ゆうのメルマガバックナンバー
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2021/12/31  【元K1チャンプに挑戦し、勝利した「シバターさんの生き様」が 私たちに教えてくれること】
  • 2021/12/30  【2022年は北朝鮮化する欧州EUと、意外に自由な極東アジアの構造が より顕著になりそう】
  • 2021/12/29  【世界で話題の「ジェイコブ・ロスチャイルドの返事」を見て 「軍産プロパガンダの限界」について考える!】
  • 2021/12/28  【写真50枚】トルコ・イスタンブールの日本料理店や中華料理店や韓国料理店とは!? (意外にアジア食が充実してきてる)
  • 2021/12/27  【投資やビジネスで「やる気が出ない問題」は実は中医学で解決できる!? ことについて考える!】
  • 2021/12/26  【ヒグマが住宅街に現れ12人が襲われたことから 寒冷問題について考える!】(今後の「人類総・冷え問題」を考える)
  • 2021/12/25  【在日米軍のコロナ対策に怒りを表明した岸田首相の思惑について 考える!】(政治家主導に動く日本)
  • 2021/12/24  【「コロナの飲み薬、経口薬」が日本で初承認されたことと、 今回の騒動で見えるお金の限界と自由 について考える!】
  • 2021/12/23  【リラ乱高下、インフレが進むトルコに住んでみて 色々考えること】 (世界各国のコロナ関係アプリはデジタル通貨構想のシステムテストっぽい)
  • 2021/12/22  【最近日本で「経済の方が大事」「五類に下げろ」という声が 一気に増加してきていることについて考える!】 (マスコミの恐怖扇動が効かなくなってる日本)
  • 2021/12/21  【オミクロン関連の大本営発表に民衆が対抗する 戦略とは何か?を考える!】 (まだ人々が知らない教育による脳や知能の成長特性、について。)
  • 2021/12/20  新案件! 【LINEとメルカリを組み合わせて毎月50万円を稼ぐ戦略とは!?】
  • 2021/12/19  【最近は、収入や資産格差は○○の差で出来上がってる】
  • 2021/12/18  【フランスの実質のワクチン義務化の狂気な政策と、 その暴政を冷静にみる日本の人々】
  • 2021/12/17  【写真40枚】トルコの下町を散策して韓国料理屋に行ってみる
  • 2021/12/16  【止まらぬ中小のコロナ破綻、について考える!】 (厳しい現実を直視する!)
  • 2021/12/15  【なぜ日本では共産党も自称保守も同調して北京五輪の外交ボイコットを言うのか?を 考える!】(副題:日本の本当の戦後権力構造と世論工作についての分析)
  • 2021/12/14  【投資やビジネスで「リバランス」はしたほうが良いのか?を考える!】 (副題「出来る事業や銘柄や人を伸ばしてあげるべきか、平均化するべきか」)
  • 2021/12/13  【「普段の風邪以下」と分かってきたオミクロン株のことや、 「今年の超過死亡数の問題」がついに報道されだしたことなどを考える!】
  • 2021/12/12  【「世界の消費する若者たち」を相手にして 「初心者でも月収100万円を稼ぐ」戦略とは!?】
  • 2021/12/11  【「アジア各国が主導する世界体制」の重要性とは!?】
  • 2021/12/10  【「パンデミック条約」の国際政治を田中先生の論文を見て考える!】
  • 2021/12/09  【「不毛な受験戦争を撲滅させる!?」という中国国内の動きについて知る!】
  • 2021/12/08  【「共同富裕」で中国はさらに金持ちになっていくという話】
  • 2021/12/07  【FX新案件】月間利益562万円勝率94.02%を再現していくための戦略とは!?
  • 2021/12/06  【最近アメリカ在住日本人がアメリカ移住をおススメしなくなってることを 考えて 最適な移住先を考える!】
  • 2021/12/05  【トランプの「反ビッグテックの新SNS会社」が 投資家から1,120億円を調達することについて考える!】 (副題:なぜアメリカ人たちはGAFA独占に怒るのか?)
  • 2021/12/04  【オミクロン株騒動は今までの変異株騒動とは「少し違う!? 」ことについて考える!】 (「オミクロンにパニックの必要なし」と本当のことをいったWHO)
  • 2021/12/03  【中国や日本で続々と原発稼動していく今後の流れについて 考える!】(ウラン市場が個人投資家に人気)
  • 2021/12/02  【海外にいる日本人の実質帰国禁止措置の 「見直し」が政治家達によってされたことについて 背後の政治を考える!】(官僚が決める政治、の問題点)
  • 2021/12/01  【12月3日に副島先生の最新刊である 「ディープ・ステイトとの血みどろの戦いを勝ち抜く中国」(ビジネス社)が 発売されるようです!】(アジア人同士戦わず)
  • 【世界で話題の「ジェイコブ・ロスチャイルドの返事」を見て 「軍産プロパガンダの限界」について考える!】
    配信日時:2021/12/29 22:15
    【世界で話題の「ジェイコブ・ロスチャイルドの返事」を見て
    「軍産プロパガンダの限界」について考える!】
    ⇒編集後記で!

    ~~~~~~~~~~


    どうもゆうです!

    ****さん、いつもご覧頂きまして

    ありがとうございます。


    さてさて、前号ではトルコの現状なども書きつつ

    私たちアジア人には海外で必須の

    アジア料理店として日本料理店とか韓国料理店とか中華料理店について

    色々扱いました~


    意外にもう最近はトルコですと、

    イスタンブールに行けば、アジア料理をちゃんと食べながらも

    海外生活ができるようにはなってきてますね。



    ちなみにやはりコロナ騒動が続いてるけど

    そんな中でも潰れないで経営を維持してるお店の偉さがあって

    それはやはり敬意を払わずをえないですね。


    彼らアジアの移民たちがなんとか経営維持してるからこそ

    トルコで住む日本人や韓国人や中国人たちが

    アジア料理を食べられるわけですから。


    ■バックナンバー
    【写真50枚】トルコ・イスタンブールの日本料理店や
    中華料理店や韓国料理店とは!? (意外にアジア食が充実してきてる)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3168#3168



    さてさて、それでまあ最近は色々な話を扱ってるのですが、

    この数日世界で話題になってる

    「ある返事」がありまして


    それが「ジェイコブロスチャイルドからの返事」なるものが

    世界でこれ話題になってましたよね。


    ある英語圏の独立系ジャーナリストに対して

    ジェイコブロスチャイルド本人を名乗るものから

    返事がありまして


    これがなかなか内容が、面白いので、

    世界で話題になってるわけで日本でも一部の人たちで

    話題になってます。


    それで内容としてはまさに今ワクの強制問題ってのが

    世界で問題になってるんですが


    彼らの戦略について扱ったものなんだけど

    まあそうだろうな、って内容なんだけど


    「これはジェイコブロス茶ではなく、

    あくまで英米諜報の情報戦略じゃないか」なんて声も

    あるんですが


    内容としてはその全能感とかは

    まさにワクチンの行政による暴政でも見られるわけで

    非常に興味深いのですね。


    それで私のメルマガではよく大衆の心理操作である

    「プロパガンダ」について

    扱ってるんですけど


    それはもう2020年からこの「プロパガンダ」について

    相当あつかってますが


    このジェイコブロスチャイルドを名乗る人間からの

    返事ってのは


    私の読者ならすごい理解できる内容、にも

    なってると思いました。


    今までメルマガでもプロパガンダであるとか

    恐怖でIQ下げさせてでの

    共同認知作成機能ですね、この辺は沢山やりましたよね。



    これがまあ現代の本質で、それは

    ワクチン強制やワクパス騒動でも世界中で裏で為政者に

    活用されてる知識だから

    まあメルマガで扱ってる。


    そこで今回のジェイコブロス茶を名乗る人間からの返事ってのは

    面白く、


    なぜかというと、「軍産プロパガンダの限界」を

    実は裏側で感じ取れる内容でもあるからなんです。


    ということでこの世界でもネットで今話題の

    ジェイコブロス茶の返事ってのは

    かなり面白いので、


    是非見てみましょう!


    編集後記で!







    ■バックナンバー


    【写真50枚】トルコ・イスタンブールの日本料理店や
    中華料理店や韓国料理店とは!? (意外にアジア食が充実してきてる)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3168#3168


    【ヒグマが住宅街に現れ12人が襲われたことから
    寒冷問題について考える!】(今後の「人類総・冷え問題」を考える)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3166#3166



    【「コロナの飲み薬、経口薬」が日本で初承認されたことと、
    今回の騒動で見えるお金の限界と自由 について考える!】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3164#3164


    【リラ乱高下、インフレが進むトルコに住んでみて 色々考えること】
    (世界各国のコロナ関係アプリはデジタル通貨構想のシステムテストっぽい)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3163#3163


    【最近日本で「経済の方が大事」
    「五類に下げろ」という声が 一気に増加してきていることについて考える!】
    (マスコミの恐怖扇動が効かなくなってる日本)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3162#3162


    【オミクロン関連の大本営発表に民衆が対抗する
    戦略とは何か?を考える!】
    (まだ人々が知らない教育による脳や知能の成長特性、について。)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3161#3161


    【最近は、収入や資産格差は○○の差で出来上がってる】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3159#3159




    【フランスの実質のワクチン義務化の狂気な政策と、
    その暴政を冷静にみる日本の人々】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3158#3158


    【写真40枚】トルコの下町を散策して韓国料理屋に行ってみる
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3157#3157













    ==========編集後記==========

    さてさて、前号では私が住んでみてるトルコの情勢について

    かなり詳しく書いたのですが


    そこで実際の生活ではアジア料理店とかは長くいると

    大事だったりするので扱いましたが、


    まあそこでトルコの実際のコロナ規制の状況なんかも

    書きましたが


    ああいう情報のほとんどが今、表のGAFAメディアであるとか

    マスコミ、新聞で隠されてるのが現状なんですね。


    mRNAワクなんて危険だから打たないって人は

    結構多いはずなんですが


    トルコなんかは人権侵害がそこで起こらないように

    政府が必死に頑張ってる国ですよね。


    ちなみにそのトルコをある種のワク地獄、コロナ規制地獄に

    追い込んでやる~ってのが軍産官僚の考え方で

    今トルコの立派な実際は自由を守ってる

    エルドアン大統領を軍産メディアが攻撃してるのですが


    実際はトルコは日本に負けないくらい

    人権侵害が起こらないように頑張ってる国なのは

    どうも住んでみて事実ですね。


    私は日本から6000キロ離れた国にも、

    希望を見出しますね。



    さて、それで私も日々書きたいことも沢山あって

    筆がっていうかタイピングしてる指が追いつかないで

    全部はかけていないのだけど


    今号で扱いたいと思ったのは

    「ジェイコブロスチャイルドの返事」ですね、

    これが世界中で英語圏で話題になって 日本でも話題になってますが


    これは大変面白いので、色々「思考するためヒント」を

    与えてくれてるので、扱いたいと思ったわけです。


    ちなみに今は

    軍産VS多極派の戦い  ってのが本質であって

    ってのはもう長く書いてきたから説明省きますが


    今号のジェイコブロスチャイルドの返事ってのは

    いわゆる軍産官僚側の意見、が書かれてるわけですが


    それは今世界中のネットで

    「これはジェイコブロスチャイルド本人っぽい」

    「いやいや、MI6の情報戦略で流してる」

    「いやいや多極派側の諜報が戦略を見破って

    「ここに穴を君たちは気づけるか?」という思考テストとして

    流してるのではないか」


    など色々議論があるんですが


    まあ一言 コロナのワクチン強制、

    あとは世界のコロナプロパガンダを表現してると言う意味で

    大変読み物として面白いのは事実なんです。


    それでこのジェイコブロス茶本人かどうかは分かりませんが、

    しかし、書かれてる内容は


    もう私のメルマガで軍事プロパガンダであるとか

    メディア活用の共同認知作成機能だとか、

    あとは諜報の情報扇動方法なんかも色々扱ってきてるから


    まあ私の読者さんは結構理解できるし、

    面白いと思います。


    それでいつもながらの

    「謎の万能感」に溢れてるのが文章の特徴なんだけど


    「俺らはエリートで頭良くて、

    おまえら大衆はコントロールされるだけなのだ」

    くらいの感じで書かれてるのですが


    正直、「意外に話題になってる割には浅い」のもありまして

    すなわち戦略に穴が沢山開いてるんだけど

    それも示唆していて面白いわけですね。


    「軍産プロパガンダの限界」とタイトルにつけたのは

    まあだからその辺の理由なんだけど、


    しかし今、各国のテレビでの大衆心理扇動のプロパガンダであるとか

    その辺はもうこの2年間書きまくってるけど

    ある種今はそこでワクチン強制策が取られてるのですが


    しかしその扇動の限界が見え始めたこのタイミングで

    この文書が英語メインで出てきたってのが面白いわけです。


    ということでとりあえず見てみましょう!


    実際は軍産のやってることは

    「ワンパターンな単一思考の戦略」でしかないのですが


    しかしその心理学に依存した

    「ワンパターンな単一思考の戦略」をドヤ顔で

    ジェイコブロス茶を名乗る人が(本人ともいわれるが)

    語ってるのが面白い。


    ちなみに内容としては

    裏社会の研究で有名で、著作も多い

    著述家のヘンリー・メイコウ氏のHPに対して

    返事コメントとして


    ジェイコブ・ロスチャイルドからの返信が来たってことで

    世界で話題になったものですが、


    そこで「本人か偽物か」ってことで

    議論にもなったのですが


    いずれにしてもこのヘンリー氏への

    ジェイコブロス茶を名乗る人間からの返事は面白いので、

    見てみましょう。



    日本の民衆側に立ってる立派に活動されてる

    中村クリニックの中村さんが

    翻訳されたもので 非常に分かりやすい日本語で翻訳されてます。


    ↓↓
    ============

    「Dear ヘンリー
    あなたは問題を指摘するのが上手だ。


    おっしゃるように、

    このコロナ騒動は世界の財政、資源、生産、消費、汚染、過剰人口を

    管理/規制するためのものである。



    もっとも、あなたが何を考え何を言おうが、

    私の一族が支配する機関

    (イギリス王室、バチカン、メイソン、

    世界の主要な君主、企業など)はまったく意に介さない。



    我々が支配するのは、金融機関だけではない。


    あなたの政府もメディアも支配しているし、

    地球上のほとんどすべての仕事、

    そしてあなたの銀行口座のお金さえ支配している。


    あなたはこの事実を変えることはできない。



    ヘンリーよ、あなたは様々な事実を突きつけて

    我々を攻撃しているが、そういうやり方はまったく時代遅れだ。



    人々というのは、概して「ふりをする」ものだ。

    他の人が信じているものを信じるし、

    そうでなければ、メディア(つまり我々)に

    誘導されることをするだけのこと。


    あなたのように世間の人々の信念と反対のことをすれば、

    ろくに話も聞いてもらえず、

    社会から閉め出されることになる。


    実際そういうことがあなたにも起こっているだろう?



    権力者は大衆を誤った方向に導いたり、

    あなたみたいな人を拒絶/迫害するように

    大衆をコントロールしている。


    あなたはそのことについて道徳的な疑問を持っているが、

    それは我々には関係ない。

    それはあなたの問題であって、我々の問題ではないのだよ。



    あなたは、私の支配下にある(英国とは)別の国で

    言論活動をしているわけだが、


    あなたの文章はここ英国の私の裏庭にも届いており、

    「真実に敬意を」と称するあなたのサイトを

    見ることができる。


    もっとも、そのやり方は時代遅れで、規模も小さく、

    無名かつ下品なフォロワーがいるだけのサイトだが。


    影響力のある人物は誰もあなたの言葉など聞いていない。


    ただ、私は特別な機会(今回のあなたの投稿のような機会)に、

    あなたの誤りを正す必要があるとも感じている。



    ■世界管理に必要な物質的平準化(material levelling)と

    人口削減 



    巨大な権力と富を手に入れると、

    多くのものを支配下に置くことになる。


    この支配によって、自らの利益を保ち、また、

    拡大するわけだ。


    しかしこの支配を維持するには、

    とてつもなく重い責任が伴う。


    先ほど言ったように、環境汚染、紛争、搾取、人口過剰など、

    果てしなく続く解決困難な問題に対し、

    様々な決断をしなくてはならない。


    ジャック・アタリは、新世界秩序プロジェクトの忠実な弟子だ。

    このプロジェクトは、世界政府によって

    多くの物事を地球規模で支配することを目標にしている。


    その手段には、平等のための物質的平準化と

    世界人口の激減がどうしても必要となる。


    これらは、残念ながら、あなたが感情的に

    どうしても受け入れられないものだろう。



    あなたが抱えている問題は、この問題に反対する

    常識的な人がほとんどいないことにある。



    また、あなたが唯一不満に思っているのは、

    これらの解決に必要であると私たちが考えている

    手段にあるようだ。


    あなたは

    「これらの問題の多くは誇張されており、

    現時点では存在しない可能性がある」と主張しているが、


    この点についてはあなたの言う通りだ。


    しかし、私たちは50年、100年先を見据えた計画を立てている。


    大事なことは、恐れていることが

    将来起こらないようにすることだ。


    この計画の中で、私たちは外国勢力による

    土地や資源の収奪や、増え続ける公害問題を

    監視する必要があるし、


    もっと重要なことは、自国の人々が将来

    大きな問題とならないように、

    収奪、過剰消費、過剰繁殖を止めるよう

    コントロールしなければならない。



    また、いったん権力や富を持つと、

    それらを捨てたり、分かち合ったりすることが

    非常に難しいことに気が付くだろう。


    しかし、権力や富というのは、

    増やすことができるのはもちろん、


    自分の支配下にあるすべての人々にとって、

    物事をより平等にしたり、

    争いを鎮めたりすることができることにも気が付くのだ。



    ■権力のしんどさ

    ヘンリーよ、あなたには理解できないかもしれないが、

    我々世界の指導者たちが背負っている重荷は、大変なものだ。


    我々は、イギリス王室やバチカンを含む

    すべての国家元首、そして世界の有力な家系とともに、

    世界統治の新秩序の計画を遂行するために、

    懸命に働いている。


    また、世界の貿易は大幅に拡張し、

    規制が必要な状況になっている。


    ヘンリーよ、あなたに尋ねるが、

    こうした計画や規制は、我々の力によるのでなければ、

    一体他の誰にできるというのか?



    我々は、将来の世界には十分なものがないと考えている。

    だから、まず世界をコントロールしなくてはいけない。


    次に、そこにあるものを我々が選んだ人たちに、

    最も有利と思われる形で分け与えなければならない。


    権力はそのためにあるのだよ。


    あなたがは、これらの問題を解決するために

    私たちが使っている方法に対して、懸念を表明している。


    あなたはそれを「全体主義」とか「共産主義」だと言っているが、

    我々にとっては、

    それらは「真実」「自由」「正義」といった類の

    抽象的な言葉に過ぎない。


    どんな危機においても、人々は感情で行動するものだ。


    実際の事実や批判的思考、理性に基づく行動などしないのだ。


    あなたは明らかに我々のレベルに達していない。


    あなたの文章から漂う知的なプライドはけっこうだが、

    それは人々に、社会に、何の変化ももたらさないだろう。


    あなたは、時代遅れのコミュニケーションの中で

    孤立しているに過ぎない。


    論理と事実は(科学における論理と事実さえ)、

    支配されているのだよ。


    あなたが我々のやり方にグダグダ文句を言ったところで、

    事態は何一つ変わらない。



    問題の中身が何であれ、それが深刻な問題であると

    世間一般が認識していれば、

    大事なのは解決策とその解決策への協力である。


    我々は問題を設定し、その解決策を提供する。


    実のところ、20世紀を支配したのは、

    事実でもなければ理性でもない。


    心理学の利用こそが20世紀を背後で動かした原動力だ。


    なるほど確かに、あなたは知的であり、

    ジャーナリストとして能力があるかもしれない。


    しかしあなたがこの世界で現実的な力を持たないのは、

    このあたりに理由がある。



    あなたは、パンデミックやワクチンについての

    真実をあばき出すことで、

    人々に影響を与えられるとでも思っているのだろうか?



    バチカンのフランシス(ローマ法王)でさえ、

    パンデミックが必要であったことを知っている。


    なぜ、あなたが言うところの「共産主義者」である彼が、

    歴史の中の特にこの時期にその職に据えられたと思う?


    新しい秩序を切り開くためには、

    多くの変化を起こさなければならない。


    多くの人事が必要となる。

    彼ら全員がユダヤ人というわけではない。


    私としては、もっと多くのユダヤ人を任命すべきだし、

    フランシスがもっとユダヤ的であれば、と思っているが。


    私たちの計画については、

    すでに国連や世界経済フォーラムで表明されているわけだが、

    あなたは我々のやり方のことをまったく分かっていない。


    そのことをお伝えしよう。

    いや、こういうことを明かしたからといって、

    私たちの計画への反対派が勢いづいて怒り出す、


    などという心配はまったくしていない。


    あなたはワクチンのことを言っているが、

    なぜこれが国民に強制されているのか、

    それさえあなたは分かっていない。


    あなたは不思議に思っている。


    「このウイルスは脅威でも何でもない。

    ワクチンは明らかに不必要かつ役に立たない。

    何ならむしろ、淘汰への序曲、それ以外の何物でもないじゃないか」


    あなたは尋ねる。


    「明らかに危険であり多くの死亡や健康問題を

    引き起こしているこのワクチンを、

    なぜ政府は国民に強制しているのだろうか」


    さらに尋ねる。


    「なぜ政府は、ウイルス症状を効果的に治す

    安価な薬の使用を抑圧し、

    役に立たない危険なワクチンを使わせようとするのだろうか」


    このことはあなたにとって謎であり、

    それゆえにあなたは陰謀論に走るわけだ。


    「人間の群れを淘汰するためにワクチンを使っているのだ」

    などとね。


    ヘンリーよ、そういう声をあげることで、

    人々が怖がり目を覚ますとでも思っているのか?

    あなたは小学生のように「なぜ?」と問い続ける。


    人々は政府が自分たちの世話をし、

    お金をくれ、安全を確保しようとしていると信じ切っている。


    そんな国民に、あなたの主張する

    事実や理性が通用すると、本気で思っているのか?



    ヘンリーよ、すべては心理学とメディアなのだよ。


    私がここで何を言ったところで、結果に何一つ影響は出ない。


    我々は現在、毎年ワクチンを受けるように

    人々を調教しているわけだが、


    そういうこと以上にもっと重要なことが起こっていることに、

    あなたは気付かないのだろうか?


    中央集権的統制と共産主義について、

    私の友人のジャック(アタリ)が言っていることが正しいとすれば、


    「平等」こそ我々のアジェンダと新世界秩序の

    最も中心的かつ根本的な概念となる。


    我々が

    「全員がワクチンを受けなければならない」と言うとき、

    我々がそれを本気で言っている。


    そのことはあなたにも分かるだろう。



    しかしあなたが分かっていないことは、

    「平等」こそがこの運動全体の本質ということだ。


    ヘンリーよ、「全員(everyone)」という言葉が鍵なのだよ。


    これは魔法の言葉だ。


    全員が同じことをしなければならない。

    我々が育成したすべての共産主義国家では、

    この新秩序において計画された

    「平準化」のための「平等」のため、


    人々が同じニーズと欲求を持たねばならない。

    そして全員が同じ命令に従うよう、調教されねばならない。



    我々が育成に成功した現代中国では、

    人々は多くの違いをなくさねばならなかった。


    全員が同じ服を着なければならないといった

    小さなことでさえ、文化的平等、物質的平等、

    つまり「同一性」を浸透させるために極めて重要だった。



    もちろん、マスクはウイルスには全く役に立たない。

    しかし大事なことは、

    トップダウンの命令に対する服従と適合なのだ。


    政府の命令に従って「全員」が着用する。

    これが重要なのだ。



    それは、全員を「均一(uniform)」にする

    制服のようなものだ。


    一体感、順応性、服従性、そして何よりも

    「平等性」を植え付けるのだ。


    ヘンリーよ、もう分かっただろう。


    ワクチンはこのプログラムにおいて

    心理学的な意味で極めて重要なのだ。


    きっちりコントロールしなければならないのは、

    衝動的で手に負えない人間の心だ。


    フランシス(ローマ法王)も同じように考えている。


    ワクチン全員接種計画は、遺伝子への作用を通じた

    行動制御への扉を開くだけではない。


    現在の作戦にとってもっと重要なのは、

    ワクチンによる心理的行動制御である。



    ワクチンがウイルスに対して不必要で役に立たないかどうか、

    あるいは多くの人にとって有害であるかどうか。


    そんなことはどうでもいい。

    とにかくこのワクチンは、

    人間の行動をコントロールするために


    これまでに考案された方法のなかで、

    最も画一的で協調的な心理的武器なのだ。



    制服を着るようにマスクを着用する服従は、

    しかし、ほんの皮膚表面だけの話である。


    それはあくまで外部であり、せいぜい美徳のシグナルに過ぎない。


    我々は、新世界秩序のために、もっと深い、

    もっと永続的な服従を要求する。


    あなたのように自分でものを考える人間なら

    拒否する注射を、


    圧倒的多数の国民が、政府とメディアを盲目的に信頼して、

    その成分も知らずに、注射することを許すとき、

    それは間違いなく、我々が望む最も重要な勝利となる。



    心理学は非常にシンプルだ。


    あなたのような人が長い間心理学を見過ごしてきたことに、

    私は驚いている。


    もし政府が「全員」にワクチン接種を

    受けさせることに成功したら、

    もはやワクチンに何が入っているかは重要ではない。



    重要なのは、適合性、服従、そして「平等」の感覚である。


    これらが個人的で内面的な

    「平等」と信頼の感覚を生み出す。


    セックスや宗教儀式で見られるように、

    人間が体に入れることを許容するものは、

    心や信念と深く関わっている。



    しかし精神面において、人々はすでに我々に降伏した。


    我々のワクチンを喜んで受け入れた者もいれば、

    あなたがすでに目撃しているように、

    世界中の政府が行使する強制力によって

    受け入れた者もいるが、


    いずれにせよ、人々は我々の前に膝を屈した。



    あなたは自由、個人の尊厳、所有権といったことを

    やたらと持ち上げているが、


    これらが征服されることが

    あなたにとって苦痛だったところで、我々は意に介さない。


    我々は、古くて疲弊した文明を解体しようとしているのだ。


    あなたはそれをやたら守ろうと奮闘しているがね。


    我々としては、こうした手段が必要だと考えている。

    もし人々が他の「全員」と同じになるため、

    つまり「平等」になるために、


    自分や自分の子供たちの体にワクチンが

    侵入することを許すなら、


    自分の資産やライフスタイルも同じように

    平等化されることについて、人々は反対することはないだろう。



    ヘンリーよ。いずれにせよ、

    自分にどの程度の影響力があるか、ちょっと考えてみるといい。


    問題解決のために人々を合理的に説得したり

    理性に訴えたりする。


    そういう古めかしいやり方で、

    あなたと同じような古い思考を持った反体制派と連れ立って、

    結局どの程度の影響力があったのか。


    ちっぽけなウイルス、簡単な詐欺、

    あちこちで行われるワクチン接種。


    結局あなたには何も止められず、すべて達成されるのだよ」


    ナカムラクリニック さんの翻訳より
    https://note.com/nakamuraclinic/n/n4a6a23277da0



    ============


    以上です!


    まあこれが世界でジェイコブロスチャイルドの返事ってことで

    話題になってたわけですが


    まあ本人かどうかは 誰も分かりませんが、


    それこそ英米諜報の人間が書き込んだのではないかとか、

    あとはある勇姿が人々に軍産スキームを気付かせるために

    書き込んだ可能性だってありますが、




    いずれにしても私たちに「考えるきっかけ」を与えてくれてる

    っていう意味では面白い文章だと私は思いました。


    ちなみにですが、もう私のメルマガ読者さんは

    長いこと「プロパガンダ」ですねいわゆるこれは大衆心理扇動のことですが

    その辺を扱ってきたから、


    コロナ騒動でどういったことが心理扇動でされてるのかってのは

    沢山扱ってますから


    上の書き込み見て

    「まあ自称頭良い軍産側はそういう思考レベルだろうな」

    ってのは分かると思うんですが


    ただ英語圏ではおそらくコロナで使われてる

    プロパガンダの研究などを言論する人が相当遅れたのは事実でしたが


    それこそ私たち日本人は「まあそうやって考えるだろうね」って感じだろうけど

    意外に上の文章は欧州では新鮮だったようで

    裏バズしてるわけですね。


    それで上の文章はある種、軍産プロパガンダの戦略について

    書かれているんですけど、


    それこそメルマガでずっと書いてきた内容ですが

    それがジェイコブロス茶の名義として

    まとまってるので分かりやすいのですが


    反応としては

    「こんな悪いことを考えてるのか」なんていう

    ウブな反応は欧州で目立ってますが


    しかし意外に欧州より情報が自由であった日本では

    「まあそうやって為政者は考えてるよね」っていう俯瞰した反応は

    意外に多いのではないかなとも思うわけです。



    ちなみに私の読者さんには以下のような

    内容を以前にメルマガでは扱っており、

    抜粋しましたが


    まあ沢山メルマガで


    軍産戦略の、 恐怖でIQ下げるであったりとか

    上の心理作戦における同調圧力形成での強制

    あとは具体的な行政による憲法攻略、

    メディアを使ってでの共同認知などは学んでもらってると

    思いますが


    その辺は書いてきたので、

    上のジェイコブロス茶を名乗る人物の書き込みってのは

    よく理解できる人はよく読んでる方は結構多いと思うんですね。


    一応以下、分かりやすい過去記事を抜粋しましたが

    上記のジェイコブロス茶の言ってることをさらに

    具体的に戦略解析して 表現はしてる文章だと思います。




    【以下、コロナ騒動で使われてる
    恐怖や洗脳やプロパガンダ(大衆心理扇動)についての
    分かりやすい記事を抜粋】


    2021 3月 06
    【「FXで家庭崩壊」から身を守る】
    (副題:マスコミの洗脳プロセスである
    共同認知作成機能とは何か?)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202103&MID=2850#2850


    2020/12/27
    (コラム)【2020年は「同調圧力」と「強制」の時代でした!】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202012&MID=2773#2773



    2020/12/21
    【悪のマスコミたちが「コロナ変異種の恐怖プロパガンダ」を展開して
    ワクチン強制化の扇動を仕掛けていくシナリオを考える!】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202012&MID=2765#2765

    2020/01/12
    【テレビやユーチューブの洗脳力について考える!】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202001&MID=2197#2197


    【「人間のIQは恐怖によって低下する」そしてその対策とは!?】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202006&MID=2486#2486



    2020/03/25
    【なぜ大本営発表マスコミはカタカナの
    「ロックダウン」とか「クラスター」 という言葉を使いたがるか?】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202003&MID=2328#2328

    【官僚たちがマスク転売を禁止して
    「必然的に登場したマスク行列」について考える!】
    (その後、官僚たちは民衆の私有財産権侵害を狙ってる)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202003&MID=2294#2294


    2020/03/01
    【悪の官僚たちは今回の騒動で
    「憲法21条の集会の自由の制限」など を計画している】(他の自由権の制限も)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202003&MID=2286#2286


    対談音声♪【中森社長と「恐怖と洗脳とプロパガンダ」 について
    さらに語りました!(後編)】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202008&MID=2564#2564



    以上です!それで上のバックナンバーの記事、

    全部読むのは時間がある程度かかるかもしれませんが、

    他にも沢山書いてますが


    しかし「軍産官僚たちはどういう戦略を持って、

    それで大衆扇動を使って 今ならワク強制につなげてるのか」

    ってのは分かると思うんですね。


    ちなみに今の世界中の特に欧州のワク強制問題ってのは

    メルマガでも2020年最初の2月とかの段階で


    これからコロナで恐怖煽ってワク売って来るんだろう

    ってのは書いてるくらいなのですが


    それがまあ個人的には軍産のワンパターンなシナリオに沿って

    展開されてるなって感じでして


    そして為政者は

    それを終わったら次は私有財産権の侵害に移って行きたい

    んだろうなってことも分かりますが



    既に2年近く前の記事で

    憲法を官僚たちが崩して私有財産権侵害を狙ってるってのは

    書いてる通りです。



    ■バックナンバー
    【官僚たちがマスク転売を禁止して
    「必然的に登場したマスク行列」について考える!】
    (その後、官僚たちは民衆の私有財産権侵害を狙ってる)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202003&MID=2294#2294



    それでだから上のジェイコブロス茶を名乗る人間の
    書き込みってのは私は上記のような記事を書いてきたから

    よく分かるってのが本音なんですが


    逆に欧州ではその辺の議論をする言論人がかなり
    当初少なかったのですが

    まあそれが今の欧州の問題の本質にぶっちゃけありますよね。


    それで、じゃあ一方日本はどうかっていうと

    多くの方がその問題に気づいて、言論を展開してきたのが

    事実ですが、


    そこで日本では軍産の計画通りに動いてるのかっていうと

    どうもそうとは言えないわけで


    だから上の文章なんかは欧州の人は

    「なんておそろしい計画なんだ」くらいの反応が多いようですが


    しかし日本では「まあ仕掛ける側はそういう思想だろうね」って人は

    結構いらっしゃるんじゃないかなって思います。



    それで上のジェイコブ名乗る人間の文章ですが

    やはり特質が「万能感」に溢れてるのですが


    この少なくともアジア人にはたった1ヶ月で見破られる

    かなり単一な心理学に依存した軍産プロパガンダだけを

    やはり軍産側は武器にしてるってのを自白してるような文章でして


    そこをしかもドヤ顔して表現してるってのが

    上の文章の本当は興味深い点でそして重要な点なわけです。


    それでこの上の文章の本当の意味ってのは

    結局の話、「軍産のトップの思考力の限界」ってのを表現してると

    いえまして、


    それこそ市井の世界中の思想を学んでる在野の一部は

    もう「平等と自由は対立概念だ」ってのをしっかり理解しだしている。


    PDF【「私たちが洗脳されてきた平等思想は謀略概念である」
    ということについて考える!】
    http://fxgod.net/pdf/seijikeizai/equality_mindcontrol.pdf


    ただこの矛盾がばれてしまうと、機能しなくなる
    (というか日本では機能不全になりつつある)

    平等概念に依拠しないといけなくなってる軍産の現状も

    分かるわけですね。



    だから実は上の文章はある意味 世界中の市民に

    ヒントを与えてるとも言いまして


    「要するにワク強制だとかコロナ規制、コロナパスなどで

    世界支配を行おうとする狂信者、軍産の依拠する戦略は 

    実は、心理学を活用したメディア活用のプロパガンダしかない」


    ってのを示してるという意味で面白いわけです。


    だから多極派の人間か、もしくはその思想を持つ人間が

    欧州の人間にこの(意図的におかしくしてるようにすら見える)

    オミクロン騒動で気づかせるために


    上の文章を投稿した可能性だってあるわけですね。



    それで、上のジェイコブロス茶名義の文章ってのは

    まあ面白いのですが


    まずプロパガンダの視点で見ると

    「未だに2年間経過してでもメディアを使った

    プロパガンダは展開されてる」


    ってことなんだけど


    逆を言うと「まだ軍産はメディアのプロパガンダをワク強制などを

    展開するためには必要としてる」


    ってのが事実なんですね。


    もし100人中100人にワク強制するのであれば

    完全なる洗脳が必要なのでありますが


    しかし現状は違うわけです。


    例えば日本ではワク接種率は高いといわれるけど

    7割ってのは報道されるけど


    同調圧力をそのプロパガンダの武器としてる軍産メディアの性質からして

    少しワク摂取率を盛りたい統計バイアスはかかるから

    7割は行ってるかどうか分かりませんが


    いずれにしても大体日本全体の7割以下がワク接種で

    3割以上はおそらく「なんか」おかしいって言う部分で

    気づいてしまってるわけですね。


    しかもこの人たちの場合、日本語圏で

    思考力が高い3割とか4割ですから

    それは過半数は行ってないにしても


    やはりこの人たちが強いからやはり

    どうしても 今は洗脳されてくれてる7割の脱洗脳を避けるために

    軍産プロパガンダは継続させないといけない状態になってる

    わけですね。



    だから上のジェイコブ返事、を見ると

    万能感に溢れてるのですが、


    しかし実態を見ると、軍産プロパガンダが

    上の返事で言われてるほど、特に日本などではうまく行ってないのは

    見えてくる。


    ちなみに例えばコーカサス地域らへんになると

    2回のワク接種者ってのは人口の3割未満となってまして


    ほとんどの6割7割の人が政府を信用してくれない状況に

    なってしまってるんですが


    それを俯瞰してみると

    「あくまで軍産プロパガンダが一部の欧州やオセアニアなどの国や地域で

    なんとかうまく行ってるだけ。」


    ってのは見えてくるんですね。


    しかも、日本を見れば分かりますが、もうみんな

    上の軍産プロパガンダの洗脳方法はネットで知りましたから

    オミクロンなんかですと

    「どうせマスコミは恐怖あおってワク打たせたいよね~」

    なんて言論が溢れる状況になっており


    少なくとも日本を見ると

    このジェイコブの返事は


    「いや、そんな万能感出されても、大体最近は

    あんたらの戦略は ばれてるで・・・」


    って感じの人は多いでしょう。


    だから私は実は上の文章なんかを見て、

    その万能感については


    それこそ格闘技とかで

    スタミナが切れて息があがりつつある

    選手が笑顔の表情を浮かべ

    自分が上にあることを虚勢張ったりするんだけど


    なんかそれに似てるな~ってのは感じましたよね。



    まあそれで今回のワク強制騒動なんですが

    ワクパス制度もそうですが、やはり以前書いたように


    欧州の人を怒らせて最終的に多極派なんかが、保守派勢力を

    立ち上がらせるために敢えて仕掛けてる騒動である可能性もあるのですが


    上の文章なんかも読んでいると

    あえて怒らせるために書かれた文章のようにも見えるのですが


    上の文章の良いところってのは


    「実は軍産の依拠する戦略は心理学=大衆プロパガンダくらいしかない」

    ってのを露わにしてるわけですね。


    逆に欧州の人たちなんかが軍産プロパガンダに対抗できる術を

    考えれば、実は今後、民衆が逆転する可能性は大いに考えられるわけです。

    日本なんかを見ていると。



    ちなみに


    「軍産官僚、英米諜報の武器は

    メディア活用のプロパガンダ"だけ"である」

    ってのが大変重要な事実であり



    そこでは感情の恐怖ですね、これは上のバックナンバーにある通り

    大衆のIQを下げるっていう方策なんですが


    そこで恐怖報道なんかで大衆のIQ下げて

    プロパガンダの実効性をあげていくってのが

    軍産のプロパガンダ基本戦略としてあるわけですね。


    ちなみに私は

    本当は対英米諜報の民間人を生み出すための早稲田ってある種

    機関で高校~大学まで教育を受けた民間人でありますが


    まあそこで早稲田ってのはまさに

    対軍産プロパガンダに対して考えるための教育を政治学科では

    提供していたけど


    それが以前書いた共同認知作成機能なわけですね。



    【「FXで家庭崩壊」から身を守る】
    (副題:マスコミの洗脳プロセスである
    共同認知作成機能とは何か?)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202103&MID=2850#2850



    それで今は「オミクロン=怖いよ~」っていう共同認知を

    作ろうとマスコミはしてるのでありますが


    この恐怖の共同認知を大衆にマスコミで心理的に刷り込むことで

    IQが下がるんですが、


    そこで後にワクなんかを強制できるっていう「戦略?」が

    軍産のワンパターンなやり方なんですね。


    逆を言うと軍産の武器は「プロパガンダしかない」とさえ

    いえる。



    それでここで大事なことが

    「恐怖という感情を使ってIQを下げる必要がある」

    ってのが軍産の本音であってマスコミや官僚の本音であるんだけど


    だからメディア上でのオミクロンなんかの恐怖扇動が

    必須となっているわけですが


    これは逆を言えば「恐怖扇動をしないと軍産プロパガンダが

    うまく機能しない」ってことも自白してるに等しいわけです。


    要するに「恐怖で大衆のIQを下げないと

    みんなにワクを強制させられない」って現実はあるわけですね。


    だから実はこれは日本が示してるんだけど

    軍産の武器はプロパガンダしかないのでありますから


    対策はシンプルであり

    「民衆の平均IQが向上すれば軍産プロパガンダは

    機能せず、

    そのプロパガンダが機能しない社会では

    軍産の望む世論形成が不可能になるから、


    ワク強制もワクパスも機能させられなくなる」


    といえるわけですね。



    そしてそのモデルケースとして年末に注目されるのが

    やはり日本JAPANという国であり


    実は日本は軍産プロパガンダの打破方法を

    示しだしている。


    ■バックナンバー
    【オミクロン関連の大本営発表に民衆が対抗する
    戦略とは何か?を考える!】
    (まだ人々が知らない教育による脳や知能の成長特性、について。)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3161#3161


    ■【最近日本で「経済の方が大事」「五類に下げろ」という声が
    一気に増加してきていることについて考える!】
    (マスコミの恐怖扇動が効かなくなってる日本)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3162#3162



    ちなみに大変注目は、コロナであってもそれでも

    なんとか言論の自由が保障された

    日本においては


    平均IQでイギリスの調査で5ほどの上昇がたった1年で

    見られてるわけですが



    実は 恐怖はIQを下げるんだけども

    そもそも国民全体のIQが高まってくる国では

    そもそもIQが上がってしまうため


    軍産のプロパガンダは機能不全を起こすってのが

    今実は本当の日本の世論研究では裏側で見られる点なんですね。


    日本では本当にオミクロン怖い~って思ってる人も

    中にはいるでしょうが


    大多数がマスクしてるのは一部のマスク警察とか頭おかしいのが

    いるからトラブル面倒だからしてるくらいであって


    実際にその必要性を心から感じて 服従してる人は

    意外に少ないでしょうが


    やはり結局軍産プロパガンダってのは

    おそらく国民の平均IQが110とかに到達したとしたら

    ほぼ機能不全になってくるってのは

    日本の世論変化を見てると分かってくる。



    ちなみにもう上のジェイコブロス茶名義の文章で

    分かるんだけど


    軍産ってのは 本当はトップが自分が頭良いと思いたい

    本当は一歩足りてなかったエリートたちってのが


    動かしてるってのがチャンスであるのだけど

    だからそこで新しい素晴らしいプロパガンダを開発できてない

    ってのが軍産の欠点でもあるわけですね。


    だから上にあるように全部民間には分析されてしまう。


    それで、何よりも大事なのが


    やはり日本でも軍産官僚が暴れてるけども

    彼らが憲法の自由権、特に言論表現集会などの自由21条と

    移動の自由、営業の自由の22条を

    機能不全にしたくて頑張ってるんだけど


    しかしもう日本語ではバックナンバーにあるように

    最近は少なくない人が

    「どうせ、憲法の自由権を骨抜きにして

    後はその後 「公共の利益の解釈を拡大して」

    私有財産権に手をつけたいんでしょ~」

    と気づいてるわけですね。


    これも軍産プロパガンダが通用するのは

    あくまで国民全体のIQ、思考力が恐怖で極度に下がった時だけであるわけで


    ちゃんと思考力が回りだす国民が3割とか4割になってくると

    そこでは 憲法の公共の利益の解釈が 今後問題になってくる

    ってのも理解する人が当然増えますからね、


    軍産のプロパガンダはうまく回らなくなる。


    ちなみに上の文書では最も重要な憲法学の議論を

    あえて入れていないってところから


    しかし為政者は絶対に憲法学を考えてコロナ騒動では動いてるから

    それもあって私は上の文がジェイコブロス茶かどうか分からないとは

    思ってるんだけど


    なんでワクの強制が必要なのかってのは

    まずどの国でも憲法で身体の自由権ってのは存在するわけで

    それらの自由権を崩すってのが為政者の重要な目的となるわけですね。



    それでその身体の自由権でも、営業の自由権でも

    言論表現の自由権でも、集会の自由権でも

    何でもまずはいいんだけど


    憲法に潜んでる自由権を崩して

    「憲法に穴を開けてしまう」って考えを軍産はするんだけど


    ここで「憲法に一度穴を開けてしまう」とですね、

    ここで他の憲法の重要な自由権も攻撃開始できるってのが

    軍産の考え方としてはあるわけです。


    そうそれがやはり私有財産権なんだけど

    これは憲法とか一見難しそうだけど

    実際はそんなに難しくないから考えてほしいのですが


    以下日本だと29条に組み込まれてる。


    見てほしいのはこの憲法に「穴」が空いてるってことです。


    以下は憲法29条


    =======

    1.財産権は、これを侵してはならない。


    2.財産権の内容は、"公共の福祉に適合するやうに"

    法律でこれを定める。


    3.私有財産は、正当な補償の下に、これを"公共のために"用ひることができる。


    =======


    以上です。


    それでこれが例えば日本では29条にあって

    だからこそ


    ****さんがFXとか仮想通貨とか

    ネットビジネスとかで稼いだお金は

    ****さんのものであるわけですね。


    こうやって稼いだものが所有権が絶対になること

    これが私有財産権という重要なものなんだけど、


    軍産が今も描いてるスキームってのが

    まずワク強制なんかで自由権崩して


    上の「公共」の概念の解釈拡大 を具体的には

    目指してるわけですね。


    例えば公共の福祉の「公共の範囲」を定めるのは行政でありますから

    実は 行政の暴走を止めるために憲法ってのが近代デモクラシーでは

    あるわけだから


    本当は憲法に「公共の福祉のために」とかの項目があるのは

    おかしいのですが


    実は各国の憲法ではこういう「穴」が意図的に

    あけられており、


    英語だとpublic 公のためにって言葉で穴があけられたりするけど


    それぞれの国の国民の私有財産権が何かしら行政に攻撃される

    穴ってのは残ってるのが実は近代国家の大きな問題であるわけです。


    それで今、世界中の行政が

    「公共の福祉」の「公共の」概念ですね

    これをコロナ口実で拡大するってのをやっていて


    まず「公共の」概念を拡大して コロナだからってことで

    ワク強制とかを進めて憲法の身体の自由権を攻撃してるわけだけど


    ここに完全に穴が開けば?ですが

    そう、そこまで「公共の概念の拡大解釈が一度できたのだから」


    次は私有財産権侵害に移れるわけでして

    平等を絶対重視する共産主義者たちってのは


    やはりそこを最終目標に添えてるわけです。

    そこで最終的に「公共」を口実として

    私有財産権を奪える。


    ただ上のPDFにあるように

    平等と自由は実は対立概念なので


    コロナであるように平等、公共を推し進めると

    自由は消失する恐怖国家になるわけですね。


    それでまあ上のような戦略なんかももうばれてしまってるってのが

    今の日本語の情報体系の実際になりつつあるけど

    逆を言うと軍産の知識、戦略レベルってのは心理学に依存しすぎており

    限界が露呈してきてるってのが今の「本当の戦況」といえる。


    結局平等絶対主義ってのは嘘に基づくものだから

    プロパガンダが必須なんだけど


    しかし「プロパガンダが効用を失うと軍産の戦略は崩壊する」

    わけでして


    実はその予兆が見られるのが日本なんですね。



    ちなみにですが上のバックナンバーで

    「プロダクトプレイスメント」という扇動手法を扱ってるけど、

    2020/01/12
    【テレビやユーチューブの洗脳力について考える!】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202001&MID=2197#2197



    ここで既に1月に大事になると思って書いてますが

    以下のように書いてます




    それでテレビとかあとは最近でいえば

    ユーチューブなんかのスマホで見られるコンテンツなんかは


    洗脳装置としては大変有効なのはわかってもらえると

    思いますが、



    ここで「じゃあ実際にテレビなんかの視覚情報メディアで

    どのような洗脳手法が使われてるか」


    なんかも知っておく必要があるんですね。


    これは多くあるんだけど


    中でも 伝統的に使われてるのが

    「プロダクト・プレイスメント」です。



    テレビなんかが 

    そのテレビ会社の政治思想に沿って

    ある特定の視点を持って報道することと

    (これはごくごく普通の報道である)


    一方、視聴者に対して意図的に、ある主張を信じ込ませる

    ことは似て非なるものです。


    ずばり後者の

    「視聴者に対して意図的に、ある主張を信じ込ませる」

    ことこそが洗脳に他ならない。



    それでテレビ業界には昔から今でも伝統的に使われる

    プロダクト、プレイスメント という広告手法があるんですね。



    これはかなり昔からある手法で、

    例えば、カーアクションが売りの刑事ドラマなんかで


    刑事らが乗る車がありますけど


    その車のメーカーを特定メーカーにしてしまう。


    さりげなくその車の存在をアピールし続ける手法ですね。


    例えばある かっこいい刑事が

    毎回クラウンに乗っていれば


    クラウン=かっちょいい となるわけです。


    ちなみにメーカーは当然その車を無料で貸与して

    ドラマで使わせるけど


    それくらい、効果が高いわけです。


    ちなみにこんな広告手法でよくあるのが

    中立なふりをしたタレントが


    ある大企業の特定の商品やサービスをテレビで褒めまくる

    なんてのがあるけど



    それもプロダクトプレイスメントの手法の一つですよね。 」



    以上です。


    それでこのプロダクト・プレイスメント手法ってのが

    まあ今はmRNAワクで使われてるのは多くの人が察知するでしょうが


    この世界全体で使われてる扇動手法である

    プロダクト・プレイスメントってやり方は


    結局人々がそのプロパガンダ手法の


    「仕掛け方」ってのを知りだすと、

    すなわちそこでは恐怖で支配されなくなりIQ上がってきますが


    そうなるともうこれらは通用しなくなる、のでありますよ。


    それが実は今、軍産官僚たちが直面してる

    問題です。


    日本なんかではオミクロンに関しては

    「いやいや感染で恐怖あおるの飽きたよ~

    ってか致死率は?」

    とか相当数が言い出してるわけで


    すなわち、軍産プロパガンダってのは民衆の知能や思考力が

    全体向上を見せると一気に崩壊するわけですね。


    だから上のジェイコブロス茶名義の文章の大変素晴らしい点は

    「軍産の武器は、実は心理学とメディアの

    プロパガンダしかないけど

    実はそれは民族として対策可能である」


    ってのを暗に欧州人に示してる点が私が面白いと思った点ですが

    実は軍産ってのは扇動って核兵器が機能しなくなれば

    一気に弱体化する宿命を持っている。


    それで、軍産プロパガンダに関しては私は相当早く

    気づいて記事に起こしてる人間なので


    さらに日本語で書くけどまず、

    当時「敢えて書かなかったこと」ってのがあるんだけど


    そう実はこの軍産プロパガンダを成功させるために

    絶対的に2020年以内に必要だったことってのが

    あるんだけど


    そしてそれは敢えて書きませんでしたが、


    それが「スピード」だったんですね。


    これは私のメルマガはもう既に2010年代前半から

    色々検閲にあっていたのでそれもあって軍産に資する話だから

    当時は書かなかったけど、


    今はもう2021年末だから書くけど

    実は「スピード」が本当は軍産からしたら必須だったのです。


    どういうことか?


    これはプロパガンダ特性の話なんだけど

    プロパガンダ、すなわち大学のマスコミ論ですと

    共同認知作成機能といいますが


    この共同認知を作る、例えばそうですね、

    多くの人はコロナと聞けば


    今はあの、何度もメディアで画像で提示された

    スパイクがあるギザギザの画像を思い浮かべたりしますが

    そこで恐怖という感情がコネクト、くっつくんだけど、


    そのイメージを共同して、認知が持たれる状態にするってのが

    メディアの共同認知作成機能なんだけど

    この共同認知作成機能ってのは


    「短期で効果を発揮するが、

    長期では共同認知は崩れる傾向」

    が実はあるんですね。


    実は私がマーケティングとか勉強したのも

    この辺を知りたかったからってのは実はあるんだけど


    通常、プロパガンダってのはすなわち嘘ですから

    長くやればやるほど、矛盾点が出てきて「ボロ」が出るんです。


    これはワクでもそうでして

    ボロの事例としては多くの人が感じてる

    以下のようなことです。



    「最初はワク打てばメディアは感染しないって言ってたけど

    しかし今は重症化しないって話変えて言い出したぞ。


    しかしさらに接種者は重症化しないって話だったのに、

    なぜか非接種者は危険とかメディアは言い出してるぞ。


    接種したら重症化しないなら非接種者から感染しても

    重症化しないはずなのだから恐れる必要ないってストーリーになるはずだけど

    なんか報じ方おかしいぞ。ストーリーが崩れてる」


    なんておそらく多くの人が思うわけですが


    要するに色々設定、ストーリーで嘘だから

    ボロが出てきてるのが上記のような話なんですね。


    だから実はプロパガンダってのは、本質としては

    「短期間で一気呵成に仕掛けないといけない」

    のであります。


    ただ軍産の場合、プロパガンダが相当遅れたわけで

    2年経過してワク強制とか世界でやりだしてるわけで


    もしそれを本当にやりたければ、

    2020年中にでもワク強制に強引にでも持っていく

    スピード感は必須だったのです。


    が、できなかった。もう2年かかって

    ようやくワク強制段階に持って来てるわけですが


    もう既に「多くの人がおかしさに気づきだして目が覚めてきてしまってる」

    ってのは例えば日本では見られてしまってる世論変化だ。



    もはや日本ではワクチンにみんな盲目的に賛同してるかといえば

    後遺症問題も報じられだしてるし


    3回目はそれでも打ちたくないなんて人が

    溢れてきてるけども、


    本当は軍産は時間をかけすぎた、遅かったっていうところで

    実際は致命的なミスをしてるわけですね。


    逆をいえば彼らが2020年中にもしスピードを出してきたら

    危なかったのですが


    しかし例えば欧州ではひどいものですが

    日本では・・・政治家が色々意図的に遅らせたものが多かったですから


    ワク強制やワクパス制度も機能不全となってるってのは

    現状ですよね。


    だから実は軍産はプロパガンダで失敗しており

    それがスピードののろさ、でありまして、


    その間に多くの人が気づく状態になってしまっており

    せいぜいうまく行ってるのは、欧州やオセアニアなど一部であって


    そもそも2回ワク接種してる割合が3割切ってる国も

    未だに東欧やコーカサスなどでは見られる状況です。



    それで実は今の軍産は上の返事のような

    万能感は本来ないはずで


    っていうのはワクの3回目接種の感覚をどんどん短くしよう

    なんて動きが各国政府で出てるんですが


    もう流石に焦ってるしおかしいわけですね。


    今までは6ヶ月ごとにってのが今は3ヶ月間隔でいいです!


    とかおかしくなってまして


    設定がぶれまくりなんですが

    余裕をかましてるように見せておいて

    実際はかなり焦ってるのは見えるわけです。


    今後ワク強制に対抗する治療薬政治が台頭してきそうだから

    実は軍産や英米諜報は今までのような余裕は本当はない。




    それで上の返事にある

    「もし人々が他の「全員」と同じになるため、

    つまり「平等」になるために、


    自分や自分の子供たちの体にワクチンが

    侵入することを許すなら、


    自分の資産やライフスタイルも同じように

    平等化されることについて、人々は反対することはないだろう。




    ですが


    まあ確かにそれを許してる人ってのは

    先進国でも一定数はいるわけですが


    日本においてもおそらく3割から4割はそれを許してないし

    その人数は数千万人レベルであって


    しかもワクへの疑心が高まりつつあり

    実際の世論変化を見るとそこまで軍産が余裕かませる状況ではないのは

    明白なわけです。



    それで軍産のプロパガンダが実際はうまく進められなかった

    本当の要因はやはり


    元々軍事兵器として開発されたアーパネットから

    開始したインターネットの特質にあって


    これは当時、インターネットの前進のアーパネットを

    開発するにあたって、


    開発者たちが面従腹背だったのですね。


    今見られるような テレビ新聞に次ぐプロパガンダ装置を

    ってことでネットは軍産の意図で開発されたでしょうが


    しかしアーパネットの開発者たちは

    おそらく軍産に面従腹背で、それに従うフリしながら

    開発者として 人類の未来に託した。


    そこで彼らは有限パケットではなく

    TCP・IPの無限パケット通信の思想を取り入れて


    ネットは無限パケットをやり取りする性質の武器となった

    わけですが


    実はこれがメディア論では大変重要なのです。


    例えば今までの既存メディアですが

    新聞やテレビってのは 有限性があるわけですね。


    新聞は紙媒体はこれ紙資源は有限であるし

    テレビの電波ってのも無限にあるわけではなく

    許可制であり有限だ。


    だからこそ、これらのメディアのプロパガンダ力は

    担保できたわけですね。


    その辺の個人たちが勝手に新聞で記事書いたり、

    テレビで発信できないわけで


    情報統制が「有限性があるからこそ」できたのが

    これ新聞やテレビです。


    が、インターネットの場合はどうなのかってことですが

    「情報の囲い込みが相当難しい性質になって「しまった」」ってのが

    実は軍産の本音であるわけですね。


    要するに、一定程度、情報統制はなんとかできる。


    例えば多くの個人を 軍産系のGAFAなんかの

    メディアSNSに集客して そのプラットフォームで発信させるけど

    そこは中央集権であるから、


    軍産が「ワク関係は検閲しかけるじょ~」とやれば

    まあそれはできなくはないのですね。

    が、全ての人がGAFA系のSNSを使うわけでもなく


    しかも発信者の数も膨大だから、

    監視コストは テレビや新聞の比にならない。


    今までは監視のために軍産は

    NHK 日本テレビ TBS フジテレビ テレビ朝日 テレビ東京


    とかまあそんな感じで有限のチャンネル、発信を

    言論検閲すればよかったんだけど


    新聞も同じく上記のメディアを検閲すればよかったけど


    ネットは無限パケット通信であるから

    何千万人もの監視が必要です。


    しかしそれは無限であるから、

    無限に対して有限の人材や資源で対応することは

    不可能なんですね。


    だからいくら潰してもゲリラ戦のように

    民衆から新しい軍産への挑戦者が現れてくるのですが


    実は今軍産がプロパガンダで最も困ってるのは

    この辺です。


    ユーチューブでも規制は進めてるけど

    しかしそれでもアカウント変えて、アップロードしてくる人間が

    多かったりしますが、


    コメント欄も思想検閲するための工作員の人員はどうも不足してますが

    結局 メディアの性質が有限⇒無限パケットに変わったため


    軍産プロパガンダが機能不全を起こしやすい時代になった

    ということですね。


    だから軍産はモグラ叩きをするんだけど

    1人叩いても次の反軍産官僚の民衆思想の人間がどんどん現れるから

    結局その繰り返しで、ゲリラ戦のようになってきてますが


    日本なんかですと軍産のプロパガンダの機能不全が見られるわけです。



    すなわちネットってのは

    この無限性を利用して



    情報コントロールの

    完全性が失われる ように面従腹背のアーパネットの開発者たちによって

    作られたわけですが


    今はこれが軍産プロパガンダの現状の最大の問題点になってるのは

    間違いないわけですね。


    それでその際には唯一それを軍産が克服する方法は

    スピードであったけど


    それが2年かかったわけですから

    もうワクの危険性の正体も過半数はいかないまでも

    かなりの人にばれてきてるし、


    実は軍産官僚、英米諜報はいきってるだけで

    実際は、かなり焦り出してるし、

    それはワクの間隔を急に短くしたりの部分でも

    政策的にも見られる傾向だ。


    だから実は上のロス茶返事というのは

    かなり面白く、


    実は軍産は武器が大衆心理扇動のプロパガンダくらいしかなく

    あとは憲法の自由権を剥奪してでの


    平等イデオロギーあおりまくって

    私有財産権の侵害につなげるっていうスキームくらいしか

    ないってのが暴露されてるわけで


    逆を言うと、日本に見られるように

    民衆が恐怖に動じないで 思考力上げてしまうと


    この軍産プロパガンダを機能不全に陥らせて

    破壊することができるってことでもあるわけです。


    それで軍産の最大の弱点は何だったのかっていうと

    やはり優生思想であって


    彼らはそこそこ勉強できてエリートと思い込みたい人である

    ってのが弱点だったわけですが


    そこでは「大衆は馬鹿で愚かで、私たちは頭もよくIQも高く

    世界を支配できるのだ」


    みたいな奢りが強かったことなんですね。



    これは実は重要な点を見過ごしており、

    それは


    「人間の知能は確かに生まれつきも一部あるといえども

    生後の環境とトレーニングで

    相当知能指数などの脳機能は伸びる」


    という実際の現実研究を見落としていたことが欠点としてある。


    実はこれは世界のIQ統計を見れば分かるけど

    20歳のときIQ90の人がいたとして

    その人がずっとそうかっていうと


    これは後天的な自由教育 情報比較、言語習得などで

    知能はまだ証明されてないだけで伸びるわけで


    それが110以上になったりはするわけですよね。


    「知能とか頭の良さってのは、

    確かに生まれ持ったものは一定程度機能するが


    しかし後天的に伸びるという解明されていない脳の性質がある」


    この事実を優生思想者である軍産は無視してしまったこと

    これがおそらく彼らの今大変な状況の原因ですね。


    実際にアジア全体では教育環境や

    言論環境が自由なところは 日本なんかが分かりやすく

    どんどん知能が伸びてるけど


    知能ってのは実は 固定化されたものではなく

    柔軟に伸ばせるのでありますね。


    そこで啓蒙活動する人間が大事になるんだけど

    そういう人間の比率が一定程度ある国や地域は

    どんどん知能が全体で伸びて


    軍産の恐怖でIQ下げさせる情報弱者マーケティングは

    徐々にボディーブローが効いてきて

    機能不全を起こす。


    そこで人々はどんどんまあ賢くなるから

    自分で自己責任で、しっかり依存せず

    自分で考えるってのが普通になってくるんだけど


    これは日本では大体3割から4割の人に見えてきてる傾向だけど

    これが社会全体で進んだら


    いよいよ軍産の天下も危うくなるわけですね。

    アジアの日本ではその予兆が見えてきてる。



    そういう意味で今回のジェイコブロス茶が本当に書いたかは

    分かりませんが


    しかしジェイコブロス茶の名義の文章ってのは

    「軍産の限界を示してる」っていう部分で

    実は民衆に考える重要な機会を与えてるわけです。



    戦略が大衆心理操作のプロパガンダしかない敵がいたとして

    それに民が対抗するのは果たして難しいことでしょうか?


    これが私が考えることですね。


    それで今は日本ではこれを考える人が徐々に増えてきてる。


    また韓国でも若者でそれを考える人が増えてるけど

    アジア全体が賢くなれば軍産は今までの強権を発揮できなくなる

    わけですね。


    世論誘導、すなわち大衆操作の心理学が必要であった

    って軍産論理は逆を言うと


    メディアを使った大衆の思考誘導ができないと物事はうまく

    為政者は進められないってことです。



    まあだから軍産は今まで相当強かったけど

    実は限界が見え出してるわけでして


    体力が切れて本当は息切れしてきてるけど

    強がって 全能感出してるだけともいえるでしょうから


    私たち民衆は 平等に対して反する概念の自由って

    概念があるけど


    これはリベラルではなく

    Libertyリバティだけど


    これについて考えることは本当に大事ですよね。


    軍産は意外に焦ってきており

    実は軍産プロパガンダの扇動の限界を裏側で示唆してる

    文章が年末に出てきたってのは印象的でした。


    それでは!



    ゆう




    追伸・・・ちなみに上のジェイコブロス茶を名乗る書き込みの

    面白いのが「全能感」を出してるところなんですが


    実は「プロパガンダとか大衆心理操作」を学んだ人間が

    よく陥る現象がまさに「全能感」でして


    これはマスマーケティングに関わる一部の

    プロパガンダを多用するマーケターとかによく観察できる

    現象なんですね。


    すなわち一定数でどんなプロダクトでも

    恐怖煽りつつ、IQ下げて、平等打ち出して

    「みんなと一緒に」とかやると 物って売れまくってしまうのですが


    これを悪用して 低品質の商品を爆発的に売ることができる

    のですが


    昔これを繰り返した日本人マーケターがかなりネットには

    いた。


    ちなみに私が知ってるのは彼らはフリメ系で

    新興宗教に属してた危ない人がかなりいたはずだけど


    彼らが昔そういう実験を2013年~2015年くらいに

    日本のネット上でもよくやっていたのを私は観察していた。


    それで彼らなんかがまさにかもし出してたのが

    「全能感」であったけど

    いわゆるファンタジーを人々に信じさせて


    恐怖でIQ下げて物売るんだけど

    ここでマスマーケティングで何でもできる気持ちになるんですね。

    平等、みんな一緒を打ち出せば、バンバン売れるわけです。


    それこそもっと進んだマーケ思想だと、

    そういう思想は結局 社会のためにならないし

    あくまでマーケは洗脳の要素もあるけど

    消費者の思考力や自己責任も担保すべき

    バランスを取るべきっていう真っ当な現実に即した考え方があるけど


    当時ネット業界では 今のコロナ騒動の縮小版の

    プロパガンダ実験が行われてたけど


    その担当者たちに見られたのはまさに上の「全能感」であった。



    そして、そのリアルな軍産プロパガンダに関わる人間の

    全能感が表現されてるから上の文章は面白いのです。


    んが、しかし上に書いたようにそれは

    人々の知能や思考力が上がれば一気に機能不全を起こすわけで


    その人々の知能や思考力を引き上げるってのが

    自由言論人たちの隠然とした仕事でもあるわけですね。


    それで今意外に軍産のプロパガンダはボロが見えてきてる。

    NFTなんかの普及でネットの無限性に有限性をつけようと

    彼らも頑張ってるけど、


    しかしなかなか難しそうです。


    ということで実は軍産が磐石とも言えない状況なので

    私たちはやはり 権威は嘘つくから

    誰も妄信せず自分で考えるっていう姿勢が今後も大事そうですね。


    読者さんにも、誰も妄信せず

    それこそ自らの本能を持って自立して考える人が増えてほしいと

    私は年末に思いますね。


    そしたら稼ぐ人はやっぱり自然にさらに増えてくるんで。



    では!








    ■バックナンバー

    【写真50枚】トルコ・イスタンブールの日本料理店や
    中華料理店や韓国料理店とは!? (意外にアジア食が充実してきてる)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3168#3168


    【ヒグマが住宅街に現れ12人が襲われたことから
    寒冷問題について考える!】(今後の「人類総・冷え問題」を考える)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3166#3166



    【「コロナの飲み薬、経口薬」が日本で初承認されたことと、
    今回の騒動で見えるお金の限界と自由 について考える!】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3164#3164


    【リラ乱高下、インフレが進むトルコに住んでみて 色々考えること】
    (世界各国のコロナ関係アプリはデジタル通貨構想のシステムテストっぽい)
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=yuchan&bid=1&YM=202112&MID=3163#3163












    ____________


    ※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

    □発行者情報:

    ゆう

    □連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
    (★をアットマークに変えてくださいね!
    メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

    このメルマガをお友達に紹介したい方や

    メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

    ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
    (2016年10月に更新
    URL冒頭にh追加して表示できます)



    Article storage and policy for mailmagazine
    ttp://www.fxgod.net/a/groups/3628569/1/
    (URL冒頭にh追加して表示できます)



    メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


    ____________

    解除URLです
    (バックナンバーのため省略)
    (稀にスタンドの性質上
    解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
    念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
    メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
    感謝です!)

    先頭へ戻る