね。


    だから レンジブレイクしたと思って入る初心者の方が

    大きく損をするのは


    エリオットで言えば

    調整波のAからC波がありますが


    そのC波の下落あたりで損失確定されて

    大損していくみたいな流れです。



    が、初心者の人がロスカットされて大損したよ~

    と思っていたら


    実はサイクル理論だと終点をつけたってことになりまして

    新しいサイクルの起点に入るってことで、


    エリオットですとC波終点となりますが


    そこから 初心者の方からすると

    「大損したのに、また相場が上がっていった・・・」


    という悲しいことが起こるわけですが
    (たぶん多くの人が経験したことだろうとおもいます。)


    こういったことが人間が作る相場では


    歴史的に繰り返されてきたわけですね。





    ちなみに最初はライトトランスレーションの説明で

    その次はレフトトランスレーションの説明なんですが



    こちらですね~


    1分39秒くらいからです。




    【動画】レフト・トランスレーションの場合は?
    ⇒ https://youtu.be/DoiohW_NE68?t=99



    4Hサイクルでいうと、大体3~4サイクル目の

    話となってきますよね。



    それで、いわゆる レンジブレイクの買い戦略を取る初心者さんが

    もっとも大損するのは


    このケースなんですが

    逆にサイクル理論を知ってればそもそも

    そういった 損失が出なくなるわけですが


    レフトトランスレーションですから

    天井は4Hサイクルの左側で天井が現れるわけですね。



    それでここで 初心者のケースだと

    もっと上がると思い込んで飛び乗るんですが



    しかしサイクル理論ですと「レフトトランスレーションの波の中で

    左側に出来てくる天井を作るために

    ブレイクした」


    って考えますよね。



    それでサイクル理論ですとここから逆に売ることも

    ありますが


    しかし天井をつけるっていう概念を知らない初心者になってしまうと

    そこで一気に相場がかなり長期で

    下落していきますんで、



    初心者の方は資金管理無視してる人が多いので

    損きりできない人が多いため、


    ここでレフトトランスレーションで ボトムは

    以前の起点を割りますから、



    長いこと、含み損に苦しんで、大損で終わってしまう

    ということが起こるわけですね。



    一方サイクル理論でレフトトランスレーションの

    天井付近で売ってる少数の人間たちもかなりいますので


    この人達は逆に、そういった初心者さんの

    損失を利益にするかのように


    どんどん収益を膨らませるってのが

    まさにこの説明されてるシーンですね~



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【動画】みんな知らないサイクル理論を使って「ブレイクの騙し」を
    見破ってしまう方法とは?

    ⇒ https://youtu.be/DoiohW_NE68


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    まあだから、かなり恐ろしい真実として

    サイクル理論とかの自然科学に立脚した考え方を知らない人が

    こう資産を失い、



    一方サイクル理論みたいな自然の動き、神の見えざる手の動きを

    大事にして


    それに沿って戦略を立てた人たちが

    大金持ちになっている


    ってのが 実際相場で長年行われてきた真実なのだろうな

    とわかっちゃいますね。




    だからサイクル理論ってヤバい理論なんですが

    世の中の人が、色々トレードで悩んでるわけですが



    しかしそのソリューションは

    「このみんなよく分からないサイクル理論に存在してる」

    ってことでもありますんで、



    これが学ぶことの面白ですよね!






    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【動画】みんな知らないサイクル理論を使って「ブレイクの騙し」を
    見破ってしまう方法とは?

    ⇒ https://youtu.be/DoiohW_NE68


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★








    ============編集後記=============


    さてさて、今日は

    【「投資で最強な人」は「1位亡くなった人か2位忘れた人だった」という
    調査結果について真剣に考える!】




    としましたが


    まあこれいつか扱いたいな~と思っていまして

    今号で考えたいと思います!!



    まあそれで上に書いたように

    以前、ネットでスゴイ話題になった話しってのが

    ありまして、


    それが運用会社のフィデリティさんが調べたって言う

    話で


    それが2003年から10年間の2013年で

    顧客のパフォーマンスを調査したところ、


    投資成績のよかった人の属性


    1位 が 亡くなってる人



    2位 が 運用してるのを忘れてる人


    であったっていうのがすごいネットで話題になったのですね。


    これはその証券会社さんのセミナーで

    資料として配布されたってことだったそうですが




    まあそれが 以前ネットでもバズッたわけです。



    この資料ですよね。



    https://twitter.com/nafco355/status/1218460696137961472?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1218460696137961472%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fwelloffpt.com%2Finvestor-death




    それで、

    これは実際の話、かなり投資の笑い話として

    知られてるんで


    ****さんも「投資で最強な人は

    亡くなった人か 忘れてる人」


    ってのは聞いた事はあるかもしれませんが



    これ、まあ実はすごい重要な話であるわけですね。


    だって、多くの人はこれ、株とか暗号通貨だったら

    「予想してああでもない、こうでもない」

    ってトレードをやってるわけで



    それこそ私のメルマガではスキャルとかデイトレとかは

    まあ辞めて、なるたけスイングなり長期でやったほうがよいとは

    書いてますが


    実際世の中の個人投資家のほとんどが

    スキャルかデイトレっていう実態はあるわけですね。



    しかし実際の話は・・・そう、


    「最も取引していない 労働しないで怠けている?

    既に亡くなった人たちが成績属性トップで

    その次の成績属性2位は 運用してるのを忘れた人」


    であったってのが


    まあ日本でも嘘か本当か、

    情報として出てきたわけですね。



    ちなみにこれについては

    ある程度投資の経験や知識がある人たちなんかは


    「まあそうだろうな、よくこの調査結果を

    セミナーで出したものだ、偉いな」


    とすら思うはずで


    というのは投資長くやってると

    「亡くなってる人、運用忘れてる人属性」

    の人たちが大もうけしてるってのを


    色々事例として見るようになるわけですね。



    まあ一番有名なのは

    「世界一」の投資家とされるヲーレンバフェットなんだけど


    私のメルマガではよく扱う人でありますが

    彼なんかはメルマガでもよく扱いますが


    ほとんど取引とかしないわけでして


    一度その会社を買ったら、基本的に前提が崩れない限りは

    ずっともうその会社をホールドしてしまうわけで


    数十年間、売っていない銘柄を多く保有するのが

    バフェットでありまして


    彼なんかは世界一の投資家とされます。



    それでかっこよく、俗語で言うと

    「バフェットの握力がすごい」ってことになるんだけど


    銘柄を長く持って、利益を伸ばせることを

    握力が強いとか ネットで言うけど、



    かっこよく言えば、握力が強いなんですけど

    現実を見ると「利益伸ばしてる間、何もしていない」

    ってことでもあるんですね。




    別に利益伸ばしてるその数年の間、

    毎日チャートに張り付いてるわけでもないし、


    普段通り、バフェットなら、オマハの田舎の家で

    本を読んで、


    銘柄の状態をチェックするくらいで

    実際はほとんど何もしていない、ってのが

    大事な姿勢ですよね。



    だからバフェットの仕事は本を読むことだ

    なんていわれたりするくらいで


    ある種、投資行動としては

    1亡くなってる人属性に近い投資行動

    なわけです。


    しかし世界一の投資家はこれアメリカですと

    NY金融街の敏腕トレーダーたちではなく


    バフェットが世界一の投資家なわけですね。


    この前資産10兆円を超えた。



    ちなみに他にも沢山事例はあるけど

    なんだかんだ注目されてるのが暗号通貨ですが


    そこでやたら売り買いをしまくってる人たちってのは

    儲けが限定されてるものですが



    じゃあ例えばビットコインで一番儲かってる人

    ってのは誰だろう


    っていうと


    例としては10年前の2011年、

    まさに東日本大震災の時にビットコインは

    1BTC=100円前後

    だったわけですね。



    だからそこで 

    ビットコインを1万BTCを100万円分買って、

    そんでこの10年の間で亡くなった人ってのは


    今では資産が400億円を超えてることになる

    わけですね。



    もしくはビットコインを10年前に買って

    忘れてた人なんかは


    そういえば・・・ってことで思い出して

    取り出してみたら


    実際はすごい資産になってる・・・なんて方も

    きっと絶対自分から言わないでしょうが

    たぶん、いるわけです。




    だからまあこの

    「一番投資で強い属性は

    亡くなった人か、運用忘れてる人」

    って話はやはり真実であるケースが多くて


    実はすごい大事な、真剣に考える価値がある話

    なんですね。



    ちなみにこの話ってのは 

    絶対価値の金融商品、

    チャートで言えば、0円で下限が決まっていて

    上は無制限っていう


    絶対価値の株とか暗号通貨とかそういった類の

    投資においての真実ってことで


    FXではレバレッジがかかるため

    全然話が変わってくるでしょうが


    FXとかでマネー作って、現物投資に進む人は

    多いわけですが


    もしくは個人的にはFXとかやるのと同時に

    長期での現物もやったほうがよいとは思いますが



    その際の話になると思います。



    だからこの話は条件があって


    「(借金であるレバレッジかけず自己資金の)

    現物で投資する際には」




    「一番投資で強い属性は

    亡くなった人か、運用忘れてる人」




    という感じになるんだろうと思いますよね。



    それで私はこれ経験ですごい分かる部分があって

    私も長いこと、ずっと持ってる投資商品ってのがあって


    もう長いこと、ずっと利益が拡大してたりするんですけど


    その間、何やってるか?っていうと

    かっこよく言うと、握力めちゃくちゃ強くしてホールドしてる

    っていう言い方はあるけど


    逆を言うと 何もしてない、わけですね。


    一応、価格くらいはまあチェックは時々してるんですけど

    もうそれらは10年、20年、とずっと保有するつもり

    と考えてるので


    売る権限は自分にないくらいに考えるようにしてるので

    (実際は売れるけど、その会社や、プロジェクトが

    私のマネーを必要として事業やっており、

    私はオーナーでもあるため そう考えると売らないわけです。)


    ほんとだからお金出して、その後、なんもしてない

    ってのが正直なところですが



    しかしこれ面白いことに、全部ではないのですが

    かなり多くが定期的に価格的には「吹く」んです。


    まあもう10年とか20年は保有するつもりで

    買ってますからね、

    (もっと固く言うと、直接金融でお金出してるから)


    それこそ中には3年とか4年、ずっと

    芽が出ない銘柄とかってのも

    やっぱりあったりするんですね。



    しかしこれが面白いもので、どこかのタイミングで

    いきなり 吹いたりしまして、

    すなわち暴騰したりしまして


    気づいたら世間で評価されてない銘柄であったり

    投資商品がまさに 神のタイミングって言うんですか、


    そこで私には分からないけどどこかのタイミングで

    吹くってのがもうこれ日常になってくるわけで


    それが「気絶投資」といわれますが

    気絶状態で やってる醍醐味なわけです。



    それでこれを何十年もやってきたのがバフェットでして

    彼の資産は大膨張したけども

    いまや10兆円になってますが


    だから日本の前澤さんのさらに100倍という

    とんでもない資産でありますが



    この俗に言う 気絶投資のすごさってのは

    絶対価値の金融商品においては

    すごいものがある、


    わけですね。



    だから運用会社のフィデリティさんは

    これ本当に顧客のことを思って出したデータだろうけど





    「一番投資で強い属性は

    1位 亡くなった人か、

    2位 運用忘れてる人」


    っていうのはこれすごいデータであるわけですね。

    かなり真実に近いのだろうと思います。



    ただこれ、まあ普通の多くの証券会社であったり

    マスコミもそうですが彼らからしたら


    「それは言ってくれるな」っていう話であって


    だって、証券会社ってのは売買を沢山

    デイトレとかスキャルでしてもらうことで


    そこで手数料をもらってるわけですから


    そこで多くの人がまさに「投資」に徹して

    売買を頻繁にしないと


    証券会社はこれ全然儲からないっていう

    状況になってしまうわけですね。


    だから



    「一番投資で強い属性は

    1位 亡くなった人か、

    2位 運用忘れてる人」


    っていう話は おそらく相当

    既得権益側には不都合な話であると

    私は思いまして


    だからあまり論じられないのだろうな~なんてのは

    感じたわけです。



    みんながヲーレンバフェットみたいに真似して

    ホールド技術やそれに対しての知識を身につけてしまったら、


    大企業の証券会社とかはたぶん

    かなり売り上げ落としてしまう話なんです。



    が、ここで真実を言ってる証券会社も

    あるわけで


    そこでは あくまで健全な手数料商売を

    考えてらっしゃるんでしょうから

    それは偉いんですね。



    ただとりあえず背景として、

    証券会社の多くは 沢山取引させたいから、

    あとは国家官僚も長期投資が多くなると

    収奪しづらく、色々不都合だから


    まあそれもあって この



    「一番投資で強い属性は

    1位 亡くなった人か、

    2位 運用忘れてる人」



    は 今のところ、 政治的に笑い話

    になってる可能性はありますよね。


    だから冗談のようで、結構大事な話が

    気絶投資が最もパフォーマンス高いよね


    っていう話なんだと思います。




    それで

    私の場合、結構重視してるのが


    1抽象的概念を理解して

    2それを理解して「知識じゃなく知恵にして」

    3それを実際の具体的行動に落とし込む


    ってことでして



    例えばですね、多くの人がこの3行の



    「一番投資で強い属性は

    1位 亡くなった人か、

    2位 運用忘れてる人」



    っていうのを知ったところで

    実際はそれを具体的行動に活用できないわけですね。



    だから「ああ、じゃあ、気絶投資すれば

    株とかでは儲かるのね、

    そんで今はアメリカとかじゃなくて

    ロシアやら中国の新興国の銘柄が強いよね」


    とさえ知っていても、


    それは抽象概念、後ろの考え方が弱いから

    実は「気絶投資すらできない」


    わけですね。



    だから暴落があればすぐ狼狽売りしてしまうのが

    大多数の、おそらく100人中99人の投資行動で


    「何もしない=めちゃくちゃ難しい」


    というのが世間の投資家を分析して分かることなんです。



    それで「なんで長期保有ができないか」ってのは

    かなり深い話で、


    その部分を知ってる人は、まあ長期保有できちゃうし、

    そうじゃない人は出来ない


    ってところで


    だから長期保有ってのは 何もしないで簡単そうに見えて

    実はすごい難しいってのが現実なんだろうと。



    だからその 行動の後ろにちゃんと

    哲学なり抽象概念が形成されていないと


    そういうバフェットみたいな長期保有の投資行動って

    取れないものなんですね。



    そんで今日はその辺まで深堀りして考えて

    長期的行動につながるように、ってことで

    言論表現の自由を元に、書くのですが



    とりあえず分かっているのは

    「今後 伸びるような、資本主義が発達する

    地域の 投資対象に 投資を長期で継続していけば

    負ける可能性が低く、


    結果としてもう変える可能性が極めて高い」


    ってことでありますが


    この話を謎に今後衰退傾向の

    アメリカへの投資につなげる人が多いけどそうじゃなく、

    本当は


    今後の資本主義の中心地はBRICSなどの

    国々であるわけですね。


    G7よりG20の国々たちです。


    これはよく書いてるしこの前も書きました。



    ■バックナンバー
    【中国とロシアがアフターコロナでは資本主義経済の中心地域と
    なっていくという話】(アメリカは意図的に衰退へ)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202106&MID=2958#2958



    まあそれで 投資対象国を絞るってのは

    すごい大事なので、まず先入観抜きの勉強は必要ですが


    ここで結局

    長期で保有すること

    ってのが一番の難関だったりするわけですね。



    やっぱり人間の本能として

    今はFXNさんも同じようなことをおっしゃってるけど


    「早く利益確定したい人」ってのがすごい多いわけです。



    だから 長期で投資してどっしりとしていること

    ってのは人間の本能からしたら


    それに反するものでありますから


    だからここで「学び」が大事になるわけです。


    長期保有ってのは言うは易しなんだけど

    多くの人見ていれば大体が狼狽売りしてしまってる

    わけでありまして


    なかなか出来る人が超絶少ないってのが

    本当のところですよね。




    それで上の話で


    「一番投資で強い属性は

    1位 亡くなった人か、

    2位 運用忘れてる人」



    ってのがあるわけですが


    これは より深く考えるとどういうことか?

    っていうことなんだけど



    それは


    「投資家として求められるその役割、

    直接金融の役割に徹したやつが

    一番 投資家として儲かる

    という話」



    なわけですね。



    逆に言うとそれに反して

    私欲で売買しまくってる投資家は、


    それは資金調達したい起業家への

    ある種の裏切りでもあるから


    そういう銀行みたいな貸し剥がしのような

    間接金融みたいなことしてると、


    まあこれその投資家の儲けは限定されるという

    本質を示しているともいえる訳です。



    ちなみに間接金融ってのは銀行なんかが有名ですが

    一方株とかなんかですと直接金融でありますが



    起業家からすると、

    今まで銀行からお金借りて、間接金融で

    マネー借りて事業やっていたけど


    上場して株式市場で投資家から直接

    お金を借りることができるようになったりする

    わけですね。



    それで資本主義において株とかで

    直接金融の資金調達を起業家たちは行うわけですが


    役割としては 


    投資家が、今後有望な、社会に希少価値を作り上げる

    企業に投資をする


    という資本主義の役割が求められるわけです。



    そして企業の代表取締り役とか役員たちは

    そのマネーを使って、希少価値を創造して


    企業の社会的役割をさらに

    大きくしていき、売り上げもアップさせていく


    わけですよね。



    それで直接金融の中での

    投資家としての役割として


    その「投資家の役割を一番果たしてる人たち」

    それが


    1位死んでしまった人



    2位 運用を忘れてる人


    であるというのが事実なわけですね。


    例えば 頻繁に売買する投資家ってのは

    時に起業家たちに嫌われますが


    だって彼らは直接金融で資金調達したいのに

    すぐ売られてしまったら、撤退されてしまったら


    ビジネスを長期でしたくても出来ません。



    だから企業によっては「長く資金調達させてくれた

    長期保有の投資家を優遇します」


    っていうところも出てきてるけど


    それくらい企業は長期でお金を貸してくれる

    投資家を求めてるわけですね。



    それで 1位亡くなった人とか

    2位 運用忘れた人とかは


    実際の話は「資金を引き上げないで

    直接金融に徹してくれた投資家」


    であるといえまして、


    それはバフェットが分かりやすい事例ですが


    そこで資金を引き上げないで

    直接金融の役割に徹した投資家が最も儲かる


    ってのはある意味、資本主義の原理原則に合ってると

    分析できるんですね。



    だから実はこの なんとなく笑い話にされてる



    「一番投資で強い属性は

    1位 亡くなった人か、

    2位 運用忘れてる人」


    っていう話は、本当は


    「株など直接金融の中における 
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    「投資家の本来の役割」に徹した属性の人が
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    統計的にも一番儲かってます」
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    っていう、話なんです。



    資本主義においては

    投資家が資金のファイナンスをして

    起業家が頑張って その希少価値を社会に広めていく


    わけでありますが


    その投資家としての役割に徹した人が
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    本当は一番儲かってますよ~
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    っていう話なわけですね。



    ただ実際にはそういう人がほとんどいないから

    儲かってる属性は1亡くなった人と2運用忘れた人


    となってるわけです。




    ただ、そんな中で、 死んでもいないで

    現時点2021年で生存されており、


    さらに運用を忘れてもいない人として

    ヲーレンバフェットっていう人がおりまして



    やはり私たちは彼の姿勢を学ぶ必要があるよね、

    ってことなんですね。




    ちなみになんですが

    この


    「一番投資で強い属性は

    1位 亡くなった人(死んだ人)か、

    2位 運用忘れてる人」


    っていうのは極めて重要なことも示唆していて


    それが



    「アセットアロケーションでリバランスはしたほうがよいかどうか?」


    って問題があるんですね。



    アセットアロケーションについて知らない人は

    以前書いたから参考にしてください。


    もう最初からこれを考えておくべきだと

    個人的には思います。



    2021/03/13 バックナンバー
    【投資家の成功と失敗に「最も因果関係」があるのは
    アセットアロケーションである、ということについて考える!】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202103&MID=2857#2857



    それでここで例えば

    5種類のアセットに分散して資産を構築するとして


    もしくはアセットの中でポートフォリオ組んだりしますが


    そこで「リバランスはしたほうがよいのか?」って


    問題がこれ出てくるんですね。



    例えばですが銘柄として5銘柄を保有して

    長期保有してますと。



    それで5年経過して

    銘柄1が15倍に

    銘柄2が2倍に

    銘柄3が+20%

    銘柄4が-10%

    銘柄5が4倍に


    なったとしますよね。


    そこで「リバランス」ってのがあって


    銘柄1がまあ飛びぬけた結果を出してますが


    じゃあ銘柄1を一度 法定通貨に換えて、

    ドル転、円転してですね、(これを世間では利益確定とかいう)


    そしてその後ドル転や円転して

    また他の銘柄3とか銘柄4に割り振っていくべきか?


    っていうのが考え方としてあるんだけど


    これリバランスとか言うんだけど



    今回のこの亡くなった人の成績、運用忘れた人の

    成績が一番良いってのを


    考えたら、


    「リバランスはしないほうがよい」という結論に

    なるわけですね。



    だから「優秀な子を押し潰して平均化させる

    日本型の共産主義の考え方を適用するよりは


    ちゃんと優秀な子をはるかに伸ばしてあげる

    昔のアメリカや今の新興国のような

    資本主義の考え方を取ったほうが良い」


    ってことであって



    これも上記の 亡くなった人が最も成績が良い

    っていう話が私たちに教えてくれてることなんです。



    だから伸びてる投資商品が長期で保有して出てきたら

    伸びたいだけ伸ばしてあげればよい


    って考え方になっていきますよね。


    だからこの 亡くなった人が一番パフォーマンスが良かった

    最強の投資家であったってのは

    色々なヒントを与えてくれる話なんです。



    まあそれで多くの人の問題があって

    それが


    「長期保有して気絶投資が成果でるってのは

    なんとなしに分かってるけど


    やっぱりどこかのタイミングで狼狽売りしてしまってる」


    わけですが



    ここで、実はマスコミなどのプロパガンダに抵抗する

    脳の力ってのは大事になってくるわけですね。



    というのは、大多数の個人投資家が

    狼狽売りしてしまうタイミングってのがあって


    それが「マスコミが暴落や急落で一斉に騒ぐ時」

    だったりするんですね。


    例えば 会社の社長の不倫とかそういうのが

    問題で騒がれてるとか

    問題発言云々でマスコミが叩いてる時とか


    まあそんなときに暴落します。



    が、実際はその企業の本質的価値は落ちていないのだけど

    ただ市場っていうか多くの人は


    「マスコミや権威持つメディアに脳が弱い性質」

    ってのがありまして


    この辺がまず、長期保有できるかどうかの

    分かれ目なのかな?とさえ私は思います。



    だからまあ一例としてはマスクってのが今政治問題に

    なってるんだけど


    その有効性が疑われる中、

    それをマスコミに言われたとおり、何も考えずに

    権威妄信してしまってるタイプの人、


    なんかは投資では長期保有できない狼狽売りする

    思考回路と行動習性があるとさえ分析できちゃいますが、


    本当はだからそこで思考停止してる人たちが

    意味なく売って安くしてくれるので


    そこで効率的な売買を彼らはしないので

    そこを取っていくってのが本当の投資家の俯瞰した

    姿勢でもありますね。



    弱毒であることが最初から分かってるコロナ騒動で

    マスコミが騒いだために多くの人が

    2020年春に売りまくって、安くなりまくりましたが


    私はそこでほぼ底値で買い付けしたのですが

    やはり マスコミ妄信してる人たちはどうしても

    そこで底値で買い付けってのは難しくなるだろうし


    逆に そのプロパガンダ性を分かっていれば

    狼狽売りなんかもしなくなるんだろうと。


    だから反権威(反行政)っていう

    これ、実際はデモクラシーで最も重要な考え方ですが


    これが宿っていないと、やっぱり長期保有で稼ぐのは

    マスメディアの雑音を遮断して判断できなくなるため

    まあ難しいってことがあるのかなと。



    ちなみに以前に私が仕込んだある銘柄ですと

    昔、その会社さんが死にそうになっていたんですね。


    重要な日本の会社さんですが、

    マスコミにネガティブキャンペーンされて

    今にも潰れそうということでヤバかったんですが


    そこで私はルールにも合致してたので仕込んだのですが


    まあ数年は大変でしたが、やっぱりこれ

    長期で持ってると吹く時期があるのですね。


    ただここでは、儲けるというのが最初にあるわけではなく

    「助けになればな」ってことがまずあって

    ついでに復活できたら 報酬が乗っかればよいくらいで

    考えていましたが


    そういう直接金融に徹する考え方ってのは

    実際強いのですね。


    あと、例えば私はアレルギーで苦しんだ過去が

    ありますから


    自然に存在する食事やサービスを重視しますが

    そういうところにも直接金融で投資したのが昔ですが


    それはシンプルに「日本ではそういう食品になかなか

    ありつけない、どこも遺伝子組み換えだったり

    添加物ばかりだ、これを変える企業が必要」


    ってことで投資したのですが


    これはなんだかんだ10倍前後になってる感じですが

    それはだからお金が後から付いてくるみたいな

    感じなわけですね。



    ちなみにこれを私が当時学んだのが

    「日本のバフェット」って言われる竹田和平さんっていう方が

    いらっしゃって



    彼から学んだことです。



    貯徳思想ってのがありまして

    当時良く書いてました。





    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    PDFファイル【これからの時代「貯徳」できる人が富を得ていく!】


    http://fxgod.net/pdf/money/tyotoku2.pdf


    (直リンクです。編集後記はPDFの32ページから)


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




    ちなみに2016年の記事ですからかなり昔のものですが


    以下のように書いてます



    (2016年のメルマガ記事より抜粋)
    =============

    んで、この竹田和平さんですが、株で数百億円作った人なんですが

    彼がよく言うのが


    「徳を貯金する体質にしろ」


    ってことなんですね。


    彼は「貯徳」というのですが


    竹田和平さんは戦後食べるものに飢えてお金にも飢えた時代を

    経験しているんですが、そこで人にも好かれる素直な体質


    それがお金に好かれる体質なんだ、って気づいたそうです。


    だからいわゆる「徳」ですよね。


    これがお金に好かれる体質なんだと。


    だから徳を貯蓄しろ、というのが彼の言ってることで

    私は彼の資産というよりはこの言葉に結構共感を得て


    「日本にもすごい人いるよな~」ということで

    尊敬しているわけです。



    それで全ての分野において


    (変革期があって)導入期

    、成長期

    成熟期

    衰退・変革


    があるわけですが今の日本に関してはおそらく


    衰退および変革、の時代でしょう。


    現在の先進国不況ってのは結構すごいものがあるわけですが

    それは私は今上海でこのメルマガ書いてるけど

    外から見て、それを感じるわけです。


    上海の街とか前に写真見せましたがすごいんです、ほんと。



    一方先進国なんかはもう東京ですら最近少し

    ライトが照らされていなくて暗くなってきていますよね。



    それでこの不況を招いた大きな原因が前に書いた

    金融資本主義ってのがあると思うわけです。


    私もFXとかやってるから人のこと言えないんだけど

    ただやっぱり金融一辺倒の資本主義ってのがこの大きな不況を

    生むことになったってのは誰も疑わないところだと

    思います。


    ちなみに前の号に書いたのだけどこういう金融資本主義とか

    あとはそれに結びついて中東なんかで戦争して

    軍産系列が儲ける資本主義のことを「前期資本主義」って言うんですね。


    この前期資本主義、実は資本主義とは全く違うものでして

    似てるけど全然違うものなんです。


    多くの人々がそこに最近気づきだしていて

    なんか金融資本主義はおかしいってのは分かってきているわけですが


    ここでやはり人類に価値観の変革ってのが起こるのだ

    ってのが日本の大投資家である、竹田さんの言葉です。


    人々は過剰な金融資本主義からいずれ脱却して、

    そして「徳」が金を生む、という新しい時代に入っていくのだ


    というのがこの竹田さんの言葉なんですね。


    この竹田さんは200億円前後稼いだ投資家であるだけではなくて

    竹田製菓っていうお店の社長さんでもあるのですが


    彼はやはり「徳」を意識して、業績もすごい改善してきたんだそうです。


    この「徳」ってのはなんか抽象的だけど

    それはやはり今のアジアの中国とか韓国なんかに実は結構

    残ってるんです。


    私なんかは英語では合理主義は学べるけど「徳」ってのは

    学べないので、だからこそ最近韓国語もそうだけど

    中国語も学ばないとなって思ってたりします。


    ちなみに竹田氏が説く徳ってのは感謝の心だ、ということです。


    彼はお菓子屋さんをやってるわけですから

    毎回 ありがとう、ありがとう、という気持ちで食べ物を

    作るんだそうです。


    逆に「ばかやろー」とか思って作る食べ物なんて

    おいしくない、ってことでして


    やはり「徳」を「貯蓄」する「貯徳」って考え方は大事だと。


    それでやはりお金ってペラペラの紙なわけでして

    最近は単なる数字です。


    それを竹田氏は皮肉っていて、


    「多くの人は金融だけで富が生まれるって勘違いしてるけど


    現実にはあんなもの何も世の中に価値を生んでない。

    バーチャルゲームのような世界で富が生まれてると

    みんな勘違いしてるだけ。


    お金は道具、手段であって、目的じゃないよな」


    こういうことを言っているわけです。



    私もお金はあくまで手段、ツールだ、ということをよく書くのですが

    この考え方って大事だと思うんですね。


    それで私がこの竹田さんの立派なところだと思うのですが

    以前に定額給付金ってのがありましたが


    この竹田さん、その紙をビリッと破り捨てたと。


    家族の前で。


    それで

    「国家に頼るのはおかしい。民衆でやれることは民衆でやるべきである。

    国家がなんかやってくれるといって おいしそうだ、と思っていけば

    必ず何か罠があるもんだ。


    だからあんな定額給付金なんぞいらん。景気にはオレはもっと貢献してるでな。

    真心あるものを民衆に与えないと」


    っていうのが彼の主張なのですが

    まさに流れている思想は以前に書いた

    リバータリアンなんですね。


    それでこの竹田氏ですが資産数百億円の金持ちであるわけですが

    彼はあくまで お金は幻のようなもんだ、というわけです。

    お金だけで実現できないこともあるで、


    と彼は言います。


    ===========


    以上です!



    それでまあ2016年の記事で上のようなことを

    書きましたが



    日本のバフェットである竹田さんなんかですと

    徳を貯めるみたいな 重要な思想を構築しておりまして



    そこで「今後社会の為になる、笑顔を増やす

    希少価値を創造できる


    そういう企業にお金を長期で投じていく」


    っていう考え方がありまして



    これは「その企業の理念、思想を応援するからこそ

    狼狽売りなんぞは裏切りになるからしない」


    という投資行動を その哲学から作ることができるのが

    素晴らしいところなんですね。


    すなわち「本来の直接金融で期待される投資家としての

    役割」のために


    どうもこの 日本の竹田さんとかアメリカのバフェット

    みたいな徳を貯金するみたいな思想が

    すごい大事なわけですね。



    ちなみに両者とも特徴的なのが節制してるってことで

    やはり資産が増えると人間って贅沢を沢山したがる

    わけですね。


    ずばり出費がすごい増えて生活水準が上がる。


    が、バフェットなんかは分かりやすいんですが

    あの人は


    「毎朝3ドルほどでマクドナルドを食べている」

    ってのは有名な話ですが



    ここで生活水準が極度にあげるようなことを

    してないわけですね。



    それで 消費を沢山しない代わりに

    そのバフェットの残ったお金は丸々

    投資家としての役割である直接金融、株に回っていくわけで


    そこで企業が社会の希少価値を創造するために

    そのマネーが使われてるわけですが


    だから考え方としては

    自分のマネーは自分の所有物ではあるけど


    将来、企業たちが社会に希少価値を作るための

    武器としてのマネーであるから


    自分の贅沢より、社会の希少価値創造を資本主義でやるのを

    優先するという


    思想がおそらく働いてるんですね。



    だから稼いだお金もほとんど消費に回らず


    その代わりに、投資に回り

    企業経営者たちが希少価値を作るのに使われていくわけで


    結果として バフェットはお金持ちになっていった

    ともいえるわけですね。


    この辺の思想は竹田さんも同じですよね。



    それで個人的には、資産や収入が増えるほど

    多くの人は生活レベルを上げるものだってのは

    知っていたため


    私のケースですと、資産や収入が増えるほど

    出費減らすって変態みたいなことをやってきたのですが


    それはやはりバフェットの背後にある資本主義思想が

    大事だと思ったからなんですが、


    今なんかですと日本の物価の数分の1の中欧地域で

    暮らしてますが


    まあ物価激安で、派遣時代より出費少ないと

    思いますが


    私の場合ですと 稼いで資産増えるに従って

    生活レベルを下げていくってことはやりましたよね。



    そんでそうしていくと、どんどん入ってくるお金が

    増えるけど、消費はまあ減って、


    結果としてボンボン、直接金融できるようになって

    なおかつ、稼いでも別に 幸せをお金に依存させないように

    してますから


    それでさらに運用額は膨らんでいくわけですね。


    これはちなみに資本主義の精神ってのがあって

    そこでは、


    NY金融街みたいに儲かったからといって

    過度に過剰に贅沢はしないけど


    ちょっとした 記念日の豪華な食事とか

    そんなのは肯定したりしますが


    過剰な贅沢は肯定しないけど

    ささやかな贅沢は必要だ、みたいなバランスの

    考え方があるんですが


    個人的にはその考え方を重視してます。



    んで、幸せってのを考えた場合、

    例えば私は夜遊びとかはさすがにおっさんなので

    しなくなりましたが


    ここで公園とかでこういう光景を見てるだけで

    幸せですし


    これは公園の中の風景ですが


    (写真)みんな自然に音楽に乗せられて踊りだしちゃった
    http://fxgod.net/gazou/picture/2021/chuou_nature14.jpg


    まあこんなの見て、

    あとは子供たちが元気に走り回ってるの見てたりするんだけど


    まあそれで人間は十分に幸せは感じられるものですね。


    そんで、じゃあそんな生活していて、

    だから私の生活出費はいまや 生活保護の人と

    同じか、それより低いでしょうが


    そこでこれ不満あるかといえば

    物価安いですから、毎回タクシー移動ですし


    外食もよくしてるし、なんら不満はなかったりするのですが

    (海外を利用すると、満足しながら出費減らせます)


    だからそうやって資産増やすのは

    苦にはならないってのもポイントです。



    ちなみに、資産を増やすのはゲームの

    ファイナルファンタジーのレベル上げに

    似ていますよね。



    RPGゲームですと

    テクニックだけでボスのステージまで行っても
    実力ないとボスは倒せないのですが


    レベルあげしまくりで実力あげると

    ボスを楽勝に倒せるのですが


    それにイメージ近いですが

    レベル上げていくと、色々出来ることも増えてきます。

    (具体的に言うと、移住するためのビザ取るとか。)



    この辺の考え方は私は

    「最強の気絶投資家」であるバフェットであったり

    あとは竹田さんの書籍などに


    多く学びましたが


    やはりそれらの思想とか哲学とか

    抽象概念を理解して、


    初めてそれらの 長期投資の握力ってのは

    付いてくるのだとも思いますね。




    それで長期投資のパフォーマンスに関しても

    私は考えるのですが


    よくグーグルの検索で引っかかるブログは、

    インデックス投資を進めたがりますが



    これも嘘があって、背後には

    「勉強したくないという
    資本主義の精神である勤勉思想に反する考え方がある」


    のだと思いますが



    そこだと消費者独占企業見つけられないから

    長期保有のパフォーマンスは弱くなるってのはあると

    思います。



    やはりバフェットがしてるみたいに

    企業の分析や勉強は大事ですよね。





    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    【億万長者バフェット学】


    PDF【資産10兆バフェットは大衆投資家が暴落で焦ってるところで買う】
    (億万長者バフェット学)
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory1.pdf


    PDFレポート
    【億万長者のバフェットが避けたがる
    「コモディティ型企業」について知る!】
    (億万長者バフェット学)
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory2.pdf

    PDFレポート【投資したら損する「コモディティ企業」を
    バフェットが見分ける「7つの基準」とは?】
    (億万長者バフェット学)
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory3.pdf



    PDF【バフェットが愛する「消費者独占型の企業」とは何か?】
    (億万長者バフェット学)
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory4.pdf


    PDFレポート
    【バフェットが「消費者独占型企業」を見極める
    3つの方法とは?】
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory5.pdf


    PDFレポート
    【バフェットが株を仕込む際に見る「ROE15%基準」とは?】
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory6.pdf



    PDFレポート
    【「バフェットが消費者独占型企業を
    割安かどうか見抜く計算式」とは?(億万長者バフェット学)】
    http://fxgod.net/pdf/buffet_theory7.pdf



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



    それで、重要なのは

    ****さんも私も、


    生きていて、運用を忘れてるわけではありませんから


    まさに



    「一番投資で強い属性は

    1位 亡くなった人か、

    2位 運用忘れてる人」



    この1位と2位の属性ってのは勝てなそうではありますが、


    しかし

    それこそ亡くなった人や運用忘れる状態レベルで


    直接金融の投資ができるように

    生きてる私たちにとっては

    学び、勤勉さってのが大事になるわけですね。




    それであとは重要なのは

    「有能な経営者で持ってる投資対象は選ばない」

    ってのが大事で


    長期投資で絶対的に必要なのが

    「堀があるか」っていう考え方で



    「その会社の社長がどうしようもなく

    能力がない人であっても

    生き残ることができるビジネスモデル」


    である必要があるわけですね。



    堀ってのは城をイメージしてもらいたいけど

    城の周りに どの敵兵も入ることのできない

    深い深い堀があれば


    その城は将軍がどんなに能力なくても

    永続しますよね。



    だから経営者がカリスマではない凡人であっても

    社会では重要な、希少な価値を持ってる

    そういった投資対象、これが


    長期投資でパフォーマンスを出す秘訣でもありまして

    バフェットがいう消費者独占企業ってのは

    それです。





    それであとは、そういう企業を見つけたら

    投資を開始して


    あとは 投資家の資本主義における役割を

    自覚して、


    それに徹する、


    これをやるとその人は資産家になっていきますよ

    ってことであるわけですね。


    そしてこれは哲学家の、資本主義を肯定したくなかった

    マルクスも気づかなかった

    そういう真実だろうと思います。



    まあだから



    「一番投資で強い属性は

    1位 亡くなった人か、

    2位 運用忘れてる人」


    っていう話は実はかなり深い話で


    それを より生きてる私たち投資家用に

    翻訳すると


    「資本主義における

    投資家として求められる直接金融としての

    役割に徹した人が儲かる確率が高いです」


    ってことですよね。



    そんで今の時代はこれ

    やはりネットの発達もあって


    頻繁な売買が流行しちゃってるのはありますが


    やはり直接金融で投資する以上、

    相手の起業家とかもいるわけでして


    彼らからしたら 売られるってのは

    銀行が昔やっていた貸しはがしされる

    みたいなイメージでしょうから


    もう最初 精査しまくって

    そこで「ここに投資する」と決めた以上は


    その直接金融の投資家としての役割に徹すること


    これが一番 現物投資においては

    結果的に金持ちになっていく秘訣とも言えますね。



    そんで頻繁な売買は楽しいかもしれませんが

    それは資本主義で資産拡大させるという

    目的合理性はありませんから




    どちらかというとそれで喜ぶのは

    大企業の証券会社や役人だけかもしれませんので


    そこで、私たちは長期保有の場合は

    あくまで投資家としての役割に徹するのが一番良い

    ってことですね。



    まあだから


    儲かってる人の口座の属性は

    1亡くなった人で

    2 運用忘れた人

    ってのは盲点でありますが


    それを真剣に考えていくと


    個人投資家として何を長期でしていけばよいかが

    分かるので


    意外に重要なことでありますね!


    それで長期保有ってのは何も考えずには

    なかなか難しいものなんですが


    その企業であったり暗号通貨であったりでも

    良いけど


    そのサービスの今後の世界での役割とか、

    あとは投資家って言うのは資本主義でどういう

    役割を求められるか


    などを考えていくと


    その考えた末の、ガッチリした思考の型ができて


    それが狼狽売りとかを防いでくれたりするので

    長期で保有するっていう難しいことが可能になるんで

    「学ぶ」ってのは大事だったりするわけです。



    なかなか死んでしまった人や、運用忘れた人には

    勝てないよなっていう考え方もあるんですが


    実際は学ぶことでそれは可能になってくる

    面白さはありますよね。



    ということで何気に笑い話になってるようで

    重要な話でしたので


    今号で扱いました。



    投資においては

    そこに「哲学を自分なりに作り上げる」ってことが

    やはり大事ってことでもありますよね。



    握力ってのはそういうところから

    生まれるっていう話でもあります。



    では!




    ゆう







    追伸・・・そんで最近FXNさんのサイクル理論やってますが

    FXNさんのやり方は


    サイクル理論で仕掛け場所見つけて

    出口作ったうえで


    利益伸びてきたら伸ばせるだけ伸ばすのが

    特徴ですが


    これとかバフェットが株でやってることを

    FXに応用した感じにも見えますが


    この「利益を伸ばすだけ伸ばす感覚」を学べるのが

    このFXNさんの案件で強い点ですね。


    普通はなかなかそれが学べませんので。


    またFXNさんの案件は6月27~68日前後に

    公開する予定もあるんで


    お楽しみに!


    すなわちサイクル理論でも利益伸ばしてる

    数週間とか数ヶ月は チャートは見るけど

    何もしないわけで 天井までは気絶してるに近いわけですが


    そういう状態を作っていくことが大事で

    投資においては労働としてチャートを沢山みたり

    トレードしまくるのは不正解となることが多いってことですね。



    FXにおいても勝ってるトレーダーが

    損小利大の長期スイングスタイルに

    集中してるってのもその辺かと思われます。



    それでは!









    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    【動画】みんな知らないサイクル理論を使って「ブレイクの騙し」を
    見破ってしまう方法とは?

    ⇒ https://youtu.be/DoiohW_NE68


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




    【動画】「勝率は大事じゃない」と
    サイクル理論を使う億トレーダーFXNが考えてるのはなぜか?

    ⇒ http://www.snatchfx.com/fxn_shouritu


    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


    (最近のFXN関係の記事)

    ■【FXNの動画】【富裕層】出会いがお金を生むとはこういうこと
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202106&MID=2956#2956


    ■【動画講義】FXNは「どういうエントリー時の資金管理戦略」で 億トレーダーになったのか?
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202106&MID=2954#2954



    ■【年間1億円稼ぐFX・Nから動画で学ぶ!】
    スキャル・デイトレ・スイングで 最もいいトレードスタイルは?
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202106&MID=2952#2952



    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★














    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)



    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)
    先頭へ戻る